CreatePkgDef ユーティリティ

適用対象:yesVisual Studio noVisual Studio for Mac noVisual Studio Code

Visual Studio 拡張機能の .dll ファイルをパラメーターとして受け取り、 .dll ファイルに付随する .pkgdef ファイルを作成します。 .pkgdef ファイルには、拡張機能のインストール時にシステム レジストリに書き込まれるすべての情報が含まれています。

注意

Visual Studio SDK に含まれているほとんどのプロジェクト テンプレートでは、ビルド処理の一部として、自動的に .pkgdef ファイルが作成されます。 このドキュメントは、手動でパッケージを作成する場合や、.pkgdef の配置を使用できるように既存のパッケージを変換する場合を対象としています。

構文

CreatePkgDef /out=<FileName> [/codebase] [/assembly] <AssemblyPath>

引数

/out=<FileName>
必須。 .pkgdef 出力ファイルの名前を <FileName> に設定します。

/codebase
省略可能。 CodeBase ユーティリティに強制的に登録します。

/assembly
Assembly ユーティリティに強制的に登録します。

<AssemblyPath>
.pkgdef を生成する元となる .dll ファイルのパス。

解説

.pkgdef ファイルを使用した拡張機能の配置により、以前のバージョンの Visual Studio のレジストリ要件が置き換えられています。

.pkgdef ファイルは、次のいずれかの場所にインストールする必要があります。

  • %localappdata%\Microsoft\Visual Studio\16.0\Extensions\

  • %vsinstalldir%\Common7\IDE\Extensions\

インストール フォルダーが %localappdata%\Microsoft\Visual Studio\16.0\Extensions\ の場合、拡張機能は Visual Studio によって認識されますが、既定では無効になっています。 ユーザーは、 [拡張機能の管理] を使用して拡張機能を有効にすることができます。

インストール フォルダーが %vsinstalldir%\Common7\IDE\Extensions\ の場合、拡張機能は既定で有効になっています。

注意

拡張機能の管理ツールは、VSIX パッケージの一部としてインストールされている場合を除き、拡張機能にアクセスするためには使用できません。

関連項目