Microsoft 365 または Office 365 と独自の電子メールサーバーとの間でメールをルーティングするようにコネクタを設定するSet up connectors to route mail between Microsoft 365 or Office 365 and your own email servers

このトピックでは、次の 2 つのシナリオで必要なコネクタを接続する方法について説明します。This topic helps you set up the connectors you need for the following two scenarios:

  • 独自のメール サーバー (オンプレミスのサーバーとも呼ばれる) を所有しており、メール保護サービスの目的で Exchange Online Protection (EOP) をサブスクライブします。You have your own email servers (also called on-premises servers), and you subscribe to Exchange Online Protection (EOP) for email protection services.

  • メールボックスが2か所にある (または使用する予定です)。Microsoft 365 または Office 365 の一部のメールボックスと、一部のメールボックスは組織の電子メールサーバー (オンプレミスサーバーとも呼ばれる) 上にあります。You have (or intend to have) mailboxes in two places; some mailboxes in Microsoft 365 or Office 365, and some of your mailboxes are on your organization email servers (also called on-premises servers).

注意

開始する前に、自分専用の電子メールサーバーを使用して、特定のシナリオを確認してください。Before you get started, make sure you check on your specific scenario in I have my own email servers.

Microsoft 365 または Office 365 コネクタは、オンプレミスの電子メールサーバーとどのように連動しますか?How do Microsoft 365 or Office 365 connectors work with my on-premises email servers?

EOP と独自の電子メールサーバーがある場合、またはメールボックスの一部が Microsoft 365 または Office 365 にあり、一部がメールサーバーにある場合は、双方向のメールフローを有効にするようにコネクタを設定します。If you have EOP and your own email servers, or if some of your mailboxes are in Microsoft 365 or Office 365 and some are on your email servers, set up connectors to enable mail flow in both directions. Microsoft 365 または Office 365 と、Exchange やサードパーティの電子メールサーバーなどの SMTP ベースの電子メールサーバーとの間のメールフローを有効にすることができます。You can enable mail flow between Microsoft 365 or Office 365 and any SMTP-based email server, such as Exchange or a third-party email server.

次の図は、Microsoft 365 または Office 365 (Exchange Online または EOP を含む) のコネクタが独自の電子メールサーバーと連動する方法を示しています。The diagram below shows how connectors in Microsoft 365 or Office 365 (including Exchange Online or EOP) work with your own email servers.

Microsoft 365 または Office 365 と電子メールサーバーの間のコネクタ

この例では、John と Bob は両人とも貴社の従業員です。In this example, John and Bob are both employees at your company. 独自に管理している電子メール サーバー上に John のメールボックスがあり、Office 365 内に Bob のメールボックスがあります。John has a mailbox on an email server that you manage, and Bob has a mailbox in Office 365. John と Bob の両方が、太陽で、インターネットメールアカウントを持つお客様に exchange メールを送信します。John and Bob both exchange mail with Sun, a customer with an Internet email account:

  • John と Bob の間で電子メールを送信する際にはコネクタが必要です。When email is sent between John and Bob, connectors are needed.

  • John と Sun の間で電子メールを送信する際にはコネクタが必要です。(すべてのインターネット電子メールは Office 365 を介して配信される。)When email is sent between John and Sun, connectors are needed. (All Internet email is delivered via Office 365.)

  • Bob と Sun の間で電子メールを送信する際にはコネクタは不要です。When email is sent between Bob and Sun, no connector is needed.

独自の電子メールサーバーと Microsoft 365 または Office 365 がある場合は、Microsoft 365 または Office 365 でコネクタを設定する必要があります。If you have your own email servers and Microsoft 365 or Office 365, you must set up connectors in Microsoft 365 or Office 365. コネクタがない場合、電子メールは Microsoft 365 または Office 365 と組織の電子メールサーバーの間でフローされません。Without connectors, email will not flow between Microsoft 365 or Office 365 and your organization's email servers.

Microsoft 365 または Office 365 と独自の電子メールサーバーとの間でコネクタはどのようにメールをルーティングしますか?How do connectors route mail between Microsoft 365 or Office 365 and my own email server?

Microsoft 365 または Office 365 と電子メールサーバーの間で電子メールをルーティングするには、次のように2つのコネクタが必要です。You need two connectors to route email between Microsoft 365 or Office 365 and your email servers, as follows:

  • Microsoft 365 または Office 365 から独自の電子メールサーバーへのコネクタA connector from Microsoft 365 or Office 365 to your own email server

組織の代わりにすべての電子メールを受け入れるように Microsoft 365 または Office 365 をセットアップする場合は、ドメインの MX (メール交換) レコードを Microsoft 365 または Office 365 にポイントします。When you set up Microsoft 365 or Office 365 to accept all email on behalf of your organization, you will point your domain's MX (mail exchange) record to Microsoft 365 or Office 365. このメール配信シナリオの準備をするには、Microsoft 365 または Office 365 が組織の電子メールサーバー ("オンプレミスサーバー" とも呼ばれます) に電子メールを送信できるように、代替サーバー ("スマートホスト" と呼ばれる) を設定する必要があります。To prepare for this mail delivery scenario, you must set up an alternative server (called a "smart host") so that Microsoft 365 or Office 365 can send email to your organization's email server (also called "on-premises server"). このシナリオを完了するには、Microsoft 365 または Office 365 から配信されたメッセージを受信するように電子メールサーバーを構成する必要がある場合があります。To complete the scenario, you might need to configure your email server to accept messages delivered by Microsoft 365 or Office 365.

  • 独自の電子メールサーバーから Microsoft 365 または Office 365 へのコネクタA connector from your own email server to Microsoft 365 or Office 365

このコネクタが設定されている場合、Microsoft 365 または Office 365 は、組織の電子メールサーバーからのメッセージを受け付け、ユーザーに代わってメッセージを受信者に送信します。When this connector is set up, Microsoft 365 or Office 365 accepts messages from your organization's email server and send the messages to recipients on your behalf. この受信者は、Microsoft 365 または Office 365 の組織のメールボックスである場合や、インターネット上の受信者である場合があります。This recipient could be a mailbox for your organization in Microsoft 365 or Office 365, or it could be a recipient on the Internet. このシナリオを完成させるには、電子メールメッセージを Microsoft 365 または Office 365 に直接送信するように電子メールサーバーを構成する必要もあります。To complete this scenario, you'll also need to configure your email server to send email messages directly to Microsoft 365 or Office 365.

このコネクタを使用すると、Microsoft 365 または Office 365 が電子メールをスキャンしてスパムやマルウェアを検出し、データ損失防止ポリシーの実行などのコンプライアンス要件を強制することができます。This connector enables Microsoft 365 or Office 365 to scan your email for spam and malware, and to enforce compliance requirements such as running data loss prevention policies. 電子メールサーバーがすべての電子メールメッセージを Microsoft 365 または Office 365 に直接送信すると、独自の IP アドレスがスパムブロックリストに追加されることはありません。When your email server sends all email messages directly to Microsoft 365 or Office 365, your own IP addresses are shielded from being added to a spam block list. このシナリオを完了するには、Microsoft 365 または Office 365 にメッセージを送信するように電子メールサーバーを構成する必要がある場合があります。To complete the scenario, you might need to configure your email server to send messages to Microsoft 365 or Office 365.

注意

このシナリオでは、Microsoft 365 または Office 365 からメールサーバーへのコネクタと、逆方向にメールフローを管理するための2つのコネクタが必要です。This scenario requires two connectors: one from Microsoft 365 or Office 365 to your mail servers, and one to manage mail flow in the opposite direction. 開始する前に、必要なすべての情報があることを確認し、両方のコネクタを設定して検証するまで手順を続行します。Before you start, make sure you have all the information you need, and continue with the instructions until you have set up and validated both connectors.

手順の概要Overview of the steps

手順の概要を次に示します。Here is an overview of the steps:

  • 電子メール サーバー環境の前提条件を完了します。Complete the prerequisites for your email server environment.

  • パート 1: Microsoft 365 または Office 365 から電子メールサーバーにメールが流れるように構成します。Part 1: Configure mail to flow from Microsoft 365 or Office 365 to your email server.

  • パート 2: 電子メールサーバーから Microsoft 365 または Office 365 にメールが流れるように構成します。Part 2: Configure mail to flow from your email server to Microsoft 365 or Office 365.

オンプレミスのメール環境の前提条件Prerequisites for your on-premises email environment

オンプレミスの電子メールサーバーを準備して、Microsoft 365 または Office 365 に接続できるようにします。Prepare your on-premises email server so that it's ready to connect with Microsoft 365 or Office 365. 次の手順を実行します。Follow these steps:

  1. オンプレミスの電子メールサーバーが設定されており、インターネット (外部) メールの送受信が可能であることを確認してください。Make sure that your on-premises email server is set up and capable of sending and receiving Internet (external) email.

  2. オンプレミスの電子メール サーバーでトランスポート層セキュリティ (TLS) が有効にされており、証明機関によって署名 (CA 署名) された有効な証明書があることを確認します。証明書のサブジェクト名には、組織内のプライマリ電子メール サーバーと一致するドメイン名を含めることをお勧めします。必要な場合は、この説明に合う CA 署名入りのデジタル証明書を購入してください。Check that your on-premises email server has Transport Layer Security (TLS) enabled, with a valid certification authority-signed (CA-signed) certificate. We recommend that the certificate subject name includes the domain name that matches the primary email server in your organization. Buy a CA-signed digital certificate that matches this description, if necessary.

  3. Microsoft 365 または Office 365 と電子メールサーバーとの間でセキュリティで保護された通信を行うために証明書を使用する場合は、メールサーバーがメールを受信するために使用するコネクタを更新します。If you want to use certificates for secure communication between Microsoft 365 or Office 365 and your email server, update the connector your email server uses to receive mail. このコネクタは、Microsoft 365 または Office 365 がサーバーとの接続を試みるときに適切な証明書を認識する必要があります。This connector must recognize the right certificate when Microsoft 365 or Office 365 attempts a connection with your server. Exchange を使用している場合、詳細については「Receive Connectors」を参照してください。If you're using Exchange, see Receive Connectors for more information. エッジ トランスポート サーバーやクライアント アクセス サーバー (CAS) では、受信コネクタの既定の証明書を構成します。On the Edge Transport Server or Client Access Server (CAS), configure the default certificate for the Receive connector. Exchange 管理シェルでset-receiveconnectorコマンドレットのTlsCertificateNameパラメーターを更新します。Update the TlsCertificateName parameter on the Set-ReceiveConnector cmdlet in the Exchange Management Shell. オンプレミスの Exchange 組織で Exchange 管理シェルを開く方法については、「 Open the Exchange Management Shell」をご覧ください。To learn how to open the Exchange Management Shell in your on-premises Exchange organization, see Open the Exchange Management Shell.

  4. 外部に接続されているメール サーバーの名前または IP アドレスをメモします。Make a note of the name or IP address of your external-facing email server. Exchange を使用している場合、これは Microsoft 365 または Office 365 から電子メールを受信するエッジトランスポートサーバーまたは CAS の完全修飾ドメイン名 (FQDN) です。If you're using Exchange, this is the Fully Qualified Domain Name (FQDN) of your Edge Transport server or CAS that will receive email from Microsoft 365 or Office 365.

  5. ファイアウォールのポート25を開いて、Microsoft 365 または Office 365 が電子メールサーバーに接続できるようにします。Open port 25 on your firewall so that Microsoft 365 or Office 365 can connect to your email servers.

  6. ファイアウォールがすべての Microsoft 365 または Office 365 IP アドレスからの接続を受け入れていることを確認してください。Make sure that your firewall accepts connections from all Microsoft 365 or Office 365 IP addresses. 公開されている IP アドレスの範囲については、「 Exchange Online の ip アドレスと url 」を参照してください。See Exchange Online IP addresses and URLs for the published IP address ranges.

  7. 組織内の各ドメインの電子メール アドレスを書き留めます。これは、後でコネクタが正常に機能していることをテストする際に必要となります。Make a note of an email address for each domain in your organization. You'll need this later to test that your connector is working properly.

パート 1: Microsoft 365 または Office 365 からオンプレミスの電子メールサーバーにメールが流れるように構成するPart 1: Configure mail to flow from Microsoft 365 or Office 365 to your on-premises email server

次の 3 つの手順を実行します。There are three steps for this:

  1. Microsoft 365 または Office 365 環境を構成します。Configure your Microsoft 365 or Office 365 environment.

  2. Microsoft 365 または Office 365 から電子メールサーバーにコネクタを設定します。Set up a connector from Microsoft 365 or Office 365 to your email server.

  3. メールフローをインターネットから Microsoft 365 または Office 365 にリダイレクトするように MX レコードを変更します。Change your MX record to redirect your mail flow from the Internet to Microsoft 365 or Office 365.

1. Microsoft 365 または Office 365 環境を構成する1. Configure your Microsoft 365 or Office 365 environment

Microsoft 365 または Office 365 で以下のことを完了していることを確認してください。Make sure you have completed the following in Microsoft 365 or Office 365:

  1. コネクタを設定するには、開始する前にアクセス許可が割り当てられている必要があります。To set up connectors, you need permissions assigned before you can begin. 必要なアクセス許可を確認するには、「EOP」の「機能のアクセス許可」の「Microsoft 365 および Office 365 のコネクタ」エントリを参照してください。To check what permissions you need, see the Microsoft 365 and Office 365 connectors entry in the Feature permissions in EOP topic.

  2. EOP か Exchange Online でメール サーバーからインターネットにメールを中継する場合は、次のいずれかの方法を実行します。If you want EOP or Exchange Online to relay email from your email servers to the Internet, either:

    • Microsoft 365 または Office 365 の承認済みドメインと一致するサブジェクト名で構成された証明書を使用します。Use a certificate configured with a subject name that matches an accepted domain in Microsoft 365 or Office 365. 証明書の共通名、またはサブジェクトの別名を組織のプライマリ SMTP ドメインと一致させることをお勧めします。We recommend that your certificate's common name or subject alternative name matches the primary SMTP domain for your organization. 詳細については、「オンプレミスの電子メール環境の前提条件」を参照してください。For details, see Prerequisites for your on-premises email environment.

    または --OR-

    • 組織のすべての送信者のドメインとサブドメインが、Microsoft 365 または Office 365 の承認済みドメインとして構成されていることを確認します。Make sure that all your organization sender domains and subdomains are configured as accepted domains in Microsoft 365 or Office 365.

    承認済みドメインの定義に関する詳細は、「Exchange Online で承認済みドメインを管理する」および「Exchange Online でサブドメインのメール フローを有効にする」をご覧ください。For more information about defining accepted domains, see Manage accepted domains in Exchange Online and Enable mail flow for subdomains in Exchange Online.

  3. メールフロールール (トランスポートルールとも呼ばれます) またはドメイン名を使用して、Microsoft 365 または Office 365 から電子メールサーバーにメールを配信するかどうかを決定します。Decide whether you want to use mail flow rules (also known as transport rules) or domain names to deliver mail from Microsoft 365 or Office 365 to your email servers. ほとんどの企業は、すべての承認済みドメインにメールを配信することを選択します。Most businesses choose to deliver mail for all accepted domains. 詳細については、「 Scenario: Exchange Online での条件付きメールルーティング」を参照してください。For more information, see Scenario: Conditional mail routing in Exchange Online.

注意

Exchange Online でのメールフロールールの処理」で説明されているように、メールフロールールを設定できます。You can set up mail flow rules as described in Mail flow rule actions in Exchange Online. たとえば、現在メールが配布リストを介して複数のサイトに送信されている場合は、コネクタでメールフロールールを使用することができます。For example, you might want to use mail flow rules with connectors if your mail is currently directed via distribution lists to multiple sites.

2. Microsoft 365 または Office 365 から電子メールサーバーにコネクタを設定する2. Set up a connector from Microsoft 365 or Office 365 to your email server

Microsoft 365 または Office 365 でコネクタを作成するには、[管理者] をクリックし、[ exchange ] をクリックして exchange 管理センターに移動します。To create a connector in Microsoft 365 or Office 365, click Admin, and then click Exchange to go to the Exchange admin center. 次に、 [メール フロー][コネクタ] を順にクリックします。Next, click mail flow, and click connectors.

組織にコネクタが既にある場合は、ここに一覧表示されます。If any connectors already exist for your organization, you can see them listed here.

電子メールサーバーとの間の Microsoft 365 または Office 365 の例のコネクタ

新しいコネクタを作成する前に、ここに一覧表示されている組織のコネクタを確認してください。Before you set up a new connector, check any connectors that are already listed here for your organization. たとえば、Exchangeハイブリッド構成ウィザードを実行した場合は、Microsoft 365 または Office 365 と exchange Server の間でメールを配信するコネクタが既にセットアップされており、ここに一覧表示されます。For example, if you ran the Exchange Hybrid Configuration wizard, connectors that deliver mail between Microsoft 365 or Office 365 and Exchange Server will be set up already and listed here. 再度設定する必要はありませんが、必要に応じてここで編集できます。You don't need to set them up again, but you can edit them here if you need to. ハイブリッド構成ウィザードを使用しない場合、Exchange Server 2007 以前のバージョンを実行している場合、Microsoft 以外の SMTP メール サーバーを実行している場合は、ウィザードを使用してコネクタを設定します。If you don't plan to use the hybrid configuration wizard, or if you're running Exchange Server 2007 or earlier, or if you're running a non-Microsoft SMTP mail server, set up connectors using the wizard.

To start the wizard, click the plus symbol +. On the first screen, choose the options that are depicted in the following screenshot:To start the wizard, click the plus symbol +. On the first screen, choose the options that are depicted in the following screenshot:

メールサーバーへの Microsoft 365 または Office 365

[次へ] をクリックして、ウィザードの指示に従います。Click Next, and follow the instructions in the wizard. 詳細な情報が必要な場合は、 [ヘルプ] または [詳細情報] のリンクをクリックします。Click the Help or Learn More links if you need more information. ウィザードに従って設定を行います。The wizard will guide you through setup. 最後に、コネクタが検証されたことを確認します。At the end, make sure your connector validates. コネクタが検証されない場合は、表示されているメッセージをダブルクリックして詳細を確認し、「問題の解決に役立つようにコネクタを検証する」を参照してください。If the connector does not validate, double-click the message displayed to get more information, and see Validate connectors for help resolving issues.

3. メールフローをインターネットから Microsoft 365 または Office 365 にリダイレクトするように MX レコードを変更します。3. Change your MX record to redirect your mail flow from the Internet to Microsoft 365 or Office 365

メールフローを Microsoft 365 または Office 365 にリダイレクトするには、ドメインの MX (メール交換) レコードを変更します。To redirect email flow to Microsoft 365 or Office 365, change the MX (mail exchange) record for your domain. そうする方法については、「MX レコードを追加する」を参照してください。For instructions on how to do this, see Add MX record to route email.

パート 2: 電子メールサーバーから Microsoft 365 または Office 365 にメールが流れるように構成するPart 2: Configure mail to flow from your email server to Microsoft 365 or Office 365

次の 2 つの手順を実行します。There are two steps for this:

  1. メールサーバーから Microsoft 365 または Office 365 にコネクタを設定します。Set up a connector from your email server to Microsoft 365 or Office 365.

  2. Microsoft 365 または Office 365 経由でインターネットにメールを中継するように電子メールサーバーをセットアップします。Set up your email server to relay mail to the Internet via Microsoft 365 or Office 365.

パート 2 が完了したら、最後にある手順を参照して構成が機能することを確認します。Once you have completed Part 2, see the instructions at the end to check that your configuration works.

1. メールサーバーから Microsoft 365 または Office 365 へのコネクタの設定1. Set up a connector from your email server to Microsoft 365 or Office 365

Microsoft 365 または Office 365 でコネクタを作成するには、[管理者]、[ exchange] の順にクリックし、exchange 管理センターに移動します。To create a connector in Microsoft 365 or Office 365, click Admin, click Exchange, and then to go to the Exchange admin center. 次に、 [メール フロー][コネクタ] を順にクリックします。Next, click mail flow, and click connectors. 組織にコネクタが既にある場合は、ここに一覧表示されます。If any connectors already exist for your organization, you can see them listed here.

To start the wizard, click the plus symbol +. On the first screen, choose the options that are depicted in the following screenshot:To start the wizard, click the plus symbol +. On the first screen, choose the options that are depicted in the following screenshot:

組織の電子メールサーバーから Microsoft 365 または Office 365 に選択します。

[次へ] をクリックして、ウィザードの指示に従います。詳細情報については、 [ヘルプ] または [詳細情報] リンクをクリックします。特に、このコネクタの証明書または IP アドレス設定の構成に関するヘルプは、「 Identifying email from your email server」をご覧ください。ウィザードに従って設定を行います。最後にコネクタを保存します。Click Next, and follow the instructions in the wizard. Click the Help or Learn More links if you need more information. In particular, see Identifying email from your email server for help configuring certificate or IP address settings for this connector. The wizard will guide you through setup. At the end, save your connector.

2. Microsoft 365 または Office 365 経由でインターネットにメールを中継するように電子メールサーバーを設定します。2. Set up your email server to relay mail to the Internet via Microsoft 365 or Office 365

次に、メールを Microsoft 365 または Office 365 に送信するようにメールサーバーを準備する必要があります。Next, you must prepare your email server to send mail to Microsoft 365 or Office 365. これにより、Microsoft 365 または Office 365 経由で、電子メールサーバーからインターネットへのメールフローを有効にすることができます。This enables mail flow from your email servers to the Internet via Microsoft 365 or Office 365.

オンプレミスの電子メール環境が Microsoft Exchange の場合は、スマートホストルーティングを使用して Microsoft 365 または Office 365 にメッセージを送信する送信コネクタを作成します。If your on-premises email environment is Microsoft Exchange, you create a Send connector that uses smart host routing to send messages to Microsoft 365 or Office 365. 詳細については、「送信コネクタを作成し送信電子メールをスマート ホスト経由でルーティングする」をご覧ください。For more information, see Create a Send connector to route outbound email through a smart host.

Exchange Server で送信コネクタを作成するには、Exchange 管理シェルで次の構文を使用します。To create the Send connector in Exchange Server, use the following syntax in the Exchange Management Shell. オンプレミスの Exchange 組織で Exchange 管理シェルを開く方法については、「 Open the Exchange Management Shell」をご覧ください。To learn how to open the Exchange Management Shell in your on-premises Exchange organization, see Open the Exchange Management Shell.

注意

次の手順では、 _Cloudサービス Mailenabled_パラメーターは、Exchange 2013 以降で使用できます。In the following procedures, the CloudServicesMailEnabled parameter is available in Exchange 2013 or later.

New-SendConnector -Name <DescriptiveName> -AddressSpaces * -CloudServicesMailEnabled $true -Fqdn <CertificateHostNameValue> -RequireTLS $true -DNSRoutingEnabled $false -SmartHosts <YourDomain>-com.mail.protection.outlook.com -TlsAuthLevel CertificateValidation

この例では、次のプロパティを持つ新しい送信コネクタを作成します。This example creates a new Send Connector with the following properties:

  • Name: My Company to Office 365Name: My company to Office 365

  • FQDN: mail.contoso.comFQDN: mail.contoso.com

  • SmartHosts: contoso-com.mail.protection.outlook.comSmartHosts: contoso-com.mail.protection.outlook.com

New-SendConnector -Name "My company to Office 365" -AddressSpaces * -CloudServicesMailEnabled $true -Fqdn mail.contoso.com -RequireTLS $true -DNSRoutingEnabled $false -SmartHosts contoso-com.mail.protection.outlook.com -TlsAuthLevel CertificateValidation

コネクタが組織のメールを正しくルーティングすることをどのように確認できますか?How do I know connectors will route my organization mail correctly?

これらの手順を正しく完了すると、すべてのメールが Microsoft 365 または Office 365 経由で配信されるようになります。If you have completed all of these steps correctly, all your mail will now be delivered via Microsoft 365 or Office 365.

動作の確認方法:To check that this is working:

  1. 電子メールサーバー上のメールボックスから外部 (インターネット) 受信者に電子メールを送信します。Send email from a mailbox on your email server to an external (Internet) recipient.

  2. インターネット メールボックスから電子メール サーバー上のメールボックスに電子メールを送信します。Send email from an Internet mailbox to a mailbox on your email server.

両方の電子メールが受信されたことを確認してください。Make sure both emails are received.

メールフローに Microsoft 365 または Office 365 が使用しているコネクタを変更するChange a connector that Microsoft 365 or Office 365 is using for mail flow

コネクタの設定を変更するには、編集するコネクタを選択し、次のスクリーン ショットに示されている [編集] アイコンを選択します。To change settings for a connector, select the connector you want to edit and then select the edit icon as shown in the following screen shot.

コネクタが選択状態で、編集 (鉛筆) アイコンが強調表示されているスクリーンショットを示しています。

コネクタ ウィザードが開き、既存のコネクタの設定に変更を加えることができます。The connector wizard opens, and you can make changes to the existing connector settings. コネクタの設定を変更している間、Microsoft 365 または Office 365 は、メールフローの既存のコネクタ設定を引き続き使用します。While you change the connector settings, Microsoft 365 or Office 365 continues to use the existing connector settings for mail flow. コネクタへの変更を保存すると、Microsoft 365 または Office 365 が新しい設定を使用して開始されます。When you save changes to the connector, Microsoft 365 or Office 365 starts using the new settings.

同じシナリオで複数のコネクタを使用した場合はどうなりますか?What happens when I have multiple connectors for the same scenario?

ほとんどのお客様はコネクタをセットアップする必要がありません。Most customers don't need to set up connectors. セットアップする場合は、1 つのメール フロー方向あたり 1 つのコネクタで十分です。For those that do, one connector per single mail flow direction is usually enough. ただし、Microsoft 365 または Office 365 から電子メールサーバー (オンプレミスサーバーとも呼ばれる) に対して、1つのメールフロー方向に対して複数のコネクタを作成することもできます。But you can also create multiple connectors for a single mail flow direction, such as from Microsoft 365 or Office 365 to your email server (also called on-premises server).

複数のコネクタが存在する場合、メールフローの問題を解決するための最初の手順は、Microsoft 365 または Office 365 が使用しているコネクタを知ることです。When there are multiple connectors, the first step to resolving mail flow issues is to know which connector Microsoft 365 or Office 365 is using. Microsoft 365 または Office 365 は、次の順序で電子メールに適用するコネクタを選択します。Microsoft 365 or Office 365 uses the following order to choose a connector to apply to an email:

  1. 受信者ドメインと正確に一致するコネクタを使用する。Use a connector that exactly matches the recipient domain.

  2. すべての承認済みドメインに適用されるコネクタを使用する。Use a connector that applies to all accepted domains.

  3. ワイルドカード パターン マッチングを使用する。たとえば、*. contoso.com は mail.contoso.com だけでなく、sales.contoso.com とも一致します。Use wildcard pattern matching. For example, *.contoso.com would match mail.contoso.com as well as sales.contoso.com.

複数のコネクタを適用するための Microsoft 365 または Office 365 の例Example of how Microsoft 365 or Office 365 applies multiple connectors

この例では、組織に contoso.com、sales.contoso.com、fabrikam.com、および contoso.onmicrosoft.com という 4 つの承認済みドメインがあります。In this example, your organization has four accepted domains, contoso.com, sales.contoso.com, fabrikam.com, and contoso.onmicrosoft.com. Microsoft 365 または Office 365 から組織の電子メールサーバーに構成された3つのコネクタがあります。You have three connectors configured from Microsoft 365 or Office 365 to your organization's email server. この例では、これらのコネクタに、 コネクタ 1コネクタ 2 、および コネクタ 3 という名前が付けられます。For this example, these connectors are known as Connector 1, Connector 2, and Connector 3.

コネクタ 1 は、組織内のすべての承認済みドメイン用に構成されます。次のスクリーン ショットは、コネクタを適用するドメインを定義するコネクタ ウィザード画面を示しています。この場合に選択される設定は、 [組織内のすべての承認済みドメインに送信される電子メール メッセージに対して] です。Connector 1 is configured for all accepted domains in your organization. The following screen shot shows the connectors wizard screen where you define which domains the connector applies to. In this case, the setting chosen is For email messages sent to all accepted domains in your organization.

コネクタのウィザード ページを表示します。どのような場合にこのコネクタを使用しますか?2 番目のオプションが選択されています。このオプションは次のとおりです。[組織内のすべての承認済みドメインに送信されるメール メッセージに対して]。

コネクタ 2 は、会社のドメイン Contoso.com 専用にセットアップされます。次のスクリーン ショットは、コネクタを適用するドメインを定義するコネクタ ウィザード画面を示しています。この場合に選択される設定は、 [これらのドメインに電子メール メッセージが送信される場合のみ] です。 コネクタ 2 では、会社のドメイン Contoso.com が指定されます。Connector 2 is set up specifically for your company domain Contoso.com. The following screen shot shows the connectors wizard screen where you define which domains the connector applies to. In this case, the setting chosen is Only when email messages are sent to these domains. For Connector 2, your company domain Contoso.com is specified.

コネクタのウィザード ページを表示します。どのような場合にこのコネクタを使用しますか?3 番目のオプションが選択されています。このオプションは次のとおりです。[これらのドメインにメール メッセージが送信される場合のみ]。ドメイン Contoso.com が追加されています。

コネクタ 3 も、オプションの [これらのドメインに電子メール メッセージが送信される場合のみ] を使用してセットアップされます。ただし、このコネクタは、特定のドメイン Contoso.com の代わりに、次のスクリーン ショットに示すように、ワイルドカード *.Contoso.com を使用します。Connector 3 is also set up by using the option Only when email messages are sent to these domains. But, instead of the specific domain Contoso.com, the connector uses a wildcard: *.Contoso.com as shown in the following screen shot.

コネクタのウィザード ページを表示します:どのような場合にこのコネクタを使用しますか?3 番目のオプションが選択されています。このオプションは次のとおりです。これらのドメインにメール メッセージが送信される場合のみ。指定されたドメインには、ワイルドカードが含まれています。*.contoso.com が追加されました。

Microsoft 365 または office 365 からメールサーバー上のメールボックスに送信される各電子メールについて、Microsoft 365 または Office 365 は、可能な限り具体的なコネクタを選択します。For each email sent from Microsoft 365 or Office 365 to mailboxes on your email server, Microsoft 365 or Office 365 selects the most specific connector possible. 電子メールが次の宛先に送信される場合:For email sent to:

  • john@fabrikam.com、Microsoft 365 または Office 365 はコネクタ 1を選択します。john@fabrikam.com, Microsoft 365 or Office 365 selects Connector 1.

  • john@contoso.com、Microsoft 365 または Office 365 はコネクタ 2を選択します。john@contoso.com, Microsoft 365 or Office 365 selects Connector 2.

  • john@sales.contoso.com、Microsoft 365 または Office 365 はコネクタ 3を選択します。john@sales.contoso.com, Microsoft 365 or Office 365 selects Connector 3.

関連項目See also

コネクタを使用してメール フローを構成するConfigure mail flow using connectors

Exchange Online、Microsoft 365、および Office 365 のメールフローのベストプラクティス (概要)Mail flow best practices for Exchange Online, Microsoft 365, and Office 365 (overview)

接続の検証Validate connectors

パートナー組織とのセキュリティで保護されたメール フロー用のコネクタを設定するSet up connectors for secure mail flow with a partner organization