承認を求めるプロンプトを表示せずにターミナル サーバー セッションをシャドウする方法

この記事では、承認を求めるプロンプトを表示せずにターミナル サーバー セッションをシャドウする方法について説明します。

適用対象:  Windows Server 2012R2
元の KB 番号:   292190

概要

ターミナル サーバー セッションでターミナル サーバー コンソール (セッション 0) をシャドウする場合に、アクセス許可を求めるメッセージが表示されない場合は、ターミナル サービスを実行しているサーバーでローカル グループ ポリシーを設定します。

詳細

他のセッションをシャドウするには 、[RDP-TCP プロパティ] ダイアログボックスの [リモート コントロール] タブで、[ユーザーのアクセス許可を要求する] チェック ボックス をオフにします。 コンソール セッションには影響を与えかねない。

承認を求めるプロンプトを表示してコンソールをリモートコントロールするには、次の操作を行います。

  1. ターミナル サービスを実行しているサーバーでグループ ポリシー エディター (Gpedit.msc) を開きます。

  2. [コンピューターの構成] で、[管理用テンプレート] を 展開 し、[Windows コンポーネント] を展開し、[ターミナル サービス]を選択します

  3. [ターミナル サービス] ユーザー セッションのリモート コントロール のルールを設定する] を右クリックし、[プロパティ] を 選択します

  4. [有効] オプションを 選択します。

  5. [オプション ] で、[ ユーザーのアクセス許可のないフル コントロール] を選択します

  6. [OK] を 選択し、[グループ ポリシー エディター] を終了します。 直後にローカル ポリシーを更新するには、コマンド プロンプトに移動し、次のコマンドを実行します。

    gpupdate /force
    

リモート デスクトップ セッションを確立した場合は、コマンド プロンプトに移動して次のコマンドを使用して、コンソールに接続してリモート コントロールできます。

Shadow 0

コンソールでアクセス許可を求めるメッセージは表示されません。