クリップボード リダイレクト (コピーと貼り付け) を使用してリモート デスクトップ サービスまたはターミナル サービス セッションを使用して 2 GB を超えるファイルをコピーすると、サイレント モードで失敗する

この記事では、クリップボードリダイレクトを使用してリモート デスクトップ サービスまたはターミナル サービス セッションを使用して 2 GB を超えるファイルをコピーできない問題を回避するためのヘルプを提供します。

元の製品バージョン:   Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   2258090

現象

リモート デスクトップ プロトコル (RDP) クライアント 6.0 以降のバージョンを使用して、クリップボード リダイレクト (コピーと貼り付け) を使用して、リモート デスクトップ サービスまたはターミナル サービス セッション経由で 2 GB を超えるファイルをコピーしようとするときに、ファイルはコピーされません。 また、エラー メッセージは表示されません。

原因

これは既知の問題です。 この方法を使用した 2 GB を超えるファイルのコピーはサポートされていません。

解決方法

この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • 2 GB を超えるファイルを転送する場合は、リモート デスクトップ サービスまたはターミナル サービス セッションを介してドライブ リダイレクトを使用します。

  • リモート デスクトップ サービスまたはターミナル サービス セッションで 2 GB を超えるファイルをコピーするには、XCopy などのコマンド ラインの代替手段を使用します。 たとえば、次のコマンドを使用できます。

    xcopy \\tsclient\c\myfiles\LargeFile d:\temp  
    

詳細情報

  • ファイルをコピーして貼り付ける

    コピーと貼り付け機能を使用して、リモート セッションとローカル コンピューターの間、またはローカル コンピューターとリモート セッションの間でファイルをコピーして貼り付けできます。 ただし、これは 2 GB 未満のファイルに限定されます。

  • ドライブ リダイレクトを使用したファイルの転送

    ローカル コンピューター上のドライブをセッションでリダイレクトして、ローカル ホストとリモート コンピューターの間でファイルを簡単に転送できます。 この方法で使用できるドライブには、次のドライバーが含まれます。

    • ローカル ハード ディスク

    • フロッピー ディスク ドライブ

    • マップされたネットワーク ドライブ

      リモート デスクトップ 接続の [ローカル リソース] タブで、リモート コンピューターにリダイレクトするデバイスとリソースの種類を指定できます。