Office カスタマイズ ツール (OCT) 2016 のヘルプ: 概要Office Customization Tool (OCT) 2016 Help: Overview

に適用されます:Office Professional Plus 2016、Office 標準 2016年Applies to: Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

Office のインストールをカスタマイズするには、Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用します。OCT を実行する場合は、新しいセットアップ カスタマイズ ファイルを作成するか、既存のファイルを開くかどうかを選択します。新しいファイルを作成する場合は、ネットワークのインストール ポイントで使用可能な製品の一覧が OCT に表示されます。カスタマイズする製品を 1 つ選択する必要があります。OCT を起動するには、コマンド ラインで「 setup.exe /admin 」と入力します。You use the Office Customization Tool (OCT) to customize an installation of Office. When you run the OCT, you choose whether to create a new Setup customization file or open an existing one. If you are creating a new file, the OCT displays a list of the products available on the network installation point. You must select a single product that you want to customize. To start the OCT, type setup.exe /admin on the command line.

セットアップ カスタマイズ ファイルSetup customization files

OCT を使用するは、カスタマイズ内容をセットアップ カスタマイズ ファイル (.msp ファイル) で保存し、ネットワーク インストール ポイントの Updates フォルダーにファイルを配置し、Office をカスタマイズします。Office では、セットアップによって Updates フォルダーにセットアップ カスタマイズ ファイルをインストールして、発見し、それらのカスタマイズ設定が適用されます。ファイルへの完全修飾パスを指定するのにはセットアップのコマンド ライン オプション/adminfile を使用することができますカスタマイズ ファイルを Updates フォルダー以外のどこかに配置する場合setup.exe/adminfileなど_\\server_name\share_name\subfolder\custom.msp_。By using the OCT, you customize Office and save your customizations in a Setup customization file (.msp file), and then place the file in the Updates folder on the network installation point. When you install Office, Setup looks for a Setup customization file in the Updates folder and, if found, applies those customizations. If you put the customization file somewhere other than the Updates folder, you can use the Setup command-line option /adminfile to specify the fully qualified path to the file; for example, setup.exe /adminfile \\server_name\share_name\subfolder\custom.msp.

注意

Updates フォルダー以外のフォルダーをカスタマイズ ファイルに使用している場合は、 SetupUpdates 要素の SUpdateLocation 属性を使用して、Config.xml ファイルに場所を指定できます。If you use a folder other than the Updates folder for your customization files, you can specify its location in the Config.xml file by using the SUpdateLocation attribute of the SetupUpdates element.

セットアップ カスタマイズ ファイルを使用して既存のインストールを変更することもできます。セットアップ カスタマイズ ファイルは Windows Installer .msp ファイルの拡張形式であるため、ユーザーのコンピューターへのカスタマイズ ファイルの適用は、ソフトウェア更新プログラムの場合と同じように行います。このカスタマイズにより、既存の Office インストールが更新されます。たとえば、一部の機能のインストール状態を [ 使用不可] に変更し、生成したカスタマイズ ファイルを Office の既存のインストールに適用すると、それらの機能はユーザーのコンピューターから削除されます。You also can use a Setup customization file to change an existing installation. Because a Setup customization file is an expanded form of a Windows Installer .msp file, you apply the customization file to the user's computer just as you would a software update, and the user's existing Office installation is updated with your customizations. For example, if you change the installation states of some features to Not Available and then apply the resulting customization file to an existing installation of Office, those features are removed from the user's computer.

OCT を使用して既存の .msp カスタマイズ ファイルを変更する場合は、カスタマイズする同じ製品の .msp ファイルを選択することをお勧めします。たとえば、既存の Office Professional Plus 2016 インストールをカスタマイズする場合は、Office Professional Plus 2016 のカスタマイズ .msp ファイルを選択します。If you use the OCT to modify an existing .msp customization file, we recommend that you select the .msp file for the same product you are customizing. For example, if you are customizing an existing Office Professional Plus 2016 installation, select an Office Professional Plus 2016 customization .msp file.

OCT のオプションの中には、Office の新しいインストールにのみ適用されるオプションがあります。たとえば、 INSTALLLOCATION 要素は、ユーザーのコンピューターで Office がインストールされているフォルダーを指定するために使用できます。ただし、カスタマイズ ファイルを既存のインストールに適用した場合、 INSTALLLOCATION 要素は無視されます (インストールの場所を変更するには、Office をアンインストールしてから、再インストールする必要があります)。There are some options in the OCT that are applicable only on a new installation of Office. For example, you can use the INSTALLLOCATION element to specify the folder where Office is installed on the user's computer. If a customization file is applied to an existing installation, however, the INSTALLLOCATION element is ignored. You need to uninstall and reinstall Office to change the installation location.

OCT を終了する前に、[ ファイル] メニューの [ 保存] をクリックして、セットアップ カスタマイズ ファイルを保存します。Select Save on the File menu to save the Setup customization file before you exit the OCT.

セットアップ カスタマイズ ファイルのインポートImport Setup customization files

OCT では、次のようなセットアップ カスタマイズ ファイルのインポートがサポートされています。The OCT provides support for importing Setup customization files as follows:

  • 32 ビット版のセットアップ カスタマイズ ファイルを 64 ビット版の OCT にインポートし、64 ビット版の Office 製品のカスタマイズに使用できます。32-bit Setup customization files can be imported into the 64-bit version of the OCT and can then be used to customize 64-bit Office products.

  • 64 ビット版のセットアップ カスタマイズ ファイルを 32 ビット版の OCT にインポートし、32 ビット版の Office 製品のカスタマイズに使用できます。64-bit Setup customization files can be imported to the 32-bit version of the OCT and can then be used to customize 32-bit Office products.

64 ビット版の OCT にインポートされた 32 ビットのセットアップ カスタマイズ ファイルは 64 ビットに変換され、32 ビット版の OCT にインポートされた 64 ビットのセットアップ カスタマイズ ファイルは 32 ビットに変換されます。カスタマイズ ファイルをインポートするには、OCT で [ ファイル] メニューの [ インポート] をクリックします。[ ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、変換する .msp ファイルを選択し、[ 開く] を選択して変換を開始します。A 32-bit Setup customization file that is imported into the 64-bit version of the OCT is converted to 64-bit, and a 64-bit customization file that is imported into the 32-bit version of the OCT is converted to 32-bit. To import a customization file, in the OCT, select Import on the File menu. In the Open dialog box, select the .msp file that you want to convert, and then choose Open to start the conversion.

注意

カスタマイズ .msp ファイルのインポートは、同等のクロス アーキテクチャ製品のみです。64 ビット Office Professional Plus 2016年 .msp ファイルを OCT の 64 ビット バージョンには、32 ビット Office Professional Plus 2016 カスタマイズ .msp ファイルをインポートできます。ただし、64 ビット Office Professional Plus 2016年 .msp ファイルは、OCT の 64 ビット版に 32 ビット ワード 2016年スタンドアロン カスタマイズ .msp ファイルをインポートできません。これはようにすることはできず、エラー メッセージが表示されます。Importing customization .msp files is intended for equivalent cross-architecture products only. You can import a 32-bit Office Professional Plus 2016 customization .msp file into the 64-bit version of the OCT for a 64-bit Office Professional Plus 2016 .msp file. However, you cannot import a 32-bit Word 2016 stand-alone customization .msp file into the 64-bit version of the OCT for a 64-bit Office Professional Plus 2016 .msp file; doing so is prevented and displays an error message.

Office 2016 の OCT には、Office 2007 のセットアップ カスタマイズ ファイルをインポートできません。You cannot import Office 2007 Setup customization files into the OCT for Office 2016.

また、インポート機能は、Office 製品 (Office Professional Plus 2016 など) の初期セットアップ カスタマイズ .msp ファイルを作成した後で、製品の言語パックを追加するためにインストールを変更するような場合にも使用できます。この場合はまず、Office 製品のソース ファイルが含まれたネットワーク インストール ポイントに言語パックを追加します。次に、ネットワーク インストール ポイントのルートから OCT を実行し、同じ製品用の新しいセットアップ カスタマイズ ファイルを作成し、製品 (この例では Office Professional Plus 2016) 用に前に作成した元のカスタマイズ .msp ファイルをインポートします。.msp ファイルをインポートするには、OCT で [ ファイル] メニューの [ インポート] を選択します。[ 開く] ダイアログ ボックスで、前に作成した、更新するカスタマイズ .msp ファイルを選択します。[ ファイル] メニューの [ 名前を付けて保存] を選択します。.msp ファイルに一意の名前を付け、[ 保存] を選択します。前に作成したカスタマイズ .msp ファイルを OCT にインポートすることで, .msp ファイルが更新され、追加した言語が含まれるようになります。The Import feature can also be used in cases where you created an initial Setup customization .msp file for an Office product, such as Office Professional Plus 2016, and later you want to modify the installation to add language packs for that product. In such cases, you first add the language packs to the network installation point that contains the Office product source files. Then you run the OCT from the root of the network installation point, create a new Setup customization file for the same product, and import the original customization .msp file that you created previously for the product (Office Professional Plus 2016 in this example). To import the .msp file, in the OCT, on the File menu, choose Import. In the Open dialog box, select the previously created customization .msp file that you want to update. On the File menu, choose Save As. Specify a unique name for the .msp file, and choose Save. Importing the previously created customization .msp file into the OCT will update the .msp file and include the added languages.

OCT の構造Structure of the OCT

OCT には、次の主な 4 つのセクションがあります。各セクションは、次のカスタマイズ可能なオプションがあるいくつかのページに分かれています。The OCT consists of following four major sections, each of which is divided into a number of pages containing the following customizable options: