Run および RunOnce レジストリ キー

Run および RunOnce レジストリ キーを使用すると、ユーザーがログオンするたびプログラムが実行されます。 キーのデータ値は、260 文字以内のコマンド ラインです。 フォーム説明文字列コマンドライン のエントリを追加して、実行 する - プログラム = を登録します。 キーの下に複数のエントリを記述できます。 特定のキーの下に複数のプログラムが登録されている場合、それらのプログラムの実行順序は不確定になります。

次Windowsレジストリには、次の 4 つの キー Run と キーが含 RunOnce まれています。

  • HKEY _ LOCAL MACHINE Software Microsoft Windows _ \ \ \ \ CurrentVersion \ Run
  • HKEY _ LOCAL MACHINE Software Microsoft Windows _ \ \ \ \ CurrentVersion \ RunOnce
  • HKEY _ CURRENT USER Software Microsoft Windows _ \ \ \ \ CurrentVersion \ Run
  • HKEY _ CURRENT USER Software Microsoft Windows _ \ \ \ \ CurrentVersion \ RunOnce

既定では、コマンド ラインを実行 RunOnce する前にキーの値が削除されます。 値名の前に感嘆符 (!) を付け、コマンドの実行後まで値の削除 RunOnce を延期できます。 感嘆符のプレフィックスがない場合、操作が失敗した場合、次回コンピューターを起動しても、関連付けられているプログラムの実行は RunOnce 求めされません。

既定では、これらのキーは、コンピューターがモードモードで起動セーフされます。 キーの値名の先頭にアスタリスク ( ) を付け、プログラムを強制的に [モード] セーフ RunOnce * できます。

これらのキーから実行されるプログラムは、その実行中にキーに書き込む必要はありません。これは、キーの下に登録されている他のプログラムの実行を妨げるためです。 アプリケーションでは、アプリケーションのセットアップ RunOnce を完了する場合など、一時的な条件にのみキーを使用する必要があります。 アプリケーションは、 の下のエントリを継続的に再作成する必要があります。これは、アプリケーションのセットアップWindows RunOnce します。