Exchange Server の前提条件Exchange Server prerequisites

ヒント

Exchange 2013 の前提条件については、「Exchange 2013 の前提条件」を参照してください。Looking for Exchange 2013 prerequisites? See Exchange 2013 prerequisites.

このトピックでは、Exchange Server 2016 および Exchange Server 2019 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバーに必要な Windows Server オペレーティング システム前提条件のインストールの手順、および Windows クライアント コンピューターでの Exchange 管理ツールのインストールに必要な Windows 前提条件について説明します。This topic provides the steps for installing the necessary Windows Server operating system prerequisites for Exchange Server 2016 and Exchange Server 2019 Mailbox servers and Edge Transport servers, and also the Windows prerequisites for installing the Exchange Management Tools on Windows client computers.

Exchange Server の環境の準備が完了したら、実際の展開での次の手順に Exchange 展開アシスタントを使用します。ハイブリッド展開について詳しくは、「Exchange Server のハイブリッド展開」をご覧ください。After you've prepared your environment for Exchange Server, use the Exchange Deployment Assistant for the next steps in your actual deployment. For information on hybrid deployments, see Exchange Server Hybrid Deployments.

ヒント

Exchange Server 展開アシスタントについて聞いたことがありますか? これは、いくつかの質問を通して特別にカスタマイズされた展開チェックリストを作成することにより、組織への Exchange Server の迅速な展開を支援する無料のオンライン ツールです。この詳細については、「Microsoft Exchange Server 展開アシスタント」にアクセスしてください。Have you heard about the Exchange Server Deployment Assistant? It's a free online tool that helps you quickly deploy Exchange Server in your organization by asking you a few questions and creating a customized deployment checklist just for you. If you want to learn more about it, go to Microsoft Exchange Server Deployment Assistant.

Exchange 2016 と Exchange 2019 を実際にインストールするには、「Exchange の新規インストールの展開」を参照してください。To actually install Exchange 2016 and Exchange 2019, see Deploy new installations of Exchange.

はじめに把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • Active Directory が Exchange 2016 の要件を満たしていることを確認します: Exchange 2016 ネットワークおよびディレクトリ サーバーVerify that your Active Directory meets the requirements for Exchange 2016: Exchange 2016 Network and directory servers.

  • Exchange 2016 サーバーの役割または管理ツールを実行するすべてのサーバーで、Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 の完全インストール オプションを使用する必要があります。The full installation option of Windows Server 2012 and Windows Server 2012 R2 must be used for all servers running Exchange 2016 server roles or management tools.

  • 一部の前提条件では、インストールを完了するためにサーバーを再起動する必要があります。Some prerequisites require you to reboot the server to complete installation.

注意

サーバーに Exchange がインストールされているときに、Windows をあるバージョンから別のバージョンに、または Standard から Datacenter にアップグレードすることはできません。You can't upgrade Windows from one version to another, or from Standard to Datacenter, when Exchange is installed on the server.

注意

Exchange 2019 の新機能として、Exchange が Windows Server 2019 以降にインストールされている場合は、オペレーティング システムを新しいバージョンにアップグレードすることができます。New to Exchange 2019 is the ability to upgrade your operating system to a newer version while Exchange is installed on Windows Server 2019 or later.

  • コンピューターが適切な内部 Active Directory ドメインに参加していることを確認します。Verify the computer is joined to the appropriate internal Active Directory domain.

  • 最新の Windows 更新プログラムをコンピューターにインストールします。詳細については、「展開のセキュリティ チェックリスト」を参照してください。Install the latest Windows updates on your computer. For more information, see Deployment Security Checklist.

ヒント

問題がある場合は、Exchange のフォーラムで質問してください。Exchange Server のフォーラムにアクセスしてください。Having problems? Ask for help in the Exchange forums. Visit the forums at: Exchange Server.

Active Directory を準備するための Exchange 2019 前提条件Exchange 2019 prerequisites for preparing Active Directory

Exchange 2019 の Active Directory を準備するために、Active Directory ドメインの任意のメンバーを使用できます。You can use any member of the Active Directory domain to prepare Active Directory for Exchange 2019.

  1. コンピューターには以下のソフトウェアが必要です。The computer requires the following software:

    a. .NET Framework 4.7.2 以降a. .NET Framework 4.7.2 or later

    b. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージb. Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    注意

    • サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけます。• An overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions.
    Active Directory の準備に Exchange Setup を使用している場合は、Visual C++ 再頒布可能パッケージが必要です。• The Visual C++ Redistributable package is required if you're using the Exchange Setup Wizard to prepare Active Directory. Active Directory の準備にコマンド ラインによる無人セットアップを使用している場合は、このパッケージは必要ありません。If you're using unattended Setup from the command line to prepare Active Directory, this package isn't required. 詳細については、「Active Directory とドメインを準備する」を参照してください。For more information, see Prepare Active Directory and Domains.

  2. Windows PowerShell で次のコマンドを実行して、Remote Tools Administration Pack をインストールします。Install the Remote Tools Administration Pack by running the following command in Windows PowerShell:

    Install-WindowsFeature RSAT-ADDS
    

注意

Exchange セットアップ ウィザードを使用して Active Directory を準備するには、Exchange 管理ツールのロールをインストールする必要があります。Using the Exchange Setup Wizard to prepare Active Directory requires the installation of the Management Tools Exchange role.

Exchange 2019 のための Windows Server 2019 前提条件Windows Server 2019 prerequisites for Exchange 2019

Windows Server 2019 コンピューターに Exchange 2019 をインストールする場合の前提条件は、次のセクションで説明します。以下のいずれかの方法を使用して、Exchange 2019 の Windows 前提条件をインストールすることをお勧めします。The requirements to install Exchange 2019 on Windows Server 2019 computers are described in the following sections. We recommend either of the following methods to install the Windows prerequisites for Exchange 2019:

  • /InstallWindowsComponents スイッチを無人セットアップ モードで使用します。Use the /InstallWindowsComponents switch in unattended Setup mode.

  • Windows 前提条件をインストールするには、Exchange セットアップ ウィザードのチェック ボックスをオンにします。Select the check box in the Exchange Setup Wizard to install Windows prerequisites.

これらのオプションのいずれかを使用した場合は、Windows コンポーネントを追加した後、コンピューターを再起動する必要はありません。When you use one of these options, you don't need to restart the computer after the Windows components have been added.

Windows Server 2019 上の Exchange 2019 メールボックス サーバーExchange 2019 Mailbox servers on Windows Server 2019

  1. 以下のソフトウェアをインストールします。Install the following software:

    a. .NET Framework 4.7.2 以降a. .NET Framework 4.7.2 or later

    b. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージb. Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    c. Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージc. Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2013

    注意

    サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけますAn overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions

  2. 必要な Lync Server または Skype for Business Server コンポーネントを追加します。Add the required Lync Server or Skype for Business Server components:

    a. Windows PowerShell で次のコマンドを実行して、Server Media Foundation の Windows 機能をインストールします。a. Install the Server Media Foundation windows feature by executing the following command in Windows PowerShell:

    Install-WindowsFeature Server-Media-Foundation
    

    b. Unified Communications Managed API 4.0 をインストールします。このパッケージはダウンロードでき、Exchange Server メディアの \UCMARedist フォルダー内にもあります。b. Install Unified Communications Managed API 4.0. This package is available for download and in the \UCMARedist folder on the Exchange Server media.

    注意

    Windows Server Core にインストールする場合、配布メディアの \UCMARedist にあるインストール パッケージを使用する必要があります。When installing on Windows Server Core, you must use the installation package located in \UCMARedist on distributed media.

  3. Exchange セットアップを使用せずに、(ウィザードまたはコマンド ラインから) 必要な Windows コンポーネントをインストールする場合、Windows PowerShell で以下のいずれかのコマンドを実行します。If you aren't going to use Exchange Setup to install the required Windows components (in the wizard or from the command line), run the one of the following commands in Windows PowerShell:

    • デスクトップ エクスペリエンス:Desktop Experience:

      Install-WindowsFeature Server-Media-Foundation, NET-Framework-45-Features, RPC-over-HTTP-proxy, RSAT-Clustering, RSAT-Clustering-CmdInterface, RSAT-Clustering-Mgmt, RSAT-Clustering-PowerShell, WAS-Process-Model, Web-Asp-Net45, Web-Basic-Auth, Web-Client-Auth, Web-Digest-Auth, Web-Dir-Browsing, Web-Dyn-Compression, Web-Http-Errors, Web-Http-Logging, Web-Http-Redirect, Web-Http-Tracing, Web-ISAPI-Ext, Web-ISAPI-Filter, Web-Lgcy-Mgmt-Console, Web-Metabase, Web-Mgmt-Console, Web-Mgmt-Service, Web-Net-Ext45, Web-Request-Monitor, Web-Server, Web-Stat-Compression, Web-Static-Content, Web-Windows-Auth, Web-WMI, Windows-Identity-Foundation, RSAT-ADDS
      
    • Server Core:Server Core:

      Install-WindowsFeature Server-Media-Foundation, NET-Framework-45-Features, RPC-over-HTTP-proxy, RSAT-Clustering, RSAT-Clustering-CmdInterface, RSAT-Clustering-PowerShell, WAS-Process-Model, Web-Asp-Net45, Web-Basic-Auth, Web-Client-Auth, Web-Digest-Auth, Web-Dir-Browsing, Web-Dyn-Compression, Web-Http-Errors, Web-Http-Logging, Web-Http-Redirect, Web-Http-Tracing, Web-ISAPI-Ext, Web-ISAPI-Filter, Web-Metabase, Web-Mgmt-Service, Web-Net-Ext45, Web-Request-Monitor, Web-Server, Web-Stat-Compression, Web-Static-Content, Web-Windows-Auth, Web-WMI, RSAT-ADDS
      

Windows Server 2019 上の Exchange 2019 エッジ トランスポート サーバーExchange 2019 Edge Transport servers on Windows Server 2019

  1. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールしますInstall the Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    注意

    サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけます。An overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions.

  2. Exchange セットアップを使用せずに、(ウィザードまたはコマンド ラインから) 必要な Windows コンポーネントをインストールする場合、Windows PowerShell で以下のコマンドを実行します。If you aren't going to use Exchange Setup to install the required Windows components (in the wizard or from the command line), run the following command in Windows PowerShell:

    Install-WindowsFeature ADLDS
    

Exchange 2019 管理ツールの Windows 10 クライアント前提条件Windows 10 client prerequisites for the Exchange 2019 management tools

  1. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールしますInstall the Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    注意

    サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけます。An overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions.

  2. Exchange セットアップを使用せずに、(ウィザードまたはコマンド ラインから) 必要な Windows コンポーネントをインストールする場合、Windows PowerShell で以下のコマンドを実行します。If you aren't going to use Exchange Setup to install the required Windows components (in the wizard or from the command line), run the following command in Windows PowerShell:

    Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName IIS-ManagementScriptingTools,IIS-ManagementScriptingTools,IIS-IIS6ManagementCompatibility,IIS-LegacySnapIn,IIS-ManagementConsole,IIS-Metabase,IIS-WebServerManagementTools,IIS-WebServerRole
    

Active Directory を準備するための Exchange 2016 前提条件Exchange 2016 prerequisites for preparing Active Directory

Exchange 2016 の Active Directory を準備するために、Active Directory ドメインの任意のメンバーを使用できます。You can use any member of the Active Directory domain to prepare Active Directory for Exchange 2016.

  1. コンピューターには以下のソフトウェアが必要です。The computer requires the following software:

    a. .NET Framework 4.7.2 以降a. .NET Framework 4.7.2 or later

    b. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージb. Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    注意

    サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけます。An overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions.

  2. Windows PowerShell で次のコマンドを実行して、Remote Tools Administration Pack をインストールします。Install the Remote Tools Administration Pack by running the following command in Windows PowerShell:

    Install-WindowsFeature RSAT-ADDS
    

Remote Tools Administration Pack をインストールすると、Active Directory の準備にコンピューターを使用できるようになります。詳細については、「Active Directory とドメインを準備する」を参照してください。After you've installed the Remote Tools Administration Pack you can use the computer to prepare Active Directory. For more information, see Prepare Active Directory and domains.

Exchange 2016 のための Windows Server 2016 前提条件Windows Server 2016 prerequisites for Exchange 2016

Windows Server 2016 が実行されているコンピューターに Exchange 2016 をインストールするために必要な前提条件は、インストールする Exchange 役割によって異なります。インストールする役割に一致するセクションをお読みください。The prerequisites that are needed to install Exchange 2016 on computers running Windows Server 2016 depends on which Exchange role you want to install. Read the section below that matches the role you want to install.

重要

Windows Server 2016 では、Exchange 2016 の累進的な更新プログラム 3 以降が必要です。Windows Server 2016 requires Exchange 2016 Cumulative Update 3 or later.

Windows Server 2016 上の Exchange 2016 メールボックス サーバーExchange 2016 Mailbox servers on Windows Server 2016

  1. Windows PowerShell で次のコマンドを実行して、必要な Windows コンポーネントをインストールします。Run the following command in Windows PowerShell to install the required Windows components:

    Install-WindowsFeature NET-Framework-45-Features, Server-Media-Foundation, RPC-over-HTTP-proxy, RSAT-Clustering, RSAT-Clustering-CmdInterface, RSAT-Clustering-Mgmt, RSAT-Clustering-PowerShell, WAS-Process-Model, Web-Asp-Net45, Web-Basic-Auth, Web-Client-Auth, Web-Digest-Auth, Web-Dir-Browsing, Web-Dyn-Compression, Web-Http-Errors, Web-Http-Logging, Web-Http-Redirect, Web-Http-Tracing, Web-ISAPI-Ext, Web-ISAPI-Filter, Web-Lgcy-Mgmt-Console, Web-Metabase, Web-Mgmt-Console, Web-Mgmt-Service, Web-Net-Ext45, Web-Request-Monitor, Web-Server, Web-Stat-Compression, Web-Static-Content, Web-Windows-Auth, Web-WMI, Windows-Identity-Foundation, RSAT-ADDS
    
  2. 以下のソフトウェアを順にインストールします。Install the following software in order:

    a.a. .NET Framework 4.7.2 以降.NET Framework 4.7.2 or later

    b.b. マイクロソフト サポート技術情報の文書番号 KB3206632Microsoft Knowledge Base article KB3206632

    注意

    Windows Server 2016 バージョンが 14393.576 以前 (2016 年 12 月頃) の場合のみ、この更新プログラムをインストールできます。You can only install this update if your Windows Server 2016 version is 14393.576 or earlier (circa December, 2016). winver コマンドを実行すると、Windows Server のバージョンを確認できます。You can see your Windows Server version by running the winver command. Windows Server 2016 バージョンが 14393.576 より大きい場合、1 週間後にリリースされたこの更新プログラムまたはその代替 KB3213522 は必要ありません。If your Windows Server 2016 version is greater than 14393.576, you don't need this update or its replacement KB3213522, which was released one week later.

    Exchange 2016 セットアップでは、この更新プログラムのインストールが検索され、それがない場合は続行できません。また、必要な場合は明確に通知されます。Exchange 2016 Setup looks for the installation of this update, won't allow you to continue if this update is missing, and will clearly inform you if you need it.

    c. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージc. Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    d. Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージd. Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2013

    注意

    • サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけます。• An overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions.
    • メールボックスの役割のみ、Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージが必要です。• Only the Mailbox role requires the Visual C++ Redistributable Packages for Visual Studio 2013. その他の Exchange のインストール (管理ツールとエッジ トランスポート) で必要なのは Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージだけです。Only the Mailbox role requires the Visual C++ Redistributable Packages for Visual Studio 2013. Other Exchange installations (management tools and Edge Transport) only require the Visual C++ Redistributable Packages for Visual Studio 2012.

    e. Microsoft Unified Communications Managed API 4.0 コア ランタイム 64 ビットe. Microsoft Unified Communications Managed API 4.0, Core Runtime 64-bit

Windows Server 2016 上の Exchange 2016 エッジ トランスポート サーバーExchange 2016 Edge Transport servers on Windows Server 2016

  1. Windows PowerShell で次のコマンドを実行して、必要な Windows コンポーネントをインストールします。Run the following command in Windows PowerShell to install the required Windows components:

    Install-WindowsFeature ADLDS
    
  2. 以下のソフトウェアを順にインストールします。Install the following software in order:

    a. .NET Framework 4.7.2 以降a. .NET Framework 4.7.2 or later

    b. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージb. Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    注意

    サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけます。An overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions.

Exchange 2016 のための Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 の前提条件Windows Server 2012 and Windows Server 2012 R2 prerequisites for Exchange 2016

Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 コンピューター上の Exchange 2016 の前提条件は、インストールする Exchange の役割によって異なります。インストールする役割に一致する以下のセクションをお読みください。The prerequisites for Exchange 2016 on Windows Server 2012 or Windows Server 2012 R2 computers depend on the Exchange role that you're installing. Read the following section that matches the role you want to install.

Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 上の Exchange 2016 メールボックス サーバーExchange 2016 Mailbox servers on Windows Server 2012 or Windows Server 2012 R2

  1. Windows PowerShell で次のコマンドを実行して、必要な Windows コンポーネントをインストールします。Run the following command in Windows Powershell to install the required Windows components:

    Install-WindowsFeature AS-HTTP-Activation, Server-Media-Foundation, NET-Framework-45-Features, RPC-over-HTTP-proxy, RSAT-Clustering, RSAT-Clustering-CmdInterface, RSAT-Clustering-Mgmt, RSAT-Clustering-PowerShell, WAS-Process-Model, Web-Asp-Net45, Web-Basic-Auth, Web-Client-Auth, Web-Digest-Auth, Web-Dir-Browsing, Web-Dyn-Compression, Web-Http-Errors, Web-Http-Logging, Web-Http-Redirect, Web-Http-Tracing, Web-ISAPI-Ext, Web-ISAPI-Filter, Web-Lgcy-Mgmt-Console, Web-Metabase, Web-Mgmt-Console, Web-Mgmt-Service, Web-Net-Ext45, Web-Request-Monitor, Web-Server, Web-Stat-Compression, Web-Static-Content, Web-Windows-Auth, Web-WMI, Windows-Identity-Foundation, RSAT-ADDS
    
  2. 以下のソフトウェアを順にインストールします。Install the following software in order:

    a. .NET Framework 4.7.2 以降a. .NET Framework 4.7.2 or later

    b. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージb. Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    c. Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージc. Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2013

    注意

    • サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけます。• An overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions.
    • メールボックスの役割のみ、Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージが必要です。• Only the Mailbox role requires the Visual C++ Redistributable Packages for Visual Studio 2013. Exchange 管理ツールとエッジ トランスポート サーバーのインストールで必要なのは Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージだけです。Only the Mailbox role requires the Visual C++ Redistributable Packages for Visual Studio 2013. Installations of the Exchange management tools and Edge Transport servers only require the Visual C++ Redistributable Packages for Visual Studio 2012.

    d. Microsoft Unified Communications Managed API 4.0 コア ランタイム 64 ビットd. Microsoft Unified Communications Managed API 4.0, Core Runtime 64-bit

Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 上の Exchange 2016 エッジ トランスポート サーバーExchange 2016 Edge Transport servers on Windows Server 2012 or Windows Server 2012 R2

  1. Windows PowerShell で次のコマンドを実行して、必要な Windows コンポーネントをインストールします。Run the following command in Windows PowerShell to install the required Windows components:

    Install-WindowsFeature ADLDS
    
  2. 以下のソフトウェアを順にインストールします。Install the following software in order:

    a. .NET Framework 4.7.2 以降a. .NET Framework 4.7.2 or later

    b. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージb. Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    注意

    サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけます。An overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions.

Exchange 2016 管理ツールの Windows クライアント前提条件Windows client prerequisites for the Exchange 2016 management tools

Windows 10 上の Exchange 2016 管理ツールExchange 2016 management tools on Windows 10

  1. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールしますInstall Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    注意

    サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけます。An overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions.

  2. 管理者特権の Windows PowerShell ウィンドウ ([管理者として実行] を選択して開く Windows PowerShell ウィンドウ) で、次のコマンドを実行します。Run the following command in an elevated Windows PowerShell window (a Windows PowerShell window you open by selecting Run as administrator):

    Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName IIS-ManagementScriptingTools,IIS-ManagementScriptingTools,IIS-IIS6ManagementCompatibility,IIS-LegacySnapIn,IIS-ManagementConsole,IIS-Metabase,IIS-WebServerManagementTools,IIS-WebServerRole
    

Windows 8.1 上の Exchange 2016 管理ツールExchange 2016 management tools on Windows 8.1

  1. .NET Framework 4.7.2 以降をインストールする.NET Framework 4.7.2 or later

  2. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールするInstall Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

    注意

    サポートされている最新バージョンの概要は、「Visual C++ 再頒布可能バージョン」でご覧いただけます。An overview of the latest supported versions is available at: Visual C++ Redistributable versions.

  3. 管理者特権の Windows PowerShell ウィンドウ ([管理者として実行] を選択して開く Windows PowerShell ウィンドウ) で、次のコマンドを実行します。Run the following command in an elevated Windows PowerShell window (a Windows PowerShell window you open by selecting Run as administrator):

    Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName IIS-ManagementScriptingTools,IIS-ManagementScriptingTools,IIS-IIS6ManagementCompatibility,IIS-LegacySnapIn,IIS-ManagementConsole,IIS-Metabase,IIS-WebServerManagementTools,IIS-WebServerRole