サーバー 2003 で簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP) サービスWindows構成する

この記事では、サーバー 2003 で簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP) サービスを構成Windows説明します。 この記事では、SNMP エージェントのプロパティ、SNMP トラップ、および SNMP セキュリティを構成する方法について説明します。

適用対象:  WindowsServer 2003
元の KB 番号:   324263

概要

エージェント用に構成された SNMP サービスは、特定のイベントが発生した場合にトラップ宛先に送信されるトラップ メッセージを生成します。 たとえば、正しいコミュニティ名が含まれるのではなく、サービスの受け入れ可能なホスト名と一致しない情報の要求を受信した場合にトラップを送信する SNMP サービスを構成できます。

SNMP エージェント情報の構成

  1. [ スタート] ボタン をクリックし、[ コントロール パネル] をポイントし、[管理ツール] ポイントし、[コンピューターの管理] をクリックします

  2. コンソール ツリーで、[サービスとアプリケーション] を展開し、[サービス] を クリックします

  3. 右側のウィンドウで、[SNMP サービス] をダブルクリックします

  4. [エージェント] タブをクリック します。

  5. [連絡先] ボックスにコンピューターのユーザーまたは管理者の名前を入力し、[場所] ボックスにコンピューターまたは連絡先の物理的な場所を 入力 します。

    これらのコメントはテキストとして扱われるので、省略可能です。

  6. [ サービス] で、コンピューターによって提供されるサービスの横にあるチェック ボックスをオンにします。 サービス オプションは次のとおりです。

    • 物理: コンピューターがハード ディスク パーティションなどの物理デバイスを管理するかどうかを指定します。
    • アプリケーション: コンピューターが TCP/IP を使用してデータを送信するプログラムを使用するかどうかを指定します。
    • Datalink and subnetwork: このコンピューターが TCP/IP サブネットワークまたはデータリンク (ブリッジなど) を管理するかどうかを指定します。
    • インターネット: このコンピューターが IP ゲートウェイ (ルーター) として機能するかどうかを指定します。
    • エンドツーエンド: このコンピューターが IP ホストとして機能するかどうかを指定します。
  7. [OK] をクリックします。

注意

スイッチやルーターなどの追加の TCP/IP ネットワーク デバイスをインストールした場合は、詳細については、「Request for Comments (RFC) 1213」を参照してください。 RFC 1213 を表示するには、 インターネット エンジニアリング タスク フォース (IETF) Web サイトを参照してください。

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

SNMP コミュニティとトラップを構成する

  1. [ スタート] ボタン をクリックし、[ コントロール パネル] をポイントし、[管理ツール] ポイントし、[コンピューターの管理] をクリックします

  2. コンソール ツリーで、[サービスとアプリケーション] を展開し、[サービス] を クリックします

  3. 右側のウィンドウで、[SNMP サービス] をダブルクリックします

  4. [トラップ ] タブをクリック します。

  5. [名前 Community] ボックスに、このコンピューターがトラップ メッセージを送信する大文字と小文字を区別するコミュニティ名を入力し、[リストに追加] を クリックします

  6. [トラップ の宛先] で、[追加] を クリックします

  7. [ホスト 名、IP アドレス、または IPX アドレス] ボックスに、ホストの名前、IP、または IPX アドレスを入力し、[追加] を クリックします

    ホスト名またはアドレスが [トラップの宛先] リストに表示 されます。

  8. 手順 5 ~ 7 を繰り返して、必要なコミュニティとトラップ先を追加します。

  9. [OK] をクリックします。

コミュニティの SNMP セキュリティを構成する

  1. [ スタート] ボタン をクリックし、[ コントロール パネル] をポイントし、[管理ツール] ポイントし、[コンピューターの管理] をクリックします
  2. コンソール ツリーで、[サービスとアプリケーション] を展開し、[サービス] を クリックします
  3. 右側のウィンドウで、[SNMP サービス] をダブルクリックします
  4. [セキュリティ] タブをクリックします。
  5. 認証が失敗するたびにトラップ メッセージ を送信する場合は、[認証トラップの送信] チェック ボックスをオンにします (まだ選択されていない場合)。
  6. [受 け入れ可能なコミュニティ名] で、[追加] を クリックします
  7. ホストが選択したコミュニティからの SNMP 要求を処理する方法を指定するには、[権限] ボックスで必要なアクセス許可 レベルCommunity クリックします。
  8. [名前 Community] ボックス に、必要な大文字と小文字を区別するコミュニティ名を入力し、[追加] を クリックします
  9. ホストからの SNMP パケットを受け入れるかどうかを指定します。 これを行うには、次のいずれかの操作を行います。
    • ネットワーク上の任意のホストからの SNMP 要求を受け入れるには、ID に関係なく、[任意のホストからの SNMP パケットを受 け入れる] をクリックします
    • SNMP パケットの受け入れを制限するには、[これらのホストからの SNMP パケットを受け入れる] をクリックし、[追加] をクリックし、[ホスト名、IP または IPX アドレス] ボックスに適切なホスト名、IP、または IPX アドレスを入力します。
  10. [追加] をクリックします。
  11. [ OK] をクリックします。

重要

既定の名前 Public を含むすべてのコミュニティ名を削除した場合、SNMP は表示されるコミュニティ名に応答します。