Office カスタマイズ ツール (OCT) 2016 ヘルプ: ライセンスとユーザー インターフェイスOffice Customization Tool (OCT) 2016 Help: Licensing and user interface

に適用されます:Office Professional Plus 2016、Office 標準 2016年Applies to: Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

概要: このセットアップ カスタマイズ ファイルを使用して、Office をインストールする各ユーザーの代わりにプロダクト キーを入力し、使用許諾契約書 (EULA) に同意します。また、ユーザー インターフェイスの表示レベルを設定します。Summary: Enters the product key and accepts the end user license agreement (EULA) on behalf of each user who installs Office with this Setup customization file; also sets the user interface display level.

これらのオプションは、ユーザーのコンピューターへの Office の初回インストール時にのみ認識されます。These options are recognized by Setup only when Office is first installed on a user's computer.

  1. 次の 2 つのオプションのうちいずれかを選択します。Select one of the following two options:

    • KMS クライアント キーの使用 - プロダクト キー エントリは、キー管理サービス (KMS) のアクティブ化を使用している企業展開では必要ありません。これは、Office のすべてのボリューム ライセンス エディションには、KMS クライアント キーがプレインストールされているためです。KMS は、マイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムでライセンスされている製品のライセンス認証のために Office ライセンス認証テクノロジが提供している方法の 1 つです。この方法では、KMS ホスト コンピューターで KMS ホスト キーをアクティブ化し、環境内でローカル ライセンス認証サービスを構築するのみで、それ以外に必要な処理はありません。Office は、ローカルの KMS ホストに接続してライセンス認証を行います。[ KMS クライアント キーの使用] オプションは既定で選択されています。Use KMS client key - A product key entry is not required for enterprise deployments that are using Key Management Service (KMS) activation because all Volume License editions of Office have KMS client key pre-installed. KMS is one of the methods that are provided by Office Activation Technologies for activating products licensed under Microsoft Volume Licensing programs. Only a KMS host computer needs a KMS host key to be activated and to establish a local activation service in your environment. Office connects to the local KMS host for activation. By default, the Use KMS client key option is selected.

    • 別のプロダクト キーを入力する - [ 別のプロダクト キーを入力する] を使用することで、OCT に有効なマルチ ライセンス認証キー (MAK) を入力できます。MAK キーは、マイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムの下でライセンスされている製品のライセンス認証のために、Office ライセンス認証テクノロジによって提供される別のライセンス認証方式です。MAK を使用するとクライアントは、マイクロソフトがホストするライセンス認証サーバーを使用してオンラインで、または電話により、Office のライセンス認証を行います。MAK キーを使用するには、[ プロダクト キー] ボックスに、MAK キー (25 個の数字または文字) をスペースを入れずに入力します。Enter another product key - You can enter a valid Multiple Activation Key (MAK) key in the OCT by using the Enter another product key entry. A MAK key is another method that Office Activation Technologies provide for activating products licensed under Microsoft Volume Licensing programs. With a MAK, clients activate Office online by using the Microsoft-hosted activation servers or by telephone. To use a MAK key, in the Product key box, enter the MAK key (twenty-five numbers or characters) without spaces.

  2. [ 「使用許諾契約書」の条項に同意します] チェック ボックスをオンにすると、ユーザーに代わって使用許諾契約書の条項に同意できます。インストール時または Office アプリケーションの最初の実行時に、ユーザーに対して使用許諾契約を求める確認のメッセージが表示されません。Select I accept the terms in the License Agreement to accept the terms of your license agreement on behalf of the user. The user is not prompted for the license agreement either during installation or the first time an Office application is run.

  3. インストール時のユーザー インターフェイスの動作を設定するには、[ 表示レベル] メニューを展開します。次のいずれかのオプションを選択します。Expand the Display level menu to set the behavior of the user interface during installation. Select one of the following options:

    • インストールを対話形式で実行し、ユーザー インターフェイスとメッセージをすべて表示するには、[ 詳細 - 既定] を選択します。Select Full - default to run the installation interactively, displaying all of the user interface and messages.

    • ようこそ画面を表示し、プロダクト キーの入力と必要に応じて使用許諾契約書への同意を求め、インストールの進行状況バーと完了通知を表示するには、[ 基本] を選択します。Select Basic to display the Welcome screen and prompts for the product key and Microsoft software license terms, if needed, and to display a progress bar and completion notice.

    • セットアップを対話なしで実行し、ユーザー インターフェイスを一切表示しない場合は、[ なし] を選択します。Select None to run Setup quietly, displaying no user interface.

      注意

      [ 表示レベル] を [ 基本] または [ なし] に設定し、プロダクト キーを指定した場合、[「使用許諾契約書」の条項に同意します] チェック ボックスをオンにしなくても、ユーザーに代わって使用許諾契約書に同意するものと見なされます。If Display Level is set to Basic or None and you supply a product key, then Setup assumes that you also accept the license agreement on behalf of the user, even if you do not select this check box.

  4. セットアップの完了後にセットアップによりユーザーにメッセージを表示する場合は、[ 完了通知を表示する] チェック ボックスをオンにします。Select Completion notice if you want Setup to display a message to the user after Setup completes.

  5. インストールを中断する可能性のあるエラー メッセージやダイアログ ボックスを表示しない場合は、[ 入力項目を表示しない] チェック ボックスをオンにします。Select Suppress modal if you want Setup not to display error messages or other dialog boxes that might interrupt the installation.

    注意

    [ 表示レベル] を [ 詳細 - 既定] に設定した場合は、このチェック ボックスの状態にかかわらずエラー メッセージとダイアログ ボックスが表示されます。If Display level is set to Full - default, error messages and other dialog boxes are displayed regardless of the state of this check box.

    注意 以下の OCT のオプションは、Config.xml ファイルの各設定項目に対応しています。Note The preceding options are identical to the following settings in the Config.xml file:

  6. キャンセル ボタン (上部隅の [ X]) を無効にする場合、[ 中止不可能にする] を選択します。この設定は、[ 表示レベル] が [ 詳細] または [ 基本] の場合にのみ適用されます。Select No cancel if you want to disable the cancel button (the X in the upper corner). This setting only applies when Display level is set to Full or Basic.

以下の OCT のオプションは、Config.xml ファイルの各設定項目に対応しています。The preceding options are identical to the following settings in the Config.xml file.

OCT オプションOCT option Config.xml の設定項目Config.xml setting
プロダクト キーProduct key
PIDKEY 要素PIDKEY element
「使用許諾契約書」の条項に同意しますI accept the terms in the License Agreement
Display 要素の AcceptEula 属性AcceptEula attribute of the Display element
表示レベルDisplay level
Display 要素の Level 属性Level attribute of the Display element
完了通知を表示するCompletion notice
Display 要素の CompletionNotice 属性CompletionNotice attribute of the Display element
入力項目を表示しないSuppress modal
Display 要素の SuppressModal 属性SuppressModal attribute of the Display element
NoNo cancel
Display 要素の Level 属性NoCancel attribute of the Display element