Windows.UI.ViewManagement 名前空間

アクティブなユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリに関連付けられているさまざまなビューを処理および管理するためのサポートを提供します。

クラス

AccessibilitySettings

ハイ コントラストのアクセシビリティ設定へのアクセスを提供します。

ActivationViewSwitcher

アクティブ化に応答してアプリ ビューに切り替えるメソッドを提供します。

ApplicationView

アクティブなアプリケーション ビューと関連付けられている状態と動作を表します。

ApplicationViewConsolidatedEventArgs

ウィンドウ (アプリ ビュー) 統合操作の結果を格納します。

ApplicationViewScaling

レイアウトのスケーリングを制御するためのメソッドとプロパティを提供します。

ApplicationViewSwitcher

アプリのアプリ ビューの切り替え動作を表します。

ApplicationViewTitleBar

アプリのタイトル バーを表します。

ApplicationViewTransferContext

ウィンドウのドラッグ操作に関する情報を表します。

InputPane

ドッキングされたタッチ キーボードまたはソフト入力パネル (SIP) が表示または非表示になり、アプリケーションのウィンドウのどの部分が入力ウィンドウで隠れているかを判断するときに、アプリで通知を受信できるようにします。

Note

InputPane API は、ドッキングされたパネルに対してのみ正確なオクルージョン情報を提供します。 Windows 10 Creators Fall Update 以降では、次の API を使用して、ドッキング、ドッキング解除、移動可能、および推移的な入力ウィンドウ (ソフト入力パネル (SIP)、入力方法エディター (IME) 候補ウィンドウ、フローティング ツールバーなど) でオクルージョンを処理することをお勧めします。

InputPaneVisibilityEventArgs

入力ウィンドウの [イベントの非表示表示 ] のデータを提供します。

ProjectionManager

プロジェクターなどのセカンダリ ディスプレイに送信されるウィンドウ (アプリ ビュー) を管理するための一連のメソッドを定義します。

StatusBar

アプリ ビュー (ウィンドウ) に関連付けられているステータス バーを操作するためのメソッドとプロパティを提供します。 ステータス バーは、ユーザーがデバイスの動作を制御し、進行状況を表示できる画面の上端 (通常) にシステムが表示するユーザー エクスペリエンスです。

StatusBarProgressIndicator

ウィンドウ (アプリ ビュー) のステータス バーで進行状況インジケーターを操作するためのメソッドとプロパティを提供します。

UISettings

一般的なアプリ ユーザー インターフェイスの設定と操作のセットが含まれています。

UISettingsAnimationsEnabledChangedEventArgs

AnimationsEnabledChanged イベントのイベント データを格納します。

UISettingsAutoHideScrollBarsChangedEventArgs

AutoHideScrollBarsChanged イベントのイベント データを格納します。

UISettingsMessageDurationChangedEventArgs

MessageDurationChanged イベントのイベント データを格納します。

UIViewSettings

デバイス モード (タブレットまたはデスクトップ) と入力デバイスの種類に関連付けられている UI の状態と動作を表します。

ViewModePreferences

ビューが新しいビュー モードに変更されたときに適用される優先設定を表します。

構造体

ViewManagementViewScalingContract

アクティブなユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリに関連付けられているさまざまなビューを処理および管理するためのサポートを提供します。

列挙型

ApplicationViewBoundsMode

ウィンドウ (アプリ ビュー) の内容をレイアウトするためにフレームワークによって使用される境界。

ApplicationViewMode

アプリ ウィンドウのビュー モードを指定する定数を定義します。

ApplicationViewOrientation

ウィンドウ (アプリ ビュー) の表示方向モードのセットを定義します。

ApplicationViewState

処理できるアプリビューステートの変更のセットを指定します。

重要

ApplicationViewState は、Windows 8.1後にリリースで変更または使用できない場合があります。 代わりに、ウィンドウ レイアウト サイズを直接クエリします。

ApplicationViewSwitchingOptions

ウィンドウ (アプリ ビュー) の切り替え動作のオプションのセットを定義します。

ApplicationViewWindowingMode

アプリ ウィンドウが自動サイズ、全画面表示、または起動時に特定のサイズに設定されるかどうかを指定する定数を定義します。

FullScreenSystemOverlayMode

全画面表示モードの場合にアプリがエッジ ジェスチャに応答する方法を指定する定数を定義します。

HandPreference

アプリ ビューによって表示されるユーザー インターフェイスの方向設定のセットを定義します。

ScreenCaptureDisabledBehavior

アクティブなユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリに関連付けられているさまざまなビューを処理および管理するためのサポートを提供します。

UIColorType

既知のシステム カラー値を指定する定数を定義します。

UIElementType

ユーザー インターフェイス要素型のセットを定義します。

UserInteractionMode

入力デバイスの種類に合わせて最適化された UI ビューを指定します。

ViewSizePreference

使用可能な一般的なウィンドウ (アプリ ビュー) のサイズ設定のセットを定義します。

こちらもご覧ください