データベース可用性グループ (DAG)Database availability groups

データベース可用性グループ (DAG) は、Microsoft Exchange Server に組み込まれている、メールボックスサーバーの高可用性およびサイト復元のフレームワークの基本コンポーネントです。A database availability group (DAG) is the base component of the Mailbox server high availability and site resilience framework built into Microsoft Exchange Server. DAG とは、一連のデータベースをホストし、個々のサーバーまたはデータベースに影響を与える障害からデータベース レベルを自動回復させる、最大 16 台のメールボックス サーバーからなるグループのことです。A DAG is a group of up to 16 Mailbox servers that hosts a set of databases and provides automatic database-level recovery from failures that affect individual servers or databases.

重要

DAG 内のすべてのサーバーでは、同じバージョンの Exchange を実行している必要があります。All servers within a DAG must be running the same version of Exchange. たとえば、同じ DAG 内に Exchange 2013 サーバーと Exchange 2016 サーバーを混在させることはできません。For example, you can't mix Exchange 2013 servers and Exchange 2016 servers in the same DAG.

DAG はメールボックス データベースのレプリケーション、データベースとサーバーの切り替えとフェールオーバー、Active Manager と呼ばれる内部コンポーネントの境界です。A DAG is a boundary for mailbox database replication, database and server switchovers and failovers, and an internal component called Active Manager. Active Manager は DAG のすべてのメールボックス サーバーで実行され、DAG 内の切り替えとフェールオーバーを管理します。Active Manager, which runs on every Mailbox server, manages switchovers and failovers within DAGs. Active Manager の詳細については、「 アクティブ マネージャー」を参照してください。For more information about Active Manager, see Active Manager.

DAG 内のサーバーは、DAG 内の他のサーバーからのメールボックス データベースのコピーをホストできます。サーバーは DAG に追加されると、DAG 内の他のサーバーと連動して、ディスク、サーバー、ネットワークの障害などのメールボックス データベースに影響を与える障害からの自動的な回復を提供します。Any server in a DAG can host a copy of a mailbox database from any other server in the DAG. When a server is added to a DAG, it works with the other servers in the DAG to provide automatic recovery from failures that affect mailbox databases, such as a disk, server, or network failure.

注意

DAG の作成、DAG メンバーシップの管理、DAG プロパティの構成、メールボックス データベース コピーの作成と監視、および切り替えの実行の詳細については、「高可用性とサイト復元の管理」を参照してください。For more information about creating DAGs, managing DAG membership, configuring DAG properties, creating and monitoring mailbox database copies, and performing switchovers, see Managing high availability and site resilience.

データベース可用性グループのライフサイクルDatabase availability group lifecycle

Dag は増分展開の概念を活用しています。これは、Exchange をインストールした後、すべてのメールボックスサーバーとデータベースにサービスとデータの可用性を展開する機能です。DAGs leverage the concept of incremental deployment, which is the ability to deploy service and data availability for all Mailbox servers and databases after Exchange is installed. Exchange Server メールボックスサーバーを展開した後、DAG を作成し、メールボックスサーバーを DAG に追加して、DAG メンバー間でメールボックスデータベースをレプリケートすることができます。After you deploy Exchange Server Mailbox servers, you can create a DAG, add Mailbox servers to the DAG, and then replicate mailbox databases between the DAG members.

注意

サーバーとソリューションがExchange サーバーのシステム要件およびに設定されている要件に準拠している場合は、物理メールボックスサーバーと仮想化メールボックスサーバーの組み合わせを含む DAG を作成することがサポートされています。Exchange Server の仮想化It's supported to create a DAG that contains a combination of physical Mailbox servers and virtualized Mailbox servers, provided that the servers and solution comply with the Exchange Server system requirements and the requirements set forth in Exchange Server virtualization. すべての Exchange 高可用性構成の場合と同様、スケジュールされた停止およびスケジュールされていない停止時に必要な負荷を処理するように DAG のすべてのメールボックス サーバーが適切にサイジングされていることを確認する必要があります。As with all Exchange high availability configurations, you must ensure that all Mailbox servers in the DAG are sized appropriately to handle the necessary workload during scheduled and unscheduled outages.

New-DatabaseAvailabilityGroup コマンドレットを使用して DAG が作成されます。Active Directory に空のオブジェクトとして最初に DAG が作成されます。このディレクトリ オブジェクトは、サーバー メンバーシップ情報や一部の DAG 構成設定など、DAG についての関連情報を格納するために使用されます。最初のサーバーを DAG に追加すると、フェールオーバー クラスターが DAG 用に自動作成されます。このフェールオーバー クラスターは DAG によって排他的に使用される DAG 専用のものである必要があります。このクラスターの他の目的での使用はサポートされていません。A DAG is created by using the New-DatabaseAvailabilityGroup cmdlet. A DAG is initially created as an empty object in Active Directory. This directory object is used to store relevant information about the DAG, such as server membership information and some DAG configuration settings. When you add the first server to a DAG, a failover cluster is automatically created for the DAG. This failover cluster is used exclusively by the DAG, and the cluster must be dedicated to the DAG. Use of the cluster for any other purpose isn't supported.

フェールオーバー クラスターが作成されるほか、ネットワーク障害またはサーバー障害がないかサーバーを監視するインフラストラクチャが開始されます。フェールオーバー クラスターのハートビート機構とクラスター データベースは、データベース マウント状態、レプリケーション状態、および最終マウント位置など、急速に変化する DAG 関連情報を追跡および管理するために使用されます。In addition to a failover cluster being created, the infrastructure that monitors the servers for network or server failures is initiated. The failover cluster heartbeat mechanism and cluster database are then used to track and manage information about the DAG that can change quickly, such as database mount status, replication status, and last mounted location.

DAG には作成時に一意の名前が付けられ、1 つ以上の固定 IP アドレスが割り当てられるか、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) を使用するよう構成されるか、クラスター管理アクセス ポイントなしで作成されます。During creation, the DAG is given a unique name, and either assigned one or more static IP addresses or configured to use Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP), or created without a cluster administrative access point. 管理アクセスポイントのない Dag は、Windows Server 2012 R2 Standard または Datacenter edition を使用して、Exchange 2019、Exchange 2016、または Exchange 2013 Service Pack 1 以降を実行しているサーバーでのみ作成できます。DAGs without an administrative access point can be created only on servers running Exchange 2019, Exchange 2016, or Exchange 2013 Service Pack 1 or later, with Windows Server 2012 R2 Standard or Datacenter edition. クラスター管理アクセス ポイントなしの DAG には、次のような特性があります。DAGs without cluster administrative access points have the following characteristics:

  • クラスター/DAG には IP アドレスが割り当てられないため、クラスター コア リソース グループに IP アドレス リソースは含まれません。There is no IP address assigned to the cluster/DAG, and therefore no IP Address Resource in the cluster core resource group.

  • クラスターにはネットワーク名アドレスが割り当てられないため、クラスター コア リソース グループにネットワーク名リソースは含まれません。There is no network name assigned to the cluster, and therefore no Network Name Resource in the cluster core resource group

  • クラスター/DAG の名前は DNS に登録されず、ネットワーク上で解決可能ではありません。The name of the cluster/DAG is not registered in DNS, and it is not resolvable on the network.

  • Active Directory にクラスター名オブジェクト (CNO) は作成されません。A cluster name object (CNO) is not created in Active Directory.

  • フェールオーバー クラスター管理ツールを使用してクラスターを管理することはできません。Windows PowerShell を使用して管理し、PowerShell コマンドレットを個々のクラスターのメンバーに対して実行する必要があります。The cluster cannot be managed using the Failover Cluster Management tool. It must be managed using Windows PowerShell, and the PowerShell cmdlets must be run against individual cluster members.

この例では、Exchange 管理シェル を使用することにより、サーバーが 3 つあるクラスター管理アクセス ポイントを伴う DAG を作成する方法を示します。2 台のサーバー (EX1 および EX2) が同じサブネット上 (10.0.0.0) にあり、3 台目のサーバー (EX3) が別のサブネット上 (192.168.0.0) にあります。This example shows you how to use the Exchange Management Shell to create a DAG with a cluster administrative access point that will have three servers. Two servers (EX1 and EX2) are on the same subnet (10.0.0.0), and the third server (EX3) is on a different subnet (192.168.0.0).

New-DatabaseAvailabilityGroup -Name DAG1 -WitnessServer EX4 -DatabaseAvailabilityGroupIPAddresses 10.0.0.5,192.168.0.5
Add-DatabaseAvailabilityGroupServer -Identity DAG1 -MailboxServer EX1
Add-DatabaseAvailabilityGroupServer -Identity DAG1 -MailboxServer EX2
Add-DatabaseAvailabilityGroupServer -Identity DAG1 -MailboxServer EX3

クラスター管理アクセス ポイントなしで DAG を作成するコマンドは、非常によく似ています。The commands to create a DAG without a cluster administrative access point are very similar:

New-DatabaseAvailabilityGroup -Name DAG1 -WitnessServer EX4 -DatabaseAvailabilityGroupIPAddresses ([System.Net.IPAddress])::None
Add-DatabaseAvailabilityGroupServer -Identity DAG1 -MailboxServer EX1
Add-DatabaseAvailabilityGroupServer -Identity DAG1 -MailboxServer EX2
Add-DatabaseAvailabilityGroupServer -Identity DAG1 -MailboxServer EX3

DAG1 のクラスターは、EX1 が DAG に追加される際に作成されます。The cluster for DAG1 is created when EX1 is added to the DAG. クラスターの作成中に、 Add-DatabaseAvailabilityGroupServer コマンドレットによって DAG 向けに構成された IP アドレスが取得され、EX1 で見つかったサブネットのいずれにも一致しない IP アドレスは無視されます。During cluster creation, the Add-DatabaseAvailabilityGroupServer cmdlet retrieves the IP addresses configured for the DAG and ignores the ones that don't match any of the subnets found on EX1. 上記の最初の例では、DAG1 のクラスターは IP アドレス 10.0.0.5 で作成され、192.168.0.5 は無視されます。In the first example above, the cluster for DAG1 is created with an IP address of 10.0.0.5, and 192.168.0.5 is ignored. 上記の2番目の例では、 _DatabaseAvailabilityGroupIPAddresses_パラメーターの値は、管理アクセスポイントのない DAG のフェールオーバークラスターを作成するようタスクに指示します。In the second example above, the value of the DatabaseAvailabilityGroupIPAddresses parameter instructs the task to create a failover cluster for the DAG that does not have an administrative access point. このように、コア クラスター リソース グループ内に IP アドレスまたはネットワーク名リソースを指定してクラスターが作成されます。Thus, the cluster is created with an IP address or network name resource in the core cluster resource group.

次に EX2 が追加され、 Add-DatabaseAvailabilityGroupServer コマンドレットで DAG 向けに構成された IP アドレスを再取得します。EX2 は EX1 と同じサブネット上にあるため、クラスターの IP アドレスは変更されません。Then, EX2 is added, and the Add-DatabaseAvailabilityGroupServer cmdlet again retrieves the IP addresses configured for the DAG. There are no changes to the cluster's IP addresses because in EX2 is on the same subnet as EX1.

次に EX3 が追加され、 Add-DatabaseAvailabilityGroupServer コマンドレットで DAG 向けに構成された IP アドレスを再取得します。EX3 に「192.168.0.5」と一致するサブネットがあるため、アドレス「192.168.0.5」はクラスター グループの IP アドレス リソースとして追加されます。また、各 IP アドレス リソースのネットワーク名リソースに OR の依存関係が自動的に構成されます。192.168.0.5 というアドレスは、クラスター コア リソース グループが EX3 に移動する際に、クラスターによって使用されます。Then, EX3 is added, and the Add-DatabaseAvailabilityGroupServer cmdlet again retrieves the IP addresses configured for the DAG. Because a subnet matching 192.168.0.5 is present on EX3, the 192.168.0.5 address is added as an IP address resource in the cluster group. In addition, an OR dependency for the Network Name resource for each IP address resource is automatically configured. The 192.168.0.5 address will be used by the cluster when the cluster core resource group moves to EX3.

クラスター管理アクセス ポイントのある DAG では、ネットワーク名リソースがオンラインになる際に、Windows フェールオーバー クラスタリングによって、ドメイン ネーム システム (DNS) にクラスターの IP アドレスが登録されます。For DAGs with cluster administrative access points, Windows failover clustering registers the IP addresses for the cluster in the Domain Name System (DNS) when the Network Name resource is brought online. さらに、EX1 がクラスターに追加されると、クラスター名オブジェクト (CNO) が Active Directory に作成されます。In addition, when EX1 is added to the cluster, a cluster name object (CNO) is created in Active Directory. ネットワーク名、IP アドレス、クラスターの CNO は、DAG 機能では使用されません。The network name, IP address(es), and CNO for the cluster are not used for DAG functions. 管理者とエンドユーザーが、クラスター/DAG 名または IP アドレスとインターフェイスしたり接続したりする必要がある理由はありません。Administrators and end users don't need to interface with or connect to the cluster/DAG name or IP address for any reason. 一部のサード パーティ製アプリケーションは、バックアップや監視などの管理タスクを実行するクラスター管理アクセス ポイントに接続します。Some third party applications connect to the cluster administrative access point to perform management tasks, such as backup or monitoring. クラスター管理アクセスポイントを必要とするサードパーティアプリケーションを使用せず、DAG で Windows Server 2012 R2 上の Exchange 2016 または Exchange 2019 を実行している場合は、管理アクセスポイントなしで DAG を作成することをお勧めします。If you do not use any third party applications that require a cluster administrative access point, and your DAG is running Exchange 2016 or Exchange 2019 on Windows Server 2012 R2, then we recommend creating a DAG without an administrative access point. これにより DAG 構成作業が簡素化され、1 つ以上の IP アドレスの必要がなくなり、また DAG の攻撃面が少なくなります。This simplifies DAG configuration, eliminates the need for one or more IP addresses, and reduces the attack surface of a DAG.

DAG は、監視サーバーおよび監視ディレクトリを使用するようにも構成されています。ミラーリング監視サーバーとミラーリング監視ディレクトリは、システムによって自動的に構成されるか、管理者によって手動で構成されます。上記の例では、EX4 (DAG のメンバーではなく、今後もそうなる予定がないサーバー) は、DAG の監視サーバーとして手動で構成されています。DAGs are also configured to use a witness server and a witness directory. The witness server and witness directory are either automatically configured by the system, or they can be manually configured by the administrator. In the examples above, EX4 (a server that is not and will not be a member of the DAG) is being manually configured as the DAG's witness server.

DAG は既定で、DAG 内のサーバー間でのメールボックス データベースのレプリケートに、組み込みの連続レプリケーション機能を使用するよう設計されています。By default, a DAG is designed to use the built-in continuous replication feature to replicate mailbox databases among servers in the DAG. Exchange Server でサードパーティレプリケーション API をサポートするサードパーティのデータレプリケーションを使用している場合は、新しい-DatabaseAvailabilityGroupコマンドレット_を使用して、サードパーティ製のレプリケーションモードで DAG を作成する必要があります。ThirdPartyReplication_パラメーター。If you're using third-party data replication that supports the Third Party Replication API in Exchange Server, you must create the DAG in third-party replication mode by using the New-DatabaseAvailabilityGroup cmdlet with the ThirdPartyReplication parameter. このモードを有効にすると、無効にすることはできません。After this mode is enabled, it can't be disabled.

DAG が作成されると、メールボックス サーバーを DAG に追加できます。DAG に 1 番目のサーバーが追加されると、DAG が使用するためにクラスターが形成されます。DAG は、クラスター ハートビート、クラスター ネットワーク、およびクラスター データベースなど、Windows フェールオーバー クラスタリング テクノロジを使用します。クラスター データベースは、アクティブとパッシブ、マウントとマウント解除の切り替えなど、データベース状態を変更するデータの格納に使用されます。2 台目以降の各サーバーが DAG に追加される際、それが基になるクラスターに追加され、Exchange によってクラスターのクォーラム モデルが自動的に調整されて、サーバーが Active Directory の DAG オブジェクトに追加されます。After the DAG is created, Mailbox servers can be added to the DAG. When the first server is added to the DAG, a cluster is formed for use by the DAG. DAGs make use of Windows failover clustering technology, such as the cluster heartbeat, cluster networks, and the cluster database (for storing data that changes, such as database state changes from active to passive or vice versa, or from mounted to dismounted and vice versa). As each subsequent server is added to the DAG, it's joined to the underlying cluster, the cluster's quorum model is automatically adjusted by Exchange, and the server is added to the DAG object in Active Directory.

メールボックス サーバーが DAG に追加されると、DAG でのデータベース レプリケーションにネットワーク暗号化やネットワーク圧縮を使用するかどうかなど、さまざまな DAG プロパティを構成できます。また、DAG ネットワークの構成および追加の DAG ネットワークの作成を行うことができます。After Mailbox servers are added to a DAG, you can configure a variety of DAG properties, such as whether to use network encryption or network compression for database replication within the DAG. You can also configure DAG networks and create additional DAG networks.

DAG にメンバーを追加して DAG を構成した後、各サーバー上のアクティブ メールボックス データベースを他の DAG メンバーにレプリケートできます。メールボックス データベースのコピーを作成した後、さまざまな組み込みの監視ツールを使用してコピーの正常性と状態を監視できます。また、データベースとサーバーの切り替えも実行できます。After you add members to a DAG and configure the DAG, the active mailbox databases on each server can be replicated to the other DAG members. After you create mailbox database copies, you can monitor the health and status of the copies using a variety of built-in monitoring tools. In addition, you can perform database and server switchovers.

データベース可用性グループのクォーラム モデルDatabase availability group quorum models

すべての DAG の下には、Windows フェールオーバークラスターがあります。Underneath every DAG is a Windows failover cluster. フェールオーバークラスターではクォーラムの概念を使用します。これは、投票者による合意を使用して、クラスターメンバーのサブセット (すべてのメンバーまたは大部分のメンバー) だけが一度に機能していることを確認するためのものです。Failover clusters use the concept of quorum, which uses a consensus of voters to ensure that only one subset of the cluster members (which could mean all members or a majority of members) is functioning at one time. クォーラムは、Exchange Server の新しい概念ではありません。Quorum isn't a new concept for Exchange Server. 以前のバージョンの Exchange の高可用性メールボックスサーバーでは、フェールオーバークラスタリングとクォーラムの概念も使用します。Highly available Mailbox servers in previous versions of Exchange also use failover clustering and its concept of quorum. クォーラムは、メンバーとリソースの共有ビューを表し、クォーラムを使用して、すべてのクラスターメンバー間で共有されているクラスター内の構成を表す物理データを記述することもできます。Quorum represents a shared view of members and resources, and the term quorum is also used to describe the physical data that represents the configuration within the cluster that's shared between all cluster members. そのため、すべての Dag で、基盤となるフェールオーバークラスターにクォーラムを持たせる必要があります。As a result, all DAGs require their underlying failover cluster to have quorum. クラスターがクォーラムを失った場合、すべての DAG 操作が終了し、DAG でホストされているすべてのマウント済みデータベースがマウント解除されます。If the cluster loses quorum, all DAG operations terminate and all mounted databases hosted in the DAG dismount. このイベントでは、管理者の操作を実行して、クォーラムの問題を修正し、DAG の操作を復元する必要があります。In this event, administrator intervention is required to correct the quorum problem and restore DAG operations.

クォーラムは次のように、一貫性を確保し、分割を回避するためのタイ ブレーカーとして機能し、クラスターの応答を確保するために重要です。Quorum is important to ensure consistency, to act as a tie-breaker to avoid partitioning, and to ensure cluster responsiveness:

  • 一貫性の確保: Windows フェールオーバークラスターの主な要件は、各メンバーが他のメンバーと一貫性のあるクラスターを常に表示できることです。Ensuring consistency: A primary requirement for a Windows failover cluster is that each of the members always has a view of the cluster that's consistent with the other members. クラスターハイブは、クラスターに関連するすべての構成情報の完全なリポジトリとして機能します。The cluster hive acts as the definitive repository for all configuration information relating to the cluster. クラスターハイブを DAG メンバーにローカルで読み込むことができない場合、そのメンバーが他のメンバーと一貫性のあるクラスターを表示するための要件を満たしていることを保証できないため、クラスターサービスは開始されません。If the cluster hive can't be loaded locally on a DAG member, the Cluster service doesn't start, because it isn't able to guarantee that the member meets the requirement of having a view of the cluster that's consistent with the other members.

  • タイブレーカーとして機能する: クォーラムミラーリングは、dag で偶数個のメンバーと組み合わせて使用され、スプリットブレイン現象シナリオを回避し、DAG 内のメンバーのコレクションが1つだけがオフィシャルと見なされるようにします。Acting as a tie-breaker: A quorum witness resource is used in DAGs with an even number of members to avoid split brain syndrome scenarios and to make sure that only one collection of the members in the DAG is considered official. ミラーリング監視サーバーがクォーラムに必要な場合、監視サーバーと通信できる DAG のメンバーは、サーバーメッセージブロック (SMB) ロックをミラーリング監視サーバーの監視ログファイルに入れることができます。When the witness server is needed for quorum, any member of the DAG that can communicate with the witness server can place a Server Message Block (SMB) lock on the witness server's witness.log file. ミラーリング監視サーバー (ロックノードと呼ばれる) をロックする DAG メンバーは、クォーラムを使用するための追加の投票を保持します。The DAG member that locks the witness server (referred to as the locking node) retains an additional vote for quorum purposes. ロックノードに接続されている DAG メンバーは過半数にあり、クォーラムを維持しています。The DAG members in contact with the locking node are in the majority and maintain quorum. ロックノードに接続できないすべての DAG メンバーが少数であるため、クォーラムが失われます。Any DAG members that can't contact the locking node are in the minority and therefore lose quorum.

  • 応答性を確保する: 応答性を確保するために、クォーラムモデルは、クラスターが稼働しているとき、分散システムのメンバー数が communicative で、クラスターの現在の状態の少なくとも1つのレプリカであることを確認します。が保証されます。Ensuring responsiveness: To ensure responsiveness, the quorum model makes sure that, whenever the cluster is running, enough members of the distributed system are operational and communicative, and at least one replica of the cluster's current state can be guaranteed. メンバーを通信状態にしたり、特定のレプリカが保証されているかどうかを確認するのに、特に時間はかかりません。No additional time is required to bring members into communication or to determine whether a specific replica is guaranteed.

偶数のメンバーが含まれる DAG は、フェールオーバー クラスターのノードとファイル共有マジョリティ クォーラム モードを使用します。この場合、タイ ブレーカーとして機能する外部のミラーリング監視サーバーが使用されます。このクォーラム モードでは、各 DAG メンバーが投票権を取得します。また、ある DAG メンバーに荷重投票権を提供する (1 票ではなく 2 票というように) ためにミラーリング監視サーバーが使用されます。既定で、各 DAG メンバーのシステム ディスクにクラスター クォーラム データが格納され、ディスク間で一貫性が保たれます。ただし、クォーラム データのコピーはミラーリング監視サーバーに格納されません。ミラーリング監視サーバー上のファイルは、どのメンバーがデータの最新コピーを持っているかを追跡するために使用されますが、ミラーリング監視サーバーにはクラスター クォーラム データのコピーがありません。このモードでは、クォーラムを保持するために、投票者 ( DAG メンバーとミラーリング監視サーバー) の大多数が動作可能で、相互に通信できる必要があります。大多数の投票者が相互に通信できない場合は、DAG の基盤となるクラスターがクォーラムを喪失します。この場合は、管理者が介入して DAG を再度動作可能にする必要があります。DAGs with an even number of members use the failover cluster's Node and File Share Majority quorum mode, which employs an external witness server that acts as a tie-breaker. In this quorum mode, each DAG member gets a vote. In addition, the witness server is used to provide one DAG member with a weighted vote (for example, it gets two votes instead of one). The cluster quorum data is stored by default on the system disk of each member of the DAG, and is kept consistent across those disks. However, a copy of the quorum data isn't stored on the witness server. A file on the witness server is used to keep track of which member has the most updated copy of the data, but the witness server doesn't have a copy of the cluster quorum data. In this mode, a majority of the voters (the DAG members plus the witness server) must be operational and able to communicate with each other to maintain quorum. If a majority of the voters can't communicate with each other, the DAG's underlying cluster loses quorum, and the DAG will require administrator intervention to become operational again.

奇数のメンバーが含まれる DAG は、フェールオーバー クラスターのノード マジョリティ クォーラム モードを使用します。このモードでは、各メンバーが票を取得し、各メンバーのローカル システム ディスクを使用してクラスター クォーラム データが格納されます。DAG の構成が変更されると、その変更が別のディスクにも反映されます。メンバーの半数 (切り捨て) + 1 のディスクで変更が行われた場合にのみ、その変更はコミットされたと見なされて永続的なものになります。たとえば、DAG のメンバー数が 5 である場合は、2 + 1、つまり合計 3 のメンバーで変更が行われる必要があります。DAGs with an odd number of members use the failover cluster's Node Majority quorum mode. In this mode, each member gets a vote, and each member's local system disk is used to store the cluster quorum data. If the configuration of the DAG changes, that change is reflected across the different disks. The change is only considered to have been committed and made persistent if that change is made to the disks on half the members (rounding down) plus one. For example, in a five-member DAG, the change must be made on two plus one members, or three members total.

クォーラムでは、投票者の大多数が互いに通信できる必要があります。メンバー数が 4 である DAG の場合を考えてみましょう。この DAG には偶数のメンバーが含まれるため、外部のミラーリング監視サーバーを使用して 5 番目のタイ ブレーク票がいずれかのクラスター メンバーに提供されます。大多数の投票者 (およびクォーラム) を保持するには、3 つ以上の投票者が互いに通信できる必要があります。 サービスおよびデータ アクセスを中断せずにオフラインにできるのは、常に 2 つの投票者までです。3 つ以上の投票者がオフラインになると、DAG がクォーラムを喪失し、問題が解決されるまでサービスとデータ アクセスが中断されます。Quorum requires a majority of voters to be able to communicate with each other. Consider a DAG that has four members. Because this DAG has an even number of members, an external witness server is used to provide one of the cluster members with a fifth, tie-breaking vote. To maintain a majority of voters (and therefore quorum), at least three voters must be able to communicate with each other. At any time, a maximum of two voters can be offline without disrupting service and data access. If three or more voters are offline, the DAG loses quorum, and service and data access will be disrupted until you resolve the problem.