Office カスタマイズ ツール (OCT) 2016 ヘルプ: ショートカット エントリの追加/変更] ダイアログ ボックスOffice Customization Tool (OCT) 2016 Help: Add/Modify Shortcut Entry dialog box

に適用されます:Office Professional Plus 2016、Office 標準 2016年Applies to: Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

ショートカット エントリの追加/変更] ダイアログ ボックスでショートカットを作成または変更をするは、次の情報を入力し、[ ok]In the Add/Modify Shortcut Entry dialog box, type the following information for the shortcut that you are creating or modifying, and then choose OK:

  • ターゲット- 定義済みのアプリケーション キーワードを選択するか、ショートカットがポイントするファイルのパスと名前を入力して、ショートカットに関連付けられているアプリケーションを指定します。アプリケーション キーワードを選択した場合、10 月は残りのボックスに情報を自動的に入力されます。リスト内の名前は、OCT の [機能のインストール状況の設定] ページで選択した機能と、ファイルの追加] ページでインストールに追加したカスタム ファイルに対応しています。名前とパスを入力する名前またはパスにスペースが含まれる場合は、二重引用符で文字列全体を囲む必要があります ("")。「引数」フィールドを使用してアプリケーションのコマンド ライン オプションを追加できます。 しますTarget - Specify the application associated with the shortcut by selecting a predefined application keyword or by typing the name and path of the file to which the shortcut will point. If you select an application keyword, the OCT automatically enters information in the remaining boxes. The names in the list correspond to features that you select on the Set feature installation states page of the OCT, plus any custom files that you add to the installation on the Add files page. If you type a name and path, and the name or path contains a space, you must enclose the entire string in double quotation marks (""). You can add command-line options for the application by using the Arguments field.

  • 場所の定義済みフォルダー キーワードを選択するか、ショートカットの場所へのパスと名前を入力すると、ショートカットが作成されるフォルダーを指定します。円記号を追加することでサブフォルダーを指定することができます ()サブフォルダー名が続きます。など、[スタート] メニューの [プログラム] フォルダー内のサブフォルダーに Office の Word のショートカットをインストールするに[ProgramMenuFolder]を選択し、サブフォルダー名を次のように追加: [ProgramMenuFolder] \Microsoft Officeです。場所の次の特別なフォルダーを使用できます。Location - Specify the folder in which the shortcut is created by selecting a predefined folder keyword or typing the name and path to the location of the shortcut. You can specify a subfolder by appending a backslash () followed by the subfolder name. For example, to install the Word shortcut in the Office subfolder in the Programs folder in the Start menu, select [ProgramMenuFolder] and append the subfolder name as follows: [ProgramMenuFolder]\Microsoft Office. You can use the following special folders for Location:


場所Location Windows の場所Windows location
[DesktopFolder][DesktopFolder]
デスクトップ フォルダーWindows Desktop folder
[ProgramMenuFolder][ProgramMenuFolder]
スタート メニュー\プログラム フォルダーWindows Start\Programs menu
[StartMenuFolder][StartMenuFolder]
スタート メニュー フォルダーWindows Start menu
[StartupFolder][StartupFolder]
スタート メニュー\プログラム\スタートアップ フォルダーStartup folder in the Windows Start\Programs menu
[INSTALLLOCATION][INSTALLLOCATION]
Office のインストール先フォルダーThe folder in which Office is installed
[AppDataFolder] \Microsoft\Internet Explorer\Quick の起動[AppDataFolder]\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch
Internet Explorer のクイック起動ツール バーInternet Explorer's Quick Launch toolbar
[FavoritesFolder] \Links[FavoritesFolder]\Links
Internet Explorer のリンク バーInternet Explorer's Links bar
[NetHoodFolder][NetHoodFolder]
ユーザーのマイ ネットワーク フォルダーThe user's My Network Places folder
  • 名前の任意の文字列を入力して、ショートカットの名前を指定します。Name - Specify a name for the shortcut by typing any string.

  • 開始- 既定のパスを入力して、アプリケーションのフォルダーを開始するを指定します。このボックスを空白のままにすると、既定のフォルダーはターゲット ・ ファイルが存在するフォルダーに設定されます。パスがユーザーのコンピューターで有効でない場合は、ショートカットを使用しようとするとき、エラー メッセージが表示ユーザーです。Start in - Specify the default starting folder for the application by typing a path. If you leave this box blank, the default folder is set to the folder where the target file resides. If the path is not valid on a user's computer, the user sees an error message when trying to use the shortcut.

  • 引数- コマンドラインでアプリケーションに渡す省略可能な引数の型。Arguments - Type optional arguments to pass to the application on the command line.

  • ショートカット キーの指定した型は、アプリケーションまたはファイルのショートカットをキーボードします。ショートカット キーの構文は、: [修飾子 +] 区切って指定することで、修飾子は、shift キーを押し、ctrl キー、alt キーを押し、または拡張子、および区切って指定することは、仮想キー名です。Shortcut key - Type an optional keyboard shortcut for the application or file. The syntax for the shortcut key is: [modifier+]VK_key, where modifier is SHIFT, CTRL, ALT, or EXT, and VK_key is a virtual key name.

補助キーは省略でき、また複数の補助キーを任意の順序で正符号 (+) で区切って指定することもできます。補助キーを使用する場合は、"補助キー + 仮想キー" の順序で指定します。仮想キーは必ず指定する必要があります。ショートカット キーの定義では、スペースを使用しないでください。以下はその例です。The modifier is optional, and you can specify more than one, in any order, separated by plus signs (+). If you use a modifier, it must precede the virtual key name. You must enter one virtual key name. Do not use spaces in the key definition. The following are some examples:

  • CTRL+VK_F12CTRL+VK_F12

  • CTRL+SHIFT+VK_ACTRL+SHIFT+VK_A

  • ALT+CTRL+VK_SNAPSHOTALT+CTRL+VK_SNAPSHOT

Ctrl+Alt+VK_DELETE などの一部のショートカットキーは、システムによって使用されているため、意図したとおりにアプリケーションを起動しない場合があります。補助キーを使用することなくショートカット キーを指定するときは、ユーザーのコンピューターで設定されているショートカット キーと競合しないように注意してください。たとえば、補助キーを使用せずに VK_A を指定すると、ユーザーが A キーを押すたびにアプリケーションが実行されます。Some key combinations, such as CTRL+ALT+VK_DELETE, might be used by the system and might not start the application as expected. Be careful to avoid conflicts on the user's computer, especially when specifying a shortcut key without a modifier. For example, if you specify VK_A with no modifier, the application runs every time the user types the A key.

使用できる仮想キー名は、次のとおりです。You can use the following virtual key names:

仮想キー名Virtual key name キーの 16 進コードHex key code 説明Description
VK_0 ~ VK_9VK_0 … VK_9
30 ~ 3930-39
0 ~ 9Keys 0-9
VK_A ~ VK_ZVK_A … VK_Z
41 ~ 5A41-5A
A ~ ZKeys A-Z
VK_NUMPAD0 ~ VK_NUMPAD9VK_NUMPAD0 … VK_NUMPAD9
60 ~ 6960-69
テンキーの 0 ~ 9Keys 0-9 on the numeric keypad
VK_F1 ~ VK_F24VK_F1 ... VK_F24
30 ~ 8770-87
F1 ~ F24 (ファンクション キー)Function keys F1-F24
VK_LBUTTONVK_LBUTTON
11
左マウス ボタンLeft mouse button
VK_RBUTTONVK_RBUTTON
22
右マウス ボタンRight mouse button
VK_CANCELVK_CANCEL
33
コントロール ブレーク処理Control-break processing
VK_MBUTTONVK_MBUTTON
44
中マウス ボタン (3 ボタン マウス)Middle mouse button (three-button mouse
VK_BACKVK_BACK
88
BackspaceBACKSPACE key
VK_CLEARVK_CLEAR
0 C0C
ClearCLEAR key
VK_RETURNVK_RETURN
0 D0D
EnterENTER key
VK_PAUSEVK_PAUSE
1313
PausePAUSE key
VK_CAPITALVK_CAPITAL
1414
Caps LockCAPS LOCK key
VK_PRIORVK_PRIOR
2121
PageUpPAGE UP key
VK_NEXTVK_NEXT
2222
PageDownPAGE DOWN key
VK_ENDVK_END
2323
EndEND key
VK_HOMEVK_HOME
2424
HomeHOME key
VK_LEFTVK_LEFT
2525
LEFT ARROW key
VK_UPVK_UP
2626
UP ARROW key
VK_RIGHTVK_RIGHT
2727
RIGHT ARROW key
VK_DOWNVK_DOWN
2828
DOWN ARROW key
VK_SELECTVK_SELECT
2929
SelectSELECT key
VK_EXECUTEVK_EXECUTE
2B2B
ExecuteEXECUTE key
VK_SNAPSHOTVK_SNAPSHOT
2 C2C
PrintScreenPRINT SCREEN key
VK_INSERTVK_INSERT
2D2D
InsINS key
VK_HELPVK_HELP
2F2F
HelpHELP key
VK_MULTIPLYVK_MULTIPLY
6A6A
テンキーのアスタリスク (*)Multiply key
VK_ADDVK_ADD
6B6B
テンキーの正符号 (+)Add key
VK_SEPARATORVK_SEPARATOR
6 C6C
テンキーのコンマ (,)Separator key
VK_SUBTRACTVK_SUBTRACT
6 D6D
テンキーの負符号 (-)Subtract key
VK_DECIMALVK_DECIMAL
6E6E
テンキーのピリオド (.)Decimal key
VK_DIVIDEVK_DIVIDE
6 F6F
テンキーのスラッシュ (/)Divide key
VK_NUMLOCKVK_NUMLOCK
9090
Num LockNUM LOCK key
VK_SCROLLVK_SCROLL
9191
Scroll LockSCROLL LOCK key
  • 実行するアプリケーションまたはファイルの起動時のウィンドウ (通常のウィンドウ最小化最大化) の種類を選択します。Run - Select the type of window in which the application or file should start ( Normal window, Minimized, or Maximized).

  • アイコンの変更- 別のショートカットのアイコンを選択します。Change Icon - Select a different icon for the shortcut.

Office カスタマイズ ツール (OCT) 2016 ヘルプ: ショートカットを構成します。Office Customization Tool (OCT) 2016 Help: Configure shortcuts