Office の重要なサービス

注意

このプライバシー情報の対象となっている Office 製品の一覧については、「 Office 製品のプライバシーの制御」を参照してください。

Office は、クライアント ソフトウェア アプリケーションとユーザーがより効果的に作成、通信、共同作業できるように設計された接続エクスペリエンスで構成されています。 ユーザーは自分が利用できる接続エクスペリエンスの大部分を管理できます。また、組織の管理者は、エンド ユーザーが利用できるようになる接続エクスペリエンスの大部分を管理できます。ただし、Office の動作に不可欠なために無効化できない一連のサービスが存在します。 たとえば、ライセンス サービスにより Office を使用するための適切なライセンスがあることを確認します。 このようなサービスに関する必須のサービス データは、その他のプライバシー関連ポリシー設定がどのように構成されていても、収集されて Microsoft に送信されます。

詳細については、次の記事を参照してください。

組織の管理者である場合は、以下の記事も参考になります。

Office の重要なサービスのリスト

次の表は、Office の重要なサービスのリストと各サービスの説明を示しています。

サービス 説明
認証 認証は、Office ユーザーの ID を検証するクロスプラットフォームのサービスです。Office へのサインイン、Office ライセンスの認証、クラウドに保存されたファイルへのアクセス、および Office のセッションとデバイスのすべてで一貫したエクスペリエンスを実現するために必要になります。
クイック実行 クイック実行は、Windows の Office をインストールおよび更新するためのインストール テクノロジです。 Office の新しいバージョンを確認して、新しいバージョンが利用可能な場合は、そのバージョンをダウンロードしてインストールします。 クイック実行では、セキュリティ更新プログラムなど Office の更新プログラムの必要性を検出して、ダウンロードとインストールを実行します。
Enhanced Configuration Service (ECS) ECS により、ユーザーが Office を再展開する必要なく、Office のインストールを Microsoft が再構成できるようになります。 機能や更新プログラムを段階的にロールアウトしながら、収集される診断データからロールアウトの影響を監視するために使用されます。 また、機能や更新プログラムによるセキュリティやパフォーマンスの問題を軽減するためにも使用されます。 さらに、ECS では、適切なイベントが確実に収集されるようにする、診断データに関連する構成の変更をサポートします。
ライセンス ライセンスは、新しいインストールに対する Office のライセンス認証をサポートするクラウド ベースのサービスであり、Office のアクティブ化後にデバイスでのライセンスを維持管理します。 ユーザーの各デバイスを登録して Office をアクティブ化し、Office サブスクリプションの状態を確認して、プロダクト キーを管理します。
Microsoft AutoUpdate (MAU) Microsoft AutoUpdate (MAU) は、Office などの macOS 向けに作成された Microsoft アプリケーションの更新に使用されるテクノロジです。 MAU は、アプリケーションの更新が必要かどうかを検出し、更新プログラム (セキュリティ更新プログラムを含む) をダウンロードしてインストールします。
OneNote 同期 OneNote for Mac では、インターネット上の OneDrive または SharePoint Online に保存されたノートブックのみがサポートされます。 OneNote for Mac は、すべてのユーザーのノートを OneDrive または SharePoint Online と継続的に同期します。 これにより、ユーザーのノートブックは常に最新の状態を維持するようになるため、ユーザーは自分のあらゆるデバイスでノートブックを開いて、表示および編集できるようになります。
サービス構成 サービス構成により、Office の構成設定を更新して、クライアントの機能を有効化または無効化できるようになります。 Office アプリケーションを起動するたびに呼び出され、その他の Office の構成とサービスに関する詳細を提供します。 また、サービス構成により、重要なサービスとして指定するサービスを管理できます。
テレメトリ テレメトリ サービスは、Office アプリケーションから診断データを収集するために使用されます。 Office によって生成された必須およびオプションの両方の診断データを収集できるようになります。 また、Office に必要なサービスデータのコレクションに対しても責任を持ちます。

Office の重要なサービスのイベントとデータ フィールド

ここからの各セクションでは、次の情報を示します。

  • 重要なサービスごとのイベントのリスト
  • 各イベントの説明
  • 各イベントのデータ フィールドのリスト
  • 各データ フィールドの説明

認証のイベント

このような診断データ イベントは、Office で認証トークンの取得 (プロンプトなし/あり) を試行したときに収集されます。

Office.Android.MSAGuestToAAD

このイベントは、個人用アカウントが職場アカウントのテナントへの有効なゲストである可能性があるため、時間単価型リソースにアクセスしているときに、個人用アカウントのパスワードの入力を求められるユーザーの数を理解するのに役立ちます。

このデータは、Microsoft アカウントの SAML (セキュリティ アサーション マークアップ言語) アサーションに基づいて AAD トークンの取得をメッセージなしで優先するために、サインインの再プロンプトの問題を経験しているユーザーの数を理解するのに役立ちます。

以下のフィールドが収集されます。

  • Tag - 職場アカウントのリソースにアクセスしているときに、ユーザーが個人用アカウントのサインイン プロンプトを受け取ったことを示します。

Office.Identity.FbaPromptWin32

Office がユーザーにフォーム ベース認証のサインイン プロンプトを表示したときに収集されます。

サイレント トークンの取得と連携して認証プロンプトを使用することで、ユーザーの認証が失敗状態かどうかを判断します。認証が失敗状態になっていると、実質的にユーザーはオフライン クライアントの状態になります。最悪の場合は、認証の失敗によってライセンスの取得が妨げられ、クライアントがまったく使用できなくなります。

フォーム ベース認証 (FBA) のサインイン プロンプトは、一部のオンプレミス認証シナリオに使用しますが、FBA にはセキュリティ脆弱性が伴われることから全員がモダン認証を使用する必要があるため、通常、このプロンプトは不要になるようにします。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • AuthScheme - 使用された認証スキーム

  • DocumentUrlHash - 暗号化された URL 要求

  • EndTag - FBA フォームの完了位置のタグ

  • Flags - 現在不使用

  • FlowTag - FBA フォームの開始位置のタグ

  • LastError - 返されたエラー コード

  • PromptEndTime - プロンプトの終了時刻

  • PromptStartTime - プロンプトの開始時刻

  • Result - 認証が成功したかどうか

  • SessionEndTime – イベント セッションの終了時刻

  • Timeout - プロンプトがタイムアウトした時刻

Office.Identity.SignOutEvent

ユーザーが Office からサインアウトしたときに収集されます。

ユーザーがサインアウトしていることを把握することで、それ以外のイベント (プロンプトなど) を想定どおりに分類できます。それにより、そうしたイベントが信頼性/出荷準備の評価基準で正確に計算できるようになり、ユーザーに予期しないサインイン プロンプトが表示されるという誤った前提に基づいた警告やビルドのロールバックを回避できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • FlowEndTime - サインアウト アクションの終了時刻

  • FlowStartTime - サインアウト アクションの開始時刻

  • IdentityErrorState - サインアウト時の ID エラー状態

  • IdentityHashedUniqueId - 暗号化されたサインアウトする固有 ID

  • IdentityProviderType - サインアウトする ID の ID プロバイダー

  • IdentityUniqueID - サインアウトする固有 ID

  • SessionEndTime - イベント セッションの終了時刻

  • SignOutUserAction - ユーザーがサインアウト アクションを開始したことを示します

Office.Identity.SspiPromptWin32

Office がユーザーに Windows SSPI サインイン プロンプトを表示したときに収集されます。 サイレント トークンの取得と連携して認証プロンプトを使用することで、ユーザーの認証が失敗状態かどうかを判断します。認証が失敗状態になっていると、オフライン クライアントの状態になります。 認証が失敗していると、ライセンスの取得が妨げられ、クライアントがまったく使用できなくなることがあります。

Windows SSPI プロンプトは、ユーザーの Exchange リソースが多要素認証に対応するように設定されているときに、Exchange での認証 (メールの同期のため) に使用します。

これらのイベント (および Office.MATS 名前空間のイベント) は、次の目的で使用します。

1) クライアントが正常に認証トークンを取得したか、認証失敗の状態になったかを特定します。

2) クライアントまたはサービスに対する変更が、ユーザーの認証エクスペリエンスと信頼性に重大な問題を招いているかどうかを評価します。

3) 障害の発生時、これらのシグナルは担当コンポーネント (Office クライアント コード、認証ライブラリ、または認可サービス) から重要な障害コードを伝達し、障害のトリアージ、診断、および軽減に使用できます。

4) これらのシグナルは、さまざまな出荷準備や正常性の監視を駆動し、警告を発するため、Microsoft のエンジニアはすばやく作業に取りかかり、ユーザーを阻害する重大な障害を軽減するまでの時間を短縮できます

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • AllowSavedCreds - 新しい資格情報が保持されるかどうか

  • AuthScheme - 使用された認証スキーム

  • CredsSaved - 新しい資格情報が保存されるかどうか

  • DocumentUrlHash - 暗号化された URL 要求

  • EndTag - プロンプトの終了位置のタグ

  • NewIdentity_ErrorState – 新しい ID が有効かどうか

  • NewIdentity_HashedUniqueId - プロンプトの完了後の暗号化された新しい固有 ID

  • NewIdentity_ProviderType - プロンプトの完了後の新しい ID プロバイダー

  • NewIdentity_UniqueID - プロンプトの完了後の新しい固有 ID

  • OutStatus - プロンプト出力が有効かどうか

  • PromptEndTime - プロンプトの終了時刻

  • PromptFailedTag - SSPI プロンプトの失敗を示すタグ

  • PromptFlow - SSPI プロンプトを呼び出したタグ

  • PromptStartTime - プロンプトの開始時刻

  • Proxy - プロキシが使用されたかどうか

  • ServerHash - 暗号化されたサーバー アドレス

  • SessionEndTime - イベント セッションの終了時刻

  • Timeout - プロンプトがタイムアウトした時刻

  • UiMessage - プロンプトの UI メッセージ

  • UserNameHash - 暗号化されたユーザー名

Office.Identity.Win32Prompt

Office がユーザーに多要素認証サインイン プロンプトを表示したときに収集されます。 サイレント トークンの取得と連携して認証プロンプトを使用することで、ユーザーの認証が失敗状態かどうかを判断します。認証が失敗状態になっていると、オフライン クライアントの状態になります。 認証が失敗していると、ライセンスの取得が妨げられ、クライアントがまったく使用できなくなることがあります。

これらのイベント (および Office.MATS 名前空間のイベント) は、次の目的で使用します。

1) クライアントが正常に認証トークンを取得したか、認証失敗の状態になっているかを特定します。

2) クライアントまたはサービスに対する変更が、ユーザーの認証エクスペリエンスと信頼性に重大な問題を招いているかどうかを評価します。

3) 障害の発生時、これらのシグナルは担当コンポーネント (Office クライアント コード、認証ライブラリ、または認可サービス) から重要な障害コードを伝達し、障害のトリアージ、診断、および軽減に使用できます。

4) これらのシグナルは、さまざまな出荷準備や正常性の監視を駆動し、警告を発するため、Microsoft のエンジニアはすばやく作業に取りかかり、ユーザーを阻害する重大な障害を軽減するまでの時間を短縮できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • AdalWAMUsed - ADAL-atop-WAM が使用されたかどうかの結果を示すタグ

  • CallTag - サインイン UI の呼び出し元を示すタグ

  • Context - プロンプトのサインイン コンテキスト

  • EndTagIdentityProviderRequested - ID プロバイダーが要求された場所のタグ

  • HrdShownTag - HRD サインイン ダイアログが表示された場所のタグ

  • IdentityProviderResulted - 要求している ID プロバイダーの種類

  • IdPFlowTag - ID 要求の結果を示すタグ

  • LastLoginDelta - 直前の正常なログインからの時間差

  • NewIdentity_ErrorState - プロンプト後の ID が有効かどうか

  • NewIdentity_ProviderType - プロンプト後の新しい ID プロバイダーの種類

  • NewIdentity_UniqueID - プロンプト後に返された新しい固有 ID

  • PromptCorrelation - 診断目的のためのプロンプト関連付け ID

  • PromptEndTime - プロンプトの終了時刻

  • PromptStartTime – プロンプトの開始時刻

  • SessionEndTime - イベント セッションの終了時刻

  • ShowUIResult - プロンプト UI から返された結果コード

  • StartTag - Win32 プロンプトの開始位置のタグ

  • Timeout - プロンプトがタイムアウトした時刻

  • WasIdentitySignedOut - ユーザーがサインアウトしたかどうか

Office.MATS.actionofficewin32、Office.MATS.actionofficewinrt

次の説明は、Win32 と WinRT の両方に該当します (プラットフォームに応じて名前が異なります)。

Microsoft Auth Telemetry System (MATS) は、Office で認証トークンの取得 (プロンプトなし/あり) を試行したときに収集されます。 取得の試行に失敗すると、エラー情報が含まれるようになります。 これらのイベントは、ユーザーが認証の失敗状態にならないようにするために役立ちます。

1) クライアントが正常に認証トークンを取得したのか、認証失敗の状態になっているのかを特定します。

2) クライアントまたはサービスに対する変更があったときに、ユーザーの認証エクスペリエンスと信頼性に重大な問題を招いているかどうかを評価します。

3) 障害の発生時、これらのシグナルは担当コンポーネント (Office クライアント コード、認証ライブラリ、または認可サービス) から重要な障害コードを伝達し、障害のトリアージ、診断、および軽減に使用できます。

4) これらのシグナルは、さまざまな出荷準備や正常性の監視を駆動し、警告を発するため、Microsoft のエンジニアはすばやく作業に取りかかり、重大な障害を軽減するまでの時間を短縮できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Actiontype - 使用された認証ライブラリ

  • Appaudience - アプリが内部使用または外部使用のどちらに向けて構築されたものか

  • Appforcedprompt - アプリがキャッシュを上書きして強制的にプロンプトを表示したか

  • Appname - 認証を実行するアプリケーションの名前

  • Appver - 認証を実行するアプリケーションのバージョン

  • Askedforcreds - このアクションのためにアプリケーションがユーザーに認証情報の入力を求めたかどうか

  • Authoutcome - 認証の試行が成功したか失敗したか、またはキャンセルされたか

  • Blockingprompt - ユーザーの操作を必要とするプロンプトをアプリケーションが提示したか

  • Correlationid - データ サービスに加わるために使用した GUID

  • Count - 集計の場合のイベント数

  • Data_accounttype - コンシューマーまたは組織のアカウント

  • Devicenetworkstate - ユーザーがオンラインであったか

  • Deviceprofiletelemetryid - デバイス エクスペリエンスの測定に使用された匿名デバイス ID

  • Duration - 認証に費やした時間

  • Duration_Max - このシグナルが集約されている場合、集約されているイベントの最大期間。

  • Duration_Min - このシグナルが集約されている場合、集約されているイベントの最小期間。

  • Duration_Sum - このシグナルが集約されている場合、集約されているすべてのイベントの期間の合計。

  • Endtime - 認証イベントの終了時刻

  • Error - エラー コード (認証に失敗した場合)

  • Errordescription - エラーの簡単な説明

  • Errorsource - エラーの発生元がサービス、認証ライブラリ、またはアプリケーションのいずれであったか

  • Identityservice - Microsoft Service Account (MSA) または Azure Active Directory (AAD) サービスが呼び出されたか

  • Interactiveauthcontainer - 表示されたプロンプトの種類

  • Issilent - プロンプトが表示されたか

  • Microsoft_ADAL_adal_version - Azure Active Directory 認証ライブラリ (ADAL) のバージョン

  • Microsoft_ADAL_api_error_code - この認証の試行の際に認証ライブラリによって伝達されたエラー コード

  • Microsoft_ADAL_api_id - この認証の試行の際に呼び出された API

  • Microsoft_ADAL_authority – ユーザーの認証を担当する Azure Active Directory 機関の URL

  • Microsoft_ADAL_authority_type – お客様/ Microsoft サービス規約 (MSA) と組織/Azure Active Directory (AAD) の対 (現時点では常に AAD)

  • Microsoft_ADAL_authority_validation_status - 認証がサービス側で完了したかどうかを示します

  • Microsoft_ADAL_broker_app - ADAL が認証のためにブローカーを使用したかどうかを示します

  • Microsoft_ADAL_broker_app_used – ブローカーの名前を示します (Windows アカウント管理など)

  • Microsoft_ADAL_broker_version - ブローカーのバージョンを示します (使用された場合)

  • Microsoft_ADAL_cache_event_count - トークンの取得時に ADAL が実行したキャッシュ イベントの数

  • Microsoft_ADAL_cache_event_count_max - このシグナルが集計される場合、収集されたイベントのいずれかの最大キャッシュ イベント数。

  • Microsoft_ADAL_cache_event_count_min - このシグナルが集計される場合、収集されたイベントのいずれかの最小キャッシュ イベント数。

  • Microsoft_ADAL_cache_event_count_sum - このイベントが集計される場合、すべての収集されたキャッシュ イベントの合計数。

  • Microsoft_ADAL_cache_read_count - API がディスク キャッシュから読み取った回数。 少なくとも 1 回の読み取りがあった場合に示されます。

  • Microsoft_ADAL_cache_read_error_count - ディスク キャッシュの読み取りが失敗した回数。 少なくとも 1 回の失敗があった場合に示されます。

  • Microsoft_ADAL_cache_read_last_error - ADAL エラー コード。 少なくとも 1 回の読み取りエラーがあった場合に示されます。

  • Microsoft_ADAL_cache_read_last_system_error - システム エラー コード。 少なくとも 1 回の読み取りエラーがあったことを示します。

  • Microsoft_ADAL_cache_write_count - API がディスク キャッシュに書き込んだ回数。 少なくとも 1 回の書き込みがあった場合に示されます。

  • Microsoft_ADAL_cache_write_error_count - ディスク キャッシュの書き込みが失敗した回数。 少なくとも 1 回の失敗があった場合に示されます。

  • Microsoft_ADAL_cache_write_last_error - ADAL エラー コード。 少なくとも 1 回の書き込みの失敗があった場合に示されます。

  • Microsoft_ADAL_cache_write_last_system_error - システム エラー コード。 少なくとも 1 回の書き込みの失敗があった場合に示されます。

  • Microsoft_ADAL_client_id - ハッシュ化された AAD アプリ ID

  • Microsoft_ADAL_extended_expires_on_setting - トークンの有効期限が延長されているかどうかを true/false で示します。

  • Microsoft_ADAL_http_event_count - ADAL による HTTP 呼び出しの回数。

  • Microsoft_ADAL_http_event_count_max - このシグナルが集計される場合、集計されたイベントのうち ADAL による最大の HTTP 呼び出し回数。

  • Microsoft_ADAL_http_event_count_min - このシグナルが集計される場合、集計されたイベントのうち ADAL による最小の HTTP 呼び出し回数。

  • Microsoft_ADAL_http_event_count_sum - このシグナルが集計される場合、すべての集計されたイベントの ADAL による HTTP 呼び出しの合計回数。

  • Microsoft_ADAL_is_silent_ui - UI の表示 (プロンプト) があったかどうかを true/false で示します。

  • Microsoft_ADAL_is_successful - ADAL API が成功したかどうかを true/false で示します。

  • Microsoft_ADAL_logging_pii_enabled - ADAL 詳細ログモードが有効になっているかどうかを true/false で示します。 このデータはローカルにのみ記録され、テレメトリでは伝達されません。

  • Microsoft_ADAL_oauth_error_code – サービスによって返される OAuth プロトコル エラー コード。

  • Microsoft_ADAL_prompt_behavior - ユーザー インターフェイスを表示できるかどうかを指定するためにサービスに渡したログイン パラメーターまたは非 HTTP パラメーター。

  • Microsoft_ADAL_request_id - ADAL によってサービスに伝達された要求のトランザクション GUID。

  • Microsoft_ADAL_response_code - サービスからの HTTP 応答コード。

  • Microsoft_ADAL_response_time - ADAL に戻るまでにサービスが費やした時間。

  • Microsoft_ADAL_response_time_max - シグナルが集計される場合、集計されたイベントのうち ADAL がその API から戻るまでに費やした最長の時間。

  • Microsoft_ADAL_response_time_min - シグナルが集計される場合、集計されたイベントのうち ADAL にサービスが応答するまでに費やした最短の時間。

  • Microsoft_ADAL_response_time_sum - シグナルが集計される場合、すべての集計されるイベントについて ADAL がその API から戻るまでに費やした時間の合計。

  • Microsoft_ADAL_rt_age – 更新トークンの経過時間

  • Microsoft_ADAL_server_error_code - サーバーによって返されたエラー コード

  • Microsoft_ADAL_server_sub_error_code - 要求が失敗した理由が明確になるようにするためにサーバーによって返されるサブ エラー コード。

  • Microsoft_ADAL_spe_ring - ユーザーが Secure Production Enterprise 内部リングを使用したかどうかを true/false で示します (Microsoft の従業員専用)。

  • Microsoft_ADAL_start_time – ADAL API 呼び出しが行われた時刻

  • Microsoft_ADAL_stop_time - ADAL API 呼び出しから戻された時刻

  • Microsoft_ADAL_telemetry_pii_enabled - ADAL フル テレメトリ モードが有効になっているかどうかを true/false で示します。 PII/EUII は伝達されていないため、この名前は不適切です。

  • Microsoft_ADAL_tenant_id - 認証されたユーザーが属しているテナントを識別する GUID。

  • Microsoft_ADAL_token_acquisition_from_context - 認証コンテキストのトークンに基づいて ADAL の動作を記述します。

  • Microsoft_ADAL_token_type - 更新トークン (RT) またはマルチ リソース更新トークン (MRRT) のどちらか。

  • Microsoft_ADAL_ui_event_count - ユーザーに表示されるプロンプトの数。 サイレントの可能性があります。

  • Microsoft_ADAL_user_cancel - ユーザー インターフェイス ウィンドウがキャンセルされたかどうかを示す true / false。

  • Microsoft_ADAL_was_request_throttled – リクエストが多すぎるためにこのイベントが ADAL によって調整されたかどうかを示す true/false。

  • Microsoft_ADAL_x_ms_request_id – ADAL によってサービスへの HTTP ヘッダーで提示される追加の要求 ID。

  • Platform - Win32/WinRT/Android/iOS/Mac

  • Promptreasoncorrelationid – プロンプトの場合、これは別のイベントの相関 ID で、ユーザーに認証プロンプトが表示されている理由を説明します。

  • Resource – Exchange や SharePoint などの、ユーザーがトークンを要求しているリソース。

  • Scenarioid - GUID。複数のイベントが単一のシナリオに属することがあります。たとえば、シナリオで 1 つの新しいアカウントを追加する場合でも、そのシナリオの一環として複数のプロンプトが発生することがあります。このIDにより、相関が発生します。

  • Scenarioname – この認証イベントが属しているシナリオの名前。

  • Sessionid - ブート セッションを識別する GUID

  • Skdver - このデータの生成に使用された MATS クライアント SDK のバージョン

  • Starttime - Start*Action MATS API が呼び出された時刻

  • Tenantid - 認証されたユーザーが所属しているテナントを識別する GUID (ADAL 以外の場合)。

  • Uploadid - このイベントの一意の GUID (重複除外のために使用)

  • Wamapi - どの WAM API が呼び出されたかを識別します

  • Wamtelemetrybatch - 現在使用されていません。将来的には、WAM コンポーネントが認証イベントに関連する追加情報を発信できるようにします。

Office.MATS.OneAuth.ActionMicrosoftOfficeAndroid

Microsoft Auth Telemetry System (MATS) は、Office で認証トークンの取得 (プロンプトなし/あり) を試行したときに収集されます。 取得の試行に失敗すると、エラー情報が含まれるようになります。 これらのイベントは、ユーザーが認証の失敗状態にならないようにするために役立ちます。

  • クライアントがサービスから正常に認証トークンを取得したのか、認証失敗の状態になっているのかを特定します。

  • クライアントまたはサービスに対する変更があったときに、ユーザーの認証エクスペリエンスと信頼性に重大な問題を招いているかどうかを評価します。

  • 障害の発生時、これらのシグナルは担当コンポーネント (Office クライアント コード、認証ライブラリ、または認可サービス) から重要な障害コードを伝達し、障害のトリアージ、診断、および軽減に使用できます。

  • これらのシグナルは、アラートを発行する各種の発送準備および正常性モニターの原動力となるため、Microsoft のエンジニアはすばやく作業に取りかかり、重大な障害を軽減するまでの時間を短縮できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ActionEndTime - 認証イベントの終了時刻

  • actionname - このイベントのフレンドリ名です (このイベントが提供されている場合)。

  • ActionStartTime - 認証イベントが開始された時刻。

  • actiontype - 使用中の認証ライブラリの種類を指定します。

  • appaudience - アプリが内部使用または外部使用のどちらに向けて構築されたものか

  • appname - 認証を実行するアプリケーションの名前

  • appver - 認証を実行するアプリケーションのバージョン

  • askedforcreds - このアクションのためにアプリケーションがユーザーに認証情報の入力を求めたかどうか

  • authoutcome - 認証の試行が成功したか失敗したか、またはキャンセルされたか

  • blockingprompt - ユーザーの操作を必要とするプロンプトをアプリケーションが提示したか

  • correlationid - この個別のイベントに関する情報をサービス データと結合するために使用する識別子

  • count - この 1 つのデータ イベントで報告された集計済みアクションの合計数。

  • data_signing_time - キーを使用してデータに署名する時間を記録します。

  • devicenetworkstate - インターネットに接続されているデバイス。

  • deviceprofiletelemetryid - デバイス全体の認証エクスペリエンスと信頼性の測定に使用された匿名デバイス ID。

  • duration_max - 集計されたいずれかのイベントの最大期間

  • duration_min - 集計されたいずれかのイベントの最小期間

  • duration_sum - 集計されたすべてのイベントの期間の合計

  • error - エラー コード (認証に失敗した場合)

  • errordescription - エラーの簡単な説明

  • errorsource - エラーの発生元がサービス、認証ライブラリ、またはアプリケーションのいずれであったか

  • eventtype - このイベントは、認証データ ポイントを報告しているか、またはデータ品質エラー イベントか。データ品質の測定に使用されます。

  • hasadaltelemetry - Azure Active Directory 認証ライブラリ (ADAL) がこのイベントのテレメトリを提供したかどうかを示します。

  • identityservice - Microsoft Service Account (MSA) または Azure Active Directory (AAD) サービスが呼び出されたか

  • interactiveauthcontainer - 表示されたプロンプトの種類

  • issilent - プロンプトが表示されたか、サイレント(バックグラウンド)認証イベントであったか。

  • key_creation_time - 非対称キーペアの作成に必要な時間を記録します。

  • key_load_time - 既存のキー ペアを読み込むのに必要な時間を記録します。

  • MSAL_access_token_expiry_time - アプリケーションに戻る UTC のアクセス トークンの有効期限。

  • MSAL_all_error_tags - 認証フロー中に Microsoft 認証ライブラリ (MSAL) が検出したすべてのエラー タグ。

  • MSAL_api_error_code - MSAL が OS からのエラーを検出した場合、プラットフォーム エラー コードがここに保存されます。

  • MSAL_api_error_context - MSAL で最後に発生したエラーに関する、人間が判読できる詳細を含む文字列。

  • MSAL_api_error_tag - このエラーが発生したコード内の場所の一意の文字列。

  • MSAL_api_name - この認証フローを開始するために呼び出される MSAL 最上位レベルの API の名前。

  • MSAL_api_status_code - この認証フローの結果に対して返されたステータス コード MSAL。

  • MSAL_auth_flow - この認証フロー中に試行された MSAL の手順 (AT、PRT、LRT、FRT、ART、IRT)。 簡単に解析できるように、パイプ記号 で区切られています。

  • MSAL_auth_flow_last_error - AuthFlow の 2 番目から最後の項目でサーバーから受け取ったエラー コード。 (例: AuthFlow = PRT|LRT の場合、PRT のエラーは AuthFlowLastError にあります)。

  • MSAL_authority_type - AAD ユーザー、フェデレーション ユーザー、MSA ユーザーのいずれに対する要求だったのかを示します。

  • MSAL_authorization_error_subcode - 承認/UI 呼び出しからサブ エラー コードを受け取った場合は、ここに表示されます。(例: "bad_token")

  • MSAL_authorization_type - このフローに使用される MSAL でサポートされているアクセス トークンを取得する手段 (例: ImportedRefreshToken、CachedRefreshToken)

  • MSAL_broker_accounts_count - アカウント検出呼び出し中にシステム ブローカーが返すアカウントの数。(例: 1, 0, 1337)

  • MSAL_broker_app_used - この認証フローでブローカー アプリが使用されたかどうかを示します。

  • MSAL_browser_navigation_count - MSAL インタラクティブ フロー内で発生したナビゲーション イベントの数を示します。

  • MSAL_client_id - 呼び出し元アプリケーションのクライアント ID

  • MSAL_correlation_id - このイベントの一意の GUID。クライアント、サーバー、およびアプリ ログ間のアクションに参加するために使用されます。

  • MSAL_data_signing_time - PoP キーを使用して要求ヘッダーに署名するのにかかった時間の長さ (ミリ秒単位)。

  • MSAL_delete_token - この認証フロー中にキャッシュから削除されたトークンのリスト。

  • MSAL_delete_token_last_error - トークン削除エラーの場合のシステム エラーコード。トークンの最後の読み取り/書き込みエラーと同じです。

  • MSAL_http_call_count - 認証フロー中に MSAL が行った HTTP 呼び出しの数。

  • MSAL_http_call_count_max - この信号が集約されている場合、集約されたイベントの MSAL によって行われた最大ネットワーク呼び出し

  • MSAL_http_call_count_min - この信号が集約されている場合、集約されたイベントの MSAL によって行われた最小ネットワーク呼び出し

  • MSAL_http_call_count_sum - この信号が集約されている場合、集約されたすべてのイベントの MSAL によって行われたネットワーク呼び出しの合計

  • MSAL_is_pkey_auth_token_sent - PKeyAuth チャレンジに応答して署名された JWT を送信ししたかどうかに対する True/false の回答。

  • MSAL_is_successful - 認証フローは成功しました。

  • MSAL_key_creation_time - 所有証明キーの生成にミリ秒単位でかかった時間。

  • MSAL_key_load_time - 所有証明キーを読み込むのにミリ秒単位でかかった時間。

  • MSAL_last_http_response_code - MSAL が 1 つ以上の HTTP 呼び出しを行った場合、これが最後に受信した HTTP 応答コードです。

  • MSAL_migration_adal_accounts_found - 移行フローで見つかった Adal アカウントの数

  • MSAL_migration_adal_accounts_succeeded - 移行フローで正常に移行された Adal アカウントの数

  • MSAL_msal_version - MSAL のバージョン文字列。形式: X.X.X + (OneAuth、local、またはコミット ハッシュ)。

  • MSAL_pkeyauth_cert_type - “empty”/ ”windows_issuer” / “windows_thumbprint” / “apple keychain” – PKeyAuthを完了するために使用された証明書を見つけた場所/方法

  • MSAL_prt_enabled - この要求に対して PRT 機能が有効でした

  • MSAL_prt_protocol_version - ユーザーが使用する prt プロトコルのバージョンを指定します。

  • MSAL_read_account_error - アカウントの読み取り中にディスクからの読み取り中にエラーが発生した場合、エラー コンテキストはここに表示されます(例: read_token_error と同じ)

  • MSAL_read_token - キャッシュから読み取られたトークン (AT、ART、FRT、LRT、IRT、PRT、EAT [Expired AT (有効期限切れ) は、読み取られたが破棄されました])。

  • MSAL_read_token_last_error - キャッシュから読み取り中にエラーが発生した場合は、ここに情報が保存されます。 (例: OS でのディスク読み取りエラー、macOS のキーチェーン エラー)。

  • MSAL_req_cnf_response_pop - 所有証明のキー ペイロードを取得する際の成功/失敗情報が含まれます

  • MSAL_request_duration - MSAL の最上位 API が呼び出されてから結果が返されるまでの要求の所要時間。

  • MSAL_request_id - Microsoft Secure Token Service に対して行った最後の呼び出しの要求 ID。

  • MSAL_request_new_prt - MSAL は、この要求で新しい PRT を要求します

  • MSAL_server_error_code - Microsoft 固有の Secure Token Service の数値エラー コード (受け取った場合)。

  • MSAL_server_spe_ring - Microsoft Secure Token Service のSecure Production Enterprise リング情報 (受け取った場合)。

  • MSAL_server_suberror_code - Microsoft 固有の Secure Token Service のサブエラー コード文字列 (受け取った場合)。

  • MSAL_start_time - MSAL 要求が最上位のパブリック API で開始された時刻。

  • MSAL_stop_time - MSAL が要求の処理を完了し、呼び出し元に結果を返した時刻。

  • MSAL_storage_accounts_count - アカウントの検出呼び出し中にボックスで見つかったアカウントの総数。 (broker_accounts_count + non-broker/OneAuth アカウント)(Ex: 0, 5, 1337)

  • MSAL_tenant_id - ユーザーが存在するテナントを識別する Microsoft GUID。

  • MSAL_ui_event_count - 画面に表示される MSAL の UI プロンプトの数。

  • MSAL_was_request_throttled - MSAL がこの要求を調整し、ネットワークへのアクセスを阻止した場合は true。 このような場合は、ほとんどの場合、呼び出し元のアプリにループがあります。

  • MSAL_write_account_status - アカウントのキャッシュ中にディスクへの書き込み中にエラーが発生した場合、エラー コンテキストはここに表示されます (例: write_token_error と同じ)

  • MSAL_write_token - キャッシュに書き出されたトークン (AT、ART、FRT、LRT、IRT、PRT、EAT [Expired AT (有効期限切れ) は、読み取られたが破棄されました])。

  • MSAL_write_token_last_error - キャッシュへの書き出し中にエラーが発生した場合は、ここに情報が保存されます。 (例: OS でのディスク読み取りエラー、macOS のキーチェーン エラー)。

  • oneauth_api - 呼び出された OneAuth のパブリック API を指定します。

  • oneauth_transactionuploadid - OneAuth API の特定の呼び出しにマップされる、ランダムに生成された内部 GUID を指定します。

  • oneauth_version - OneAuth SDK のバージョン。

  • Platform - OS プラットフォーム (0: Windows デスクトップ、1: Android、2: iOS、3: macOS、4: UWP)

  • Promptreasoncorrelationid - 以前の認証イベントを検索するために使用される相関識別子。ユーザーが認証を求められた理由を説明するために使用されます。

  • Resource - トークンが要求されたリソース。

  • Scenarioid - 複数のイベントが単一のシナリオに属することがあります。たとえば、シナリオで新しいアカウントを追加するとしても、そのシナリオの一環として複数のプロンプトが発生することがあります。この識別子により、これらの関連イベントの相関が可能になります。

  • Scenarioname - 認証が必要なアプリケーション シナリオの名前 (初回起動、ライセンス チェックなど)。

  • Scope - トークンが要求されたスコープ。

  • SdkVersion - このデータを生成するために使用された Microsoft Auth Telemetry System ライブラリのバージョン。

  • sessionid - ブート セッションの識別子

  • Tenantid - 認証されたユーザーが所属しているテナントを識別する GUID (ADAL 以外の場合)

  • uploadid - このイベントの一意の GUID (重複除外のために使用)

Office.MATS.OneAuth.ActionMicrosoftOfficeWin32

Microsoft Auth Telemetry System (MATS) は、Office で認証トークンの取得 (プロンプトなし/あり) を試行したときに収集されます。 取得の試行に失敗すると、エラー情報が含まれるようになります。 これらのイベントは、ユーザーが認証の失敗状態にならないようにするために役立ちます。

  • クライアントがサービスから正常に認証トークンを取得したのか、認証失敗の状態になっているのかを特定します。

  • クライアントまたはサービスに対する変更があったときに、ユーザーの認証エクスペリエンスと信頼性に重大な問題を招いているかどうかを評価します。

  • 障害の発生時、これらのシグナルは担当コンポーネント (Office クライアント コード、認証ライブラリ、または認可サービス) から重要な障害コードを伝達し、障害のトリアージ、診断、および軽減に使用できます。

  • これらのシグナルは、さまざまな出荷準備や正常性の監視を駆動し、警告を発するため、Microsoft のエンジニアはすばやく作業に取りかかり、重大な障害を軽減するまでの時間を短縮できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Accounttype - この認証イベントで使用されているアカウントの種類。たとえば、コンシューマー、または組織などです。

  • Actionname - このイベントのフレンドリ名です (このイベントが提供されている場合)。

  • Actiontype - 使用中の認証ライブラリの種類を指定します。

  • Appaudience - アプリが内部使用または外部使用のどちらに向けて構築されたものか

  • Appforcedprompt - アプリがキャッシュを上書きして強制的にプロンプトを表示したか

  • Appname - 認証を実行するアプリケーションの名前

  • Appver - 認証を実行するアプリケーションのバージョン

  • Askedforcreds - このアクションのためにアプリケーションがユーザーに認証情報の入力を求めたかどうか

  • Authoutcome - 認証の試行が成功したか失敗したか、またはキャンセルされたか

  • Blockingprompt - ユーザーの操作を必要とするプロンプトをアプリケーションが提示したか

  • Correlationid - この個別のイベントに関する情報をサービス データと結合するために使用する識別子

  • Count - この 1 つのデータ イベントで報告された集計済みアクションの合計数。

  • Devicenetworkstate - インターネットに接続されているデバイス。

  • Deviceprofiletelemetryid - デバイス全体の認証エクスペリエンスと信頼性の測定に使用された匿名デバイス ID。

  • Duration - 認証に費やした時間

  • duration_max - 集計されたいずれかのイベントの最大期間

  • duration_min - 集計されたいずれかのイベントの最小期間

  • duration_sum - 集計されたすべてのイベントの期間の合計

  • endtime - 認証イベントの終了時刻

  • error - エラー コード (認証に失敗した場合)

  • errordescription - エラーの簡単な説明

  • errorsource - エラーの発生元がサービス、認証ライブラリ、またはアプリケーションのいずれであったか

  • eventtype - このイベントは、認証データ ポイントを報告しているか、またはデータ品質エラー イベントか。データ品質の測定に使用されます。

  • from_cache - レコードが WAM コア キャッシュからのものか、プラグインからのものかを表すブール値

  • hasadaltelemetry - Azure Active Directory 認証ライブラリ (ADAL) がこのイベントのテレメトリを提供したかどうかを示します。

  • Identityservice - Microsoft Service Account (MSA) または Azure Active Directory (AAD) サービスが呼び出されたか

  • Interactiveauthcontainer - 表示されたプロンプトの種類

  • Issilent - プロンプトが表示されたか、サイレント(バックグラウンド)認証イベントであったか。

  • Microsoft_ADAL_adal_version - Azure Active Directory 認証ライブラリ (ADAL) のバージョン

  • Microsoft_ADAL_api_error_code - この認証の試行の際に認証ライブラリによって伝達されたエラー コード

  • Microsoft_ADAL_api_id - この認証の試行の際に呼び出された API

  • Microsoft_ADAL_application_name - ADAL を使用しているアプリケーション/プロセスの名前。

  • Microsoft_ADAL_application_version - ADAL を使用しているアプリケーションのバージョン。

  • Microsoft_ADAL_authority – ユーザーの認証を担当する Azure Active Directory 機関の URL

  • Microsoft_ADAL_authority_type – お客様/ Microsoft サービス規約 (MSA) と組織/Azure Active Directory (AAD) の対 (現時点では常に AAD)

  • Microsoft_ADAL_authority_validation_status - 認証がサービス側で完了したかどうかを示します

  • Microsoft_ADAL_broker_app - ADAL が認証のためにブローカーを使用したかどうかを示します

  • Microsoft_ADAL_broker_app_used – ブローカーの名前を示します (Windows アカウント管理など)

  • Microsoft_ADAL_broker_version - ブローカーのバージョンを示します (使用された場合)

  • Microsoft_ADAL_cache_event_count - トークンの取得時に ADAL が実行したキャッシュ イベントの数

  • Microsoft_ADAL_cache_event_count_max - このシグナルが集計される場合、収集されたイベントのいずれかの最大キャッシュ イベント数

  • Microsoft_ADAL_cache_event_count_min - このシグナルが集計される場合、収集されたイベントのいずれかの最小キャッシュ イベント数

  • Microsoft_ADAL_cache_event_count_sum - このイベントが集計される場合、すべての収集されたキャッシュ イベントの合計数

  • Microsoft_ADAL_cache_read_count - API がディスク キャッシュから読み取った回数。 少なくとも 1 回の読み取りがあった場合に示されます

  • Microsoft_ADAL_cache_read_error_count - ディスク キャッシュの読みり取りが失敗した回数。 少なくとも 1 回の失敗があった場合に示されます

  • Microsoft_ADAL_cache_read_last_error - ADAL エラーコード。 少なくとも 1 回の読み取りエラーがあった場合に示されます

  • Microsoft_ADAL_cache_read_last_system_error - システム エラーコード。 少なくとも 1 回の読み取りエラーがあった場合に示されます

  • Microsoft_ADAL_cache_write_count - API がディスク キャッシュに書き込んだ回数。 少なくとも 1 回の書き込みがあった場合に示されます

  • Microsoft_ADAL_cache_write_error_count - ディスク キャッシュの書き込みが失敗した回数。 少なくとも 1 回の失敗があった場合に示されます

  • Microsoft_ADAL_cache_write_last_error - ADAL エラーコード。 少なくとも 1 回の書き込みの失敗があった場合に示されます

  • Microsoft_ADAL_cache_write_last_system_error - システム エラーコード。 少なくとも 1 回の書き込みの失敗があった場合に示されます

  • Microsoft_ADAL_client_id - ハッシュ化された Azure Active Directory アプリ ID

  • Microsoft_ADAL_device_id - ADAL が生成したローカル デバイス ID。

  • Microsoft_ADAL_error_domain - エラー コードを生成したドメインまたはコンポーネント。

  • Microsoft_ADAL_error_protocol_code - ADAL によって記録された、サービスによって返された OAuth プロトコル エラー コード。

  • Microsoft_ADAL_extended_expires_on_setting - トークンの有効期限が延長されているかどうかを true/false で示します。

  • Microsoft_ADAL_http_event_count - ADAL によって生成された HTTP 要求の数。

  • Microsoft_ADAL_idp - ADAL で使用される ID プロバイダー (idp)。

  • Microsoft_ADAL_network_event_count - ADAL によって作成されたネットワーク呼び出しの数

  • Microsoft_ADAL_http_event_count_max - このシグナルが集計される場合は、ADAL によって行われた http 呼び出しの最大数

  • Microsoft_ADAL_http_event_count_min - このシグナルが集計される場合は、ADAL によって行われた http 呼び出しの最小数

  • Microsoft_ADAL_http_event_count_sum - このシグナルが集計される場合は、ADAL によって行われた http 呼び出しの合計

  • Microsoft_ADAL_network_event_count_max - このシグナルが集計される場合、集計されたイベントのうち ADAL による最大のネットワーク呼び出し回数

  • Microsoft_ADAL_network_event_count_min - このシグナルが集計される場合、集計されたイベントのうち ADAL による最小のネットワーク呼び出し回数

  • Microsoft_ADAL_network_event_count_sum - このシグナルが集計される場合、集計されたイベントのうち ADAL によるネットワーク呼び出し回数の合計

  • Microsoft_ADAL_is_silent_ui - UI の表示 (プロンプト) があったかどうかを示す true/false

  • Microsoft_ADAL_is_successfull - ADAL API が成功したかどうかを示す true/false (macOS)

  • Microsoft_ADAL_is_successful - ADAL API が成功したかどうかを示す true/false

  • Microsoft_ADAL_logging_pii_enabled - ADAL 詳細ログモードが有効になっているかどうかを true/false で示します。 このデータはローカルにのみ記録され、テレメトリでは伝達されません

  • Microsoft_ADAL_ntlm - ADAL が基本認証 (NTLM) を使用したかどうかを示す true/false。

  • Microsoft_ADAL_oauth_error_code – サービスによって返される OAuth プロトコル エラー コード

  • Microsoft_ADAL_prompt_behavior - ユーザー インターフェイスを表示できるかどうかを指定するためにサービスに渡したログイン パラメーターまたは非ネットワーク パラメーター

  • Microsoft_ADAL_request_id - ADAL によってサービスに伝達された要求のトランザクション GUID

  • Microsoft_ADAL_response_code - サービスからのネットワーク応答コード

  • Microsoft_ADAL_response_time - ADAL に戻るまでにサービスが費やした時間

  • Microsoft_ADAL_response_time_max - シグナルが集計される場合、集計されたイベントのうち ADAL がその API から戻るまでに費やした最長の時間

  • Microsoft_ADAL_response_time_min - シグナルが集計される場合、集計されたイベントのうち ADAL にサービスが応答するまでに費やした最短の時間

  • Microsoft_ADAL_response_time_sum - シグナルが集計される場合、すべての集計されるイベントについて ADAL がその API から戻るまでに費やした時間の合計

  • Microsoft_ADAL_rt_age – 更新トークンの経過時間

  • Microsoft_ADAL_server_error_code - サーバーによって返されたエラー コード

  • Microsoft_ADAL_server_sub_error_code - 要求が失敗した理由が明確になるようにするためにサーバーによって返されるサブ エラー コード

  • Microsoft_ADAL_spe_info - ユーザーが Secure Production Enterprise 内部リングを使用したかどうかを示す true/false (Microsoft の従業員専用)

  • Microsoft_ADAL_spe_ring - ユーザーが Secure Production Enterprise 内部リングを使用したかどうか示す true/false (Microsoft の従業員専用)

  • Microsoft_ADAL_start_time – ADAL API 呼び出しが行われた時刻

  • Microsoft_ADAL_status - ADAL 呼び出し全体の成功/失敗の状態

  • Microsoft_ADAL_stop_time – ADAL API 呼び出しが返された時刻

  • Microsoft_ADAL_telemetry_pii_enabled - ADAL フル テレメトリ モードが有効になっているかどうかを示す true/false。 PII/EUII は伝達されていないため、この名前は不適切です

  • Microsoft_ADAL_tenant_id - 認証されたユーザーが属しているテナントを識別する GUID

  • Microsoft_ADAL_token_acquisition_from_context - 認証コンテキストのトークンに基づいて ADAL の動作を記述します

  • Microsoft_ADAL_token_frt_status - 更新トークンの状態: 試行済み、不要、見つからなかった、削除済みのいずれか。

  • Microsoft_ADAL_token_mrrt_status- MultiResourceRefreshToken の状態: 試行済み、不要、見つからなかった、削除済みのいずれか。

  • Microsoft_ADAL_token_rt_status - 更新トークンの状態: 試行済み、不要、見つからなかった、削除済みのいずれか。

  • Microsoft_ADAL_token_type - 更新トークン (RT) またはマルチ リソース更新トークン (MRRT) のどちらか

  • Microsoft_ADAL_ui_event_count - ユーザーに表示したプロンプトの数。サイレントの可能性があります

  • Microsoft_ADAL_user_cancel - ユーザー インターフェイス ウィンドウがキャンセルされたかどうかを示す true / false

  • Microsoft_ADAL_x_ms_request_id – ADAL によってサービスへのネットワーク ヘッダーで提示される追加の要求 ID

  • Microsoft_ADAL_x_client_cpu - デバイスの CPU アーキテクチャに関する情報

  • Microsoft_ADAL_x_client_os - デバイスの OS バージョン。

  • Microsoft_ADAL_x_client_sku - デバイスの OS SKU の名前。

  • Microsoft_ADAL_x_client_ver - ADAL ライブラリのバージョン。

  • MSAL_all_error_tags - 認証フロー中に Microsoft 認証ライブラリ (MSAL) が検出したすべてのエラー タグ。

  • MSAL_api_error_code - MSAL が OS からのエラーを検出した場合、プラットフォーム エラー コードがここに保存されます。

  • MSAL_api_error_context - MSAL で最後に発生したエラーに関する、人間が判読できる詳細を含む文字列。

  • MSAL_api_error_tag - このエラーが発生したコード内の場所の一意の文字列。

  • MSAL_api_name - この認証フローを開始するために呼び出される MSAL の最上位レベルの API の名前。

  • MSAL_api_status_code - この認証フローの結果に対して返されたステータス コード MSAL。

  • MSAL_auth_flow - この認証フロー中に試行された MSAL の手順 (AT、PRT、LRT、FRT、ART、IRT)。 簡単に解析できるように、パイプ記号 "|" で区切られています。

  • MSAL_auth_flow_last_error - AuthFlow の 2 番目から最後の項目でサーバーから受け取ったエラー コード。 (例: AuthFlow = "PRT|LRT" の場合、PRT のエラーは AuthFlowLastError にあります)。

  • MSAL_authority_type - AAD ユーザー、フェデレーション ユーザー、MSA ユーザーのいずれに対する要求だったのかを示します。

  • MSAL_broker_app_used - この認証フローでブローカー アプリが使用されたかどうかを示します。

  • MSAL_client_id - 呼び出し元アプリケーションのクライアント ID

  • MSAL_correlation_id - このイベントの一意の GUID。クライアント、サーバー、およびアプリ ログ間のアクションに参加するために使用されます。

  • MSAL_delete_token - この認証フロー中にキャッシュから削除されたトークンのリスト。

  • MSAL_http_call_count - 認証フロー中に MSAL が行った HTTP 呼び出しの数。

  • MSAL_is_successful - 認証フローは成功しました。

  • MSAL_last_http_response_code - MSAL が 1 つ以上の HTTP 呼び出しを行った場合、これが最後に受信した HTTP 応答コードです。

  • MSAL_msal_version - MSAL のバージョン文字列。形式: X.X.X + ("OneAuth"、"local"、またはコミット ハッシュ)。

  • MSAL_read_token - キャッシュから読み取られたトークン (AT、ART、FRT、LRT、IRT、PRT、EAT [Expired AT (有効期限切れ) は、読み取られたが破棄されました])。

  • MSAL_read_token_last_error - キャッシュから読み取り中にエラーが発生した場合は、ここに情報が保存されます。 (例: OS でのディスク読み取りエラー、macOS のキーチェーン エラー)。

  • MSAL_request_duration - MSAL の最上位レベルの API が呼び出されてから結果が返されるまでの要求の所要時間。

  • MSAL_request_id - Microsoft Secure Token Service に対して行った最後の呼び出しの要求 ID。

  • MSAL_server_error_code - Microsoft 固有の Secure Token Service の数値エラー コード (受け取った場合)。

  • MSAL_server_spe_ring - Microsoft Secure Token Service のSecure Production Enterprise リング情報 (受け取った場合)。

  • MSAL_server_suberror_code - Microsoft 固有の Secure Token Service のサブエラー コード文字列 (受け取った場合)。

  • MSAL_start_time - MSAL 要求が最上位のパブリック API で開始された時刻。

  • MSAL_stop_time - MSAL が要求の処理を完了し、呼び出し元に結果を返した時刻。

  • MSAL_tenant_id - ユーザーが存在するテナントを識別する Microsoft GUID。

  • MSAL_ui_event_count - 画面に表示される MSAL の UI プロンプトの数。

  • MSAL_wam_telemetry - WAM から供給されるこのドキュメントのフィールドに解析および変換される JSON 文字列の WAM テレメトリ データのバッチが格納されます。

  • MSAL_was_request_throttled - MSAL がこの要求を調整し、ネットワークへのアクセスを阻止した場合は true。 このような場合は、ほとんどの場合、呼び出し元のアプリにループがあります。

  • MSAL_write_token - キャッシュに書き出されたトークン (AT、ART、FRT、LRT、IRT、PRT、EAT [Expired AT (有効期限切れ) は、読み取られたが破棄されました])。

  • MSAL_write_token_last_error - キャッシュへの書き出し中にエラーが発生した場合は、ここに情報が保存されます。 (例: OS でのディスク読み取りエラー、macOS のキーチェーン エラー)。

  • oneauth_api - この認証の試行の際に呼び出された API。

  • oneauth_transactionuploadid - OneAuth API への個別の呼び出しを指定する GUID。

  • oneauth_version - OneAuth SDK のバージョン。

  • Platform - OS プラットフォーム (0: Windows デスクトップ、1: Android、2: iOS、3: macOS、4: UWP)

  • Promptreasoncorrelationid - 以前の認証イベントを検索するために使用される相関識別子。ユーザーが認証を求められた理由を説明するために使用されます。

  • Resource - トークンが要求されたリソース。

  • Scenarioid - 複数のイベントが単一のシナリオに属することがあります。たとえば、シナリオで 1 つの新しいアカウントを追加する場合でも、そのシナリオの一環として複数のプロンプトが発生することがあります。

  • Scenarioname - 初回起動、ライセンス チェックなどの認証が必要なアプリケーション シナリオの名前。

  • Scope - トークンが要求されたスコープ。

  • Sdkver - このデータを生成するために使用された Microsoft Auth Telemetry System ライブラリのバージョン。

  • Sessionid - ブート セッションの識別子

  • Starttime - 認証イベントが開始された時刻。

  • Tenantid - 認証されたユーザーが所属しているテナントを識別する GUID (ADAL 以外の場合)

  • Uploadid - このイベントの一意の GUID (重複除外のために使用)

  • wamapi - 呼び出される Windows Web アカウント管理 (WAM) API を識別します。

  • wamtelemetrybatch - 現在使用されていません。将来的には、WAM コンポーネントが認証イベントに関連する追加情報を発信できるようにします

  • WAM_account_join_on_end - WAM 操作の終了時のアカウントの参加状態。可能な値: “primary”、 “secondary”、“not_joined”

  • WAM_account_join_on_start - WAM 操作の開始時のアカウントの参加状態。可能な値: “primary”、 “secondary”、“not_joined”

  • WAM_api_error_code - AAD WAM プラグインからエラー応答が返された場合、このフィールドは存在し、そのエラーコードが格納されます。

  • WAM_authority - 機関 の URL を含む文字列。これは、使用される login.windows.net エンドポイントである必要があります。

  • WAM_broker_version - WAM が使用されている場合に示されます。これはブローカーのバージョン文字列です

  • WAM_cache_event_count - 操作内の WAM キャッシュ イベントの数

  • WAM_client_id - サービス データと結合するための識別子。これはクライアント アプリケーションを識別します。

  • WAM_correlation_id - サービスデータを使用してイベントに参加するための識別子

  • WAM_device_join - デバイスの加入状態。 可能な値は、“aadj” と “haadj”

  • WAM_network_event_count - 少なくとも 1 つのネットワーク呼び出しが発生した場合に示されます。 その WAM 操作のサービスへのネットワーク呼び出しの数

  • WAM_network_status - 少なくとも 1 つのネットワーク呼び出しが発生した場合に示され、ネットワーク要求が失敗した場合は HTTP エラーコードが格納されます。

  • WAM_idp - WAM コンシューマーまたは組織認証プラグインが使用されたかどうかを指定します。

  • WAM_is_cached - WAM によって提供された応答がキャッシュから取得されたかどうかを指定します。

  • WAM_oauth_error_code – oauth プロトコルの一部としてサービスから返されたエラーコードが格納されます。

  • WAM_prompt_behavior - このプロンプトがアプリによって強制されるかどうか、またはこの要求がサイレント認証できる場合にプロンプトをスキップするかどうかを指定します。

  • WAM_provider_id - 認証シナリオに使用されている機関の Microsoft エンドポイントを指定します。

  • WAM_redirect_uri - Azure Active Directory のアプリケーションに登録されているリダイレクト URI。

  • WAM_resource - トークンが要求されたリソース。

  • WAM_server_error_code - サービスから WAM に返されたエラー コード。

  • WAM_server_sub_code - サービスから返される、失敗の原因をさらに分析するために使用される追加のエラー コード。

  • WAM_silent_code - ユーザーにプロンプトを表示する前に、WAM による内部サイレント試行で発生したエラー コード。

  • WAM_silent_mats - 使われていません。

  • WAM_silent_message - ユーザーにプロンプトを表示する前に、WAM が行った内部サイレント試行に関連するエラー メッセージ。

  • WAM_silent_status - ユーザーにプロンプトを表示する前に、WAM が行った内部サイレント試行の成功/失敗の状態。

  • WAM_tenant_id - 認証済みの AAD ユーザーが属しているテナントの識別子 (サービスによって返された場合)

  • WAM_ui_visible - 少なくとも 1 つの UI ウィンドウがユーザーに表示された場合に示されます。'true' または 'false' のいずれか

  • WAM_x_ms_clitelem - サービスがヘッダー "x-ms-clitelem" を返す場合に示されます

Office.MATS.OneAuth.TransactionMicrosoftOfficeAndroid

Microsoft Auth Telemetry System (MATS) は、Office で認証トークンの取得 (プロンプトなし/あり) を試行したときに収集されます。 このイベントは、1 つ以上の ActionMicrosoftOfficeAndroid イベントの親であり、関連するイベントをグループ化することができます。 これらのイベントは、ユーザーが認証の失敗状態にならないようにするために役立ちます。

  • クライアントがサービスから正常に認証トークンを取得したのか、認証失敗の状態になっているのかを特定します。

  • クライアントまたはサービスに対する変更があったときに、ユーザーの認証エクスペリエンスと信頼性に重大な問題を招いているかどうかを評価します。

  • 障害の発生時、これらのシグナルは担当コンポーネント (Office クライアント コード、認証ライブラリ、または認可サービス) から重要な障害コードを伝達し、障害のトリアージ、診断、および軽減に使用できます。

  • これらのシグナルは、アラートを発行する各種の発送準備および正常性モニターの原動力となるため、Microsoft のエンジニアはすばやく作業に取りかかり、重大な障害を軽減するまでの時間を短縮できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Actiontype - 値は "oneauthtransaction" のみです。

  • Appaudience - アプリケーションの対象 (Automation、Preproduction、または Production)

  • Appname - アプリ名

  • Appver - アプリのバージョン

  • Authoutcome - 認証の試行が成功したか失敗したか、またはキャンセルされたか

  • Correlationid - この個別のイベントに関する情報をサービス データと結合するために使用する識別子

  • Count - エラーの発生回数

  • Devicenetworkstate - デバイス ネットワークの状態

  • Deviceprofiletelemetryid - デバイス プロファイル テレメトリ ID (MATS が特定のデバイスを識別するために使用する文字列)

  • duration_max - このシグナルで集計されたトランザクションの最小継続期間 (ミリ秒単位)。

  • duration_min - このシグナルで集計されたトランザクションの最大継続期間 (ミリ秒単位)。

  • duration_sum - このシグナルで集計されたトランザクションの継続期間の合計 (ミリ秒単位)。

  • Endtime - OneAuth トランザクションが終了した時刻。

  • Error - OneAuth 状態コード。

  • Eventtype - イベントの種類

  • Issilent - UI が表示された場合は false。 バックグラウンド イベントの場合は true。

  • oneauth_Activeflights - セッションの中で AB テストに使用されるアクティブなフライトのリスト。

  • oneauth_api - 呼び出された OneAuth のパブリック API を指定します。

  • oneauth_Domain - API 呼び出しがエラーの原因になっている場合は、そのエラーのシステム ドメインです。

  • oneauth_ErrorCode - OneAuth の内部エラー状態を表すエラー コード。以前の oneauth_errortag フィールドを置き換えます。

  • oneauth_errortag - エラーを生成したコード行の数値識別子。

  • oneauth_ExecutionFlow - この API 呼び出しに使用されたコードパスを識別する一連のタグ。

  • oneauth_internalerror - OneAuth の内部エラー状態を表すエラー コード。

  • oneauth_ServerErrorCode - この API 呼び出しの最後に OneAuth に返されたサーバー エラー (発生した場合)。

  • oneauth_SystemErrorCode - この API 呼び出しの最後に OneAuth に返されたシステム エラー (発生した場合)。

  • oneauth_Tag - この API 呼び出しの最後に到達したコードの最終位置を示す OneAuth タグ。

  • oneauth_transactionuploadid - OneAuth API の特定の呼び出しにマップされる、ランダムに生成された内部 GUID を指定します。

  • oneauth_version - OneAuth SDK のバージョン。

  • Platform - OS プラットフォーム (0: Win32、1: Android、2: iOS、3: macOS、4: WinRT)

  • Scenarioname - 呼び出し側のアプリケーションによって指定された認証が必要なシナリオの名前。

  • Schemaver - スキーマのバージョン

  • Sdkver - MATS SDK のバージョン

  • Sessionid - セッション ID

  • severityError - 重大度

  • starttime - OneAuth トランザクションが開始した時刻。

  • Timestamp - タイムスタンプ

  • Type - エラーの種類

  • Uploaded - 重複除外を目的とした、この特定のイベントの一意の識別子。

Office.MATS.OneAuth.TransactionMicrosoftOfficeWin32

Microsoft Auth Telemetry System (MATS) は、Office で認証トークンの取得 (プロンプトなし/あり) を試行したときに収集されます。 このイベントは、1 つ以上の ActionMicrosoftOffice イベントの親であり、関連するイベントをグループ化することができます。 これらのイベントは、ユーザーが認証の失敗状態にならないようにするために役立ちます。

  • クライアントがサービスから正常に認証トークンを取得したのか、認証失敗の状態になっているのかを特定します。

  • クライアントまたはサービスに対する変更があったときに、ユーザーの認証エクスペリエンスと信頼性に重大な問題を招いているかどうかを評価します。

  • 障害の発生時、これらのシグナルは担当コンポーネント (Office クライアント コード、認証ライブラリ、または認可サービス) から重要な障害コードを伝達し、障害のトリアージ、診断、および軽減に使用できます。

  • これらのシグナルは、さまざまな出荷準備や正常性の監視を駆動し、警告を発するため、Microsoft のエンジニアはすばやく作業に取りかかり、重大な障害を軽減するまでの時間を短縮できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Actiontype - 値は "oneauthtransaction" のみです。

  • Appaudience - アプリケーションの対象 (Automation、Preproduction、または Production)

  • Appname - アプリ名

  • Appver - アプリのバージョン

  • Authoutcome - 認証の試行が成功したか失敗したか、またはキャンセルされたか

  • Correlationid - この個別のイベントに関する情報をサービス データと結合するために使用する識別子

  • Count - エラーの発生回数

  • Devicenetworkstate - デバイス ネットワークの状態

  • Deviceprofiletelemetryid - デバイス プロファイル テレメトリ ID (MATS が特定のデバイスを識別するために使用する文字列)

  • duration_max - このシグナルで集計されたトランザクションの最小継続期間 (ミリ秒単位)。

  • duration_min - このシグナルで集計されたトランザクションの最大継続期間 (ミリ秒単位)。

  • duration_sum - このシグナルで集計されたトランザクションの継続期間の合計 (ミリ秒単位)。

  • Endtime - OneAuth トランザクションが終了した時刻。

  • Error - OneAuth 状態コード。

  • Eventtype - イベントの種類

  • Issilent - UI が表示された場合は false。 バックグラウンド イベントの場合は true。

  • oneauth_Activeflights - セッションの中で AB テストに使用されるアクティブなフライトのリスト。

  • oneauth_api - 呼び出された OneAuth のパブリック API を指定します。

  • oneauth_Domain - API 呼び出しがエラーの原因になっている場合は、そのエラーのシステム ドメインです。

  • oneauth_ErrorCode - OneAuth の内部エラー状態を表すエラー コード。以前の oneauth_errortag フィールドを置き換えます。

  • oneauth_errortag - エラーを生成したコード行の数値識別子。

  • oneauth_ExecutionFlow - この API 呼び出しに使用されたコードパスを識別する一連のタグ。

  • oneauth_internalerror - OneAuth の内部エラー状態を表すエラー コード。

  • oneauth_ServerErrorCode - この API 呼び出しの最後に OneAuth に返されたサーバー エラー (発生した場合)。

  • oneauth_SystemErrorCode - この API 呼び出しの最後に OneAuth に返されたシステム エラー (発生した場合)。

  • oneauth_Tag - この API 呼び出しの最後に到達したコードの最終位置を示す OneAuth タグ。

  • oneauth_transactionuploadid - OneAuth API の特定の呼び出しにマップされる、ランダムに生成された内部 GUID を指定します。

  • oneauth_version - OneAuth SDK のバージョン。

  • Platform - OS プラットフォーム (0: Win32、1: Android、2: iOS、3: macOS、4: WinRT)

  • Scenarioname - 呼び出し側のアプリケーションによって指定された認証が必要なシナリオの名前。

  • Schemaver - スキーマのバージョン

  • Sdkver - MATS SDK のバージョン

  • Sessionid - セッション ID

  • severityError - 重大度

  • starttime - OneAuth トランザクションが開始した時刻。

  • Timestamp - タイムスタンプ

  • Type - エラーの種類

  • Uploaded - 重複除外を目的とした、この特定のイベントの一意の識別子。

OneNote.SignIn.SSOExternalAppsAccountFound

このイベントは、TokenSharingManager が提供するアカウントの一覧の中に有効な更新トークンを持つアカウントが見つかったときにログに記録されます。このシナリオは、シングル サインオン (SSO) に固有のものです。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • AccountType - アカウントの種類をログに記録します

  • ProviderPackageID - このアカウントを提供したアプリのパッケージ ID をログに記録します

OneNote.SignIn.SSOExternalAppsInvalidAccount

このイベントは、TokenSharingManager が提供するアカウントの一覧の中でアカウントの更新トークンを取得する際、エラーが発生したときにログに記録されます。このシナリオは、シングル サインオン (SSO) に固有のものです

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • RawError - 指定されたアカウントで更新トークンを取得しようとしたときに取得した未処理エラーをログに記録します

OneNote.StickyNotes.FetchTokenCompleted

このイベントは、更新トークンの取得が完了すると、認証後にログに記録されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ErrorMessage - トークンの取得に失敗した場合、エラー メッセージがログに記録されます

  • Result - トークンの取得を試行した結果をログに記録します

  • StickyNoteAccountType - アプリが更新トークンを取得しようとしていたアカウントの種類をログに記録します

クイック実行のイベント

Office.ClickToRun.Bootstrapper

ユーザーがインストール済みの Office 製品を変更するために Office の setup.exe を実行しているときに、Office のセットアップとインベントリのデータが収集されます。 前提条件の確認を含む 完全にユーザーが開始した Office インストールの成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_BootStrapperStateFailure_ErrorCode – 失敗のエラー コード

  • Data_BootStrapperStateFailure_ErrorSource – 失敗が発生した関数

  • Data_BootStrapperStateFailure_FailingState – boostrapperbootstrapper で失敗した部分

  • Data_BootStrapperStateFailure_OExceptionType – 失敗の例外の種類

  • Data_Culture - この exe を実行しているカルチャ (en-us)

  • Data_HashedOLSToken - OLS サービスから取得したトークンの sha-256 ハッシュ

  • Data_Platform - x64 または x86 インストール

  • Data_PrereqFailure_Type – 発生した前提条件エラー (サポート対象外のオペレーティング システムなど)

  • Data_ProductReleaseId - インストールする製品 (Microsoft 365 Apps for enterprise)

Office.ClickToRun.CorruptionCheck

クイック実行クライアントが Office のバイナリ ファイルに不備がないことを確認するための破損チェックを実行しているときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。 Office のバイナリ ファイルの破損と、破損しているバイナリ ファイルを特定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_Active - ディスク上でチェックする現在のストリーム マニフェスト

  • Data_ActivePackages - マニフェストに含まれているパッケージ内容

  • Data_ActiveVersion - マニフェストのバージョン

  • Data_AddFileCount - 追加するファイルの数

  • Data_AddFileFiles - 追加するファイルのサンプル

  • Data_CompressionLevel - ファイルの圧縮方法

  • Data_CorruptionCheckLevel - 破損チェックの詳細度 (段階)

  • Data_CorruptSizeCount - サイズの問題があるファイルの数

  • Data_CorruptSizeFiles - サイズに問題があるファイルのサンプル

  • Data_CorruptVersionCount - バージョンに問題があるファイルの数

  • Data_CorruptVersionFiles - バージョンに問題があるファイルのサンプル

  • Data_FileBadDigestCount - 開くことができなかったファイルの数

  • Data_FileBadDigestFiles - 開くことができなかったファイルのサンプル

  • Data_FileNotSignedCount - 署名されていないファイルの数

  • Data_FileNotSignedFiles - 署名されていないファイルのサンプル

  • Data_FileNotTrustedCount - 信頼されていないファイルの数

  • Data_FileNotTrustedFiles - 信頼できないファイルのサンプル

  • Data_IncompleteFileCount - 不完全と見なされるファイルの数

  • Data_IncompleteFileFiles - 不完全なファイルのサンプル

  • Data_KeepFileCount - 処理しないファイルの数

  • Data_KeepFileFiles - 保持するファイルのサンプル

  • Data_KeepIncompleteFileCount - 不完全でありながら変更しないファイルの数

  • Data_KeepIncompleteFileFiles - 保持する不完全なファイルのサンプル

  • Data_MismatchSizeCount - マニフェストとサイズが一致しないファイルの数

  • Data_MismatchSizeFiles - サイズが一致していないファイルのサンプル

  • Data_MismatchVersionCount - マニフェストとバージョンが異なるファイルの数

  • Data_MismatchVersionFiles - バージョンが一致していないファイルのサンプル

  • Data_MissingFileCount - 不足と見なされるファイルの数

  • Data_MissingFileFiles - 不足しているファイルのサンプル

  • Data_NotToBeStreamedFileCount - ストリーミングしていないファイルの数

  • Data_RemoveFileCount - 削除するファイルの数

  • Data_RemoveFileFiles - 削除するファイルのサンプル

  • Data_StreamUnitsMismatchCount - マニフェストとユニットが一致しないファイルの数

  • Data_StreamUnitsMismatchFiles - ストリームのユニットが一致していないファイルのサンプル

  • Data_TimeElapsed - 破損チェックに費やした時間

  • Data_UpdateFileCount - 更新するファイルの数

  • Data_UpdateFileFiles - 追加するファイルのサンプル

  • Data_Working - チェックする新しいマニフェスト

  • Data_WorkingVersion - 新しいマニフェストのバージョン

Office.ClickToRun.MachineMetadata

セットアップとインベントリに関する必須のメタデータを提供して、正確なインストール ベースを判断するために使用される Office のセットアップおよびインベントリのデータです。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_C2RClientVer – コンピューター上の OfficeClickToRun.exe のバージョン

  • Data_OfficeBitness – インストールされている Office のビット数 (x86 または x64)

  • Data_OfficeVersion - インストールされている Office のバージョン

  • Data_Sku - インストールされている SKU (Microsoft 365 Apps for enterprises)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子で使用される一意のマシン ID

Office.ClickToRun.ODT

IT 管理者がユーザーのインストール済み Office 製品を変更するために Office 展開ツールの Click-to-Run setup.exe を実行するときに収集される Office のセットアップおよびインベントリのデータ。 完全に IT 管理者が開始した前提条件の確認を含む Office インストールの成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_BootStrapperStateFailure_ErrorCode- 失敗のエラー コード

  • Data_BootStrapperStateFailure_ErrorSource- 失敗が発生した関数

  • Data_BootStrapperStateFailure_FailingState- ブートストラップで失敗した部分

  • Data_BootStrapperStateFailure_OExceptionType- 失敗の例外の種類

  • Data_ConfigurationHost- configuration.xml のホストの場所

  • Data_ConfigurationId- configuration.xml から取得する ID

  • Data_ConfigurationSource- configuration.xml の取得元

  • Data_Culture- この exe を実行しているカルチャ (en-us)

  • Data_HashedOLSToken- OLS サービスから取得したトークンの sha-256 ハッシュ

  • Data_MigrateArchRequest- x86 から x64 に (またはその逆に) ユーザーを移行するかどうか

  • Data_MigrateArchRequestValid- 移行要求が有効であると見なすかどうか

  • Data_Platform- x64 または x86 インストール

  • Data_PlatformMigratedFrom- 起点プラットフォーム (x86)

  • Data_PlatformMigratedTo- 終点プラットフォーム (x64)

  • Data_PrereqFailure_Type- 発生した前提条件のエラー

  • Data_ProductReleaseId - インストールする製品 (Microsoft 365 Apps for enterprise)

Office.ClickToRun.RepomanLogger

新しいクイック実行更新プログラムのパイプライン (「Repoman」) のステータスと、Office 更新プログラムのダウンロードと適用が成功した場合のレポート。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ApplySucceeded - パイプラインが Office 更新プログラムを正常に適用した場合は True、そうでない場合は False。

  • DownloadSucceeded - パイプラインが Office 更新プログラムを正常にダウンロードした場合は True、そうでない場合は False。

  • ErrorCode - クイック実行 Repoman パイプラインで発生した最後のエラーのコード。

  • ErrorDetails - クイック実行 Repoman パイプラインで発生した最後のエラーの追加エラーの詳細。

  • ErrorMessage - クイック実行 Repoman パイプラインで発生した最後のエラーのメッセージ。

  • OpenStreamSessionSucceeded - パイプラインが Office 更新プログラムをストリーミングするためのセッションを正常に作成する場合は True、そうでない場合は False。

  • RepomanErrorMessage - repoman.dll から受け取ったエラー メッセージ。

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskConfigure

Office インストーラーが新しくダウンロードしたファイルを配置するときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office インストールの成功/失敗を測定する目的に使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled - Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 現在追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails - エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 現在削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID - Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskConfigurelight

Office インストーラーがダウンロードする必要があるファイルを決定するときに収集される Office のセットアップとインベントリのデータ。Office インストールの成功/失敗を測定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskFinalintegrate

Office インストーラーが ライセンスやレジストリの設定をインストールしているときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office インストールの成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled - Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 現在追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails - エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 現在削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskFonts

Office インストーラーがフォントをインストールしているときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office インストールの成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskInitupdates

Office インストーラーが正常な更新操作のために設定を作成しているときに Office のセットアップ データとインベントリ データが収集されます。Office インストールの成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskIntegrateinstall

Office インストーラーが Office アプリケーションのレジストリ エントリを作成しているときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskLastrun

Office インストーラーがインストールを完了し、ショートカットをピン留めして、最終的なレジストリの設定を作成したときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office インストールの成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskMigrate

Office インストーラーが古いバージョンの Office から設定を移行しているときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office インストールの成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 現在追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource – - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID - Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskPublishrsod

Office インストーラーが AppV 仮想化レイヤーの仮想レジストリを発行するときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office インストールの成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオ (例えば、インストール)の種類。

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskRemoveinstallation2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskRemoveinstallation という名前でした。]

このイベントは、Office アンインストーラーがユーザーのデバイスから Office の一部を削除しているときに、Office のセットアップとインベントリ データを収集します。 このデータは、Office のインストールの成功または失敗を測定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 のソースの場所 (CDN、コンテンツ配信ネットワーク、または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdateVersion - Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 現在追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗したエラー コード

  • Data ErrorDetails - エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth -エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加Office製品の詳細

  • Data_ProductsToRemove - 現在削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除する製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID - Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 (実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskStream2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskStream という名前でした。]

Office インストーラーが Office の新しいファイルをダウンロードしているときに、Office のセットアップとインベントリ データが収集されます。 このデータは、Office のインストールの成功または失敗を測定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 のソースの場所 (CDN、コンテンツ配信ネットワーク、または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdateVersion - Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 現在追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data ErrorDetails - エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth -エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 現在削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID - Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 (実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.InstallTaskUninstallcentennial

Office インストーラーが Store からインストールした以前のバージョンの Office をアンインストールするときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office インストールの成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.RepairTaskFinalintegrate

Office 修復クライアントが .msi ファイルと Office 拡張機能を再発行するときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。 Office 修復の成功/失敗を計測するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視できると見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.RepairTaskFullrepair2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.Scenario.RepairTaskFullrepair という名前でした。]

Office 修復クライアントが最新バージョンのクイック実行クライアントをダウンロードしてアンインストールおよび再インストールのためにコンピューターを準備するときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。このデータは Office の修復の成功/失敗を計測するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 のソースの場所 (CDN、コンテンツ配信ネットワーク、または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdateVersion - Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 現在追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data ErrorDetails - エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth -エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 現在削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID - Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 (実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.RepairTaskIntegraterepair

Office 修復クライアントが一部の既知の煩雑なレジストリ エントリの修復を試行するときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office の修復の成功/失敗を計測するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視できると見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.RepairTaskRemoveinstallation

Office 修復クライアントがデバイスから Office を削除して修復時の再インストールの準備をするときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office の修復の成功/失敗を計測するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.UpdateTaskIntegrateupdate

クイック実行クライアントがライセンスを更新するときに (必要な場合)、Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office 更新の成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.UpdateTaskPublishrsod

クイック実行クライアントが新しいバイナリ ファイルのためにレジストリ設定を更新するときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office 更新の成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID- Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.UpdateTaskUpdateapply

クイック実行クライアントが実行中のアプリを停止し (必要な場合)、ダウンロード済みの新しいファイルをインストールするときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office の更新の成功/失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_AvailableVersion to- 更新に使用可能な Office のバージョン

  • Data_CompletedWithoutActionInfo - シナリオが完了しなかった理由 (アプリが開いていた)

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_CorruptionChecksOnly - 更新を実行しないで破損のみを確認しているのかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_HardlinkingException - ハードリンクを作成しようとしたときに発生した例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_PackageOperationSuccessful - Office パッケージのタスクを正常に完了した場合は true

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID - Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

  • Data_WorkstationLockState - コンピューターがロックされていると見なされる場合は true

Office.ClickToRun.Scenario.UpdateTaskUpdateclientdownload2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.Scenario.UpdateTaskUpdateclientdownload という名前でした。]

クイック実行クライアントが、それよりも新しいクライアントのバージョンをダウンロードするときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。 データは、Office 更新の成功または失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 のソースの場所 (CDN、コンテンツ配信ネットワーク、または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdateVersion - Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 現在追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data ErrorDetails - エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth -エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 現在削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID - Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 (実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.UpdateTaskUpdatedetection

クイック実行クライアントが新しい更新プログラムの有無をチェックするときに収集される Office のセットアップとインベントリのデータ。Office 更新の成功/失敗を測定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 ソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdatesEnabled- Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_AvailableVersion - 更新に使用可能な Office のバージョン

  • Data_ComAction - 実行する com アクションの整数表記

  • Data_CompletedWithoutActionInfo - シナリオが完了しなかった理由 (アプリが開いていた)

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data_ErrorDetails- エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth - エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_PackageUpdateAvailable - 使用可能な新しいバージョンの Office がある場合は true

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID - Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 はどうか(実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.UpdateTaskUpdatedownload2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.Scenario.UpdateTaskUpdatedownload という名前でした。]

[クイック実行] クライアントが新しい更新プログラムをダウンロードするときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office 更新の成功または 失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 のソースの場所 (CDN、コンテンツ配信ネットワーク、または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdateVersion - Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 現在追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_AvailableVersion - 更新に使用可能な Office のバージョン

  • Data_CompletedWithoutActionInfo - ナリオが完了しなかった理由 (例: アプリが開いていた)

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_CorruptionChecksOnly - 更新を実行しないで破損のみを確認しているのかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data ErrorDetails - エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_FoundCorruptFiles - 破損ファイルを見つけた場合は true

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth -エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_FoundCorruptFiles - Office パッケージのタスクを正常に完了した場合は true

  • Data_PipelineExitCode - ファイル パイプラインが返した終了コード

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 現在削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID - Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 (実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Scenario.UpdateTaskUpdatefinalize2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.Scenario.UpdateTaskUpdatefinalize という名前でした。]

クイック実行クライアントが、更新プログラムからのクリーンアップを行うときや、事前に開かれていたアプリを復元するときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。Office の更新の成功または失敗を測定するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_15_SourceType - Office 15 のソースの場所 (CDN、コンテンツ配信ネットワーク、または Local)

  • Data_15_UpdatesEnabled - Office 15 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_15_UpdateVersion - 更新後の Office 15 のバージョン

  • Data_15_Version - Office 15 のバージョン

  • Data_16_SourceType - Office 16 のソースの場所 (CDN または Local)

  • Data_16_UpdateVersion - Office 16 の更新が有効になっているかどうか

  • Data_16_UpdateVersion - 更新後の Office 16 のバージョン

  • Data_16_Version - Office 16 のバージョン

  • Data_AddingFixedProducts - 現在追加中の製品

  • Data_AddingProducts - 追加を求められた製品

  • Data_CompletionState - タスクを完了したかどうか

  • Data_ErrorCode - 失敗のエラー コード

  • Data ErrorDetails - エラーに関する追加の詳細

  • Data_ErrorMessage - 原因の内容についてのエラー メッセージ

  • Data_ErrorSource - エラーが発生した場所

  • Data_ExceptionType - 失敗の例外

  • Data_IsErrorCodeIgnorable - 失敗のエラー コードが無視可能かどうか

  • Data_IsErrorCodeIgnorableForScenarioHealth -エラー コードを無視可能と見なすかどうか

  • Data_NewestPackageVersion - コンピューター上の Office の最新バージョン

  • Data_OldestPackageVersion - コンピューター上の Office の最古バージョン

  • Data_ProductsToAdd - 追加する Office 製品は何か

  • Data_ProductsToRemove - 現在削除中の Office 製品は何か

  • Data_RemovingFixedProducts - 削除中の製品

  • Data_RemovingProducts - 削除を求められた製品

  • Data_ScenarioInstanceID - 実行するシナリオの一意の GUID

  • Data_ScenarioName - 実行しているシナリオの種類。(例: インストール)

  • Data_ScenarioSubType - 実行しているシナリオの種類 (アンインストール、再インストール)

  • Data_SourceType - ソースの場所 (CDN)

  • Data_SqmMachineID - Windows SQM で使用される一意のマシン ID

  • Data_SusClientID - Office を更新するマシンの識別子

  • Data_TaskState - タスクの状態 (実行中やキャンセル済みなど)

  • Data_TotalClientCabSize - クライアント cab のサイズ

  • Data_TriggeringUI - UI をトリガーしたもの

  • Data_UpdatesEnabled - Office の更新が有効になっているかどうか

  • Data_Version - Office のバージョン

Office.ClickToRun.Transport2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.Transport という名前でした。]

このイベントは、Click-To-Run が Office インストールに必要なファイルをダウンロードしようとするたびに実行されます。 データは、操作の成功、実行されたダウンロードのタイプ、および診断情報を判別するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • BytesFromGroupPeers - グループ ピアからのバイト数 (配信の最適化を使用したダウンロードの場合のみ)

  • BytesFromHttp - http からのバイト数 (配信の最適化を使用したダウンロードの場合のみ)

  • ByteFromInternetPeers - インターネット ピアからのバイト数、配信の最適化 (DO) を使用したダウンロードの場合のみ

  • BytesFromLanPeers - LAN ピアからのバイト数、配信の最適化 (DO) を使用したダウンロードの場合のみ

  • CancelledJobs - セッションで取り消された要求の数

  • Connected - ソースに接続したかどうか

  • ErrorCode - 最後のエラーのコード

  • ErrorDetails - 最後のエラーの詳細

  • ErrorMessage - 最後のエラーのメッセージ

  • ErrorSource - 最後のエラーのソース (Connection、LoadFile、LoadRange など)

  • FailedJob - セッションで失敗した要求の数

  • FileSize - リソースのサイズ

  • SourcePathNoFilePath - リソースのソース パス (http ソースのみが報告され、ローカル パスや UNC パスはフィルター処理されます)

  • SucceededJobs - セッションで成功した要求の数

  • TotalJobs - セッションでの合計要求数

  • TotalRequestedBytes - セッションで要求された合計バイト数

  • TotalTransferTime - セッションでの合計転送時間

  • TransferredBytes - セッションで転送した合計バイト数

  • TransportType - トランスポートの種類 (メモリ内の配信の最適化、HTTP、バックグラウンド インテリジェント転送サービスなど)

Office.ClickToRun.Transport.ExperimentalTransport.PipelineCreateTransport

クイック実行クライアントが Office ファイルをダウンロードするトランスポート ストリームを作成するときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。 適切なインストールおよび更新のために Office をダウンロードする場合に重要な各種トランスポート テクノロジ (HTTP、BITS、DO など) の正常性を判断するために使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_IsForeGroundStreaming - フォアグラウンドかバックグラウンドか、どちらでストリーミングするか

  • Data_IsInstallMode - ファイルをインストールしてダウンロードする場合は 1、それ以外の場合は 0

  • Data_SourceProtocol - コンテンツ データ ネットワーク、CDN、インストール先のコンピューター、ローカルからダウンロードしているか、ローカル エリア ネットワーク上のリソースからダウンロードしているか

  • Data_Status – 成功または失敗

Office.ClickToRun.UpdateStatus

クイック実行クライアントが更新の状態を完了にしているときに Office のセットアップおよびインベントリのデータが収集されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_build - 現在インストールされている Office のバージョン

  • Data_channel – 使用されているチャネル

  • Data_errorCode – 発生したエラーの種類を明らかにする整数のコード (エラーがあった場合)

  • Data_errorMessage – 発生したエラーについて説明する文字列 (エラーがあった場合)

  • Data_status – 更新時に発生したことの簡潔な状態 (Succeeded や Downloaded など)

  • Data_targetBuild - 更新先にする Office のバージョン

Office.ClickToRun.UniversalBootstrapper.Application2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.UniversalBootstrapper.Application という名前でした。]

このイベントは、ユーザーが Office インストーラーを実行して Office インストールを変更したときにトリガーされます。 このデータは、エンドツーエンドのインストール試行の結果を報告するために使用されます。

  • ErrorCode - 未処理の例外に関連付けられた整数値

  • ErrorDetails – 未処理の例外が発生した場所について説明する文字列 (関数、ファイル、行番号、スロー元によって設定された追加のパラメーター)

  • ErrorMessage – 未処理の例外がスローされた場所で定義されている文字列 (エラーの性質が説明されます)

  • ErrorType - 未処理の例外のカテゴリについて説明する文字列

  • ExitCode - ブートストラップの実行結果に関連付けられた整数値 (成功または失敗の具体的な種類を示します)

Office.ClickToRun.UniversalBootstrapper.CalculateParameters2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.UniversalBootstrapper.CalculateParameters という名前でした。]

CollectParameters を使用して収集した入力によって推論される操作について報告します

  • BitField – 明示的なインストール/更新チャネルが要求されたかどうかを示す BitField 引数の整数値。 たとえば、ベータ チャネル、現在のチャネル (プレビュー)、現在のチャネル、月次エンタープライズ チャネル、半期エンタープライズ チャネル (プレビュー)、半期エンタープライズ チャネルなどです。

  • ChannelID – 選択された更新プログラム/インストールチャネルの列挙値を表す整数。 たとえば、ベータ チャネル、現在のチャネル (プレビュー)、現在のチャネル、月次エンタープライズ チャネル、半期エンタープライズ チャネル (プレビュー)、半期エンタープライズ チャネル、または無効です。

  • CMDMode - exe に渡した cmd 引数内で検出された全体的なモード スイッチに対応するわかりやすい文字列。 可能な値: autorun、configure、consumer、download、help、packager

  • C2RClientUICulture - インストールする C2R クライアントのカルチャ

  • ErrorCode - 未処理の例外に関連付けられた整数値

  • ErrorDetails – 未処理の例外が発生した場所について説明する文字列 (関数、ファイル、行番号、スロー元によって設定された追加のパラメーター)

  • ErrorMessage – 未処理の例外がスローされた場所で定義されている文字列 (エラーの性質が説明されます)

  • ErrorType - 未処理の例外のカテゴリについて説明する文字列

  • ExcludedApps – インストールされている Office スイートから実行するように要求した個別の Office アプリケーション名をリストしている文字列

  • InstalledCabVersion - Office C2R クライアントの "16.0.xxxxx.yyyyy" バージョンがインストール済み

  • InstalledProductVersion - Office C2R 製品の "16.0.xxxxx.yyyyy" バージョンがインストール済み

  • IsC2RServiceRunning - 最新 C2R クライアントのローカル マシン サービスがデバイスで稼働中であるかどうかを示すブール値のフラグ

  • IsElevatedFlagSet - ブートストラップが管理者昇格のための試行を実行済みであるかどうかを示すブール値のフラグ

  • IsFireFlyInstalled - Office 2013 RTM C2R クライアントが現時点でインストールされているかどうかを示すブール値のフラグ

  • IsFireflyServiceRunning - 2013 RTM C2R クライアントのローカル マシン サービスがデバイスで稼働中であるかどうかを示すブール値のフラグ

  • IsOfficeInstalled - 最新 Office クライアントがインストール済みかどうかを示すブール値のフラグ

  • OfficeCultures - インストールする Office カルチャのシリアル化されたリスト

  • OfficeSourceType – インストール ソースの列挙値に関連付けられたわかりやすい文字列 (CDN、HTTP、UNC、CMBITS、DVD、LOCAL)

  • Origin - サポートされているどの配信元を最初のインストール ストリーミングに使用する必要があるかを示す文字列 (プエルトリコ [PR]、シンガポール [SG]、ダブリン [DB])

  • PlatformFromLink – C2R セットアップ サービスから要求した Office について要求された x86|x64|既定のビット数を示す文字列

  • PlatformOfExistingInstallation - x86 と X64 のどちらの Office がデバイスにインストールされているかを示す文字列

  • PlatformToInstall - x86 と X64 のどちらの Office をインストールする必要があるかについての最終決定を示す文字列。

  • PRID – コンシューマー インストール シナリオで要求された製品リリース ID を表す文字列値 (例: "O365ProPlusRetail")

  • PridsToMigrateFromCentennial - Store でのインストールからクイック実行に移行する Office 製品の文字列

  • ProductsToAdd - インストールする製品/カルチャの組み合わせについて C2R クライアントに指示するシリアル化された文字列

  • ProductsToMigrateFromO15C2R - Office 2013 のクイック実行インストールから移行する Office 製品とカルチャの文字列

  • ProductsToRemove – アンインストールする製品/カルチャの組み合わせについて C2R クライアントに指示するシリアル化された文字列

  • SharedComputerLicensing - IT 管理者が "SharedComputerLicensing" 機能を有効にするセットアップを要求したかどうかを示すブール値

  • ShouldActivate - IT 管理者が configuration.xml で自動ライセンス認証の試行を要求したかどうかを示すブール値

  • ShouldUninstallCentennial - ストアからの Office 製品をアンインストールする必要があるかどうかを示すブール値フラグ

  • VersionToInstall – インストールされている Office "16.0.xxxxx.yyyyy" バージョンの文字列値

Office.ClickToRun.UniversalBootstrapper.CollectEmbeddedSignature2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.UniversalBootstrapper.CollectEmbeddedSignature という名前でした。]

このイベントは、ユーザーが Office インストーラーを実行して Office インストールを変更したときにトリガーされます。 このデータを使用すると、ユーザーの製品、言語、および 64ビットまたは 32 ビットの Office の選択を、setup.exe 内で処理することができます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ErrorCode - 未処理の例外に関連付けられた整数数値

  • ErrorDetails – 未処理の例外が発生した場所について説明する文字列 (関数、ファイル、行番号、スロー元によって設定された追加のパラメーター)

  • ErrorMessage – 未処理の例外がスローされた場所で定義されている文字列 (エラーの性質が説明されます)

  • ErrorType - 未処理の例外のカテゴリについて説明する文字列

Office.ClickToRun.UniversalBootstrapper.CollectParameters2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.UniversalBootstrapper.CollectParameters という名前でした。]

このイベントは、ユーザーが Office インストーラーを実行して Office インストールを変更したときにトリガーされます。 このデータは、Officeのインストールに使用されたパラメーターを報告し、期待どおりに実行し続けるために使用されます。

  • BitField – 明示的なインストール/更新チャネルが要求されたかどうかを示す BitField 引数の整数値。 たとえば、ベータ チャネル、現在のチャネル (プレビュー)、現在のチャネル、月次エンタープライズ チャネル、半期エンタープライズ チャネル (プレビュー)、半期エンタープライズ チャネルなどです。

  • C2RClientUICulture - インストールする クイック実行 (C2R) クライアントのカルチャ

  • ChannelID - 選択された更新プログラム/インストールチャネルの列挙値を表す整数。 たとえば、ベータ チャネル、現在のチャネル (プレビュー)、現在のチャネル、月次エンタープライズ チャネル、半期エンタープライズ チャネル (プレビュー)、半期エンタープライズ チャネル、または無効です。

  • CMDMode - exe に渡した cmd 引数内で検出された全体的なモード スイッチに対応するわかりやすい文字列。 可能な値: autorun、configure、consumer、download、help、packager

  • ErrorCode - 未処理の例外に関連付けられた整数値

  • ErrorDetails – 未処理の例外が発生した場所について説明する文字列 (関数、ファイル、行番号、スロー元によって設定された追加のパラメーター)

  • ErrorMessage – 未処理の例外がスローされた場所で定義されている文字列 (エラーの性質が説明されます)

  • ErrorType - 未処理の例外のカテゴリについて説明する文字列

  • ExcludedApps - ンストールされている Office スイートから実行するように要求した個別の Office アプリケーション名をリストしている文字列

  • InstalledCabVersion - Office C2R クライアントの "16.0.xxxxx.yyyyy" バージョンがインストール済み

  • InstalledProductVersion - Office C2R 製品の "16.0.xxxxx.yyyyy" バージョンがインストール済み

  • IsC2RServiceRunning - 最新 C2R クライアントのローカル マシン サービスがデバイスで稼働中であるかどうかを示すブール値のフラグ

  • IsElevatedFlagSet - ブートストラップが管理者昇格のための試行を実行済みであるかどうかを示すブール値のフラグ

  • IsFireFlyInstalled - Office 2013 RTM C2R クライアントが現時点でインストールされているかどうかを示すブール値のフラグ

  • IsFireflyServiceRunning - 2013 RTM Click-to-Run (C2R) クライアントのローカル マシン サービスがデバイス上で稼働しているかどうかを示すブール フラグ

  • IsOfficeInstalled - B最新 Office クライアントがインストール済みかどうかを示すブール値のフラグ

  • OfficeCultures - インストールする Office カルチャのシリアル化されたリスト

  • OfficeSourceType - Bインストール ソースの列挙値に関連付けられたわかりやすい文字列 (CDN、HTTP、UNC、CMBITS、DVD、LOCAL)

  • Origin - サポートされているどの配信元を最初のインストール ストリーミングに使用する必要があるかを示す文字列 (プエルトリコ [PR]、シンガポール [SG]、ダブリン [DB])

  • PlatformFromLink - 要求された (x86 vs x64) Office (C2R) セットアップ サービスから要求された Office クイック実行 の既定のビットを示す文字列

  • PlatformOfExistingInstallation - x86 と X64 のどちらの Office がデバイスにインストールされているかを示す文字列

  • PlatformToInstall - Sx86 と X64 のどちらの Office をインストールする必要があるかについての最終決定を示す文字列。

  • PRID - Sコンシューマー インストール シナリオで要求された製品リリース ID を表す文字列値 (例: "O365ProPlusRetail")

  • PridsToMigrateFromCentennial - Store でのインストールからクイック実行に移行する Office 製品の文字列

  • ProductsToAdd - インストールする製品/カルチャの組み合わせについて C2R クライアントに指示するシリアル化された文字列

  • ProductsToMigrateFromO15C2R - Office 2013 のクイック実行インストールから移行する Office 製品とカルチャの文字列

  • ProductsToRemove - アンインストールする製品/カルチャの組み合わせについて C2R クライアントに指示するシリアル化された文字列

  • SharedComputerLicensing - IT 管理者が "SharedComputerLicensing" 機能を有効にするセットアップを要求したかどうかを示すブール値

  • ShouldActivate - IT 管理者が configuration.xml で自動ライセンス認証の試行を要求したかどうかを示すブール値

  • ShouldUninstallCentennial - ストアからの Office 製品をアンインストールする必要があるかどうかを示すブール値フラグ

  • VersionToInstall - インストールされている Office "16.0.xxxxx.yyyyy" バージョンの文字列値

Office.ClickToRun.UniversalBootstrapper.Execute2

[このイベントは、以前は Office.ClickToRun.UniversalBootstrapper.Execute という名前でした。]

このイベントは、ユーザーが Office インストーラーを実行して Office インストールを変更したときにトリガーされます。 データは、"CalculateParameters" からの推論されたデータによって決定された、実行されたマシンに影響を与えるアクションについてレポートするために使用されます。

  • AvailableClientVersionText - バージョン記述子 XML で見つかった C2R クライアント "16.0.xxxxx.yyyyy" バージョンの文字列値 (現在インストールされている C2R クライアントに更新が必要かどうかを判断するために使用します)

  • CleanFireflyAction - 今回のインストール時に CleanFireFlyAction タスクの実行がスケジュールされている場合は "true"

  • CleanO15Action - 今回のインストール時に CleanO15Action タスクの実行がスケジュールされている場合は "true"

  • CMDMode - exe に渡した cmd 引数内で検出された全体的なモード スイッチに対応するわかりやすい文字列。 可能な値: Autorun、configure、consumer、download、help、packager

  • DeliveryMechanism - バージョン記述子 XML から抽出される "FFNRoot" GUID (RDX によってスタンプされたもの) であり、ビルド ソースがどの対象ユーザー/チャネルから由来しているものかを示します

  • DownloadC2RClientAction - 今回のインストール時に DownloadC2RClientAction タスクの実行がスケジュールされている場合は "true"

  • ErrorCode - 未処理の例外に関連付けられた整数値

  • ErrorDetails – 未処理の例外が発生した場所について説明する文字列 (関数、ファイル、行番号、スロー元によって設定された追加のパラメーター)

  • ErrorMessage – 未処理の例外がスローされた場所で定義されている文字列 (エラーの性質が説明されます)

  • ErrorType - 未処理の例外のカテゴリについて説明する文字列

  • ExitCode – ブートストラップの Execute フェーズの実行結果に関連付けられた整数値 (成功または失敗の具体的な種類を示します)

  • LaunchAction - 今回のインストール時に LaunchAction タスクの実行がスケジュールされている場合は "true"

  • LaunchUpdateAction - 今回のインストール時に LaunchUpdateAction タスクの実行がスケジュールされている場合は "true"。

  • PreReqResult - PreReq チェックが実行されたときの結果に関する整数の列挙値 (pass/fail/re-run)

  • UnexpectedAction - 今回のインストール時に UnexpectedAction タスク (エラーの場合) の実行がスケジュールされている場合は "true"

  • UnexpectedAction - インストールされている Office "16.0.xxxxx.yyyyy" バージョンの文字列値

Office.ServiceabilityManager.InventoryAddon.Heartbeat

[このイベントは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

このイベントは、Office Serviceability Manager の一部であり、IT 管理者が同意したマシンのインベントリ Office 情報に使用される Inventory アドオンの各実行で標準メタデータを取得するために使用されます。 ここで特に興味深いメタデータはセッション ID であり、テナントごとのクラウド サービス内に保存されている他のデータへのリンクに使用されます。

メタデータのみが関連するため、このイベントには余分なフィールドは含まれません。

Office.ServiceabilityManager.InventoryAddon.Results

このイベントは、成功したか失敗したかに関係なく、クイック実行サービス性管理インベントリ アドオン内での Web サービスの呼び出しが完了したときにログに記録されます。 これは実質的に、全体的な操作状態を追跡するためのアドオン内の最後の操作です。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ActionDetail - エラー発生時の追加の詳細情報。

  • Result - Office Web サービスの呼び出し API によって返される数値エラー コード フラグ。 たとえば、"3" は HTTP ヘッダーの初期化で問題が発生したことを意味します。

  • Type - 追加の型の情報。インベントリの場合、この情報は、送信されるペイロードの種類を指定します (例: 完全または変更の増分)。

  • Version - 4 つの部分からなる Office の完全なバージョン番号。 たとえば、"16.0.10000.10000" などです。 (これらのイベントの場合、Windows プロセスの一部として実行されるため、標準のバージョン フィールドには Windows バージョンが設定されます。)

  • WebCallSource - 呼び出し元の Serviceability Manager アドオンを示す列挙値 (整数として指定)。

Office.ServiceabilityManager.WebserviceFailure

いずれかの Office Serviceability Manager アドインの Web サービスへの呼び出しが失敗すると、このステートメントがログに記録されます。 エラーの原因としては、内部エラーまたは Web サービスに接続できないことが考えられます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Add-on - Web サービスの呼び出し元のクイック実行サービス性管理アドオン。 これは、在庫、管理性などの値を数値としてエンコードし、設定することができます。

  • Correlation ID - クライアントとサーバー間の呼び出しを関連付けるために Web サービスに送信される、現在のインスタンスに固有のランダムに生成される GUID。

  • ErrorInfo - Office Web サービスの呼び出し API によって返される数値エラーコード情報。

  • ErrorMessage - エラーに関する詳細な分析情報が記されたメッセージ。それぞれのエラーの種類は、ハードコードされた文字列に対応しています。エラーの種類によっては、エラーの性質に応じて、複数の文字列にマッピングされることがあります。

  • Function - 現在の呼び出しが行われたコード内にある関数。

  • Status - Web サービスの呼び出しによって返された HTTP ステータス コード (例: 404、500など)。

Enhanced Configuration Service (ECS) イベント

Office.Experimentation.FeatureQueryBatched

実行されたコードで照会した機能ゲート/変更ゲートに関する情報を収集します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Count - このバッチ処理イベントで照会した機能ゲートの数

  • Features - 照会したゲートに関する情報。

  • Sequence - FeatureGate を照会した順序

Office.Experimentation.FlightNumberLine

クライアントが ECS から受け取った構成のリストを収集します

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ECSConfigs - ECS 構成のコンマ区切りリスト

  • LockType - FlightManager ロックの種類。

  • TasFlightingVersion - バージョン番号

  • TimeToLock - liblet の開始から FlightManager ロックまでの時間

  • UnmergedConfigs - 結合されない構成のリスト

Office.Experimentation.TriggerAnalysis

このイベントは、この機能を使用する資格のあるユーザーまたはデバイスのサブセットに対する製品の使用状況およびパフォーマンス メトリック (クラッシュ、ハングなど) のスコープ分析に役立ち、製品の正常な動作を確認するのに役立ちます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • FeatureGate - トリガー分析が適用される機能のセットを識別します。

OneNote.FlightDefault

このイベントは、OneNote が ECS サーバーにフライト値を要求したときにログに記録されます。 これは、そのようなフライトの受け取りを選択しているユーザーに対し実験的な機能を有効にするため使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ConfigParam - 値にアクセスする対象の構成

ライセンスのイベント

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.AutoRedeemPendingPurchaseResult

ユーザーの保留中の購入が自動的に試行された結果を記録するための重要なエンジニアリング テレメトリです。 製品テレメトリは、購入トランザクション情報と Microsoft の商取引システムとの調整に使用され、関連するサブスクリプションの特典を有効にします。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • EventDate – イベントが発生した時点のタイムスタンプ

  • Result – 操作の列挙結果を示す整数。

  • SessionID – セッション別にイベントを接続するための GUID

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.PaywallUIShown

ペイウォール コントロールがユーザーに表示されるときの重要な使用状況テレメトリです。ユーザーのアプリ内購入エクスペリエンスを理解し、将来のバージョンで最適化するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • EventDate – イベントが発生した時点のタイムスタンプ

  • IsModeFRE – エクスペリエンスの種類を示すブール値。アップセル ダイアログ、または SKU セレクター

  • SessionID – セッション別にイベントを接続するための GUID

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.PurchaseButtonClicked

ユーザーが "購入" ボタンをクリックしたタイミングを知るための重要な使用状況テレメトリです。 アプリでサブスクリプションを購入しようとしているユーザーの使用パターンとコンバージョン指標を推測するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Card - Integer – ユーザーが購入を試みる前に表示される最後の機能カードのカルーセル インデックス。

  • EventDate – イベントが発生した時点のタイムスタンプ

  • IsDefaultSku – ユーザーが最初 (既定値) に表示された SKU を購入しようとしているかどうかを示すブール値

  • ProductID – ストアで構成されたとおりに購入しようとしているサブスクリプション ユーザーを識別する文字列

  • SessionID – セッション別にイベントを接続するための GUID

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.PurchaseResult

ユーザーによって手動で発生した購入の試行結果を記録するための重要なエンジニアリング テレメトリです。 製品テレメトリは、購入トランザクション情報と Microsoft の商取引システムとの調整に使用され、関連するサブスクリプションの特典を有効にします。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • EventDate – イベントが発生した時点のタイムスタンプ

  • IsModeFre – 購入がアップセル FRE 画面または SKU セレクターのどちらから行われたかを示すブール値

  • Result – 操作の列挙結果を示す整数。

  • SessionID – セッション別にイベントを接続するための GUID

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.PurchaseTokenRedemptionResponse

[このイベントは、以前は Office.Android.DocsUI.Views.PurchaseTokenRedemptionResponse という名前でした。]

この製品のテレメトリは、内部トランザクションの状態と調整の情報を追跡および記録して、信頼性とパフォーマンスを向上させるために収集されます。 Microsoft は、このデータを使用して、内部のトランザクション処理および調整メカニズムの信頼性とパフォーマンスを分析し、改善します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MicrosoftPurchaseOrderId - Retail Federation Service (RFS) によって送信された Microsoft Order Id です。

  • ResponseCode - HTTP 応答コード (int)

  • StatusCode - RFS response status code (RFS が定義されている列挙型 無限/有限)

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.SeeAllFeaturesAnalytics

この使用状況テレメトリは、ユーザーが "その他の特典を見る" 画面に費やす時間を確認するために使用されます。 このデータは、"その他の特典を見る" 機能の使用状況を把握し、将来のバージョンでさらに改善するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Duration - ユーザーが "すべての機能を見る" 画面で費やした時間をミリ秒単位で示す長整数

  • EventDate – イベントが発生した時点のタイムスタンプ

  • MostExplored - M365 アプリとその機能のリストで最も切り替えられたアイテムのインデックスを示す整数

  • SessionID - セッションごとにイベントを接続するためのグローバル一意識別子 (GUID)

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.SkuChooserAnalytics

ユーザーが SKU 選択画面で費やす時間を確認するための使用状況テレメトリー。 ユーザーが SKU 選択画面で費やす時間を確認するための使用状況テレメトリー。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • CardCount - Integer - SKU Chooser 画面から終了する前にユーザーが表示するカードの数

  • Duration - ユーザーが SKU 選択画面で費やした時間をミリ秒単位で示す長整数

  • EventDate – イベントが発生した時点のタイムスタンプ

  • SessionID – セッション別にイベントを接続するための GUID

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.SkuPriceDiscountErrorEvent

このイベントは、ユーザーがアプリの SKU 選択画面に上陸し、価格が Google Playstore からさまざまなサブスクリプションに対してフェッチされるとトリガーされます。 このイベントでは、さまざまな国でさまざまな通貨で提供される月次プランと年次プランの価格差を特定します。 データは、価格設定が期待どおりに機能していることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • CountryCode - 購入が行われた国を識別します。

  • 割引 - 個人プランと家族プランの両方の月次 SKU と年次 SKU の価格差に基づいて提供される割引率。

  • ProductIndex - 個人的な計画か家族の計画かを識別するため。

  • StoreCurrencyCode - アプリ ストアがエンドユーザーにサブスクリプション プランを提供している通貨を特定するため。

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.StoreConnectionResponse

このテレメトリは、接続が期待どおりに機能しない場合に、接続障害の背後にある理由を特定します。 テレメトリの目的は、接続が期待どおりに機能しない場合に、接続障害の背後にある理由を特定することです。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • BillingClientResponse - Integer – 失敗の理由を示す Google の課金クライアントからの応答。

  • EventDate – イベントが発生した時点のタイムスタンプ

  • TriggerPoint - Integer – paywall の初期化がトリガーされた方法を示します。

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.StoreQueryPurchasesResponse

このテレメトリは、Google の課金クライアントで購入のクエリが失敗した場合にログに記録されます。 このテレメトリは、応答が予期した通り受信されない場合にエラーの理由を知る必要があります。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • BillingClientResponse - Integer – 購入のクエリ中に失敗した理由を示す Google の課金クライアントからの応答。

  • EventDate – イベントが発生した時点のタイムスタンプ

  • ProductType - Integer - queryPurchases が失敗した製品タイプ (サブスクリプションまたは 1 回限り) の識別

  • TriggerPoint - Integer – クエリ購入がいつトリガーされたかを示します。 アプリの起動中に初期化され、ユーザーがひし形をクリックして、FRE / 購入フローを示す SkuChooser 画面に移動しました

Office.Android.DocsUI.PaywallControl.StoreSkuDetailsResponse

このテレメトリは、Google の請求クライアントが渡された製品 ID の価格を返さない場合にログに記録されます。 これは、Sku Details フェッチの失敗の理由と、応答が期待どおりでない場合に失敗が発生している SKU を知るために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • BillingClientResponse - Integer – Sku の詳細の取得中に失敗した理由を示す Google の請求クライアントからの応答。

  • EventDate – イベントが発生した時点のタイムスタンプ

  • ProductID - String - どの製品価格の取得に失敗したかを特定します。

  • TriggerPoint - Integer – Sku の詳細のフェッチがトリガーされたタイミングを示します: アプリの起動中/ユーザーがダイアモンドをクリックして Sku Chooser 画面に到達/無料で表示

Office.Android.DocsUI.Views.DimeError

このイベントは、Android 用 Office アプリ (Huawei および China Stores でリリース) 用に収集されます。 このイベントは、Dime (クライアント Web ビューに読み込まれた WebURL) を介して Microsoft 365 サブスクリプションを購入しようとして失敗したことを示します。 エラー シナリオのみが取得されます。 このイベント データはエラー データのみであり、クライアントの Dime 購入フローの正常性を確保するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • CorrelationID - Dime 購入セッションを一意に識別する ID。

  • ErrorReason - 発生したエラーの理由を示します。

    • 0 – 不明なエラー
    • 1 – インターネットを使用できない
    • 2 – 汎用一意識別子 (UUID) の検証に失敗
    • 3 - 汎用一意識別子 (UUID) が null または空
    • 4 – Android 用 Office アプリが authToken を Dime に渡せないという JavaScript インジェクション エラー
    • 5 – クライアントに読み込まれたベース WebURL が無効

Office.Android.DocsUI.Views.PremiumFeatureUpsell

このイベントでは、無料ユーザーのクリックによるクリック数をキャプチャし、ペイ ウォールの背後にある機能を表示します。 このデータは、ユーザーとコンテキスト アップセル エクスペリエンスの操作を測定し、どの機能がユーザーに最も好まれ、サブスクリプションの購入を促すのかを把握するために使用されます。 これにより、好まれているエントリ ポイントのセットの改善に投資することができます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • featureId - プレミアム機能の TCID

  • featureName - プレミアム機能のタイトル

  • seePlanButtonClick - [プラン ボタンを表示] ボタンがアップセル UI でクリックされる回数

Office.Apple.IAPReviewYourSubscriptioniOS

このイベントは、ユーザーにアプリ内購入 (IAP) UI が表示されている間と、その後にユーザーが操作するボタンのセッションベースのメタデータをキャプチャします。 このデータは、購入フローの摩擦を理解し、別の購入エクスペリエンスのじょうごと比較して、どのエクスペリエンスがユーザーに最適かを理解するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • FlowType - 整数 – IAP が開始されたフローの種類。

  • Restore - 文字列 – [復元] ボタンがクリックされたときにルール タグが記録されます

  • PremiumFeatures - 文字列 – [PremiumFeatures] ボタンがクリックされたときにルール タグが記録されます

  • Product - 文字列 - ユーザーによって選択された SKU

Office.Apple.InAppPurchaseContext

このイベントは、アプリ内購入画面のエントリー ポイントに関する重要な用途テレメトリを測定します。 データは、アプリ内購入に推奨されるエントリ ポイントを識別することで、ユーザー エクスペリエンスを理解および改善するのに役立ちます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • context - 文字列 – ユーザーがアプリ内購入ページにアクセスしたフロー

Office.Apple.Licensing.CommonPaywallControl

このイベントは、ユーザーのアプリ内課金 (IAP) エクスペリエンスを理解するために使用されます。 これにより、IAP が期待通りに動作することを確認し、ユーザーの問題を理解して IAP エクスペリエンスを最適化することができます。 コレクションは、以下のサブイベントのいずれかを介して発生します。

  • Office.iOS.Paywall.BottomSheet.Stats - サブスクリプション プラン (SKU) チューザー画面のボトムシート UI を展開/却下したユーザーの数を測定するための使用テレメトリ。 そのデータは、SKU セレクターの使用状況を把握し、将来のバージョンでのアプリ内購入エクスペリエンスを最適化するために使用されます。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • isDimissed - Bool - ユーザーがドロワーを閉じた場合は true。
    • isExpanded - Bool - ユーザーが一番下のシートを展開した場合は true。
  • Office.iOS.Paywall.Paywall.Presented - データは、ペイウォール コントロールがユーザーに表示されるときに収集されます。 このデータを基に各手順でのコンバージョン率を測定するビューを構築し、ユーザーが購入エクスペリエンス中に感じる煩雑さが最小限に抑えられ、ユーザー インターフェースが期待通りに動作しているかどうかを確認します。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • CPCVersion - Integer -提示している顧客ペイウォール コントロールのバージョン。 実験フラグに基づいてこれを決定します。
    • entryPoint - 文字列 – ペイウォールが表示されたボタンまたはフロー。 "プレミアム アップグレード ボタン" や "最初の実行フロー" など
    • isFRE - ブール値 – 最初の実行エクスペリエンスまたは標準の UI が表示されたことを示します。
    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます
  • Office.iOS.Paywall.Paywall.Stats - データは、ユーザーにペイウォール ユーザー インターフェイスが表示されるときに収集されます。操作の継続時間、購入が試行されたかどうか、および成功したかどうかが表示されます。 このデータは、ユーザー インターフェースのパフォーマンスを測定し、期待通りに動作しているかどうかを確認するために使用されます。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • entryPoint - 文字列 – ペイウォールが表示されたボタンまたはフロー。 "プレミアム アップグレード ボタン" や "最初の実行フロー" など。
    • isFRE - ブール値 – 最初の実行エクスペリエンスまたは標準の UI が表示されているかどうかを確認します。
    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます
    • status - 文字列 – ペイウォールの終了の状態。 "initiated"、"paymentDone"、"provisionFailed" など。
    • userDuration - 倍精度浮動小数点 – ユーザーがペイウォール操作に費やした時間 (ミリ秒単位)
  • Office.iOS.Paywall.SKUChooser.BuyButtonTap - データはユーザーが購入ボタンをタップしたときに収集されます。 このデータは、ボタンのパフォーマンスを測定し、期待通りに動作しているかどうかを確認するために使用されます。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • currentFeatureCard - String – 購入/購入ボタンがタップされる直前に表示されていた現在の機能カードのタイトル
    • entryPoint - 文字列 – ペイウォールが表示されたボタンまたはフロー。 "プレミアム アップグレード ボタン" や "最初の実行フロー" など。
    • isDefaultSKU - ブール値 - ユーザーが既定で表示される (推奨される) 製品を購入しているかどうかを示します。
    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます
    • productId - 文字列 – 購入ボタンがタップされた製品のアプリ ストア製品 ID。
    • toggleCount - 整数 – ペイウォールの現在のセッションで、ユーザーが購入ボタンをタップする前に、さまざまな製品の表示を切り替えた回数。
  • Office.iOS.Paywall.SKUChooser.Stats - データは、ユーザーが SKU セレクターに入力した内容、ユーザーが SKU 選択画面で費やした時間、およびユーザーが SKU セレクターを終了した理由を確認するために収集されます。 これらの情報を使用することにより、SKU セレクターが期待通りに動作していることを確認し、エンド ユーザー エクスペリエンスを最適化して改善することができるようになります。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • cardsVisited - Int – ユーザーが確認した、表示された機能カードの数
    • entryPoint - 文字列 – ペイウォールが表示されたボタンまたはフロー。 "プレミアム アップグレード ボタン" や "最初の実行フロー" など。
    • exitReason - 文字列 - SKU チューザーの終了理由。 例: “BuyButton”, “CloseButton”
    • isFRE - ブール値 – 最初の実行エクスペリエンスを表示するか、標準の UI を表示するかを示します。
    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます
    • userDuration - 倍精度浮動小数点型 – ユーザーが SKU セレクターで費やした時間 (ミリ秒単位)。
  • Office.iOS.Paywall.FailedScreen.RetryButtonTap - データは、購入/プロビジョニング/アクティベーションが失敗し、ユーザーが再試行ボタンをタップしたときに収集されます。 このデータは、購入エラー シナリオのトラブルシューティングや、期待通りに動作させるための修正に使用されます。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • failureReason - 文字列 – たとえば "provisioningFailed"、"purchaseFailed"、"activationFailed" のように、ユーザーが再試行を行う原因となったエラーの内容を示します。
    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます
    • productId - 文字列 – ユーザーが失敗した要求を再試行している製品の App Store ID。
  • Office.iOS.Paywall.SKUChooser.MoreBenefits.Stats - ユーザーが [See More Benefits] (その他の特典を見る) をタップし、購入に含まれているすべてのサービス、アプリ、機能を確認するときに収集されるデータ。 それぞれのアプリの機能を説明するセクションを展開する必要があります。 このイベントでは、使用した時間の長さに加えて、ユーザーがどの機能やアプリを展開したかが収集されます。 このデータは、特典の内容を知るためにエンド ユーザーに提供されている UI が期待通りに動作しているかどうかを確認するために使用されます。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • appsExpanded - 文字列 – 特典が拡張されたサービス/アプリのコンマ区切りのリスト。
    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます
    • productId - 文字列 – ユーザーが提供されるその他の特典を表示している製品の App Store ID
    • userDuration - 倍精度浮動小数点 – ユーザーが特典画面で費やした時間 (ミリ秒単位)。
  • Office.iOS.Paywall.SuccessScreen.SeeAllBenefitsButtonTap - このイベントは、購入が成功した後、ユーザーが購入に含まているアプリや機能を確認するために [See All Benefits] (すべての特典を見る) をタップしたときに収集されます。このデータは、ユーザー インターフェースが期待通りに動作しているかどうかを測定するために使用されます。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます
    • productId - 文字列 – ユーザーに提供されるすべての特典を表示している製品の App Store ID。
  • Office.iOS.Paywall.SKUChooser.ProductSwitched - 別々の SKU を切り替えるために提供された UI に対するエンド ユーザーの操作を確認し、期待通りに動作していることを確認するための使用状況のテレメトリ。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます
    • productId - 文字列 – ユーザーが SKU セレクターで利用可能な製品から表示を切り替えた製品の App Store ID。
  • Office.iOS.Paywall.StoreKit.Response - ユーザーによる手動での購入試行の結果と、そのイベントに対する App Store の応答を記録するためのクリティカル エンジニアリング テレメトリ。 このデータは、購入試行の状況と失敗の理由 (ある場合) を測定し、IAP とすべてのエントリ ポイントが期待通りに動作するように修正措置を取るために使用されます。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • entryPoint - 文字列 – ペイウォールが表示されたボタンまたはフロー。 "プレミアム アップグレード ボタン" や "最初の実行フロー" など。
    • failureReason - 文字列 – 状態が "失敗" のときのみ追加されます。 App Store の応答により提供されたエラー応答を示します。
    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます
    • productId - 文字列 – "MakePurchase"、"PendingPurchase" の場合のみ。要求が行われた製品の App Store ID。
    • productsCount - 整数 – "ProductsFetch" の場合のみ。Store から返された製品の数。
    • requestType - 文字列 – StoreKit 要求の種類。 “ProductsFetch”、“PendingPurchase”、"Restore" など
    • status - 文字列 – 要求が成功したか、または失敗したかを示します。
  • Office.iOS.Paywall.Provisioning.Response - 提供される情報を収集する重要なエンジニアリング テレメトリと小売フェデレーション サービス (RFS) との契約。 RFS は、購入をクロスチェックするために Microsoft 内で使用される内部サービスです。 これは、RFS に対する API 呼び出しの状態を取得するために使用され、統合が期待通りに動作していることを理解するときに役立ちます。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • entryPoint - 文字列 – ペイウォールが表示されたボタンまたはフロー。 "プレミアム アップグレード ボタン" や "最初の実行フロー" など。
    • failureReason - 文字列 – 状態が "失敗" のときのみ追加されます。 RFS プロビジョニングの応答によって提供されたエラー応答を示します。
    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます
    • productId - 文字列 – 要求が行われた製品の App Store ID
    • status - 文字列 – 要求が成功したか失敗したかを示します
  • Office.iOS.Paywall.SignIn.Response - このイベントは、ユーザーがアップセル フロー中にサインインを完了すると収集されます。これは、PreSignInFRE や PreSignInDiamond などの PreSignIn アップセル シナリオでトリガーされます。 これは、Upsell フロー中に SignIn レートを確認し、PreSign シナリオの分析に役立ちます。

    収集されるフィールドは、次のとおりです。

    • authToken - String - サインインしているユーザーの Auth トークン。 認証トークンが無効で、アカウントのプロビジョニングが失敗する問題をデバッグするために使用されます。 トークンがnilの場合、“nil-auth-token” としてログに記録されます。
    • entryPoint - 文字列 – ペイウォールが表示されたボタンまたはフロー。 "プレミアム アップグレード ボタン" や "最初の実行フロー" など。
    • PaywallSessionId - String - アプリ セッションで Paywall セッションを一意に識別するために収集されます。
    • status - String – ユーザーの SignIn 状態。 キャンセル、失敗、成功のためのプレミアム ログイン (プレミアム以外のサインイン)

Office.Apple.Licensing.CommonPaywallDetails

このイベントは、Paywall コントロールがユーザーに表示される前に、ユーザーの詳細をログに記録します。このデータは、Common Paywall Control (CPC) の問題を診断するために使用され、このデータを表と組み合わせて使用 Office.Apple.Licensing.CommonPaywallControl を使用して、コードに問題が発生した場合や、CPC に関するデータ異常を取り除く方法を確認します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • canUserSeeUpsell - サイン インしたユーザーが未成年でなく、アップセル画面を表示する資格がある場合はTrue

  • DidShowPromotedSubscription - Boolean: ユーザーがプロモートされたサブスクリプションから最初のアプリの起動をトリガーした場合はTrue。

  • EffectiveIdentityType - Boolean: ユーザーのサインイン タイプ。 -1 (署名なし)、1 (MSA)、2 (OrgId) を指定できます。

  • HasSubscription - Boolean: ユーザーがアクティブな Microsoft 365 サブスクリプションを持っている場合は True

  • IsCPCOnSignInEnabled - Boolean: True の場合、FeatureGate Microsoft.Office.LicensePurchase.FollowSignInWithCPC が有効になっている [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • isFREUpsellToUnsignedUsersEnabled - Boolean: True の場合、FeatureGate Microsoft.Office.LicensePurchase.FREUpsellToUnsignedUsers が有効になっている [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • IsProClassDisplay - Boolean: ユーザーのデバイスがプロ クラスの表示 (画面サイズが 10.1 インチより大きい) の場合

  • ShowCPC - Boolean: CPC First Run Experience (FRE) をユーザーに表示する場合。

  • SKUEffectiveIdentityType - Int: ユーザーのサインインの種類。 -1 (署名なし)、1 (MSA)、2 (OrgId) を指定できます。

  • SKUHasSubscription - Boolean: ユーザーがアクティブな Microsoft 365 サブスクリプションを持っている場合はTrue

  • SKUIsCommonPaywallControlEnabled - Boolean: True の場合、FeatureGate Microsoft.Office.LicensePurchase.UseCPC が有効になっている [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • SKUIsPreSignInDiamondEnabled - Boolean: True の場合、FeatureGate Microsoft.Office.LicensePurchase.PreSignInDiamond が有効になっている [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • SKUIsProClassDisplay - Boolean: ユーザーのデバイスがプロクラスのディスプレイの場合 (画面サイズが 10.1 インチより大きい)

  • SKUShowCPC - Boolean: CPC SKU Chooser をユーザーに表示する場合

Office.Apple.Licensing.PremiumFeatureUpsell

このイベントは、無料のユーザーがクリックして有料壁の背後にある機能を表示するときにトリガーされます。 このデータは、ユーザーとコンテキスト アップセル エクスペリエンスとの相互作用を測定し、期待通り動作するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • CanUserSeeUpsell - ユーザーの状態でアップセル CTA を表示できる場合にキャプチャされる

  • dismissUpsellUI - ユーザーがアラートボックスの[キャンセルボタン]をクリックするか、ユーザーが下部のシートを閉じたときにキャプチャされます

  • featureId - ユーザーが使用しようとしているプレミアム機能の識別子

  • learnMoreButtonClick - ユーザーが [詳細] ボタンをクリックするとキャプチャされます

  • LicensingUpgradeUIShown - ユーザーにアップセル通知ボックスが表示された場合にキャプチャされる

  • seePlanButtonClick - ユーザーが [プランの表示] ボタンをクリックするとキャプチャされる

Office.Dime.Sdk.Health

このイベントは、Office Mobile アプリ内のアプリ内購入フローをホストするコンポーネントの状態を監視するのに役立つデータをキャプチャします。 データは、ユーザーが Microsoft 365 サブスクリプションの購入を決める際、Office Mobile アプリからトリガーされる購入フローの正常性を監視し警告をだすのに使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_ActivityErrorDescription - 活動の説明

  • Data_ActivityErrorMessage - 活動のエラーメッセージ

  • Data_CampaignId - 属性のキャンペーン ID

  • Data_ContentId - エクスペリエンス ID に基づいています。フロー ID とコンテンツ ID にマッピングされています

  • Data_CorrelationVector - 相関ベクトルを使用するパートナーと dime を関連付けるための相関ベクトル

  • Data_CustomerImpacted -フローの読み込みが顧客に影響する場合のトラブルシューティングに使用する。

  • Data_DimeActivityDuration -期間

  • Data_DimeActivityMetadata - アクティビティのメタデータ

  • Data_DimeActivityName -正常性の監視に使用する名前

  • Data_DimeActivityResult - アクティビティの結果、成功/エラー、予期されるエラー

  • Data_DimeVersion - ビルドバージョン

  • Data_DurationLevel - 重大度-0/1/2

  • Data_EcsConfigIds - 実験に使用する ID

  • Data_EcsCountry - 検出された国

  • Data_EcsETag - フライト情報

  • Data_Environment - Dime 環境の製造/プレプロダクション

  • Data_ExperienceId - 読み込みのエクスペリエンス

  • Data_FlowId - エクスペリエンス ID に基づき、フロー ID とコンテンツ ID にマッピングされています

  • Data_Language -文化

  • Data_LaunchId - 起動インスタンスごとに一意の ID

  • Data_Market - マーケットが検出されました

  • Data_OTelJS_Version - Office テレメトリ バージョン

  • Data_PageSessionId - ページのセッション ID

  • Data_PartnerId - 発信者アプリ

  • Data_ProductId - 顧客が選択した (必ずしも購入されていない) 製品 ID

  • Data_ProductName - 顧客が選択した (必ずしも購入されていない) 製品のフレンドリーな製品名

  • Data_QosLevel - 重大度0/1/2

  • Data_SDX_AssetId - Win32 用コンテンツをホストするサービスによって提供された機能 (SDX) のアセット ID

  • Data_SDX_BrowserToken - Win32 用ブラウザーのトークン

  • Data_SDX_HostJsVersion - Win32 用 JavaScript ライブラリのバージョン

  • Data_SDX_Id - Win32 用サービスによって提供された機能 ID

  • Data_SDX_InstanceId - Win32 用 SDX のインスタンス ID

  • Data_SDX_MarketplaceType - Win32 用 SDX Marketplace の種類

  • Data_SDX_OfficeJsVersion - Win32 用 Office JS バージョン

  • Data_SDX_SessionId - Win32 用 SDX のセッション ID

  • Data_SDX_Version - Win32 用 SDX バージョン

  • Data_SkuId - 顧客が選択した (必ずしも購入されていない) SKU ID

  • CollectionTime - イベントのタイムスタンプ

  • Data_TsgId - 各活動のトラブルシューティングガイド Id

  • Data_UserAgent - ヘッダータグ

Office.Docs.Shared.PremiumFeatureMessageBar

このイベントは、無料ユーザーがペイ ウォールの背後にあるプレミアム機能をタップする回数を収集します。 データは、ユーザーが有料ユーザーに変換するときに操作する一連の機能を理解するために使用されます。 これにより、ユーザーが好むエントリ ポイントを把握でき、ユーザー エクスペリエンスが向上します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • featureId - ユーザーがタップしたプレミアム機能の TCID

Office.Licensing.AcceptEulaForCurrentLicense

ユーザーがライセンスされ、現在のライセンスの EULA を受け入れたときに収集されます。

ユーザーが良好な状態にあるかどうかを検出するために使用することも、システムの正常性のために使用することもあります。また、ユーザーが自分のコンピューターに関する問題を報告した場合は診断目的にも使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ACID - ユーザーがライセンスされている Office 製品を表す GUID 識別子

  • DwEulaId – ユーザーが受け入れた EULA の種類の数値識別子

Office.Licensing.ActivateDeviceEntitlement

このイベントは、ユーザーにデバイスベースの永続的な Officeサービスのライセンス認証を試行しているときに発生します。 このデータは、システムおよびサービスの正常性を監視するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Activity_Success - デバイスベースの永続的な Office サービスでデバイスがライセンス認証されているかどうかを示します。

  • Data_Count - デバイスに関連付けられたデバイスベースの永続的な Office の権利数を示します。 技術的には、複数になります。

  • Data_EligibleEntitlementsCount - 適格な権利の数を示します。このサービスは、デバイスに関連するすべてのデバイスの権利を返しますが、実行中の Office アプリケーションに関連するサービスをチェックする必要があります。

  • Data_Errors - 権利のライセンスを取得する場合に発生するエラーの一覧をカンマで区切った文字列です。

  • Data_LicensedEntitlementsCount - ライセンスの取得に成功した権利の数を示します。 ライセンスを取得できない権利エラーが発生する可能性があります。

Office.Licensing.Activation

コンピューターでのライセンスのセットアップ後、AVS サービスを呼び出すことでライセンスのアクティブ化を試行します。これにより、アクティブ化の呼び出しの結果を報告します

これは、どれくらいのユーザーにアクティブ化の問題が発生しているかを調べるために重要です。 マイクロソフトには、問題を検出するための異常検出があります。 Microsoft は AVS について外部依存しているため、これが非常に重要になります。このシグナルによって、外部パートナーの正常性が示されます。 また、ユーザーが自分のコンピューターに発生した問題を報告したときには、診断目的とシステム正常性のためにも使用します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Acid - ユーザーがライセンスされている Office 製品を表す GUID 識別子

  • ReferralData – コンピューターにインストールされている Office の OEM の識別子

Office.Licensing.ActivationWizard

何らかの理由によって自動的にライセンスをアクティブ化できない場合は、ユーザーに向けてライセンス認証ウィザードを示します。 これにより、ユーザーにウィザードが表示されていることを報告します。 ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます

このイベントによって収集されるフィールドはありません。

Office.Licensing.BusBar.CheckForDynamicBusbarExperiment

このイベントは、動的なビジネス バーのフライトを含み、表示されているすべてのライセンス ビジネス バーの種類 (アクション グループ) に対して 1 回トリガーされます。 このデータ イベントは、ライフサイクル プログラミング プラットフォームの動的なビジネス バー キャンペーンがディスク上に用意されているかどうかを報告します。 データは、新しいライフサイクル プログラミング プラットフォームの動的ライセンス ビジネス バー テクノロジの正常性を測定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • DoesCampaignExist (bool) - 攻撃活動がディスク上にあるかどうかを示します

  • 種類 (int32) - ライセンス ビジネス バーの種類を示します

Office.Licensing.BusBar.ShowStashedBusbar

このイベントは、動的なライフサイクル プログラミング プラットフォームのビジネス バーの表示に失敗し、代わりに固定された静的ビジネス バーを表示する必要がある場合にトリガーされます。 このデータ イベントは、静的ビジネス バーへのフォールバックが正常に行われていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • 種類 (int32) - ライセンス ビジネス バーの種類を示します

Office.Licensing.Dialogs.ReactNativeDialog.RekaService.CloseAndStoreUserAction

このイベントは、ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス (LVUX) 2.0 ReactNative ダイアログが閉じたときにトリガーされます。 データは、ReactNative ダイアログ イベントが発生し、予期される動作をトリガーし、ReactNative ダイアログを正常に閉じるのを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Action - LVUX RN ダイアログで実行されるユーザー アクション。

  • DialogView - LVUX RN ダイアログを指定します。

  • Flow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

Office.Licensing.Dialogs.ReactNativeDialog.RekaService.HandleAction

このイベントは、ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス (LVUX) 2.0 ReactNative ダイアログでイベントが発生するとトリガーされます。 このデータは、ReactNative ダイアログ イベントが発生し、予期された動作をトリガーしていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Action - LVUX RN ダイアログで実行されるユーザー アクション。

  • DialogView - LVUX RN ダイアログを指定します。

  • Flow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

Office.Licensing.Dialogs.ReactNativeDialog.Show

このイベントは、ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス (LVUX) 2.0 ReactNative ダイアログが表示されるとトリガーされます。 ReactNative ダイアログが期待どおりに起動していることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • DialogView - LVUX RN ダイアログを指定します。

  • Flow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

Office.Licensing.Dialogs.WebViewDialog.Close

このイベントは、アプリ内購入のエクスペリエンスがユーザーまたはアプリケーションのどちらによって閉じられたかを通知するために使用されます。このデータは、アプリ内購入フローの正常性を監視して警告するために使用され、想定どおりに動作することを確認します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_ClosedDialog - ユーザーがダイアログボックスを閉じたことを示すフラグ

Office.Licensing.Dialogs.WebViewDialog.HandleErrorNotification

このイベントは、アプリ内購入のエクスペリエンスが読み込みを試みたものの、エラーが発生し、ダイアログ ボックスが表示されなくなったことを示すシグナルとして使用されます。このデータは、アプリ内購入フローの正常性を監視して警告するために使用され、想定どおりに動作することを確認します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_MoeErrorCode - Web ダイアログ フレームワーク に表示されるエラー コード

Office.Licensing.Dialogs.WebViewDialog.Preload

このイベントは、アプリ内購入エクスペリエンスがバックグラウンドで読み込まれていることを通知するシグナルとして使用されます。このデータは、アプリ内購入フローの正常性を監視して警告するために使用され、想定どおりに動作することを確認します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • なし

Office.Licensing.Dialogs.WebViewDialog.Show

このイベントは、アプリ内購入エクスペリエンスがユーザーに表示されていることを通知するシグナルとして使用されます。このデータは、アプリ内購入フローの正常性を監視して警告するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • なし

Office.Licensing.Dialogs.WebViewDialog.Timeout

このイベントは、アプリ内購入で読み込みを試みたがタイムアウトしたことを通知するために使用されます。このデータは、アプリ内購入フローが正常に動作していることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • なし

Office.Licensing.EnforceSignInQualified

このシグナルにより、ライセンス認証の一環としてユーザーに署名を強制するために実行する実験的機能が成功したかどうかがわかります。 これは、最新ライセンス スタックにとって必須の手順であるユーザーのログインを強制する実験的機能が、成功または失敗かを調べるために重要です。 サインインに失敗すると、ユーザーはアプリを使用することができません。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Qualified – ユーザーがサインインの強制対象であるかどうかを識別します

Office.Licensing.ExpirationDialogShown

ユーザーにライセンスの有効期限が切れていることを示す、有効期限ダイアログが表示されたときに収集されます。ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • LicNotificationState – ユーザーに表示されている通知の種類がわかります

Office.Licensing.Flows.GenericRFMDialog

このイベントは、一般的なRFM (機能制限モード) ダイアログが Office クライアントに表示されたときにトリガーされます。 このデータは、Office クライアント ライセンス エクスペリエンス (LVUX: ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス) でユーザーに適切なライセンス ダイアログが表示されていることを確認し、ユーザー アクションが適切に処理されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MainFlow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

  • UserAction - LVUX ReactNative ダイアログで実行されるユーザー アクション。

Office.Licensing.Flows.GraceDialog

このイベントは、Office クライアントで猶予期間ライセンス通知ダイアログが表示されたときにトリガーされます。 このデータは、Office クライアント ライセンス エクスペリエンス (LVUX: ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス) でユーザーに適切なライセンス ダイアログが表示されていることを確認し、ユーザー アクションが適切に処理されていることを確認するために使用されます。 猶予期間は、インストールされた Office 製品を新しい PC で使用するための 1 回限りの 5 日間の無料ライセンスです。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ACID - 猶予期間キーがインストールされたライセンス SKU ID。

  • MainFlow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

Office.Licensing.Flows.GraceEula

このイベントは、Office クライアントに猶予エンドユーザー使用許諾契約書 (EULA) が表示されたときにトリガーされます。 このデータは、Office クライアント ライセンス エクスペリエンス (LVUX: ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス) でユーザーに適切なライセンス ダイアログが表示されていることを確認し、ユーザー アクションが適切に処理されていることを確認するために使用されます。 猶予期間は、インストールされた Office 製品を新しい PC で使用するための 1 回限りの 5 日間の無料ライセンスです。 猶予期間 EULA は、ユーザーが猶予期間ライセンスをアクティブ化する前に同意する必要のある使用許諾契約です。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MainFlow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

  • UserAction - LVUX ReactNative ダイアログで実行されるユーザー アクション。

Office.Licensing.Flows.GraceLicenseActiveDialog

このイベントは、アクティブな猶予期間ライセンス ダイアログが Office クライアントに表示されたときにトリガーされます。 このデータは、Office クライアント ライセンス エクスペリエンス (LVUX: ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス) でユーザーに適切なライセンス ダイアログが表示されていることを確認し、ユーザー アクションが適切に処理されていることを確認するために使用されます。 猶予期間は、インストールされた Office 製品を新しい PC で使用するための 1 回限りの 5 日間の無料ライセンスです。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MainFlow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

  • UserAction - LVUX ReactNative ダイアログで実行されるユーザー アクション。

Office.Licensing.Flows.GraceLicenseExpiredDialog

このイベントは、Officeクライアントに期限切れの猶予期間ライセンスダイアログが表示されたときにトリガーされます。 このデータは、Office クライアント ライセンス エクスペリエンス (LVUX: ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス) でユーザーに適切なライセンス ダイアログが表示されていることを確認し、ユーザー アクションが適切に処理されていることを確認するために使用されます。 猶予期間は、インストールされた Office 製品を新しい PC で使用するための 1 回限りの 5 日間の無料ライセンスです。 収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MainFlow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

  • UserAction - LVUX ReactNative ダイアログで実行されるユーザー アクション。

Office.Licensing.Flows.GraceState

このイベントは、ユーザーが猶予期間ライセンス状態に入った場合にトリガーされます。 このデータは、Office クライアント ライセンス エクスペリエンス (LVUX: ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス} の復元力の猶予ライセンス フローを検証し、Office アプリ (RFM) のライセンスのない状態である機能低下モードの前にユーザーが猶予期間を受け取っていることを確認するために使用されます。 猶予期間は、インストールされた Office 製品を新しい PC で使用するための 1 回限りの 5 日間の無料ライセンスです。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MainFlow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

Office.Licensing.Flows.GraceWin11Reset

このイベントは、Windows 11 猶予期間ダイアログが Office クライアントに表示されたときにトリガーされます。 このデータは、ユーザーが Office クライアント ライセンス エクスペリエンスで適切なライセンス ダイアログを表示していることを確認し、ユーザー アクションが適切に処理されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MainFlow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

  • UserAction - LVUX ReactNative ダイアログで実行されるユーザー アクション。

Office.Licensing.Flows.GraceWin11ResetConfirmation

このイベントは、Windows 11 猶予期間ダイアログに続く確認ダイアログが Office クライアントに表示されたときにトリガーされます。 このデータは、Office クライアント ライセンス エクスペリエンス (ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス/LVUX) でユーザーに適切なライセンス ダイアログが表示されていることを確認し、ユーザー アクションが適切に処理されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MainFlow - ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス (LVUX) セッションのエントリ フローの種類。

  • UserAction - LVUX ReactNative ダイアログで実行されるユーザー アクション。

Office.Licensing.Flows.PurchaseProduct

このイベントは、ユーザーが Office クライアントでインライン購入フローを入力したときにトリガーされます。 このデータは、購入フローが期待どおりに開始されたことを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MainFlow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

  • IdentityAvailable - LVUX セッションがアクティブなユーザー ID で実行されているかどうかを示します。

  • WebDialogResult - オンライン購入ダイアログの結果を示します。

Office.Licensing.Flows.ShowWebPurchaseExperience

このイベントは、ユーザーが Office クライアントから Web 購入フローに送信されたときにトリガーされます。 このデータは、購入フローが期待どおりに開始されたことを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MainFlow - ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス (LVUX) セッションのエントリ フローの種類。

Office.Licensing.Flows.StartFlow

このイベントは、Office クライアントで新しいライセンス検証ユーザー エクスペリエンス (LVUX) フローが開始されたときにトリガーされます。 このデータは、ユーザーが LVUX2.0 フローを期待どおりに起動および入力していることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • FlowStatesExecuted - LVUX 1.0 に戻る前、または LVUX 2.0 を終了する前に LVUX 2.0 で実行されるフロー状態 (フローのコンポーネント) を示します。

  • FlowTypesExecuted - LVUX 1.0 に戻る前、または LVUX 2.0 を終了する前に LVUX 2.0 で実行されるフローの種類を示します。

  • LvuxFallbackState - LVUX 2.0 から LVUX 1.0 へのフォールバック状態を示します。

  • MainFlow - LVUX セッションのエントリ フローの種類。

Office.Licensing.FullValidation

コンピューターのライセンス状態を報告するセッション、およびユーザーがアプリケーションを使用できないためにユーザーに表示されるエラーを報告するセッションで毎回収集されます。 このイベントにより、ユーザーのコンピューターが正常な状態かどうかが示されます。 不適切なユーザー動作の原因になる問題やアクティベーション メカニズムがあるかどうかを示すために、このイベントに対応する異常検出のセットアップが用意されています。 ユーザーの問題の診断時、およびシステムの正常性を監視するためにも重要です。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Acid – ユーザーがライセンスされている Office 製品を表す GUID 識別子 

  • ActivationAttributes - ユーザーが使用しているアクティベーションメカニズムの種類。

  • IsSessionLicensing – 共有コンピューターのライセンス認証モードで現在実行しているかどうか 

  • LicenseCategory– ユーザーが使用している Office ライセンスのカテゴリ 

  • Licenses – コンピューターに存在するすべての Office ライセンス名のリスト 

  • LicenseStatuses – コンピューターに存在するすべての Office ライセンスの状態 

Office.Licensing.GetEntitlement

ユーザーがデバイスを設定しているときにこれが収集されます。そして、ログインしているユーザーが Office の権利を所持しているかどうかを調べるために、ライセンス サービスが呼び出されます。 このレポートにより、その呼び出しの結果が報告されます。 ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能があるかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • EntitlementCount - ユーザーが持っている資格の数

Office.Licensing.GetNextUserLicense

このイベントは、ライセンス認証の最初の実行エクスペリエンス中に、選択したユーザー ベースの Office 利用権のライセンスを取得するときにトリガーされます。 このデータは、システムおよびサービスの正常性を監視するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Activity_Success - ブール値: デバイスが Office アプリケーションでアクティブ化されるライセンスを正常に取得したかどうかを、そのユーザーに知らせします。

  • Data_AllowNULPerpetual - ブール値: vNext Perpetual を有効にするフライトがオンになっているかどうかを通知します。

  • Data_AttemptNulReactivation - ブール値: 再アクティブ化のシナリオかどうかを通知します。

  • Data_CurrentMode - 0 は SPP (従来のライセンス スタック) を意味し、2 は vNext (最新のライセンス スタック) を意味します。

  • Data_HasError - ブール値: 選択したユーザーベースの権利のライセンスを取得しようとしたときにエラーが発生したかどうかを通知します。

  • Data_IsSubscription - ブール値: 再アクティブ化がサブスクリプション版の Office 用のものかどうかを通知します。

  • Data_NewMode - 0 は SPP (従来のライセンス スタック) を意味し、2 は vNext (最新のライセンス スタック) を意味します。 ほとんどの場合に 2 が期待されます。

  • Data_SkuToSkuNeeded - ブール値: 資格を持った Office の SKU が、インストールされている Office の SKU に一致しないために、SKU から SKU への変換を行う必要があるかどうかを通知します。

Office.Licensing.Heartbeat

すべてのセッションで、最後のライセンス更新から 72 時間経過しているかどうかを確認し、現在のライセンスの有効期限延長を試行します。 このイベントにより、ライセンスの有効期限を延長して、ユーザーの Office インストールの動作を維持できることを確認する呼び出しの成否が報告されます。 ユーザーのサブスクリプション関連の問題とサービスの問題を診断する際に重要です。また、既にライセンス認証されたサブスクリプション ユーザーの問題を検出する際にも重要です。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Mode – このコンピューターで使用されている Office ライセンス スタックの列挙表現

Office.Licensing.InClientPinRedemption.CallPinRedemptionAPI

このテレメトリは、Office の暗証番号引き換えサービス コールの結果を追跡します。

以下のフィールドが収集されます。

  • ClientTransactionId - サービス呼び出しをする固有の識別子。

  • ErrorCategory - 各エラーの種類を、「再試行可能」など、より一般的なカテゴリに分類します。

  • ErrorType - エラーの理由 (「AlreadyRedeemedByOther」など)。

  • InAFOFlow - Office のライセンス認証引き換えフローにいるかどうかを示すブール値。

  • StatusCode - 「作成済み」など、サービスコールの結果を一語で表す。

  • StatusMessage - 「正常にプロビジョニングされました」などのステータス コードの詳細。

  • UsingNulApi - 新しいライセンス スタックを使用しているかどうかを示すブール値。

Office.Licensing.InGrace

このイベントは、ライセンス フローが完了し、ユーザーが猶予期間状態のときにトリガーされます。 ユーザーが猶予期間ライセンスを持っており、取得フローが正しく動作していることを検証するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ACID - ライセンス SKU を表すグローバル一意識別子 (GUID)

  • DaysRemaining - ライセンスの残り日数

  • モード - 使用しているライセンス スタック (0 = レガシ、2 = NUL)

  • ProductName - SKU のわかりやすい名前

  • 理由 - ライセンスの状態

Office.Licensing.InRFM

デバイスが機能制限モードに移行したときに、このシグナルは、そのマシンが正常な状態でないことを示すために送信されます。ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能があるかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的で使用されます

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ACID - ユーザーがライセンスされている Office 製品を表す GUID 識別子

  • DaysRemaining - 現在の Office ライセンスの期限が切れるまでの残り日数

  • Mode – このコンピューターで使用されている Office ライセンス スタックの列挙表現

  • ProductName – 現在ユーザーが使用している製品の名前

  • Reason – ライセンスが現在の状態になった理由を示すエラー コード

Office.Licensing.InstallKey

マシンのライセンス認証のためにデバイスにキーをインストール使用としたときに収集されます。 インストールが成功したかどうかが報告されます。失敗した場合は、エラー コードが報告されます。 ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Prid – インストールしているキーに対応する製品グループの名前

  • SkuId - インストールしているキーに対応する Office 製品を表す GUID 識別子 

Office.Licensing.InvokeLicenseWizard

ライセンス認証ワークフローに問題がある場合は、ライセンス ウィザードを起動し、そのことを示すためにこのシグナルが送信されます。ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Acid - ユーザーがライセンスされている Office 製品を表す GUID 識別子

  • LicenseStatus – ユーザーが使用している Office ライセンスの状態

  • MachineKey - ユーザーに発行されたライセンス キーの英数字識別子

Office.Licensing.LaunchSetupOffice

このイベントは、OEM 版 Office の事前エンタイトルメントがバンドルされたデバイスを購入したユーザー、またはプロダクト キーを入力したユーザーに対して、Office の提供を履行した場合にトリガーされます。このデータはシステムとサービスの正常性を確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Activity_Result_Tag - このイベントをどのように完了したかを示しています。

  • Data_DialogResult - 引き換えプロセスの全体的な結果を示します。

  • Data_Scenario - 引き換えが発生したシナリオを示します。

Office.Licensing.Licensed

このイベントは、ライセンス フローが完了し、ユーザーがライセンス状態のときにトリガーされます。 これは、ユーザーが有効なライセンスを持っているかどうか、またはライセンスの状態が変更されたかどうかを検証するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ACID - ライセンス SKU を表す GUID

  • DaysRemaining - ライセンスの残り日数

  • Mode - 使用しているライセンス スタック (0 = レガシ、2 = NUL)

  • ProductName - SKU のわかりやすい名前

  • 理由 - ライセンスの状態

Office.Licensing.LicensingBar

デバイスにライセンスの問題が発生し、ユーザーにバスバーを表示することになると、このシグナルが送信されます。これによって、ユーザーに表示したバスバーの種類も報告されます。 ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • SuppressNotification – ライセンス バスバーの表示が抑制されたかどうかを示します

  • Title – ユーザーに表示したライセンス バスバーのタイトル

  • Type – ユーザーに表示したライセンス バスバーの種類

Office.Licensing.LicExitOfficeProcess

ライセンスの問題のために Office が終了またはクラッシュしてしまった場合、そのことを示すために、このシグナルが送信されます。ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ExitCode – アプリの終了の原因になった内部コード

Office.Licensing.LoadIdentityTicket

デバイスのライセンス認証を試行するプロセスでは、ユーザーが Office の権利を所持しているかどうかを調べるために、アプリによるユーザーの ID の読み込みが試行されます。 このイベントにより、エラー コードとともに、その成功または失敗が報告されます。 ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • FederationProvider – 現在ログインしているユーザーのフェデレーション プロバイダーを識別する文字列

  • IdentityProvider – 現在ログインしているユーザーの ID プロバイダーを識別する文字列

Office.Licensing.LVUX.EULAExplicitCrash

ユーザーに EUL A が表示され、アプリのクラッシュ/終了の結果としてユーザーが EULA を受け入れなかった場合に収集されます。 ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Acid - ユーザーがライセンスされている Office 製品を表す GUID 識別子

  • OptInShown – アプリの初回起動時に表示される同意ダイアログが既に表示されていたかどうかを示します

Office.Licensing.NextUserLicensingEligible

このシグナルによって、ユーザーが新しいライセンス スタックへの移動の対象かどうかを通知します。 これは、新しいライセンス スタックがロールアウトされたときに既存のユーザーへの影響を定量化し、ユーザーが機能性を失わないようにするために重要です。

このイベントによって収集されるフィールドはありません。

Office.Licensing.Nul.Fetcher.FetchModelFromOls

デバイスが最新ライセンス スタックにあるときには、ライセンス ファイルをサービスから直接取得することを試行します。 このイベントにより、そのサービス呼び出しのエラー コードと共に成否が報告されます。 ユーザーが最新ライセンス スタックで正常な状態にあるかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターにかかわる問題を報告した場合は診断目的に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • MetadataValidationResult – ライセンスが改ざんされていないことを確認するためのライセンス メタデータの検証の結果

  • SignatureValidationResult – ライセンスが改ざんされていないことを確認するためのライセンス署名の検証の結果

Office.Licensing.Nul.Validation.FullValidation

最新ライセンス スタックで実行しているデバイスのセッションで毎回収集されます。 コンピューターのライセンス状態を報告し、ユーザーがアプリを使用できないためにユーザーに表示されているエラーを報告します。 このイベントにより、ユーザーのコンピューターが最新のライセンス スタックで正常かどうかが示されます。 不適切なユーザー動作の原因になる問題があるかどうかを示すために、このイベントに対応する異常検出のセットアップが用意されています。 ユーザーの問題の診断時、およびシステムの正常性を監視するためにも重要です。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Acid - ユーザーがライセンスされている Office 製品を表す GUID 識別子 

  • AllAcids – 現在ユーザーがライセンスされている製品のすべての GUID のリスト 

  • Category - ユーザーが使用している Office ライセンスのカテゴリ 

  • DaysRemaining – 現在の Office ライセンスの期限が切れるまでの残り日数 

  • LicenseId – ユーザーに発行されたライセンスの英数字識別子 

  • LicenseType - ユーザーが使用している Office ライセンスの種類 

Office.Licensing.OfficeClientLicensing.DoLicenseValidation

起動のたびにデバイスから収集されるライセンス メタデータです。これにより、ライセンスの acid、ライセンスの状態、ユーザーが使用できるようにする機能を特定する際に重要なライセンスの種類などのプロパティが報告されます。 これは、ユーザーが使用できる機能セットと、そのユーザーが使用できなくなっている機能があるかどうかを識別する際に重要なものです。 これは、ユーザーが使用している製品の種類、その製品がサブスクリプション製品かどうか、重要な機能が欠落していないかどうかを知らせてくれるので、Office 全体のさまざまなチームによる日次のアクティブ ユーザー数/月次のアクティブ ユーザー数の計算およびその他の各種レポートにも使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • FullValidationMode – ライセンス認証の完全検証中であることを示すモード 

  • IsRFM – ユーザーが機能制限モードであるかどうかを示します 

  • IsSCA – 共有コンピューターのライセンス認証モードで実行しているかどうかを示します 

  • IsSubscription – ユーザーがサブスクリプション ライセンスを使用しているかどうか示します 

  • IsvNext – 新しい最新ライセンス スタックを使用しているかどうかを示します 

  • LicenseCategory - ユーザーが使用している Office ライセンスのカテゴリ 

  • LicenseStatus – ユーザーが使用している Office ライセンスの状態 

  • LicenseType - ユーザーが使用している Office ライセンスの種類 

  • LicensingACID - ユーザーがライセンスされている Office 製品を表す GUID 識別子 

  • OlsLicenseId - ユーザーに発行されたライセンスの英数字識別子 

  • SkuIdIsNull - エラーが発生して、ユーザーが実行している製品が不明かどうかを示します。 

  • SlapiIsNull – ライセンス オブジェクトのいずれかを設定中に問題が発生したかどうかを示します 

Office.Licensing.OnlineRepair

何らかの理由でユーザーのアクティブ化が不可能なときに、オンラインに移行して修正手順を試行するように求めるダイアログをユーザーに表示する必要があるときに、このイベントが発生します。 ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます

このイベントによって収集されるフィールドはありません。

Office.Licensing.OOBE.HandleDigitalAttachFailure

このイベントは、サービスの確認 (Office.Licensing.OOBE.SearchForDigitalAttach を参照) で、このデバイスに要求可能なデジタル添付サービスが見つからなかった場合にトリガーされます。 さまざまなデバイスの状態に応じて、ユーザーに異なるダイアログを表示します。 このイベントは、デジタル添付エラーの処理方法について様々なシナリオをログに記録します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Activity_Result_Tag は、ユーザーをどのようにして様々なエラー状態に移行するかを提示してくれます。

    • 0x222e318f - Office のライセンス認証サービスを検索し続ける必要があります。
    • 0x222e318e - このデバイスにデジタル添付サービスが見つからない場合、このセッションでは OEM モードにフォールバックします。
    • 0x222e318d - インターネットに接続されていないため、ユーザーに NoInternetConnectivity ダイアログが表示されます
    • 0 - 特定のエラー コードに基づいて、さまざまなエラー UI を表示します。
  • Data_DigitalAttachErrorType - サービスの呼び出しからの特定のエラー コードが何であるかを提示します。

  • Data_FallbackFlight - UseAFOAsFallBack フライトがオンになっているかどうかを提示します。

Office.Licensing.OOBE.HandleDigitalAttachSuccess

このイベントは、サービスの確認でこのデバイスに要求可能なデジタル添付サービスが見つかった場合にトリガーされます。 さまざまなデバイスの状態に応じて、ユーザーに異なるダイアログを表示します。 このイベントは、デジタル添付の成功の処理方法について様々なシナリオをログに記録します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Activity_Result_Tag - デジタル添付の成功シナリオの処理方法を提示します。

    • 0 - ID の自動読み込みが可能で、"その場合に利用できる Office があります" (アカウントあり) UI をユーザーに表示しました。
    • 0x222e3191 - ID の自動読み込みができないため、"その場合に利用できる Office があります" (アカウントなし) UI をユーザーに表示します。
    • 0x222e3193 - "その場合に利用できる Office があります" (アカウントなし) UI をユーザーに表示したか、または、デバイス ベースのサービスのため、"その場合に利用できる Office があります" UI をユーザーに表示する必要がありません。
  • Data_IsClaimTypeDevice - デジタル添付サービスの要求の種類がデバイス ベースかどうかを提示します。

Office.Licensing.OOBE.PopulateDigitalAttachOfferSignInDEX

相手先ブランド供給 (OEM) は、顧客がコンピューターを購入するときに支払いを行う Office (1 年間のサブスクリプションまたは永続プラン) が付属するコンピューターを販売します。 このイベントは、デバイスに Office の事前エンタイトルメントが見つかり、ユーザーが Microsoft アカウントで既にサインインしている場合に追跡を行い、システムやサービスの健全性を監視できるようにします。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_ExpirationDate - サブスクリプション サービスの有効期限を提示します

  • Data_IsSubscription - 要求される製品がサブスクリプション SKU か、永続的 SKU かを提示します。

  • Data_ProductName - デジタル添付サービスの製品名を提示します

Office.Licensing.OOBE.SearchForDigitalAttach

相手先ブランド供給 (OEM) は、顧客がコンピューターを購入するときに支払いを行う Office (1 年間のサブスクリプションまたは永続プラン) が付属するコンピューターを販売します。 特定のレジストリ キー (OOBEMode: OEMTA) を使用してセットアップされたマシンには、Office サービスがデジタル添付されている可能性があります。 Office を起動すると、デジタル添付された Office サービスがあるかどうかを確認するサービスの確認が行われます。 このアクティビティは、これを追跡するためにインストルメント化されています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Activity_Result_Tag - このサービスの確認の全体的な結果を提示します。

    • 0x222e318c デジタル添付のフライトがオフになっているため、サービスの確認は行われません。
    • 0x222e318b クライアントがインターネットに接続されていないため、サービスの確認は行われません。
    • 0x222e318a 利用可能なデジタル添付サービスが見つかりました。
    • 0x222e3189 利用不可能なデジタル添付サービスが見つかりました。
  • Data_EnableDAFlight - このサービスの確認を有効にするデジタル添付のフライトがオンになっているかどうかを提示します。

Office.Licensing.OOBE.ShowTouchlessAttachFailureDialog

相手先ブランド供給 (OEM) は、顧客がコンピューターを購入するときに支払いを行う Office (1 年間のサブスクリプションまたは永続プラン) が付属するコンピューターを販売します。 このイベントは、Office の事前エンタイトルメントが付与されている OEM PC のデジタル添付の引き換えフローおよびアクティブ化フローでエラーが発生した場合にトリガーされます。 このデータは、システムやサービスの健全性を監視し、OEM Office のアクティブ化フローに関連する問題を解決するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Data_Continue - ユーザーがダイアログで [続行] をクリックしたかどうかを提示します。

  • Activity_Result_Tag - ユーザーがダイアログ上でクリックしたボタンを提示します。

    • 0x222e319d - ユーザーがダイアログで [再試行] をクリックしました
    • 0x222e319c - ユーザーがダイアログで [続行] をクリックしました
    • 0 - ユーザーがダイアログを終了しました
  • Data_IsForDigitalAttach - ユーザーが使用しているプラットフォームやワークフローが、従来のもの (AFO (Office のライセンス認証)) と最新のもの (デジタル添付) のどちらであるかを提示します。

  • Data_Retry - ユーザーがダイアログで [再試行] をクリックしたかどうかを提示します。

Office.Licensing.OOBE.ShowTouchlessAttachOfferDialog

相手先ブランド供給 (OEM) は、顧客がコンピューターを購入するときに支払いを行う Office (1 年間のサブスクリプションまたは永続プラン) が付属するコンピューターを販売します。 このイベントは、デバイスに Office の事前エンタイトルメントが見つかり、ユーザーが Microsoft アカウントでサインインしていない場合に追跡を行い、システムやサービスの健全性を監視できるようにします。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Activity_Result_Tag - ユーザーの ID が見つかったかどうかを提示します。

    • 0x222e3194 - ユーザーの ID を取得できませんでした (サインインがキャンセルされたか、認証に失敗しました)。
    • 0 - ユーザーから ID を取得しました。
  • Data_ExpirationDate - サブスクリプション サービスの有効期限を提示します

  • Data_IsCentennial - 実行中の Office アプリケーションが Centennial プラットフォーム上にあるかどうかを提示します。

  • Data_IsForDigitalAttach - このダイアログが、デジタル添付フローと Office のライセンス認証フローのどちらで発生したものかを提示します。

  • Data_IsSubscription - 要求される製品がサブスクリプション SKU か、永続的 SKU かを提示します。

  • Data_OExType - ユーザーが ChangeAccount リンクをクリックした後、ダイアログを終了したかどうかを提示します

  • Data_ProductName - デジタル添付サービスの製品名を提示します

  • Data_UseInAppRedemption - Web 引き換えのアプリ内引き換えを利用するかどうかを提示します – これは Office のライセンス認証フローにのみ関係します。

Office.Licensing.OOBE.TryBuyChoice

Office の資格情報がない新しいマシンでプレインストールされている Office を使用しているユーザーには、試用、購入、またはライセンスを取得するためにプロダクトキーを入力できるダイアログが表示されます。 このイベントは、ダイアログでユーザー操作をキャプチャします。 このイベントは、マシンに Office がプレインストールされている、Office の権利情報のないユーザーに表示されるダイアログで行われたユーザー操作を追跡するために使用され、これにより、ユーザーのライセンスの有無を判断できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • 購入 - ユーザーが [購入] ボタンをクリックしたかどうかを示します

  • ForceAutoActivate - アプリ内アクティベーションを試行されたかどうかを示します

  • GoBackToSignIn - ユーザーが (おそらく別のアカウントで) 再度サインインをしようとしたかどうかを示します

  • IsPin - ユーザーが暗証番号を入力したかどうかを示します

  • ProductKey - ユーザーがプロダクト キーを入力しようとしたかどうかを示します

  • Try - ユーザーが [試用] ボタンをクリックしたかどうかを示します

  • UserDismissed - これは、ユーザーがダイアログを閉じ、そのため Office を購入するか試用版を取得することを選択しなかったため、猶予期間モードまたは機能制限モードになったかどうかを示します。

Office.Licensing.Purchase

[このイベントは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

アプリケーションのコンテキストを離れることなく、直接アプリから Office の自動支払いを試行してセットアップするオプションをユーザーに提供する実験的機能が用意されています。 これにより、その実験的機能の成否がエラー コードと共に報告されます。ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます。

以下のフィールドが収集されます。

  • StorePurchaseStatus – Windows Store からの購入の呼び出しのエラー コード/成功コードを表します

Office.Licensing.SearchForSessionToken

ユーザーが共有コンピューターのライセンス認証モードで実行中の場合、マシン上のセッション トークンの検索が試行されます。このトークンによって、ユーザーはアプリを使用できるようになります。 このイベントにより、エラー コードと共にシナリオの成否が報告されます。 ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能がないかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • LoadLicenseResult – 現在のユーザーのライセンスが読み込みできたかどうかについてのエラー コード/成功コードを表します

  • OpportunisticTokenRenewalAttempted - 状況に応じてユーザーのセッション トークンの更新を試行するかどうかを示します

  • SetAcidResult – acid を予測値に設定できたかどうかのエラー コード/成功コードを表します

Office.Licensing.ShouldRunRedesignedGraceExperience

このイベントは、ユーザーが新しい Office クライアント ライセンス エクスペリエンス (LVUX 1.0) または以前の Office クライアントライセンス エクスペリエンス (LVUX 2.0) のどちらに該当するかを決定するときにトリガーされます。 ユーザーが一連の適格性基準に基づいて LVUX 1.0/2.0 を入力しているのを確認するために使用します。 LVUX = ライセンス検証ユーザー エクスペリエンス。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • なし

Office.Licensing.ShowNewDeviceActivationDialog

Office アプリの初回起動時には、ユーザーが Office のダウンロードに採用した認証情報で事前設定したサインイン ダイアログの表示を試行します。 ユーザーは、その認証情報でサインインを続行することも、別の認証情報を使用することも、ダイアログを閉じることもできます。 このイベントにより、このダイアログが表示されたときにユーザーが実行したアクションが報告されます。 ユーザーが最新ライセンス スタックで正常な状態にあるかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のマシンにかかわる問題を報告した場合は診断目的に使用されます

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • UserAction – ダイアログが表示されたときにユーザーが実行したアクションの識別子。

Office.Licensing.SkuToSkuConversion

ユーザーのライセンス許可の一環として、ユーザーの SKU を別の SKU に変更する必要がある場合、その成否のコードと共にこのシグナルが送信されます。 ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能があるかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • DestinationSku – 現在インストールされている製品の変換先になる SKU の名前

  • PendingAcid – SKU の変換が保留されている製品の ID

  • SourceSku – マシンにインストールされていた元の SKU の名前

  • UninstallProduct – 変換の一環として古い製品をアンインストールするかどうかを示します

Office.Licensing.StartTrialPass

このイベントは、ユーザーが 5 日間または 10 日間の試用版パスを受け入れ、関連するライセンスがインストールされたときにトリガーされます。 これは、ユーザーが 5 日間または 10 日間の試用版パスを開始できることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Acid - ライセンス SKU を表すグローバル一意識別子 (GUID)

  • GraceTime - 猶予期間ライセンスによって付与された合計時間

Office.Licensing.TelemetryFlow.OLSResults

ユーザーがライセンスを取得していない場合、ユーザーをライセンス取得済みの状態にし、Office 製品を有効化するために、いくつかのサービス呼び出しを行います。 このイベントは、Officeライセンスサービスを呼び出して、ユーザーに資格があるかどうかを確認したときにトリガーされます。 このイベントは、Office ライセンス サービスを呼び出した後のユーザーライセンスの状態と、Office のライセンス認証を試行した後の Office クライアントの状態を追跡するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • EntitlementPickerShown - ユーザーが複数の資格を所有していて、そこからライセンスを手動で選択して取得する必要があるかどうかを示します。

  • GetAuthResult - Office ライセンス サービスのプロダクトキーが空になっていたり、または別の製品の資格があり、Office を新しい製品に変換する必要がある場合など、クライアントに起こりうるさまざまな状態を示します

  • GetEntitlementsCount - ユーザーが持っている資格の数を示します

  • GetEntitlementsSucceeded - ユーザーの資格を取得するための Office ライセンス サービス API の呼び出しが成功したかどうかを示します

  • GetKeySucceeded - キーを取得するための Office ライセンス サービス API の呼び出しが成功したかどうかを示します

  • GetNextUserLicenseResult - 最新のライセンス スタックが機能したかどうか、およびユーザーがライセンスを取得できているかどうかを示します

  • InstallKeyResult - アクティベーションが失敗した場合やキーのインストールが失敗した場合など、ユーザーの状態に悪影響をおよぼしている可能性があるさまざまな理由を示します

  • NotInitializedBeforeWhileAdding - これは単なる情報提供で、イベントが明示的に登録を行わずにテレメトリ マネージャー マップに追加されたかどうかを示します

  • NotInitializedBeforeWhileSending - これは単なる情報提供で、事前にテレメトリ マネージャー マップに明示的に登録を行わずにイベントを送信しようとしたかどうかを示します

  • SentOnDestruction - これは単なる情報提供で、イベントがテレメトリ マネージャー マップに追加されたかどうか、また明示的には送信されなかったことを示します

  • Tag - イベントがコードのどこから送信されたかを示すために使用されます

  • VerifyEntitlementsResult - Office ライセンス サービスから取得した資格を検証した後、ユーザーに起こりうるさまざまな状態を示します

Office.Licensing.TelemetryFlow.SearchForBindingResult

OEM では、永続、または 1 年間のサブスクリプション付きの Office とともにマシンを販売します。 これらの Office 製品は、ユーザーがマシンを購入したときに代金が支払われます。 特定のレジストリキー (OOBEMode:OEMTA) でセットアップされたマシンには、Office バインドが関連付けられている場合があります。 このようなマシンで Office を起動すると、マシンに対応する Office バインドがあるかどうかをサービスで確認します。

このテレメトリ アクティビティは、バインドの検索において成功および失敗したポイントを追跡するため、バインドを持つマシンがそれを正常に取得でき、サービスが正常であることを確認できます。 このアクティビティでは、サービスで確認した後、関連付けられているバインドがないことが判明したマシンは追跡しません。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • DexShouldRetry - 再試行可能な問題 (インターネットやサーバーがダウンしていない) が発生したことを通知します

  • GenuineTicketFailure - マシンの Windows 正規チケットやプロダクト キー (WPK) を取得しようとしたときのエラー メッセージを示します。

  • PinValidationFailure - ピン検証プロセスが失敗した理由を示します。 考えられるエラー:

    • GeoBlocked
    • InvalidFormat
    • InvalidPin
    • InvalidState
    • InvalidVersion
    • 不明
    • 使用中
  • PinValidationResult - 解読に失敗した暗証番号の暗証番号検証結果を示します。

  • Pkpn - 暗証番号が属する pkpn の範囲。

  • Success - マシンの有効な Office バインド (暗証番号) を正常に取得したことを示します。

  • Tag - バインドの検索を停止したステップを示します。考えられるタグ:

    • 0x03113809 暗証番号の検証中にインターネット/サービスにエラー
    • 0x0311380a 暗証番号の検証失敗、PinValidationFailure フィールドとともに送信されます
    • 0x0310410f 成功、Success フィールドとともに送信されます
    • 0x0311380d 再試行可能なエラー (インターネットの問題、不明なエラー)
    • 0x0311380e 再試行不可能なエラー (バインド オファーの有効期限が切れている)
    • 0x0311380f その他のエラー (ライセンスを取得できない)
    • 0x03104111 Office 暗証番号の解読失敗、PinValidationResult フィールドとともに送信されます
  • WpkBindingFailure - マシンの WPK にバインドされた Office の暗証番号の取得に関するエラー コードを示します。

Office.Licensing.TelemetryFlow.ShowAFODialogs

マシンにあらかじめバンドルされている Office にバインドされた有効な Office 暗証番号を正常に取得した後、サインイン ダイアログまたは引き換え ダイアログのいずれかをユーザーに表示します。 暗証番号が引き換えられると、EULA ダイアログが表示されます。 最新の Office のライセンス認証機能の一部として、コンピューターに付属する Office 製品に関する情報をより詳しくお伝えするため、2 つのダイアログを更新しました。 このテレメトリは、ダイアログが閉じられた後の引き換えプロセスのフローおよび終了ポイントを追跡することにより、当社の機能が、製品の引き換えにおけるユーザーの摩擦をうまく軽減できているかどうかを追跡するものです。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ActionActivate - ユーザーが [アクティブ化] ボタンをクリックしたことを通知します。

  • ActionChangeAccount - ユーザーが [別のアカウントを使用] ハイパーリンクをクリックしたことを通知します。

  • ActionCreateAccount - ユーザーが [アカウントの作成] ボタンをクリックしたことを通知します。

  • ActionSignIn - ユーザーが [サインイン] ボタンをクリックしたことを通知します。

  • CurrentView - ユーザーが閉じたダイアログの種類。

  • DialogEULA - [EULAに同意する]ダイアログが表示されたことを通知します。

  • DialogRedemption - Office のライセンス認証引き換えダイアログが表示されたことを通知します。

  • DialogSignIn - Office のライセンス認証サインイン ダイアログが表示されたことを通知します。

  • EmptyRedemptionDefaults - 既定の引き換え情報を取得できなかったことを通知します。

  • GetRedemptionInfo - 暗証番号引き換えの人口統計データ情報を取得していることを通知します。

  • MalformedCountryCode - 暗証番号引き換えに必要な国コードが不正であることを通知します。

  • OExDetails - ID のサインイン ダイアログが閉じられたときに返されるエラーの詳細。

  • OExType - ID のサインイン ダイアログが閉じられたときに返されるエラーの種類。

  • Tag - ユーザーがどの手順で Office のライセンス認証引き換えプロセスを終了したかを提示します。考えられるタグ:

    • 0x0311380b ユーザーが、引き換えダイアログから ID のサインイン ダイアログを閉じた
    • 0x0311380c 引き換えダイアログからのユーザーのサインイン後の ID の自動ロードに失敗した
    • 0x03113810 アカウントの人口統計情報 (国コード、言語、通貨、試用版、マーケティング設定) の読み込みに失敗した
    • 0x03113805 ユーザーがサインイン ダイアログから ID のサインイン ダイアログを閉じた
    • 0x03113806 サインイン ダイアログからの ID ポスト ユーザー サインインの自動ロードに失敗した
    • 0x03113807 ID の自動ロードに失敗した
    • 0x03113811 ユーザーがサインイン/引き換えダイアログを閉じた
    • 0x03113812 ユーザーがEULAの承諾ダイアログを閉じた
    • 0x03113808 ユーザーが EULA を承諾した
    • 0x03113811 ユーザーがダイアログを閉じました
    • 0x2370e3a0 ユーザーがダイアログを閉じました
    • 0x2370e3c1 暗証番号引き換えの Web ページに移動する
    • 0x2370e3a1 暗証番号引き換えの Web ページに移動する
    • 0x2370e3c0 ユーザーがダイアログフローを行ったり来たりすることにより、ダイアログ シーケンスがループしました
    • 0x2370e3a3 ユーザーがそのセッションの Office のライセンス認証サービスをスキップする "今はしない" ハイパーリンクをクリックしました
    • 0x2370e3a2 ユーザーが Office のライセンス認証サービスを無効にする "今後表示しない" ハイパーリンクをクリックしました
  • UseInAppRedemption - ユーザーがアプリ内で引き換えをできるようにしているか、事前に入力し取得した暗証番号を引き換えできるようにユーザーを Web に移動させているかを提示します。

  • UseModernAFO - 新しい Office のライセンス認証エクスペリエンスと古い Office のライセンス認証エクスペリエンスのどちらを使用しているかを提示します。

Office.Licensing.TelemetryFlow.ShowTryBuyDialogForOOBE

新しいマシンに Office がプリインストールされていて、ユーザーに資格がない場合、ユーザーがライセンスを取得できるように、試用、購入、またはプロダクトキーを入力するオプションを提供するダイアログが表示されます。また、このイベントはダイアログが表示されたかどうかを追跡します。 このイベントは、試用、購入、またはプロダクトキーを入力するダイアログがユーザーに表示されたかどうかを知るのに役立ち、そこから、ユーザーがライセンスを取得する機会を得たかどうかを判断するのに役立てることができます。

以下のフィールドが収集されます。

  • ActiveView - ユーザーに表示されるダイアログ ID を示します

  • CurrentOOBEMode - プレインストール モード (Office のライセンス認証や OEM などの OOBE モード。) を提示します

  • NotInitializedBeforeWhileAdding - これは単なる情報提供で、イベントが明示的に登録を行わずにテレメトリ マネージャー マップに追加されたかどうかを示します

  • SentOnDestruction - これは単なる情報提供で、イベントがテレメトリ マネージャー マップに追加されたかどうか、また明示的には送信されなかったことを示します

  • ShowTryButton - ユーザーにダイアログで [試用] ボタンが表示されたかどうかを示します

  • Tag - イベントがコードのどこから送信されたかを示すために使用されます

Office.Licensing.TelemetryFlow.TrialFlow

マシンに Office をプリインストールした、ライセンスのないユーザーが試用版を取得しようとすると、このイベントがトリガーされます。 これは、ユーザーが試用版を取得するためにたどるパス、およびアプリ内購入での試用版の取得中にエラーが発生したかどうかを確認するために使用されます。 ユーザーのアクションとアプリ内購入の結果によっては、ユーザーがライセンスを取得できなくなる可能性があります。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • HasConnectivity - ユーザーがインターネットに接続しているかどうか、また、5 日間の猶予ライセンスを使用しなければいけなかったり、機能制限モードになっているかもしれないユーザーがいない場合を示します

  • InAppTrialPurchase - PI をキャプチャし、アプリケーション内から試用版を購入するためのストア購入 SDK の起動がフライトで有効になっているかどうかを示します [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • IsRS1OrGreater - OS バージョンが RS1 よりも上位の場合にのみストア購入 SDK を使用する必要があるため、OS バージョンが RS1 より上位かどうかを示します。

  • NotInitializedBeforeWhileAdding: これは単なる情報提供で、イベントが明示的に登録を行わずにテレメトリ マネージャー マップに追加されたかどうかを示します

  • OEMSendToWebForTrial - 試用版の利用のためにユーザーを Web に移動するフライトが有効になっているかどうかを示します

  • StoreErrorConditions - ストア購入 SDK が失敗した可能性のあるさまざまな条件を示します [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • StoreErrorHResult - ストア購入 SDK から返されたエラーコードを示します [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • StorePurchaseStatusResult - ストア購入 SDK の呼び出し結果と、ユーザーが購入したかどうかを示します。これは、ユーザーが Office を使用するためのライセンスを取得するかどうかを判断するのに役立ちます [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • Tag - イベントがコードのどこから送信されたかを示すために使用されます

  • UserSignedInExplicitly - ユーザーが明示的にサインインしたかどうかを通知します。サインインした場合、試用版のためにユーザーを Web にリダイレクトします [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

Office.Licensing.UseGraceKey

何らかの理由によりユーザーのライセンスの許可が不可能な場合、猶予キーがインストールされ、そのことを通知するためにこのシグナルが送信されます。ユーザーが良好な状態にあるかどうか、および欠落している機能があるかどうかを検出するために重要なものであり、システムの正常性のために使用され、ユーザーが自分のコンピューターについての問題を報告したときには診断目的に使用されます

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • OpportunisticTokenRenewalAttempted – 共有コンピューターのライセンス認証モードでユーザーの便宜的更新を試行したかどうかを示します

  • ReArmResult – 現在のライセンス期限の延長を可能にするインストール済みキーのリセットの結果

Office.SetupOffice.Sdx.Log

このイベントは、OEM 版 Office の事前エンタイトルメントがバンドルされたデバイスを購入したユーザー、またはプロダクト キーを入力したユーザーに、Office の提供を履行した場合にトリガーされます。このデータは一般的なログ メッセージとして使用されます。

以下のフィールドが収集されます:

  • Ctid (Data_Ctid) - CorrelationId は、1 つの引き換えセッション内の異なるログをリンクするために使用されます。

  • Environment (Data_ Environment) - 開発環境 (Pr、Edog、Prod、Int)。

  • Message (Data_Message) - setup.office.com からのログ メッセージ。 たとえば、"画像 '../img/spinner.csv' を読み込めません。CDN が使用されています。"

  • Type (Data_Type) - ログ メッセージの種類 (Error、Warning、Info)

OneNote.EnrollmentResult

このイベントは、Intune の登録状態をログに記録します。 このシナリオは、Intune が有効になっているアカウントに固有のものです。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • EnrollmentResult - Intune の登録結果

SKU.PRODUCT.PRICE.NULL.EVENT

このイベントは、イベントをキャプチャして、SKU 選択画面で価格ではなく "Null" が現在のユーザーに表示されることに起因するバグの影響を数値化するために使用されます。修正プログラムを決定するために、バグは詳細に診断されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • PriceNotFound - 価格がストアで見つからない場合。

  • StoreNotInitilized - ストアが正常に初期化されていない場合。

Microsoft AutoUpdate (MAU) イベント

additionalappinfo.invalidpreference

このイベントは、製品のサービス終了に関する詳細情報を表示するように設定された無効な設定について報告します。 この情報を使用して、ユーザーに詳細情報を確認するための正しい環境設定を勧めることができます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • Reason - 環境設定の無効なエントリの詳細

  • SessionId - セッションの識別子

appdelegate.launch

このイベントは、アプリ起動の試行が発生したことを表しています。 その結果 (失敗または成功) が記録されます。 このイベントは、MAU が起動に失敗するケースを特定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppversionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 起動状態を示す静的テキストのセット。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

appdelegate.terminate

このイベントは、アプリケーションの正常な終了が発生したことを表しています。 このイベントは、正常なアプリケーションの終了と異常終了を区別するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wifi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - Microsoft Autoupdate が終了されていることを示す静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

appinstall.connecttoxpc

このイベントは、MAU ヘルパー (アプリケーションのインストールを実行するコンポーネント) への接続時にエラーが発生したことを表しています。 このイベントは、MAU アプリケーションが破損している可能性があることを表しています。 デバイスは、更新プログラムをインストールできなくなります。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 接続の問題に関するエラー情報が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

appinstall.logscanned

このイベントは、ログ ファイルが正常に処理されたかどうかを判断するために使用されます。 このイベントを使用して、アプリケーションのインストール中に発生する問題を検出し、対処します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload – アプリケーションのインストールまたはスキャンの完了状態中に見つかったエラーのレポート

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

appinstall.xpcremoteobjecterror

このイベントは、XPC 接続を介して Privileged Helper Tool への接続を試みたときに見つかったエラーを報告します。 このイベントを使用して、MAU インストールの問題が発生する可能性を把握し、対処します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID – アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload – アプリケーションの登録で発生するエラーの性質に関する情報が含まれています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

appregistry.config

このイベントは、アプリケーションのレジストリ情報の読み込み時に発生したエラーを報告します。 Microsoft はこのレポートを使用して、企業の IT 管理者にクライアント アプリケーションの登録を設定するための正しい形式をアドバイスします。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload – アプリケーションの登録で発生するエラーの性質に関する情報が含まれています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • 理由 - 文字列には、イベントに関連付けられた詳細な理由が含まれています。

  • SessionId - セッションの識別子

appregistry_info

このイベントは、アプリケーションが起動されたことを表しています。そして、MAU による更新の制御が可能なアプリケーション、利用可能なコピーの数とそのバージョン、およびインストールの場所 (既定の場所またはその他の場所) を一覧表示するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーションが Microsoft Autoupdate サービスに登録するために使用する識別子のリスト、およびアプリケーションに対して登録されたインストール数に関する情報が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

appregistry.remove

このイベントは、MAU によって管理されるアプリケーションのリストからアプリを削除しようとしたことを表しています。 このイベントは、MAU によってリリースされたアプリケーションのみが MAU で管理されていることを確認するために使用されます (ここには、AppStore ストアのアプリは示されません)。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 削除されるアプリケーションの名前と識別子アプリケーションを登録した場所に残すかどうか、および AppStore からインストールしたアプリケーションかどうか。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

catalog.errorsignature

このイベントにより、ダウンロードされたファイルのベンダー署名およびハッシュ値の不一致など、ダウンロードされたファイルに関するさまざまな問題が報告されます。 このイベントは、アプリケーションに設定されたマニフェストの発行に関する問題を検出するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • FileHash – ダウンロードされたファイルのハッシュ値

  • FileName – ハッシュ値の不一致を示すファイルの名前

  • HashInCatalog – 対応するカタログ ファイル内のハッシュ値エントリ

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 問題を報告するアプリに関する情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

catalog.invalid

このイベントは、ダウンロードされたマニフェスト カタログが無効であることを示すエラー状態を記録します。 このイベントを使用して、公開されたマニフェスト ファイルにエラーがないことを確認します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • CatalogFile – エラー状態を引き起こしたカタログ ファイルの名前。

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry – デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID – デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime – テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

cloningtask.begin

このイベントは、アプリケーションの更新前の複製タスクの開始を示しています。そして、cloningtask.status イベントと共に使用して、複製の失敗件数を特定し、異なる対象ユーザー チャネルで複製機能を調整する必要があるかどうかを判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID – アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID – 更新プログラムの識別子。

cloningtask.helpertoolconnection

このイベントによって、複製でのインストールに関する問題 (更新プログラムを適用するヘルパーへの接続に失敗したのか、接続に成功していてもヘルパーが更新プログラムを適用できないのか) を記録します。 記録が報告された場合は、複製でのインストールに失敗していて、インプレース更新にフォール バックする必要があることがわかります。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 1 つの更新アクティビティを特定する ID と、複製処理時に報告されたプロキシ エラーが含まれています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

cloningtask_status

このイベントは、更新するアプリケーションの複製処理の状態を示します。 このイベントは、成功率や失敗の原因となったエラーの種類を判断するために使用されます。 このイベントは、異なる対象ユーザー チャネルで複製機能を制限するかどうかを決定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - 複製タスクの実行中にエラーが発生した場合、文字列にエラー情報が含まれています。

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - ブール変数の文字列表現。

  • UpdateID - 更新プログラムの識別子。

cloningtask_status_finish

このイベントは、"複製" タスクの完了を報告します。 このイベントは、更新ファネル レポートの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - アプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • 成功 - クローニングタスクが成功したかどうかを示します

  • UpdateID - 更新プログラムの識別子。

configuration_channel

このイベントによって、MAU のチャネル (対象ユーザー グループ) の切替えの試行を記録します。 試行とその結果 (成功または失敗) を記録するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 選択したチャネル名が含まれています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

configuration_metadata

このイベントでは、MAU が初期化されるときには常に、その情報を記録します。 MAU ハートビートの種類のイベントです

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 個別のメタデータが初期化されているのか、構成が初期化されているのかを示す静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子。

configuration.preference

このイベントは、MicrosoftAutoUpdate で設定の問題が発生するたびにログに記録されます。 このデータは、クライアントがアプリケーション Dictionary を誤って設定することによって引き起こされる問題の範囲を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです

  • Payload - 静的テキスト。

configuration_systemVersion

このイベントは、システムのバージョンの取得に失敗したことを示します。 この情報には、Microsoft AutoUpdate (MAU) がシステムから収集できた情報に関する情報も含まれています。 このイベントを使用して、MAU がエラーに対応する必要があるかどうかを判断します。 システムのバージョンは、更新プログラムをクライアント デバイスに適用できるかどうかを判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - macOS システムのバージョン文字列の取得中に発生したエラーに関する情報が含まれています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_alertmanager_reinstallresponse

このイベントは、MAU が使用不可/回復不可能の状態になっていて、再インストールが必要なことを表しています。 このイベントは、回復不可能なエラーがあり、ユーザーの操作が必要なことを表しています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムに関するチェックの優先設定

  • Payload - ユーザーの選択内容を列挙したものが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_alertmanager_tmpdiskfull

このイベントは、ディスク領域不足が検出されたことを表しています。 ディスクの領域が不足しているために、更新プログラムをインストールできません。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_alertmanager_tmpdiskfullretry

このイベントは、ディスク領域不足の検出後に、更新プログラムのインストールが再試行されたことを表しています。 ディスクの領域が不足していたために更新プログラムがインストールできなかったときには、その後、インストールが再試行されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_alertmanager_tmpdiskfullretrycancel

このイベントは、ディスク領域不足の検出後に、インストールの再試行がキャンセルされたことを表しています。 このイベントは、ディスク領域不足が検出されたときに、フォールバック メカニズムが更新処理全体の適切なガイドをユーザーに提供しているかどうかを判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_checkwindow_noupdatefoundok

このイベントは、更新プログラムの確認の結果、更新プログラムが見つからなかったことを表しています。そして、更新プログラムが正しく提供されていることを確認してサービスの負荷を最適化するため、および更新プログラムの確認の適切な頻度を定義するために使用されます。また、更新プログラムに関するユーザーの期待に基づいて、リリースの周期を最適化することも目的としています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.checkwindow.updatecheck

このイベントは、更新プログラムの確認が実行されたことを表しています。このイベントは、更新プログラムが正しく提供されていることを確認してサービスの負荷を最適化するため、および更新プログラムの確認の適切な頻度を定義するために使用されます。また、更新プログラムに関するユーザーの期待に基づいて、リリースの周期を最適化することも目的としています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.checkwindow.updatecheckcancel

このイベントは、更新プログラムの確認処理が、ユーザーまたはシステムによってキャンセルされたことを表しています。このイベントは、更新プログラムが正しく提供されていることを確認してサービスの負荷を最適化するため、および更新プログラムの確認の適切な頻度を定義するために使用されます。また、更新プログラムに関するユーザーの期待に基づいて、リリースの周期を最適化することも目的としています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.checkwindow.updatecheckcanceluser

このイベントは、更新プログラムの確認処理がユーザーによってキャンセルされたことを表しています。このイベントは、更新プログラムが正しく提供されていることを確認してサービスの負荷を最適化するため、および更新プログラムの確認の適切な頻度を定義するために使用されます。また、更新プログラムに関するユーザーの期待に基づいて、リリースの周期を最適化することも目的としています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.checkwindow.updatesfound

このイベントは、更新プログラムの確認処理の結果として更新プログラムが見つからなかったことを表しています。 このイベントは、更新プログラムが正しく提供されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.checkwindow.uptodate

このイベントは、デバイスのアプリが最新状態になっているため、更新プログラムの確認処理の結果として更新プログラムが存在しなかったことを表しています。そして、更新プログラムが正しく提供されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.applaunchwithpendingupdate

このイベントは、更新処理中のアプリが起動されていたことを表しています。 このイベントは、更新プログラムが正しく提供されていることを確認するために使用されます。 開いているアプリは更新されないようにする必要があります。 アプリは、更新の前に閉じておく必要があります。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.closeapplicationdialog

このイベントは、更新処理中のアプリが起動されていたことを表しています。 このイベントは、更新プログラムが正しく提供されていることを確認するために使用されます。 開いているアプリは更新されないようにする必要があります。 アプリは、更新の前に閉じておく必要があります。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_downloadwindow_curtasknull

このイベントは、更新プログラムを適用しようとしたときに、予期しないエラーが発生したことを表しています。 このイベントは、更新プログラムが正しく提供されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.downloadcancel

このイベントは、ダウンロード処理がユーザーによってキャンセルされたことを表しています。 このイベントは、更新プログラムが正しく提供されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_downloadwindow_downloadfailed

このイベントは、更新プログラムのダウンロード時にエラーが発生したことを表しています。 このイベントは、更新プログラムの提供とダウンロードが正しく実施されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.downloadfailedok

このイベントは、更新プログラムのダウンロード中にエラーが発生して、ユーザーに通知されたことを表しています。 このイベントは、更新プログラムの提供とダウンロードが正しく実施されていて、エラーが発生した場合にはユーザーに通知が示されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.downloadpathmissing

このイベントは、更新プログラムのダウンロード時にエラーが発生したことを表しています。 このイベントは、更新プログラムの提供とダウンロードが正しく実施されていることを確認するために使用されます。 このイベントは、ダウンロード URL が見つからないことを示しています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.downloadtasknull

このイベントは、更新プログラムのダウンロード時にエラーが発生したことを表しています。 このイベントは、更新プログラムの提供とダウンロードが正しく実施されていることを確認するために使用されます。 このイベントは、Microsoft Autoupdate がダウンロードの一時停止/再開を求められたときに、対応するダウンロード マネージャーが見つからなかったことを示しています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.filesignaturenotverified

このイベントは、更新プログラムのダウンロード時にエラーが発生したことを表しています。 このイベントは、Microsoft Autoupdate では今回の更新プログラムが Microsoft から公開されたものであると検証できなかったことを示しています。 このイベントは、更新プログラムの提供とダウンロードが正しく実施されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード URL を含むテキスト。 チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_downloadwindow_installcomplete

このイベントは、Microsoft Autoupdate によって提供されたすべての更新プログラムのインストールが完了したことを表しています。 このイベントは、更新プログラムの提供とダウンロードが正しく実施されていることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.networkunavailablealert

このイベントは、更新プログラムのダウンロード中にネットワーク接続が切断されたことを表しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.networkunavailablealertok

このイベントは、更新プログラムのダウンロード中にネットワーク接続が失われたことを示しています。また、そのエラーがユーザーに通知されていることも示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.noconnectionok

このイベントは、更新プログラムのダウンロード中にネットワーク接続が失われたことを示しています。また、そのエラーがユーザーに通知されていることも示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.repairrequired

このイベントは、更新処理が失敗したことを表しています。 また、更新が完了していても、更新されたアプリケーションに問題があり、修復が必要なことを Microsoft Autoupdate が検出したことも示します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.updateaborted

このイベントは、更新処理が中断されたことを表しています。 また、更新はデーモンによって既に進行していたが、ユーザーが [OK] をクリックすることでダウンロードを中断したことも示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.updatefailed

このイベントは、現在のバッチからの 1 つ以上の更新が失敗したことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.updatesuccessful

このイベントは、現在のバッチからのすべての更新が成功したことを表しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.userpaused

このイベントは、現在のバッチからのすべての更新が成功したことを表しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.downloadwindow.userresumed

このイベントは、更新プログラムのダウンロード処理が中断された後、正常に再開されたことを示しています。これは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.mainwindow.setautomaticchecking

このイベントは、デバイスが自動更新モードに登録されたことを示しています。これは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.mainwindow.setautomaticdownloadinstall

このイベントは、デバイスが自動更新モードに登録されたことを示しています。これは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.mainwindow.setmanualchecking

このイベントは、デバイスが手動更新モードに登録されたことを示しています。これは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.templateawindow.cancel

このイベントは、提示された警告メッセージに対して、ユーザーがキャンセルまたは無視を選択したことを示しています。これは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.templateawindow.enroll

このイベントは、提示された警告の推奨事項にユーザーが従うように選択したことを示しています。これは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.templateawindow.install

このイベントは、ソフトウェア インストール操作の開始に関して提示された警告の推奨事項にユーザーが従うように選択したことを表しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_updatewindow_begindownloadingapps

このイベントは、更新プログラムのダウンロードが、更新ウィンドウから開始されたことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 利用可能な更新プログラム パッケージのディクショナリと、そのエントリのインストールをユーザーが選択したかどうかを示す指標が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_updatewindow_networkretry

このイベントは、ネットワーク障害のために更新シートで再試行がトリガーされたことを表しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.updatewindow.networkretry

このイベントは、ネットワーク障害のために更新シートで再試行がトリガーできなかったことを表しています。 このイベントは、ネットワークが使用できなくなったという警告の通知後に、ユーザーが更新のキャンセルを選択したことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller_updatewindow_networkunavailable

このイベントは、ネットワーク接続が突然切断されたことを表しています。 このイベントは、更新プログラム パッケージをダウンロードしようとしたときに、サーバーにアクセスできないことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.updatewindow.noupdateavailable

このイベントは、更新プログラムの検索結果で利用可能な更新プログラムが見つからなかったことを表しています。 このイベントは、Microsoft Autoupdate では利用可能な更新プログラムが見つからなかったことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.updatewindow.noupdatestoselect

このイベントは、エラーが発生したために更新プログラムのリストが空になっていることを表しています。 このイベントは、Microsoft Autoupdate が空の更新プログラム シートを表示していることを示しています。 この事態が発生してはなりません。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

Controller.UpdateWindow.UpdateAvailable

このイベントは、更新プログラムの検索結果で更新プログラムが提供されていることを表しています。 このイベントは、更新プログラムがユーザーに提供されているかどうか、適切な更新プログラムが表示されているかどうか、または更新プログラムのブロックが期待どおりに動作しているかどうかを判断するために使用されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していること確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 利用可能な更新プログラム パッケージのディクショナリと、それぞれに対するユーザーの選択状態が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

controller.updatewindow.updateavailablecancel

このイベントは、更新プログラムがリストされている更新プログラム シートの表示後に、ユーザーがキャンセルしたことを表しています。 このイベントは、更新しない理由 (ユーザーによる自発的なキャンセル) を明らかにするために使用されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadactor.pause

このイベントは、ユーザーがダウンロードの一時停止要求を発行したことを表しています。 このイベントは、更新が完了していないと考えられる理由を明らかにするために使用されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadactor.redirect

このイベントは、ダウンローダー エージェントが、ダウンロード要求に対して URL リダイレクトを発行するエンドポイントを指していることを表しています。 このイベントは、ダウンロードの失敗理由を明らかにするため、およびプロキシの問題を診断するために使用されます。 また、ユーザーが古いビルドをインストールすることになった理由を診断する際にも利用されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - リダイレクトされた URL が格納されています。 チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadactor_resume

このイベントは、ユーザーが一時停止したダウンロードの再開要求を発行したことを表しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadactor.resumeerror

このイベントは、ユーザーが一時停止したダウンロードの再開要求を発行したことを表しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード URL のパスが格納されています。 チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadactor.status

このイベントによって、付帯ファイルのフェッチの試行があったことと、その結果 (成功または失敗) を記録します。 付帯ファイルとパッケージがフェッチされていることを知る必要があります。 誤ったファイルがフェッチされていると、ビルド/付帯ファイルの問題を示すことがあります。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード URL とエラー コード (エラーが発生した場合) が格納されています。 ダウンロード URL は、チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.cachedupdate

このイベントは、ダウンロードが要求され、キャッシュされたファイルがすでにローカルに保存されている場合にトリガーされます。 このイベントは、キャッシュされた更新プログラムの使用について報告します。 このデータは、キャッシュされた更新プログラム パッケージの数からキャッシュされた更新機能の成功を測定するために使用されます。場所、使用、検証の失敗などです。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • AppID - イベントに関連するアプリケーションの識別子。

  • 理由 - イベントに関連付けられた詳細な理由を含む文字列。

  • 成功 - イベントに関連する操作の成功を示すブール値。

downloadmanifest.configuration

このイベントは、Microsoft Auto Update (MAU) の構成のエラーを報告します。環境設定のカスタム サーバーの設定、またはインストールされている MAU コンポーネントの Update Assistant のエンドポイント定義のいずれかです。このイベントを使用して、正しいマニフェスト サーバー エンドポイントを設定するように IT 管理者にアドバイスします。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • Payload - エラーがカスタム サーバー 設定にあるか、インストール済みの MAU コンポーネントにあるかを示します。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.downloadcatalogfail

このイベントは、ダウンロードが失敗したことを表しています。 ダウンロードに失敗したファイルは記録されます。 付帯ファイルとパッケージがフェッチされていることを知る必要があります。 マニフェストのダウンロードの失敗は、ビルド付帯ファイル生成の失敗、CDN 構成エラー、クライアント構成エラー、またはネットワーク エラーのいずれかを示していると考えられます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード エラー コードと、ダウンロード ファイル URL が格納されています。 チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.downloadcatalogsuccess

このイベントは、ファイルが正常にダウンロードされたことを表しています。 マニフェストのダウンロードの失敗は、ビルド付帯ファイル生成の失敗、CDN 構成エラー、クライアント構成エラー、またはネットワーク エラーのいずれかを示していると考えられます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード エラー コードと、ダウンロード ファイル URL が格納されています。 チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.downloadfail

このイベントは、ダウンロード エラーが発生したことを表しています。 ダウンロードに失敗したマニフェストまたはパッケージ ファイルは、エラーの詳細と共に記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード エラー コードと、ダウンロード ファイル URL が格納されています。 チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.downloadfromurl

このイベントは、カタログ ファイルのダウンロードが開始されたことを表しています。 カタログ ファイルのダウンロード元 URL が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード エラー コードと、ダウンロード ファイル URL が格納されています。 チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.downloading

このイベントは、カタログ ファイルのダウンロードが開始されたことを表しています。 カタログ ファイルのダウンロード元 URL が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード エラー コードと、ダウンロード ファイル URL が格納されています。 チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.downloadsuccess

このイベントは、XML とパッケージ ファイルのダウンロードが成功したことを表しています。 ファイルのダウンロード元 URL が記録されます。 Microsoft はこのイベントを使用して、更新プロセスが期待どおりに機能することを確認し、エラーのトラブルシューティングを支援します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - イベントに関連するアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • CachedUpdate - キャッシュされたダウンロードが使用されているかどうかの表示

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • LeapFrog - 更新が “leapfrog” 更新であるかどうかを示すブール値。 Leap Frog は、最新バージョンへのデルタ更新を提供しますが、提供されている最新バージョンへの更新は提供しません。

  • Payload - ダウンロード エラー コードと、ダウンロード ファイル URL が格納されています。 チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • 理由 - 文字列には、イベントに関連付けられた詳細な理由が含まれています。

  • SessionId - セッションの識別子

  • StaleCache - キャッシュされた更新が古くなったためにダウンロードが必要かどうかの表示

downloadmanifest.downloadurl

このイベントは、ファイルのダウンロード要求が発生したことを表しています。 ファイルのダウンロード元 URL が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード エラー コードと、ダウンロード ファイル URL が格納されています。 チャネルがカスタムに設定されている場合を除いて、Microsoft のダウンロードの場所になります。 カスタム チャネルの場合、この値は "Custom Location" に設定されます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.filenameerror

このイベントは、予期しないエラーが発生したことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.invalidhash

このイベントは、ファイルのセキュリティ検証が失敗したことを示します。 Microsoft はこのイベントを使用して、更新プロセスが期待どおりに機能することを確認し、エラーのトラブルシューティングを支援します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - イベントに関連するアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • CatalogID - イベントに関連するアプリケーション カタログの識別子

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - イベントに関連して発生したエラーの詳細を示します。

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • File - 現在のファイル名を示す文字列。

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロードしたファイルの名前 (ハッシュ値が無効なもの) が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.missingdaemon

このイベントは、ユーザーが更新プログラムについて確認しようとしたときに、MAU が重要なコンポーネント (デーモン) を見つけられなかったことを検出した状況を表しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.signatureerror

このイベントは、パッケージのコード署名の検証に失敗したことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロードしたファイルの名前 (ハッシュ値が無効なもの) が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmanifest.status

このイベントによって、マニフェストおよびパッケージ ファイルのダウンロード処理中に発生した試行/失敗について要約した集計を記録します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - URL (Microsoft アドレス)、ダウンロード対象ファイルのプレフィックス、発生したエラーなどの情報が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmgr.downloadend

このイベントは、ダウンロード処理が単独で完了したことを示すマーカーをログに記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - URL (Microsoft アドレス)、ダウンロード対象ファイルのプレフィックス、発生したエラーなどの情報が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadmgr.downloadstart

このイベントによって、ダウンロードしようとしている更新プログラムを記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード対象になっている更新プログラムの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

downloadtask.downloadbegin

このイベントは、アプリケーションの更新プログラムのダウンロード アクティビティが開始したことを示します。 これは、更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • BundleVersion - 更新プログラムが適用されるアプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • LeapFrog - 更新が “leapfrog” 更新であるかどうかを示すブール値。 Leap Frog は、最新バージョンへのデルタ更新を提供しますが、提供されている最新バージョンへの更新は提供しません。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • PreviousUpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

  • UpdatePkg - 適用されている更新プログラム パッケージの名前

  • UpdateVersion - 更新プログラム適用後のアプリケーションのバージョン

downloadtask.downloadfailure

このイベントによって、パッケージ ファイルのダウンロード時に発生したエラーを記録します。 更新パスとエラーが記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID – ダウンロードに失敗したアプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error – ダウンロード中に観察されたエラー。

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロード対象の更新プログラムの名前と検出されたエラーが格納されています。 [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID – ダウンロードする更新プログラムの識別子。

downloadtask.downloadfailure

パッケージ ファイルの正常なダウンロード。 使用した更新パスが記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID – アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 正常なダウンロードの更新パスが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID – ダウンロードされたアップデートの識別子。

downloadtask.updatertypeerror

このイベントは、ダウンロードしたマニフェスト ファイル内の更新ツールの種類のエラーを報告します。 このイベントを使用して、マニフェストファイルの所有者に通知し、エラーを修正できるようにします。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

  • UpdaterType - ダウンロードされたマニフェスト ファイルに指定されている更新ツールの種類

  • UpdateURL - 適用する必要がある更新プログラム パッケージの URL

downloadtask.urlerror

このイベントは、ダウンロードされたマニフェスト ファイルで指定された URL のエラーを報告します。 このイベントを使用して、マニフェストファイルの所有者に通知し、エラーを修正できるようにします。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • Error - 発生しているエラーの性質を示します

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

  • UpdateURL - 適用する必要がある更新プログラム パッケージの URL

errorsandwarnings

このイベントは、Microsoft AutoUpdate の実行中に検出された異常な状態によってトリガーされます。 Microsoft はデータを使用して検出し、検出された問題に対処します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • AppID - イベントに関連するアプリケーションの識別子

  • Error - イベントに関連して発生したエラーの詳細を示します。

  • File - 現在のファイル名を示す文字列。

  • 操作 - エラーまたは警告が発生した場合に実行される操作を示します。

  • UpdateID - 更新プログラムの一意の識別子。 この識別子は、更新プロセスの潜在的な問題を関連付け、識別するために使用されます。

fba.changelastupdate

このイベントは、Microsoft AutoUpdate (MAU) が更新プログラムを確認した日時を報告します。 このイベントは、特定のデバイスに長期間アップデートが提供されなかった場合のデバッグに使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • Payload - MAU によって更新プログラムが確認された日時が含まれます

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.changelastupdate

このイベントは、バックグラウンド プロセスで更新プログラムを確認していることを表しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.checkforupdateskip

このイベントは、MAU GUI が開かれていたため、バックグラウンド プロセスで更新がスキップされたことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.forceinstallmsgsent

このイベントは、ユーザー インターフェイスから強制更新が開始されたことを示します。 このイベントはファネルの一部であり、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.forceinstallmsgsent

このイベントは、更新プログラムのチェックが強制されていることを示します。このイベントを使用して、通常の更新プログラムのチェック サイクル外で発生する強制的な更新プログラムのチェック回数を特定します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.guiappopen

このイベントは、該当する更新を含むアプリケーションが現在開いているため、ユーザー インターフェイスが自動チェック モードで起動されていることを示します。 このイベントは、今後の機能開発のために自動チェック モードを使用してユーザー インターフェイスを起動するかどうかを決定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.installpending

このイベントは、Microsoft の Auto Update (MAU) が保留中の更新について通知を送信したことを示します。そして、ユーザー通知から開始される更新の件数を特定するために使用され、将来のリリースでユーザーへの割り込みを最小限に抑えることによってユーザー エクスペリエンスを向上させるために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.launch

このイベントは、起動される方法で Microsoft Update Assistant が開始したことを示します。 このイベントは、Microsoft Update Assistant が不適当なコンテキストで起動されているかどうかを判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.launchbyagent

このイベントは、Microsoft Update Assistant が起動エージェントを介して起動されたことを示します。 このイベントは、Microsoft Update Assistant がユーザー インターフェイスから開始される回数を特定するために使用され、将来の開発に役立てられます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.launchfromprotocol

このイベントは、Microsoft Update Assistant が URL プロトコルを介して起動されたことを示します。 このイベントは、Microsoft Update Assistant が URL を介して開始される回数を特定するために使用され、将来の開発に役立てられます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - URL スキームと URL ホストに関する情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.launchgui

このイベントは、Microsoft Update Assistant がグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を起動しようとしていることを示します。 このイベントは、Microsoft Update Assistant から開始される UI 起動の回数を特定するために使用され、頻繁な UI 起動によるユーザーの中断を最小限に抑えるなど、将来の開発に役立てられます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.launchstatus

このイベントによって、起動の試行中に発生した MAU のデーモンのエラーを記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error – 起動状態を反映する OSStatus (Apple 状態コード) が格納されています。

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 起動状態を反映する OSStatus (Apple 状態コード) が格納されています。[このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success – MAU デーモン プロセスが正常に起動されたかどうかを示す文字列のブール型。

fba.mausilentupdate

このイベントは、Microsoft Update Assistant がサイレント更新を開始していることを示しています。そして、ユーザーの介入なしに適用される更新の件数を特定するために使用され、ユーザー エクスペリエンスの改善を促進するために役立てられます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • Reason - UI が開いているためサイレント更新を続行できないことを示す静的テキスト

  • SessionId - セッションの識別子

fba.moreinfofromappnotification

このイベントは、登録されたアプリケーションが Microsoft AutoUpdate (MAU) を介してルーティングしているという情報を報告します。 たとえば、サービス終了のメッセージは MAU 通知を通してプッシュされます。 このイベントを使用して、この特定の通知が表示されているデバイスの数を特定し、情報の配布の成功を判別します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • AdditionalInfoID - MAU を通してプッシュされている "詳細情報" を一意に識別します。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • NotificationEvent - 適用される通知の種類を示す静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.multipledaemon

このイベントは、Microsoft Update Assistant の別のインスタンスが検出され、現在のインスタンスが終了することを示します。 このイベントを使用して、Update Assistant の複数のインスタンスを実行しようとするデバイスの数を特定し、必要に応じて回避策を設計します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.nofifyappclosed

このイベントは、Microsoft Update Assistant が保留中の更新の通知を送信していることを示します。登録済みのアプリケーションは開かれておらず、ユーザーを中断させることなく更新を続行できるためです。 このイベントを使用して、適用可能であるが、ユーザーのアクションを必要とする更新の数を特定します。 このイベントは、ユーザー エクスペリエンスの向上を促進するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.nofifyappopen

このイベントは、Microsoft Update Assistant が保留中の更新の通知を送信していることを示します。これは、登録済みアプリケーションが開かれていて、更新を続行するにはアプリケーションを閉じる必要があるためです。 このイベントを使用して、ユーザーの介入が必要な更新の数を特定します。 このイベントは、ユーザー エクスペリエンスの向上を促進するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.settimerfail

このイベントは、将来の更新をトリガーするためにタイマーをセットアップする試みが失敗したことを示します。 このイベントは重要であり、このイベントを使用して失敗の件数を特定し、必要に応じて回避策を開発します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 最終更新日時と使用されているカレンダーに関する情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.silentupdateoptin

このイベントは、ユーザーがサイレント更新に同意していることを表しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.skipforcedupdate

このイベントは、アプリケーションが開かれていたため、強制的な更新プログラムのチェックがスキップされたことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.startforcedupdate

このイベントは、強制的に更新プログラムを適用しようとしたことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.terminate

このイベントは、MAU デーモンが正常に終了したことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.updatefound

このイベントは、MAU デーモンが利用可能な更新プログラムを見つけたことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 見つかった利用可能な更新プログラムの数が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fba.updatetimer

このイベントは、Microsoft Autoupdate デーモン プロセスが一定時間の休止後に、更新プログラムを確認するためにアクティブになったことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 現在の日付と時刻の情報が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.allappsclosed

このイベントによって、すべてのアプリがインストール前に閉じられていたかどうかを記録します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.applaunchafterupdate

このイベントによって、サイレント更新後のアプリ再起動の試行と、更新モード (複製かどうか) を記録します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID – アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error – 更新後のアプリケーションの起動中に発生したエラーの詳細。

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子と、起動されるアプリケーションの名前が格納されています。 [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.applaunchwileinstalling

更新プログラムのインストール中にアプリが起動されたときに、その情報が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.appneedtoclose

更新処理が開始されてから更新するアプリケーションが開かれていることが検出されたときには、その情報が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子、更新プログラムの名前、およびアプリケーション バンドル ID が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.appterminationeventreceived

このイベントは、アプリケーションが終了したことを通知する Apple イベントを Microsoft Autoupdate が受信したことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID – アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error – アプリケーションの終了中に発生したエラーの詳細。

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子とアプリケーション バンドル ID が格納されています。 また、終了イベントを受信していても、まだアプリケーションが実行中であると Microsoft Autoupdate が判断した場合は、エラー文字列も格納されていることがあります。 [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID – アプリケーションの更新プログラムの識別子。

FBASilentUpdate.ClientSession

このイベントは、Microsoft AutoUpdate (MAU) の重要な更新プログラムの正常性メトリックの計算に使用されます。 このイベントにより、バックエンドが現在処理している更新セッション (ダウンロードまたはインストール) を示すことができます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - バックエンドが現在処理している更新セッション (ダウンロードまたはインストール) を示します。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.codesignfailure

このイベントは、更新プログラム適用後のコード署名検証の結果をログに記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - コード署名検証操作の結果が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.download

このイベントは、更新プログラムがダウンロードされていることを表しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子と、更新プログラムの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • ScreenLocked – ロックされた画面の背後でダウンロードが開始されるかどうかを示します

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.downloadfailed

このイベントは、更新プログラムのダウンロード中にエラーが発生したことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID – アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error – アプリケーションの更新プログラムのダウンロード中に発生したエラーの詳細。

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子と、更新プログラムの名前が格納されています。 [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID – アプリケーションの更新プログラムの識別子。

  • UpdateName - アプリケーションの更新プログラムの名前。

fbasilentupdate.downloadinbackground

このイベントは、更新プログラム セットのダウンロードがバックグラウンドで開始されたことを表しています (同時にダウンロードしている更新プログラムの数が記録されます)。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - キューに登録済みの更新プログラムの数が格納されています。

    • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)
  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.downloadingrepairupdate

このイベントは、失敗した更新プログラムに対応する修復のダウンロードの試行を開始したことを表しています。 バージョンと更新プログラムが記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子と、更新プログラムの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • ScreenLocked – ロックされた画面の背後でダウンロードが開始されるかどうかを示します

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.duplicatedownloadattempted

このイベントは、エラーが発生したことを表しています。 1 つのアプリに対する更新プログラムは同時に 1 つのみダウンロードする必要があります。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.installattemptfailed

このイベントは、更新プログラム (バージョン) のインストールの試行が失敗したことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.installcomplete

このイベントは、バッチのすべての更新プログラムのインストールが完了したことを表しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.installed

このイベントは、個別の更新プログラムが正常にインストールされたことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。 更新プログラムの識別子が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.installing

このイベントは、個別の更新が開始されたことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子、更新プログラムの名前、および更新プログラム パッケージの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.installstatus

このイベントは、アプリケーションの更新タスクの状態を報告します。 このイベントは、アプリケーションの更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を監視するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 進捗状況を表示するかどうかを示す情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - アプリケーションが正常に更新されたかどうかを示します

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

  • UpdateName - ダウンロードしたマニフェスト ファイルに記載されている更新プログラムの名前

  • UpdatePkg - 適用されている更新プログラム パッケージの名前

fbasilentupdate.notificationerror

このイベントは、ユーザー通知の送信時に発生したエラーを報告します。 このイベントは、エラーの原因をデバッグし、修正アクションを実行するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - 発生したエラーの性質を示します

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Message - 通知の内容

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Title - 通知のタイトル

  • Type - 通知の種類

fbasilentupdate_notificationremoved

このイベントは、ブロックされていた更新プログラムがブロックされなくなったことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - これまでブロックされていたアプリケーションのアプリケーション ID (Microsoft Autoupdate サービスへの登録に使用したアプリケーション識別子) が格納されています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.queueinstall

このイベントは、更新プログラムがサイレント インストールを行うようにキューに登録されることを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子と更新プログラムの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.requiredappsclosed

更新保留中のアプリケーションが閉じられたときに、その情報が記録されます。 これは、実際のインストールが実行できるようになった時刻を示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子と、アプリケーション バンドル ID が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

FBASilentUpdate.TimerForAppTermination

このイベントは、Microsoft AutoUpdate (MAU) の重要な更新プログラムの正常性メトリックの計算に使用されます。 このイベントにより、開いたアプリケーションの終了イベントと、開いた状態の継続時間を追跡できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload – 更新プログラムのインストールがトリガーされたときに、開いているアプリケーションにタイマーが設定されているかどうかを示します。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.updateavailablenotification

このイベントは、更新プログラムの利用可能通知がトリガーされたことを示しています。 更新プログラムが検出されたときに、更新を促すフローがトリガーされるようにする必要があります。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • CustomNotification – カスタム通知が使用されたかどうかを示すブール値。

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。[このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.userclicknotification

このイベントは、ユーザーが更新プログラムの利用可能通知のコンテンツ セクションをクリックして、Microsoft Autoupdate GUI が起動されていることを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.userselectinstalllater

このイベントは、更新プログラムの利用可能通知を表示してから、ユーザーが後でインストールするように選択したことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

fbasilentupdate.userselectinstallnow

このイベントは、更新プログラムの利用可能通知を表示してから、ユーザーが今すぐインストールするように選択したことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

gui.dashboardrowview.updatestate

このイベントは、MAU UI でアプリケーション情報の表示を試行したときに見つかったエラーを報告します。 このイベントは、MAU の状態の確認と、エラー箇所の追跡/対処に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID – アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload – 発生したエラーの性質に関する情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

gui.dashboardview.appisopendialog.display

このイベントは、開いているアプリケーションを閉じてアプリケーションの更新を続行するためのダイアログを UI が表示したことを示します。 このイベントは、遅延している更新プログラムの数を特定するために使用され、ユーザーの中断を最小限に抑えるための将来の機能強化に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

  • UpdateName - ダウンロードしたマニフェスト ファイルに記載されている更新プログラムの名前

gui.dashboardview.appisopendialogbutton.clicked

このイベントは、アプリケーションの更新がスキップされたか、[アプリケーションを開く] ダイアログが表示された後に、別の試行が行われているかを示します。 このイベントは、スキップされている更新プログラムの数を特定するために使用され、ユーザーの中断を最小限に抑えるための将来の機能強化に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • ButtonType - スキップまたは再試行

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

  • UpdateName - ダウンロードしたマニフェスト ファイルに記載されている更新プログラムの名前

gui.dashboardview.updateinprogressdialog.display

このイベントは、更新が既に進行中であることを示すダイアログが表示されたかどうかを記録します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

gui.dashboardview.updatemodebutton.clicked

このイベントは、UI コントロールから更新モードが変更されたことを示しています。そして、モードを切り替えるデバイスの数を特定するために使用されます。これは、ユーザーが自動更新を実行しない理由を判断するのに役立ちます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 自動ダウンロードがオフになっているかどうかを示します

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

gui.feedbackwindow.buttonclicked

このイベントは、フィードバックが送信されているか送信前にキャンセルされているかを報告します。 このイベントは、特定のリリース バージョンで送信されたフィードバックの件数を特定するのに役立ちます。 これにより、潜在的な問題を早期に特定できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • ButtonType - フィードバックが送信されたかキャンセルされたかを示します

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

gui.preferenceview.consentsheet.display

このイベントは、特定のチャネルの同意シート (利用可能な場合) が表示されたことを示します。 このイベントは、該当する対象ユーザー チャネル (Insider ファースト/Insider スロー) に新しく登録されるデバイスの数を特定するために使用されます。 このイベントは、ユーザーに使用条件を表示する同意ダイアログ表示が機能していることを確認するためにも使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • ChannelName - 同意ダイアログが表示されたチャネル

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

gui.preferenceview.consentsheet.licenseerror

このイベントは、同意ダイアログを表示しようとしたときに発生したエラーを報告します。 このイベントは重要であり、該当する場合は、製品の変更によって引き起こされる問題を修正するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • ErrorCode - 発生したエラーコード

  • ErrorDomain - エラー ドメイン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

gui.preferenceview.switchchannel

このイベントは、ユーザーが選択したチャネル間の切り替えを報告します。 このイベントは、ユーザーが Insider チャネルをオプトアウトする理由を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PickedFrom - 旧チャネル

  • PickedTo - 新チャネル

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

gui.updatemanager.applaunchduringupdate

このイベントは、更新中にアプリケーションが起動されたことを報告し、起動されたアプリケーションは Microsoft AutoUpdate によって終了されます。 更新中にアプリケーションを起動すると、アプリケーションが破損する可能性があることに注意してください。 このイベントは、起動したアプリケーションが使用可能になる前に対処して、更新プロセスに影響を与えないようにするために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新中に起動されたアプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - アプリケーションが正常に終了したことを示す文字列ブール値。

  • UpdateID - アプリケーションの更新プログラムの識別子。

gui.updatemanager.downloadupdateforapp

このイベントは、更新プログラムのダウンロード完了状態について報告します。 このイベントは、更新プロセスの状態の確認と、エラー箇所の追跡/対処に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • IsRepair - 特定の更新が修復ダウンロードかどうかを示す文字列のブール値。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • isRepair - ダウンロードが以前に失敗した更新の修復ダウンロード用かどうかを示します。

  • UpdateID - 更新プログラムの識別子。

  • UpdateName - 更新プログラムの名前。

gui.updatemanager.error

このイベントは、アプリケーションの更新中に発生するエラーを報告します。 これは、Microsoft AutoUpdate (MAU) 実行シーケンスでエラーが発生したことを示している可能性があります。 このレポートを使用して MAU に更新を適用して、一般的なエラー シナリオに対応します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload – アプリケーションの更新中に発生したエラーに関する情報が含まれています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - アプリケーションが正常に終了したことを示す文字列のブール値。

gui.updatemanager.installcleanupforapp

このイベントは、アプリケーションのインストール中に作成された一時ファイルが正常にクリーンアップされたことを示します。 これは、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用される更新ファネルの一部です。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID – アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppState – 更新試行後のアプリケーションの状態を示す整数値。

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - 更新プログラムの識別子。

gui.updatemanager.installsuccessforapp

このイベントはアプリケーションが正常に更新されたことを示します。 このイベントは、更新ファネルの一部であり、更新の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - 更新プログラムが正常にインストールされたかどうかを示す文字列のブール値。

  • UpdateID - 更新プログラムの識別子。

gui.updatemanager.installupdateforapp

このイベントは、アプリケーションの更新プログラムのインストール プロセスが実際に開始したことを示します。 このイベントは、アプリケーション更新ファネルの一部であり、更新の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - 更新プログラムの識別子。

gui.updatemanager.queueinstallforapp

このイベントは、アプリケーションの更新プログラムのインストール プロセスが実際に開始したことを示します。 このイベントは、アプリケーション更新ファネルの一部であり、更新の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - 更新プログラムの識別子。

gui.updatemanager.relaunchapp

このイベントは、更新後にアプリケーションが正常に再起動されたかどうかを記録します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - アプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - アプリケーションが正常に終了したことを示す文字列ブール値。

  • UpdateID - 更新プログラムの識別子。

  • UpdateName - 更新プログラムの名前。

installdata.checkrunning

このイベントによって、インストールするアプリ間での確認結果と、開かれているアプリに基づいてインストールの試行を続行するかどうかを記録します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installdata.cleanup

パッケージ ファイルはインストール後に削除する必要があります。 このイベントによって、削除に失敗したインスタンスを記録します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロードしたファイルの名前とエラーの詳細が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installedapp.acknowledgedcoreappleevent

このイベントは、保留中のアプリケーションの更新を続行するため、Microsoft AutoUpdate (MAU) が登録済みのアプリケーションから Apple イベントの確認応答を受信してアプリケーションを終了することを示します。 このイベントは、アプリケーションの更新中のユーザーの中断を最小限に抑えるための将来の拡張機能を開発するために使用されています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppleEventClass - 送信/確認されたイベントの種類を示します

  • AppleEventID - 送信/確認されたイベントの一意の識別子

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 再試行回数が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - 更新プログラムの識別子

installedapp.invalidbundle

このイベントは、Microsoft Autoupdate が、特定のパスで登録済みのアプリケーションに関するバンドル情報を取得できなかったことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーションの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installedapp.invalidpreference

このイベントによって、ユーザーの優先設定に無効なアプリケーション エントリが含まれているケースを記録します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムに関するチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installedapp.nilbundleid

このイベントによって、アプリのバンドル ID が見つからないケースを記録します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーションの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installedapp.nilbundlename

このイベントによって、アプリのバンドル名が見つからないケースを記録します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーションの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installedapp.respondedcoreappleevent

このイベントは、保留中のアプリケーションの更新を続行するために、Microsoft Auto Update (MAU) が登録済みのアプリケーションから Apple イベントの応答コードを受信してアプリケーションを終了することを示します。 このイベントは、アプリケーションの更新中のユーザーの中断を最小限に抑えるための将来の拡張機能を開発するために使用されています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppleEventClass - 送信/確認されたイベントの種類を示します

  • AppleEventID - 送信/確認されたイベントの一意の識別子

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 再試行回数が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - 更新プログラムの識別子

installedapp.sendcoreappleevent

このイベントは、保留中のアプリケーションの更新を続行するために、Microsoft AutoUpdate (MAU) が登録済みのアプリケーションに Apple イベントを送信してアプリケーションを終了することを示します。 このイベントは現在、アプリケーションの更新中のユーザーの中断を最小限に抑えるための将来の拡張機能を開発するために使用されています。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • Acknowledged - 対象のアプリケーションがイベントの受信を確認したかどうかを示します

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - イベントに関連するアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppleEventClass - Apple イベント クラスの種類を識別する文字列

  • AppleEventID - Microsoft AutoUpdate から登録済みアプリケーションに送信される Apple イベントの識別子

  • AppleEventID - Microsoft AutoUpdate から登録済みアプリケーションに送信される Appleイベントの識別子

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - イベントに関連して発生したエラーの詳細を示します。

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • InAppMsg - アプリケーションがアプリ内メッセージを表示して、更新するためにアプリを終了するかどうかを示します。

  • Payload - 再試行回数が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • Retries - 再試行回数

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - 対象アプリケーションが操作の成功を報告したかどうかを示します

  • Timeout - Apple イベントの送信後にアプリケーションが応答するまで待機する秒の数を示す整数値。

  • UpdateID - 更新プログラムの一意の識別子。 この識別子は、更新プロセスの潜在的な問題を関連付け、識別するために使用されます。

installstatus.codesign

このイベントによって、OS コード署名バイナリの状態を記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installstatus.daemon

このイベントによって、Microsoft AutoUpdate デーモンの状態を記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • BundleReachable – Microsoft AutoUpdateBoolean アプリケーション バンドルへのアクセスに関して問題が生じたかどうかを示すブール値。

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Codesigned – Update Assistant が適切にコード署名されたかどうかを示すブール値。

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • Exists – Update Assistant がディスク上に存在するかどうかを示すブール値。

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 期待される場所にデーモン コンポーネントが存在しているかどうかと、そのコンポーネントがコード署名されているかどうかを示す指標が格納されています。 [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installstatus.helper

このイベントによって、Microsoft AutoUpdate ヘルパー ツールの状態を記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 期待される場所に PrivilegedHelperTool コンポーネントが存在しているかどうかと、そのコンポーネントがコード署名されているかどうかを示す指標が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.applaunched

このイベントは、Microsoft Autoupdate が、更新がブロックされているアプリケーションの起動を検出したが、一致するインストーラーを見つけられなかったことを示します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 起動されたアプリケーションの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.applaunchwithpendingupdate

このイベントは、Microsoft Autoupdate が、更新が保留されているアプリケーションの起動を検出したことを示しています。 起動されたアプリケーションは終了されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.codesignverificationfail

このイベントは、アプリの更新プログラムのコード署名検証に失敗したことを示しています。これは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子、更新されるアプリケーションの名前、およびエラー コードが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.codesignverificationstart

このイベントは、アプリの更新プログラムのコード署名が開始されたことを示しています。これは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子と、更新されるアプリケーションの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.codesignverificationsuccess

このイベントは、アプリの更新プログラムのコード署名検証が成功したことを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子と、更新されるアプリケーションの名前が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.failsilentinstall

このイベントによって、サイレント更新の適用時のエラーと、このインストールが複製されたものか通常のものかを記録します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子と、更新プログラムの種類が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.multiplerelocatablepackage

このイベントは、Microsoft Autoupdate が、ダウンロードしたマニフェストで特定の更新プログラム パッケージに対するアプリケーション エントリの複数のインスタンスを検出したことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していること確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子と更新プログラムの名前が格納されています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.removeclone

このイベントは、複製が削除されたことを表しています。 複製は、複製でのインストール プロセスが完了したとき、または新しいプロセスが開始されマシンに古い複製バージョンが見つかったときに削除されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子、更新プログラムの名前、更新プログラム パッケージの名前、クローンの削除状態/エラーの詳細が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.restoreclone

ユーザーが複製アプリを復元しようとすると、このイベントは、複製プロセスの復元のさまざまな段階を記録します。 Microsoft は、このイベントを使用して、複製を復元して必要な修正措置を講じるときに発生する可能性のある障害点を判断します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • AppID - イベントに関連するアプリケーションの識別子

  • BundleVersion - 復元イベントの前にインストールされたアプリケーションのバージョンを示します

  • Error - イベントに関連して発生したエラーの詳細を示します。

  • Payload - 静的テキスト。

  • 成功 - イベントに関連する操作の成功を示すブール値。

  • UpdateID - 更新プログラムの一意の識別子。 この識別子は、更新プロセスの潜在的な問題を関連付け、識別するために使用されます。

  • UpdateName - ダウンロードしたマニフェスト ファイルに記載されている更新プログラムの名前

  • UpdatePkg - 適用されている更新プログラム パッケージの名前

installupdatestask.retryfail

このイベントは、インストールの再試行処理中にエラーが発生したことを表しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子、更新プログラムの名前、および複製でのインストールによるインストールの実行が必要かどうかが格納されています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.retryproxyerror

このイベントによって、プロセス間通信 (MAU ヘルパー ツールとの通信) のエラーを記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子、更新プログラムの名前、および報告されたプロキシ エラーの詳細が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.retryresponse

このイベントによって、失敗した再試行を記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子、更新プログラムの名前、アプリケーションのバージョン、更新プログラム パッケージの名前、複製でのインストールがオンになっていたかどうかを示す指標、インストールが成功したかどうかを示す指標、失敗時に報告されるエラーが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.retrysuccess

このイベントによって、再試行後に成功した更新プログラムのインストールを記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子、更新プログラムの名前、アプリケーションのバージョン、更新プログラム パッケージの名前、および複製でのインストールがオンになっていたかどうかを示す指標が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

installupdatestask.setreopengui

このイベントでは、正常なインストールの後で GUI を再度開くようにユーザー設定されているかどうかを示します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 操作の成功を示すテキスト。[このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success – 操作の成功を示すブール値。

installupdatestask.updatestatus

このイベントは、インストール タスクの状態を報告します。 このイベントは、更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - イベントに関連するアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • BundleVersion - 登録済みアプリケーションのバンドル バージョン。

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - イベントに関連して発生したエラーの詳細を示します。

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • IOC - Install On Clone がこの更新プログラムに適用できるかどうかを示す文字列。

  • LeapFrog - 更新が “leapfrog” 更新であるかどうかを示すブール値。 Leap Frog は、最新バージョンへのデルタ更新を提供しますが、提供されている最新バージョンへの更新は提供しません。

  • NeedVerify - 更新が検証を必要としていることを示すブール値。

  • 操作 - エラーまたは警告が発生した場合に実行される操作を示します。

  • Payload - インストール プロセスが存在する場合、その開始を示す静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • 成功 - イベントに関連する操作の成功を示すブール値。

  • UpdateID - 更新プログラムの一意の識別子。 この識別子は、更新プロセスの潜在的な問題を関連付け、識別するために使用されます。

  • UpdateName - ダウンロードしたマニフェスト ファイルに記載されている更新プログラムの名前

  • UpdatePkg - 適用されている更新プログラム パッケージの名前

Lifecycle.complimentproclaunch

このイベントは、Microsoft Update アシスタントを Microsoft AutoUpdate または Microsoft AutoUpdate から起動しようとしたことを意味します。 このイベントは、Microsoft AutoUpdate および Microsoft Update アシスタントの正常性を判断し、確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • エラー - 起動時に表示されたすべてのエラー

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • 理由 - 補完プロセスを開始しようとした理由

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - 起動の試みが正常に実施されたかどうかを示します

Lifecycle.launch

このイベントは、Microsoft Auto Update または Microsoft Update Assistant の開始を示しています。そして、起動プロセス中に見つかった問題、および Microsoft Update Assistant を起動するために使用された方法を報告するために使用されます。

[このイベントは、fba.launch and appdelegate.launch events に置き換わるものです。]

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • エラー - 起動時に見つかったすべてのエラー

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • LaunchedBy - プロセスの起動方法を示す文字列。 Microsoft Update Assistant は、起動エージェントによって起動することも、直接起動することもできます。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

Lifecycle.periodiccheck

このイベントは、MicrosoftAutoUpdateプロセスの進捗状況を定期的に報告します。 具体的には、更新プログラムの完了を待っている残存タスクプロセス、およびUIの場合は、ユーザーのアクションによりプロセスが終了するかどうかを報告します。 このイベントを使用して、更新アシスタントが更新を完了できない理由と、ユーザーのアクションによって UI が終了するかどうかを判断します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • dataCollectionDialog -プロセスが、[データの収集] ダイアログでユーザーの回答を待っているかどうかを示す Boolean。

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • forcedUpdateDialog -プロセスが強制更新ダイアログでユーザーの応答を待っているかどうかを示すブール値です。

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • isBusy -プロセスがアクティブな更新でビジー状態であるかどうかを示します。

  • isInactive -プロセスが、長期間にユーザーアクションを待機していたかどうかを示します。

  • isWaiting -プロセスが通知時にユーザーからの応答を待っているかどうかを示す Boolean

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • SessionLength - 現在のプロセス セッションの長さ (秒)

lifecycle.previousexitdata

このイベントは、Microsoft AutoUpdate (MAU) の起動によってトリガーされ、前のセッションの終了ステータスを報告します。 Microsoft はこのデータを使用して、将来の改善のために MAU プロセスの信頼性を監視します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • DetectedHangCount - 以前のセッションで検出されたハングの数。

  • ExceptionEnum - 以前のセッションが終了する原因としてスローされた例外を識別する数値。

  • ExitWasGraceful - 以前のセッションが正常に終了したかどうかを示す文字列。 これは、Microsoft AutoUpdate プロセスの信頼性を判断するために使用されます。

  • LastULSLogTag - 前回のセッションが終了する前に検出された最後の ULS ログ。

  • OSLocale - OS Locale 以前のセッションが実行されています。

  • OSVersion - OS バージョン以前のセッションが実行されています。

  • ResidentMemoryOnCrash - 以前のセッションの常駐メモリフットプリント。

  • SessionBuildNumber - 以前のセッションビルド番号を識別する文字列。

  • SessionDurationSeconds - 以前のセッション期間 (秒単位)。

  • SessionId - 以前のセッションを識別する文字列。

  • SessionLongBuildNumber - 以前のセッション バージョンを拡張形式で識別する文字列。

  • SessionTerminationDurationSeconds - セッションの終了期間 (秒単位)。

  • SessionVersion - 以前のセッションバージョンを識別する文字列。

  • StackHash - 検出されたクラッシュ スタックのハッシュ値。

  • UnsymbolicatedChecksum - 前のセッションの非連結クラッシュ データの合計をチェックします。

  • VirtualMemoryOnCrash - 以前のセッションの仮想メモリ フットプリント。

Lifecycle.terminate

このイベントは、Microsoft AutoUpdate または、Microsoft Update アシスタントの終了を示します。 このイベントは、Microsoft AutoUpdate および Microsoft Update アシスタントの正常性を判断するために使用されます。

[このイベントは、fba.terminate and appdelegate.terminate events に置き換わるイベントです。]

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • SessionLength - 現在のプロセス セッションの長さ (秒)

msupdate.cli.eventhandler

このイベントは、さまざまな種類の Microsoft AutoUpdate (MAU) のコマンド ライン インターフェイス API の使用量を計算するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - コマンドライン インターフェイス API を MAU に送信するアプリケーションの識別子。

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • EventType - アプリケーションから MAU のコマンドライン インターフェイス API に送信されるイベントの種類。

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

msupdate.cli.eventhandler.applyupdates.appids

[このイベントは Office の現在のビルドから削除されていますが、過去のビルドでは現在も表示されることがあります。]

このイベントは、更新プログラムの適用のために CLI (クライアントライン インターフェイス) コマンドが発行されたことを示します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新されるアプリケーション ID のリスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

msupdate.cli.eventhandler.config

[このイベントは Office の現在のビルドから削除されていますが、過去のビルドでは現在も表示されることがあります。]

このイベントは、Microsoft Autoupdate コマンド ライン インターフェイス モジュールが構成のための Apple イベントを受信したことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

msupdate.cli.eventhandler.updates

[このイベントは Office の現在のビルドから削除されていますが、過去のビルドでは現在も表示されることがあります。]

このイベントは、Microsoft Autoupdate コマンド ライン インターフェイス モジュールが更新プログラムをリストするための Apple イベントを受信したことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

msupdate.monitor.progress.downloaded

このイベントは、更新プログラムがダウンロードされていたことを示しています。そして、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロードした更新プログラムのリストが格納されています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

msupdate.monitor.progress.failure

このイベントは、キューに登録済みの適用に失敗した更新プログラムのリストをログに記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新プログラムのリストが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

msupdate.monitor.progress.finished

このイベントによって、キューに登録された更新プログラムのうちインストールが完了したもののリストを記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新プログラムのリストが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

msupdate.monitor.progress.queued

このイベントによって、キューに登録された更新プログラムのリストを記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新プログラムのリストが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

Optinnotificationaction

[このイベントは Office の現在のビルドから削除されていますが、過去のビルドでは現在も表示されることがあります。]

このイベントは、サイレント更新に登録するための同意ダイアログに対するユーザーの応答をログに記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 自動ダウンロードおよび自動インストールの同意に対するユーザーの選択内容を表す静的テキストが含まれています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.autodismiss

このイベントは、表示された強制更新ダイアログが、ユーザーが非アクティブのために閉じられていることを示します。 このイベントは、表示される通知にユーザーが何も入力しない場合に実行される強制更新の量を特定するために使用されます。 このイベントは、ユーザー インターフェイスを改善し、中断を最小限に抑えるために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • Reason - 静的テキスト

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.close

このイベントは、ユーザーが強制更新ダイアログを閉じることを選択したことを示します。 このイベントは、ユーザーの操作によって延期された強制更新の量を特定するために使用されます。 このイベントは、ユーザー インターフェイスを改善し、中断を最小限に抑えるために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate_completeautodismiss

このイベントは、期限機能から表示された強制更新ダイアログが、ユーザーが非アクティブのために閉じられていることを示します。 このイベントは、表示される通知にユーザーが何も入力しない場合に実行される強制更新の量を特定するために使用されます。 このイベントは、ユーザー インターフェイスを改善し、期限機能による中断を最小限に抑えるために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.completeclose

このイベントは強制更新が正常に完了したことを示します。 このイベントは、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.display

このイベントは、強制更新ダイアログが表示されたことを示します。 このイベントは、強制更新ファネルの一部であり、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.displayfinalhour

このイベントは、強制更新の事前通知ダイアログが表示されたことを示します。 このイベントは、強制更新ファネルの一部であり、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.done

このイベントは、強制更新が正常に完了したことを示します。 このイベントは、強制更新ファネルの一部であり、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.enabled

このイベントは、Microsoft AutoUpdate (MAU) が強制更新が適用可能であると判断したときにトリガーされます。 このイベントは、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Enabled - 強制更新が有効になっているかどうかを示します

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • InvalidUpdates - 無効な更新プログラムのバージョンで設定された強制更新の数

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.forcedupdatedismiss

このイベントは、表示された強制更新の事前通知ダイアログが、ユーザーが非アクティブのために閉じられていることを示します。 このイベントは、表示される通知にユーザーが何も入力しない場合に実行される強制更新の量を特定するために使用されます。 このイベントは、ユーザー インターフェイスを改善し、中断を最小限に抑えるために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • Reason - 静的テキスト

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.forcequitandupdatenow

このイベントは、ユーザーが強制更新を開始したことを示します。 このイベントはファネルの一部であり、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.forceterminate

このイベントは、強制終了されたアプリケーションでの強制更新の開始を示します。 このイベントはファネルの一部であり、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 終了されるアプリケーション数が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.quitandupdatenow

このイベントは、ユーザーがアプリケーションを閉じて更新プログラムを適用することを選択したことを示します。 このイベントは、ファネルの一部であり、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.snooze

このイベントは、ユーザーが強制更新を延期することを選択したことを示します。 このイベントはファネルの一部であり、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Duration - 再通知の期間を示すテキスト

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト [このフィールドは現在のビルドの Office から削除されましたが、古いビルドでは引き続き表示されることがあります。]

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.terminate

このイベントは、終了されたアプリケーションでの強制更新の開始を示します。 このイベントはファネルの一部であり、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 終了されるアプリケーション数が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauforcedupdate.updatenow

このイベントは、ユーザーがアプリケーションを今すぐ更新することを選択したことを示します。 このイベントはファネルの一部であり、強制更新機能の正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

sauupdateinfoprovider

このイベントは、付帯ファイルにマニフェスト キーが見つからないときは常にログに記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新プログラムの場所またはサイズを調べるために使用される文字列が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

update.applaunchdetected

このイベントは、更新プログラムの適用中に、アプリケーションが起動されたことを示します。 このイベントは、更新中に起動されるアプリケーションの数を特定するために使用され、将来のリリースでユーザー エクスペリエンスを向上させるために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - 起動したアプリが正常に終了したかどうかを示します

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

update.appterminationreceived

このイベントは、更新がブロックされているアプリケーションが終了したこと、および Microsoft AutoUpdate (MAU) が更新を続行できるかどうかを示します。 このイベントは、ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - MAU の続行を妨げている、まだ実行中のアプリケーションの他のインスタンスがあるかどうかを示します

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - MAU が更新プログラムを続行していることを示す静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

update.blockedappclosed

このイベントは、更新がブロックされたアプリケーションが Microsoft AutoUpdate (MAU) によって閉じられ、更新を続行できることを示します。 このイベントは、ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻。

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前。

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻。

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

update.blockedinstallskip

このイベントは、アプリケーションの更新をスキップしようとしたときに発生したエラーを記録します。 このイベントは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload – 発生したエラーに関する情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

update.clientsession

このイベントは、クライアント デバイスの状態が変化し、Microsoft Update Assistant が更新プロセスを一時停止または再開したときに報告されます。 このイベントは、ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - Microsoft AutoUpdate (MAU) が再開または一時停止しているかどうかを示します

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

update.clonedisablereason

このイベントは、特定のアップデートで Install-On-Clone 機能が無効になっている状態を記録します。 このイベントを使用して、Install-On-Clone 機能の正常性を監視し、より良いサービスを提供するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry – デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID – デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime – テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • Reason – この更新プログラムで Install On Clone が無効になっている理由。

  • SessionId - セッションの識別子

update.download.begin

このイベントは、アプリケーションの更新プロセスの開始を示します。 このイベントは、更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • IsRepair - 更新プログラムが失敗した更新を修復するかどうかを示します

  • Payload - これまでにダウンロードが試行されたかどうかを示します

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateName - ダウンロードしたマニフェスト ファイルに記載されている更新プログラムの名前

update.download.finish

このイベントは、アプリケーションの更新プログラムのダウンロード フェーズが完了したことを示します。 このイベントは、更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • IsRepair - 更新プログラムが失敗した更新を修復するかどうかを示します

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

  • UpdateName - ダウンロードしたマニフェスト ファイルに記載されている更新プログラムの名前

update.downloadresume

このイベントは、一時停止されたダウンロード タスクを再開しようとしたときに発生したエラーを報告します。 このイベントは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - 発生したエラーの性質を示します

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

update.error

このイベントは、登録されたアプリケーションを更新しようとしたときに発生したエラーを報告します。 このイベントは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error – 発生したエラーの性質に関する情報が含まれています

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload – 発生したエラーの性質に関する情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

update.installcleanupforapp

このイベントは、更新プログラムのインストールが完了し、Microsoft AutoUpdate (MAU) がクリーンアップしていることを示します。 このイベントは、更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppState - 登録済みアプリケーションの状態。 エラー、修復の保留などを示します。

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

update.installupdateforapp

このイベントは、アプリケーションの更新プログラムのインストール プロセスが開始したことを報告するために使用されます。 このイベントは、更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - 発生したエラー (存在する場合)

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

  • UpdateName - ダウンロードしたマニフェスト ファイルに記載されている更新プログラムの名前

update.installupdateforapp.success

このイベントは、インストール タスクの状態を報告します。 このイベントは、更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • ForcedUpdate - IT 管理者によって強制的に更新が行われるかどうかを示す文字列

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - インストール プロセス中に進行状況が表示されたかどうかを示します

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - インストール タスクから返される成功の表示

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

Update.InstallVariance

このイベントは、MAU の重要な更新プログラムの正常性メトリックの計算に使用されます。 このイベントにより、インストールの優先機能の成功メトリックを特定し、機能の整合性を検証できます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 数字で表されたアプリケーション ID とそれに対応するインストール優先度のリストが含まれています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

update.multipleappupdates

このイベントは、バックグラウンドで複数のアプリケーションの更新が進行中であることを示します。 このイベントは、更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 更新中のアプリケーションの数に関する情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

update.previousidnil

このイベントは、修復更新パッケージはダウンロードされているが、以前のダウンロード情報がないことを示します。 このイベントは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - 発生したエラーの性質を示します

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

update.queueinstallforapp

このイベントは、ダウンロードした更新プログラムパッケージがインストール用のキューに置かれていることを示します。 このイベントは、更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - アプリケーションを閉じる必要があることを示す静的なテキスト (存在する場合)

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

  • UpdateName - ダウンロードしたマニフェスト ファイルに記載されている更新プログラムの名前

update.relaunchafterupdate

このイベントは、アプリケーションの更新が完了し、再起動されていることを示します。 このイベントは、更新ファネルの一部であり、アプリケーションの更新プログラムの正常性を判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - アプリケーションを再起動しようとしたときに発生したエラーに関する情報が含まれます

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdateID - アプリケーション更新プログラムの識別子

update.timerforapptermination

このイベントは、ステータス アプリケーションをチェックするためのタイマーの開始/終了を示します。 このイベントはペアで使用されます。アプリケーションの更新が進行するときにすべてのタイマー オブジェクトが削除されたことを判断するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - タイマーが追加されたか削除されたかを示します

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

update.timerforapptermination

このイベントによって、アプリ登録の試行と、その結果/理由を記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 更新アクティビティの追跡に使用される識別子、優先設定が使用可能かどうかを示す指標、再登録かどうかを示す指標、および登録が必要かどうかを示す指標が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatecore.loadinglaunchagent

このイベントは、起動エージェントが読み込まれていることを示しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatecore.runnstaskcommand

このイベントは、タスクを開始しようとしたときに発生したエラーを報告します。 このイベントは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 実行中のコマンドのパスが含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatecore.server.connectionfail

このイベントによって、CDN にアクセスするまでの間に発生したエラーを記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - サーバー名、サーバーが有効であるかどうか、およびサーバーにアクセスできるかどうかに関する情報が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatecore.server.nullurl

このイベントは、特定のサーバーに到達できなかったことを示すエラーを報告します。 このイベントは、ネットワークの問題が原因の更新失敗率を特定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefilterhelper.cannotretrievebuilddate

提供されている更新プログラムが特定の日数を経過していない場合のみに、MAU サービスで更新プログラムをフィルター処理できます。 ここでは、アプリのメタデータから日付を取得できなかったことが記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーション ID が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefilterhelper.invalidappid

このイベントは、Web 応答から取得したアプリケーション ID で一致するマニフェスト ファイルが見つからなかったことを示すエラーを報告します。このイベントは報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - Web 応答に含まれるアプリケーション ID が格納されます

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefilterhelper.invalidappidfromwebservices

このイベントは、Web 応答から取得されたアプリケーション ID が予期された形式ではないことを示すエラーを報告します。このイベントは報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 静的テキスト

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefilterhelper.invalidresponsefromupdatefiltering

提供されている更新プログラムが特定の日数を経過していない場合のみに、MAU サービスで更新プログラムをフィルター処理できます。 ここでは、アプリのメタデータから日付が見つからないことが記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーション ID が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefilterhelper.missingbuilddate

提供されている更新プログラムが特定の日数を経過していない場合のみに、MAU サービスで更新プログラムをフィルター処理できます。 ここでは、アプリのメタデータから日付が見つからないことが記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーション ID が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefilterhelper.updatebypassedoldage

提供されている更新プログラムが特定の日数を経過していない場合のみに、MAU サービスで更新プログラムをフィルター処理できます。 ここでは、更新プログラムの日付が古いためにサービスがバイパスされたことが記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーション ID が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.check.error

このイベントは、更新プログラムのチェック中に発生したエラーを報告します。 このイベントは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Code - エラー コード

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Domain - エラー ドメイン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.check.start

このイベントによって、更新操作の確認が開始されるときには常に、その情報を記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 提供する更新プログラム、登録されたアプリケーション、およびダウンロードしたファイルの一時保存先の場所に関する情報が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.check.status

このイベントでは、更新操作 (検索からダウンロードまでのファネル) の確認のステータスを収集します。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 提供する更新プログラム、登録されたアプリケーション、およびダウンロードしたファイルの一時保存先の場所に関する情報が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.check.updatefound

更新プログラムのチェックで更新プログラムが見つかると、常にログに記録されます。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.check.updatenotfound

更新プログラムの確認で更新プログラムが見つからないために更新プログラムが提供されなかったときには常に、その情報が記録されます。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.check.uptodate

更新プログラムの確認ですべてのアプリが最新状態になっていたために更新プログラムが提供されなかったときには常に、その情報が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.offerupdates.invalidappid

このイベントは、更新プログラムが適用可能かどうかを評価しようとしているときにエラーを報告します。 このイベントは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - イベントに関連するアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • CatalogID -アクセスされたカタログの識別子

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • IsNullID - ID が null であるかどうかを示します

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.offerupdates.minoscheckfail

OS の要件を満たしていないために更新がブロックされたときには常に、その情報が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - ダウンロードしたマニフェスト ファイルで指定された OS バージョンの最小要件が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.offerupdates.missingtrigger

このイベントは、ダウンロードしたアプリケーション更新プログラムのマニフェストからトリガーを評価しようとしたときにエラーを報告します。 これは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • TriggerKey - マニフェストで見つかったトリガー キー

  • Triggers - マニフェストで見つかったトリガーのディクショナリ

updatefinder.offerupdates.nullbundleforappid

このイベントは、Microsoft Autoupdate が、ダウンロードしたマニフェスト ファイルで指定されたアプリケーション ID のバンドル情報を読み込めなかったことを示しています。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーション ID が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.offerupdates.updaterulematched

このイベントは、アプリとベースラインの更新プログラムが見つかったことを示します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーの問題解決に活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーション ID とバンドル バージョン情報が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.registeredapps

MAU によってインストール/登録/制御されたアプリが記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - アプリケーション ID とバンドル バージョン情報が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.suite.invalidsuiteversion

このイベントは、更新プログラムが適用可能かどうかを評価しているときにスイート バージョンエラーについて報告します。 このイベントは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Suite - 検討中のスイートの名前

updatefinder.suite.keyvaluemissing

このイベントは、アプリケーションをスイートに追加しようとしたときにエラーを報告します。 このイベントは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Suite - 追加されるスイート アプリケーションの名前

updatefinder.suite.missingcollateral

スイート更新 - 付帯ファイルが見つからないためにスイート更新が適用できなかったときには常に、その情報が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - イベントの性質を示すテキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.suite.staleversion

スイート更新 - ベースライン バージョンが古くなりすぎていてスイート更新が適用できなかったときには常に、その情報が記録されます。 ベースライン バージョンとスイート AppId が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - スイート名が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.suite.updateapplicable

スイート更新 - スイート更新が適用できたときには常に、その情報が記録されます。 ベースライン バージョンとスイート AppId が記録されます。 ベースライン バージョンとスイート AppId が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - スイートの名前、ベースラインおよび更新プログラムのバージョンが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.suite.updatenotapplicabledefaultpath

スイート更新 - 既定のパスでインストールしていないスイート アプリがあるためスイート更新が提供されていないときには常に、その情報が記録されます。 ベースライン バージョンとスイート AppId が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - スイートの名前、ベースラインおよび更新プログラムのバージョンが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.suite.updatenotapplicableversion

スイート更新 - 同じベースライン バージョンになっていないスイート アプリがあるためにスイート更新が提供されていないときには常に、その情報が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - スイートの名前、ベースラインおよび更新プログラムのバージョンが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.suite.updatenotoffered

スイート更新 - スイートのサイズが個別の更新プログラムよりも大きいためにスイート更新が提供されていないときには常に、その情報が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - スイート名が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatefinder.suite.updateoffered

スイート更新 - スイート更新プログラムが提供されているときには常に、その情報が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - スイートの名前、ベースラインおよび更新プログラムのバージョンが格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatemanager.checkupdate

このイベントによって、利用可能な更新プログラムの確認中に Microsoft Autoupdate によって検出された更新プログラムの数を記録します。 Microsoft はこのイベントを使用して、更新プロセスが期待どおりに機能することを確認し、エラーのトラブルシューティングを支援します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Detected - 検出された更新プログラムの数。

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • IsMainThread - 操作がメイン スレッドで実行されているかどうかを示すブール値

  • Payload - 見つかった利用可能な更新プログラムの数が格納されています。

  • Pending - 保留中の更新プログラムの数。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

updatemanager.network

このイベントは、ネットワークの可用性をログに記録します。そして、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry – デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID – デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model – デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime – テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • ServerReacheable – ネットワークが利用可能かどうかを示すブール値。

updatemanager.updatespending

このイベントは、更新プログラムが検出されていて、インストールが保留中になっていることを表しています。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - タスクがメイン スレッドで実行中かどうかを示す指標と、保留中の更新プログラムの数が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

UpdateStatus.Codesign

このイベントは、クライアント アプリケーションの更新プログラムのインストール後に、Microsoft Update Assistant が実行するコード署名検証のステータスを報告します。 このイベントは、有効なパッケージを提供し、インストールされたアプリケーションを最新バージョンに更新するようにするために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppID - 更新プログラムが適用されるアプリケーションの識別子

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Error - コード署名検証プロセス中に表示されたエラー

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

  • Success - コード署名検証が成功したかどうかを示します

  • UpdateID - 適用された更新プログラムを一意に識別します

  • UpdateName - 更新マニフェストの説明に記載されている更新プログラムの名前

  • UpdatePkg - 適用された更新プログラム パッケージの名前

urlutilities.getmauinfo

このイベントは、Microsoft AutoUpdate (MAU) のアプリケーション バンドルにアクセスしたときに発生するエラーを報告します。 このイベントは重要であり、報告されたエラーの調査に使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload – 発生したエラーに関する情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

webservices.checkforsilentupdates

このイベントは、サイレント更新の候補が検出されたことを表しています。Microsoft はこのイベントを使用して、更新プロセスが期待どおりに機能することを確認し、エラーのトラブルシューティングを支援します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Candidates - 調査中の初期更新プログラムの数。

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Detected - 検出された更新プログラムの数。

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 検出された更新プログラムの数とアプリケーション ID が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

webservices.deltaupdater

このイベントによって、クライアント コードと機能ゲート (クライアントが差分更新できるようにするかどうかを制御するもの) との相互作用を記録します。 Microsoft はこのイベントを使用して、更新プロセスが期待どおりに機能することを確認し、エラーのトラブルシューティングを支援します。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 静的テキスト。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • 理由 - 文字列には、イベントに関連付けられた詳細な理由が含まれています。

  • SessionId - セッションの識別子

  • UpdaterType - 適用されるアップデータ (Full/FileDelta/BinaryDelta) の種類を識別する文字列。

webservices.serviceaction

予期しない Web サービスの応答が原因のエラーが記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - Web サービスからプッシュされたアクションの詳細が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

webservices.serviceresponse

このイベントによって、MAU サービスへの要求、応答時間およびエラーを記録します。このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 要求 ID、アプリケーション名、応答時間と状態コード (またはそのどちらか) が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

webservices.silentupdate

"強制更新" の適用ルール (いくつかの重要な問題のために、ユーザーをビルド N からビルド N + 1 に移行する必要があります) について確認するための要求が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - 要求 ID、アプリケーション名、応答時間と状態コード (またはそのどちらか) が格納されています。

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

webservices.updatefiltering

このイベントは、Web サービスを介して適用可能な更新プログラムの一覧で実行されたフィルター処理を示します。 このイベントは、更新をブロックする必要がある場合にアプリケーション ブロックが正しく機能していることを確認するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - Web サービスによってブロックされている更新プログラムの数に関する情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

webservices.webcontent

Web サービスに対する要求と応答が記録されます。 このイベントは、更新処理が期待どおりに動作していることを確認するため、およびエラーのトラブルシューティングに活用するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、Wired、Unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowTocheck - 更新プログラムについてのチェックの優先設定

  • Payload - Web サービスの呼び出し元 ID

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 オクテット

  • SessionId - セッションの識別子

webservices.whatsnew

このイベントは、Microsoft AutoUpdate (MAU) が登録済みアプリケーションの "新機能" について Web サービスにクエリを発行したときにトリガーされます。 このイベントは、"新機能" の正常性を監視するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • App - このイベントを送信したアプリケーション プロセス

  • AppInfo_Language - 言語 (この言語でアプリケーションが実行されています)

  • AppVersionLong - アプリケーションのバージョン

  • Channel - 対象ユーザーの優先設定

  • Device_NetworkCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • DeviceID - デバイスの識別子

  • DeviceInfo_Model - デバイスのハードウェア モデル

  • DeviceInfo_NetworkType - ネットワークの種類 (Wi-Fi、wired、unknown)

  • DeviceInfo_OsBuild - オペレーティング システムのバージョン

  • Event_ReceivedTime - テレメトリが受信された時刻

  • EventInfo_Name - 記録されるテレメトリ イベントの名前

  • EventInfo_Time - 記録されるイベントの発生時刻

  • HowToCheck - 設定の確認方法

  • Payload - 新機能情報のあるアプリケーションの数に関する情報が含まれています

  • PipelineInfo_ClientCountry - デバイスの国 (IP アドレスに基づきます)

  • PipelineInfo_ClientIp - IP アドレスの最初の 3 つのオクテット

  • SessionId - セッションの識別子

OneNote 同期イベント

Office.OneNote.Storage.NotebookSyncResult

このイベントは、ノートブックの同期結果をログに記録します。OneNote の同期スコアを計算するときに、一意の同期ターゲットの数を特定するために使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです

  • CachedError_Code - キャッシュされたエラーの性質とエラーが発生した理由を判断するために使用される、番号付きまたは英数字のコード

  • CachedError_Description – キャッシュされたエラーの説明

  • CachedError_Tag - キャッシュされたエラーをスローするコード内の場所を示します

  • CachedError_Type – キャッシュされたエラーの種類 (Win32Error など)。

  • ExecutionTime – ノートブックの複製かかった時間 (ミリ秒)

  • Gosid – グローバル オブジェクト空間 ID

  • IdentityType – ID の種類 (Windows Live や組織 ID など)。

  • InitialReplicationInSession – このレプリケーションが開始後の最初のノートブック レプリケーションかどうか

  • IsBackgroundSync – バックグラウンド同期かどうか

  • IsCachedErrorSuppressed – キャッシュされたエラーが抑制されたかどうか

  • IsCachedErrorUnexpected – キャッシュされたエラーが予期しないエラーかどうか

  • IsNotebookErrorSuppressed – ノートブック レベルの同期エラーが抑制されているかどうか

  • IsNotebookErrorUnexpected – ノートブック レベルの同期エラーが予期しないエラーかどうか

  • IsSectionErrorSuppressed – セクション同期エラーが抑制されているかどうか

  • IsSectionErrorUnexpected – セクション同期エラーが予期しないエラーかどうか

  • IsUsingRealtimeSync – モダン ページ コンテンツ同期を使用してノートブックを同期するかどうか

  • LastAttemptedSync – 最後にノートブックを同期しようとしたときのタイムスタンプ

  • LastBackgroundSync – 直前のバックグラウンド同期が試行されたときのタイムスタンプ

  • LastNotebookViewedDate – ノートブックが最後に表示されたときの日付

  • LastSuccessfulSync – 以前にノートブックが正常に同期されたときのタイムスタンプ

  • NeedToRestartBecauseOfInconsistencies – 不整合があるために同期を再開する必要があるかどうか

  • NotebookErrorCode – ノートブックのグラフ領域に保存されたノートブック レベルの同期のエラー コード

  • NotebookId – ノートブック ID

  • NotebookType – ノートブックの種類

  • ReplicatingAgainBecauseOfInconsistencies – 不整合があるために同期を再開するかどうか

  • SectionError_Code – セクション同期エラーの性質やエラーの発生原因を判断するために使用される、番号付きまたは英数字のコード

  • SectionError_Description – セクション同期エラーの説明

  • SectionError_Tag – セクション同期エラーをスローするコード内の場所を示します

  • SectionError_Type – セクション同期エラーの種類 (Win32Error など)。

  • Success – ノートブックの同期が成功したかどうか

  • SyncDestinationType – 同期先の種類 (OneDrive または SharePoint Online)

  • SyncId – ノートブック同期ごとに一意の番号

  • SyncWasFirstInSession – この同期が現在のセッションで最初の同期かどうか

  • SyncWasUserInitiated – この同期がユーザーによって開始されたものかどうか

  • TenantId – SharePoint テナント ID

  • TimeSinceLastAttemptedSync – 前回のノートブック同期の試行からの経過時間

  • TimeSinceLastSuccessfulSync – 前回の正常なノートブック同期からの経過時間

Office.OneNote.Storage.RealTime.WebSocketSessionInfo

このイベントは、OneNote モダン ページ コンテンツ同期とモダン階層同期の両方について、WebSocket 同期の結果をログに記録します。OneNote の同期スコアを計算するときに、一意の同期ターゲットの数を特定するために使用されます。また、OneNote のモダン同期パフォーマンス ダッシュボードにも使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • CloseReason - WebSocket の終了理由 (異常終了など)。

  • DataIsFreshCount - WebSocket セッションで成功したプル要求の数

  • DeviceSessionId - デバイス セッション ID

  • DownloadCount - WebSocket セッションでのダウンロード数

  • Error - 基本的な形式: Exception_Type + Exception_Description + Exception_Code + Exception_Tag

  • Exception_Code - エラーの性質やエラーの発生原因を判断するために使用される、番号付きまたは英数字のコード

  • Exception_Description - エラーの説明

  • Exception_Tag - エラーをスローするコード内の場所を示します

  • Exception_Type - エラーの種類 (Win32Error など)。

  • FirstUpdateSize - 最初の更新メッセージの長さ

  • HasError - WebSocket セッション中にエラーが発生したかどうか

  • IsEducationNotebook - 現在のノートブックが教育ノートブックかどうか

  • IsHierarchyResource - 現在のリソースがページまたはセクションであるかどうか

  • NotebookId - OneNote ノートブック ID

  • OperationWithError - エラーが発生した操作 (WebSocket.Close や WebSocket.Open など)。

  • ResourceId - OneNote ページまたはセクションのリソース ID

  • SectionId - OneNote セクション ID

  • ServerSessionId - WebSocket 要求を onenote.com に関連付けるために使用したセッション ID

  • SessionDurationInMs - WebSocket セッションの継続時間 (ミリ秒単位)

  • TenantId - SharePoint テナント ID

  • TimeToFirstUpdateInMs - WebSocket セッションの確立後にサーバー側から最初の更新プログラムを受け取るまでにかかった時間 (ミリ秒単位)

  • UploadAckCount - WebSocket セッションでのアップロードについての確認応答の数

  • WebUrl - PII が削除された Web URL

Office.OneNote.Storage.SectionSyncResult

このイベントによって、セクション同期の結果を記録します。OneNote の同期スコアを計算するときに、一意の同期ターゲットの数を特定するために使用されます。また、OneNote のモダン同期パフォーマンス ダッシュボードにも使用されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです

  • Error_Code - エラーの性質やエラーの発生原因を判断するために使用される、番号付きまたは英数字のコード

  • Error_Description - エラーの説明

  • Error_Tag - エラーをスローするコード内の場所を示します

  • Error_Type - エラーの種類 (Win32Error など)。

  • ErrorLast - 最後に検出されたエラーのエラー コード

  • ExecutionTime - セッションのレプリケートにかかった時間

  • InitialReplicationInSession - このレプリケーションが開始後の最初のノートブック レプリケーションかどうか

  • IsAttachedViaShortcut - セクションがショートカットによって添付されたかどうか

  • IsBackgroundSync - バックグラウンド同期かどうか

  • IsEncrypted - セクションが暗号化されているかどうか

  • IsErrorSuppressed - このエラーが抑制されているかどうか

  • IsErrorTransient - このエラーが一時的なエラーかどうか

  • IsErrorUnexpected - このエラーが予期しないエラーかどうか

  • IsUsingRealtimeSync - セクション同期でモダン ページ コンテンツ同期を使用しているかどうか

  • NotebookId - ノートブック ID

  • NotebookPath - PII が削除されたノートブック URL

  • SectionPath - PII が削除されたセクション URL

  • SectionReplicatingIsOutbound - このレプリケーションが出力方向のレプリケーションかどうか

  • SectionReplicatingIsSameIdentity - このレプリケーションが同じファイル ID に基づいているかどうか

  • SectionResourceId - OneNote セクション リソース ID

  • Success - セクション同期が成功したかどうか

  • SyncDestinationType - 同期先の種類 (OneDrive または SharePoint Online)

  • SyncId - セクション同期ごとに一意の番号

  • SyncWasFirstInSession - この同期が現在のセッションで最初の同期かどうか

  • SyncWasUserInitiated - この同期はユーザーが開始したものかどうか

  • TenantId - SharePoint テナント ID

  • UnmappedGosid - マッピング GUID の適用前のセクション ID

Office.OneNote.Storage.SyncScore

このイベントによって、同期エクスペリエンスでユーザーに認識されたすべてのマイナス要因を記録します。 OneNote の同期スコアを計算するために使用されるものであり、OneNote ユーザーの同期エクスペリエンスを評価する上で重要な指標になります。

収集されるフィールドは、次のとおりです

  • AutoShowSyncStatus - 同期状態が自動表示されるかどうか

  • Cause - OneNote のページ/セクションが正しく配置されなかったセクションに移動された原因

  • Context - ユーザーが実行しようとしている操作内容 (セクションの名前変更や) を分類する列挙値。

  • Error_Code - エラーの性質やエラーの発生原因を判断するために使用される、番号付きまたは英数字のコード

  • Error_Description - エラーの説明

  • Error_Tag - エラーをスローするコード内の場所を示します

  • Error_Type - エラーの種類 (Win32Error など)。

  • ErrorText - UI に表示されたエラー テキスト

  • Explanation - 正しく配置されなかったセクションへの移動が必要な出力方向の変更の種類についての説明

  • fishbowlType - Fishbowl の種類 (ページ Fishbowl やセクション Fishbowl など)。

  • IDS - UI に表示されるテキストの整数識別子

  • idsFishbowl - UI に表示された Fishbowl エラーの整数識別子

  • IsUsingRealtimeHierarchySync - モダン階層同期を使用しているかどうか

  • NotebookId - ノートブック ID

  • PageSyncUIState - ページ同期状態の文字列 (UpToDate、Syncing、SaveOffline、SyncError など)。

  • ServerGosid - 新しく作成した競合するページのリソース ID

  • Source - UI をトリガーしたイベント (新しい赤色の X イメージが生成された、同期 UI での同期エラー、エラー ダイアログが表示されたなど) を示す列挙値。

OneNote.App.Provisioning.MoveLocalNotebookToOnlineNotebookFailed

このイベントは、ローカルのノートブックをドライブに移動したときにエラーが発生すると記録されます。 このシナリオは、遅延サインイン ユーザーに固有です。 ユーザーがサインインすると、ローカル ノートブックが OneDrive ストレージに転送されます。

収集されるフィールドは、次のとおりです。

  • ErrorMsg - 該当の失敗に対応するエラーメッセージ。

OneNote.Storage.ConnectivityChanged

ユーザーがインターネットに接続しているかどうかをイベント ログに記録します。 この機