サーバー サービスの構成とチューニング

この記事では、サーバー サービスの構成とチューニングWindows説明します。

適用対象:  Windows Server 2012R2
元の KB 番号:   128167

概要

Windows サーバー サービスはセルフチューニングですが、コントロール パネル サービスを使用して手動で構成することもできます。 通常、サーバー構成パラメーターは、サーバーを起動する度に自動的に構成 (計算および設定) Windows。 ただし、NET CONFIG SERVER を THE と組み合わせて実行すると、OR スイッチによって、自動的に調整されたパラメーターの現在の値が表示され、レジストリ /AUTODISCONNECT /SERVCOMMENT /HIDDEN に書き込まれます。 これらのパラメーターをレジストリに書き込むと、コントロール パネル ネットワークを使用してサーバー サービスを調整できません。

システム メモリを追加または削除する場合、またはサーバー サイズ設定の最小化/バランス/最大化を変更しても、Windows は新しい構成に対してサーバー サービスを自動的に調整しません。 たとえば、コンピューターを実行してメモリを追加した場合、Windowsは自動編集されたエントリの計算値 NET CONFIG SRV /SRVCOMMENT を増やさなかったりします。

追加のパラメーターを指定せずに CMD プロンプトで NET CONFIG SERVER と入力すると、サーバーに関する有用な構成情報を表示しながら、自動調整はそのまま残ります。

詳細

サーバー サービスは、各パラメーターを個別に設定できる情報レベルをサポートしています。 たとえば、コマンド NET CONFIG SRV /HIDDEN は情報レベル 1016 を使用して非表示パラメーターを設定します。 ただし、NET.EXEし、情報レベル 102 (非表示、コメント、ユーザー、およびディスク パラメーター) と 502 を設定します。 その結果、情報レベルのすべてのパラメーターがレジストリに完全に設定されます。 SRVMGR.EXEコントロール パネル サーバークエリを実行し、サーバーコメントを変更するときにレベル 102 (レベル 502 ではなく) のみを設定します。

Windows コンピューターをブラウズ リストから非表示にするか、自動接続値を変更する場合は、上記のコマンド ラインと同等のコマンド ラインではなく、REGEDT32.EXE を使用してこれらの特定の変更を行う必要があります。 サーバー コメントは、コントロール パネル サーバー アプレットまたはサーバー マネージャーの説明フィールドを使用して編集できます。

解決方法

重要

このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

LAN Manager Server パラメーターを既定値に復元したり、サーバー サービスWindows構成したりするには、次の手順を実行します。

  1. レジストリ エディター (REGEDT32.EXE) を実行します。

  2. サブツリー HKEY_LOCAL_MACHINE、次のキーに移動します。
    \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

  3. 次を除くすべてのエントリを削除します。
    EnableSharedNetDrives
    Lmannounce
    NullSessionPipes
    NullSessionShares
    Size

    注意

    静的にコード化された他のエントリがここに表示される場合があります。 これらのエントリは削除しない。

  4. レジストリ エディターを終了し、レジストリ エディター Windows。