ファイアウォールまたはプロキシ サーバーの内側に Visual Studio および Azure Services をインストールして使用する

適用対象:yesVisual Studio noVisual Studio for Mac noVisual Studio Code

自分の組織でファイアウォールやプロキシ サーバーなどのセキュリティ対策を使用している場合は、Visual Studio および Azure Services をインストールして使用するときに最適なエクスペリエンスを得るために "許可リスト" に追加したいドメイン URL や開きたいポートおよびプロトコルがあることでしょう。

  • Visual Studio のインストール : 希望するすべてのコンポーネントおよびワークロードにアクセスできるよう、許可リストに追加すべきドメイン URL が含まれた表があります。

  • Visual Studio および Azure Services の使用 : 希望するすべての機能とサービスにアクセスできるように、許可リストに追加すべきドメイン URL と、開くべきポートおよびプロトコルが含まれた表があります。

注意

この記事は Windows 上の Visual Studio 向けに書かれていますが、一部の情報はファイアウォールやプロキシ サーバーの背後に Visual Studio for Mac をインストールする場合にも適用されます。

Visual Studio のインストール

許可リストに追加する URL

Visual Studio インストーラーは、さまざまなドメインやそのダウンロード サーバーからファイルがダウンロードします。このため、UI またはお使いの配置スクリプトに信頼されているものとして許可リストに追加することをお勧めするドメイン URL を次に示します。

Microsoft ドメイン

ドメイン 目的
go.microsoft.com URL の解像度を設定する
aka.ms URL の解像度を設定する
download.visualstudio.microsoft.com パッケージのダウンロード場所を設定する
download.microsoft.com パッケージのダウンロード場所を設定する
download.visualstudio.com パッケージのダウンロード場所を設定する
dl.xamarin.com パッケージのダウンロード場所を設定する
xamarin-downloads.azureedge.net Android SDK パッケージのダウンロード リストの場所
marketplace.visualstudio.com Visual Studio 拡張機能のダウンロード場所
*.gallerycdn.vsassets.io Visual Studio 拡張機能のダウンロード場所
visualstudio.microsoft.com ドキュメントの場所
docs.microsoft.com ドキュメントの場所
msdn.microsoft.com ドキュメントの場所
www.microsoft.com ドキュメントの場所
*.windows.net サインインの場所
*.microsoftonline.com サインインの場所
*.live.com サインインの場所
github-releases.githubusercontent.com Linux 開発
az837173.vo.msecnd.net Azure Storage を使用した開発

Microsoft 以外のドメイン

ドメイン 以下のワークロードをインストールします。
archive.apache.org JavaScript でのモバイル開発 (Cordova)
cocos2d-x.org C++ によるゲーム開発 (Cocos)
download.epicgames.com C++ によるゲーム開発 (Unreal Engine)
download.oracle.com JavaScript でのモバイル開発 (Java SDK)

.NET によるモバイル開発 (Java SDK)
download.unity3d.com Unity でのゲーム開発 (Unity)
netstorage.unity3d.com Unity でのゲーム開発 (Unity)
dl.google.com JavaScript によるモバイル開発 (Android SDK および NDK、エミュレーター)

.NET によるモバイル開発 (Android SDK および NDK、エミュレーター)
www.incredibuild.com C++ によるゲーム開発 (IncrediBuild)
incredibuildvs2017i.azureedge.net C++ によるゲーム開発 (IncrediBuild)
www.python.org Python 開発 (Python)

データ サイエンスと分析のアプリケーション (Python)
developerservices2.apple.com Xamarin.iOS provisioning
developer.apple.com Xamarin.iOS provisioning
appstoreconnect.apple.com Xamarin.iOS provisioning
idmsa.apple.com Xamarin.iOS provisioning
akamaized.net Content Delivery Network (Akamai Technologies)

Visual Studio および Azure Services の使用

許可リストに追加すべき URL と開くべきポートおよびプロトコル

ここでは、ファイアウォールまたはプロキシ サーバーの内側で Visual Studio または Azure サービスを使用するときに必要なものすべてにアクセスできるようにするために、許可リストに追加すべき URL と、開くことをお勧めするポートおよびプロトコルを示します。

サービスまたはシナリオ DNS エンドポイント プロトコル/ポート 説明
URL
解決
go.microsoft.com

aka.ms
URL を短くするために使用されます。後で長い URL に解決されます。
スタート ページ vsstartpage.blob.core.windows.net 443 スタート ページに示される開発者向けニュースを表示するために使用されます (Visual Studio 2017 のみ)
対象の
通知
サービス
targetednotifications-tm.trafficmanager.net

www.research.net
443

443
通知のグローバル リストを、特定の種類のコンピューター/使用状況シナリオにのみ適用されるリストへとフィルター処理するために使用されます。
拡張子
更新チェック
marketplace.visualstudio.com

*.windows.net
*.microsoftonline.com
*.live.com
443 インストールした拡張機能の更新プログラムが利用可能になったときに通知を提供するために使用されます。

サインインの場所として使用されます。
AI プロジェクト
統合
az861674.vo.msecnd.net 443
登録されている Application Insights アカウントに使用状況データを送信する新しいプロジェクトを構成するために使用されます。
コード レンズ codelensprodscus1su0.app.
codelens.visualstudio.com
443 ファイルの最終更新日時、変更のタイムライン、変更が関連付けられている作業項目、作成者など、エディター内に情報を提供するために使用されます。
実験用
機能の有効化
visualstudio-devdiv-c2s.msedge.net 80 実験用の新しい機能や機能の変更をアクティブ化するために使用されます。
識別情報 "バッジ"
(ユーザー名とアバター)
and
ローミング設定
app.vssps.visualstudio.com

app.vsspsext.visualstudio.com

app.vssps.visualstudio.com

ns-sb2-prod-ch1-002.cloudapp.net

az700632.vo.msecnd.net

api.vstsusers.visualstudio.com/profiles/*
443 IDE でユーザーの名前とアバターを表示するために使用されます。

あるコンピューターから別のコンピューターに設定の変更が確実にローミングするように使用されます。
リモート設定 az700632.vo.msecnd.net 443 Visual Studio で問題を引き起こすことがわかっている拡張機能をオフにするために使用されます。
Windows ツール developer.microsoft.com

dev.windows.com

appdev.microsoft.com
https/443 Windows アプリ ストアのシナリオで使用されます。
JSON スキーマ
探索

JSON スキーマ
定義

JSON スキーマ
サポート
Azure リソース
json.schemastore.org
schemastoreorg.azurewebsites.net

json-schema.org

schema.management.azure.com
http/80
https/443

http/80

https/443
JSON ドキュメントの編集時にユーザーによって使用される可能性のある JSON スキーマを検出およびダウンロードするために使用されます。

Json 用のメタ検証スキーマを取得するために使用されます。

Azure Resource Manager 展開テンプレート用の現在のスキーマを取得するために使用されます。
NPM パッケージ
探索
Skimdb.npmjs.com

Registry.npmjs.org

Api.npms.io
https/443

http/80 &
https/443
https/443
NPM パッケージを検索する場合に必要であり、Web プロジェクトでのクライアント側スクリプト パッケージのインストールに使用されます。
Bower パッケージ
アイコン

Bower パッケージ
search
Bower.io

bowercache.azurewebsites.net
go.microsoft.com
Registry.bower.io
http/80

https/443
http/80
https/443
既定の Bower パッケージ アイコンを指定します。

Bower パッケージを検索する機能を提供します。
NuGet

NuGet パッケージ
探索
api.nuget.org
www.nuget.org
nuget.org
azuresearch-usnc.nuget.org
azuresearch-ussc.nuget.org
licenses.nuget.org
nuget.cdn.azure.cn
azuresearch-ea.nuget.org
azuresearch-sea.nuget.org

crl3.digicert.com
crl4.digicert.com
ocsp.digicert.com
cacerts.digicert.com
https/443

http/80 &
https/443
署名された NuGet パッケージを確認するために使用されます。

NuGet パッケージおよびバージョンを検索するために必要です。
GitHub リポジトリの情報 api.github.com https/443 Bower パッケージに関する追加情報を取得するために必要です。
Web リンター Eslint.org

www.Bing.com

www.coffeelint.org
http/80
Cookiecutter
エクスプローラー テンプレート
探索

Cookiecutter
エクスプローラー プロジェクトの
作成
api.github.com
raw.githubusercontent.com
go.microsoft.com

pypi.org
pypi.python.org
https/443
推奨されるフィードから、および GitHub リポジトリから、オンライン テンプレートを検出するために使用されます

Python パッケージ インデックス (PyPI) からの cookiecutter Python パッケージの 1 回限りのオンデマンド インストールを必要とする cookiecutter テンプレートからプロジェクトを作成するために使用されます。
Python パッケージ
探索

Python パッケージ
管理

新規作成
Python
プロジェクト
テンプレートの使用
pypi.org

pypi.python.org
bootstrap.pypa.io

go.microsoft.com
https/443 pip パッケージを検索する機能を提供します。

pip が存在しない場合に、pip を自動的にインストールするために使用されます。

次の新しい Python プロジェクト テンプレートを cookiecutter テンプレート URL に解決するために使用されます。
- 分類子プロジェクト
- クラスタリング プロジェクト
- 回帰プロジェクト
- PyKinect を使用した PyGame
- Pyvot プロジェクト
Office Web
アドイン
file:///
検証
サービス
verificationservice.osi.office.net https/443 Office Web アドインのマニフェストを検証するために使用されます。
SharePoint と
Office アドイン
sharepoint.com
microsoft.com/microsoft-365
microsoftonline.com
outlook.com
https/443 SharePoint および Office のアドインを SharePoint Online および Microsoft 365 に発行し、テストするために使用されます
ワークフロー マネージャー
テスト サービス
Host
http/12292 SharePoint アドインをワークフローでテストするために自動的に作成されるファイアウォール規則です。
自動的に収集される
信頼性の統計情報
と、
Azure SDK および SQL Tools 用の
その他の
カスタマー エクスペリエンス向上プログラム
(CEIP)

vortex.data.microsoft.com

dc.services.visualstudio.com
https/443 ユーザーから Microsoft に信頼性の統計情報 (クラッシュまたは無応答データ) を送信するために使用されます。 Windows エラー報告を有効にした場合、実際のクラッシュまたは無応答ダンプは引き続きアップロードされ、統計情報のみが抑制されます。
Azure Tools SDK 拡張機能の利用状況パターン、および SQL ツールの利用状況パターンを Visual Studio に対して明らかにするために使用されます。
Visual Studio
カスタマー エクスペリエンス
向上プログラム (CEIP)

PerfWatson.exe
vortex.data.microsoft.com
dc.services.visualstudio.com
visualstudio-devdiv-c2s.msedge.net
az667904.vo.msecnd.net
scus-breeziest-in.cloudapp.net
https/443 利用状況のパターンとエラー ログを収集するために使用されます。

UI のフリーズ問題を追跡するために使用されます。
Azure リソースの
作成と
管理
management.azure.com
management.core.windows.net
https/443 Web アプリケーション、Azure Functions、または WebJobs の発行をサポートする Azure Websites またはその他のリソースを作成するために使用されます。
更新された Web 発行ツールの
確認と拡張機能に関する
推奨事項
marketplace.visualstudio.com https/443 更新された発行ツールの可用性を確認するために使用されます。 無効の場合、Web 発行のための潜在的な推奨拡張機能が表示されない場合があります。
更新された Azure リソース
作成エンドポイント情報
*.blob.core.windows.net https/443 特定の Azure Services 用の Azure Resources の作成に使用するエンドポイントを更新するために使用されます。 無効である場合は、最後にダウンロードまたは組み込まれたエンドポイントの場所が代わりに使用されます。
Azure Websites のリモート デバッグ
および
リモート プロファイル
*.cloudapp.net
*.azurewebsites.net
4022 リモート デバッガーを Azure Websites にアタッチするために使用されます。 無効である場合、Azure Websites へのリモート デバッガーのアタッチは機能しません。
Active Directory
Graph
graph.windows.net https/443 新しい Azure Active Directory アプリケーションをプロビジョニングするために使用されます。 Microsoft 365 MSGraph と接続されたサービス プロバイダーによっても使用されます
Azure Functions
CLI 更新プログラムの
チェック
functionscdn.azureedge.net https/443 Azure Functions CLI の更新されたバージョンを確認するために使用されます。 無効である場合、CLI のキャッシュされたコピー (または、Azure Functions のコンポーネントによって実行されるコピー) が代わりに使用されます。
Cordova npmjs.org
gradle.org
http/80 &
https/443
ビルド時の Gradle のダウンロードには HTTP が使用され、プロジェクトに Cordova プラグインを含めるには HTTPS が使用されます。
Cloud Explorer 1. <クラスター エンドポイント>
Service Fabric
2. <管理エンドポイント>
汎用的な Cloud Exp
3. <グラフ エンドポイント>
汎用的な Cloud Exp
4. <ストレージ アカウント エンドポイント>
記憶域ノード
5. <Azure portal の URL>
汎用的な Cloud Exp
6. <キー コンテナー エンドポイント>
Azure Resource Manager VM ノード
7. <PublicIPAddressOfCluster>
Service Fabric のリモート デバッグと ETW トレース

1.https/19080
2. https/443
3. https/443
4. https/443
5. https/443
6. https/443
7.tcp/dynamic
1.例: test12.eastus.cloudapp.com
2.サブスクリプションを取得し、Azure リソースを取得/管理します
3.Azure Stack サブスクリプションを取得します。
4.Storage リソースを管理します (例: mystorageaccount.blob.core.windows.net)
5.[ポータルで開く] コンテキスト メニュー オプション (Azure Portal でリソースを開く)
6.VM デバッグ用にキー コンテナーを作成して使用します (例: myvault.vault.azure.net)

7.クラスターおよび使用可能なポート内のノード数に基づいて、ポートのブロックを動的に割り当てます。 

最低 10 個のポートでノード数の取得を 3 回試みます。

ストリーミング トレースの場合、810 からポート ブロックの取得が試みられます。 そのポート ブロックのいずれかが既に使用されている場合は、次のブロックを取得する試みが行われるという具合に進められます (ロード バランサーが空の場合、ほとんどは 810 からのポートが使用されます)。

デバッグの場合と同様に、ポート ブロックの 4 つのセットが予約されます。
- connectorPort:30398、
- forwarderPort:31398、
- forwarderPortx86:31399、
- fileUploadPort:32398
Cloud Services 1.RDP

2. core.windows.net

3. management.azure.com
management.core.windows.net

4. *.blob.core.windows.net
*.queue.core.windows.net
*.table.core.windows.net

5. portal.azure.com

6. <ユーザーのクラウド サービス>.cloudapp.net
<ユーザーの VM>.<リージョン>.azure.com
1. rdp/3389

2. https/443

3. https/443

4. https/443

5. https/443

6. tcp
a) 30398
b) 30400
c) 31398
d) 31400
e) 32398
f) 32400
1. Cloud Services VM へのリモート デスクトップ

2. プライベート診断構成のストレージ アカウント コンポーネント

3. Azure portal

4. サーバー エクスプローラー - Azure Storage * は顧客によって名前が付けられるストレージ アカウントです

5. ポータルを開くリンク、サブスクリプション証明書のダウンロード、設定ファイルの発行

6. a) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のコネクタ ローカル ポート
6. b) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のコネクタ パブリック ポート
6. c) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のフォワーダー ローカル ポート
6. d) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のフォワーダー パブリック ポート
6. e) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のファイル アップローダー ローカル ポート
6. f) クラウド サービスおよび VM のリモート デバッグ用のファイル アップローダー パブリック ポート
Service Fabric 1.
docs.Microsoft.com
aka.ms
go.microsoft.com

2.
vssftools.blob.core.windows.net
Vault.azure.com
Portal.azure.com

3. * vault.azure.net

4.
app.vsaex.visualstudio.com
* .vsspsext.visualstudio.com
clouds.vsrm.visualstudio.com
clouds.visualstudio.com
app.vssps.visualstudio.com
* .visualstudio.com
https/443 1.ドキュメント

2.クラスター機能の作成

3. * は Azure キー コンテナーの名前です (例: test11220180112110108.vault.azure.net)

4. * は動的です (例: vsspsextprodch1su1.vsspsext.visualstudio.com)
スナップショット
デバッガー
1. go.microsoft.com
2. management.azure.com
3. *.azurewebsites.net
4. *.scm.azurewebsites.net
5. api.nuget.org/v3/index.json
6.リモート サービス/サーバーの IP アドレス/FQDN
1. https/443
2. https/443
3. http/80
4. https/443
5. https/443
6.Concord/
4022 (Visual Studio バージョン依存)
1..json ファイルに対してクエリを実行して、アプリ サービス SKU サイズを取得します
2.さまざまな Azure RM 呼び出し
3.サイト ウォーム アップ呼び出し
4.顧客の対象 App Service Kudu エンドポイント
5.nuget.org で発行されたサイト拡張機能バージョンに対してクエリを実行します
6.リモート デバッグ
Azure Stream Analytics

HDInsight
Management.azure.com https/443 ASA ジョブの表示、送信、実行、管理で使用されます

HDI クラスターを参照し、HDI ジョブを送信、診断、およびデバッグするために使用されます
Azure Data Lake *.azuredatalakestore.net
*.azuredatalakeanalytics.net
https/443 ジョブのコンパイル、送信、表示、診断、デバッグのために使われます。ADLS ファイルを参照するために使われます。ファイルをアップロードおよびダウンロードするために使われます
パッケージ サービス [アカウント].visualstudio.com
[アカウント].*.visualstudio.com
*.blob.core.windows.net
registry.npmjs.org
nodejs.org
dist.nuget.org
nuget.org
https/443 特定のビルド タスク (NuGet Tool インストーラー、Node Tool インストーラーなど) にのみ、またはフィードで公共のアップストリームを使用する場合にのみ、*.npmjs.org、*.nuget.org、*.nodejs.org が必要です。 パッケージ サービスの中心的機能には、他の 3 つのドメインが必要です。
Azure DevOps Services *.vsassets.io
static2.sharepointonline.com
dev.azure.com
Azure DevOps Services と接続するために使用
Azure Service Bus *.servicebus.windows.net ampq/5671 および 5672、
sbmp/9350-9354、
http/80、
https/443
キュー、トピック、およびサブスクリプションの作成に使用されます。
Service Bus キューおよびトピックとの間でメッセージを送受信するためにも使われます。
Azure Cosmos DB *.documents.azure.com https/443 コア ドキュメント データベース API を呼び出すために使用されます。
開発者コミュニティ sendvsfeedback2.azurewebsites.net/api https/443 Developer Community フィードバック ツール API を呼び出すために使用されます (個人の懸案事項、検索、投票、コメント、送信、アップロード、再開)
Intellicode *.intellicode.vsengsaas.visualstudio.com https/443 Intellicode API を呼び出すために使用されます
Live Share *.liveshare.vsengsaas.visualstudio.com https/443 Live Share API を呼び出すために使用されます
GitHub Codespaces *.online.visualstudio.com https/443 GitHub Codespaces API を呼び出すために使用されます
JavaScript の自動型取得 registry.npmjs.org https/443 TypeScript 型定義をインストールして一般的な JavaScript ライブラリ用の IntelliSense を提供するために使用されます
Visual Studio サブスクリプションのライセンス サービス app.vssps.visualstudio.com/apis/
Licensing/ClientRights
https/443 オンライン アクティブ化用のライセンス
デバッガー 1.
vsdebugger.blob.core.windows.net
vsdebugger.azureedge.net

2.
download.visualstudio.com/*/
onecore.msvsmon.*.zip

3. referencesource.microsoft.com/symbols

4.
symbols.nuget.org/download/symbols

5. visualstudio.com

6. msdl.microsoft.com/download/symbols
https/443 1.
Unix/macOS での .NET Core デバッグ用のデバッガー ビットを SSH 経由でダウンロードするために使用されます

2.
リモート Windows Docker コンテナー デバッグ用のデバッガー ビットをダウンロードするために使用されます

3. .NET Framework ソースのステッピングを有効にするために使用されます

4.
(ユーザーがオプトインする場合) nuget.org シンボル サーバーに発行されたシンボルをダウンロードするために使用されます。

5. (ユーザーがオプトインする場合) MS シンボルとバイナリをダウンロードするために使用されます。ダンプでマネージド コードをデバッグするために必要になることもあります
GitHub Codespaces *.online.visualstudio.com https/443 GitHub Codespaces API を呼び出すために使用されます
Xamarin Android アプリの発行 *.googleapis.com
play.google.com
accounts.google.com
https/443 Google Play ストア サービスとやりとりして、Visual Studio から Xamarin Android アプリケーションを直接発行またはアップロードするために使用されます。
Visual Studio の検索サービス data-ai.microsoft.com/search https/443 Ctrl+Q 検索ボックスに AI 対応の Visual Studio Search Service を提供するために使用されます
Azure Container Registry *.azurecr.io https/443 CICD パイプラインの構成のために、Azure でホストされているコンテナー レジストリにアクセスします
Visual Studio for Mac の更新プログラム software.xamarin.com https/443 利用可能な更新プログラムの一覧を取得するために使用します
Visual Studio for Mac エラー報告 nw-umwatson.events.data.microsoft.com https/443 クラッシュ、無応答、遅延の信頼性レポートを収集するために使用します

場合によって、ファイアウォールまたはプロキシ サーバーの内側で Visual Studio をインストールし使用するときにネットワークまたはプロキシに関連するエラーが発生する場合があります。 このようなエラー メッセージの解決策の詳細については、「Troubleshooting network-related errors when you install or use Visual Studio」 (Visual Studio をインストールまたは使用するときのネットワーク関連のエラーのトラブルシューティング) ページを参照してください。

サポートを受ける

インストール関連の問題については、インストール チャット (英語のみ) のサポート オプションを提供しています。

他のいくつかのサポート オプションを次に示します。

関連項目