Office カスタマイズ ツール (OCT) 2016 のヘルプ: ユーザー設定を変更します。Office Customization Tool (OCT) 2016 Help: Modify user settings

に適用されます:Office Professional Plus 2016、Office 標準 2016年Applies to: Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

概要: このカスタマイズ ファイルを使用して Office をインストールするユーザーの Office アプリケーションの設定の既定値を設定します。Summary: Sets the default values of Office application settings for users who install Office with this customization file.

  1. アプリケーションの設定を構成するには、左ウィンドウでアプリケーション フォルダーとサブフォルダーを展開して、構成する設定を詳細ウィンドウに表示します。To configure an application's settings, in the left pane, expand the application folder and subfolders until the setting you want to configure is listed in the details pane.

    すべての設定を表示を表示するすべての利用可能なアプリケーションの設定] を選択するか、構成設定のみを選択すると、構成および構成ファイルに保存された以前の設定のみを表示できます。You can select Show all settings to display all available application settings, or select Show configured settings only to display only those settings that have previously been configured and saved to this configuration file.

  2. 設定を選択すると、このページの下部に、この設定の構成方法を説明する情報が表示されます。Choose the setting to display information at the bottom of this page that explains how this setting can be configured.

  3. 設定を構成するは、構成する設定をダブルクリックし、[未構成有効、または無効になっています。これらの選択肢のそれぞれの設定別の効果を持つことができ、各設定を選択すると、このページの下部に表示される情報で説明します。To configure the setting, double-click the setting that you want to configure, and then select Not Configured, Enabled, or Disabled. Each of these choices can have a different effect on the setting, and each is explained in the information displayed on the bottom of this page when a setting is selected.

    • 設定を未構成のままになります。Not configured - The setting remains as it is.

    • 有効の設定] ダイアログ ボックスでの選択に基づいて変更されます。Enabled - The setting is modified based on your choices in the dialog box.

    • 無効- 設定は無効です。オプションを無効にするには、オプションを構成しないとは異なる可能性があります。詳細については、各オプションの説明を参照してください。Disabled - The setting is disabled. Disabling an option may be different from not configuring the option. See the description of the specific option for more details.

  4. または次の設定を選択することでこのダイアログ ボックスで設定のリストを移動できます。From this dialog box, you can move through the list of settings by choosing Previous Setting or Next Setting.

  5. [ OK] を選択します。Choose OK.

  6. Office の以前のバージョンからのユーザーのカスタム設定を保持するためにユーザー設定の移行を選択します。ユーザー設定を変更しても、このチェック ボックスを選択、セットアップ最初に変更された設定を適用を取り込んでユーザーの既存のカスタム設定、競合する設定を上書きします。Select Migrate user settings to preserve the user's custom settings from a previous version of Office. If you modify user settings and also select this check box, Setup first applies the modified settings and then migrates the user's existing custom settings, overwriting any conflicting settings.

注意

設定のオプションを表示し、[ ok]以前の設定、または次の設定有効を選択すると、設定を変更しない場合でもには、構成済みの場合は、ステータスを変更します。誤って空のハイパーリンク設定の構成、パス、またはファイル名エラーが発生します。有効を選択して、変更内容を無視するか、設定を無効にする、[キャンセル] をクリックします。設定をダブルクリックし、構成されていませんが、選択し、 [ok]を選択し、構成されていない状態に設定をまた戻すことができます。When you select Enabled to view the options for a setting and choose OK, Previous Setting, or Next Setting, the status changes to Configured, even if you do not change the setting. Inadvertently configuring the setting with an empty hyperlink, path, or file name can cause errors. If you selected Enabled and want to ignore your changes or avoid configuring the setting, choose Cancel. You can also return a setting to the Not Configured state by double-clicking the setting, selecting Not Configured, and then choosing OK.