ユーザーがシャットダウンを開始した場合に SEL に書き込まれた不適切なシャットダウン理由コード

この記事では、ユーザーがシャットダウンを開始した場合に SEL に書き込まれた不適切なシャットダウン理由コードが問題の解決方法を説明します。

適用対象:  Windows Server 2012R2、Windows 7 Service Pack 1
元の KB 番号:   2001061

現象

手動シャットダウン ( ) から再起動すると、システム イベント ログWindows 2 つのイベント START -> Shutdown 1074 が表示されます。 最初のエントリには、ユーザーが提供する正しい理由コードが含まれている場合、2 番目のエントリは次のように見えます。

ログ名: システム
ソース: USER32
日付: <DateTime>
イベント ID: 1074
タスク カテゴリ: なし
レベル: 情報
キーワード: クラシック
ユーザー: Computername\Administrator
コンピューター: Computername
説明:
次のC:\Windows\system32\winlogon.exe\Administrator に代わってコンピューターの電源オフが開始されたプロセス: この理由でタイトルが <computername> <computername> <computername> 見つかりませんでした
理由コード: 0x500ff
シャットダウンの種類: 電源オフ
イベント 0x000500FF (System Failure) は、シャットダウンを開始したユーザーによって別のシャットダウン理由が提供された場合でも、SEL (System Event Log) に書き込まれます。

原因

Microsoft は、これが問題であるのを確認しました。

解決方法

Microsoft は今後のリリースでこの問題に対処します。

回避策

このshutdown.exeを開始するには、管理者特権のコマンド ラインから次のコマンド (たとえば) を実行します。

shutdown.exe /r /d P:4:2

これにより、イベント ログと、理由コードが含まれる SEL 0x80040002。
シャットダウンの理由コードは、次の場所で確認できます。 https://msdn.microsoft.com/library/aa376885(VS.85).aspx

詳細

SEL (System Event Log) は、ベースボード管理コントローラー (BMC) ハードウェア内のイベントのデータベースです。
SEL アダプターは、これらのイベントをオペレーティング システムに伝達します。