Exchange ActiveSyncExchange ActiveSync

Exchange ActiveSync は、待ち時間の長い低帯域幅のネットワークと連携するように最適化された Exchange 同期プロトコルです。この、HTTP と XML に基づいたプロトコルにより、携帯電話は Microsoft Exchange を実行しているサーバー上の組織の情報にアクセスできます。Exchange ActiveSync is an Exchange synchronization protocol that's optimized to work together with high-latency and low-bandwidth networks. The protocol, based on HTTP and XML, lets mobile phones access an organization's information on a server that's running Microsoft Exchange.

Exchange ActiveSync の概要Overview of Exchange ActiveSync

Exchange ActiveSync を使用すると、携帯電話ユーザーは、ユーザーの電子メール、予定表、連絡先、およびタスクにアクセスできるようになります。また、オフライン作業の間も継続してこの情報にアクセスできるようになります。Exchange ActiveSync lets mobile phone users access their email, calendar, contacts, and tasks, and lets them continue to access this information when they're working offline.

標準の暗号化サービスにより、サーバーとのモバイル通信にセキュリティが追加されます。Exchange サーバーとモバイル デバイス間の通信で Secure Sockets Layer (SSL) 暗号化を使用するように Exchange ActiveSync を構成できます。Standard encryption services add security to mobile communication with the server. You can configure Exchange ActiveSync to use Secure Sockets Layer (SSL) encryption for communications between the Exchange server and the mobile device.

Exchange ActiveSync の機能Features in Exchange ActiveSync

Exchange ActiveSync には次の機能があります。Exchange ActiveSync provides the following:

  • HTML メッセージのサポートSupport for HTML messages

  • フラグのサポートSupport for follow-up flags

  • 電子メール メッセージのスレッドのグループ化Conversation grouping of email messages

  • 会話全体を同期するか、同期しないかの機能Ability to synchronize or not synchronize an entire conversation

  • ショート メッセージ サービス (SMS) のメッセージとユーザーの Exchange メールボックスの同期Synchronization of Short Message Service (SMS) messages with a user's Exchange mailbox

  • メッセージ返信ステータスの表示のサポートSupport for viewing message reply status

  • 高速メッセージ取得のサポートSupport for fast message retrieval

  • 会議の出席者の情報Meeting attendee information

  • Exchange Search の拡張Enhanced Exchange Search

  • PIN のリセットPIN reset

  • パスワード ポリシーによるデバイス セキュリティの拡張Enhanced device security through password policies

  • Over The Air プロビジョニングの自動検出Autodiscover for over-the-air provisioning

  • 退席時、休暇時、外出時の自動応答設定のサポートSupport for setting automatic replies when users are away, on vacation, or out of the office

  • タスクの同期のサポートSupport for task synchronization

  • ダイレクト プッシュDirect Push

  • 連絡先の空き時間情報のサポートSupport for availability information for contacts

Exchange ActiveSync の管理Managing Exchange ActiveSync

Exchange ActiveSync は既定で有効になっています。Exchange メールボックスを持つすべてのユーザーがモバイル デバイスと Microsoft Exchange サーバーを同期することができます。By default, Exchange ActiveSync is enabled. All users who have an Exchange mailbox can synchronize their mobile device with the Microsoft Exchange server.

次の Exchange ActiveSync タスクを行うことができます。You can perform the following Exchange ActiveSync tasks:

  • ユーザーの Exchange ActiveSync の有効化と無効化Enable and disable Exchange ActiveSync for users

  • パスワードの最小文字数、デバイスのロック、パスワードの入力ミスが許される回数などのポリシーの設定Set policies such as minimum password length, device locking, and maximum failed password attempts

  • 紛失したり盗難にあった携帯電話からすべてのデータを消去するリモート ワイプの開始Initiate a remote wipe to clear all data from a lost or stolen mobile phone

  • さまざまな形式で表示またはエクスポートするためのさまざまなレポートの実行Run a variety of reports for viewing or exporting into a variety of formats

  • デバイス アクセス ルールにより、組織との同期を許可するモバイル デバイスの種類を制御します。Control which types of mobile devices can synchronize with your organization through device access rules

Exchange ActiveSync でのモバイル デバイス アクセスの管理Managing mobile device access in Exchange ActiveSync

Exchange Server と同期できるモバイル デバイスを制御できます。この管理を行うには、組織に接続する新しいモバイル デバイスを監視するか、接続を許可するモバイル デバイスの種類を判断するルールを設定します。どのモバイル デバイスが同期できるかの指定方法の選択に関係なく、特定のユーザーの特定のモバイル デバイスに対するアクセスをいつでも承認または拒否できます。You can control which mobile devices can synchronize with Exchange Server. You do this by monitoring new mobile devices as they connect to your organization or by setting up rules that determine which types of mobile devices are allowed to connect. Regardless of the method you choose to specify which mobile devices can synchronize, you can approve or deny access for any specific mobile device for a specific user at any time.

Exchange ActiveSync でのデバイスのセキュリティ機能Device security features in Exchange ActiveSync

Exchange では、Exchange ActiveSync サーバーとモバイル デバイス間の通信のセキュリティ オプションを構成する機能に加えて、モバイル デバイスのセキュリティを強化する次の機能が提供されています。In addition to the ability to configure security options for communications between the Exchange server and your mobile devices, Exchange ActiveSync offers the following features to enhance the security of mobile devices:

  • リモート ワイプ: モバイル デバイスが失われた場合は、盗難、または危険にさらされた場合は、コマンドを発行できます、リモート ワイプ、Exchange Server コンピューターから、または任意の Web ブラウザーから Outlook Web App を使用しています。このコマンドには、モバイル デバイスからすべてのデータが消去されます。Remote wipe: If a mobile device is lost, stolen, or otherwise compromised, you can issue a remote wipe command from the Exchange Server computer or from any Web browser by using Outlook Web App. This command erases all data from the mobile device.

  • デバイスのパスワード ポリシー: Exchange ActiveSync を使用して、デバイスのパスワードのいくつかのオプションを構成できます。Device password policies: Exchange ActiveSync lets you configure several options for device passwords.

    注意事項

    iOS の指紋リーダー技術はデバイスのパスワードには使用できません。組織のモバイル デバイス メールボックス ポリシーでデバイスのパスワードが必要な場合は、iOS の指紋リーダーを使用している場合でも、デバイスのパスワードを作成して入力する必要があります。The iOS fingerprint reader technology cannot be used as a device password. If you choose to use the iOS fingerprint reader, you'll still need to create and enter a device password if the mobile device mailbox policy for your organization requires a device password.

    デバイスのパスワードのオプションには、次のものがあります。The device password options include the following:

    • パスワードの長さ (文字数): このオプションは、モバイル デバイスのパスワードの長さを指定します。デフォルトの長さは 4 文字は、ですが、18 個を含めることができます。Minimum password length (characters): This option specifies the length of the password for the mobile device. The default length is 4 characters, but as many as 18 can be included.

    • 文字数の最小値を設定: このテキスト ボックスを使用して、英数字のパスワードの複雑さを指定し、次の中から文字のセットを別の番号を使用するユーザーを強制的に: 文字の小文字、大文字、記号、番号.Minimum number of character sets: Use this text box to specify the complexity of the alphanumeric password and force users to use a number of different sets of characters from among the following: lowercase letters, uppercase letters, symbols, and numbers.

    • 英数字のパスワードを必要とする: このオプションは、パスワードの強度を決定します。文字や記号の数だけでなくパスワードの使用を強制できます。Require alphanumeric password: This option determines password strength. You can enforce the usage of a character or symbol in the password in addition to numbers.

    • 休止時間 (秒): このオプションでは、どのくらいの期間、モバイル デバイス必要がありますアクティブなユーザーがモバイル デバイスのロックを解除するためのパスワードを要求する前に指定します。Inactivity time (seconds): This option determines how long the mobile device must be inactive before the user is prompted for a password to unlock the mobile device.

    • パスワード履歴を記録する: ユーザーが、以前のパスワードを再利用できないようにするのには携帯電話を強制するには、このチェック ボックスを選択します。設定した番号は、ユーザーが再利用することができません、過去のパスワードの数を決定します。Enforce password history: Select this check box to force the mobile phone to prevent the user from reusing their previous passwords. The number that you set determines the number of past passwords that the user won't be allowed to reuse.

    • パスワードの回復を有効にする: モバイル デバイスのパスワードの回復を有効にするには、このチェック ボックスを選択します。管理者は、ユーザーの回復パスワードを検索するのには、 Get ActiveSyncDeviceStatisticsコマンドレットを使用できます。Enable password recovery: Select this check box to enable password recovery for the mobile device. Administrators can use the Get-ActiveSyncDeviceStatistics cmdlet to look up the user's recovery password.

    • (失敗) の後にデバイスをワイプする: このオプションを使用して、失敗したパスワードを複数回試行した後は消去するのには携帯電話のメモリを使用するかを指定できます。Wipe device after failed (attempts): This option lets you specify whether you want the phone's memory to be wiped after multiple failed password attempts.

  • デバイスの暗号化ポリシー: 多数のユーザーのグループに適用するモバイル デバイスの暗号化のポリシーがあります。これらのポリシーを以下に示します。Device encryption policies: There are a number of mobile device encryption policies that you can enforce for a group of users. These policies include the following:

    • デバイスでの暗号化を要求する: モバイル デバイスでの暗号化を必要とする場合は、このチェック ボックスを選択します。これにより、モバイル デバイス上のすべての情報を暗号化することによってセキュリティが向上します。Require encryption on device: Select this check box to require encryption on the mobile device. This increases security by encrypting all information on the mobile device.

    • ストレージ カードの暗号化を要求する: 携帯電話のリムーバブル メモリ カード上の暗号化を要求する] このチェック ボックスを選択します。これにより、モバイル デバイスのストレージ カード上のすべての情報を暗号化することによってセキュリティが向上します。Require encryption on storage cards: Select this check box to require encryption on the mobile device's removable storage card. This increases security by encrypting all information on the storage cards for the mobile device.