実行と RunOnce レジストリ キー

ユーザーがログオンしたときにプログラムを実行するには、キーを使用するかRunOnceレジストリ キーを使用Runします。 このキーを Run 使用すると、ユーザーがログオンするたびにプログラムが実行され、キーによって RunOnce プログラムが 1 回実行され、キーが削除されます。 これらのキーは、ユーザーまたはコンピューターに設定できます。

キーのデータ値は、260 文字以下のコマンド ラインです。 descriptionstringcommandline= フォーム-のエントリを追加して実行するプログラムを登録します。 キーの下に複数のエントリを書き込むことができます。 特定のキーに複数のプログラムが登録されている場合、それらのプログラムの実行順序は不確定です。

Windows レジストリには、次の 4 つのRunキーがRunOnce含まれています。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce

既定では、コマンド ラインを実行する RunOnce 前にキーの値が削除されます。 値名の前に RunOnce 感嘆符 (!) を付けて、コマンドの実行後まで値の削除を延期できます。 感嘆符プレフィックスがないと、操作が RunOnce 失敗した場合、関連するプログラムは、次回コンピューターを起動するときに実行するように求めされません。

既定では、セーフ モードでコンピューターを起動すると、これらのキーは無視されます。 キーの値名のRunOnce前にアスタリスク (*) を付けて、セーフ モードでもプログラムを強制的に実行させることができます。

これらのキーから実行されるプログラムは、キーの実行中にキーに書き込むべきではありません。これは、キーの下に登録されている他のプログラムの実行に干渉するためです。 アプリケーションでは、アプリケーションのセットアップを RunOnce 完了するなど、一時的な条件に対してのみキーを使用する必要があります。 アプリケーションは、Windowsセットアップに干渉するため、エントリを継続的に再作成RunOnceしないでください。

Windows レジストリRunOnce レジストリ キー