バック プレッシャについてUnderstanding back pressure

バックプレッシャーは、メールボックスサーバーおよびエッジトランスポートサーバー上に存在する Microsoft Exchange Transport サービスのシステムリソース監視機能です。Back pressure is a system resource monitoring feature of the Microsoft Exchange Transport service that exists on Mailbox servers and Edge Transport servers. ハードドライブ領域やメモリなどの重要なシステムリソースが過剰に使用されていて、サーバーが完全に過負荷になり、使用できなくなることを防止するために、バックプレッシャーではその処理が行われます。Back pressure detects when vital system resources, such as hard drive space and memory, are overused, and takes action to prevent the server from becoming completely overwhelmed and unavailable. たとえば、Exchange サーバーのシステムリソース使用率レベルが高すぎると判断された場合、サーバーは新しいメッセージの受け入れを遅らせます。For example, when a system resource utilization level on the Exchange server is determined to be too high, the server delays accepting new messages. リソースの使用率が悪化した場合、サーバーは、既存のすべてのメッセージの処理に排他的に機能する新しいメッセージの受け入れを停止し、送信メッセージの処理を停止することもあります。If the resource utilization gets worse, the server stops accepting new messages to work exclusively on processing all existing messages, and might even stop processing outgoing messages. システムリソースの使用率が許容できるレベルに戻ると、Exchange サーバーは新しいメッセージを受け付け、送信メッセージを処理することによって、通常の操作を再開します。When the system resource utilization returns to an acceptable level, the Exchange server resumes normal operation by accepting new messages and processing outgoing messages.

監視対象リソースMonitored resources

バック プレッシャによって次のシステム リソースが監視されます。The following system resources are monitored by back pressure:

  • Databaseused space [% ExchangeInstallPath% TransportRoles \ data \ Queue]: メッセージキューデータベースを保持するドライブのハードドライブ使用率。DatabaseUsedSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Queue]: Hard drive utilization for the drive that holds the message queue database.

  • Privatebytes: edgetransport.exe プロセスによって使用されるメモリ。PrivateBytes: The memory that's used by the EdgeTransport.exe process.

  • QueueLength [提出キュー]: 送信キュー内のメッセージの数。QueueLength[SubmissionQueue]: The number of messages in the Submission queue.

  • Systemmemory: 他のすべてのプロセスで使用されるメモリ。SystemMemory: The memory that's used by all other processes.

  • 使用されているディスク容量 [% ExchangeInstallPath% TransportRoles \ データ \ キュー]: メッセージキューデータベースのトランザクションログを保持するドライブのハードドライブ使用率。UsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Queue]: Hard drive utilization for the drive that holds the message queue database transaction logs.

  • 使用ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% TransportRoles \ データ]: コンテンツ変換に使用されるドライブのハードドライブ使用率。UsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data]: Hard drive utilization for the drive that's used for content conversion.

  • Used Versionバケツ [% ExchangeInstallPath% mail.que]: メモリ内に存在するコミットされていないメッセージキューデータベーストランザクションの数。UsedVersionBuckets[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Queue\mail.que]: The number of uncommitted message queue database transactions that exist in memory.

メールボックスサーバーまたはエッジトランスポートサーバー上の監視対象の各システムリソースに対して、次のレベルのリソース使用率または負荷が定義されます。For each monitored system resource on a Mailbox server or Edge Transport server, the following levels of resource utilization or pressure are defined:

  • Low または Normal: リソースは過剰に使えません。Low or Normal: The resource isn't overused. サーバーは、新しい接続およびメッセージを受け付けます。The server accepts new connections and messages.

  • []: リソースはわずかに超過します。Medium: The resource is slightly overused. バック プレッシャがサーバーに限定的に適用されます。Back pressure is applied to the server in a limited manner. 組織の権限のあるドメイン内の送信者からのメールは処理されます。Mail from senders in the organization's authoritative domains can flow. ただし負荷がかかっている特定のリソースによっては、サーバーはタールピットを使用してサーバーの応答を遅らせるか、他のソースから受信する MAIL FROM コマンドを拒否します。However, depending on the specific resource under pressure, the server uses tarpitting to delay server response or rejects incoming MAIL FROM commands from other sources.

  • : リソースは過剰に超過しています。High: The resource is severely overused. 完全なバック プレッシャが適用されます。Full back pressure is applied. すべてのメッセージ フローが停止し、サーバーはすべての新しい受信 MAIL FROM コマンドを拒否します。All message flow stops, and the server rejects all new incoming MAIL FROM commands.

遷移レベルでは、低、中、高のリソース使用率の値は、リソースの負荷の増減に応じて決まります。通常、リソースの使用が減少した場合は、元のレベルよりリソース使用率を下げる必要があります。つまり、本来、リソースの負荷の低、中、高に対して静的な値はありません。リソース使用率レベルの次の変更を決定する前に、使用率が増加しているか減少しているかを把握する必要があります。Transition levels define the low, medium and high resource utilization values depending on whether the resource pressure is increasing or decreasing. Typically, a resource utilization level that's lower than the original level is required as the resource utilization decreases. In other words, there really isn't a static value for low, medium and high resource pressure. You need to know if the utilization is increasing or decreasing before you can determine the next change in resource utilization level.

次のセクションでは、特定のリソースが圧迫されている場合に、Exchange が状況を処理する方法について説明します。The following sections explain how Exchange handles the situation when a specific resource is under pressure.

メッセージ キュー データベースを格納するドライブのハード ディスク使用率。Hard drive utilization for the drive that holds the message queue database

Resource: databaseused Space [% ExchangeInstallPath% transportroles \ data \ Queue]Resource: DatabaseUsedSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Queue]

説明: メッセージキューデータベースを保持しているドライブ上のすべてのファイルによって使用されているドライブの総容量の割合を監視します。Description: Monitors the percentage of total drive space that's consumed by all files on the drive that holds the message queue database. メッセージ キュー データベース ファイルには未使用の容量が含まれているため、使用されているドライブの正確な総容量については、ドライブのサイズ、空きディスク容量、データベースの空き容量によって判断できます。Note that the message queue database file contains unused space, so an accurate description of the total drive space that's consumed by all files is drive size - free disk space - free space in the database.

メッセージ キュー データベースの既定の場所を変更するには、「キュー データベースの場所を変更する」を参照してください。To change the default location of the message queue database, see Change the location of the queue database.

負荷の遷移 (%):Pressure transitions (%):

  • Lowtomedium:96LowToMedium: 96

  • MediumToHigh:99MediumToHigh: 99

  • Hightomedium:97HighToMedium: 97

  • MediumToLow:94MediumToLow: 94

コメントComments::

次の数式を使用して、ハード ディスクの既定の高レベル使用率が計算されます。The default high level of hard drive utilization is calculated by using the following formula:

100 * (<mb>単位のハードドライブサイズ-500 mb)/ _ <ハードドライブサイズ (> mb_ )100 * (<hard drive size in MB> - 500 MB) / <hard drive size in MB>

この数式は、メッセージ キュー データベースに未使用の容量がある事実に基づいていますThis formula accounts for the fact that there's unused space in the message queue database

1 GB = 1024 MB。結果は、小数点以下を切り捨てて整数にします。1 GB = 1024 MB. The result is rounded down to the nearest integer.

たとえば、メッセージ キュー データベースが 1 テラバイト (TB) ドライブ (1048576 MB) にある場合、高レベルの使用率は 100*(1048576-500)/1048576) または 99% になります。For example, if your message queue database is located on a 1 terabyte (TB) drive (1048576 MB), the high level of utilization is 100*(1048576-500)/1048576) or 99%.

数式と切り捨ての動作から確認できるように、数式で 99% 未満の高い使用率の値を計算するまでは、ハード ディスクを非常に小さくする必要があります。たとえば、高い使用率の値が 98% の場合、必要なハード ディスクは約 25 GB 以下です。As you can see from the formula and the rounding down behavior, the hard drive needs to be very small before the formula calculates a high utilization value that's less than 99%. For example, a 98% value for high utilization requires a hard drive of approximately 25 GB or less.

EdgeTransport.exe プロセスで使用されているメモリMemory used by the EdgeTransport.exe process

Resource: privatebytesResource: PrivateBytes

説明: Microsoft Exchange Transport サービスの一部である edgetransport.exe プロセスによって使用されるメモリの割合を監視します。Description: Monitors the percentage of memory that's used by the EdgeTransport.exe process that's part of the Microsoft Exchange Transport service. これにはページング ファイルの仮想メモリ、または他のプロセスで使用するメモリは含まれません。This doesn't include virtual memory in the paging file, or memory that's used by other processes.

負荷の遷移 (%):Pressure transitions (%):

  • Lowtomedium:72LowToMedium: 72

  • MediumToHigh:75MediumToHigh: 75

  • Hightomedium:73HighToMedium: 73

  • MediumToLow:71MediumToLow: 71

コメント:Comments:

既定では、EdgeTransport.exe プロセスによる高レベルのメモリ使用率は、物理メモリ合計の 75%、または 1 テラバイトのどちらか小さい方になります。結果は、常に小数点以下を切り捨てて整数にします。By default, the high level of memory utilization by the EdgeTransport.exe process is 75 percent of the total physical memory or 1 terabyte, whichever is less. The results are always rounded down to the nearest integer.

Exchange は EdgeTransport.exe プロセスのメモリ使用率の履歴を保持します。Exchange keeps a history of the memory utilization of the EdgeTransport.exe process. 使用率が、履歴の深さと呼ばれる特定の数のポーリング間隔に対して低レベルに到達しない場合、Exchange は、リソース使用率が低レベルに戻るまで、受信メッセージを拒否します。If the utilization doesn't go down to low level for a specific number of polling intervals, known as the history depth, Exchange rejects incoming messages until the resource utilization goes back to the low level. 既定では、Edgetransport.exe のメモリ使用率の履歴の深さは30回のポーリング間隔です。By default, the history depth for EdgeTransport.exe memory utilization s 30 polling intervals.

送信キュー内のメッセージの数Number of messages in the Submission queue

Resource: QueueLength [提出キュー]Resource: QueueLength[SubmissionQueue]

説明: 送信キュー内のメッセージ数を監視します。Description: Monitors the number of messages in the Submission queue. 通常、メッセージは受信コネクタから送信キューに入ります。Typically, message enter the Submission queue from Receive connectors. 詳細については、「Mail flow and the transport pipeline」を参照してください。For more information, see Mail flow and the transport pipeline. 送信キューにメッセージが多数ある状態は、カテゴライザーがメッセージを適切に処理できていないことを意味します。A large number of messages in the Submission queue indicates the categorizer is having difficulty processing messages.

負荷の遷移:Pressure transitions:

  • Lowtomedium: 9999LowToMedium: 9999

  • MediumToHigh: 15000MediumToHigh: 15000

  • Hightomedium: 1万HighToMedium: 10000

  • MediumToLow: 2000MediumToLow: 2000

コメント:Comments:

送信キューが圧迫されている場合、Exchange は受信メッセージの通知を遅延させることにより、受信接続を抑制します。When the Submission queue is under pressure, the Exchange throttles incoming connections by delaying acknowledgement of incoming messages. Exchange によって、タールピットによる受信メッセージフローの速度が低下します。これにより、SMTP MAIL FROMコマンドの受信を送信側サーバーに遅延させることができます。Exchange reduces the rate of incoming message flow by tarpitting, which delays the acknowledgment of the SMTP MAIL FROM command to the sending server. 引き続き圧迫されている状態が続くと、Exchange は徐々にタールピットの遅延を増やします。If the pressure condition continues, Exchange gradually increases the tarpitting delay. 送信キュー利用率が低いレベルに戻ると、Exchange は通知の遅延を減らし、通常操作に戻ります。After the Submission queue utilization returns to the low level, Exchange reduces the acknowledgment delay and eases back into normal operation. 既定では、Exchange は送信キューが圧迫されているとメッセージ通知を 10 秒遅延させます。By default, Exchange delays message acknowledgments for 10 seconds when under Submission queue pressure. リソースが引き続き圧迫されていると、遅延は 5 秒単位で最長 55 秒まで増加していきます。If the resource pressure continues, the delay is increased in 5-second increments up to 55 seconds.

Exchange は送信キューの使用率の履歴を保持します。Exchange keeps a history of Submission queue utilization. 送信キューの使用率が、履歴の深さとして知られている特定のポーリング間隔の低レベルに到達しない場合、Exchange はタールピットの遅延を停止し、送信の使用率がに戻るまで受信メッセージを拒否します。低レベルIf the Submission queue utilization doesn't go down to the low level for a specific number of polling intervals, known as the history depth, Exchange stops the tarpitting delay and rejects incoming messages until the Submission utilization goes back to the low level. 既定では、送信キューの履歴の深さはポーリング 300 回以内です。By default, the history depth for the Submission queue is in 300 polling intervals.

すべてのプロセスで使用されているメモリMemory used by all processes

リソース: systemmemoryResource: SystemMemory

説明: Exchange サーバー上のすべてのプロセスで使用されているメモリの割合を監視します。Description: Monitors the percentage of memory that's used by all processes on the Exchange server. これにはページング ファイルの仮想メモリは含まれません。This doesn't include virtual memory in the paging file.

負荷の遷移 (%):Pressure transitions (%):

  • Lowtomedium:88LowToMedium: 88

  • MediumToHigh:94MediumToHigh: 94

  • Hightomedium:89HighToMedium: 89

  • MediumToLow:84MediumToLow: 84

コメント:Comments:

サーバーがメモリ使用率の高いレベルに達すると、メッセージの退避が発生します。When the server reaches the high level of memory utilization, message dehydration occurs. メッセージの退避では、メモリ内にキャッシュされているキュー内のメッセージの不要な要素を削除します。Message dehydration removes unnecessary elements of queued messages that are cached in memory. 通常、パフォーマンスを向上させるために、メッセージ全体がメモリ内にキャッシュされます。Typically, complete messages are cached in memory for increased performance. キャッシュしたこれらのメッセージから MIME コンテンツを削除すると、そのメッセージがメッセージ キュー データベースから直接読み取られるため、使用されるメモリは少なくなりますが、待ち時間は長くなります。Removal of the MIME content from these cached messages reduces the amount of memory that's used at the expense of higher latency, because the messages are now read directly from the message queue database. メッセージの退避は、既定で有効になっています。By default, message dehydration is enabled.

メッセージ キュー データベース トランザクション ログを格納するドライブのハード ディスク使用率Hard drive utilization for the drive that holds the message queue database transaction logs

リソース: used ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% transportroles \ データ \ キュー]Resource: UsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Queue]

説明: メッセージキューデータベーストランザクションログを保持するドライブ上のすべてのファイルによって使用されているドライブの総容量の割合を監視します。Description: Monitors the percentage of total drive space that's consumed by all files on the drive that holds the message queue database transaction logs. 既定の場所を変更するには、「 キュー データベースの場所を変更する」を参照してください。To change the default location, see Change the location of the queue database.

負荷の遷移 (%):Pressure transitions (%):

  • Lowtomedium:89LowToMedium: 89

  • MediumToHigh:99MediumToHigh: 99

  • Hightomedium:90HighToMedium: 90

  • MediumToLow:80MediumToLow: 80

コメントComments::

次の数式を使用して、ハード ディスクの既定の高レベル使用率が計算されます。The default high level of hard drive utilization is calculated by using the following formula:

100 * (<mb>単位のハードドライブサイズ-1152 mb)/ _ <ハードドライブサイズ (> mb_ )100 * (<hard drive size in MB> - 1152 MB) / <hard drive size in MB>

1 GB = 1024 MB。結果は、小数点以下を切り捨てて整数にします。1 GB = 1024 MB. The result is rounded down to the nearest integer.

たとえば、キュー データベースが 1 テラバイト (TB) ドライブ (1048576 MB) にある場合、高レベルの使用率は 100*(1048576-1152)/1048576) または 99% になります。For example, if your queue database is located on a 1 terabyte (TB) drive (1048576 MB), the high level of utilization is 100*(1048576-1152)/1048576) or 99%.

数式と切り捨ての動作から確認できるように、数式で 99% 未満の高い使用率の値を計算するまでは、ハード ディスクを非常に小さくする必要があります。たとえば、高い使用率の値が 98% の場合、必要なハード ディスクは約 56 GB 以下です。As you can see from the formula and the rounding down behavior, the hard drive needs to be fairly small before the formula calculates a high utilization value that's less than 99%. For example, a 98% value for high utilization requires a hard drive of approximately 56 GB or less.

アプリケーション%ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.config構成ファイルには、既定値384MBを持つ_DatabaseCheckPointDepthMax_キーが含まれています。The %ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.config application configuration file contains the DatabaseCheckPointDepthMax key that has the default value 384MB. このキーは、ハード ディスク上に存在するコミットされていないすべてのトランザクション ログの許可された合計サイズを制御します。This key controls the total allowed size of all uncommitted transaction logs that exist on the hard drive. このキーの値は、高い使用率を計算する数式で使用されます。The value of this key is used in the formula that calculates high utilization. この値をカスタマイズすると、数式は次のようになります。If you customize this value, the formula becomes:

100 * (<mb>単位のハードドライブサイズ-最小 (5120 mb、* 3 DatabaseCheckPointDepthMax))/ _ <ハードドライブサイズ (> mb_ )100 * (<hard drive size in MB> - Min(5120 MB, 3* DatabaseCheckPointDepthMax)) / <hard drive size in MB>

注意

_DatabaseCheckPointDepthMax_キーの値は、Exchange サーバー上に存在するトランスポート関連のすべての拡張記憶域エンジン (ESE) データベースに適用されます。The value of the DatabaseCheckPointDepthMax key applies to all transport-related Extensible Storage Engine (ESE) databases that exist on the Exchange server. メールボックス サーバー上では、これにはメッセージ キュー データベースと送信者評価データベースが含まれています。On Mailbox servers, this includes the message queue database, and the sender reputation database. エッジ トランスポート サーバー上では、これにはメッセージ キュー データベース、送信者評価データベース、および接続フィルター エージェントによって使用される IP フィルター データベースが含まれています。On Edge Transport servers, this includes the message queue database, the sender reputation database, and the IP filter database that's used by the Connection Filtering agent.

コンテンツ変換に使用されるドライブのハード ディスク使用率Hard drive utilization for the drive that's used for content conversion

リソース: used ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% transportroles/データ]Resource: UsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data]

説明: コンテンツ変換に使用されているドライブ上のすべてのファイルによって消費されているドライブの総容量の割合を監視します。Description: Monitors the percentage of total drive space that's consumed by all files on the drive that's used for content conversion. フォルダー %ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Tempの既定の場所はで、 %ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.configアプリケーション構成ファイルの_一時 storagepath_キーによって制御されます。The default location of the folder is %ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Temp and is controlled by the TemporaryStoragePath key in the %ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.config application configuration file.

負荷の遷移 (%):Pressure transitions (%):

  • Lowtomedium:89LowToMedium: 89

  • MediumToHigh:99MediumToHigh: 99

  • Hightomedium:90HighToMedium: 90

  • MediumToLow:80MediumToLow: 80

コメント:Comments:

次の数式を使用して、ハード ディスクの既定の高レベル使用率が計算されます。The default high level of hard drive utilization is calculated by using the following formula:

100 * (<mb>単位のハードドライブサイズ-500 mb)/ _ <ハードドライブサイズ (> mb_ )100 * (<hard drive size in MB> - 500 MB) / <hard drive size in MB>

1 GB = 1024 MB。1 GB = 1024 MB. 結果は、小数点以下を切り捨てて整数にします。The result is rounded down to the nearest integer.

たとえば、メッセージ キュー データベースが 1 テラバイト (TB) ドライブ (1048576 MB) にある場合、高レベルの使用率は 100*(1048576-500)/1048576) または 99% になります。For example, if your message queue database is located on a 1 terabyte (TB) drive (1048576 MB), the high level of utilization is 100*(1048576-500)/1048576) or 99%.

数式と切り捨ての動作から確認できるように、数式で 99% 未満の高い使用率の値を計算するまでは、ハード ディスクを非常に小さくする必要があります。たとえば、高い使用率の値が 98% の場合、必要なハード ディスクは約 25 GB 以下です。As you can see from the formula and the rounding down behavior, the hard drive needs to be very small before the formula calculates a high utilization value that's less than 99%. For example, a 98% value for high utilization requires a hard drive of approximately 25 GB or less.

メモリ内のコミットされていないメッセージ キュー データベース トランザクションの数Number of uncommitted message queue database transactions in memory

リソース: used Versionバケット [% ExchangeInstallPath% transportroles \ データ \ キュー \ メールキュー]Resource: UsedVersionBuckets[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Queue\mail.queue]

説明: メモリ内に存在するメッセージキューデータベースのコミットされていないトランザクションの数を監視します。Description: Monitors the number of uncommitted transactions for the message queue database that exist in memory.

負荷の遷移:Pressure transitions:

  • Lowtomedium: 999LowToMedium: 999

  • MediumToHigh: 1500MediumToHigh: 1500

  • Hightomedium: 1000HighToMedium: 1000

  • MediumToLow: 800MediumToLow: 800

コメントComments::

メッセージ キュー データベースに加えられた変更の一覧は、それらの変更をトランザクション ログにコミットできるようになるまでメモリ内に保持されます。その時点で、この一覧はメッセージ キュー データベース自体にコミットされます。メモリ内に保持されるこれらの未処理のメッセージ キュー データベース トランザクションを、バージョンのバケットと呼びます。予想以上に大量の受信メッセージ、スパム攻撃、メッセージ キュー データベースの整合性に関する問題、またはハード ドライブのパフォーマンスが原因で、バージョンのバケット数が許容できないほど高いレベルに増加することがあります。A list of changes that are made to the message queue database is kept in memory until those changes can be committed to a transaction log. Then the list is committed to the message queue database itself. These outstanding message queue database transactions that are kept in memory are known as version buckets. The number of version buckets may increase to unacceptably high levels because of an unexpectedly high volume of incoming messages, spam attacks, problems with the message queue database integrity, or hard drive performance.

バージョン バケットが圧迫されている場合、Exchange サーバーは受信メッセージの通知を遅延させることにより、受信接続を抑制します。When version buckets are under pressure, the Exchange server throttles incoming connections by delaying acknowledgment of incoming messages. Exchange によって、タールピットによる受信メッセージフローの速度が低下します。これにより、SMTP MAIL FROMコマンドの受信を送信側サーバーに遅延させることができます。Exchange reduces the rate of incoming message flow by tarpitting, which delays the acknowledgment of the SMTP MAIL FROM command to the sending server. リソースが引き続き圧迫されている状態が続くと、Exchange は徐々にタールピットの遅延を増やします。If the resource pressure condition continues, Exchange gradually increases the tarpitting delay. リソース使用率が通常に戻ると、Exchange は段階的に受信確認の遅延を減らし、通常の処理に戻していきます。After the resource utilization returns to normal, Exchange gradually reduces the acknowledgement delay and eases back into normal operation. 既定では、Exchange はリソースが圧迫されているとメッセージ通知を 10 秒遅延させます。By default, Exchange delays message acknowledgments for 10 seconds when under resource pressure. 引き続き圧迫されていると、遅延は 5 秒単位で最長 55 秒まで増加していきます。If the pressure continues, the delay is increased in 5-second increments up to 55 seconds.

バージョン バケットが圧迫されている場合、Exchange サーバーも送信メッセージの処理を停止します。When the version buckets are under high pressure, the Exchange server also stops processing outgoing messages.

Exchange はバージョン バケットのリソース使用率の履歴を保持します。Exchange keeps a history of version bucket resource utilization. リソース使用率が、履歴の深さと呼ばれる特定の数のポーリング間隔で低レベルになっていない場合、Exchange はタールピット遅延を停止し、リソース使用率が低レベルに戻るまで、受信メッセージを拒否します。If the resource utilization doesn't go down to the low level for a specific number of polling intervals, known as the history depth, Exchange stops the tarpitting delay and rejects incoming messages until the resource utilization goes back to the low level. 既定では、バージョン バケットの履歴の深さはポーリング 10 回以内です。By default, the history depth for version buckets is in 10 polling intervals.

リソースが圧迫されている場合にバック プレッシャで実行された処理Actions taken by back pressure when resources are under pressure

次の表に、監視されているリソースが圧迫されている場合のバック プレッシャによる処理を示します。The following table summarizes the actions taken by back pressure when a monitored resource is under pressure.

圧迫されているリソースResource under pressure 使用率レベルUtilization level 実行された処理Actions taken
DatabaseUsedSpaceDatabaseUsedSpace Medium Exchange 以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。Reject incoming messages from non-Exchange servers.
ピックアップ ディレクトリと再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。Reject message submissions from the Pickup directory and the Replay directory.
メッセージの再送信は一時停止します。Message resubmission is paused.
シャドウ冗長はメッセージを拒否します。Shadow Redundancy rejects messages. シャドウ冗長の詳細については、「 Exchange Server のシャドウ冗長」を参照してください。For more information about Shadow Redundancy, see Shadow redundancy in Exchange Server.
DatabaseUsedSpaceDatabaseUsedSpace High 中レベルの使用率ですべての処理が実行されます。All actions taken at the medium utilization level.
他の Exchange サーバーからの受信メッセージを拒否します。Reject incoming messages from other Exchange servers.
メールボックス サーバーの Microsoft Exchange メールボックス トランスポート発信サービスによる、メールボックス データベースからのメッセージ送信を拒否します。Reject message submissions from mailbox databases by the Microsoft Exchange Mailbox Transport Submission service on Mailbox servers.
PrivateBytesPrivateBytes Medium Exchange 以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。Reject incoming messages from non-Exchange servers.
ピックアップ ディレクトリと再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。Reject message submissions from the Pickup directory and the Replay directory.
メッセージの再送信は一時停止します。Message resubmission is paused.
シャドウ冗長はメッセージを拒否します。Shadow Redundancy rejects messages.
サーバーまたはトランスポート サーバーの再起動後のメッセージ処理 (ブート スキャンとも呼ばれます) を一時停止します。Processing messages after a server or Transport service restart (also known as boot scanning) is paused.
メッセージの退避を開始します。Start message dehydration.
PrivateBytesPrivateBytes High 中レベルの使用率ですべての処理が実行されます。All actions taken at the medium utilization level.
他の Exchange サーバーからの受信メッセージを拒否します。Reject incoming messages from other Exchange servers.
メールボックス サーバーの Microsoft Exchange メールボックス トランスポート発信サービスによる、メールボックス データベースからのメッセージ送信を拒否します。Reject message submissions from mailbox databases by the Microsoft Exchange Mailbox Transport Submission service on Mailbox servers.
QueueLength [提出キュー]QueueLength[SubmissionQueue] Medium 受信メッセージへのタールピット遅延が導入されるか、増加します。送信キュー全体の履歴の深さが通常レベルに達しない場合は、次の処理を実行します。Introduce or increment the tarpitting delay to incoming messages. If normal level isn't reached for the entire Submission queue history depth, take the following actions:
• Exchange 以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。• Reject incoming messages from non-Exchange servers.
•ピックアップディレクトリおよび再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。• Reject message submissions from the Pickup directory and the Replay directory.
•メッセージの再送信は一時停止されます。• Message resubmission is paused.
•シャドウ冗長はメッセージを拒否します。• Shadow Redundancy rejects messages.
•ブートスキャンが一時停止しています。• Boot scanning is paused.
QueueLength [提出キュー]QueueLength[SubmissionQueue] High 中レベルの使用率ですべての処理が実行されます。All actions taken at the medium utilization level.
他の Exchange サーバーからの受信メッセージを拒否します。Reject incoming messages from other Exchange servers.
メールボックス サーバーの Microsoft Exchange メールボックス トランスポート発信サービスによる、メールボックス データベースからのメッセージ送信を拒否します。Reject message submissions from mailbox databases by the Microsoft Exchange Mailbox Transport Submission service on Mailbox servers.
拡張 DNS キャッシュをメモリからフラッシュします。Flush enhanced DNS cache from memory.
メッセージの退避を開始します。Start message dehydration.
SystemMemorySystemMemory Medium メッセージの退避を開始します。Start message dehydration.
キャッシュをフラッシュします。Flush caches.
SystemMemorySystemMemory High 中レベルの使用率ですべての処理が実行されます。All actions taken at the medium utilization level.
UsedDiskSpace (メッセージ キュー データベース トランザクション ログ)UsedDiskSpace (message queue database transaction logs) Medium Exchange 以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。Reject incoming messages from non-Exchange servers.
ピックアップ ディレクトリと再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。Reject message submissions from the Pickup directory and the Replay directory.
メッセージの再送信は一時停止します。Message resubmission is paused.
シャドウ冗長はメッセージを拒否します。Shadow Redundancy rejects messages.
UsedDiskSpace (メッセージ キュー データベース トランザクション ログ)UsedDiskSpace (message queue database transaction logs) High 中レベルの使用率ですべての処理が実行されます。All actions taken at the medium utilization level.
他の Exchange サーバーからの受信メッセージを拒否します。Reject incoming messages from other Exchange servers.
メールボックス サーバーの Microsoft Exchange メールボックス トランスポート発信サービスによる、メールボックス データベースからのメッセージ送信を拒否します。Reject message submissions from mailbox databases by the Microsoft Exchange Mailbox Transport Submission service on Mailbox servers.
UsedDiskSpace (コンテンツ変換)UsedDiskSpace (content conversion) Medium Exchange 以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。Reject incoming messages from non-Exchange servers.
ピックアップ ディレクトリと再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。Reject message submissions from the Pickup directory and the Replay directory.
UsedDiskSpace (コンテンツ変換)UsedDiskSpace (content conversion) High 中レベルの使用率ですべての処理が実行されます。All actions taken at the medium utilization level.
他の Exchange サーバーからの受信メッセージを拒否します。Reject incoming messages from other Exchange servers.
メールボックス サーバーの Microsoft Exchange メールボックス トランスポート発信サービスによる、メールボックス データベースからのメッセージ送信を拒否します。Reject message submissions from mailbox databases by the Microsoft Exchange Mailbox Transport Submission service on Mailbox servers.
UsedVersionBucketsUsedVersionBuckets Medium 受信メッセージへのタールピット遅延が導入されるか、増加します。バージョン バケット全体の履歴の深さが通常レベルに達しない場合は、次の処理を実行します。Introduce or increment the tarpitting delay to incoming messages. If normal level isn't reached for the entire version bucket history depth, take the following actions:
• Exchange 以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。• Reject incoming messages from non-Exchange servers.
•ピックアップディレクトリおよび再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。• Reject message submissions from the Pickup directory and the Replay directory.
UsedVersionBucketsUsedVersionBuckets High 中レベルの使用率ですべての処理が実行されます。All actions taken at the medium utilization level.
他の Exchange サーバーからの受信メッセージを拒否します。Reject incoming messages from other Exchange servers.
メールボックス サーバーの Microsoft Exchange メールボックス トランスポート発信サービスによる、メールボックス データベースからのメッセージ送信を拒否します。Reject message submissions from mailbox databases by the Microsoft Exchange Mailbox Transport Submission service on Mailbox servers.
送信メッセージの処理を停止します。Stop processing outgoing messages.
リモート配信を一時停止します。Remote delivery is paused.

バック プレッシャのリソースしきい値と使用率レベルの表示View back pressure resource thresholds and utilization levels

Exchange 管理シェル で Get-ExchangeDiagnosticInfo コマンドレットを使用すると、監視対象のリソース、および現在の使用率レベルを表示できます。You can use the Get-ExchangeDiagnosticInfo cmdlet in the Exchange Management Shell to view the resources that are being monitored, and the current utilization levels. オンプレミスの Exchange 組織で Exchange 管理シェルを開く方法については、「 Open the Exchange Management Shell」をご覧ください。To learn how to open the Exchange Management Shell in your on-premises Exchange organization, see Open the Exchange Management Shell.

Exchange サーバーのバック プレッシャ設定を表示するには、次のコマンドを実行します。To view the back pressure settings on an Exchange server, run the following command:

[xml]$bp=Get-ExchangeDiagnosticInfo [-Server <ServerIdentity> ] -Process EdgeTransport -Component ResourceThrottling; $bp.Diagnostics.Components.ResourceThrottling.ResourceTracker.ResourceMeter

ローカルサーバーの値を表示するには、 _server_パラメーターを省略できます。To see the values on the local server, you can omit the Server parameter.

EdgeTransport.exe.config ファイルのバック プレッシャ構成設定Back pressure configuration settings in the EdgeTransport.exe.config file

バックプレッシャーのすべての構成オプションは、 %ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.config XML アプリケーション構成ファイルで実行されます。All configuration options for back pressure are done in the %ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.config XML application configuration file. ただし、少数の設定はファイルに既定で存在します。However, few of the settings exist in the file by default.

注意事項

これらの設定は、既定値の参照用としてのみ表示されます。EdgeTransport.exe.config ファイルのバック プレッシャの設定は変更しないことを強くお勧めします。これらの設定を変更すると、パフォーマンスの低下やデータの損失が発生する可能性があります。発生するバック プレッシャ イベントは、すべて根本原因を調べて修正することをお勧めします。These settings are listed only as a reference for the default values. We strongly discourage any modifications to the back pressure settings in the EdgeTransport.exe.config file. Modifications to these settings might result in poor performance or data loss. We recommend that you investigate and correct the root cause of any back pressure events that you may encounter.

バック プレッシャの全般的な設定General back pressure settings

キーの名前Key name 既定値Default value
ResourceMeteringIntervalResourceMeteringInterval 00:00:02 (2 秒)00:00:02 (2 seconds)
DehydrateMessagesUnderMemoryPressureDehydrateMessagesUnderMemoryPressure truetrue

DatabaseUsedSpace の設定DatabaseUsedSpace settings

キー名Key name 既定値 (%)Default value (%)
Databaseused 容量 LowToMediumDatabaseUsedSpace.LowToMedium 9696
Databaseused MediumToHighDatabaseUsedSpace.MediumToHigh 9999
Databaseused Space. HighToMediumDatabaseUsedSpace.HighToMedium 9797
Databaseused MediumToLowDatabaseUsedSpace.MediumToLow 9494

PrivateBytes の設定PrivateBytes settings

キー名Key name 既定値 (%)Default value (%)
PrivateBytes. LowToMediumPrivateBytes.LowToMedium 7272
PrivateBytes. MediumToHighPrivateBytes.MediumToHigh 7575
PrivateBytes. HighToMediumPrivateBytes.HighToMedium 7373
PrivateBytes. MediumToLowPrivateBytes.MediumToLow 7171
Privatebyteshistory の深さPrivateBytesHistoryDepth 3130

QueueLength [SubmissionQueue] の設定QueueLength[SubmissionQueue] settings

キーの名前Key name 既定値Default value
QueueLength [提出キュー]。LowToMediumQueueLength[SubmissionQueue].LowToMedium 99999999
QueueLength [提出キュー]。MediumToHighQueueLength[SubmissionQueue].MediumToHigh 1500015000
QueueLength [提出キュー]。HighToMediumQueueLength[SubmissionQueue].HighToMedium 1000010000
QueueLength [提出キュー]。MediumToLowQueueLength[SubmissionQueue].MediumToLow 20002000
提出キューの履歴の深さSubmissionQueueHistoryDepth 300 (10 分後)300 (after 10 minutes)

SystemMemory の設定SystemMemory settings

キー名Key name 既定値 (%)Default value (%)
SystemMemory. LowToMediumSystemMemory.LowToMedium 8888
SystemMemorySystemMemory.MediumToHigh 9494
SystemMemory. HighToMediumSystemMemory.HighToMedium 8989
SystemMemorySystemMemory.MediumToLow 8484

UsedDiskSpace 設定 (メッセージ キュー データベース トランザクション ログ)UsedDiskSpace settings (message queue database transaction logs)

キー名Key name 既定値 (%)Default value (%)
Used ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% TransportRoles \ データ \ キュー]。LowToMediumUsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Queue].LowToMedium 8989
Used ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% TransportRoles \ データ \ キュー]。MediumToHighUsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Queue].MediumToHigh 9999
Used ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% TransportRoles \ データ \ キュー]。HighToMediumUsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Queue].HighToMedium 9090
Used ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% TransportRoles \ データ \ キュー]。MediumToLowUsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Queue].MediumToLow 8080

注意

のみUsedDiskSpaceを含む値 (例: UsedDiskSpace.MediumToHigh) は、メッセージキューデータベーストランザクションログとコンテンツ変換に適用されます。Values that contain only UsedDiskSpace (for example, UsedDiskSpace.MediumToHigh) apply to the message queue database transaction logs and to content conversion.

UsedDiskSpace の設定 (コンテンツ変換)UsedDiskSpace settings (content conversion)

キー名Key name 既定値 (%)Default value (%)
Used ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% TransportRoles/データ]。LowToMediumUsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data].LowToMedium 8989
Used ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% TransportRoles/データ]。MediumToHighUsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data].MediumToHigh 9999
Used ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% TransportRoles/データ]。HighToMediumUsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data].HighToMedium 9090
Used ディスク容量 [% ExchangeInstallPath% TransportRoles/データ]。MediumToLowUsedDiskSpace[%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data].MediumToLow 8080
一時 StoragepathTemporaryStoragePath %ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Temp

UsedVersionBuckets の設定UsedVersionBuckets settings

キーの名前Key name 既定値Default value
Used VersionバケツUsedVersionBuckets.LowToMedium 999999
MediumToHighUsedVersionBuckets.MediumToHigh 15001500
[Used Version] HighToMediumUsedVersionBuckets.HighToMedium 10001000
MediumToLowUsedVersionBuckets.MediumToLow 800800
VersionBucketsHistoryDepthVersionBucketsHistoryDepth 10 10

バック プレッシャのログ情報Back pressure logging information

次の一覧は、Exchange の特定のバック プレッシャ イベントによって生成されるイベント ログ エントリに関する説明です。The following list describes the event log entries that are generated by specific back pressure events in Exchange:

  • リソース使用率レベルが増加した場合のイベント ログ エントリEvent log entry for an increase in any resource utilization level

    イベントの種類: エラーEvent Type: Error

    イベント ソース: MSExchangeTransportEvent Source: MSExchangeTransport

    イベント カテゴリ: リソース マネージャーEvent Category: Resource Manager

    イベント ID: 15004Event ID: 15004

    説明: リソースの圧迫が_ <以前の使用> 率レベルから <現在>の使用率レベル_に増加しました。Description: Resource pressure increased from <Previous Utilization Level> to <Current Utilization Level>.

  • リソース使用率レベルが減少した場合のイベント ログ エントリEvent log entry for a decrease in any resource utilization level

    イベントの種類: 情報Event Type: Information

    イベント ソース: MSExchangeTransportEvent Source: MSExchangeTransport

    イベント カテゴリ: リソース マネージャーEvent Category: Resource Manager

    イベント ID: 15005Event ID: 15005

    説明: リソースの圧迫が_ <以前の使用>率レベル_から_ <現在>の使用率レベル_に減少しています。Description: Resource pressure decreased from <Previous Utilization Level> to <Current Utilization Level>.

  • 利用可能なディスク領域が著しく不足した場合のイベント ログ エントリEvent log entry for critically low available disk space

    イベントの種類: エラーEvent Type: Error

    イベント ソース: MSExchangeTransportEvent Source: MSExchangeTransport

    イベント カテゴリ: リソース マネージャーEvent Category: Resource Manager

    イベント ID: 15006Event ID: 15006

    説明: Microsoft Exchange Transport サービスは、利用可能なディスク領域が構成されたしきい値を下回るため、メッセージを拒否しています。運用を続けるには、サービスの空きディスク領域を増やすための管理操作が必要な場合があります。Description: The Microsoft Exchange Transport service is rejecting messages because available disk space is below the configured threshold. Administrative action may be required to free disk space for the service to continue operations.

  • 利用可能なメモリが著しく不足した場合のイベント ログ エントリEvent log entry for critically low available memory

    イベントの種類: エラーEvent Type: Error

    イベント ソース: MSExchangeTransportEvent Source: MSExchangeTransport

    イベント カテゴリ: リソース マネージャーEvent Category: Resource Manager

    イベント ID: 15007Event ID: 15007

    説明 : Microsoft Exchange Transport サービスが、構成されているしきい値を超えるメモリ量を消費し続けているため、このサービスはメッセージの送信を拒否しています。これにより、通常の運用を続けるには、このサービスを再起動する必要がある場合があります。Description: The Microsoft Exchange Transport service is rejecting message submissions because the service continues to consume more memory than the configured threshold. This may require that this service be restarted to continue normal operation.