Exchange Server の Active Directory とドメインを準備するPrepare Active Directory and domains for Exchange Server

Exchange では Active Directory を使用して、メールボックスに関する情報と組織内の Exchange サーバーの構成を格納します。(組織に以前のバージョンの Exchange がインストールされている場合でも) Exchange Server 2016 または Exchange Server 2019 をインストールする前に、Exchange の新しいバージョン用に Active Directory フォレストとそのドメインを準備する必要があります。これを行うには次の 2 つの方法があります。Exchange uses Active Directory to store information about mailboxes and the configuration of Exchange servers in the organization. Before you install Exchange Server 2016 or Exchange Server 2019 (even if you have earlier versions of Exchange installed in your organization), you need to prepare your Active Directory forest and its domains for the new version of Exchange. There are two ways to do this:

  • Exchange セットアップ ウィザードを使用して準備する: 規模の大きい Active Directory が展開されておらず、Active Directory を管理する独立したチームが存在しない場合は、セットアップ ウィザードを使用することをお勧めします。使用するアカウントは Schema Admins と Enterprise Admins の両方のセキュリティ グループのメンバーである必要があります。セットアップ ウィザードを使用する方法の詳細については、「セットアップ ウィザードを使用して Exchange メールボックス サーバーをインストールする」を参照してください。Let the Exchange Setup wizard do it for you: If you don't have a large Active Directory deployment, and you don't have a separate team that manages Active Directory, we recommend using the Setup wizard. Your account needs to be a member of both the Schema Admins and Enterprise Admins security groups. For more information about how to use the Setup wizard, check out Install Exchange Mailbox servers using the Setup wizard.

  • このトピックの手順に従って実行する: 規模の大きい Active Directory を展開しているか、または独立したチームが Active Directory を管理している場合、このトピックが役立ちます。このトピックの手順に従えば、それぞれの準備の段階で非常に制御を行いやすくなります。だれがそれぞれの手順を実行できるかについても示されています。たとえば、Exchange の管理者には、Active Directory スキーマを拡張するために必要なアクセス許可がない場合があります。Follow the steps in this topic: If you have a large Active Directory deployment, or if a separate team manages Active Directory, this topic is for you. Following the steps in this topic gives you much more control over each stage of preparation, and who can do each step. For example, Exchange administrators might not have the required permissions to extend the Active Directory schema.

Exchange で Active Directory に追加された新しいスキーマ クラスとスキーマ属性 (累積的な更新プログラム (CU) によって作成されたものも含む) の詳細については、「Exchange Server の Active Directory スキーマの変更点」を参照してください。For details on new schema classes and attributes that Exchange adds to Active Directory, including those made by Cumulative Updates (CUs), see Active Directory schema changes in Exchange Server.

Exchange 用に Active Directory を準備しているときの状況については、「Exchange インストール時の Active Directory の変更点」を参照してください。For details about what's happening when Active Directory is being prepared for Exchange, see What changes in Active Directory when Exchange is installed?.

Active Directory フォレストまたはドメインについてご存知ない場合は、「Active Directory Domain Services の概要」を参照してください。If you aren't familiar with Active Directory forests or domains, check out Active Directory Domain Services Overview.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間: 10 ~ 15 分またはそれ以上 (Active Directory レプリケーションを含みません) で、組織の規模や子ドメインの数によって変わります。Estimated time to complete: 10-15 minutes or more (not including Active Directory replication), depending on organization size and the number of child domains.

  • これらの手順を実行するために使用するコンピューターは、Exchange のシステム必要条件を満たしている必要があります。The computer that you use for these procedures needs to meet the system requirements for Exchange.

  • Active Directory が Exchange の要件を満たしていることを確認します。Verify that your Active Directory meets the requirements for Exchange:

  • 組織に複数の Active Directory ドメインが存在している場合、以下のアプローチを行うようお勧めします。If your organization has multiple Active Directory domains, we recommend the following approach:

    • すべてのドメインの Active Directory サーバーが存在する Active Directory サイトでこれらの手順を実行します。Do these procedures in an Active Directory site that contains an Active Directory server from every domain.

    • すべてのドメインの書き込み可能なグローバル カタログ サーバーが存在する Active Directory サイトに、最初の Exchange サーバーをインストールします。Install the first Exchange server in an Active Directory site that contains a writeable global catalog server from every domain.

  • このトピックのすべての手順を実行するコンピューターで、Exchange インストール ファイルの Setup.exe にアクセスする必要があります。The computer that you use for all procedures in this topic requires access to Setup.exe in the Exchange installation files:

    1. Exchange の最新バージョンをダウンロードします。詳細については、「Exchange Server の更新プログラム」を参照してください。Download the latest version of Exchange. For more information, see Updates for Exchange Server.

    2. エクスプローラーで、ダウンロードした Exchange ISO イメージ ファイルを右クリックし、[マウント] を選択します。割り当てられる仮想 DVD ドライブ文字をメモに取ります。In File Explorer, right-click on the Exchange ISO image file that you downloaded, and then select Mount. Note the virtual DVD drive letter that's assigned.

    3. Windows コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。たとえば、次のような操作を行います。Open a Windows Command Prompt window. For example:

    • Windows キーを押しながら R キーを押して、[実行] ダイアログを開き、「cmd.exe」と入力します。その後、[OK] を押します。Press the Windows key + 'R' to open the Run dialog, type cmd.exe, and then press OK.

    • [開始] を押します。[検索] ボックスに「Command Prompt」と入力し、その結果表示されるリストで [コマンド プロンプト] を選択します。Press Start. In the Search box, type Command Prompt, then in the list of results, select Command Prompt.

ヒント

問題がある場合は、Exchange のフォーラムで質問してください。次のフォーラム、Exchange Server にアクセスしてください。Having problems? Ask for help in the Exchange forums. Visit the forums at: Exchange Server.

手順 1. Active Directory スキーマを拡張するStep 1: Extend the Active Directory schema

ヒント

Active Directory スキーマを管理する独立したチームを持たない場合、この手順を省略して直接「手順 2: Active Directory を準備する」に進むことができます。この手順でスキーマを拡張しない場合は、手順 2 の /PrepareAd コマンドによってスキーマが自動的に拡張されます。この手順を省略すると、この手順の要件も手順 2 に適用されます。If you don't have a separate team that manages your Active Directory schema, you can skip this step and go directly to Step 2: Prepare Active Directory. If you don't extend the schema in this step, the /PrepareAd command in Step 2 will automatically extend the schema for you. If you skip this step, the requirements will also apply to Step 2.

Exchange の Active Directory スキーマを拡張する場合は、次の要件が適用されます。When you extend the Active Directory schema for Exchange, the following requirements apply:

  • 使用するアカウントは、Schema Admins および Enterprise Admins のセキュリティ グループのメンバーである必要があります。複数の Active Directory フォレストがある場合は、正しいフォレストにログインしていることを確認してください。Your account needs to be a member of the Schema Admins and Enterprise Admins security groups. If you have multiple Active Directory forests, make sure you're logged into the right one.

  • 使用するコンピューターは、スキーマ マスターと同じ Active Directory ドメインおよびサイトのメンバーである必要があります。The computer needs to be a member of the same Active Directory domain and site as the schema master.

  • /DomainController:<DomainControllerFQDN> スイッチを使用する場合は、スキーマ マスターであるドメイン コントローラーを指定する必要があります。If you use the /DomainController:<DomainControllerFQDN> switch, you need to specify the domain controller that's the schema master.

  • Exchange のスキーマの拡張をサポートしているのは、/PrepareSchema/PrepareAD を指定して Setup.exe を使用する方法か Exchange セットアップ ウィザードを使用する方法だけです。スキーマを拡張するその他の方法はサポートされていません。The only supported way to extend the schema for Exchange is to use Setup.exe with /PrepareSchema, /PrepareAD, or the Exchange Setup wizard. Other ways of extending the schema aren't supported.

Exchange のスキーマを拡張するには、Windows コマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを実行します。To extend the schema for Exchange, run the following command in a Windows Command Prompt window:

<Virtual DVD drive letter>:\Setup.exe /IAcceptExchangeServerLicenseTerms /PrepareSchema

たとえば、ドライブ E: で Exchange インストール ファイルを使用できる場合は、次のコマンドを実行します。For example, if the Exchange installation files are available on drive E:, run the following command:

E:\Setup.exe /IAcceptExchangeServerLicenseTerms /PrepareSchema

セットアップでスキーマの拡張が終了したら、Active Directory が変更をすべてのドメイン コントローラーにレプリケートするまで待機する必要があります。レプリケートが完了したら次の手順に進みます。レプリケートの進行状況を確認する場合は、Windows Server の repadmin ツールを使用することができます。repadmin ツールの使用方法の詳細については、「Repadmin」を参照してください。After Setup finishes extending the schema, you'll need to wait while Active Directory replicates the changes to all of your domain controllers before you proceed. To check the progress of the replication, you can use the repadmin tool in Windows Server. For more information about how to use the repadmin tool, see Repadmin.

手順 2: Active Directory を準備するStep 2: Prepare Active Directory

Active Directory スキーマを拡張したら、Exchange の Active Directory の他の部分の準備を進めることができます。この手順の間、Exchange は、情報の格納に使用する Active Directory にコンテナー、オブジェクト、その他のアイテムを作成します。Exchange のコンテナー、オブジェクト、属性などを総称して「Exchange 組織」と呼びます。After the Active Directory schema has been extended, you can prepare other parts of Active Directory for Exchange. During this step, Exchange will create containers, objects, and other items in Active Directory to store information. The collection of the Exchange containers, objects, attributes, and so on, is called the Exchange organization.

Exchange の Active Directory を準備する場合は、次の要件が適用されます。When you prepare Active Directory for Exchange, the following requirements apply:

  • 使用するアカウントは Enterprise Admins セキュリティ グループのメンバーである必要があります。/PrepareAD コマンドでスキーマを拡張するために手順 1 を省略した場合は、使用するアカウントを Schema Admins セキュリティ グループのメンバーにする必要があります。Your account needs to be a member of the Enterprise Admins security group. If you skipped Step 1 because you want the /PrepareAD command to extend the schema, the account also needs to be a member of the Schema Admins security group.

  • コンピューターは、スキーマ マスターと同じ Active Directory ドメインおよびサイトのメンバーである必要があります。また、TCP ポート 389 上でフォレストのすべてのドメインと通信できる必要があります。The computer needs to be needs to be a member of the same Active Directory domain and site as the schema master, and must be able to contact all of the domains in the forest on TCP port 389.

  • Active Directory が手順 1 のスキーマの変更をすべてのドメイン コントローラーにレプリケートするまで待機します。レプリケートが完了したら、Active Directory を準備します。Wait until Active Directory has finished replicating the schema changes from Step 1 to all domain controllers before you try to prepare Active Directory.

  • Exchange 組織の名前を選択する必要があります。組織名は Exchange 内部で使用され、通常はユーザーに表示されません。Exchange の機能に影響することも、電子メール アドレスに何を使用できるかに影響を与えることもありません。You need to select a name for the Exchange organization. The organization name is used internally by Exchange, isn't typically seen by users, doesn't affect the functionality of Exchange, and doesn't determine what you can use for email addresses.

    • 組織名の長さは 64 文字以下で、空白にすることはできません。The organization name can't contain more than 64 characters, and can't be blank.

    • 有効な文字は A - Z、a - z、0 - 9、ハイフンまたはダッシュ (-)、スペースですが、先頭または末尾にスペースは使用できません。Valid characters are A to Z, a to z, 0 to 9, hyphen or dash (-), and space, but leading or trailing spaces aren't allowed.

    • 組織の名前は、設定後に変更することはできません。You can't change the organization name after it's set.

Exchange の Active Directory を準備するには、Windows コマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを実行します。To prepare Active Directory for Exchange, run the following command in a Windows Command Prompt window:

<Virtual DVD drive letter>:\Setup.exe /IAcceptExchangeServerLicenseTerms /PrepareAD  /OrganizationName:"<Organization name>"

この例では、ドライブ E: の Exchange インストール ファイルを使用し、Exchange 組織名を「Contoso Corporation」という名前にしています。This example uses the Exchange installation files on drive E: and names the Exchange organization "Contoso Corporation".

E:\Setup.exe /IAcceptExchangeServerLicenseTerms /PrepareAD /OrganizationName:"Contoso Corporation"

重要

オンプレミスの組織と Exchange Online の間でハイブリッド展開を構成した場合は、/TenantOrganizationConfig スイッチをコマンドに追加します。If you have a hybrid deployment configured between your on-premises organization and Exchange Online, add the /TenantOrganizationConfig switch to the command.

手順 1 と同様、Active Directory がこの手順の変更をすべてのドメイン コントローラーにレプリケートするまで待機する必要があります。レプリケートが完了したら次の手順に進みます。また、repadmin ツールを使用すれば、レプリケーションの進行状況を確認することができます。As in Step 1, you'll need to wait while Active Directory replicates the changes from this step to all of your domain controllers before you proceed, and you can use the repadmin tool to check the progress of the replication.

手順 3: Active Directory ドメインを準備するStep 3: Prepare Active Directory domains

ヒント

ドメインが 1 つだけの場合は、手順 2 の /PrepareAD コマンドで既にドメインを準備してあるため、この手順を省略することができます。If you have only one domain, you can skip this step because the /PrepareAD command in Step 2 has already prepared the domain for you.

最後の手順は、Exchange サーバーがインストールされる、またはメールが有効なユーザーを配置する Active Directory ドメインを準備することです。この手順では、追加のコンテナーおよびセキュリティ グループを作成し、Exchange がそれらにアクセスできるようにアクセス許可を設定します。The final step is to prepare the Active Directory domain where Exchange servers will be installed or where mail-enabled users will be located. This step creates additional containers and security groups, and sets the permissions so Exchange can access them.

Active Directory フォレストに複数のドメインがある場合、ドメインを準備する方法には次のような選択肢があります。If you have multiple domains in your Active Directory forest, you have the following choices in how to prepare them:

  • Active Directory フォレスト内のすべてのドメインを準備Prepare all domains in the Active Directory forest

  • 準備する Active Directory ドメインを選択Choose the Active Directory domains to prepare

選択した方法に関係なく、Active Directory が手順 2 の変更をすべてのドメイン コントローラーにレプリケートし終わるまで待機します。レプリケートが完了したら次の手順に進みます。そうしないと、ドメインの準備の際にエラーが発生する可能性があります。Regardless of the method you choose, wait until Active Directory has finished replicating the changes from Step 2 to all domain controllers before you proceed. Otherwise, you might get an error when you try to prepare the domains.

Active Directory フォレスト内のすべてのドメインを準備Prepare all domains in the Active Directory forest

Exchange の Active Directory フォレスト内のすべてのドメインを準備する場合、アカウントは Enterprise Admins セキュリティ グループのメンバーである必要があります。When you prepare all domains in the Active Directory forest for Exchange, your account needs to be a member of the Enterprise Admins security group.

Active Directory フォレスト内のすべてのドメインを準備するには、Windows コマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを実行します。To prepare all domains in your Active Directory forest, run the following command in a Windows Command Prompt window:

<Virtual DVD drive letter>:\Setup.exe /IAcceptExchangeServerLicenseTerms /PrepareAllDomains

たとえば、ドライブ E: で Exchange インストール ファイルを使用できる場合は、次のコマンドを実行します。For example, if the Exchange installation files are available on drive E:, run the following command:

E:\Setup.exe /IAcceptExchangeServerLicenseTerms /PrepareAllDomains

準備する Active Directory ドメインを選択Choose the Active Directory domains to prepare

ヒント

手順 2 で /PrepareAD コマンドを実行したドメインの場合は、/PrepareAD によってドメインが自動的に準備されているため、この手順を行う必要はありません。You don't need to do this step in the domain where you ran the /PrepareAD command in Step 2, because the /PrepareAD command has automatically prepared that domain for you.

Active Directory フォレスト内の特定のドメインを準備する場合は、次の要件が適用されます。When you prepare specific domains in your Active Directory forest, the following requirements apply:

  • Exchange サーバーがインストールされるすべてのドメインを準備する必要があります。You need to prepare every domain where an Exchange server will be installed.

  • 電子メールが有効なユーザーを含むドメインはすべて、Exchange サーバーが含まれていなくても、準備する必要があります。You need to prepare any domain that will contain mail-enabled users, even if the domain won't contain any Exchange servers.

  • 使用するアカウントは、準備するドメインの Domain Admins グループのメンバーである必要があります。Your account needs to be a member of the Domain Admins group in the domain that you want to prepare.

  • 手順 2 で /PrepareAD を実行したに、準備するドメインを作成した場合、アカウントは Exchange の Organization Management 役割グループのメンバーである必要があります。If the domain that you want to prepare was created after you ran /PrepareAD in Step 2, your account also needs to be a member of the Organization Management role group in Exchange.

Active Directory フォレスト内の特定のドメインを準備するには、Windows コマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを実行します。To a prepare a specific domain in your Active Directory forest, run the following command in a Windows Command Prompt window:

<Virtual DVD drive letter>:\Setup.exe /IAcceptExchangeServerLicenseTerms /PrepareDomain[:<DomainFQDN>]

:Notes:

  • コンピューターが、準備するドメインのメンバーである場合は、/PrepareDomain スイッチを単独で使用できます。それ以外の場合は、ドメインの FQDN を指定する必要があります。If the computer is a member of the domain that you want to prepare, you can use the /PrepareDomain switch by itself. Otherwise, you need to specify the FQDN of the domain.

  • Exchange サーバーをインストールする、または電子メールが有効なユーザーを配置する各 Active Directory ドメインに対して上記コマンドを実行する必要があります。You need to run this command for each Active Directory domain where you'll install an Exchange server or where mail-enabled users will be located.

この例では、ドライブ E: の Exchange インストール ファイルを使用して engineering.corp.contoso.com ドメインを準備します。This example uses the Exchange installation files on drive E: to prepare the engineering.corp.contoso.com domain:

E:\Setup.exe /IAcceptExchangeServerLicenseTerms /PrepareDomain:engineering.corp.contoso.com

以下も同じ例ですが、この場合は、engineering.corp.contoso.com ドメインのメンバーであるコンピューターで実行されます。This is the same example, but run on a computer that's a member of the engineering.corp.contoso.com domain:

E:\Setup.exe /IAcceptExchangeServerLicenseTerms /PrepareDomain

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

Exchange の Active Directory とドメインが正常に準備されたかどうかを確認するには、次のいずれかの手順を実行します。To verify that you successfully prepared Active Directory and domains for Exchange, use any of the following steps:

  • ADSI エディターと次のセクションの表の情報を使用して、インストールする Exchange のリリースに対して、指定したオブジェクトの正しい値が設定されていることを確認します。ADSI エディターの詳細については、「ADSI エディター (adsiedit.msc)」を参照してください。Use ADSI Edit and the information from the tables in the next section to verify that the specified objects have the correct values for the release of Exchange that you're installing. To learn more about ADSI Edit, see ADSI Edit (adsiedit.msc).

注意事項

Microsoft カスタマー サービス & サポートからの指示がない限り、ADSI エディターで値は変更しないでください。ADSI エディターで値を変更すると、Exchange 組織および Active Directory に復旧困難な障害が発生する恐れがあります。Never change values in ADSI Edit unless you're told to do so by Microsoft Customer Service and Support. Changing values in ADSI Edit can cause irreparable damage to your Exchange organization and Active Directory.

  • Exchange のセットアップ ログをチェックして、Active Directory の準備が正常に完了していることを確認します。詳細については、「Exchange のインストールの確認」を参照してください。Active Directory サイトに少なくとも 1 つの Exchange メールボックス サーバーをインストールするまで、トピックに記載されている Get-ExchangeServer コマンドレットを使用することはできません。Check the Exchange setup log to verify that Active Directory preparation has completed successfully. For more information, see Verify an Exchange installation. Note that you can't use the Get-ExchangeServer cmdlet as described in the topic until you've completed the installation of at least one Exchange Mailbox server in an Active Directory site.

Exchange Active Directory のバージョンExchange Active Directory versions

次のセクションの表には、新しいバージョンの Exchange のインストール (新規インストールまたは CU) のたびに更新される Active Directory の Exchange オブジェクトが示されています。表示されるオブジェクトのバージョンを以下の表の値と比較することにより、Exchange がインストール中に Active Directory を正常に更新したかどうかを確認できます。The tables in the following sections contain the Exchange objects in Active Directory that are updated each time you install a new version of Exchange (a new installation or a CU). You can compare the object versions you see with the values in the tables to verify that Exchange successfully updated Active Directory during the installation.

  • rangeUpperms-Exch-Schema-Version-Pt コンテナーのプロパティの Schema 名前付けコンテキスト内にあります。rangeUpper is located in the Schema naming context in the properties of the ms-Exch-Schema-Version-Pt container.

  • objectVersion (既定値)objectVersion 属性で、Microsoft Exchange System Objects コンテナーのプロパティの Default 名前付けコンテキスト内にあります。objectVersion (Default) is the objectVersion attribute located in the Default naming context in the properties of the Microsoft Exchange System Objects container.

  • objectVersion (構成)objectVersion 属性で、<Exchange 組織名> コンテナーのプロパティの Services > Microsoft ExchangeConfiguration 名前付けコンテキスト内にあります。objectVersion (Configuration) is the objectVersion attribute located in the Configuration naming context in Services > Microsoft Exchange in the properties of the <Your Exchange Organization Name> container.

Exchange 2019 Active Directory のバージョンExchange 2019 Active Directory versions

Exchange 2019 のバージョンExchange 2019 version rangeUpperrangeUpper objectVersion (既定値)objectVersion (Default) objectVersion (構成)objectVersion (Configuration)
Exchange 2019 CU3Exchange 2019 CU3 1700117001 1323713237 1675416754
Exchange 2019 CU2Exchange 2019 CU2 1700117001 1323713237 1675416754
Exchange 2019 CU1Exchange 2019 CU1 1700017000 1323613236 1675216752
Exchange 2019 RTMExchange 2019 RTM 1700017000 1323613236 1675116751
Exchange 2019 プレビューExchange 2019 Preview 1533215332 1323613236 1621316213

Exchange 2016 Active Directory のバージョンExchange 2016 Active Directory versions

Exchange 2016 のバージョンExchange 2016 version rangeUpperrangeUpper objectVersion (既定値)objectVersion (Default) objectVersion (構成)objectVersion (Configuration)
Exchange 2016 CU14Exchange 2016 CU14 1533215332 1323713237 1621716217
Exchange 2016 CU13Exchange 2016 CU13 1533215332 1323713237 1621716217
Exchange 2016 CU12Exchange 2016 CU12 1533215332 1323613236 1621516215
Exchange 2016 CU11Exchange 2016 CU11 1533215332 1323613236 1621416214
Exchange 2016 CU10Exchange 2016 CU10 1533215332 1323613236 1621316213
Exchange 2016 CU9Exchange 2016 CU9 1533215332 1323613236 1621316213
Exchange 2016 CU8Exchange 2016 CU8 1533215332 1323613236 1621316213
Exchange 2016 CU7Exchange 2016 CU7 1533215332 1323613236 1621316213
Exchange 2016 CU6Exchange 2016 CU6 1533015330 1323613236 1621316213
Exchange 2016 CU5Exchange 2016 CU5 1532615326 1323613236 1621316213
XExchange 2016 CU4 1532615326 1323613236 1621316213
X3Exchange 2016 CU3 1532615326 1323613236 1621216212
Exchange 2016 CU2Exchange 2016 CU2 1532515325 1323613236 1621216212
Exchange 2016 CU1Exchange 2016 CU1 1532315323 1323613236 1621116211
Exchange 2016 RTMExchange 2016 RTM 1531715317 1323613236 1621016210
Exchange 2016 PreviewExchange 2016 Preview 1531715317 1323613236 1604116041