プライマリおよびセカンダリ WINS サーバー オプションの設定

この記事では、セカンダリ WINS アドレスで同じ WINS アドレスを指定しようとするときに発生するエラーに対する解決策を提供します。

適用対象:  Windows Server 2012R2
元の KB 番号:   150737

現象

Windows NT サーバーが Windows Internet Naming Service (WINS) を実行し、ネットワーク上の WINS データベース レプリケーションに参加している場合は、WINS サーバーが独自の名前解決を参照する場所を構成する特別な考慮事項が必要です (このパラメーターは、TCP/IP プロトコルの構成セクションのコントロール パネルの [ネットワーク] セクションで設定されます)。

WINS サーバーは、TCP/IP 構成でプライマリ WINS として自分自身を指することをお勧めします。 セカンダリ WINS アドレスに同じ WINS アドレスを指定すると、次のエラー メッセージが表示されます。

WINS サーバーは既に一覧に表示されています。

構成は、レジストリを使用して設定できます。 ただし、アドレスは既に入力されていますので、もう一度追加する必要はありません。

回避策

WINS サーバーは常にプライマリ WINS としてのみポイントすることをお勧めします。 この構成では、分割登録などの問題を回避できます。

状態

Microsoft は、この記事の冒頭に記載されている Microsoft 製品の問題を確認しました。

詳細

WINS が有効なコンピューターを起動する場合は、WINS に異なる種類のサービスを登録する必要があります。 一般に、コンピューターには TCP/IP セットアップでプライマリおよびセカンダリ WINS アドレスが構成されています。 プライマリ WINS が登録に応答しない場合、コンピューターはセカンダリ WINS を試します。

一般に、ほとんどのクライアントとサーバーはプライマリおよびセカンダリ WINS アドレスで構成する必要があります。ただし、WINS サーバー自体の構成方法については注意が必要です。 WINS サーバーは、それ自体をポイントするかどうか (プライマリ、セカンダリ、またはなし) に関係なく、最終的にサービスを独自のローカル WINS データベースに登録します。 それ自体と別の WINS サーバーに登録すると、これらのエントリのレプリケーションと更新に関して問題が発生する可能性があります。

たとえば、プライマリとしてそれ自体をポイントし、セカンダリ (Wins2) として別の WINS をポイントする WINS サーバー (Srv1) がある場合です。 Srv1 が起動すると、通常、独自の WINS サービスが開始される前にサービスの登録が試行されます。 これらの登録が失敗すると、Wins2 で登録が試行されます。 Wins2 が使用可能な場合は、登録要求を受け入れる。 ただし、すべてのサービスが Wins2 に登録されているわけではありません。これらの登録要求が行われたため、Srv1 はローカル WINS サービスを引き続き確認します。 サービスが実行されている場合は、サービスに切り替え、ローカルでの登録を続行します。

Srv1 と Wins2 の間でレプリケーションが発生した後、両方のデータベースに次の所有権が表示されます。

Srv1: Srv1<20>、ドメイン<1c> を所有します (ドメイン コントローラーの場合)
Wins2: 他のすべての Srv1 登録を所有し、Srv1 からドメイン<1c>所有します。

問題が発生する可能性のある条件は、分割登録と呼ばれます。

この時点で、Srv1 はローカルでの再登録に戻されましたが、確認するにはしばらく時間が必要です。 一方、Srv1 と Wins2 は、分割登録マッピングを他の WINS サーバーにレプリケートしています。 最終的に、これらのレプリカはリモート WINS で調整する必要があります (つまり、Wins2 レプリカは新しい Srv1 レプリカに置き換えられる)。 ただし、調整が完了する前に、登録を分割した WINS サーバー (この例では Srv1) に接続できない、または Srv1 が登録したドメイン<1c> 名を解決できないなど、クライアント接続の問題が発生している可能性があります。

エラーにつながる正確な条件はさまざまです。 WINS サーバーが Service Pack 4 Windows NTバージョン 3.51 以上で実行されている場合、これらの条件は一時的な状態である必要があります。 ただし、レプリケーション スキームによっては、または Service Pack 4 の前の WINS サーバーを実行している場合に、問題が深刻になる場合があります。

もう 1 つの構成では、リモート IP アドレス (この例では Wins2) をプライマリとして設定し、ローカル WINS (Srv1) をセカンダリとして設定します。 この場合、Srv1 は最終的に Wins2 での NetBIOS リースの更新を停止し、ローカルでの登録を開始します。 WINS レプリケーション スキームによっては、接続の問題が発生する可能性があります。