Unity を使用したマネージド デバッグ

HoloLens および HoloLens 2 用の Unity IL2CPP UWP ビルドにマネージド デバッガーをアタッチするには、次の手順に従います。

  1. マルチキャストをサポートするネットワークに接続されている必要があります。

  2. [UWP の公開設定の機能] に移動し、InternetClientServerPrivateNetworkClientServer にチェックを入れます。

    UWP Publishing Settings Capabilities

  3. Unity UWP のビルド設定を構成します。

    • 開発のビルド
    • スクリプト デバッグ
    • マネージド デバッガーを待機する (省略可能)

    UWP Build Settings

  4. Unity でビルドします。

  5. Visual Studio ソリューションからビルドしてデバイスに配置します。 [デバッグ] または [リリース] 構成でビルドする必要があります。 [マスター] 構成では Unity プロファイラーが無効になるため、最適なデバッグが妨げられる場合があります。 必要に応じて、ソリューションの Package.appxmanifest 内の機能の一覧で [インターネット (クライアントとサーバー)][プライベート ネットワーク (クライアントとサーバー)] を確認します。

  6. デバイスが PC と同じネットワークに接続されていることを確認し、そのデバイスでアプリを起動します。

  7. デバイスが USB 経由で PC に接続されていないことを確認します。

  8. Unity でスクリプトの 1 つをダブルクリックし、開いた Visual Studio ソリューションに移動して、表示および編集します。

  9. [デバッグ] -> [Unity デバッガーのアタッチ]。

    Attach Unity Debugger

  10. 一覧でデバイスを選択し、[OK] をクリックしてアタッチします。

    Device List

関連項目