高度なユーザー向けのWindowsで IPv6 を構成するためのガイダンス

Windows Vista、Windows Server 2008 以降のバージョンの Windows は RFC 3484 を実装し、プレフィックス テーブルを使用して、ドメイン ネーム システム (DNS) 名で複数のアドレスを使用できる場合に使用するアドレスを決定します。

既定では、Windows は IPv4 アドレスよりも IPv6 グローバル ユニキャスト アドレスを優先します。

適用対象:   Windows 10 - すべてのエディション、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   929852

概要

IT 管理者は、IPv6 を無効にして、名前解決の問題などのネットワーク関連の問題のトラブルシューティングを行うのが一般的です。

重要

インターネット プロトコル バージョン 6 (IPv6) は、Windows Vista と Windows Server 2008 以降のバージョンで必須の部分です。 マイクロソフトは、IPv6 またはそのコンポーネントを無効にすることは推奨しません。 無効にすると、一部のコンピューターは機能しなくなることがあります。

IPV6 を無効にするのではなく、プレフィックス ポリシーで [IPv6 よりも IPv4 を優先] を使用することをお勧めします。

レジストリ キーを使用して IPv6 を構成する

重要

このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題の発生に備えて復元用にレジストリのバックアップを作成してください。

IPv6 機能は、次のレジストリ キーを変更することにより設定できます。

場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters\
名前: DisabledComponents
種類: REG_DWORD
最小値: 0x00 (既定値)
最大値: 0xFF (IPv6 が無効)

IPv6 機能 レジストリの値とコメント
IPv6 よりも IPv4 を優先する 10 進数の 32
16 進数の 0x20
バイナリ xx1x xxxx

IPv6 を無効にする代わりに推奨されます。
IPv6 を無効にする 10 進数の 255
16 進数の 0xFF
バイナリ 1111 1111

Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 で IPv6 を無効にした後に起動に時間がかかる場合は、「Windows で IPv6 を無効にすると起動遅延が発生する」を参照してください。

また、IPv6 を不適切に無効にし、DisabledComponents レジストリの設定を 0xfffffff の値に設定すると、システムのスタートアップが 5 秒間遅延します。 正しい値は 0xff です。 詳細については、「インターネット プロトコル バージョン 6 (IPv6) の概要」を参照してください。

DisabledComponents レジストリ値はチェック ボックスの状態に影響を与えません。 DisabledComponents レジストリ キーで IPv6 を無効に設定しても、各インターフェイスの [ネットワーク] タブのチェック ボックスをオンのままにすることができます。 この動作は仕様です。

IPv6 は多くの TCPIP タスクに対してシステムで内部的に使用されるため、IPv6 を完全に無効にすることはできません。 たとえば、この設定を構成した後でも ping ::1 を実行できます。
すべての非トンネル インターフェイスで IPv6 を無効にする 10 進数の 16
16 進数の 0x10
バイナリ xxx1 xxxx
すべてのトンネル インターフェイスで IPv6 を無効にする 10 進数の 1
16 進数の 0x01
バイナリ xxxx xxx1
非トンネル インターフェイス (ループバックを除く) および IPv6 トンネル インターフェイスで IPv6 を無効にする 10 進 (17 桁)
16 進 0x11
バイナリ xxx1 xxx1
IPv4 より IPv6 を優先 バイナリ xx0x xxxx
すべての非トンネル インターフェイスで IPv6 を再有効化する バイナリ xxx0 xxxx
すべてのトンネル インターフェイスで IPv6 を再有効化する バイナリ xxx xxx0
非トンネル インターフェイスおよび IPv6 トンネル インターフェイスで IPv6 を再有効化する バイナリ xxx0 xxx0

注意

  • グループ ポリシーの設定で下の表のレジストリ設定を表示するには、管理者が .admx ファイルを作成する必要があります。
  • これらの変更を有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。
  • 0 または 32 以外の値を使用する場合、この変更を有効にすると、ルーティングとリモート アクセス サービスが失敗します。

インターフェイスがパブリック IPv4 アドレス (つまり、10.0.0.0/8、172.16.0.0/12、または 192.168.0.0/16 の範囲内にない IPv4 アドレス) に割り当てられている場合、既定では 6to4 トンネル プロトコルが Windows で有効になります。 6to4 では、各アドレスについて、IPv6 アドレスを 6to4 トンネル インターフェイスに自動的に割り当て、割り当てられた DNS サーバー上でこれらの IPv6 アドレスを動的に登録します。 この動作が望ましくない場合は、影響を受けるホストで IPv6 トンネル インターフェイスを無効にすることをお勧めします。

レジストリ キーを変更するには、次の手順を実行することもできます。

  1. [管理コマンド プロンプト] ウィンドウを開きます。

  2. 次のコマンドを実行します。

    reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters" /v DisabledComponents /t REG_DWORD /d <value> /f
    

    注意

    <value> を対応する値に置き換えます。

レジストリ値を計算する方法

Windows がビットマスクを使用して DisabledComponents 値を確認し、コンポーネントを無効にするかどうかを判断します。

各ビット (低から高) が制御するコンポーネントについては、次の表を参照してください。

名前 設定
トンネル トンネル インターフェイスを無効にする
Tunnel6to4 6to4 インターフェイスを無効にする
TunnelIsatap Isatap インターフェイスを無効にする
Tunnel Teredo Teredo インターフェイスを無効にする
ネイティブ ネイティブ インターフェイスを無効にする (PPP も)
PreferIpv4 既定のプレフィックス ポリシーで IPv4 を優先する
TunnelCp CP インターフェイスを無効にする
TunnelIpTls IP-TLS インターフェイスを無効にする

ビットごとに、 0 は false を意味し、 1 は true を意味します。 例については、次の表を参照してください。

設定 プレフィックス ポリシーで IPv6 よりも IPv4 を優先する すべての非トンネル インターフェイスで IPv6 を無効にする すべてのトンネル インターフェイスで IPv6 を無効にする 非トンネル インターフェイス (ループバックを除く) および IPv6 トンネル インターフェイスで IPv6 を無効にする
トンネル インターフェイスを無効にする 0 0 1 1
6to4 インターフェイスを無効にする 0 0 0 0
Isatap インターフェイスを無効にする 0 0 0 0
Teredo インターフェイスを無効にする 0 0 0 0
ネイティブ インターフェイス (PPP も) を無効にする 0 1 0 1
既定のプレフィックス ポリシーで IPv4 を優先します。 1 0 0 0
CP インターフェイスを無効にする 0 0 0 0
IP-TLS インターフェイスを無効にする 0 0 0 0
Binary 0010 0000 0001 0000 0000 0001 0001 0001
16 進値 0x20 0x10 0x01 0x11

ネットワーク プロパティ GUI を使用して IPv6 を無効にすることはサポートされていません

このレジストリ値は次のチェック ボックスの状態に影響しません。 レジストリ キーで IPv6 を無効に設定しても、各インターフェイスの [ネットワーク] タブのチェック ボックスを選択できます。 この動作は仕様です。

ネットワーク プロパティのインターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6) オプション。

参照

RFC 3484 の詳細については、「インターネット プロトコル バージョン 6 (IPv6) の既定のアドレス選択」を参照してください。

IPv6 よりも IPv4 を優先する設定方法の詳細については、「SIO_ADDRESS_LIST_SORTの使用」を参照してください。

RFC 4291 の詳細については、「IP バージョン 6 のアドレス指定アーキテクチャ」を参照してください。

関連する問題の詳細については、以下の記事を参照してください。

ネットワーク トレースに役立つツール: Microsoft Network Monitor 3.4 (アーカイブ)

警告

Netmon 3.4 は、LBFO NIC チーミングが有効になっている場合、Windows Server 2012 以降の OS と互換性がありません。 代わりに Message Analyzer を使用してください。