Office カスタマイズ ツール (OCT) 2016 ヘルプ: 機能のインストール状況の設定Office Customization Tool (OCT) 2016 Help: Set feature installation states

に適用されます:Office Professional Plus 2016、Office 標準 2016年Applies to: Office Professional Plus 2016, Office Standard 2016

概要: ユーザーのコンピューター上の Office 機能のインストール方法をカスタマイズします。Summary: Customizes how Office features are installed on the user's computer.

機能のインストール状況を変更するには、その機能を選択し、インストール状況を選択します。"親" 機能と呼ばれる一部の機能は、複数の "子" 機能で構成されます。子機能を表示するには、親機能の左側にあるプラス記号 (+) を選択して展開します。To change the installation state of a feature, choose it, and then select the installation state. Some features, called parent features, consist of multiple child features. To view child features, choose the plus sign (+) to the left of the parent feature to expand it.

機能のインストール状態を変更すると、機能の名前とそのすべての子に表示されます (存在する場合) の機能の名前太字、セットアップが、インストールにこれらの変更を適用することを示します。太字で表示されていない機能は、既定のインストール状態を使用してインストールされます。加えた変更を削除する場合は、フィーチャーを選択し、リセットまたはリセット]を選択します。When you change the installation state of a feature, the name of the feature and the names of all of its child features (if any) are displayed in bold, indicating that Setup will apply these changes to the installation. Features not displayed in bold are installed using the default installation state. If you want to remove a change that you made, select the feature and select the Reset or Reset Branch.

次の機能のインストール状況一般ユーザーが利用できるセットアップ中にします。すべての機能のインストール状況のすべてを利用できます。などの機能にアドバタイズできないコンポーネントが含まれている場合は、初回使用時にインストールされているがその機能の利用可能なインストール状況の一覧に含まれません。The following feature installation states typically are available to users during Setup. Not all installation states are available for every feature. For example, if a feature contains a component that cannot be advertised, Installed on First Use is not included in the list of available installation states for that feature.

  • マイ コンピューターから実行セットアップ ファイルをコピーし、レジストリ エントリと、ユーザーのハード_ディスクに機能に関連付けられたショートカットを書き込み、アプリケーションや機能はローカルで実行します。Run from My Computer - Setup copies files and writes registry entries and shortcuts associated with the feature to the user's hard disk, and the application or feature runs locally.

  • マイ コンピューターからすべて実行[マイ コンピューターから実行すると同じ機能に属するすべての子機能もこの状態に設定される点が異なります。Run All from My Computer - Same as Run from My Computer, except that all child features belonging to the feature are also set to this state.

  • [初めて実行するときにインストールのセットアップは、ユーザーがコンポーネントをインストールする時に、最初に機能を使用しようとするまで、ローカル インストール ソースの機能とそのすべての子機能のコンポーネントを残します。これは、アドバタイズされた機能とも呼ばれます。記号[1]は、アプリケーション名の横にあるメニュー アイコンに追加されます。Installed on First Use - Setup leaves components for the feature and all of its child features in the local installation source until the user attempts to use the feature for the first time, at which time the components are installed. This is also known as an advertised feature. The symbol [1] is added to the menu icon next to the application name.

  • 利用できない機能と、この機能に属する子機能のすべてのコンポーネントがコンピューターにはインストールされません。アプリケーション名の横にあるメニュー アイコンに赤い[X]が追加されます。Not Available - The components for the feature, and all of the child features belonging to this feature, are not installed on the computer. A red [X] is added to the menu icon next to the application name.

各機能では、次のオプションも使用できます。The following options also are available for each feature.

  • 非表示の設定は表示されません、機能、機能ツリーでインストール中にセットアップを対話的に実行されている場合。機能は、Office をインストールした後にメンテナンス モードでセットアップを実行するときに表示されます。[H]の記号は、機能が非表示になっているかを示す機能の名前を先頭に追加されます。Hidden - Setup does not display the feature in the feature tree during installation if Setup is run interactively. The feature is not hidden when Setup is run in maintenance mode after Office is installed. The symbol [H] is prepended to the feature name to indicate that the feature is hidden.

  • ロック- この機能に対して選択したインストールの状態は変更できません、ユーザーがインストール時またはメンテナンス モードで Office をインストールした後。[L]の記号は、機能がロックされていることを示すために機能名を先頭に追加されます。Locked - The installation state that you choose for this feature cannot be changed by the user during installation or in maintenance mode after Office is installed. The symbol [L] is prepended to the feature name to indicate that the feature is locked.

  • リセットの機能が既定のインストール状態に返されます。これは、機能を選択して、[リセット]ボタンを選択すると同じです。Reset - The feature is returned to its default installation state. This is the same as selecting the feature and choosing the Reset Branch button.

機能を明示的に既定の状態に設定する場合[F]の記号は機能が強制的にことを示すために機能名を付加します。これは、既存の Office インストールを変更するセットアップ カスタマイズ ファイルを作成する場合に便利です。機能のインストール状態を変更しない場合は、ユーザーのコンピューターでこの機能はないセットアップに変更します。変更を指定した場合でも、機能を設定、セットアップ機能がユーザーのコンピューター上でその状態に設定されていることを確認し、既定の状態の通常です。If you explicitly set a feature to its default state, the symbol [F] is prepended to the feature name to indicate that the feature will be forced into this state. This is useful if you are creating a Setup customization file to modify an existing Office installation. If you do not change the installation state of a feature, then Setup does not change the feature on the user's computer. If you specify a change, even setting the feature to its normally default state, then Setup ensures that the feature is set to that state on the user's computer.

機能のインストール状態を変更すると、セットアップが一致するように親または子の機能のインストール状態を変更する可能性があります。たとえば、親機能を[初めて実行するときにインストール] に設定する場合は、子機能を[マイ コンピューターから実行する設定セットアップの状態を変更親フィーチャーもマイ コンピューターから実行します。When you change the installation state of a feature, Setup might change the installation state of a parent or child feature to match. For example, if you set a parent feature to Installed on First Use, but set a child feature to Run from My Computer, Setup changes the state of the parent feature also to Run from My Computer.

ユーザーがセットアップを対話的に実行すると、非表示の機能は、機能ツリーには表示されませんが、それに対して定義されているインストール状況に応じてインストールされます。機能を非表示にすると、その機能に属している子機能もすべて非表示になります。Setup does not display hidden features in the feature tree when users run Setup interactively, but the feature is installed according to its defined installation state. All child features belonging to the hidden feature are also hidden.

注意

非表示にする設定の最適な使用は、ユーザーの機能ツリーを簡略化します。などが非表示にする機能ツリーの Office ツールの分岐できるように、ユーザーが必要なツールを特定する必要はありません。選択したツールのみがインストールされます。The best use of the Hide setting is to simplify the feature tree for users. For example, you might hide the Office Tools branch of the feature tree so that users do not have to decide which tools they need; only the tools that you select are installed.

場合は機能を [インストールしない] に設定して、機能ツリーで非表示にして、ユーザーの設定を変更したりできます、親機能をインストールすることによって、またはメンテナンス モードでセットアップを実行して、機能をインストールします。ユーザーが非表示の機能をインストールすることを防ぐためにしたい場合は、不可非表示、およびロックのインストール状態を選択します。この例では、機能またはアプリケーションがインストールされていないと、メンテナンス モードでは使用できません。ユーザーは、親機能の状態を変更することによってそれをインストールできません。Office をインストールした後に利用できない非表示]、および [ロックのインストール状態を逆にする唯一の方法は、OCT を使用する機能のインストール状態を変更するのには構成されているセットアップ カスタマイズ ファイルを作成し、カスタマイズ ファイルをユーザーのコンピューターに適用されます。If you set a feature to Not Available and hide it in the feature tree, users can still change the setting and install the feature by installing the parent feature or by running Setup in maintenance mode. If you want to help prevent users from installing hidden features, select the Not Available, Hidden, and Locked installation state. In this case, the feature or application is not installed and is not available in maintenance mode. Users cannot install it by changing the state of the parent feature. The only way to reverse the Not Available, Hidden, and Locked installation state after Office is installed is to use the OCT to create a Setup customization file that is configured to change the installation state of the feature, and then apply the customization file to the user's computer.