Office 2016 for Mac のユーザー設定の展開Deploy preferences for Office 2016 for Mac

概要: .plist ファイルを構成することによって Office 2016 の for Mac の標準的な環境の設定を展開する方法について、管理者の情報を提供Summary: Provides information for admins on how to deploy standard preference settings for Office 2016 for Mac, by configuring .plist files

For Mac Office 2016 をインストールした後、ユーザーは、アプリケーションの設定を構成できます。これらの設定は、環境設定と呼ばれます。管理者として設定の標準セットを使用して組織内の Mac のユーザーの Office 2016 を提供することがあります。たとえば、Mac - 毎日、毎週、または月単位の Office 2016 のソフトウェアの更新をチェックする頻度を構成できます。After Office 2016 for Mac is installed, users can configure settings for the apps. These settings are called preferences. As an admin, you might want to provide Office 2016 for Mac users in your organization with a standard set of preferences. For example, you can configure how often to check for software updates for Office 2016 for Mac - daily, weekly, or monthly.

For Mac Office 2016 の環境設定は、環境設定ファイルに格納されます。これらのファイルは、.plist ファイルとも呼ばれます。Preferences for Office 2016 for Mac are stored in preference files. These files are often referred to as .plist files.

重要

Apple アプリケーションのサンド ボックス化のガイドラインを実装するなど、セキュリティを向上させるために Mac 用の Office 2016 の変更があります。これらの変更を意味する前に、または Office を展開した後、アプリケーションのバンドルをカスタマイズできません。ですが、これらのファイルに変更を加えることができますので、環境設定ファイルは、アプリケーションのアプリケーションのバンドルの一部です。There are changes in Office 2016 for Mac to improve security, including implementing Apple app sandboxing guidelines. These changes mean that you can't customize the app bundle before or after you deploy Office. But, preference files aren't part of the app bundle for an app, so you can make changes to these files.

環境設定ファイルは、アプリケーションのバンドルと同じことのないアプリケーションのコンテナーに格納されます。初めてアプリケーションを実行、アプリケーション コンテナーが作成されます。アプリケーション コンテナーは、ユーザーの Library\Containers フォルダーに格納されます。などの Excel のアプリケーション コンテナーは com.microsoft.Excel という名前です。アプリ コンテナー内で .plist ファイルが Data\Library\Preferences フォルダーにあります。たとえば、Excel の .plist ファイルは com.microsoft.Excel.plist という名前です。Preference files are stored in the app container, which isn't the same thing as the app bundle. The app container is created the first time an app is run. The app container is located in the user's Library\Containers folder. For example, the app container for Excel is named com.microsoft.Excel. Within the app container, the .plist file is located in the Data\Library\Preferences folder. For example, the .plist file for Excel is named com.microsoft.Excel.plist.

ユーザー設定の追加と編集を行う最善の方法は、defaults コマンドを使用することです。たとえば、更新プログラムを手動でチェックするように設定する場合は、ターミナルを開いて次のコマンドを入力します。The best way to add or edit preferences is by using the defaults command. For example, if you want to configure updates to be checked manually, you can open Terminal and enter the following command:

defaults write com.microsoft.autoupdate2 HowToCheck Manual

既存の .plist ファイルを実行し、組織の環境設定で変更できます。いくつかの場合、for Mac がインストールされている Office 2016 を持つ組織内の他のコンピューターに実際にその .plist ファイルをコピーできます。すべての .plist ファイルの場合は問題が解決しません。したがって、優先のメソッドは、設定を行うために使用する既定の設定のすべてのコマンドを含むスクリプトを作成するのには。ユーザーに、そのスクリプトを配置します。スクリプトは、環境設定は、ユーザーを特定するため、ユーザーのコンテキストで実行する必要があります。意味する場合は、複数のユーザーが同じコンピューターを共有し、別のログイン アカウントを持つ各スクリプトは、そのコンピューターのユーザーごとに実行する必要がありますし。You can take an existing .plist file and modify it with your organization's preferences. In some cases, you can actually copy that .plist file to other computers in your organization that have Office 2016 for Mac installed. But that doesn't work in the case of all .plist files. Therefore, the preferred method is to create a script that incorporates all the defaults commands that you want to use to set preferences. Then deploy that script to your users. The script needs to be run in the user's context, because preferences are user specific. That also means that if several users share the same computer and each has a different login account, then the script needs to be run for each user of that computer.

どの環境設定に応じて設定をして、ユーザーがすべての Office アプリケーションを終了し、環境設定を有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります、これらの環境設定を展開する方法です。またを展開する環境設定がユーザーによって構成されている既存の環境設定を上書き可能性があることに注意してください。Depending on which preferences you're configuring and how you deploy those preferences, the user might need to quit all Office apps and restart the computer for the preferences to take effect. Also, remember that the preferences you deploy might overwrite existing preference settings configured by the user.

ヒント

Office for Mac 2011 では、環境設定ファイルも使用します。For Mac Office 2016 と Office for Mac 2011 のいくつかの環境設定を共通ではあります。したがって、for Mac がインストールされている Office for Mac 2011 を搭載したコンピューターに Office 2016 をインストールすると、Mac 用の Office 2016 が自動的に継承いくつかの優先順位設定、Office for Mac 2011 のインストールから。Office for Mac 2011 also uses preference files. There are some preferences in common between Office 2016 for Mac and Office for Mac 2011. Therefore, if you install Office 2016 for Mac on a computer that has Office for Mac 2011 installed, Office 2016 for Mac will automatically inherit some preference settings from the Office for Mac 2011 installation.

For Mac Office 2016 の展開ガイドDeployment guide for Office 2016 for Mac

Office 2016 for Mac の管理者向けの展開オプションDeployment options for admins for Office 2016 for Mac