エラー メッセージ (Winhttp.h)

次に示すエラー値は、Microsoft Windows HTTP Services (WinHTTP) 関数のいずれかが失敗した場合に GetLastError によって返され、WinHttpRequest オブジェクトから返される HRESULT エラーの下位 16 ビットでも返されます。

名前が "ERROR_WINHTTP_" で始まるエラー値は、WinHTTP 関数に固有です。 WinHTTP 関数は、必要に応じてWindowsエラー メッセージも返します。

ERROR_WINHTTP_AUTO_PROXY_SERVICE_ERROR

12178

指定した URL のプロキシが見つからない場合に WinHttpGetProxyForUrl によって返されます。

ERROR_WINHTTP_AUTODETECTION_FAILED

12180

WinHTTP がプロキシ自動構成 (PAC) ファイルの URL を検出できなかった場合、 WinHttpDetectAutoProxyConfigUrl によって返されます。

ERROR_WINHTTP_BAD_AUTO_PROXY_SCRIPT

12166

プロキシ自動構成 (PAC) ファイルでスクリプト コードを実行中にエラーが発生しました。

ERROR_WINHTTP_CANNOT_CALL_AFTER_OPEN

12103

Open メソッドの呼び出し後に指定したオプションを要求できない場合は、HttpRequest オブジェクトによって返されます。

ERROR_WINHTTP_CANNOT_CALL_AFTER_SEND

12102

要求された操作を Send メソッドの呼び出し後に実行できない場合、HttpRequest オブジェクトによって返されます。

ERROR_WINHTTP_CANNOT_CALL_BEFORE_OPEN

12100

Open メソッドを呼び出す前に要求された操作を実行できない場合、HttpRequest オブジェクトによって返されます。

ERROR_WINHTTP_CANNOT_CALL_BEFORE_SEND

12101

要求された操作を Send メソッドを呼び出す前に実行できない場合は、HttpRequest オブジェクトによって返されます。

ERROR_WINHTTP_CANNOT_CONNECT

12029

サーバーへの接続に失敗した場合に返されます。

ERROR_WINHTTP_CLIENT_AUTH_CERT_NEEDED

サーバーには SSL クライアント認証が必要です。 アプリケーションは、WINHTTP_OPTION_CLIENT_CERT_ISSUER_LIST オプションを指定して WinHttpQueryOption を呼び出すことによって、証明書発行者の一覧を取得します。 詳細については、 WINHTTP_OPTION_CLIENT_CERT_ISSUER_LIST オプションを参照してください。

サーバーがクライアント証明書を要求するが、それを必要としない場合、アプリケーションは代わりに WINHTTP_OPTION_CLIENT_CERT_CONTEXT オプションを使用して WinHttpSetOption を呼び出すことができます。 この場合、アプリケーションは WinHttpSetOptionlpBuffer パラメーターにWINHTTP_NO_CLIENT_CERT_CONTEXT マクロを指定します。 詳細については、 WINHTTP_OPTION_CLIENT_CERT_CONTEXT オプションを参照してください。

SP1 Windows Server 2003 と SP2 Windows XP: このエラーはサポートされていません。

ERROR_WINHTTP_CLIENT_CERT_NO_ACCESS_PRIVATE_KEY

アプリケーションには、クライアント証明書に関連付けられている秘密キーにアクセスするために必要な特権がありません。

SP1 Windows Server 2003 と SP2 Windows XP: このエラーはサポートされていません。

ERROR_WINHTTP_CLIENT_CERT_NO_PRIVATE_KEY

SSL クライアント証明書のコンテキストには、秘密キーが関連付けられません。 クライアント証明書は、秘密キーなしでコンピューターにインポートされている可能性があります。

SP1 Windows Server 2003 と SP2 Windows XP: このエラーはサポートされていません。

ERROR_WINHTTP_CHUNKED_ENCODING_HEADER_SIZE_OVERFLOW

12183

チャンク エンコードの解析中にオーバーフロー条件が発生したときに WinHttpReceiveResponse によって返されます。

ERROR_WINHTTP_CLIENT_AUTH_CERT_NEEDED

12044

サーバーがクライアント認証を要求したときに WinHttpReceiveResponse によって返されます。

SP1 Windows Server 2003 と SP2 Windows XP: このエラーはサポートされていません。

ERROR_WINHTTP_CONNECTION_ERROR

12030

サーバーとの接続がリセットまたは終了されたか、互換性のない SSL プロトコルが検出されました。 たとえば、WinHTTP バージョン 5.1 では、クライアントで明示的に有効にしない限り、SSL2 はサポートされません。

ERROR_WINHTTP_HEADER_ALREADY_EXISTS

12155

廃止されました。は使用されなくなりました。

ERROR_WINHTTP_HEADER_COUNT_EXCEEDED

12181

WinHTTP が受信できるよりも多くのヘッダーが応答に存在する場合、 WinHttpReceiveResponse によって返されます。

ERROR_WINHTTP_HEADER_NOT_FOUND

12150

要求されたヘッダーを見つけることができません。

ERROR_WINHTTP_HEADER_SIZE_OVERFLOW

12182

受信したヘッダーのサイズが要求ハンドルの制限を超えたときに WinHttpReceiveResponse によって返されます。

ERROR_WINHTTP_INCORRECT_HANDLE_STATE

12019

指定されたハンドルが正しい状態でないため、要求された操作を実行できません。

ERROR_WINHTTP_INCORRECT_HANDLE_TYPE

12018

指定されたハンドルの種類がこの操作に対して正しくありません。

ERROR_WINHTTP_INTERNAL_ERROR

12004

内部エラーが発生しました。

ERROR_WINHTTP_INVALID_OPTION

12009

WinHttpQueryOption または WinHttpSetOption に対する要求無効なオプション値が指定されました。

ERROR_WINHTTP_INVALID_QUERY_REQUEST

12154

廃止されました。は使用されなくなりました。

ERROR_WINHTTP_INVALID_SERVER_RESPONSE

12152

サーバーの応答を解析できません。

ERROR_WINHTTP_INVALID_URL

12005

URL が無効です。

ERROR_WINHTTP_LOGIN_FAILURE

12015

ログイン試行が失敗しました。 このエラーが発生した場合、要求ハンドルは WinHttpCloseHandle で閉じる必要があります。 最初にこのエラーを生成した関数を再試行する前に、新しい要求ハンドルを作成する必要があります。

ERROR_WINHTTP_NAME_NOT_RESOLVED

12007

サーバー名を解決できません。

ERROR_WINHTTP_NOT_INITIALIZED

12172

廃止されました。は使用されなくなりました。

ERROR_WINHTTP_OPERATION_CANCELLED

12017

通常、操作が完了する前に要求が操作されていたハンドルが閉じられたため、操作が取り消されました。

ERROR_WINHTTP_OPTION_NOT_SETTABLE

12011

要求されたオプションは設定できず、クエリのみを実行します。

ERROR_WINHTTP_OUT_OF_HANDLES

12001

廃止されました。は使用されなくなりました。

ERROR_WINHTTP_REDIRECT_FAILED

12156

スキームが変更されたか、リダイレクトに対するすべての試行が失敗したため、リダイレクトが失敗しました (既定値は 5 回です)。

ERROR_WINHTTP_RESEND_REQUEST

12032

WinHTTP 関数が失敗しました。 目的の関数は、同じ要求ハンドルで再試行できます。

ERROR_WINHTTP_RESPONSE_DRAIN_OVERFLOW

12184

受信応答が内部 WinHTTP サイズ制限を超えたときに返されます。

ERROR_WINHTTP_SCRIPT_EXECUTION_ERROR

12177

スクリプトの実行中にエラーが発生しました。

ERROR_WINHTTP_SECURE_CERT_CN_INVALID

12038

証明書 CN 名が渡された値と一致しない場合に返されます ( CERT_E_CN_NO_MATCH エラーと同じです)。

ERROR_WINHTTP_SECURE_CERT_DATE_INVALID

12037

署名されたファイル内の現在のシステム クロックまたはタイムスタンプに対して検証するときに、必要な証明書が有効期間内にないことを示します。または、証明書チェーンの有効期間が正しく入れ子になっていない ( CERT_E_EXPIRED または CERT_E_VALIDITYPERIODNESTING エラーと同じ) ことを示します。

ERROR_WINHTTP_SECURE_CERT_REV_FAILED

12057

失効サーバーがオフラインであったために失効を確認できないことを示 します (CRYPT_E_REVOCATION_OFFLINEと同じです)。

ERROR_WINHTTP_SECURE_CERT_REVOKED

12170

証明書が失効したことを示します ( CRYPT_E_REVOKEDと同等)。

ERROR_WINHTTP_SECURE_CERT_WRONG_USAGE

12179

要求された使用法に対して証明書が無効であることを示します ( CERT_E_WRONG_USAGEと同等)。

ERROR_WINHTTP_SECURE_CHANNEL_ERROR

12157

セキュリティで保護されたチャネルでエラーが発生したことを示します ("winerror.h" ヘッダー ファイルに記載されている "SEC_E_" と "SEC_I_" で始まるエラー コードに相当します)。

ERROR_WINHTTP_SECURE_FAILURE

12175

サーバーから送信された Secure Sockets Layer (SSL) 証明書で、1 つ以上のエラーが見つかりました。 発生したエラーの種類を確認するには、状態コールバック関数で WINHTTP_CALLBACK_STATUS_SECURE_FAILURE 通知を確認します。 詳細については、 WINHTTP_STATUS_CALLBACKを参照してください。

ERROR_WINHTTP_SECURE_INVALID_CA

12045

証明書チェーンが処理されたが、信頼プロバイダーによって信頼されていないルート証明書で終了されたことを示します ( CERT_E_UNTRUSTEDROOTと同等)。

ERROR_WINHTTP_SECURE_INVALID_CERT

12169

証明書が無効であることを示します (CERT_E_ROLE、CERT_E_PATHLENCONSTCERT_E_CRITICALCERT_E_PURPOSECERT_E_ISSUERCHAININGCERT_E_MALFORMEDCERT_E_CHAININGなどのエラーに相当します)。

ERROR_WINHTTP_SHUTDOWN

12012

WinHTTP 関数のサポートがシャットダウンまたはアンロードされています。

ERROR_WINHTTP_TIMEOUT

12002

要求がタイムアウトしました。

このエラーは、WINDOWS HTTP サービスで設定されたタイムアウト値に関係なく、TCP/IP タイムアウト動作の結果として返される可能性があります。

ERROR_WINHTTP_UNABLE_TO_DOWNLOAD_SCRIPT

12167

PAC ファイルをダウンロードできません。 たとえば、PAC URL によって参照されているサーバーに到達できないか、サーバーが 404 NOT FOUND 応答を返した可能性があります。

ERROR_WINHTTP_UNHANDLED_SCRIPT_TYPE

12176

スクリプトの種類はサポートされていません。

ERROR_WINHTTP_UNRECOGNIZED_SCHEME

12006

URL で、"http:" または "https:" 以外のスキームが指定されています。

ERROR_NOT_ENOUGH_MEMORY

要求された操作を完了するのに十分なメモリが使用できませんでした。

ヘッダー: Winerror.h で宣言済み

ERROR_INSUFFICIENT_BUFFER

関数に指定されたバッファーのサイズ (バイト単位) は、返されたデータを格納するには不十分でした。 詳細については、特定の関数を参照してください。

ヘッダー: Winerror.h で宣言済み

ERROR_INVALID_HANDLE

アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) に渡されたハンドルが無効になっているか、閉じられています。

ヘッダー: Winerror.h で宣言済み

ERROR_NO_MORE_FILES

これ以上ファイルが見つかりませんでした。

ヘッダー: Winerror.h で宣言済み

ERROR_NO_MORE_ITEMS

これ以上項目が見つかりませんでした。

ヘッダー: Winerror.h で宣言済み

ERROR_NOT_SUPPORTED

必要なプロトコル スタックが読み込まれず、アプリケーションが WinSock を起動できません。

ヘッダー: Winerror.h で宣言済み

注釈

Windows XP および Windows 2000 については、WinHttp のスタート ページの「ランタイム要件」セクションを参照してください。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows XP、SP3 Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2003、Windows 2000 Server sp3 [デスクトップ アプリのみ]
再頒布可能パッケージ
Windows XP および Windows 2000 の WinHTTP 5.0 および Internet Explorer 5.01 以降。
Header
Winhttp.h

こちらもご覧ください

WinHTTP バージョン