Netsh ユーティリティを使用して DHCP スコープをエクスポートおよびインポートする方法

この記事では、Netsh ユーティリティを使用して DHCP スコープをエクスポートおよびインポートする方法について説明します。

適用対象:  WindowsServer 2003
元の KB 番号:   281626

概要

Netsh.exe Server 2003 の Windows ユーティリティには、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) で使用できる 2 つのコマンドが含まれています。エクスポートとインポートが可能です。 これらのコマンドを使用して、DHCP スコープを選択的にエクスポートおよびインポートできます。

詳細情報

アクティブ なアカウントNetsh.exe Administrators グループのメンバーである場合にのみ、DHCP スコープをインポートおよびエクスポートするために使用できます。 アクティブなアカウントが Domain Admins グループに属している場合は、インポートまたはエクスポートに使用する Netsh.exe"Access Denied" というエラー メッセージが表示されることがあります。 Domain Admins グループは、組み込みの Administrators グループのメンバーです。

Netsh.exe で DHCP コマンドに移動するには、Netsh コマンド プロンプトから次のコマンドを入力します。サーバー名は、管理する DHCP サーバーの名前です。
dhcp サーバー \ \ サーバー名

NETSH DHCP SERVER コマンド プロンプトから、以下の例に従ってスコープをエクスポートおよびインポートできます。

エクスポートの例

次のコマンドは、サービス構成全体を c:\Temp\Dhcpdb ファイルにエクスポートします。
エクスポート c:\temp\dhcpdb all
次のコマンドは、スコープ 10.0.0.0 および 20.0.0.0 に関連する構成を c:\Temp\Dhcpdb ファイルにエクスポートします。
エクスポート c:\temp\dhcpdb 10.0.0.0 20.0.0.0

インポートの例

次のコマンドは、c:\Temp\Dhcpdb ファイルから完全な構成をインポートします。
c:\temp\dhcpdb all をインポートする
次のコマンドは、スコープ 10.0.0.0 および 20.0.0.0 に関連する構成を c:\Temp\Dhcpdb ファイルからインポートします。
import c:\temp\dhcpdb 10.0.0.0 20.0.0.0