Exchange Server の仮想化Exchange Server virtualization

2016 の Exchange Server および Exchange Server 2019 仮想化された環境で展開できます。このトピックでは、ハードウェア仮想化ソフトウェア上の Exchange の展開でサポートされるシナリオの概要を説明します。You can deploy Exchange Server 2016 and Exchange Server 2019 in a virtualized environment. This topic provides an overview of the scenarios that are supported for deploying Exchange on hardware virtualization software.

「Exchange の仮想化」では、以下の用語を使用します。The following terms are used in this discussion of Exchange virtualization:

  • コールド ブート: アクションは、コールド ブートオペレーティング システムをクリーン ブートには、電源オフ状態からシステムを移動、するとします。オペレーティング システムの状態はここで保存されていません。Cold boot: When bringing a system from a power-off state into a clean start of the operating system, the action is a cold boot. No operating system state has been persisted in this case.

  • 保存状態: ハイパーバイザー通常、仮想マシンの状態を保存する機能がある場合、仮想マシンの電源がオフ、コンピューターの電源を再投入するとそれが返され、コールド ブート スタートアップ経由ではなく、保存された状態にします。Saved state: When a virtual machine is powered off, hypervisors typically have the ability to save the state of the virtual machine, so when the machine is powered back on, it returns to that saved state rather than going through a cold boot startup.

  • 計画の移行:移行の計画アクションは、システム管理者は、別の 1 つのハイパーバイザー ホストから仮想マシンの移動を開始したときです。アクションは、1 つの移行である可能性がありますか、システム管理者は一定時間ごとに仮想マシンを移動するのにはオートメーションを構成する可能性があります。計画的な移行には、システムでは、ハードウェアやソフトウェアの障害以外に発生するその他のいくつかのイベントの結果可能性があります。Planned migration: When a system administrator initiates the move of a virtual machine from one hypervisor host to another, the action is a planned migration. The action could be a single migration, or a system administrator could configure automation to move the virtual machine on a timed basis. A planned migration could also be the result of some other event that occurs in the system, other than hardware or software failure.

    計画的な移行の重要な点は、Exchange 仮想マシンが正常に稼働し、何らかの理由により、再配置する必要があります。テクノロジ (たとえば、ライブ マイグレーションまたは vmotion を使用) を使用して、この再配置を実行できます。ただし場合は、Exchange 仮想マシンまたはハイパーバイザー ホスト仮想マシンがある経験を何らかのエラーが発生、結果ない計画的な移行として特徴付けられます。The key point of a planned migration is the Exchange virtual machine is operating normally and needs to be relocated for some reason. This relocation can be done via technology (for example, Live Migration or vMotion). However, if the Exchange virtual machine or the hypervisor host where the virtual machine is located experiences some sort of failure condition, the outcome isn't characterized as a planned migration.

ハードウェア仮想化の要件Requirements for hardware virtualization

マイクロソフト サポート 2016 の Exchange および Exchange 2019 ハードウェア仮想化ソフトウェア上で次の条件すべてに該当する場合にのみします。Microsoft supports Exchange 2016 and Exchange 2019 in production on hardware virtualization software only when all the following conditions are true:

  • ハードウェア仮想化ソフトウェアで次のいずれかが実行されている。The hardware virtualization software is running one of the following:

    • Windows Server のいずれかのバージョンに HYPER-V テクノロジやマイクロソフトの HYPER-V サーバーAny version of Windows Server with Hyper-V technology or Microsoft Hyper-V Server

    • Windows Server Virtualization 検証プログラム に基づいた検証済みのサードパーティのハイパーバイザーAny third-party hypervisor that has been validated under the Windows Server Virtualization Validation Program.

      注意

      インフラストラクチャとしてのサービス (IaaS) プロバイダーに 2016 の Exchange または Exchange 2019 の展開がサポートされては、すべてのサポート要件を満たしている場合。仮想マシンのプロビジョニングは、プロバイダーの場合はこれらの要件には、Exchange 仮想マシンで使用されているハイパーバイザが完全にサポートされていると、Exchange で使用するためのインフラストラクチャが、パフォーマンスを満たしています。サイズ変更処理中に決定された要件です。Exchange データベースのすべてのストレージ ・ ボリュームが使用され、Azure プレミアムの記憶域のデータベースのトランザクション ログ (トランスポートのデータベースを含む) が構成されている場合、Microsoft Azure の仮想マシンの展開はサポートされています。Deployment of Exchange 2016 or Exchange 2019 on Infrastructure-as-a-Service (IaaS) providers is supported if all supportability requirements are met. In the case of providers who are provisioning virtual machines, these requirements include ensuring that the hypervisor being used for Exchange virtual machines is fully supported, and that the infrastructure to be utilized by Exchange meets the performance requirements that were determined during the sizing process. Deployment on Microsoft Azure virtual machines is supported if all storage volumes used for Exchange databases and database transaction logs (including transport databases) are configured for Azure Premium Storage.

  • Exchange ゲスト仮想コンピューターには、次の条件があります。The Exchange guest virtual machine has the following conditions:

    • 次のような Exchange 2016 または Exchange 2019 を実行しています。It's running Exchange 2016 or Exchange 2019.

    • Exchangeでサポートされているバージョンの Windows Server に配置されました。It's deployed on a supported version of Windows Server for Exchange.

2016 の Exchange または Exchange 2019 の展開。For deployments of Exchange 2016 or Exchange 2019:

  • すべての Exchange サーバーの役割は、仮想マシンでサポートされています。All Exchange server roles are supported in a virtual machine.

  • Exchange サーバーの仮想マシン (データベース可用性グループつまり DAG の一部となっている Exchange 仮想マシンなど) は、移動されたりオフラインになったりしたときにディスクの状態を保存または復元しないように仮想マシンが構成されている限り、ホストベースのフェールオーバー クラスター化や移行テクノロジと組み合わせることが可能です。ハイパーバイザー レベルで発生するフェールオーバー動作はすべて、フェールオーバー先のノードで仮想マシンがアクティブになったときに、コールド ブートする必要があります。計画されたすべての移行は、シャットダウンしてコールド ブートするか、Hyper-V ライブ移行のような技術を利用したオンライン移行になる必要があります。仮想マシンのハイパーバイザー移行はハイパーバイザー ベンダーがサポートするため、ハイパーバイザー ベンダーが Exchange 仮想マシンの移行をテストしており、サポートすることを確認する必要があります。Microsoft は、これらの仮想マシンの Hyper-V ライブ移行をサポートしています。Exchange server virtual machines (including Exchange virtual machines that are part of a database availability group, or DAG), may be combined with host-based failover clustering and migration technology, as long as the virtual machines are configured such that they won't save and restore state on disk when moved or taken offline. All failover activity occurring at the hypervisor level must result in a cold boot when the virtual machine is activated on the target node. All planned migration must either result in shutdown and cold boot, or an online migration that makes use of a technology like Hyper-V Live Migration. Hypervisor migration of virtual machines is supported by the hypervisor vendor; therefore, you must ensure that your hypervisor vendor has tested and supports migration of Exchange virtual machines. Microsoft supports Hyper-V Live Migration of these virtual machines.

  • 管理ソフトウェア (ウイルス対策ソフトウェア、バックアップ ソフトウェア、仮想マシン管理ソフトウェアなど) のみ物理ホスト マシン上に展開できます。その他のサーバーベースのアプリケーション (Exchange、SQL Server、Active Directory、SAP など) はホスト マシンにインストールしないでください。ホスト マシンはゲスト仮想マシンの実行専用にする必要があります。Only management software (for example, antivirus software, backup software, or virtual machine management software) can be deployed on the physical host machine. No other server-based applications (for example, Exchange, SQL Server, Active Directory, or SAP) should be installed on the host machine. The host machine should be dedicated to running guest virtual machines.

  • 一部のハイパーバイザーには、仮想マシン用のスナップショットを撮る機能が含まれています。仮想マシンのスナップショットは、実行中の仮想マシンの状態をキャプチャします。この機能により、仮想マシンの複数のスナップショットを撮り、スナップショットを仮想マシンに適用することで仮想マシンを以前の状態に戻すことができます。ただし、仮想マシンのスナップショットはアプリケーション対応ではなく、スナップショットの使用により、Exchange などの状態データを保持するサーバー アプリケーションで意図せず予期しない結果が発生する可能性があります。このため、Exchange ゲスト仮想マシンの仮想マシン スナップショットの作成はサポートされていません。Some hypervisors include features for taking snapshots of virtual machines. Virtual machine snapshots capture the state of a virtual machine while it's running. This feature enables you to take multiple snapshots of a virtual machine and then revert the virtual machine to any of the previous states by applying a snapshot to the virtual machine. However, virtual machine snapshots aren't application aware, and using them can have unintended and unexpected consequences for a server application that maintains state data, such as Exchange. As a result, making virtual machine snapshots of an Exchange guest virtual machine isn't supported.

  • 多くのハードウェア仮想化製品では、各ゲスト仮想マシンに割り当てられる仮想プロセッサの数を指定できます。ゲスト仮想マシン内の仮想プロセッサは、物理システム内の固定数の物理プロセッサ コアを共有します。Exchange がサポートする仮想プロセッサと物理プロセッサ コアの比率は 2:1 以下ですが、推奨値は 1:1 です。たとえば、クアッド コア プロセッサを使用するデュアル プロセッサ システムでは、ホスト システムに合計 8 個の物理プロセッサ コアを使用します。この構成のシステムでは、すべてのゲスト仮想マシンで合わせて合計 16 を超える仮想プロセッサを割り当てないでください。Many hardware virtualization products allow you to specify the number of virtual processors that should be allocated to each guest virtual machine. The virtual processors located in the guest virtual machine share a fixed number of physical processor cores in the physical system. Exchange supports a virtual processor-to-physical processor core ratio no greater than 2:1, although we recommend a ratio of 1:1. For example, a dual processor system using quad core processors contains a total of 8 physical processor cores in the host system. On a system with this configuration, don't allocate more than a total of 16 virtual processors to all guest virtual machines combined.

  • ホスト マシンによって必要になる仮想プロセッサの合計数を計算する場合には、I/O とオペレーティング システムの両方の要件も考慮する必要があります。ほとんどの場合、Exchange 仮想マシンをホストするシステムのホスト オペレーティング システムで必要となる仮想プロセッサに相当する数は 2 です。この値は、物理コアと仮想プロセッサの全体の比率を計算する際に、ホスト オペレーティング システムの仮想プロセッサのベースラインとして使用されます。ホスト オペレーティング システムのパフォーマンスの監視で、2 プロセッサに相当する以上の使用率でプロセッサを消費していることが示された場合は、ゲスト仮想マシンに割り当てられる仮想プロセッサの数を減らし、仮想プロセッサと物理コアの比率が 2:1 以下であることを確認する必要があります。When calculating the total number of virtual processors required by the host machine, you must also account for both I/O and operating system requirements. In most cases, the equivalent number of virtual processors required in the host operating system for a system hosting Exchange virtual machines is 2. This value should be used as a baseline for the host operating system virtual processor when calculating the overall ratio of physical cores to virtual processors. If performance monitoring of the host operating system indicates you're consuming more processor utilization than the equivalent of 2 processors, you should reduce the count of virtual processors assigned to guest virtual machines accordingly and verify that the overall virtual processor-to-physical core ratio is no greater than 2:1.

  • ゲスト仮想マシンが、ホスト マシンにインストールされているファイバー チャネルまたは SCSI ホスト バス アダプター (HBA) と直接通信できない場合があります。その場合、ホスト マシンのオペレーティング システムでアダプターを構成し、ゲスト仮想マシンへの論理ユニット番号 (LUN) を仮想ディスクまたはパススルー ディスクとして提示する必要があります。It's possible that guest virtual machines may be prevented from directly communicating with Fibre Channel or SCSI host bus adapters (HBAs) installed in the host machine. In this event, you must configure the adapters in the host machine's operating system and present the logical unit numbers (LUNs) to guest virtual machines as either a virtual disk or a pass-through disk.

  • SMTP リレー (とも呼ばれる SMTP スマート ホスト) を使用して、コンピューティング ・ リソースを Azure の外部ドメインに電子メールを送信する唯一のサポートされている方法です。Azure コンピューティング リソースでは、電子メールを送信 SMTP 仮想サーバーを中継して、SMTP リレー プロバイダーが外部ドメインに電子メールを提供します。Microsoft Exchange Online の保護は、1 つのプロバイダーの SMTP リレーが、いくつかのサード パーティのプロバイダーもあります。詳細については、Microsoft Azure サポート チームのAzure の外部ドメインへのリソースの計算から電子メールを送信することを投稿するブログを参照してください。The only supported way to send emails to external domains from Azure compute resources is via an SMTP relay (also known as an SMTP smart host). The Azure compute resource sends the email to the SMTP relay and then the SMTP relay provider delivers the email to the external domain. Microsoft Exchange Online Protection is one provider of an SMTP relay, but there are a number of third party providers as well. For more information, see the Microsoft Azure Support Team Blog post Sending E-mail from Azure Compute Resource to External Domains.

ホスト マシンの記憶域要件Host machine storage requirements

各ホスト ・ マシンに必要な最小ディスク領域は、次の一覧のとおりです。The minimum disk space requirements for each host machine are described in the following list:

  • 一部のハードウェア仮想化アプリケーションのホスト マシンは、オペレーティング システムとそのコンポーネント用の記憶領域を必要とする場合があります。オペレーティング システムのページング ファイル、管理ソフトウェア、クラッシュ回復 (ダンプ) ファイルをサポートするには、追加の記憶領域も必要となります。Host machines in some hardware virtualization applications may require storage space for an operating system and its components. Additional storage space is also required to support the operating system's paging file, management software, and crash recovery (dump) files.

  • 一部のハイパーバイザーは、各ゲスト仮想マシンに固有のファイルをホスト マシンに保持します。たとえば、Hyper-V 環境では、ゲスト マシンごとに一時メモリ格納ファイル (BIN ファイル) が作成され、保持されます。各 BIN ファイルのサイズは、ゲスト マシンに割り当てられるメモリの容量に等しくなります。さらに、各ゲスト マシンにその他のファイルが作成され、ホスト マシンに保持される場合もあります。Some hypervisors maintain files on the host machine that are unique to each guest virtual machine. For example, in a Hyper-V environment, a temporary memory storage file (BIN file) is created and maintained for each guest machine. The size of each BIN file is equal to the amount of memory allocated to the guest machine. In addition, other files may also be created and maintained on the host machine for each guest machine.

  • Windows Server 2012 HYPER-V または、2012 の HYPER-V ホスト コンピューターを実行して、DAG 内の Exchange メールボックス サーバーをホストするホスト ・ ベースのフェールオーバー クラスターを構成するだけなら、次のKB2872325のガイダンスをお勧めします。If your host machine is running Windows Server 2012 Hyper-V or Hyper-V 2012, and you're configuring a host-based failover cluster that will host Exchange Mailbox servers in a DAG, we recommend following the guidance in KB2872325.

Exchange の記憶域要件Exchange storage requirements

仮想化された Exchange サーバーに接続するストレージの要件は次のとおりです。Requirements for storage connected to a virtualized Exchange server are as follows:

  • 各 Exchange ゲスト マシンには、ゲストのオペレーティング システム、使用中の一時メモリ格納ファイル、およびホスト マシンにホストされる関連仮想マシン ファイルを含む固定ディスクのための十分な記憶域領域をホスト マシン上で割り当てる必要があります。さらに、Exchange ゲスト マシンごとに、メッセージ キュー用の十分な記憶域と、データベース ファイルとログ ファイル用の十分な記憶域を、メールボックス サーバーで割り当ててください。Each Exchange guest machine must be allocated sufficient storage space on the host machine for the fixed disk that contains the guest's operating system, any temporary memory storage files in use, and related virtual machine files that are hosted on the host machine. In addition, for each Exchange guest machine, you must also allocate sufficient storage for the message queues and sufficient storage for the databases and log files on Mailbox servers.

  • (たとえば、固定容量仮想ハード_ディスク (VHD または VHDX) HYPER-V 環境で)、固定サイズの仮想ストレージは、Exchange のデータ (たとえば、メールボックス データベース、トランスポート キュー) の記憶域の Exchange ゲスト マシンで使用するストレージ仮想ダイナミックストレージ HYPER-V で VHDX ファイルを使用する場合、SCSI パススルー記憶域、またはインターネット SCSI (iSCSI) ストレージです。パススルー記憶域は、ストレージ構成、ホスト ・ レベルと 1 つのゲスト マシンに専用です。Exchange データを保管するための Exchange ゲスト マシンによって使用されるすべてのストレージする必要がありますブロック ・ レベルのストレージ、ネットワーク接続型ストレージ (NAS) のボリュームを使用して、サポートされていませんので以外の SMB 3.0 シナリオでは、このトピックの後半で説明します。また、NAS ストレージ、ハイパーバイザーでブロック ・ レベルのストレージはサポートされていないと、ゲストに提供されます。The storage used by the Exchange guest machine for storage of Exchange data (for example, mailbox databases and transport queues) can be virtual storage of a fixed size (for example, fixed virtual hard disks (VHD or VHDX) in a Hyper-V environment), dynamic virtual storage when using VHDX files with Hyper-V, SCSI pass-through storage, or Internet SCSI (iSCSI) storage. Pass-through storage is storage that's configured at the host level and dedicated to one guest machine. All storage used by an Exchange guest machine for storage of Exchange data must be block-level storage because Exchange doesn't support the use of network attached storage (NAS) volumes, other than in the SMB 3.0 scenario outlined later in this topic. Also, NAS storage that's presented to the guest as block-level storage via the hypervisor isn't supported.

  • ゲスト コンピューターが Windows Server 2012 Hyper-V (または Hyper-V の最新バージョン) で実行している場合、VHD はブロックレベルの記憶域がバックアップする SMB 3.0 ファイルに格納できます。SMB 3.0 ファイル共有にサポートしている用途は固定 VHD の記憶域のみです。このようなファイル共有は Exchange データの直接記憶域には使用できません。SMB 3.0 ファイル共有で固定 VHD を格納する場合、Exchange サービスの可用性をできるだけ保証するため、ファイル共有をバックアップする記憶域は高可用性に構成します。Fixed VHDs may be stored on SMB 3.0 files that are backed by block-level storage if the guest machine is running on Windows Server 2012 Hyper-V (or a later version of Hyper-V). The only supported usage of SMB 3.0 file shares is for storage of fixed VHDs. Such file shares can't be used for direct storage of Exchange data. When using SMB 3.0 file shares to store fixed VHDs, the storage backing the file share should be configured for high availability to ensure the best possible availability of the Exchange service.

  • Exchange によって使用される記憶域は、ゲスト仮想マシンのオペレーティング システムをホストしている記憶域とは別のディスク スピンドルにホストする必要があります。Storage used by Exchange should be hosted in disk spindles that are separate from the storage that's hosting the guest virtual machine's operating system.

  • Exchange ゲスト仮想マシン内部で iSCSI イニシエーターを使用するように iSCSI 記憶域を構成することはサポートされています。ただし、仮想マシン内部のネットワーク スタックが完全な機能を備えていない (ジャンボ フレームをサポートしない仮想ネットワーク スタックもあります) 場合、この構成ではパフォーマンスが低下します。Configuring iSCSI storage to use an iSCSI initiator inside an Exchange guest virtual machine is supported. However, there is reduced performance in this configuration if the network stack inside a virtual machine isn't full-featured (for example, not all virtual network stacks support jumbo frames).

Exchange のメモリ要件および推奨事項Exchange memory requirements and recommendations

一部のハイパーバイザーをオーバーサブスク ライブ オーバーや知覚によって管理されている他のゲスト マシンのニーズと比較してゲスト マシンのメモリの使用方法に基づいて特定のゲスト マシンで使用できるメモリ量を動的に調整する機能のある、同じハイパーバイザーです。このテクノロジでは、ワークロードのメモリのわずかな時間が必要し、し、できることは降伏したを他の用途が合理的です。ただし、ことにより、継続的にメモリを使用するように設計されたワークロードの意味がないため。(メモリ内のデータのキャッシュに関連するパフォーマンスの最適化を有効に多くのサーバー アプリケーション) のような交換は、システム パフォーマンスが低下しており、許容できないクライアント エクスペリエンスに影響を受けやすいに割り当てられたメモリを完全に制御されていない場合は、物理マシンまたは仮想マシンを実行しています。その結果、動的メモリを使用して Exchange がサポートされていないために、メモリ オーバーの機能や。Some hypervisors have the ability to oversubscribe/overcommit or dynamically adjust the amount of memory available to a specific guest machine based on the perceived usage of memory in the guest machine as compared to the needs of other guest machines managed by the same hypervisor. This technology makes sense for workloads in which memory is needed for brief periods of time and then can be surrendered for other uses. However, it doesn't make sense for workloads that are designed to use memory on an ongoing basis. Exchange (like many server applications with optimizations for performance that involve caching of data in memory) is susceptible to poor system performance and an unacceptable client experience if it doesn't have full control over the memory allocated to the physical or virtual machine on which it's running. As a result, using dynamic memory or memory overcommit features for Exchange isn't supported.

Exchange のホストベースのフェールオーバー クラスター化と移行Host-based failover clustering and migration for Exchange

Exchange Dag をホストベースのフェールオーバー クラスタ リングや移行のテクノロジーに関するいくつかのよく寄せられる質問への回答は、次のように。The following are answers to some frequently asked questions about host-based failover clustering and migration technology with Exchange DAGs:

  • Microsoft は、サード パーティ製の移行テクノロジをサポートしていますか。Does Microsoft support third-party migration technology?

    移行テクノロジは Server Virtualization Validation Program (SVVP) に含まれていないため、Microsoft は、サード パーティ製のハイパーバイザー製品の移行テクノロジと Exchange のインテグレーションをサポートしていると明言することはできません。SVVP は、サード パーティ製ハイパーバイザーのその他の要素をサポートしています。そのハイパーバイザー ベンダーが、そのベンダーの移行およびクラスタ化テクノロジと Exchange の組み合わせをサポートしているかどうかを確認する必要があります。ハイパーバイザー ベンダーがそのベンダーの移行テクノロジと Exchange の組み合わせをサポートしている場合、Microsoft は Exchange とそのベンダーの移行テクノロジをサポートしています。Microsoft can't make support statements for the integration of third party hypervisor products using these technologies with Exchange, because these technologies aren't part of the Server Virtualization Validation Program (SVVP). The SVVP covers the other aspects of Microsoft support for third-party hypervisors. You need to ensure that your hypervisor vendor supports the combination of their migration and clustering technology with Exchange. If your hypervisor vendor supports their migration technology with Exchange, Microsoft supports Exchange with their migration technology.

  • Microsoft では、ホスト ベースのフェールオーバー クラスター化をどのように定義していますか?How does Microsoft define host-based failover clustering?

    ホスト ベースのフェールオーバー クラスター化は、ホスト レベルの障害に自動的に反応し、影響を受ける仮想マシンを代替サーバー上で起動する機能を提供するあらゆるテクノロジを指します。こうしたテクノロジの使用がサポートされていると、障害が発生した場合、代替サーバー上で仮想マシンがコールド ブートで起動します。こうしたテクノロジによって、仮想マシンを、ディスクに保存された状態に戻さないようにすることができます。ディスクに保存された状態に戻すと、他の DAG メンバーよりも古い状態になるためです。Host-based failover clustering refers to any technology that provides the automatic ability to react to host-level failures and start affected virtual machines on alternate servers. Use of this technology is supported given that, in a failure scenario, the virtual machine is coming up from a cold boot on the alternate host. This technology helps to make sure that the virtual machine never comes up from a saved state that's persisted on disk because it will be stale relative to the rest of the DAG members.

  • 移行のサポートとは、どのような意味ですか。What does Microsoft mean by migration support?

    移行テクノロジとは、仮想マシンのホスト マシン間の計画的な移行を可能にするあらゆるテクノロジを指します。こうした移行を、リソースの負荷分散の一環として自動的に行うこともできますが、その場合、システムの障害とは連動していません。仮想マシンがディスクに保存された状態に戻らない限り、移行はサポートされます。つまり、状態と仮想マシンのメモリをネットワーク経由で転送してダウンタイムを認識させることなく仮想マシンを移行するテクノロジと、Exchange と使用がサポートされています。サード パーティ製のハイパーバイザー ベンダーは移行テクノロジをサポートしており、Microsoft はこうした構成での Exchange の使用をサポートしています。Migration technology refers to any technology that allows a planned move of a virtual machine from one host machine to another host machine. This move could also be an automated move that occurs as part of resource load balancing, but it isn't related to a failure in the system. Migrations are supported as long as the virtual machines never come up from a saved state that's persisted on disk. This means that technology that moves a virtual machine by transporting the state and virtual machine memory over the network with no perceived downtime is supported for use with Exchange. A third-party hypervisor vendor must provide support for the migration technology, while Microsoft provides support for Exchange when used in this configuration.