Exchange Server のシステム要件Exchange Server system requirements

Exchange Server 2019 をインストールする前に、このトピックで説明する内容に目を通し、お使いのネットワーク、ハードウェア、ソフトウェア、クライアント、およびその他の要素が Exchange 2019 の要件を満たすことを確認することをお勧めします。また、Exchange 2019 と Exchange の以前のバージョンでサポートされる共存シナリオを理解しておくようにしてください。Before you install Exchange Server 2019, we recommend that you review this topic to ensure your network, hardware, software, clients, and other elements meet the requirements for Exchange 2019. Also, make sure you understand the coexistence scenarios that are supported for Exchange 2019 and earlier versions of Exchange.

Exchange 2019 を実際にインストールするには、「Exchange の新規インストールの展開」を参照してください。To actually install Exchange 2019, see Deploy new installations of Exchange.

サポートされている共存シナリオSupported coexistence scenarios

Exchange 2019 と以前のバージョンの Exchange 間でサポートされている共存シナリオを次の表に示します。The supported coexistence scenarios between Exchange 2019 and earlier versions of Exchange are described in the following table:

Exchange のバージョンExchange version Exchange 2019 の組織での共存Exchange 2019 organization coexistence
Exchange 2010 と以前のバージョンExchange 2010 and earlier versions サポートされていませんNot supported
Exchange 2013Exchange 2013 Exchange 2013 の累積的な更新プログラム 21 (CU21) 以降 (エッジ トランスポート サーバーなどの、組織内のすべての Exchange 2013 サーバー) でサポートされます。Supported with Exchange 2013 Cumulative Update 21 (CU21) or later on all Exchange 2013 servers in the organization, including Edge Transport servers.
Exchange 2016Exchange 2016 Exchange 2016 U11 以降 (エッジ トランスポート サーバーなどの、組織内のすべての Exchange 2016 サーバー) でサポートされます。Supported with Exchange 2016 CU11 or later on all Exchange 2016 servers in the organization, including Edge Transport servers.
Exchange 2013 と Exchange 2016 が混在する組織Mixed Exchange 2013 and Exchange 2016 organization 組織内のすべての Exchange 2013 および Exchange 2016 サーバーがこの表で前述した要件を満たす場合にサポートされます。Supported if all Exchange 2013 and Exchange 2016 servers in the organization meet the requirements as previously described in this table.

サポートされているハイブリッド展開シナリオSupported hybrid deployment scenarios

Exchange 2019 は、Office 365 の最新バージョンにアップグレードされた Office 365 テナントによるハイブリッド展開をサポートしています。具体的なハイブリッド展開の詳細については、「ハイブリッド展開の前提条件」を参照してください。Exchange 2019 supports hybrid deployments with Office 365 tenants that have been upgraded to the latest version of Office 365. For more information about specific hybrid deployments, see Hybrid deployment prerequisites.

ネットワークとディレクトリ サーバーNetwork and directory servers

Exchange 2019 組織内のネットワークとディレクトリ サーバーの要件については、次の表で説明します。The requirements for the network and the directory servers in your Exchange 2019 organization are described in the following table:

コンポーネントComponent 要件Requirement
ドメイン コントローラーDomain controllers フォレスト内のすべてのドメイン コントローラーは、次いずれかのバージョンの Windows サーバーを実行する必要があります。All domain controllers in the forest need to be running one of the following versions of Windows Server:
• Windows Server 2019 Standard または Datacenter• Windows Server 2019 Standard or Datacenter
• Windows Server 2016 Standard または Datacenter• Windows Server 2016 Standard or Datacenter
• Windows Server 2012 R2 Standard または Datacenter• Windows Server 2012 R2 Standard or Datacenter
Active Directory フォレストActive Directory forest Active Directory フォレストの機能レベルが Windows Server 2012 R2 以上である。The Active Directory forest functional level is Windows Server 2012 R2 or higher.
[Active Directory サイト]Active Directory site Exchange Server をインストールする Active Directory サイトには、グローバル カタログ サーバーでもある、書き込み可能なドメイン コントローラーが少なくとも 1 つ含まれている必要があり、含まれていない場合はインストールに失敗します。また、Exchange サーバーのインストールと、Active Directory サイトからのドメイン コントローラーの削除もできなくなります。The Active Directory site where you install the Exchange Server must contain at least one writeable domain controller that's also a global catalog server, or the installation will fail. Furthermore, you can't install the Exchange server and then remove the domain controller from the Active Directory site.
DNS 名前空間DNS namespace Exchange 2019 では、次の DNS 名前空間をサポートします。Exchange 2019 supports the following DNS namespaces:
• 連続• Contiguous
• 非連続• Noncontiguous
• 単一ラベルのドメイン• Single label domains
• 不整合• Disjoint
Exchange でサポートされている DNS 名前空間の詳細については、KB2269838 を参照してください。For more information about DNS namespaces that are supported by Exchange, see KB2269838.
IPv6IPv6 Exchange 2013 以降は、IPv4 がインストールされており、Exchange サーバーで有効になっている場合にのみ、IPv6 をサポートします。Exchange 2013 and later support IPv6 only when IPv4 is also installed and enabled on the Exchange server.
この構成で Exchange が展開されており、ネットワークで IPv4 と IPv6 がサポートされている場合は、すべての Exchange サーバーが、IPv6 アドレスを使用するデバイス、サーバー、およびクライアントとの間でデータを送受信できます。詳細については、「Exchange 2013 での IPv6 サポート」を参照してください。If you deploy Exchange in this configuration, and your network supports IPv4 and IPv6, all Exchange servers can send data to and receive data from devices, servers, and clients that use IPv6 addresses. For more information, see IPv6 Support in Exchange 2013.

ディレクトリ サーバーのアーキテクチャDirectory server architecture

64 ビット版 Windows Server の 64 ビット版ハードウェアにある Active Directory ドメイン コントローラーは、Exchange 2019 のディレクトリ サービスのパフォーマンスを向上させます。Active Directory domain controllers on 64-bit hardware with a 64-bit version of Windows Server will increase directory service performance for Exchange 2019.

ディレクトリ サーバーへの Exchange のインストールInstalling Exchange on directory servers

セキュリティとパフォーマンスの理由から、Active Directory ディレクトリ サーバーに Exchange 2019 をインストールすることは推奨されません。Exchange 2019 はメンバー サーバーにのみインストールしてください。For security and performance reasons, we don't recommend installing Exchange 2019 on Active Directory directory servers. Only install Exchange 2019 on member servers.

ディレクトリ サーバーに Exchange をインストールする場合に発生する問題については、「ドメイン コントローラーへの Exchange のインストールは推奨されない [WarningInstallExchangeRolesOnDomainController]」を参照してください。Exchange をインストールした後は、メンバー サーバーからディレクトリ サーバー、ディレクトリ サーバーからメンバー サーバーへのサーバーの役割の変更がサポートされなくなります。To learn more about the issues that you'll encounter when you install Exchange on a directory server, see Installing Exchange on a domain controller is not recommended [WarningInstallExchangeRolesOnDomainController]. After Exchange is installed, changing the server role from a member server to a directory server or vice-versa isn't supported.

ハードウェアHardware

仮想化環境における Exchange の展開の詳細については、「Exchange Server の仮想化」を参照してください。For information about deploying Exchange in a virtualized environment, see Exchange Server virtualization.

コンポーネントComponent 要件Requirement メモNotes
プロセッサProcessor 64 ビット プロセッサの次のいずれかのタイプを指定します。Either of the following types of 64-bit processors:
• Intel 64 アーキテクチャ (以前の Intel EM64T) をサポートする Intel プロセッサ。• Intel processor that supports Intel 64 architecture (formerly known as Intel EM64T).
• AMD64 プラットフォームをサポートする AMD プロセッサ。• AMD processor that supports the AMD64 platform.
: Intel Itanium IA64 プロセッサはサポートされていません。 Note: Intel Itanium IA64 processors aren't supported.
: サポートされているプロセッサ ソケットの推奨されている数は、物理マシン上で最大 2 個までです。Note: Recommended Supported Processor Sockets is up to 2 on physical machines.
サポート対象のオペレーティング システムについては、このトピック後半の「オペレーティング システム」のセクションを参照してください。See the Operating system section later in this topic for supported operating systems.
メモリMemory インストールする Exchange の役割によって異なります。Varies depending on Exchange roles that are installed:
メールボックス: 少なくとも 128GB 推奨Mailbox: 128GB minimum recommended
エッジ トランスポート: 少なくとも 64 GB 推奨。Edge Transport: 64GB minimum recommended.
Exchange 2019 では大きいメモリのサポートがあります (最大 256 GB)。Note that Exchange 2019 has large memory support (up to 256 GB).
ページング ファイル サイズPaging file size ページ ファイルはインストールされているメモリの 25% に相当するサイズに設定します。Set the page file to a size equal to 25% of installed memory. なしNone
ディスク領域Disk space • Exchange をインストールするドライブに 30 GB 以上の空き領域。• At least 30GB of free space on the drive where you're installing Exchange.
• システム ドライブに 200 MB 以上の空き領域。• At least 200MB of free space on the system drive.
• メッセージ キュー データベースを含むドライブに 500 MB 以上。• At least 500MB on the drive containing the message queue database.
画面解像度Screen resolution 1024 x 768 ピクセル (XGA) 以上1024 x 768 pixels (XGA) or higher なしNone
ファイル システムFile system 次の種類のファイルを含むパーティションで NTFS が必要です。NTFS is required on partitions that contain the following types of files:
• システム パーティション。• The System partition.
• Exchange バイナリ。• Exchange binaries.
• Exchange 診断ログで作成されたファイル。• Files generated by Exchange diagnostic logging.
• トランスポート データベース ファイル (メール キュー データベースなど)。• Transport database files (for example, the mail queue database).
次の種類のファイルを含むパーティションでは、オプションで ReFS を使用することもできます。Optionally, you can use ReFS on the partitions that contain the following types of files:
• メールボックス データベースとトランザクション ログ。• Mailbox databases and transaction logs.
なしNone

オペレーティング システムOperating system

次の表に、Exchange 2019 でサポートされるオペレーティング システムを示します。The supported operating systems for Exchange 2019 are described in the following table:

Exchange コンポーネントExchange component 要件Requirement
メールボックスおよびエッジ トランスポート サーバーの役割Mailbox and Edge Transport server roles Windows Server 2019 Standard または DatacenterWindows Server 2019 Standard or Datacenter
管理ツールManagement tools 次のいずれかのバージョンの Windows:One of the following versions of Windows:
• Windows Server 2019 Standard または Datacenter• Windows Server 2019 Standard or Datacenter
• 64 ビット版の Windows 10• 64-bit edition of Windows 10

:Notes:

  • Windows Server Core を実行しているコンピューターへの Exchange 2019 のインストールは完全にサポートされ、推奨されています。デスクトップ エクスペリエンス機能は不要になりました。Installing Exchange 2019 on a computer that's running Windows Server Core is fully supported and recommended. The Desktop Experience feature is no longer required.

  • Nano Server を実行しているコンピューターへの Exchange 2019 のインストールはサポートされていません。Installing Exchange 2019 on a computer that's running Nano Server isn't supported.

Exchange 2019 サーバーでサポートされている Powershellの バージョンSupported Powershell versions for Exchange 2019 servers

Exchange 2019 サーバーでは、Exchange がインストールされている Windows Server のリリースに含まれる PowerShell のバージョンをサポートしています。WMF または PowerShell のスタンドアロンのダウンロードは Exchange サーバーにインストールしないでください。Exchange 2019 servers support the version of PowerShell that's included in the release of Windows Server where Exchange is installed. Don't install stand-alone downloads of WMF or PowerShell on Exchange servers.

Exchange 2019 サーバーへの他のソフトウェアのインストールInstalling other software on Exchange 2019 servers

Exchange サーバーに Office クライアントや Office サーバー ソフトウェア (SharePoint Server、Skype for Business Server、Office Online Server、Project Server など) をインストールすることはサポートされていません。Exchange 2019 サーバーにインストールする他のソフトウェアは、Exchange と同じコンピューターで実行するように設計されている必要があります。We don't support installing Office client or Office server software on Exchange servers (for example, SharePoint Server, Skype for Business Server, Office Online Server, or Project Server). Other software that you want to install on Exchange 2019 servers needs to be designed to run on the same computer as Exchange.

.NET Framework.NET Framework

インストールする Exchange のリリースによってサポートされる最新バージョンの .NET Framework を使用することを強くお勧めします。We strongly recommend that you use the latest version of the .NET Framework that's supported by the release of Exchange you're installing.

重要

以下の表に記載されていない .NET Framework のリリースは、Exchange 2019 のどのリリースでもサポートされていません。これには、.NET Framework のマイナー修正レベルのリリースが含まれます。Releases of .NET Framework that aren't listed in the table below aren't supported on any release of Exchange 2019. This includes minor and patch-level releases of .NET Framework.

Exchange のバージョンExchange version .NET Framework 4.7.2.NET Framework 4.7.2
Exchange 2019Exchange 2019 サポートSupported

サポートされるクライアントSupported clients

  • Office 365 ProPlusOffice 365 ProPlus

  • Outlook 2019Outlook 2019

  • Outlook 2016Outlook 2016

  • Outlook 2016 for MacOutlook 2016 for Mac

  • Outlook 2013Outlook 2013

  • Outlook for Mac for Office 365Outlook for Mac for Office 365

重要

Windows 7でTLS 1.1および1.2のサポートを有効にするには、レジストリキーを適用するためにKB3140245が必要です。そうしないと、Outlook 2013および2016がWindows 7で機能しません。You need KB3140245 to apply registry keys to enable TLS 1.1 & 1.2 support for Windows 7, otherwise Outlook 2013 and 2016 will not work on Windows 7.

Lync/Skype For Business Server 統合Lync/Skype For Business Server integration

Lync プレゼンスとインスタント メッセージングを Exchange Server と統合する場合、Lync Server 2013 の累積的な更新プログラム 10 以降が必要です。Skype for Business のプレゼンスとインスタント メッセージングを Exchange Server と統合する場合、Skype for Business Server の累積的な更新プログラム 7 以降が必要です。If integrating Lync presence and instant messaging with Exchange Server, Lync Server 2013 Cumulative Update 10 or later is required. If integrating Skype for Business presence and instant messaging with Exchange Server, Skype for Business Server Cumulative Update 7 or later is required.

Exchange Server 2016 をインストールする前に、このトピックで説明する内容に目を通し、お使いのネットワーク、ハードウェア、ソフトウェア、クライアント、およびその他の要素が Exchange 2016 の要件を満たすことを確認することをお勧めします。また、Exchange 2016 と Exchange の以前のバージョンでサポートされる共存シナリオを理解しておくようにしてください。Before you install Exchange Server 2016, we recommend that you review this topic to ensure your network, hardware, software, clients, and other elements meet the requirements for Exchange 2016. Also, make sure you understand the coexistence scenarios that are supported for Exchange 2016 and earlier versions of Exchange.

Exchange 2016 を実際にインストールするには、「Exchange の新規インストールの展開」を参照してください。To actually install Exchange 2016, see Deploy new installations of Exchange.

サポートされている共存シナリオSupported coexistence scenarios

次の表に、Exchange 2016 と以前のバージョンの Exchange 間での共存がサポートされているシナリオを示します。The following table lists the scenarios in which coexistence between Exchange 2016 and earlier versions of Exchange is supported.

Exchange 2016 と以前のバージョンの Exchange Server の共存Coexistence of Exchange 2016 with earlier versions of Exchange Server

Exchange のバージョンExchange version Exchange の組織での共存Exchange organization coexistence
組織内のすべての Exchange 2010 サーバー (エッジトランスポート サーバーを含む) 上の Exchange 2010 SP3 以降用の更新プログラムのロールアップ 11 でサポートされます。Exchange 2007 and earlier versions 非サポートNot supported
Exchange 2010Exchange 2010 Exchange 2010 および Exchange 2013 が混在する組織Supported with Update Rollup 11 for Exchange 2010 SP3 or later on all Exchange 2010 servers in the organization, including Edge Transport servers.
Exchange 2013Exchange 2013 Exchange 2010 SP3 の更新プログラムのロールアップ 11 以降 (エッジ トランスポート サーバーなどの、組織内のすべての Exchange 2010 サーバー)。Supported with Exchange 2013 Cumulative Update 10 or later on all Exchange 2013 servers in the organization, including Edge Transport servers.
組織内のすべての Exchange 2013 サーバー (エッジトランスポート サーバーを含む) 上の Exchange 2013 の累積的な更新プログラム 10 以降。Mixed Exchange 2010 and Exchange 2013 organization 最小で以下のバージョンの Exchange でサポートされます。Supported with the following minimum versions of Exchange:
Exchange 2016 は、最新バージョンの Office 365 にアップグレードされた Office 365 テナントとのハイブリッド展開をサポートします。特定のハイブリッド展開の詳細については、「Hybrid Deployment Prerequisites」を参照してください。Update Rollup 11 Exchange 2010 SP3 or later on all Exchange 2010 servers in the organization, including Edge Transport servers.
Exchange 2016 は、最新バージョンの Office 365 にアップグレードされた Office 365 テナントとのハイブリッド展開をサポートします。Exchange 2013 Cumulative Update 10 or later on all Exchange 2013 servers in the organization, including Edge Transport servers.

サポートされているハイブリッド展開シナリオSupported hybrid deployment scenarios

Exchange 2016 は、Office 365 の最新バージョンにアップグレードされた Office 365 テナントによるハイブリッド展開をサポートしています。具体的なハイブリッド展開の詳細については、「ハイブリッド展開の前提条件」を参照してください。Exchange 2016 supports hybrid deployments with Office 365 tenants that have been upgraded to the latest version of Office 365. For more information about specific hybrid deployments, see Hybrid Deployment Prerequisites.

ネットワークとディレクトリ サーバーNetwork and directory servers

次の表に、Exchange 2016 組織におけるネットワークおよびディレクトリ サーバーの要件の一覧を示します。The following table lists the requirements for the network and the directory servers in your Exchange 2016 organization.

Exchange 2016 のネットワークおよびディレクトリ サーバーの要件Network and directory server requirements for Exchange 2016

コンポーネントComponent 要件Requirement
ドメイン コントローラーDomain controllers フォレスト内のすべてのドメイン コントローラーは、次のいずれかのバージョンの Windows Server を実行する必要があります。All domain controllers in the forest need to be running one of the following versions of Windows Server:
• Windows Server 2016 Standard または Datacenter• Windows Server 2016 Standard or Datacenter
• Windows Server 2012 R2 Standard または Datacenter• Windows Server 2012 R2 Standard or Datacenter
• Windows Server 2012 Standard または Datacenter• Windows Server 2012 Standard or Datacenter
• Windows Server 2008 R2 Standard または Enterprise• Windows Server 2008 R2 Standard or Enterprise
• Windows Server 2008 R2 Datacenter RTM 以降• Windows Server 2008 R2 Datacenter RTM or later
Active Directory フォレストActive Directory forest Active Directory フォレストの機能レベルが Windows Server 2008 R2 以上である。The Active Directory forest functional level is Windows Server 2008 R2 or higher.
[Active Directory サイト]Active Directory site Exchange Server をインストールする Active Directory サイトには、グローバル カタログ サーバーでもある、書き込み可能なドメイン コントローラーが少なくとも 1 つ含まれている必要があり、含まれていない場合はインストールに失敗します。また、Exchange サーバーのインストールと、Active Directory サイトからのドメイン コントローラーの削除もできなくなります。The Active Directory site where you install the Exchange Server must contain at least one writeable domain controller that's also a global catalog server, or the installation will fail. Furthermore, you can't install the Exchange server and then remove the domain controller from the Active Directory site.
DNS 名前空間のサポートDNS namespace support Exchange 2016 は、次のドメイン ネーム システム (DNS) 名前空間をサポートします。Exchange 2016 supports the following domain name system (DNS) namespaces:
• 連続• Contiguous
• 非連続• Noncontiguous
• 単一ラベルのドメイン• Single label domains
• 不整合• Disjoint
Exchange 2016 で、IPv6 がサポートされるのは、IPv4 もインストールされ、有効になっている場合のみです。For more information about DNS namespaces supported by Exchange, see Microsoft Knowledge Base article 2269838, Microsoft Exchange compatibility with Single Label Domains, Disjoined Namespaces, and Discontiguous Namespaces.
IPv6 サポートIPv6 support Exchange 2016 で、IPv6 がサポートされるのは、IPv4 もインストールされ、有効になっている場合のみです。Exchange 2016 がこの構成で展開されており、ネットワークで IPv4 と IPv6 がサポートされている場合は、すべての Exchange サーバーが、IPv6 アドレスを使用するデバイス、サーバー、およびクライアントとの間でデータを送受信できます。詳細については、「Exchange 2013 での IPv6 サポート」を参照してください。In Exchange 2016, IPv6 is supported only when IPv4 is also installed and enabled. If Exchange 2016 is deployed in this configuration, and the network supports IPv4 and IPv6, all Exchange servers can send data to and receive data from devices, servers, and clients that use IPv6 addresses. For more information, see IPv6 Support in Exchange 2013.

ディレクトリ サーバーのアーキテクチャDirectory server architecture

64 ビットの Active Directory ドメイン コントローラーを使用すると、Exchange 2016 のディレクトリ サービスのパフォーマンスが向上します。The use of 64-bit Active Directory domain controllers increases directory service performance for Exchange 2016.

注意

複数ドメイン環境で、Active Directory 言語ロケールを日本語 (ja-jp) に設定している Windows Server 2008 ドメイン コントローラーで、受信レプリケーション中にオブジェクトに格納される属性をサーバーが受信できない場合があります。詳細については、Microsoft サポート技術情報の文書番号 949189「日本語ロケールが構成されている Windows Server 2008 ドメイン コントローラーで、入力方向のレプリケーションの実行中、オブジェクトの属性に対する更新が適用されないことがある」を参照してください。In multi-domain environments, on Windows Server 2008 domain controllers that have the Active Directory language locale set to Japanese (ja-jp), your servers may not receive some attributes that are stored on an object during inbound replication. For more information, see Microsoft Knowledge Base article 949189, A Windows Server 2008 domain controller that is configured with the Japanese language locale may not apply updates to attributes on an object during inbound replication.

ディレクトリ サーバーへの Exchange 2016 のインストールInstalling Exchange 2016 on directory servers

セキュリティとパフォーマンス上の理由から、Exchange 2016 をメンバー サーバーにのみインストールし、Active Directory ディレクトリ サーバーにはインストールしないことをお勧めします。ディレクトリ サーバーに Exchange 2016 をインストールした場合に起こる問題に関する詳細については、「ドメイン コントローラーへの Exchange のインストールは推奨されない [WarningInstallExchangeRolesOnDomainController]」を参照してください。Exchange 2016 をインストールした後は、メンバー サーバーからディレクトリ サーバー、またはディレクトリ サーバーからメンバー サーバーへの役割の変更がサポートされなくなります。For security and performance reasons, we recommend that you install Exchange 2016 only on member servers and not on Active Directory directory servers. To learn about the issues you can face when installing Exchange 2016 on a directory server, see Installing Exchange on a domain controller is not recommended [WarningInstallExchangeRolesOnDomainController]. After Exchange 2016 is installed, changing its role from a member server to a directory server, or vice versa, isn't supported.

ハードウェアHardware

仮想化環境における Exchange の展開の詳細については、「Exchange Server の仮想化」を参照してください。For information about deploying Exchange in a virtualized environment, see Exchange Server virtualization.

Exchange 2016 のハードウェア要件Hardware requirements for Exchange 2016

コンポーネントComponent 要件Requirement メモNotes
プロセッサProcessor Intel 64 アーキテクチャ (以前の Intel EM64T) をサポートする Intel プロセッサを搭載する x64 アーキテクチャ ベースのコンピューター。 x64 architecture-based computer with Intel processor that supports Intel 64 architecture (formerly known as Intel EM64T).
AMD64 プラットフォームをサポートする AMD プロセッサ。 AMD processor that supports the AMD64 platform.
メモ: Intel Itanium IA64 プロセッサはサポートされていません。Note: Intel Itanium IA64 processors not supported.
詳細については、「Exchange 2016 展開のサイジング」を参照してください。For more information, see Sizing Exchange 2016 Deployments.
サポート対象のオペレーティング システムについては、このトピック後半の「オペレーティング システム」のセクションを参照してください。See the Operating system section later in this topic for supported operating systems.
メモリMemory インストールする Exchange の役割によって異なります。Varies depending on Exchange roles that are installed:
メールボックス: 最小 8 GBMailbox: 8GB minimum
エッジ トランスポート: 最小 4 GBEdge Transport: 4GB minimum
詳細については、「Exchange 2016 展開のサイジング」を参照してください。For more information, see Sizing Exchange 2016 Deployments.
ページング ファイル サイズPaging file size ページ ファイルの最小および最大サイズは、物理的な RAM の容量 + 10 MB に設定する必要があります。32 GB より大きい RAM を使用している場合、最大サイズを 32778 MB (32GB) に設定する必要があります。The page file size minimum and maximum must be set to physical RAM plus 10MB, to a maximum size of 32,778MB (32GB) if you're using more than 32GB of RAM. なし None
ディスク領域Disk space Exchange をインストールするドライブ上に 30 GB 以上。At least 30 GB on the drive on which you install Exchange.
インストールするユニファイド メッセージング (UM) の言語パックごとに、さらに 500 MB のディスクの空き領域。An additional 500 MB of available disk space for each Unified Messaging (UM) language pack that you plan to install.
システム ドライブに 200 MB 以上のディスクの空き領域。200 MB of available disk space on the system drive.
メッセージ キュー データベースを保存する空き領域 500 MB 以上のハード ディスク。A hard disk that stores the message queue database on with at least 500 MB of free space.
詳細については、「Exchange 2016 展開のサイジング」を参照してください。For more information, see Sizing Exchange 2016 Deployments.
ドライブDrive DVD-ROM ドライブ (ローカル、またはネットワーク経由でアクセス可能)。DVD-ROM drive, local or network accessible. なしNone
画面解像度Screen resolution 1024 x 768 ピクセル以上1024 x 768 pixels or higher なしNone
ファイル形式File format NTFS ファイル システムとしてフォーマットされたディスク パーティションは、次のいずれかのパーティションが適用されます。Disk partitions formatted as NTFS file systems, which applies to the following partitions:
• システム パーティション• System partition
• Exchange のバイナリ ファイルまたは Exchange 診断ログによって生成されたファイルを保管するパーティション• Partitions that store Exchange binary files or files generated by Exchange diagnostic logging
• メールボックスやトランスポート データベースなどの、データベース ファイル• Database files, such as mailbox and transport databases
次の種類のファイルを含むディスク パーティションのみを、必要に応じて ReFS としてフォーマットできます。Disk partitions containing only the following types of files can optionally be formatted as ReFS:
• トランザクション ログ ファイルを格納するパーティション• Partitions containing transaction log files
• メールボックス データベース ファイルを格納するパーティション• Partitions containing mailbox database files
• コンテンツのインデックス処理に関するファイルを格納するパーティション• Partitions containing content indexing files
なしNone

オペレーティング システムOperating system

次の表に、Exchange 2016 でサポートされるオペレーティング システムの一覧を示します。The following table lists the supported operating systems for Exchange 2016.

重要: Windows Server Core または Nano Server を実行しているコンピューターへの Exchange 2016 のインストールはサポートされていません。Windows Server デスクトップ エクスペリエンス機能をインストールする必要があります。Exchange 2016 をインストールするには、次のいずれか 1 つを実行して、Exchange 2016 セットアップを開始する前に Windows Server にデスクトップ エクスペリエンスをインストールする必要があります。Important: We don't support the installation of Exchange 2016 on a computer that's running Windows Server Core or Nano Server. The Windows Server Desktop Experience feature needs to be installed. To install Exchange 2016, you need to do one of the following to install the Desktop Experience on Windows Server prior to starting Exchange 2016 Setup:

  • Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2: Windows PowerShell で次のコマンドを実行しますWindows Server 2012 and Windows Server 2012 R2: Run the following command in Windows PowerShell

    Install-WindowsFeature Server-Gui-Mgmt-Infra, Server-Gui-Shell -Restart
    
  • Windows Server 2016: Windows Server 2016 をインストールして、[デスクトップ エクスペリエンス] インストール オプションを選択します。Windows Server 2016 Core モードが実行されているコンピューターに Exchange 2016 をインストールする場合、オペレーティング システムを再インストールして、[デスクトップ エクスペリエンス] インストール オプションを選択する必要があります。Windows Server 2016: Install Windows Server 2016 and choose the Desktop Experience installation option. If a computer is running Windows Server 2016 Core mode and you want to install Exchange 2016 on it, you'll need to reinstall the operating system and choose the Desktop Experience installation option.

Exchange 2016 でサポートされるオペレーティング システムSupported operating systems for Exchange 2016

コンポーネントComponent 要件Requirement
メールボックスおよびエッジ トランスポート サーバーの役割Mailbox and Edge Transport server roles メールボックスおよびエッジ トランスポート サーバーの役割Windows Server 2016 Standard or Datacenter*
Windows Server 2012 R2 Standard または DatacenterWindows Server 2012 R2 Standard or Datacenter
Windows Server 2012 Standard または DatacenterWindows Server 2012 Standard or Datacenter
管理ツールManagement tools 以下のいずれか:One of the following:
次のいずれかが必要です。Windows Server 2016 Standard or Datacenter*
Windows Server 2012 R2 Standard または DatacenterWindows Server 2012 R2 Standard or Datacenter
Windows Server 2012 Standard または DatacenterWindows Server 2012 Standard or Datacenter
64 ビット版の Windows 1064-bit edition of Windows 10
64 ビット版の Windows 8.164-bit edition of Windows 8.1

64 ビット版の Windows 8.1* Requires Exchange Server 2016 Cumulative Update 3 or later.

サポートされている Exchange 2016 の Windows Management Framework のバージョンSupported Windows Management Framework versions for Exchange 2016

Exchange 2016 は Exchange をインストールしている Windows Server のリリースに組み込まれている Windows Management Framework のバージョンのみをサポートしています。Exchange を実行しているサーバーでスタンドアロンのダウンロードとして利用できる Windows Management Framework のバージョンはインストールしないでください。Exchange 2016 only supports the version of Windows Management Framework that's built in to the release of Windows that you're installing Exchange on. Don't install versions of Windows Management Framework that are made available as stand-alone downloads on servers running Exchange.

Exchange 2016 サーバーで他のソフトウェアをインストールInstalling other software on an Exchange 2016 server

Exchange 2016 サーバーに Office クライアントや Office サーバー ソフトウェア (SharePoint Server、Skype for Business Server、Office Online Server、Project Server など) をインストールすることはサポートされていません。Exchange 2016 サーバーにインストールする他のソフトウェアは、Exchange と同じコンピューターで実行するように設計されている必要があります。We don't support the installation of Office client or Office server software, such as SharePoint Server; Skype for Business Server; Office Online Server; or Project Server, on Exchange 2016 servers. Other software that you want to install on Exchange 2016 servers needs to be designed to run on the same computer as Exchange.

.NET Framework.NET Framework

インストールする Exchange のリリースによってサポートされる最新バージョンの .NET Framework を使用することを強くお勧めします。We strongly recommend that you use the latest version of .NET Framework that's supported by the release of Exchange you're installing.

重要

以下の表に記載されていない .NET Framework のリリースは、Exchange 2016 のどのリリースでもサポートされていません。これには、.NET Framework のマイナー修正レベルのリリースが含まれます。Releases of .NET Framework that aren't listed in the table below are not supported on any release of Exchange 2016. This includes minor and patch-level releases of .NET Framework.

Exchange のバージョンExchange version .NET Framework 4.7.2.NET Framework 4.7.2 .NET Framework 4.7.1.NET Framework 4.7.1 .NET Framework 4.6.2.NET Framework 4.6.2
Exchange 2016 CU11、CU12Exchange 2016 CU11, CU12 サポートSupported サポートSupported
Exchange 2016 CU10Exchange 2016 CU10 サポートSupported
Exchange 2016 CU8、CU9Exchange 2016 CU8, CU9 サポートSupported サポートSupported
Exchange 2016 CU5、CU6、CU7Exchange 2016 CU5, CU6, CU7 サポートSupported

サポートされているクライアント (最新の更新プログラム)Supported clients (with latest updates)

  • Office 365 ProPlusOffice 365 ProPlus

  • Outlook 2019Outlook 2019

  • Outlook 2016Outlook 2016

  • Outlook 2013Outlook 2013

  • Outlook 2010 SP2Outlook 2010 SP2

  • Outlook 2016 for MacOutlook 2016 for Mac

  • Outlook for Mac for Office 365Outlook for Mac for Office 365

Exchange のサード パーティ クライアントExchange third-party clients

Exchange Server はいくつかの一般的なプロトコルを提供し、サード パーティ ベンダーが多くの場合にクライアントを書き込む API を公開します。Exchange Server offers several well-known protocols, and publishes APIs that third-party vendors often write clients for.

サード パーティ開発者によって作成されたクライアントの全体的な適合性、互換性、またはセキュリティに対する保証について、Microsoft は、明示または黙示に関係なく一切責任を負いません。Microsoft makes no warranties, expressed or implied, as to the overall suitability, fitness, compatibility, or security of clients that are created by third-party developers.

Microsoft のプロトコルまたは API を使用するサード パーティ クライアントを使用する場合は、エンタープライズ ワークスペースにクライアントを展開する前に、すべての考慮事項 (機能、セキュリティ、保守、管理など) を十分に確認し、テストすることをお勧めします。サード パーティ ベンダーが適切なエンタープライズ サポート契約 (ESA) を提供していることを確認することもお勧めします。If you want to use a third-party client that uses our protocols or APIs, we recommend that you thoroughly review and test all considerations (functionality, security, maintenance, management, and so on) before you deploy the client in the enterprise workspace. We also recommend that you make sure that the third-party vendor offers an appropriate Enterprise Support Agreement (ESA).