chkntfs

コンピューターの起動時に自動ディスク チェックを表示または変更します。 オプションを指定せずに使用した場合、chkntfs は指定されたボリュームのファイル システムを表示します。 自動ファイル チェックの実行がスケジュールされている場合、chkntfs は、指定されたボリュームがダーティかどうか、または次回コンピューターが起動された場合にチェックがスケジュールされているかどうかを表示します。

Note

chkntfs を実行するには、Administrators グループのメンバーである必要があります。

構文

chkntfs <volume> [...]
chkntfs [/d]
chkntfs [/t[:<time>]]
chkntfs [/x <volume> [...]]
chkntfs [/c <volume> [...]]

パラメーター

パラメーター 説明
<volume> [...] コンピューターの起動時に確認する 1 つ以上のボリュームを指定します。 有効なボリュームには、ドライブ文字 (後にコロンが続く)、マウント ポイント、またはボリューム名が含まれます。
/d 自動ファイル チェックのカウントダウン時間を除き、すべての chkntfs の既定の設定を復元します。 既定では、コンピューターの起動時にすべてのボリュームがチェックされ、ダーティなボリュームで chkdsk が実行されます。
/t [:<time>] Autochk.exe 開始カウントダウン時間を指定された時間 (秒) に変更します。 時間を入力しない場合、/t には現在のカウントダウン時間が表示されます。
/x <volume> [...] chkdsk が必要とマークされている場合でも、コンピューターの起動時のチェックから除外する 1 つ以上のボリュームを指定します。
/c <volume> [...] コンピューターの起動時に 1 つ以上のボリュームがチェックされるようにスケジュールし、ダーティなボリュームで chkdsk を実行します。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

C ドライブのファイル システムの種類を表示するには、次のように入力します。

chkntfs c:

Note

自動ファイル チェックの実行がスケジュールされている場合は、追加の出力が表示され、ドライブがダーティかどうか、次回コンピューターが起動した場合にチェックを行うスケジュールが手動で設定されているかどうかを示します。

Autochk.exe 開始カウントダウン時間を表示するには、次のように入力します。

chkntfs /t

Autochk.exe 開始カウントダウン時間を 30 秒に変更するには、次のように入力します。

chkntfs /t:30

Note

Autochk.exe 開始カウントダウン時間をゼロに設定することができますが、そうすることで、時間のかかる可能性のある自動ファイル チェックを取り消すことができなくなります。

複数のボリュームをチェックから除外するには、各ボリュームを 1 つのコマンドで列挙する必要があります。 たとえば、D ボリュームと E ボリュームの両方を除外するには、次のように入力します。

chkntfs /x d: e:

重要

/x コマンドライン オプションは累積ではありません。 2 つ以上入力すると、最新のエントリによって前のエントリがオーバーライドされます。

D ボリュームに対する自動ファイル チェックをスケジュールし、C ボリュームまたは E ボリュームはスケジュールしない場合は、次のコマンドを順に入力します。

chkntfs /d
chkntfs /x c: d: e:
chkntfs /c d:

重要

/c コマンドライン オプションは累積です。 /c を 2 回入力した場合、各エントリはそのまま残ります。 特定のボリュームのみを確実にチェックするには、既定値をリセットして以前のすべてのコマンドをクリアし、すべてのボリュームをチェック対象から除外してから、目的のボリュームで自動ファイル チェックをスケジュールします。

その他のリファレンス