Windows Server サービス チャネル

これまでの Windows Server 2016 と Windows Server 2019 では、長期サービス チャネルと半期チャネルの 2 つのプライマリ リリース チャネルを利用できます。 長期サービス チャネル (LTSC) では、安定性が重視された長期オプションが提供されるのに対し、半期チャネル (SAC) では、より頻繁にリリースが提供され、お客様はイノベーションをより迅速に利用できます。

Windows Server 2022 以降では、利用できるプライマリ リリース チャネルは長期サービス チャネルの 1 つになります。 以前のバージョンの Windows Server の半期チャネルはコンテナーとマイクロサービスに重点を置いていましたが、そのイノベーションは、Azure Stack HCI によって継続されます。

長期的なサービス チャネル (LTSC)

長期サービス チャネルでは、Windows Server の新しいメジャー バージョンが、2 年から 3 年ごとにリリースされます。 ユーザーは、5 年間のメインストリーム サポートとそれに続く 5 年間の延長サポートを受けることができます。 このチャネルでは、長期サービス オプションと機能安定性が提供され、Server Core インストール オプションまたはデスクトップ エクスペリエンス インストール オプションでインストールすることができます。 Windows Server の LTSC の展開は、半期チャネルのリリースの影響を受けません。 長期的なサービス チャネルでは、引き続きセキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムが提供されますが、新機能は提供されません。

半期チャネル

半期チャネルを利用すると、急速なイノベーションを行っているお客様は、オペレーティング システムの新機能を、特にコンテナーとマイクロサービスに集中して、より速いペースで利用できました。 このチャネルの各リリースは、最初のリリースから 18 か月間サポートされます。

注意

今後、Windows Server の半期チャネルのリリースはありません。 SAC を使用するお客様は、Azure Stack HCI に移行する必要があります。そこでは、Azure Kubernetes Service on Azure Stack HCI などの機能によって、同じリリース周期と迅速なイノベーションが継続されます。 または、Windows Server の長期サービス チャネルを使用してください。

半期チャネルで提供される機能のほとんどは、Windows Server の次回の長期サービス チャネル リリースに含まれます。 半期チャネルは、ソフトウェア アシュアランス をご利用のボリューム ライセンスのお客様以外にも、Azure Marketplace やその他のクラウド/ホスティング サービス プロバイダー、Visual Studio サブスクリプションなどのロイヤルティ プログラム経由で入手できます。

注意

半期チャネルの現在のリリースは、Windows Server バージョン 20H2 です。 サーバーをこのチャネルで利用する場合は、Windows Server バージョン 20H2 をインストールする必要があります。この場合、Server Core モードで、またはコンテナー内で実行される Nano Server としてインストールすることができます。 長期サービス チャネル リリースからの一括アップグレードは、異なるリリース チャネルにあるためサポートされていません。 これは、逆の場合にもあてはまります。 クリーン インストールを行わずに、半期チャネルから長期サービス チャネルにアップグレードまたは変更することはできません。

半期チャネルのリリースは更新プログラムではありません。それは、半期チャネルにおける Windows Server の次のリリースです。 ある半期チャネルのリリースから後の半期チャネルのリリースへのインプレース アップグレードが可能です。 これにより、比較的短いリリース サイクルに簡単に対応できます。

このモデルでは、Windows Server のリリースは、リリースの年と月によって識別されました。たとえば、2017 年の 9 番目の月 (9 月) のリリースは、バージョン 1709 となります。 半期チャネルでは、Windows Serverの新しいリリースが毎年 2 回提供されました。 各リリースのサポート ライフサイクルは、18 か月です。 2020 年秋 (20H2) のリリースから、識別方法が変更されました。 リリースは、月ではなく、リリース サイクルに基づいて名前が付けられます。 例: バージョン 20H2 (2020 年後半のリリースの場合)。

主な相違点

次の表は、チャネル間の主な違いをまとめたものです。

説明 長期サービス チャネル (Windows Server 2019) 半期チャネル (Windows Server)
推奨されるシナリオ 汎用ファイル サーバー、Microsoft と Microsoft 以外のワークロード、従来のアプリ、インフラストラクチャの役割、ソフトウェア定義データセンター、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ コンテナー化されたアプリケーション、コンテナー ホスト、および迅速なイノベーションを活用するアプリケーション シナリオ
新しいリリース 2 から 3 年ごと 6 か月ごと
サポート 5 年間のメインストリーム サポートとそれに続く 5 年間の延長サポート 18 か月
エディション 利用可能なすべての Windows Server エディション Standard エディションと Datacenter エディション
利用できるユーザー すべてのチャネルのすべてのユーザー ソフトウェア アシュアランスとクラウドのユーザーのみ
インストール オプション Server Core とデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバー コンテナー ホストとコンテナー イメージの Server Core および Nano Server コンテナー イメージ

重要

Server Core インストール オプションとしてのみ使用できる Windows Server SAC の役割と機能のセットは、Server Core インストール オプションでインストールされる Windows Server LTSC とは異なっていることを理解しておいてください。 たとえば、Windows Server SAC を記憶域スペース ダイレクトなどのサービスの基盤として使用することはできません。

デバイスの互換性

特に断りのない限り、半期チャネルのリリースを実行するための最小ハードウェア要件は、Windows Server の最新の長期サービス チャネルのリリースと同じです。 ほとんどのハードウェア ドライバーは、引き続きこれらのリリースで機能します。

サービス

Microsoft ライフサイクルに関するページに記載されている期日になるまで、長期サービス チャネルと半期チャネルのどちらのリリースも、セキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムでサポートされます。 ただし、前述のように、サポート期間の長さはリリースによって異なります。

サービス ツール

IT 担当者が Windows Server を操作するためのツールは数多く存在します。 機能や制御からシンプルさや管理要件の低さまで、各オプションにはそれぞれ長所と短所があります。 以下に、サービス更新プログラムを管理するために使用できるサービス ツールの例を示します。

  • Windows Update (スタンドアロン) : このオプションは、インターネットに接続されていて、Windows Update が有効にされているサーバーでのみ利用できます。
  • Windows Server Update Services (WSUS) は、Windows Server と Windows クライアントの更新プログラムを詳細に管理することができ、Windows Server オペレーティング システムでネイティブに利用できます。 更新プログラムを延期できることに加えて、更新プログラムの承認層を追加し、準備できるたびに特定のコンピューターまたはコンピューターのグループに展開することを選択できます。
  • Microsoft Endpoint Configuration Manager では、サービスを最も制御できます。 IT 担当者は、更新プログラムを延期、承認することができ、展開のターゲットを設定し、帯域幅の使用と展開回数を管理するための複数のオプションを選択できます。

リソース、スタッフ、および専門知識に基づいて、既に、これらのオプションのいずれか 1 つまたは複数を使用している場合、 半期チャネルのリリースでも、同じプロセスを引き続き使用できます。たとえば、既に更新プログラムの管理に Configuration Manager を使用している場合は、それを使い続けることができます。 同様に、WSUS を使っている場合は、引き続きそれを使うことができます。

半期チャネルのリリースを入手する場所

半期チャネルのリリースは、クリーン インストールでインストールする必要があります。 ある SAC から後のバージョンへのISO 経由のインプレース アップグレードを使用できます。

半期チャネルのリリースのライセンス認証

  • Microsoft Azure を使用している場合は、半期チャネルのリリースが自動的にライセンス認証されるはずです。
  • ボリューム ライセンス サービス センターまたは Visual Studio サブスクリプションからこのリリースを入手した場合、そのライセンス認証を行うには、ご利用のキー管理システム (KMS) 環境で Windows Server 顧客固有ボリューム ライセンス キー (CSVLK) を使用します。 詳細については、「KMS クライアント セットアップ キー」を参照してください。

注意

ライセンス認証のメンテナンスと管理を容易にするために、Windows Server 2012 以降では、ADBA (Active Directory ベースのライセンス認証) を使用できます。これには Windows Server SAC も含まれます。 さらに、最新の ADK の一部である VAMT 3.x (ボリューム ライセンス認証管理ツール) を使用してライセンスを管理できます。

Windows Server 2019 以降にリリースされた半期チャネルのリリースでは、Windows Server 2019 CSVLK が使用されます。 Windows Server 2019 の前にリリースされた半期チャネルのリリースでは、Windows Server 2016 CSVLK が使用されます。

半期チャネルのリリースで Server Core インストール オプションしか提供されていないのはどうしてですか?

Windows Server の各リリースの計画で最も重要な手順の 1 つは、お客様からのフィードバック、つまりお客様がどのように Windows Server を使用しているかについて情報を収集することです。 どのような新機能が、Windows Server の展開、言い換えれば、お客様の日常的なビジネスに大きな影響を与えるでしょうか。 お客様からのフィードバックは、新しい技術革新をできるだけ迅速かつ効率的に提供することが最優先であることを示しています。 同時に、最も迅速に技術革新を進めているお客様からは、主に PowerShell でコマンド ライン スクリプトを使用してデータ センターを管理しているため、デスクトップ エクスペリエンス モードでインストールされた Windows Server で利用可能なデスクトップ GUI の必要性は高くないというご意見をいただいています。特に、ご利用のサーバーをリモートで管理するために、Windows Admin Center を使用できるようになりました。

Server Core インストール オプションに重点を置くことによって、従来の Windows Server プラットフォームの機能やアプリケーションとの互換性を維持しながら、新しい技術革新により多くのリソースを割り当てることができます。

Windows Server バージョン 1809 および Windows Server 2019 以降では、Server Core アプリ互換性オンデマンド機能 (FOD) は、デスクトップ エクスペリエンスがインストールされている Windows Server からバイナリとパッケージのサブセットを含めることで、Windows Server デスクトップ エクスペリエンス グラフィカル環境を追加しなくても、Windows Server Core インストール オプションのアプリ互換性が大幅に向上する、オプションの機能パッケージです。

Nano Server について

Nano Server は、半期チャネルでのコンテナー オペレーティング システムとして使用できます。 詳細については、「Windows Server 半期チャネルで Nano Server に加えられる変更」を参照してください。

LTSC または SAC のいずれのリリースがサーバーで実行されているかを確認する方法

以前は、長期サービス チャネルのリリース (Windows Server 2019 など) は、半期チャネルの新しいバージョンと同時にリリースされました。たとえば、Windows Server バージョン 1809 は、Windows Server 2019 と同時にリリースされました。 このため、半期チャネルのリリースがサーバーで実行されているかどうかを判断するのが少し面倒になる場合があります。 ビルド番号を調べるのでなく、製品名を調べる必要があります。半期チャネルのリリースでは Windows Server Standard または Windows Server Datacenter といった製品名がバージョン番号なしで使用されます。一方、長期サービス チャネルのリリースには Windows Server 2019 Datacenter のようにバージョン番号が含まれます。

注意

以下のガイダンスは、ライフサイクルと一般的なインベントリのみを目的として LTSC と SAC を見分け、区別するためのものです。 アプリケーションの互換性や、特定の API サーフェスを表現することは意図していません。 システムの使用期間中コンポーネント、API、機能が追加されることもあれば追加されないこともあるため、アプリ開発者は別のガイダンスを使って互換性を適切に確保してください。 アプリ開発者はオペレーティング システムのバージョンから開始することをお勧めします。

PowerShell を開き、Get-ItemProperty コマンドレットまたは Get-ComputerInfo コマンドレットを使用して、レジストリでこれらのプロパティを調べます。 ビルド番号と共にブランド年があるかどうかによって、LTSC か SAC かがわかります。つまり 2019 は、LTSC にはありますが、SAC にはありません。 これは、ReleaseId または WindowsVersion (つまり 1809) によってリリースのタイミングと、インストールが Server Core であるかデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーであるかも返します。

Windows Server 2019 Datacenter Edition (LTSC) (デスクトップ エクスペリエンスあり) の例:

Get-ItemProperty -Path "HKLM:\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion" | Select ProductName, ReleaseId, InstallationType, CurrentMajorVersionNumber,CurrentMinorVersionNumber,CurrentBuild
ProductName               : Windows Server 2019 Datacenter
ReleaseId                 : 1809
InstallationType          : Server
CurrentMajorVersionNumber : 10
CurrentMinorVersionNumber : 0
CurrentBuild              : 17763

Windows Server Version 1809 (SAC) Standard Edition Server Core の例:

Get-ItemProperty -Path "HKLM:\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion" | Select ProductName, ReleaseId, InstallationType, CurrentMajorVersionNumber,CurrentMinorVersionNumber,CurrentBuild
ProductName               : Windows Server Standard
ReleaseId                 : 1809
InstallationType          : Server Core
CurrentMajorVersionNumber : 10
CurrentMinorVersionNumber : 0
CurrentBuild              : 17763

Windows Server 2019 Standard Edition (LTSC) Server Core の例:

Get-ComputerInfo | Select WindowsProductName, WindowsVersion, WindowsInstallationType, OsServerLevel, OsVersion, OsHardwareAbstractionLayer
WindowsProductName            : Windows Server 2019 Standard
WindowsVersion                : 1809
WindowsInstallationType       : Server Core
OsServerLevel                 : ServerCore
OsVersion                     : 10.0.17763
OsHardwareAbstractionLayer    : 10.0.17763.107

新しい Server Core アプリ互換性オンデマンド機能 (FOD) がサーバーに存在するかどうかを照会するには、Get-WindowsCapability コマンドレットを使用して、以下を探します。

Name    :     ServerCore.AppCompatibility~~~~0.0.1.0
State   :     Installed