カーネル ダンプまたは完全なクラッシュ ダンプを生成する

システムクラッシュ ("バグ チェック" または "Stop error" とも呼ばれる) は、エラーが正しく実行Windows発生します。 このイベントから生成されるダンプ ファイルは、システム クラッシュ ダンプと呼ばれる。

手動カーネルまたは完全メモリ ダンプ ファイルは、プロセスがクラッシュ時にシステム メモリのレコードをキャプチャするために、いくつかの問題のトラブルシューティングを行う場合に便利です。

ページ ファイルのセットアップ

システム クラッシュ ダンプのページ ファイル サイズ要件については 、「システム クラッシュ ダンプのサポート」を参照してください。

メモリ ダンプの設定を有効にする

この手順を完了するには、管理者または Administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。 コンピューターがネットワークに接続されている場合、ネットワーク ポリシー設定によってこの手順を完了できません。

メモリ ダンプ設定を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. [**コントロール パネル] で、[**システムとセキュリティ システム] を > 選択します

  2. [ システムの詳細設定] を選択し、[詳細設定] タブ を選択 します。

  3. [スタートアップと回復] 領域で、[バックアップ]を設定。

  4. [デバッグ情報の 書き込み ] で [ カーネル メモリ ダンプ] または [完全メモリ ダンプ ] が選択されている必要があります

  5. コンピューターを再起動します。

注意

ダンプ ファイルのパスを変更するには、[ダンプ ファイル] フィールドを編集 します。 つまり、パスを %SystemRoot%\Memory.dmp から、E:\Memory.dmp などの十分なディスク領域を持つローカル ドライブを指すに変更できます。

ヒントダンプを生成する方法

コンピューターがクラッシュして再起動すると、物理 RAM の内容が、オペレーティング システムがインストールされているパーティションにあるページング ファイルに書き込まれます。

Windows がインストールされているハード ディスクの速度によっては、2 ギガバイト (GB) を超えるメモリをダンプする時間が長い場合があります。 最適なシナリオでも、ダンプ ファイルが別のローカル ハード ドライブ上に存在するように構成されている場合、大量のデータが読み取りおよびハード ディスクに書き込まれます。 これにより、サーバーの停止が長引く可能性があります。

注意

注意して完全なメモリ ダンプ ファイルを生成するには、このメソッドを使用します。 これを行うのは、Microsoft サポート エンジニアから明示的に要求された場合にのみ行うのが理想的です。 すべての標準的なトラブルシューティング方法が完全に使い果たされた後、カーネルまたは完全なメモリ ダンプ ファイルのデバッグが最後の方法である必要があります。

メモリ ダンプ ファイルを手動で生成する

NotMyFault ツールを使用する

問題が発生している間にログオンできる場合は、Microsoft Sysinternals NotMyFault ツールを使用できます。 これを行うためには、次の手順を実行します。

  1. NotMyFault ツールをダウンロードします。

  2. [スタート ] を選択し、[コマンド プロンプト] を選択します

  3. コマンド ラインで、次のコマンドを実行します。

    notMyfault.exe /crash
    

注意

この操作では、メモリ ダンプ ファイルと D1 Stop エラーが生成されます。

NMI を使用する

一部のコンピューターでは、キーボードを使用してクラッシュ ダンプ ファイルを生成できません。 たとえば、Hewlett-Packard開発会社の Hewlett-Packard (HP) BladeSystem サーバーは、ブラウザー ベースのグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を介して管理されます。 キーボードが HP BladeSystem サーバーに接続されていない。

このような場合は、システム プロセッサで NMI を発生する非マスク可能割り込み (NMI) スイッチを使用して、完全なクラッシュ ダンプ ファイルまたはカーネル クラッシュ ダンプ ファイルを生成する必要があります。

これを行うためには、次の手順を実行します。

重要

このセクションの手順を慎重に実行します。 誤ってレジストリを変更すると、重大な問題が発生する可能性があります。 変更する前に、 問題が発生 した場合にレジストリをバックアップして復元します。

注意

このレジストリ キーは、Windows 8以降を実行しているクライアント、または Windows Server 2012以降Windows Server 2012必要ありません。 このレジストリ キーを以降のバージョンのレジストリ キーに設定Windows無効です。

  1. [レジストリ エディター] で、次のレジストリ サブキーを見つけます。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl

  2. [CrashControl] を右クリックし、[新規]をポイントし、[DWORD 値]をクリックします

  3. 「NMICrashDump」と入力し、Enter キーを押します。

  4. [NMICrashDump] を右クリックし、[ 変更] を選択します

  5. [値の データ] ボックス「1」と入力、[OK] を選択します

  6. コンピューターを再起動します。

  7. HP、IBM、Dell などのハードウェア ベンダーは、自動システム回復 (ASR) 機能を提供する場合があります。 トラブルシューティング中にこの機能を無効にする必要があります。 たとえば、BIOS で HP と Compaq ASR 機能が有効になっている場合は、トラブルシューティングを行って完全な Memory.dmp ファイルを生成する際に、この機能を無効にします。 正確な手順については、ハードウェア ベンダーにお問い合わせください。

  8. BIOS または統合ライトアウト (iLO) Web インターフェイスを使用して NMI スイッチを有効にします。

    注意

    正確な手順については、BIOS リファレンス マニュアルを参照するか、ハードウェア ベンダーにお問い合わせください。

  9. NMI スイッチを使用してダンプ ファイルを生成して、サーバーでこのメソッドをテストします。 ハードウェアの誤動作に対して STOP 0x00000080表示されます。

シリアル コンソールを使用して NMI をMicrosoft Azureする場合は、「Use Serial Console for SysRq および NMI 呼び出し」を参照してください

キーボードを使用する

キーボードからシステム クラッシュを押し付け

デバッガーの使用

デバッガーからシステム クラッシュを実行する