サーバー バックアップを使用して、Hyper-V 仮想マシンを Windows サーバー コンピューター上の親パーティションWindowsする方法

この記事では、サーバー バックアップを使用して、Hyper-V 仮想マシンを Windows サーバー コンピューターの親パーティションからバックアップWindows説明します。

適用対象:  Windows Server 2012R2
元の KB 番号:   958662

問題の説明

Windows Server バックアップを使用して Windows Server の親パーティションから Hyper-V 仮想マシンをバックアップするには、Microsoft Hyper-V VSS ライターを Windows Server Backup に登録する必要があります。

解決方法

重要

このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報: 322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法の記事を表示します。

Hyper-V VSS ライターをサーバー バックアップにWindowsするには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、「regedit」と入力して、[OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ キーを探します。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion

  3. [CurrentVersion] を右クリックし、[新規] をポイント 、[キー] を クリックします

  4. 「WindowsServerBackup」と入力し、Enter キーを押します。

  5. [WindowsServerBackup] を右クリックし、[ 新規] をポイント 、[キー] を クリックします

  6. 「Application Support」と入力し、ENTER キーを押します。

  7. [アプリケーション サポート] を右クリックし、[新規] をポイント 、[キー] を クリックします

  8. 「{66841CD4-6DED-4F4B-8F17-FD23F8DDC3DE}」と入力し、Enter キーを押します。

  9. {66841CD4-6DED-4F4B-8F17-FD23F8DDC3DE} を右クリックし、[新規] をポイントし、[文字列値] を クリックします

  10. 「アプリケーション識別子」と入力し、Enter キーを押します。

  11. [アプリケーション識別子] を右クリックし、[変更] を クリックします

  12. [値の データ] ボックス に「Hyper-V」と入力し 、[OK] をクリックします

  13. [ファイル] メニューの [ 終了] を クリックします

Hyper-V 仮想マシンのバックアップの詳細

サーバー バックアップを使用して仮想マシンをWindowsする

  • 仮想マシンのバックアップを実行する場合は、InitialStore.xml 仮想マシンのファイルをホストしているすべてのボリューム (C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V の C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V) と VHD と構成 XML ファイルを含むボリュームをバックアップする必要があります。 たとえば、仮想マシン構成ファイルが D: ボリュームに保存され、仮想マシンの仮想ハード ディスク (VHD) ファイルが E: ボリュームに格納され、InitialStore.xml ファイルが C: ボリュームに保存されている場合は、C:、D:、E: ボリュームをバックアップする必要があります。

  • 統合サービスがインストールされていない仮想マシンは、VSS スナップショットの作成中に保存された状態になります。

  • MICROSOFT Windows 2000 や Windows XP など、VSS をサポートしないオペレーティング システムを実行している仮想マシンは、VSS スナップショットの作成中に保存された状態になります。

  • 動的ディスクを含む仮想マシン (動的に展開しない) は、オフラインでバックアップする必要があります。

注意

Windowsサーバー バックアップは、クラスター共有ボリューム (CSV ボリューム) での Hyper-V 仮想マシンのバックアップをサポートしません。

サーバー バックアップを使用して仮想マシンWindows復元する

仮想マシンを復元するには、次の手順を実行します。

  1. 管理Windowsサーバー のバックアップを開始します。
  2. [操作] メニューの [回復] を クリックします
  3. データを回復するサーバーを選択し、[次へ] を クリックします
  4. 復元元の日付と時刻を選択し、[次へ] を クリックします
  5. [アプリケーションの 回復の種類] を選択し、[次へ] を クリックします
  6. [Hyper-V] を選択 し、[次へ] を クリックします
  7. 復元場所を選択し、[次へ] を クリックします
  8. [回復 ] を クリックして、復元プロセスを開始します。

    注意

    仮想マシンのファイルをホストしているすべてのボリュームが復元されます。 サーバー バックアップを使用して個々の仮想マシンWindowsすることはできません。

2 つ以上のスナップショットを含む仮想マシンは復元されません。 この問題を回避するには、次の手順を実行します。

  1. 管理ツールで Hyper-V マネージャーを起動します。

  2. 復元されていない仮想マシンを削除します。

  3. 管理Windowsサーバー のバックアップを開始します。

  4. [操作] メニューの [回復] を クリックします

  5. データを回復するサーバーを選択し、[次へ] を クリックします

  6. 復元元の日付と時刻を選択し、[次へ] を クリックします

  7. [ファイルと フォルダーの回復の種類] を選択し、[次へ] を クリックします

  8. スナップショットが保存されているディレクトリを選択し、[次へ] を クリックします

    注意

    既定では、スナップショットは次のディレクトリにあります:C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Snapshots

  9. スナップショットを復元する場所を選択し、[次へ] を クリックします

  10. [回復 ] を クリックして、復元プロセスを開始します。

  11. 復元が完了したら、別の復元を実行します。 ただし、[アプリケーション] 回復の 種類を 使用し 、[Hyper-V] を選択して仮想マシンを正しく復元します。