SetPrinter 関数を使用してプリンター設定を変更する

この SetPrinter 関数を使用すると、アプリケーションはさまざまなプリンター属性を変更できます。 ただし、この記事のコードが示す通り、正しく呼び出すには一定の準備が必要です SetPrinter

元の製品バージョン:  Windows
元の KB 番号:   140285

SetPrinter の hPrinter パラメーター

最初のパラメーターは、設定を変更するプリンターのハンドルです。 このパラメーターは、 から取得する必要があります OpenPrinter()

SetPrinter の dwLevel パラメーター

2 番目のパラメーターは、渡されるデータの構造を指定します SetPrinter() 。 パラメーターの値には、0、2、3、4、5、6、7、8、または 9 を指定できます

SetPrinter の lpbPrinter パラメーター

3 番目のパラメーターは PRINTER_INFO_n n 、2 番目のパラメーターの数値に対応する構造です。 この構造体は、単に構造体のサイズのバッファーではないため、混乱を引き起こす可能性があります。 これらの構造体には、デバイスに依存しない情報が含まれていますが、デバイス ドライバーによって与えられる、デバイスに依存する情報の一部の可変量がメモリ内にすぐに続きます。 したがって、このバッファーの重要な値を決定するには、少しの作業が必要です。 これは、必要な合計サイズに設定される呼び出 GetPrinter() pcbNeeded しによって実現されます。

また、バッファーには通常、デバイスに依存しないデバイス依存の情報が大量に含まれます。 アプリケーションは、これらのほとんどの構造体メンバーの値を知るつもりも気にしません。 したがって、興味のある変更を行う場合は、これらの他のすべてのデータに対して正しい値を差し込む必要があります。 これらの他のデータは、2 回目の呼び出し GetPrinter() 時に設定されます。

SetPrinter の DwCommand パラメーター

4 番目のパラメーターは、印刷の一時停止、印刷の再開、またはすべての印刷ジョブのクリアに使用されます。 通常、このパラメーターは、使用と同時に lpbPrinter 使用されません。 この記事では、プリンターの状態の設定については関係ないので、サンプル コードではこのパラメーターを 0 に設定します。

DEVMODE について

多くの場合、指す構造の要素は (の要素ではなく) DEVMODE pDevMode 変更されます PRINTER_INFO_n 。 この場合、フラグによって、変更 pDevMode->dmFields できるフィールドがアプリケーションに表示されます。 これはによって与えられるので、変更を試みる前 GetPrinter() dmFields にフラグを確認できます。

また、デバイスに依存しない部分のフィールドを変更すると、デバイスに依存するパーツの変更にも影響を与える可能性があるため、一貫性のある構造を作成するには、呼び出す前に呼び出す必要 DEVMODE DocumentProperties() SetPrinter() DEVMODE があります SetPrinter()

サンプル コード

// MySetPrinter
// Demonstrates how to use the SetPrinter API.  This particular function changes the orientation
// for the printer specified in pPrinterName to the orientation specified in dmOrientation.
// Valid values for dmOrientation are:
// DMORIENT_PORTRAIT (1) or DMORIENT_LANDSCAPE (2)
BOOL MySetPrinter(LPTSTR pPrinterName, short dmOrientation)
{
    HANDLE hPrinter = NULL;
    DWORD dwNeeded = 0;
    PRINTER_INFO_2 *pi2 = NULL;
    DEVMODE *pDevMode = NULL;
    PRINTER_DEFAULTS pd;
    BOOL bFlag;
    LONG lFlag;

    // Open printer handle (on Windows NT, you need full-access because you
    // will eventually use SetPrinter)...
    ZeroMemory(&pd, sizeof(pd));
    pd.DesiredAccess = PRINTER_ALL_ACCESS;
    bFlag = OpenPrinter(pPrinterName, &hPrinter, &pd);
    if (!bFlag || (hPrinter == NULL))
        return FALSE;

    // The first GetPrinter tells you how big the buffer should be in
    // order to hold all of PRINTER_INFO_2. Note that this should fail with
    // ERROR_INSUFFICIENT_BUFFER.  If GetPrinter fails for any other reason
    // or dwNeeded isn't set for some reason, then there is a problem...
    SetLastError(0);
    bFlag = GetPrinter(hPrinter, 2, 0, 0, &dwNeeded);
    if ((!bFlag) && (GetLastError() != ERROR_INSUFFICIENT_BUFFER) || (dwNeeded == 0))
    {
        ClosePrinter(hPrinter);
        return FALSE;
    }

    // Allocate enough space for PRINTER_INFO_2...
    pi2 = (PRINTER_INFO_2 *)GlobalAlloc(GPTR, dwNeeded);
    if (pi2 == NULL)
    {
        ClosePrinter(hPrinter);
        return FALSE;
    }

    // The second GetPrinter fills in all the current settings, so all you
    // need to do is modify what you're interested in...
    bFlag = GetPrinter(hPrinter, 2, (LPBYTE)pi2, dwNeeded, &dwNeeded);
    if (!bFlag)
    {
        GlobalFree(pi2);
        ClosePrinter(hPrinter);
        return FALSE;
    }

    // If GetPrinter didn't fill in the DEVMODE, try to get it by calling
    // DocumentProperties...
    if (pi2->pDevMode == NULL)
    {
        dwNeeded = DocumentProperties(NULL, hPrinter,
        pPrinterName,
        NULL, NULL, 0);
        if (dwNeeded <= 0)
        {
            GlobalFree(pi2);
            ClosePrinter(hPrinter);
            return FALSE;
        }

        pDevMode = (DEVMODE *)GlobalAlloc(GPTR, dwNeeded);
        if (pDevMode == NULL)
        {
            GlobalFree(pi2);
            ClosePrinter(hPrinter);
            return FALSE;
        }

        lFlag = DocumentProperties(NULL, hPrinter,
        pPrinterName,
        pDevMode, NULL,
        DM_OUT_BUFFER);
        if (lFlag != IDOK || pDevMode == NULL)
        {
            GlobalFree(pDevMode);
            GlobalFree(pi2);
            ClosePrinter(hPrinter);
            return FALSE;
        }
        pi2->pDevMode = pDevMode;
    }

    // Driver is reporting that it doesn't support this change...
    if (!(pi2->pDevMode->dmFields & DM_ORIENTATION))
    {
        GlobalFree(pi2);
        ClosePrinter(hPrinter);
        if (pDevMode)
        GlobalFree(pDevMode);
        return FALSE;
    }

    // Specify exactly what we are attempting to change...
    pi2->pDevMode->dmFields = DM_ORIENTATION;
    pi2->pDevMode->dmOrientation = dmOrientation;

    // Do not attempt to set security descriptor...
    pi2->pSecurityDescriptor = NULL;

    // Make sure the driver-dependent part of devmode is updated...
    lFlag = DocumentProperties(NULL, hPrinter,
      pPrinterName,
      pi2->pDevMode, pi2->pDevMode,
      DM_IN_BUFFER | DM_OUT_BUFFER);
    if (lFlag != IDOK)
    {
        GlobalFree(pi2);
        ClosePrinter(hPrinter);
        if (pDevMode)
            GlobalFree(pDevMode);
        return FALSE;
    }

    // Update printer information...
    bFlag = SetPrinter(hPrinter, 2, (LPBYTE)pi2, 0);
    if (!bFlag)
    // The driver doesn't support, or it is unable to make the change...
    {
        GlobalFree(pi2);
        ClosePrinter(hPrinter);
        if (pDevMode)
            GlobalFree(pDevMode);
        return FALSE;
    }

    // Tell other apps that there was a change...
    SendMessageTimeout(HWND_BROADCAST, WM_DEVMODECHANGE, 0L,
      (LPARAM)(LPCSTR)pPrinterName,
      SMTO_NORMAL, 1000, NULL);

    // Clean up...
    if (pi2)
        GlobalFree(pi2);
    if (hPrinter)
        ClosePrinter(hPrinter);
    if (pDevMode)
        GlobalFree(pDevMode);
    return TRUE;
}