Visio ソリューションVisio solutions

Visual Studio には、Microsoft Office Visio の VSTO アドインを作成するために使用できるプロジェクト テンプレートが用意されています。Visual Studio provides project templates you can use to create VSTO Add-ins for Microsoft Office Visio. VSTO アドインを使用して、Visio の自動化、Visio 機能の拡張、または Visio ユーザー インターフェイス (UI) のカスタマイズが可能です。You can use VSTO Add-ins to automate Visio, extend Visio features, or customize the Visio user interface (UI).

VSTO アドインの詳細については、「vsto アドインのプログラミングの概要」と「 Vsto アドインのアーキテクチャ」を参照してください。Microsoft Office を使用したプログラミングの初心者の場合は、「 Visual Studio ()での Office 開発の概要」を参照してください。For more information about VSTO Add-ins, see Get started programming VSTO Add-ins and Architecture of VSTO Add-ins. If you are new to programming with Microsoft Office, see Get started (Office development in Visual Studio).

適用対象: このトピックの情報は、Visio 2010 の VSTO アドインのプロジェクトに適用されます。Applies to: The information in this topic applies to VSTO Add-in projects for Visio 2010. 詳細については、「Office アプリケーションおよびプロジェクトの種類別の使用可能な機能」を参照してください。For more information, see Features Available by Office Application and Project Type.

Note

複数のプラットフォームで Office エクスペリエンスを拡張するソリューションの開発に関心がありますか。Interested in developing solutions that extend the Office experience across multiple platforms? 新しいOffice アドインモデルを確認してください。Check out the new Office Add-ins model. Office アドインのフットプリントは、VSTO アドインやソリューションと比較して小さくなります。また、HTML5、JavaScript、CSS3、XML など、ほぼすべての web プログラミングテクノロジを使用してビルドすることができます。Office Add-ins have a small footprint compared to VSTO Add-ins and solutions, and you can build them by using almost any web programming technology, such as HTML5, JavaScript, CSS3, and XML.

Visio オブジェクトモデルを使用して Visio を自動化するAutomate Visio by using the Visio object model

Visio オブジェクト モデルでは、組織図、フローチャート、プロジェクト タイムライン、ネットワーク ダイアグラム、事務所スペースなどのダイアグラムを Visio で自動的に作成するために使用できる多数のクラスが公開されています。The Visio object model exposes many classes that you can use to automate Visio to create diagrams for organizational charts, flowcharts, project timelines, network diagrams, office spaces, and more. この API を使用して、次のような一般的なタスクを実行するコードを作成できます。The API enables you to write code to accomplish common tasks:

  • 図形やテキストを作成し、ダイアグラムに配置する。Construct and position shapes and text in diagrams.

  • ビジネス ロジックやユーザー入力に基づいて図形の動作を管理する。Manage shape behavior based on business logic and user input.

  • ダイアグラムの視覚エフェクト (パン、ズームなど) を制御する。Control diagram visualization such as panning and zooming.

  • アプリケーション UI をカスタマイズする。Customize the application UI.

  • 外部データを Visio にインポートし、図形にリンクしてページ上にグラフィカルに表示する。Import external data into Visio, link it to shapes, and display it graphically on a page.

    Visio のオブジェクトモデルを使用して visio図面を操作し、 visio 図形を操作するためのステップバイステップの手順とコード例を確認できます。You can view step-by-step procedures and code examples for using the object model of Visio to work with documents and shapes in Work with Visio documents and Work with Visio shapes.

    VSTO アドインから Visio オブジェクト モデルにアクセスするには、プロジェクト内の Application クラスの ThisAddIn フィールドを使用します。To access the Visio object model from a VSTO Add-in, use the Application field of the ThisAddIn class in your project. Application フィールドは、Visio の現在のインスタンスを表す Microsoft.Office.Interop.Visio.Application オブジェクトを返します。The Application field returns a Microsoft.Office.Interop.Visio.Application object that represents the current instance of Visio. 詳細については、「プログラム VSTO アドイン」を参照してください。For more information, see Program VSTO Add-ins.

    Visio オブジェクト モデルを呼び出すときは、Visio のプライマリ相互運用機能アセンブリ (PIA) に用意された型を使用します。When you call into the Visio object model, you use types that are provided in the primary interop assembly (PIA) for Visio. PIA は、VSTO アドインのマネージド コードと Visio の COM オブジェクト モデルとの橋渡し役として機能します。The PIA acts as a bridge between the managed code in the VSTO Add-in and the COM object model in Visio. Visio PIA のすべての型は、Microsoft.Office.Interop.Visio 名前空間で定義されます。All types in the Visio PIA are defined in the Microsoft.Office.Interop.Visio namespace. プライマリ相互運用機能アセンブリの詳細については、「 (office)ソリューション開発の概要 VSTOoffice プライマリ相互運用機能アセンブリ」を参照してください。For more information about primary interop assemblies, see Office solutions development overview (VSTO) and Office primary interop assemblies.

Visio オブジェクトモデルの概要Visio object model overview

Visio オブジェクトモデルの概要については、visio オブジェクトモデルのリファレンスと Sdk へのリンクを含む、visio オブジェクトモデルの概要に関するページを参照してください。You can find an overview of the Visio object model at Visio object model overview, which includes links to the Visio object model reference and the SDKs.

Visio のユーザーインターフェイスのカスタマイズCustomize the user interface of Visio

Visio の UI には、次のようなカスタマイズ オプションがあります。The Visio UI has the following customization options.

タスクTask 詳細情報For more information
リボンをカスタマイズします。Customize the ribbon. リボンの概要Ribbon Overview

Visio の UI をカスタマイズする方法の詳細については、 Visio.UIObject クラスの VBA リファレンス ドキュメントを参照してください。For information about customizing the UI of Visio, see the VBA reference documentation for the Visio.UIObject class.

関連項目See also