Microsoft 365 Apps for enterprise のプライバシー コントロールの概要

注意

このプライバシー情報の対象となっている Office 製品の一覧については、「 Office 製品のプライバシーの制御」を参照してください。

Microsoft では、Microsoft 365 Apps for enterprise (旧称 Office 365 ProPlus) を使用する際にデータの収集方法と使用方法を選択するのに必要な情報とコントロールを提供するように努めています。

Microsoft 365 Apps for enterprise バージョン 1904 以降では、新しく更新され、改良されたプライバシー コントロールを次の分野で提供します:

  • 診断データ は、組織内のユーザーのデバイス上で実行されている Office クライアント ソフトウェアについての診断データを収集し、Microsoft に送信します。
  • 接続エクスペリエンス は、クラウドベースの機能を使用し、強化された Office 機能をユーザーに提供します。

これらの変更の一部として、新規および更新されたユーザー インターフェイス (UI) 要素とポリシーの設定があります。

Microsoft 365 Apps for enterprise から Microsoft に送信される診断データ

診断データは、Office をセキュリティで保護し、最新の状態に保ち、問題を検出、診断、修正し、さらに製品を改良する際に使用されます。 このデータには、ユーザーの名前や電子メール アドレス、ユーザーのファイルのコンテンツ、Office に関連しないアプリに関する情報は含まれません。

この診断データは、組織のユーザーのデバイスで実行されている Office クライアント ソフトウェアについて収集され、Microsoft に送信されます。

Microsoft 365 Apps for enterprise クライアント ソフトウェアには、選択可能な 3 つのレベルの診断データがあります。

  • 必須 Office をセキュリティで保護し、最新の状態を維持し、インストールされているデバイス上で正常に動作するために必要な最小限のデータ。

  • オプション 製品の改良に役立ち、問題の検出、診断、修正に役立つ高度な情報を提供する追加データ。

  • なし ユーザーのデバイスで実行されている Office クライアント ソフトウェアに関する診断データは収集されず、Microsoft に送信されません。 ただし、このオプションはユーザーが Office を使用しているときに発生する問題を検出、診断、および修正する機能を大幅に制限します。

必須の診断データには、たとえば、デバイスにインストールされている Office のバージョンに関する情報や、ドキュメントを開こうとしたときに Office アプリケーションがクラッシュすることを示す情報などがあります。 オプションの診断データには、ドキュメントの保存にかかる時間に関する情報が含まれている可能性があります。これは、デバイスへの保存に固有の問題があることを示している可能性があります。

オプションの診断データを送信するよう選択した場合は、必須の診断データも含まれています。

注意

どちらも選択しない場合でも、必要なサービス データはユーザーのデバイスから Microsoft に送信されます。 詳細については、「Office の必要なサービス データ」を参照してください。

組織の管理者は、ポリシー設定を使用して Microsoft に送信する診断データのレベルを選択できます。 設定を変更しない限り、オプションの診断データが Microsoft に送信されます。 オプションの診断データを提供することで、Microsoft の Office エンジニアリング チームは問題を検出、診断、および軽減し、組織への影響を少なくすることができます。

組織の資格情報 (仕事用アカウントまたは学校用アカウントと呼ばれることもあります) を使用して Office にサインインした場合、ユーザーは自分のデバイスの診断データのレベルを変更できません。

この診断データには、ユーザーの名前、ユーザーの電子メール アドレス、または Office ファイルのコンテンツは含まれません。 Microsoft のシステムでは、ユーザーの診断データに関連付ける一意の ID を作成しています。 アプリの 1 つが 100 回クラッシュしたことを示す診断データを受信すると、この一意の ID によって、1 人のユーザーが 100 回クラッシュしたのか、100 人の異なるユーザーが 1 回ずつクラッシュしたかを判断できます。 この一意の ID を特定のユーザーの識別に使用することはありません。

どの診断データがMicrosoftに送信されているかを確認するには、Diagnostic Data Viewerを使用できます。このビューアは、Microsoft Store から無料でダウンロードしてインストールできます。

詳細については、次の記事を参照してください。

Microsoft 365 Apps for enterprise の接続エクスペリエンス

Microsoft 365 Apps for enterprise はクライアント ソフトウェア アプリケーションと接続エクスペリエンスで構成されており、ユーザーがより効果的に作成、通信、共同作業できるように設計されています。 接続エクスペリエンスの例には、OneDrive for Business に保存されているドキュメントを他のユーザーと共同で作業したり、Word 文書のコンテンツを別の言語に変換したりすることがあります。

Office アプリケーションで作業する際に、ユーザーが利用できる接続エクスペリエンスの種類を選択する必要がある場合があります。 組織の管理者には、次に示す種類の接続エクスペリエンスをユーザーに提供するかどうかを選択できるポリシー設定があります。

  • コンテンツ分析のエクスペリエンス Office コンテンツを使用してデザインの推奨事項、推奨事項の提案、データの分析、および同様の機能を提供するエクスペリエンスです。 たとえば、PowerPoint デザイナーや翻訳ツールがあります。

  • オンライン コンテンツのダウンロードのエクスペリエンス テンプレート、画像、3D モデル、ビデオ、文書を充実させるための参考資料を含むオンライン コンテンツの検索とダウンロードを可能にするエクスペリエンスです。 たとえば、Office テンプレートもしくは PowerPoint QuickStarterです。

たとえば、オンライン コンテンツをダウンロードする接続エクスペリエンスをユーザーに提供し、コンテンツを分析する接続エクスペリエンスはユーザーに提供しないように選択できます。 これらのポリシー設定を構成しない場合、これらすべての接続エクスペリエンスがユーザーに対して利用可能になります。

さらに、これらすべての接続エクスペリエンスを無効にしたり、ドキュメントの共同編集やオンライン ファイル ストレージなど他の接続エクスペリエンスを無効にしたりするポリシー設定もあります。 ただし、このポリシー設定を使用して、これらすべての接続エクスペリエンスを無効する場合、Outlook でメールボックスを同期したり、Teams または Skype for Business を利用するなどの特定の Office 機能は、下記で説明する重要なサービスと同様に引き続き利用できます。

特定の種類の接続エクスペリエンスをユーザーに提供しないことを選択した場合、それらの接続エクスペリエンスのリボンまたはメニュー コマンドがグレー表示されるか、それらの接続エクスペリエンスをユーザーが使用しようとするとエラー メッセージが表示されます。

組織の資格情報 (仕事用アカウントまたは学校用アカウントと呼ばれることもあります) を使用して Office にサインインした場合、ユーザーはこれらの接続エクスペリエンスをオンまたはオフにするかどうかを選択できません。

詳細については、次の記事を参照してください。

Microsoft 365 Apps for enterprise のオプションの接続エクスペリエンス

上記で説明した Microsoft 365 Apps for enterprise に含まれる接続エクスペリエンスの他に、オプションの接続エクスペリエンスがあります。このエクスペリエンスでは、組織アカウントを使用したアクセスをユーザーに対して許可するかどうかを選択することができます。 たとえば、Word の履歴書アシスタントの LinkedIn 機能や Bing を使用する Excel の 3D マップ機能などがあります。

これらは、組織と Microsoft との商業協定ではカバーされていませんが、個別の利用規約によって管理されているオプションの接続エクスペリエンスです。 Microsoft がユーザーに直接提供する、オプションの接続エクスペリエンスは、オンライン サービス使用条件ではなく Microsoft サービス規約に準拠しています。

これらのオプションの接続エクスペリエンスは別の利用規約によって管理されているため、上記の接続エクスペリエンスとは別に管理します。 組織の管理者はポリシー設定を使用して、これらのオプションの接続エクスペリエンスをグループとしてユーザーに提供するかどうかを選択できます。 このポリシー設定を構成しない場合は、ユーザーがこれらのオプションの接続エクスペリエンスを利用できます。

これらのオプションの接続エクスペリエンスをユーザーが利用できるようにした場合でも、[プライバシーの設定] のダイアログ ボックスに移動して、ユーザーは追加のオプションの接続エクスペリエンスをグループとして無効にできます。 個人の電子メール アドレスでサインインしている場合ではなく、組織の資格情報 (仕事用アカウントまたは学校用アカウントと呼ばれることもあります) で Office にサインインしている場合にのみ、ユーザーはこの選択肢を選択できます。

詳細については、次の記事を参照してください。

接続エクスペリエンスに必要なサービス データ

接続エクスペリエンスを使用すると、データが送信され、Microsoft によって処理されて、接続機能が提供されます。 この情報を使用すると、このようなクラウドベースの接続環境を実現できるため、このようなデータが重要です。 このデータは、サービスデータとして要求されます。

必要なサービスデータには、基盤となるサービスのセキュリティを維持し、常に最新の状態に維持し、期待通りのパフォーマンスが可能になるために必要な接続環境の運用に関連する情報が含まれます。 たとえばWord の翻訳機能など、接続された環境を使用して、コンテンツを分析する場合は、ドキュメントの翻訳対象として入力または選択したテキストが送信され、処理されて、接続機能が提供されます。 必要なサービスデータには、Officeアプリの構成情報などの、タスク実行のための接続エクスペリエンスが必要とする情報が含まれます。

詳細については、 Office の必要なサービス データを参照してください。

Microsoft 365 Apps for enterprise の重要なサービス

Microsoft 365 Apps for enterprise の機能に不可欠な一連のサービスもあります。これらを無効にすることはできません。 たとえば、Microsoft 365 Apps for enterprise を使用するためのライセンスを正しく取得しているかどうかを確認するライセンス サービスです。 これらのサービスに関する必要なサービス データは、設定済みの他のポリシー設定に関係なく、収集されて Microsoft に送信されます。

詳細については、 Office の不可欠なサービスを参照してください。