以前のバージョンのローミング ユーザー プロファイルWindows、Windows 10、Windows Server 2016バージョンと互換性がありません

この記事では、Windows 10 または Windows Server 2016 以前のバージョンのローミング ユーザー プロファイルの非互換性についてWindows。

適用対象:  Windows 10 - すべてのエディション、Windows Server 2016
元の KB 番号:   3056198

現象

Windows 10、Windows Server 2016、およびそれ以降のバージョンの移動ユーザー プロファイルは、以前のバージョンのローミング ユーザー プロファイルと互換性Windows。

たとえば、Windows 10 7 でローミング プロファイルを使用する環境にWindowsを展開すると、次の動作が発生します。

  • 既存のユーザー アカウント 7 または Windows Windows 8.1 プロファイルを持つユーザー アカウントを使用して、Windows 10 コンピューターに初めてログオンします。 この状況では、プロファイルのWindows 10を読み取り、変更できます。

  • 特定Windows 7、Windows 8.1、Windows 10機能は、予期されるプロファイル状態が存在しないので、期待通り動作しない場合があります。 たとえば、スタート メニュー開始しない場合です。 Cortanaタスク バーが応答しなく、タスク バーのアイコンが見つからない場合。

  • 同じユーザー アカウントを使用して、7 コンピューターにログオンWindows試します。 ユーザー プロファイルで実行された変更は、Windows 10 7 または Windowsで予期Windows 8.1。

既存の Windows 7、Windows 8、または Windows 8.1 プロファイルを持つユーザー アカウントを使用して、Windows 10 コンピューターに初めてログオンします。 この状況では、 プロファイルの v5 バージョンまたは v6 バージョンが作成されます。

既定では、Windows 10は v5 プロファイル フォルダー拡張機能を使用します。 以前のバージョンの Windowsでは、既定のバージョンは v2 でした

注意

Windows の 1 つのバージョンで作成されたローミング、必須、超必須、およびドメインの既定のユーザー プロファイルは、別のバージョンの Windows で作成されたユーザー プロファイルと分離されている必要があります。 各バージョンのWindows独自のプロファイル バージョンを持つ必要があります。

解決方法

プロファイルのバージョン管理を無効に しなかったか確認します

既定では、プロファイルのバージョン管理は、Windows 10、Windows Server 2016以降のバージョンで有効Windows。 この動作は設計上の動作であり、プロファイル バージョン間の非互換性のために実装されました。 ローミング プロファイルを使用するユーザー アカウントが Windows 10 と以前のバージョンの Windows の両方にログオンする場合は、バージョンの種類ごとにプロファイルが必要です。

詳細

プロファイルのバージョンと移動ユーザー プロファイルを展開する方法の詳細については、「Deploy Roaming User Profiles」を参照してください

必須プロファイルの詳細については、「必須ユーザー プロファイルの作成 」を参照してください

状態

この動作は仕様です。