Windows Server バックアップを使用して Exchange のバックアップを復元するUse Windows Server Backup to restore a backup of Exchange

Windows Server Backup を使用して、Exchange データベースのバックアップと復元を行うことができます。Exchange には、ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) ベースで Exchange データのバックアップの作成と復元ができる Windows Server Backup のプラグインが組み込まれています。詳細については、「Windows Server バックアップを使用した Exchange データのバックアップと復元」を参照してください。You can use Windows Server Backup to back up and restore Exchange databases. Exchange includes a plug-in for Windows Server Backup that allows you to make and restore Volume Shadow Copy Service (VSS)-based backups of Exchange data. For additional information, see Using Windows Server Backup to back up and restore Exchange data.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 1 分にデータの復元にかかる時間を合計した時間Estimated time to complete: 1 minute, plus the time it takes to restore the data

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「受信者のアクセス許可」の「メールボックス回復」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Mailbox recovery" entry in the Recipients Permissions topic.

  • Windows Server Backup 機能はローカル コンピューターにインストールする必要があります。The Windows Server Backup feature must be installed on the local computer.

  • データベースを元の場所に復元する場合、データベースをダーティ シャットダウン状態のままにして、システムによってマウントできるようにできます。(回復用のデータベースを使用する準備などで) 代わりの場所に復元する場合は、Exchange サーバー データベース ユーティリティ (Eseutil.exe) を使用して手動でクリーン シャットダウン状態にする必要があります。When restoring a database to its original location, the database can remain in a dirty shutdown state and be mountable by the system. When restoring to an alternate location (for example, in preparation to use a recovery database), the database must be manually brought into a clean shutdown state by using Exchange Server Database Utilities (Eseutil.exe).

ヒント

問題がある場合は、Exchange のフォーラムで質問してください。次のフォーラムにアクセスしてください。Exchange ServerExchange OnlineExchange Online Protection。.Having problems? Ask for help in the Exchange forums. Visit the forums at: Exchange Server, Exchange Online, or Exchange Online Protection..

Windows Server バックアップを使用して Exchange のバックアップを復元するUse Windows Server Backup to restore a backup of Exchange

  1. Windows Server Backup を起動します。Start Windows Server Backup.

  2. [ローカル バックアップ] を選択します。Select Local Backup.

  3. [操作] ウィンドウで [回復 ... ] をクリックして、回復ウィザードを開始します。In the Actions pane, click Recover... to start the Recovery Wizard.

  4. [作業の開始] ページで、以下のいずれかの操作を行います。On the Getting Started page, do either of the following:

    • 回復するデータをローカル サーバーにバックアップした場合は、 [このサーバー (サーバー名)] を選択してから [次へ] をクリックします。If the data being recovered was backed up on the local server, select This server (ServerName), and then click Next.

    • 回復するデータが他のサーバーからのデータである場合、または回復するバックアップが別のコンピューターにある場合は、 [別のサーバー] を選択し、 [次へ] をクリックします。 [バックアップの場所の種類指定] ページで、 [ローカル ドライブ] または [リモート共有フォルダー] を選択し、 [次へ] をクリックします。 [ローカル ドライブ] を選択した場合は、 [バックアップの場所の選択] ページでバックアップを含むドライブを選択し、 [次へ] をクリックします。 [リモート共有フォルダー] を選択した場合は、 [リモート フォルダーの指定] ページでバックアップ データの UNC パスを入力し、 [次へ] をクリックします。If the data being recovered is from another server, or if the backup being recovered is located on another computer, select Another server, and then click Next. On the Specify location type page, select Local drives or Remote shared folder, and then click Next. If you select Local drives, select the drive containing the backup on the Select backup location page, and then click Next. If you select Remote shared folder, enter the UNC path for the backup data on the Specify remote folder page, and then click Next.

  5. [バックアップの日付の選択] ページで、回復するバックアップの日時を選択し、 [次へ] をクリックします。On the Select Backup Date page, select the date and time of the backup that you want to recover, and then click Next.

  6. [回復の種類の選択] ページで、 [アプリケーション] を選択し、 [次へ] をクリックします。On the Select Recovery Type page, select Applications, and then click Next.

    注意

    選択肢として [アプリケーション] が使用できない場合は、復元用に選択したバックアップはフォルダー レベルのバックアップで、ボリューム レベルのバックアップではないことが示されます。Windows Server Backup で Exchange データをバックアップする場合は、ボリューム レベルでバックアップを実行する必要があります。If Applications is not available as a selection, it indicates that the backup selected for restore was a folder-level backup, and not a volume level backup. You must perform backups at the volume level when backing up Exchange data with Windows Server Backup.

  7. [アプリケーションの選択] ページで、Exchange が [アプリケーション] フィールドで選択されていることを確認します。 [詳細の表示] をクリックして、バックアップのアプリケーション コンポーネントを表示します。回復するバックアップが最新のものである場合は、 [アプリケーション データベースのロールフォワード回復を実行しない] チェック ボックスが表示されます。コミットしていないトランザクション ログをすべてコミットすることで、Windows Server Backup が回復するデータベースをロール フォワードしないようにするには、このチェック ボックスをオンにします。 [次へ] をクリックします。On the Select Application page, verify that Exchange is selected in the Applications field. Click View Details to view the application components of the backups. If the backup that you're recovering is the most recent, the Do not perform a roll-forward recovery of the application database check box is displayed. Select this check box if you want to prevent Windows Server Backup from rolling forward the database being recovered by committing all uncommitted transaction logs. Click Next.

  8. [回復オプションの指定] ページで、データの回復先の場所を次のように指定し、 [次へ] をクリックします。On the Specify Recovery Options page, specify where you want to recover the data, and then click Next:

    • Exchange データを直接元の場所に復元する場合は、 [元の場所に回復する] を選択します。このオプションを使用する場合、どのデータベースを復元するかを選択することはできません。ボリューム上でバックアップされたデータベースはすべて元の場所に復元されます。Choose Recover to original location if you want to restore the Exchange data directly to its original location. If you use this option, you can't choose which databases are restored; all backed up databases on the volume will be restored to their original locations.

    • 個別のデータベースおよびファイルを指定の場所に回復する場合は、 [別の場所に回復する] を選択します。別の場所を指定するには、 [参照] をクリックします。このオプションを使用すると、どのデータベースを復元するかを選択できます。回復したデータ ファイルは、その後回復用データベースに移動したり、手動で元の場所に移動したり、 Database Portability を使用して Exchange 組織内の別の場所にマウントすることができます。データベースを代替の場所に回復する場合、回復したデータベースはダーティ シャットダウン状態になります。復元処理が完了したら、Eseutil.exe を使用してデータベースを手動でクリーン シャットダウン状態にする必要があります。Choose Recover to another location if you want to restore individual databases and their files to a specified location. Click Browse to specify the alternate location. If you use this option, you can choose which databases are restored. After being restored, the data files can then be moved into a recovery database, manually moved back to their original location, or mounted somewhere else in the Exchange organization using Database Portability. When you restore a database to an alternate location, the restored database will be in a dirty shutdown state. After the restore process has completed, you will need to manually put the database into a clean shutdown state using Eseutil.exe.

  9. [確認] ページで、回復の設定を確認し、 [回復] をクリックします。On the Confirmation page, review the recovery settings, and then click Recover.

  10. [回復の進行状況] ページで、回復操作の状態と進行状況を確認できます。On the Recovery Progress page, you can view the status and progress of the recovery operation.

  11. 回復操作が完了したら、[閉じる] をクリックします。Click Close when the recovery operation has completed.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

[回復の進行状況] ページに、回復処理が正常に完了したかどうかが示されます。さらにデータを正常に復元できたことを確認するには、次のいずれかを実行します。The Recovery Progress page will indicate whether or not the recovery process completed successfully. To further verify that you've successfully restored the data, do any of the following:

  • バックアップ先のディレクトリを調べ、復元されたデータがあることを確認します。Examine the target directory of the backup and verify that the restored data exists.

  • Windows Server バックアップを実行したサーバーで、バックアップ ログを表示して、ジョブが正常に完了したことを確認します。On the server on which Windows Server Backup was run, verify that the job completed successfully by viewing the backup logs.

  • イベント ビューアーを開いて、復元完了イベントがアプリケーション イベント ログに記録されたことを確認します。Open Event Viewer and verify that a restore completion event was logged in the Application event log.