Exchange Server の電子メールアドレスポリシーEmail address policies in Exchange Server

メールアドレスポリシーは、Exchange 組織内の受信者の電子メールアドレスを作成するルールを定義します。Email address policies define the rules that create email addresses for recipients in your Exchange organization. Exchange server 2016 および Exchange Server 2019 の電子メールアドレスポリシーは、基本的に Exchange Server 2010 から変更されていません。Email address policies in Exchange Server 2016 and Exchange Server 2019 are basically unchanged from Exchange Server 2010.

電子メールアドレスポリシーで使用できる SMTP ドメインは、Exchange 組織で構成されている承認済みドメイン(特に、権限のあるドメインおよび内部の中継ドメイン) によって定義されます。The SMTP domains that are available to use in email address policies are defined by the accepted domains that are configured in the Exchange organization (specifically, authoritative domains and internal relay domains). 承認済みドメインの詳細については、「 Exchange Server の承認済みドメイン」を参照してください。For more information about accepted domains, see Accepted domains in Exchange Server.

電子メールアドレスポリシーの基本コンポーネントは次のとおりです。The basic components of an email address policy are:

  • [電子メールアドレステンプレート]: 受信者の電子メールアドレスの形式<firstname>@contoso.com<lastname>.<firstname>@contoso.com定義します (例: または)。Email address templates: Define the email address format for the recipients (for example <firstname>@contoso.com or <lastname>.<firstname>@contoso.com).

  • 受信者フィルター: ポリシーによって電子メールアドレスが構成されている受信者を指定します。Recipient filter: Specifies the recipients whose email addresses are configured by the policy.

  • Priority: メールアドレスポリシーを適用する順序を指定します (受信者が複数のポリシーによって識別される場合は重要)。Priority: Specifies the order to apply the email address policies (important if a recipient is identified by more than one policy).

電子メールアドレスポリシーを構成するには、「 Exchange Server の電子メールアドレスポリシーの手順」を参照してください。To configure email address policies, see Procedures for email address policies in Exchange Server.

電子メールアドレステンプレートEmail address templates

電子メールアドレステンプレートには、アドレスの種類とアドレスの形式が含まれています。An email address template contains the address type and the address format. 電子メールアドレスポリシーには、複数の電子メールアドレステンプレートを含めることができます。An email address policy can contain multiple email address templates. 1つのテンプレートは、プライマリ (返信) SMTP 電子メールアドレスを定義し、ポリシーで定義されているプライマリ SMTP 電子メールアドレスは1つだけである必要があります (返信先: 受信者の電子メールアドレス)。One template must define the primary (reply) SMTP email address, and there can be only one primary SMTP email address defined in the policy (it's the Reply-To: email address for recipients). ポリシー内の他の電子メールアドレステンプレートは、受信者の追加またはプロキシアドレスを定義します。Other email address templates in the policy define the additional or proxy addresses for recipients.

アドレスの種類Address types

主に電子メールアドレスポリシーで SMTP 電子メールアドレスを使用しますが、他の電子メールアドレスの種類を使用することもできます。Although you'll primarily use SMTP email addresses in email address policies, other email address types are available. 有効なアドレスの種類の値は次のとおりです。The valid address type values are:

  • SMTPSMTP

  • Gwise: Novell GroupWise。GWISE: Novell GroupWise. 既定では、不足%ExchangeInstallPath%Mailbox\address\gwise\amd64\gwxpxgen.dllしているファイルを検索して、電子メールアドレスの形式を検証します。By default, looks for the missing %ExchangeInstallPath%Mailbox\address\gwise\amd64\gwxpxgen.dll file to validate the email address format.

  • メモ: Lotus notesNOTES: Lotus Notes. 既定では、は含ま%ExchangeInstallPath%Mailbox\address\notes\amd64\ntspxgen.dllれているファイルを使用して、電子メールアドレスの形式を検証します。By default, uses the included %ExchangeInstallPath%Mailbox\address\notes\amd64\ntspxgen.dll file to validate the email address format.

  • X400: 既定では、含まれ%ExchangeInstallPath%Mailbox\address\notes\amd64\x400prox.dllているファイルを使用して、電子メールアドレスの形式を検証します。X400: By default, uses the included %ExchangeInstallPath%Mailbox\address\notes\amd64\x400prox.dll file to validate the email address format.

:Notes:

  • Exchange 管理シェルでは、値SMTPはプライマリ電子メールアドレスを指定し、値smtpは追加 (プロキシ) アドレスを指定します。In the Exchange Management Shell, the value SMTP specifies the primary email address, and the value smtp specifies additional (proxy) addresses.

    EAC では、[次の形式で返信電子メールアドレスを作成する] チェックボックスのみが、電子メールアドレスがプライマリアドレスであるかプロキシアドレスであるかを制御します。In the EAC, only the Make this format the reply email address check box controls whether the email address is the primary address or a proxy address. [カスタムアドレスの種類を入力してください] フィールドに smtp と smtp のどちらを入力してもかまいません。It doesn't matter whether you type SMTP or smtp in the Enter a custom address type field. ただし、ポリシー内の電子メールアドレステンプレートの一覧では、EAC はプライマリアドレスの値smtp (太字、大文字) とプロキシアドレスの smtp (太字ではない) を示しています。However, in the list of email address templates in the policy, the EAC shows the value SMTP (bold and uppercase) for the primary address, and smtp (not bold and lowercase) for proxy addresses.

  • 電子メールアドレスポリシーで構成できる電子メールアドレスの種類は、個々の受信者に対して構成できるものと比較して制限されます。The types of email addresses that you can configure in a email address policy are limited compared to those you can configure on individual recipients.

  • SMTP 以外のすべての電子メールアドレスは、カスタムアドレスの種類と見なされます。All non-SMTP email addresses are considered custom address types. Exchange には、X. 400、Novell GroupWise、または Lotus Notes 電子メールアドレスの種類に固有のダイアログボックスまたはプロパティページはありません。Exchange doesn't provide unique dialog boxes or property pages for X.400, Novell GroupWise, or Lotus Notes email address types. SMTP 以外の電子メールアドレスには、適切な .dll ファイルが必要です。Non-SMTP email addresses require the appropriate .dll files.

住所の形式Address formats

SMTP 電子メールアドレスは、このchris@contoso.com構文を使用しchrisます。値は電子メールアドレスのローカル部分で、 contoso.com値は SMTP ドメイン (アドレススペースまたは名前空間とも呼ばれます) です。An SMTP email address uses the syntax chris@contoso.com, where the value chris is the local part of the email address, and the value contoso.com is the SMTP domain (also known as the address space or name space). 使用可能な SMTP ドメイン値は、組織に対して構成されている承認済みドメインによって決まります。The available SMTP domain values are determined by the accepted domains that are configured for your organization.

電子メールアドレスポリシーを使用して、ローカル部分とドメインの値の異なる組み合わせを使用して、複数の SMTP 電子メールアドレスを受信者に割り当てることができます。You can use email address policies to assign multiple SMTP email addresses to recipients by using different combinations of the local part and domain values. ただし、ポリシー内の SMTP 電子メールアドレスは、プライマリアドレスとして構成できるのは1つだけです。However, only one SMTP email address in a policy can be configured as the primary address.

Exchange 管理シェルのすべての SMTP 電子メールアドレスの形式、または EAC のカスタム SMTP 電子メールアドレスの形式では、電子メールアドレスのローカル部分を定義するために変数を使用する必要があります。All SMTP email address formats in the Exchange Management Shell, or custom SMTP email address formats in the EAC require you to use variables to define the local part of the email address. 次の表では、これらの変数について説明します。These variables are described in the following table:

変数Variable Value
%d%d 表示名Display name
%g%g 名 (姓名の名)Given name (first name)
%i%i ミドル ネームのイニシャルMiddle initial
%m%m Exchange エイリアスExchange alias
% rxy%rxy Xのすべての出現箇所をyに置き換えます。Replace all occurrences of x with y
% rxx%rxx Xの出現箇所をすべて削除するRemove all occurrences of x
%s%s 姓 (名字)Surname (last name)
%ng%ng 名の最初のn文字を指定します。The first n letters of the first name. たとえば、 %2gは名の最初の2文字を使用します。For example, %2g uses the first two letters of the first name.
%ns%ns 姓の最初のn文字。The first n letters of the last name. たとえば、 %2sは姓の最初の2文字を使用します。For example, %2s uses the first two letters of the last name.

変数に加えて、Exchange 電子メールアドレスで使用できる us-ascii テキスト文字 (ピリオド (.) やアンダースコア (_) を使用することもできます。In addition to variables, you can also use US ASCII text characters that are allowed in Exchange email addresses (for example, periods (.) or underscores (_). 各ピリオドは、他の有効な文字で囲む必要があります%g.%s(例:)。Note that each period needs to be surrounded by other valid characters (for example %g.%s).

EAC では、既定の SMTP 電子メールアドレスの形式一覧から選択できます。In the EAC, you can selected from a short list of precanned SMTP email address formats. 次の表では、これらの住所の形式について説明します。この例では、Elizabeth Brunner という名前のユーザーが contoso.com されています。These address formats are described in the following table, where the example user is named Elizabeth Brunner, and the domain is contoso.com:

Example Exchange 管理シェルの同等物Exchange Management Shell equivalent
<alias>@contoso.com %m@contoso.com
elizabeth.brunner@contoso.com %g.%s@contoso.com
ebrunner@contoso.com %1g%s@contoso.com
elizabethb@contoso.com %g%1s@contoso.com
brunner.elizabeth@contoso.com %s.%g@contoso.com
belizabeth@contoso.com %1s%g@contoso.com
brunnere@contoso.com %s%1g@contoso.com

電子メールアドレスポリシーの受信者フィルターRecipient filters for email address policies

受信者フィルター電子メールアドレスポリシーが適用される受信者を識別します。Recipient filters identify the recipients that the email address policy applies to. 基本的には、既定の受信者フィルターカスタム受信者フィルターという2つのオプションがあります。There are two basic options: precanned recipient filters and custom recipient filters. これらは基本的に、動的配布グループとアドレス帳で使用される受信者フィルターオプションです。These are basically the same recipient filtering options that are used by dynamic distribution groups and address books. 次の表は、2つのフィルター方法の違いをまとめたものです。The following table summarizes the differences between the two filtering methods.


受信者フィルター方法Recipient filtering method ユーザー インターフェイスUser interface フィルター処理可能な受信者プロパティFilterable recipient properties フィルター演算子Filter operators
既定の受信者フィルターPrecanned recipient filters Exchange 管理センター (EAC) と Exchange 管理シェルExchange admin center (EAC) and the Exchange Management Shell 次のものに制限されます。Limited to:
•受信者の種類 (すべての受信者の種類またはユーザーのメールボックス、リソースメールボックス、メール連絡先、メールユーザー、およびグループの任意の組み合わせ)• Recipient type (All recipient types or any combination of user mailboxes, resource mailboxes, mail contacts, mail users, and groups)
• Company• Company
•カスタム属性 1 ~ 15• Custom Attribute 1 to 15
•州/県• State or Province
•部署• Department
プロパティの値は、完全に一致する必要があります。Property values require an exact match. ワイルドカードや部分一致はサポートされていません。Wildcards and partial matches aren't supported. たとえば、"Sales" は、"Sales and Marketing" という値と一致しません。For example, "Sales" doesn't match the value "Sales and Marketing".
同じプロパティの複数の値は、常にor演算子を使用します。Multiple values of the same property always use the or operator. たとえば、"Department は Sales または Department は Marketing と一致します" というようになります。For example, "Department equals Sales or Department equals Marketing".

複数のプロパティは、常にand演算子を使用します。Multiple properties always use the and operator. たとえば、"Department equals Sales and Company equals Contoso"。For example, "Department equals Sales and Company equals Contoso".
カスタムの受信者フィルターCustom recipient filters Exchange 管理シェルのみExchange Management Shell only ほぼすべての利用可能な受信者属性を使用できます。You can use virtually any available recipient attributes. 使用可能な Windows PowerShell フィルター演算子を指定するには、OPATH フィルター構文を使用します。You use OPATH filter syntax to specify any available Windows PowerShell filter operators. ワイルドカードおよび部分一致がサポートされています。Wildcards and partial matches are supported.

:Notes:

  • 事前に設定したフィルターとカスタマイズしたフィルターを同時に使用することはできません。You can't used precanned filters and customized filters at the same time.

  • Active Directory 内の受信者の場所 (組織単位またはコンテナー) は、既定の受信者フィルターとカスタム受信者フィルターの両方で使用できます。The recipient's location in Active Directory (the organizational unit or container) is available in both precanned and custom recipient filters.

  • カスタム受信者フィルターを使用する Exchange 管理シェルで電子メールアドレスポリシーを作成する場合は、EAC で受信者フィルターを編集することはできません。If you create an email address policy in the Exchange Management Shell that uses custom recipient filters, you can't edit the recipient filters in the EAC.

    カスタムの受信者フィルターを使用する場合の、EAC 内のメール アドレス ポリシーの [適用対象] タブ。

  • 個々の受信者が電子メールアドレスポリシーの影響を受けないようにすることができます。You can prevent individual recipients from being affected by email address policies. 次に例を示します。For example:

    • EAC の受信者のプロパティの [電子メールアドレス] タブで、この受信者に適用されている電子メールアドレスポリシーに基づいて、[電子メールアドレスを自動的に更新する] チェックボックスをオフにします。In the EAC, in the properties of the recipient, on the Email address tab, clear the check box: Automatically update email addresses based on the email address policy applied to this recipient.

    • Exchange 管理シェルで、 _Emailaddresspolicyenabled_パラメーターを、受信者管理コマンドレット$falseの値に設定します (たとえば、 Set-Mailboxまたはset-のグループ)。In the Exchange Management Shell, set the EmailAddressPolicyEnabled parameter to the value $false on the recipient management cmdlet (for example, Set-Mailbox or Set-DistributionGroup).

電子メールアドレスポリシーの優先度Priority of email address policies

受信者が複数の電子メールアドレスポリシーで識別される場合、受信者の電子メールアドレスは、評価される最初の電子メールアドレスポリシーによってのみ構成されます。If a recipient is identified by multiple email address policies, the recipient's email addresses are only configured by the first email address policy that's evaluated. ポリシーの優先度を使用して、ポリシーが評価される順序を構成します。You configure the order that the policies are evaluated by using the priority of the policy. 優先度の低い値は、優先度の高いポリシーが最初に評価され、既定の電子メールアドレスポリシーが最後に評価されることを示します。A lower priority number indicates a higher priority, higher priority policies are evaluated first, and the default email address policy is always evaluated last. 最も限定的な受信者フィルターまたは制限された受信者フィルターを使用するポリシーに、より高い優先度 (低い番号) を割り当てます。You assign a higher priority (lower number) to policies that use the most specific or restrictive recipient filters.

その他の考慮事項を以下に示します。Here are some other issues to consider:

  • 受信者が影響を受けるのは、1つの電子メールアドレスポリシーのみです。A recipient can only be affected by one email address policy. ポリシーのフィルタープロパティによって受信者が一致した後は、他のすべてのポリシーは無視されます。After the recipient is matched by the filtering properties of the policy, all other policies are ignored.

  • 適用されていないポリシーを含む、すべての電子メールアドレスポリシーは、優先度に基づいて評価されます。All email address policies, including policies that have never been applied, are evaluated based on priority. たとえば、優先度1ポリシーと、両方が受信者を識別する優先度2ポリシーがある場合、最初のポリシーが受信者に適用されていない場合でも、最初のポリシーで一致することによって、2番目のポリシーが受信者の電子メールアドレスを更新しないようにします。For example, if you have a priority 1 policy and a priority 2 policy that both identity a recipient, the match in the first policy prevents the second policy from updating the recipient's email addresses, even if the first policy has never been applied to the recipient.

既定の電子メールアドレスポリシーDefault email address policy

Exchange セットアップによって、組織内のすべての受信者に電子メールアドレスを適用する既定の電子メールアドレスポリシーが作成されます。Exchange setup creates a default email address policy that applies email addresses to all recipients in your organization. 次の一覧では、既定の電子メールアドレスポリシーのプロパティについて説明します。The properties of the default email address policy are described in the following list:

  • Name: Default PolicyName: Default Policy

  • Priority: 最下位 (既定のポリシーよりも前に他のすべての電子メールアドレスポリシーが評価されます)。Priority: Lowest (all other email address policies are evaluated before the default policy).

  • [メール アドレスの形式]Email address format

    • 種類: SMTP (プライマリ電子メールアドレス)Type: SMTP (primary email address)

    • ドメイン: <alias>@<ADForestRootFQDN>Domain: <alias>@<ADForestRootFQDN>. このドメイン値は、Exchange 組織の最初の承認済みドメインであるために使用されます。This domain value is used because it's the first accepted domain in the Exchange organization.

  • 適用対象: すべての受信者の種類。Apply to: All recipient types.

既定の電子メールアドレスポリシーを削除することはできません。また、別のポリシーを既定として指定することはできません。You can't delete the default email address policy, and you can't designate another policy as the default. 既定のポリシーの一部のプロパティは変更できますが、変更オプションは制限されています。You can modify some properties of the default policy, but the modification options are limited:

  • 受信者を種類またはプロパティでフィルター処理することはできません (すべての受信者の種類に適用されます)。You can't filter recipients by type or properties (applies to all recipient types).

  • ポリシーの名前または優先度を変更することはできません。You can't change the name or priority of the policy.

  • ポリシーの電子メールアドレステンプレート (テンプレートの変更、追加、または削除) を完全にカスタマイズできます。You can fully customize the email address templates in the policy (modify, add, or remove templates). 詳細については、「電子メールアドレスポリシーの変更」を参照してください。For more information, see Modify email address policies.

メールアドレスポリシーを適用するApply email address policies

EAC または Exchange 管理シェルで電子メールアドレスポリシーを作成または変更した後、影響を受ける受信者にポリシーを適用する必要があります。After you create or modify an email address policy in the EAC or the Exchange Management Shell, the policy needs to be applied to the affected recipients.

更新内容が多数の受信者に影響する場合 (この推奨事項は3000を超える場合) は、Exchange 管理シェルを使用して、影響を受ける受信者に更新プログラムを適用する必要があります。If the updates affect a large number of recipients (our recommendation is more than 3000), you should use the Exchange Management Shell to apply the updates to the affected recipients. 詳細については、「電子メールアドレスポリシーを受信者に適用する」を参照してください。For more information, see Apply email address policies to recipients.