Office のボリュームライセンス版をアクティブ化するために KMS ホストコンピューターを構成するConfigure a KMS host computer to activate volume licensed versions of Office

適用対象: ボリューム ライセンス版の Office 2019 および Office 2016 (Project および Visio を含む)Applies to: Volume licensed versions of Office 2019 and Office 2016, including Project and Visio

Project や Visio を含む、ボリュームライセンス版の Office をアクティブ化するには、KMS ホストコンピューターが必要です。To activate volume licensed versions of Office, including Project and Visio, you must have a KMS host computer. ボリュームライセンス認証サービスの役割をインストールし、ボリュームライセンス認証ツールウィザードを実行することで、Windows Server コンピューターを KMS ホストコンピューターとして構成することができます。You can configure a Windows Server computer to be a KMS host computer by installing the Volume Activation Services role and then running the Volume Activation Tools wizard.

KMS ホストコンピューターで Office のライセンス認証を有効にするには、Office ボリュームライセンスパックをインストールし、kms ホストコンピューターに KMS キーを入力する必要があります。To enable the KMS host computer to activate Office, you must install the Office Volume License Pack and enter your KMS key on the KMS host computer. 次に、インターネットまたは電話で KMS キーを有効にする必要があります。Then, you need to activate the KMS key over the internet or by telephone.

Windows のライセンス認証を行うように構成された KMS ホストコンピューターがある場合は、同じ KMS ホストコンピューターをアクティブな Office に構成できます。If you have a KMS host computer configured to activate Windows, you can configure that same KMS host computer to active Office. また、Office 2019 や Office 2016 などの複数のバージョンの Office のライセンス認証を行うために、KMS ホストコンピューターを構成することもできます。You can also configure a KMS host computer to activate multiple versions of Office, such as Office 2019 and Office 2016. このような場合、KMS ホストコンピューターで、アクティブ化する各バージョンの Office 用の KMS をサポートするオペレーティングシステムが実行されている必要があります。In these cases, the KMS host computer must be running an operating system that supports KMS for each of the versions of Office that you want to activate. また、KMS ホストコンピューター上の各バージョンの office 用の Office ボリュームライセンスパックをインストールして、Office の各バージョンの KMS ホストキーをアクティブ化する必要があります。You'll also need to install the Office Volume License Pack for each version of Office on the KMS host computer and activate a KMS host key for each version of Office.

Office では、KMS によってライセンス認証されている Office のバージョンに応じて、次のオペレーティングシステムで実行されている KMS ホストコンピューターをサポートしています。Office supports KMS host computers running on the following operating systems, depending on which version of Office is being activated by KMS:

  • Office 2019: Windows Server 2012 以降、または Windows 8.1 (ボリュームエディション) 以上Office 2019: At least Windows Server 2012 or at least Windows 8.1 (volume editions)
  • Office 2016: Windows Server 2008 R2 以上、または Windows 7 Service Pack 1 (ボリュームエディション) 以上Office 2016: At least Windows Server 2008 R2 or at least Windows 7 Service Pack 1 (volume editions)

適切な Office ボリュームライセンスパックは、Microsoft ダウンロードセンター、office 2019office 2016からダウンロードできます。You can download the appropriate Office Volume License Pack from the Microsoft Download Center: Office 2019, Office 2016. KMS キーを取得するには、ボリュームライセンスサービスセンター (VLCS)にサインインし、kms でライセンス認証を行う Office の各製品とバージョンの kms キーをダウンロードします。To get the KMS key, sign in to the Volume Licensing Service Center (VLCS) and download the KMS key for each product and version of Office that you want KMS to activate.

注意

Windows 7 ボリュームライセンスエディションまたは Windows Server 2008 R2 で KMS を設定する場合は、Microsoft サポート技術情報の記事2757817で説明されているように、まず更新プログラムをインストールする必要があります。If you are setting up KMS on Windows 7 volume license edition or Windows Server 2008 R2, you must first install a patch as described in Microsoft Knowledge Base article 2757817. この修正プログラムを適用すると、Windows 8 で実行される Office クライアントのライセンス認証を KMS ホストコンピューターで行うことができます。This patch allows the KMS host computer to activate Office clients that run on Windows 8.

KMS ホストコンピューターを構成するConfigure the KMS host computer

Office のライセンス認証を行うために KMS ホストコンピューターを構成するには、KMS ホストコンピューターの管理者グループのメンバーである必要があります。To configure the KMS host computer to activate Office, you must be a member of the Administrators group on the KMS host computer.

KMS ホストコンピューターにインターネットアクセスがある場合は、次の操作を行います。If your KMS host computer has internet access, do the following:

  1. ボリュームライセンスサービスセンター (VLCS)にサインインして、kms でライセンス認証を行う Office の各製品とバージョンの kms キーをダウンロードします。Sign in to the Volume Licensing Service Center (VLCS) and download the KMS key for each product and version of Office that you want KMS to activate.
  2. KMS ホストコンピューターで、office 2019Office 2016の Microsoft ダウンロードセンターから適切な Office ボリュームライセンスパックをダウンロードします。On the KMS host computer, download the appropriate Office Volume License Pack from the Microsoft Download Center: Office 2019, Office 2016.
  3. Office ボリュームライセンスパックの実行可能ファイルを実行します。Run the Office Volume License Pack executable file. この操作を行うと、KMS ホストコンピューターに Office ボリュームライセンスパックがインストールされ、ボリュームライセンス認証ツールウィザードが開きます。This will install the Office Volume License Pack on the KMS host computer and then opens the Volume Activation Tools wizard.
  4. ボリュームライセンス認証ツールウィザードの手順に従います。Follow the steps in the Volume Activation Tools wizard. メッセージが表示されたら、KMS キーを入力します。Enter your KMS key when prompted.
  5. ファイアウォールを使用している場合は、ポート1688が開いていることを確認して、KMS ホストサービスがファイアウォールを通過できるようにしてください。If you have a firewall, make sure port 1688 is open to allow the KMS host service through the firewall.
    • コントロールパネル > の [システムとセキュリティ > ] の [Windows ファイアウォール] に移動します。Go to Control Panel > System and Security > Windows Firewall.
    • [ Windows ファイアウォールを介してアプリまたは機能を許可する] リンクをクリックします。Click the Allow an app or feature through Windows Firewall link.
    • [設定の変更] ボタンをクリックします。Click the Change Settings button.
    • [キーマネージメントサービス] のチェックボックスをオンにし、[ OK] を選択します。Select the check box for Key Management Service and then choose OK.

KMS ホストコンピューターがインターネットに接続されていない場合は、電話でライセンス認証することができます。If your KMS host computer doesn't have internet access, you can activate it by telephone.

  1. 昇格されたコマンドプロンプトから、Windows\system32 フォルダーに移動し、次のコマンドを実行します。From an elevated command prompt, go to the Windows\system32 folder, and then run the following command:
   cscript slmgr.vbs /dti ACTIVATIONID

ACTIVATIONIDを、使用している Office のバージョンのライセンス認証 ID に置き換えます。Replace ACTIVATIONID with the Activation ID for your version of Office. Office 2019 のライセンス認証 ID は70512334-47B4-44DB-A233-BE5EA33B914C であり、Office 2016 の2016アクティベーション ID は、98EBFE73-2084 49 c971643bea7 に対応しています。The Activation ID for Office 2019 is 70512334-47B4-44DB-A233-BE5EA33B914C, and the 2016 Activation ID for Office 2016 is 98EBFE73-2084-4C97-932C-C0CD1643BEA7.

このコマンドの実行結果は、36桁のインストール ID です。The result of this command is a 36-digit installation ID. インストール ID 番号をメモ帳に貼り付けて、6つの数字の6つのグループに分割します。Paste the installation ID number into Notepad, and then break it up into six groups of six numbers.

  1. コマンドラインで、次のコマンドを実行します。At the command line, run the following command:
  slui.exe 4

これにより、Windows phone ライセンス認証ウィザードが起動し、電話番号が表示されます。This launches the Windows phone activation wizard and it will display a telephone number.

電話番号を取得したら、ウィザードをキャンセルします。After you have obtained the telephone number, cancel the wizard. ウィザードによって表示されるライセンス認証 ID は無視できます。You can ignore the activation ID displayed by the wizard. Windows 用です。It is for Windows.

  1. 電話番号に通話を発信します。Call the telephone number. 各プロンプトで、6つの番号のグループを入力します。At each prompt, enter a group of six numbers. これは、手順1で取得したインストール ID です。This is the installation ID that you obtained in step 1.

  2. 応答が聞こえたら、番号を書き留めます。When you hear the response, write down the numbers. これは確認 ID です。This is your confirmation ID.

  3. コマンドラインで、次のコマンドを実行します。At the command line, run the following command:

cscript slmgr.vbs /atp CONFIRMATIONID ACTIVATIONID

CONFIRMATIONIDを、電話で受け取った48桁の確認 ID に置き換えます。Replace CONFIRMATIONID with the 48 digit confirmation ID that you received over the telephone.

ACTIVATIONIDを、使用している Office のバージョンのライセンス認証 ID に置き換えます。Replace ACTIVATIONID with the Activation ID for your version of Office. Office 2019 のライセンス認証 ID は70512334-47B4-44DB-A233-BE5EA33B914C であり、Office 2016 の2016アクティベーション ID は、98EBFE73-2084 49 c971643bea7 に対応しています。The Activation ID for Office 2019 is 70512334-47B4-44DB-A233-BE5EA33B914C, and the 2016 Activation ID for Office 2016 is 98EBFE73-2084-4C97-932C-C0CD1643BEA7.

  1. 確認 ID が正常にデポジットされたことを示すメッセージが表示されます。You should see a message that the confirmation ID was successfully deposited.

KMS ホストコンピューターによるライセンス認証を確認するVerify activations by the KMS host computer

KMS ホストコンピューターをセットアップした後、KMS クライアントはライセンス認証の要求を送信し、現在のライセンス認証数を増やします。After you set up the KMS host computer, KMS clients send requests for activation and increment the current count of activations. KMS クライアントをアクティブ化するには、現在のカウントが5以上である必要があります。The current count must be 5 or more before KMS clients are activated. 現在の最大数は、ライセンス認証のしきい値 (10) を2倍にします。The maximum current count is double the activation threshold, or 10. また、[アプリケーションとサービスログ] フォルダー (イベント ID 12290 の場合は、KMS に関連するアクティビティの ID) の KMS ログを確認することもできます。You can also check the KMS log in the Applications and Services Logs folder for event ID 12290, the ID for KMS-related activity. KMS ログは、KMS クライアントからライセンス認証要求を記録します。The KMS log records activation requests from KMS clients. 各イベントには、コンピューターの名前と、各アクティベーション要求のタイムスタンプが表示されます。Each event displays the name of the computer and the time stamp of each activation request.

KMS キーが正常にインストールされ、ライセンス認証されていることを確認するVerify the KMS key is successfully installed and activated

KMS ホストコンピューターの昇格されたコマンドプロンプトから次のコマンドを実行します。From an elevated command prompt on the KMS host computer, run the following command:

   cscript slmgr.vbs /dlv all

Office 2019 の情報のみを表示するには、 /dlvパラメーターの後にアクティブ化 ID を指定します。To view information only for Office 2019, specify the Activation ID after the /dlv parameter. 例:For example:

    cscript slmgr.vbs /dlv 70512334-47B4-44DB-A233-BE5EA33B914C

出力の例を次に示します。The following is an example of the output. "ライセンスの状態: ライセンス" という行は、KMS ホストコンピューターのライセンス認証が正常に完了したことを示します。The line that says: "License Status: Licensed" indicates that your KMS host computer is successfully activated.

Name: Office 16, OfficeKMSHostVL_KMS_Host edition
Description: Office 16, VOLUME_KMS channel
Activation ID: 98EBFE73-2084-4C97-932C-C0CD1643BEA7
Application ID: 0ff1ce16-a989-479d-af46-f275c6370663
Extended PID: 05426-00206-234-001162-03-1033-9200.0000-0992013
Installation ID: 020650770493837252929082195773527024195725809211989214
Use License URL: https://activation.sls.microsoft.com/SLActivateProduct/SLActiva
teProduct.asmx?configextension=o16
Validation URL: https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=187557
Partial Product Key: KDQ2G
License Status: Licensed
Remaining Windows rearm count: 1000
Trusted time: 10/26/2016 9:58:33 AM
Key Management Service is enabled on this machine
   Current count: 0
   Listening on Port: 1688
   DNS publishing enabled
   KMS priority: Normal
Key Management Service cumulative requests received from clients
   Total requests received: 0
   Failed requests received: 0
   Requests with License Status Unlicensed: 0
   Requests with License Status Licensed: 0
   Requests with License Status Initial grace period: 0
   Requests with License Status License expired or Hardware out of tolerance: 0
   Requests with License Status Non-genuine grace period: 0
   Requests with License Status Notification: 0