Exchange Server の自動検出サービスAutodiscover service in Exchange Server

自動検出 サービスにより、クライアントは、Exchange の機能にアクセスにできるようになり、ユーザーによる構成手順と展開手順は最小限に抑えられます。Exchange Web サービス (EWS) クライアントの場合、通常、自動検出 は EWS エンドポイント URL を見つけるために使用されます。ただし、自動検出 は、別のプロトコルを使用するクライアントを構成するための情報も提供できます。自動検出 は、クライアント アプリケーションがファイアウォールの内側または外側に存在するシナリオや、リソース フォレスト内および複数のフォレスト内に存在する場合に機能します。The Autodiscover service minimizes user configuration and deployment steps by providing clients access to Exchange features. For Exchange Web Services (EWS) clients, Autodiscover is typically used to find the EWS endpoint URL. However, Autodiscover can also provide information to configure clients that use other protocols. Autodiscover works for client applications that are inside or outside firewalls and in resource forest and multiple forest scenarios.

Exchange 2016 は、複数のサーバーによって以前に処理されたサービスへの変更を導入しました。Exchange 2016 introduced changes to services that were previously handled by the multiple servers. メールボックス サーバーはクライアント アクセス サービスを提供するようになったため、以前のバージョンの Exchange では可能であった、スタンドアロンのクライアント アクセス サーバーの構成はできなくなりました。The Mailbox server now provides Client Access services, so you can't configure a standalone Client Access server like you could in previous versions of Exchange. Exchange 2016 と Exchange 2019 の自動検出サービスは、次の理由で実行できます。Autodiscover service in Exchange 2016 and Exchange 2019 is possible because:

  • Exchange によって、インターネットautodiscoverインフォメーションサービス (IIS) の既定の web サイトの下に、という名前の仮想ディレクトリが作成されます。Exchange creates a virtual directory named autodiscover under the default web site in Internet Information Services (IIS).

  • Active Directory は、ドメインに参加しているコンピューターの権限のある Url を格納および提供します。Active Directory stores and provides authoritative URLs for domain-joined computers.

  • メールボックスサーバー上のクライアントアクセスサービスは、内部および外部のクライアント接続に対して認証とプロキシサービスを提供します。Client Access services on Mailbox servers provide authentication and proxy services for internal and external client connections.

  • Outlook では、ユーザー名とパスワードのみを使用してサービスが構成されます。Outlook configures services with only the user name and password.

注意

Outlook クライアントを Exchange サーバーに接続するためのユーザーの手順については、「Outlook のメールを設定する」を参照してください。If you are a user looking for help with connecting your Outlook client to your Exchange server, see Outlook email setup.

自動検出 サービスと Active DirectoryAutodiscover services and Active Directory

Exchange は Exchange サーバーの構成と、ユーザーのメールボックスに関する情報を Active Directory に保存します。Exchange stores in Active Directory the configuration of Exchange servers in the organization as well as information about your users' mailboxes. Exchange Server をインストールする前に、Active Directory フォレストとそのドメインを準備する必要があります。Before you install Exchange Server, you need to prepare your Active Directory forest and its domains. Exchange フォレストまたはドメインに慣れていない場合は、「手順 3: Active Directory ドメインを準備する」を参照してください。If you aren't familiar with Exchange forests or domains, see Step 3: Prepare Active Directory domains.

Exchange は、インストール時に、IIS autodiscoverの仮想ディレクトリ (クライアントが接続するフロントエンドクライアントアクセスサービス web サイト) を自動的に作成します。Exchange automatically creates at installation the virtual directory autodiscover in IIS, the frontend Client Access services web site that clients connect to. これにより、Outlook は Exchange メールボックス設定を検出できるようになります。これにより、ユーザーは詳細設定を手動で構成する必要がなくなります。This allows Outlook to discover the Exchange mailbox settings so that users don't have to deal with manually configuring advanced settings.

自動検出機能の処理

自動検出 サービス仮想ディレクトリと同時に、SCP オブジェクトも Active Directory に作成されます。SCP はドメインに参加しているコンピューターに向けた 自動検出 サービスの最優先される URL を保存および提供します。The SCP object is also created in Active Directory at the same time as the Autodiscover service virtual directory. The SCP stores and provides authoritative URLs of the Autodiscover service for domain-joined computers.

SCP オブジェクトを更新して、Exchange サーバーを指すようにする必要があります。You need to update the SCP object to point to the Exchange server. これは、Exchange サーバーが検出プロセスを向上させるために、クライアントに追加の自動検出情報を提供するために必要です。This is necessary because Exchange servers provide additional Autodiscover information to clients to improve the discovery process. SCP オブジェクトは、 Set-ClientAccessService コマンドレットを使用して更新できます。You can use the Set-ClientAccessService cmdlet to update the SCP object. 詳細については、「 Set-ClientAccessService」を参照してください。For more information, see Set-ClientAccessService.

重要

Set-ClientAccessService コマンドレットを実行する前に、アクセス許可が割り当てられている必要があります。コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。You need to be assigned permissions before you can run the Set-ClientAccessService cmdlet. To find the permissions required to run any cmdlet or parameter in your organization, see Find the permissions required to run any Exchange cmdlet.

自動検出 を使用すると、Exchange サーバー上のメールボックスに接続するために必要な情報を簡単に取得できます。SCP オブジェクトは、ユーザーの設定を取得するための適切な 自動検出 サーバーまたはエンドポイントを検索します。また、AD DS の SCP オブジェクトによって、ドメインに参加しているクライアントは 自動検出 サーバーを簡単に検索することができます。Autodiscover makes it easy to retrieve the information that you need to connect to mailboxes on Exchange servers. SCP objects locate those Autodiscover servers or endpoints appropriate for the user you're retrieving settings for. And SCP objects in AD DS provide an easy way for domain-joined clients to look up Autodiscover servers.

Exchange は、次の 2 種類の 自動検出 サービスの SCP オブジェクトを発行します。Exchange publishes two types of SCP objects for the Autodiscover service:

  • SCP ポインター: ユーザーのドメインの自動検出 SCP オブジェクトを検索するために使用する必要がある特定の LDAP サーバーを示す情報が含まれています。SCP pointers: Contains information that points to specific LDAP servers that should be used to locate Autodiscover SCP objects for the user's domain. 67661d7F-8FC4-4fa7-BFAC-E1D7794C1F68。SCP pointers are stamped with the following GUID: 67661d7F-8FC4-4fa7-BFAC-E1D7794C1F68.

  • SCP の url: 自動検出エンドポイントの url が含まれています。SCP URLs: Contains URLs for Autodiscover endpoints. SCP の Url には、次の GUID がスタンプされます。77378F46-2C66-4aa9-A6A6-3E7A48B19596SCP URLs are stamped with the following GUID: 77378F46-2C66-4aa9-A6A6-3E7A48B19596

SCP オブジェクトには、そのフォレストの 自動検出 サービスの権限リストが含まれます。自動検出 サービス エンドポイントの検出の詳細については、「自動検出エンドポイントの一覧を生成する」を参照してください。The SCP object contains the authoritative list of Autodiscover service URLs for the forest. To learn more about locating Autodiscover service endpoints, see Generate a list of Autodiscover endpoints.

Exchange 2016 と Exchange 2019 のクライアント接続は exchange 2013 と似ており、exchange 2010 とは異なります。Client connectivity in Exchange 2016 and Exchange 2019 is like Exchange 2013 and differs from Exchange 2010. Exchange 2016 および2019では、以前の Outlook クライアントが Outlook Anywhere (RPC over HTTP) を使用していた場合、既定で MAPI over HTTP が有効になっています。In Exchange 2016 and 2019, MAPI over HTTP is enabled by default, when previously Outlook clients used Outlook Anywhere (RPC over HTTP). Exchange 2016 および2019では、Exchange 2010 よりもサイト復元ソリューションで必要な名前空間が少なくなります。これは、以前必要であった名前空間から2つに減少します。Exchange 2016 and 2019 require fewer name spaces for site-resilient solutions than Exchange 2010, reducing to two from the previously required seven namespaces. 名前空間と Exchange サーバーの詳細については、「 exchange 2016 のブログ名前空間の計画」を参照してください。To read more about namespace and Exchange Server, see the blog Namespace Planning in Exchange 2016.

別のサイトに自動検出サービスを構成したかどうかに応じて、自動検出サービス URL は次の値//<SMTP-address-domain>のいずれかになります。ここで、はプライマリ SMTP ドメインアドレスです。Depending on whether you configured the Autodiscover service on a separate site, the Autodiscover service URL will be either of the following values, where //<SMTP-address-domain> is the primary SMTP domain address:

  • https://<SMTP-address-domain>/autodiscover/autodiscover.xml

  • https://autodiscover.<smtp-address-domain>/autodiscover/autodiscover.xml

たとえば、ユーザーの電子メール アドレスが tony@contoso.com である場合、プライマリ SMTP ドメイン アドレスは contoso.com. になります。For example, if the user's email address is tony@contoso.com, the primary SMTP domain address is contoso.com.

クライアント アプリケーションは、アプリケーションの初回起動時に 自動検出 サービスを使用します。たとえば、Exchange Web サービス (EWS) アプリケーションが初めて起動したときに、アプリケーションは 自動検出 サービスを使用して、それ自体を構成します。contoso.com ドメインと Longview 地域の Active Directory サイトに参加しているユーザーのコンピューターの場合、アプリケーションはこれらの 自動検出 サービス エンドポイントの一覧を生成します。Client applications use the Autodiscover service when the application starts for the first time. For example when an Exchange Web Services (EWS) application starts for the first time, the application configures itself using the Autodiscover service. For a user's computer joined to the contoso.com domain and in the Longview regional Active Directory site, the application generates the list of these Autodiscover service endpoints:


エンドポイントEndpoint 生成元のツールGenerated by
https://longview.econtoso.com/autodiscover/autodiscover.xml SCP 結果SCP results
https://email.contoso.com/autodiscover/autodiscover.xml SCP 結果SCP results
https://newark.contoso.com/autodiscover/autodiscovfer.xml SCP 結果SCP results
https://contoso.com/autodiscover/autodiscover.exc 電子メール アドレスから派生Derived from email address
https://autodiscover.contoso.com/autodiscover/autodiscover 電子メール アドレスから派生Derived from email address

SCP オブジェクトの詳細については、「Active Directory でサービスを公開する」を参照してください。For more information about SCP objects, see Publishing Services in Active Directory

DNS での 自動検出Autodiscover in DNS

Exchange 2010 で自動検出の名前空間の要件が導入され、証明書がいくつか必要になりました。Exchange introduced namespace requirements for Autodiscover in Exchange 2010 and certificates required several of them. サーバー復元シナリオでは、以下の要素がすべて必要でした。In a server resilience scenario, all of these elements were required:

  • プライマリ データセンターの IP 名前空間Primary datacenter IP namespace

  • セカンダリ データセンターの IP 名前空間Secondary datacenter IP namespace

  • プライマリ Outlook Web App のフェールバック名前空間Primary Outlook Web App failback namespace

  • 2番目の Outlook Web App のフェールバック名前空間Secondary Outlook Web App failback namespace

  • トランスポート名前空間 (SMTP)Transport namespace (for SMTP)

  • プライマリ データセンターの RPC クライアント アクセス名前空間Primary datacenter RPC Client Access namespace

  • セカンダリ データセンターの RPC クライアント アクセス名前空間Secondary datacenter RPC Client Access namespace

サーバーの復元シナリオは改善され、5つの名前空間が2つに減少しました。Server resiliency scenarios have been improved, reducing the five namespaces to two. これは、Exchange では RPC クライアント アクセス名前空間と、アクティブなメールボックス データベースをホストするメールボックス サーバーへのクライアント アクセス サービスのプロキシ要求が不要になったためです。This is because Exchange no longer needs the RPC Client Access namespaces and Client Access services proxy requests to the Mailbox server that is hosting the active Mailbox database. 1 つの Active Directory サイトのメールボックス サーバーは、別の Active Directory サイトのメールボックス サーバーへのセッションをプロキシできます。A Mailbox server in one Active Directory site can proxy a session to a another Active Directory site's Mailbox server.

つまり、それぞれのデータセンターで一意の名前空間が不要になったということです。What this means is that unique namespaces are no longer required for each datacenter. たとえば、mail.contoso.com と mail2.contoso.com の代わりに、データセンターのペアには単一の名前空間 (mail.contoso.com) のみが必要です。For example, instead of mail.contoso.com and mail2.contoso.com, you only need a single namespace, mail.contoso.com, for the datacenter pair. さらに、データベース可用性グループ (DAG) のアクティブ化シナリオで、フェールバック名前空間は不要になりました。Additionally, failback namespaces are no longer needed in Database Availability Groups (DAG) activation scenarios.

自動検出 はドメインに簡単に設定できます。必要な操作が外部 (パブリック) DNS に CNAME リソース レコードを作成することのみだからです。CNAME レコードを使用すると、ネットワークの実装の詳細を、ネットワークに接続するクライアントに対して非表示にできます。ネットワーク内で CNAME レコードを使用すると、ユーザーは host.examplemachinename.domain.com の代わりに、より簡単な URI の mail.domain.com を使用できます。Autodiscover is simple to set up for your domain because it only requires that you create a CNAME resource record in your external (public) DNS. CNAME records let you hide the implementation details of your network from the clients that connect to it. Used internally in your network, CNAME records allow users to use the simpler URI mail.domain.com instead of host.examplemachinename.domain.com.

CNAME (または正規名) レコードは、Windows のショートカットや Apple Mac エイリアスに相当する DNS の機能です。CNAME レコードは、IP アドレスを対象サーバーにマップするアドレス (A) レコードを表すエイリアスです。たとえば、ドメインが contoso.com の場合は autodiscover.contoso.com の CNAME レコードを作成します。CNAME レコードの名前は、証明書の名前と一致する必要があります。CNAME レコードはホスト名に対してのみ機能します。CNAME は外部で動作しますが、ブラウザーのバーの URL は置換しません。証明書が URL と照合されると警告が出て失敗しますが、サービスへのアクセスは引き続き可能です。A CNAME or canonical name record is the DNS equivalent to a Windows shortcut or an Apple Mac alias. A CNAME record is an alias for an Address (A) record that maps an IP address to the target server. If, for example, your domain is contoso.com, you create a CNAME record for autodiscover.contoso.com. The name in the CNAME record must match a name in a certificate. CNAME records work only for hostnames. CNAMEs work externally, but they don't replace the URL in the browser bar. When the certificate is checked against the URL, you get a failure with a warning, but you can still access the service.

一般的な CNAME レコードは次のようになります。A typical CNAME record looks like this:

  • 名前: autodiscoverName: autodiscover

  • TTL:3600TTL: 3600

  • RR の種類:CNAMERR Type: CNAME

  • 対象:外部アクセス可能なメールボックス サーバーの FQDN (mail.contoso.com など)Target: The externally accessible FQDN of the Mailbox server (for example, mail.contoso.com)

この例では、autodiscover.contoso.com は mail.contoso.com に解決されます。In this example, autodiscover.contoso.com resolves to mail.contoso.com. 詳細については、「 configure mail flow and client access In Exchange servers」のステップ 4: 外部 url の構成」を参照してください。For more information, see Step 4: Configure external URLs in Configure mail flow and client access on Exchange servers.

ドメインのエイリアスや承認済みドメインを含む、アカウントのすべてのドメインに対して 自動検出 CNAME レコードを作成することをお勧めします。We recommend that you create an Autodiscover CNAME record for every domain on your account, including domain aliases and accepted domains. 自分のドメインをホストしている CNAME レコードまたは SRV レコードを作成する必要があります。You need to create either a CNAME or SRV record where your domain is hosted. オフラインアドレス帳を同期し、空き時間情報を表示して、Outlook の不在時の機能を有効にすることができます。Only then you can synchronize your offline address book, show free/busy information and enable the Out of office feature in Outlook.

サービス (SRV) リソース レコードを使用すると、特定のサービス、プロトコル、および DNS ドメインのサーバーの場所を指定できます。たとえば、ドメインに 2 つの Web サーバーがある場合、どのホストが Web サーバーなのかを示す SRV リソース レコードを作成できます。リゾルバーは、Web サーバーのすべての SRV リソース レコードを取得できます。Service (SRV) resource records let you specify the location of the servers for a specific service, protocol, and DNS domain. For example, if you have two Web servers in your domain, you can create SRV resource records indicating which hosts serve as Web servers. Resolvers can then retrieve all the SRV resource records for the Web servers.

一般的な SRV レコードは次のようになります。A typical SRV record looks like this:

  • サービス: _autodiscoverService: _autodiscover

  • プロトコル: ._tcpProtocol: ._tcp

  • ポート番号:443Port Number: 443

  • ホスト: mail.contoso.comHost: mail.contoso.com

  • 優先度:0Priority: 0

  • 重み:0Weight: 0

この例では、Outlook サーバーの名前空間は mail.contoso.com です。In this example, the Outlook server namespace is mail.contoso.com.

CNAME および SRV レコードの詳細については、「 Exchange 2016 での Outlook チームブログの名前空間の計画」を参照してください。Read more about CNAME and SRV records in the Outlook team blog, Namespace planning in Exchange 2016.

Outlook の 自動検出 サービスAutodiscover services in Outlook

Outlook クライアントはユーザーの資格情報のみで Active Directory の認証を行い、自動検出 SCP オブジェクトを検索できます。クライアントは 自動検出 サービスのインスタンスを取得して列挙し、その後、列挙されたリストの最初のメールボックス サーバーのクライアント アクセス (フロントエンド) サービスに接続します。次に、クライアントはユーザーのメールボックスと使用可能な Exchange 機能に接続するために必要なプロファイル情報を XML データ形式で収集します。With only the user credentials, the Outlook client can authenticate to Active Directory and search for the Autodiscover SCP objects. After the client obtains and enumerates the instances of the Autodiscover service, the client connects to the Client Access (frontend) services on the first Mailbox server in the enumerated list. The client then collects the profile information in the form of XML data that's needed to connect to the user's mailbox and available Exchange features.

注意

DNS プロバイダーの要件によっては、完全修飾ドメイン名 (FQDN) をホスト名として追加する必要があります。その場合、ドメインが contoso.com であれば、ホスト名は autodiscover.com ではなく autodiscover.contoso.com になります。Depending on your DNS provider's requirements, you may need to add the fully qualified domain name (FQDN) as your hostname. In that case, if your domain is contoso.com, then your hostname would be autodiscover.contoso.com, not autodiscover.com.

自動検出 サービスを提供するサーバーを指す、ドメイン名の特別な DNS レコードを設定して、Exchange アカウントが Outlook で正常に機能できるようにする必要があります。外部アクセスの場合、または DNS を使用する場合、クライアントはユーザーの電子メール アドレスのプライマリ SMTP ドメイン アドレスを使用して、インターネット上の 自動検出 サービスの場所を特定します。You need to set up a special DNS record for your domain name that points to the server providing Autodiscover services so that Exchange accounts function correctly in Outlook. For external access, or using DNS, the client locates the Autodiscover service on the Internet by using the primary SMTP domain address from the user's email address.

自動検出 サービスは、これら 4 つの方法のいずれか 1 つを使用して、電子メール クライアントを構成します。最初の 2 つは、小規模で単一の SMTP 名前空間組織に適しています。最後の 2 つは、複数の SMTP 名前空間を提供します。The Autodiscover service uses one of these four methods to configure the email client. The first two work for small, single SMTP namespace organizations. The last two serve multiple-SMTP namespaces.

一部のホスト名と URL は Exchange 管理センター (EAC) と Exchange 管理シェル を使用して構成できますが、それ以外では PowerShell を使用する必要があります。詳細については、「メール フローおよびクライアント アクセスの構成」を参照してください。Some of the hostnames and URLs can be configured by using the Exchange admin center (EAC) and the Exchange Management Shell, while others require that you use PowerShell. You can learn more about that in Configure mail flow and client access.

自動検出 サービスを使用して、Outlook はユーザーのメールボックスで構成された新しい接続ポイントを検出します。つまり、自動検出 では、GUID と @、およびユーザーのプライマリ SMTP アドレスのドメイン部分で構成される ID が使用されます。自動検出 サービスは、次の情報をクライアントに返します。Through the Autodiscover service, Outlook finds a new connection point made up of the user's mailbox. That is, Autodiscover uses the identification made up of a GUID, plus @, and the domain portion of the user's primary SMTP address. The Autodiscover service returns the following information to the client:

  • ユーザーの表示名User's display name

  • 内部および外部接続用それぞれの接続設定Separate connection settings for internal and external connectivity

  • ユーザーのメールボックスの場所 (メールボックスのアクティブなコピーを現在保持しているメールボックス サーバー)Location of the user's mailbox (the Mailbox server that currently holds the active copy of the mailbox)

  • 空き時間情報、Exchange 2016 のユニファイドメッセージング (UM) (Exchange 2019 ではない)、オフラインアドレス帳 (OAB) などの機能を制御する、さまざまな Outlook 機能の Url。URLs for various Outlook features that govern functionality such as free/busy information, Unified Messaging (UM) in Exchange 2016 (but not in Exchange 2019), and the offline address book (OAB)

  • Outlook Anywhere サーバーの設定Outlook Anywhere server settings

次に示すサービスの仮想ディレクトリに、正しい外部 URL を構成していることを確認する必要があります。次の表の例は、contoso.com 電子メール ドメインに必要な値を示しています。また、IIS 認証方法を設定する必要もあります。詳細については、「Setting Up Standard Authentication Methods for Outlook Web App」を参照してください。You'll need to make sure that you have configured the correct external URLs for the virtual directories of the following services. The examples in the table that follows show values required for the contoso.com email domain. In addition, you may need to set IIS Authentication Methods. You can learn more about that in Setting Up Standard Authentication Methods for Outlook Web App.

サービスService Exchange Management ShellExchange Management Shell 変更Modifies
オフライン アドレス帳Offline Address Book Get-OabVirtualDirectory | Set-OabVirtualDirectory -ExternalURL https://mail.companycontoso.com/oab IIS で使用される OAB 仮想ディレクトリOAB virtual directories used in IIS
Exchange Web サイトExchange Web Sevices Get-WebServicesVirtualDirectory | Set-WebServicesVirtualDirectory -ExternalURL https://mail.companycontoso.com/ews/exchange.asmx IIS の Exchange Web サービスの仮想ディレクトリExchange Web Services virtual directories in IIS
Outlook Anywhere (RPC over HTTP)Outlook Anywhere (RPC over HTTP) Get-OutlookAnywhere | Set-OutlookAnywhere -ExternalHostname mail.contoso.com -ExternalClientsRequireSsl $true IIS の Outlook Anywhere 仮想ディレクトリOutlook Anywhere virtual directories in IIS
HTTP 経由のメッセージングアプリケーションプログラミングインターフェイス (MAPI)(Exchange 2013 SP1 以降)Messaging Application Programming Interface (MAPI) over HTTP (Exchange 2013 SP1 or later) Get-MapiVirtualDirectory | Set-MapiVirtualDirectory -ExternalURL https://mail.companycontoso.com/mapi

Set-OrganizationConfig -MapiHttpEnabled $true
IIS の MAPI 仮想ディレクトリMAPI virtual directories in IIS

これらの URL を取得または再構成する方法の詳細については、前述の表の「サービス名」をクリックしてください。Click the Service name in the preceding table for more information about how to obtain or reconfigure these URLs.

ユーザーの Exchange 情報が変更されると、Outlook は 自動検出 サービスを使用してユーザーのプロファイルを自動的に再構成します。たとえば、ユーザーのメールボックスが移動されたり、クライアントがユーザーのメールボックスや利用可能な Exchange の機能に接続できない場合、Outlook では 自動検出 サービスを呼び出し、ユーザーのプロファイルを自動的に更新して、メールボックスや Exchange の機能への接続に必要な情報を設定します。When a user's Exchange information changes, Outlook uses the Autodiscover service to automatically reconfigure the user's profile. For example, if a user's mailbox is moved. or the client can't connect to the user's mailbox or to available Exchange features, Outlook will contact the Autodiscover service and automatically update the user's profile to include the information that's required to connect to the mailbox and Exchange features.

その他のクライアントOther clients

自動検出 サービスは、Skype for Business Server 2015 のすべてのサービスを検索するための推奨方法です。接続に成功すると、自動検出 サービスはユーザーのホーム プールのすべての Web サービス URL を返します。これには、モビリティ サービス (IIS のサービス用に作成された仮想ディレクトリでは Mcx と呼ばれる)、Lync Web アプリ、Web スケジューラ URL などが含まれます。ただし、内部モビリティ サービス URL と外部モビリティ サービス URL は、いずれも外部 Web サービス FQDN に関連付けられています。したがって、モバイル デバイスがネットワークの内部でも外部でも、デバイスは常に外部からリバース プロキシ経由でモビリティ サービスに接続します。自動検出 サービスは、内部/UCWA、外部/UCWA、および UCWA への参照も返します。これらのエントリは、Unified Communications Web API (UCWA) Web コンポーネントを参照します。Autodiscover service the preferred method to locate all services in Skype for Business Server 2015 . When a connection is successful, the Autodiscover service returns all the Web Services URLs for the user's home pool, including the Mobility Service (known as Mcx by the virtual directory created for the service in IIS), Lync Web App and Web scheduler URLs. However, both the internal Mobility Service URL and the external Mobility Service URL is associated with the external Web Services FQDN. Therefore, regardless of whether a mobile device is internal or external to the network, the device always connects to the Mobility Service externally through reverse proxy. The Autodiscover service also returns references to Internal/UCWA, External/UCWA and UCWA. These entries refer to the Unified Communications Web API (UCWA) web component.

自動検出サービスを構成するConfigure Autodiscover services

自動検出 は、ファイアウォールの内側および外側のクライアント アプリケーション、リソース フォレストおよび複数のフォレスト シナリオで機能します。EWS クライアントの場合、通常 自動検出 は EWS エンドポイント URL を見つけるために使用されますが、その他のプロトコルを使用するクライアントを構成する情報も 自動検出 から提供されます。Autodiscover works for client applications inside and outside firewalls and in resource forest and multiple forest scenarios. For EWS clients, Autodiscover is typically used to find the EWS endpoint URL, but Autodiscover can also provide information to configure clients that use other protocols.

Exchange Server をインストールすると、Exchange サーバーによって作成および署名された自己署名証明書がサーバーに自動的にインストールされます。When you install Exchange Server, a self-signed certificate that's created and signed by the Exchange server is automatically installed on the server. ただし、他のサービスに使用できる追加の自己署名証明書を作成することもできます。However, you can also create additional self-signed certificates that you can use for other services.

証明書要求の作成は、Exchange サーバーに新しい証明書をインストールして、1つ以上の Exchange サービスに対してトランスポート層セキュリティ (TLS) 暗号化を構成するための最初の手順です。Creating a certificate request is the first step in installing a new certificate on an Exchange server to configure Transport Layer Security (TLS) encryption for one or more Exchange services. 証明書要求 (証明書署名要求または CSR とも呼ばれる) を使用して、証明機関 (CA) から証明書を取得します。You use a certificate request (also known as a certificate signing request or CSR) to obtain a certificate from a certification authority (CA). 詳細については、次のトピックをご覧ください。For more information, see the following topics:

注意

自動検出 サービスは、Microsoft リモート接続アナライザーを使用して確認できます。接続が成功したら、Outlook 接続テストも選択して実行します。失敗した場合は、Exchange で外部 URL を設定する必要があります。Microsoft リモート接続アナライザー からの結果は、接続に失敗した理由を説明する必要があります。通常、接続障害は、さまざまな Outlook サービスの仮想ディレクトリに正しい外部 URL が構成されていないことを意味します。You can confirm your Autodiscover service by using the Microsoft Remote Connectivity Analyzer. When the connectivity is successful, also select and run the Outlook Connectivity test. If that fails, you may need to configure the external URLs in Exchange. The results from the Microsoft Remote Connectivity Analyzer should explain why connectivity failed. Generally, a connectivity failure means that you don't have the correct external URLs configured for the virtual directories of the various Outlook services.

自動検出 サービスを管理するManage Autodiscover services

クライアントが複数の Exchange サーバーに接続する展開では、自動検出 SCP オブジェクトが各メールボックス サーバー上の (フロントエンド) クライアント アクセス サービス用に作成されます。In deployments where clients connect to multiple Exchange servers, the Autodiscover SCP object is created for the (frontend) Client Access services on each Mailbox server. SCP オブジェクトには、のhttps://<ExchangeServer>/autodiscover/autodiscover.xml形式でクライアントが接続する Exchange サーバーの FQDN (例:) https://cas01/autodiscover/autodiscover.xml)の servicebindinginfo 属性が含まれています。The SCP object contains the ServiceBindingInfo attribute with the FQDN of the Exchange server that the client connects to in the form of https://<ExchangeServer>/autodiscover/autodiscover.xml (for example, https://cas01/autodiscover/autodiscover.xml).

Microsoft リモート接続アナライザーで Exchange ActiveSync 自動検出と Outlook 自動検出テストを実行できます。You can run the Exchange ActiveSync Autodiscover and Outlook Autodiscover tests in the Microsoft Remote Connectivity Analyzer. ユーザーがローカルのワイヤレス ネットワークを使用して Exchange Online に接続する場合は、両方のテストを実行して、ローカル ネットワークが ActiveSync エンドポイントへの接続を許可していることを確認する必要があります。If the user is using a local wireless network to connect to Exchange Online, the user should run both tests to make sure that the local network allows for connections to the ActiveSync endpoints.

Exchange Server の計画と展開において、exchange の展開の一環として、自動検出サービスを計画し、展開するためのヘルプを取得できます。You can get help for planning and deploying Autodiscover services as part of your Exchange deployment in Planning and deployment for Exchange Server.