DirectAccess

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016

このトピックを使用すると、DirectAccess をサポートするサーバーおよびクライアント オペレーティング システムを含む DirectAccess の簡単な概要、および Windows Server 2016 の追加の DirectAccess ドキュメントへのリンクを参照できます。

DirectAccess を使用すると、従来の仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を必要とせずに、リモート ユーザーを組織のネットワーク リソースに接続できます。 DirectAccess 接続では、リモート クライアント コンピューターは常に組織に接続されます。VPN 接続に必要なリモート ユーザーが接続を開始および停止する必要はありません。 さらに、IT 管理者は、DirectAccess クライアント コンピューターが実行され、インターネットに接続されている場合は常に管理できます。

重要

仮想マシン (VM) にリモート アクセスを展開Microsoft Azure。 リモート アクセスを Microsoft Azure使用はサポートされていません。 Azure VM でリモート アクセスを使用して、WINDOWS SERVER 2016 以前のバージョンの Windows Server で VPN、DirectAccess、その他のリモート アクセス機能をデプロイすることはできません。 詳細については、「仮想マシンに対する Microsoft サーバー ソフトウェアのサポートMicrosoft Azure参照してください

DirectAccess は、DirectAccess のオペレーティング システムのサポートを含むドメイン参加クライアントに対するサポートのみを提供します。

次のサーバー オペレーティング システムでは、DirectAccess がサポートされています。

  • DirectAccess クライアントまたは DirectAccess サーバー Windows Server 2016のすべてのバージョンを展開できます。

  • R2 のすべてのバージョンの Windows Server 2012 DirectAccess クライアントまたは DirectAccess サーバーとして展開できます。

  • DirectAccess クライアントまたは DirectAccess サーバー Windows Server 2012のすべてのバージョンのアプリケーションを展開できます。

  • DirectAccess クライアントまたは DirectAccess サーバー Windows Server 2008 R2 のすべてのバージョンを展開できます。

次のクライアント オペレーティング システムでは、DirectAccess がサポートされています。

  • Windows 10 Enterprise

  • Windows 10 Enterprise 2015 Long Term Servicing Branch (LTSB)

  • Windows 8 8.1 Enterprise

  • Windows 7 Ultimate

  • Windows 7 Enterprise