Exchange Server でのインプレース保持と訴訟ホールドIn-Place Hold and Litigation Hold in Exchange Server

訴訟となる可能性がある程度見込まれる場合、組織では、訴訟に関連する電子メールを含めた電子的に格納された情報 (ESI) を保持する必要があります。訴訟の詳細が明らかになる前に訴訟の可能性を予測する場合もあるため、保持の対象が広範囲にわたることもあります。組織では、特定の問題に関するすべての電子メールの保存、または特定の個人に関するすべての電子メールの保存を行う必要がある場合があります。組織の電子情報開示 (eDiscovery) の実施状況により、電子メールを保存するために、次のような方法を採用することもできます。When a reasonable expectation of litigation exists, organizations are required to preserve electronically stored information (ESI), including email that's relevant to the case. This expectation often exists before the specifics of the case are known, and preservation is often broad. Organizations may need to preserve all email related to a specific topic or all email for certain individuals. Depending on the organization's electronic discovery (eDiscovery) practices, the following measures can be adopted to preserve email:

  • エンド ユーザーに、メッセージを一切削除しないで電子メールを保持するように要求します。ただし、それでもユーザーが電子メールを意識的にまたは誤って削除する可能性はあります。End users may be asked to preserve email by not deleting any messages. However, users can still delete email knowingly or inadvertently.

  • メッセージング レコード管理 (MRM) などの自動削除メカニズムを停止することができます。このようにすると、ユーザーのメールボックスに大量の電子メールが残り、ユーザーの生産性に影響を与える可能性があります。自動削除を停止しても、ユーザーが手動で電子メールを削除することを防ぐことはできません。Automated deletion mechanisms such as messaging records management (MRM) may be suspended. This could result in large volumes of email cluttering the user mailbox, and thus impacting user productivity. Suspending automated deletion also doesn't prevent users from manually deleting email.

  • 組織によっては、電子メールをアーカイブにコピーまたは移動し、削除、変更、または改ざんされないようにしています。この方法では、アーカイブにメッセージを手動でコピーまたは移動する必要があったり、または Exchange の外部で電子メールを収集、格納するサードパーティ製品を使用したりするため、コストが増大します。Some organizations copy or move email to an archive to make sure it isn't deleted, altered, or tampered with. This increases costs due to the manual efforts required to copy or move messages to an archive, or third-party products used to collect and store email outside Exchange.

電子メールを保持しなかった場合、組織は法的リスクや財務上のリスクにさらされる可能性があります。たとえば、組織の記録保持と証拠開示手続きが調査される、不利な判決や制裁を受ける、罰金を支払うなどのリスクです。Failure to preserve email can expose an organization to legal and financial risks such as scrutiny of the organization's records retention and discovery processes, adverse legal judgments, sanctions, or fines.

訴訟ホールドとインプレース ホールドLitigation Hold and In-Place Hold

Exchange Server で使用可能な保留リストには、訴訟ホールドとインプレースホールドの2種類があります。There are two types of holds available in Exchange Server: Litigation Hold and In-Place Hold. 訴訟ホールドは、メールボックスのLitigationHoldEnabledプロパティを使用します。Litigation Hold uses the LitigationHoldEnabled property of a mailbox. 訴訟ホールドが有効になっている場合、すべてのメールボックスはすべてのアイテムが保持されます。When Litigation Hold is enabled, all mailbox all items are placed on hold. 一方、インプレース保持を使用して、インプレース電子情報開示ツールを使用して定義した検索クエリの条件を満たすアイテムのみを保持することができます。In contrast, you can use an In-Place Hold to preserve only those items that meet that the criteria of a search query that you define by using the In-Place eDiscovery tool. 複数のインプレースホールドをメールボックスに配置することはできますが、メールボックスに対して訴訟ホールドが有効になっているか、無効になっています。You can place multiple In-Place Holds on a mailbox, but Litigation Hold is either enabled or disabled for a mailbox. 両方の種類の保留に対して、アイテムを保持する期間を指定することもできます。For both types of holds, you can also specify the duration period to hold items. 期間は、メールボックス アイテムが受信または作成された日から計算されます。The duration is calculated from the date a mailbox item is received or created. 期間が設定されていない場合、アイテムは無期限に、または保持が解除されるまで保持されます。If a duration isn't set, items are held indefinitely or until the hold is removed. メールボックスから訴訟ホールドを削除しても、1つ以上のインプレース保持がメールボックスに配置されている場合、インプレース保持の条件に一致するアイテムは保持設定で指定された期間保持されます。If you remove a Litigation Hold from a mailbox, but one or more In-Place Holds are still placed on the mailbox, items matching the In-Place Hold criteria are held for the period specified in the hold settings.

インプレース ホールドを使用して、ユーザーに複数のホールドを設定できます。ユーザーに複数のホールドが設定されている場合は、任意のクエリベースのホールドからの検索クエリが結合されます ( OR 演算子を使用)。この場合、メールボックスに設定される、すべてのクエリベースの保持のキーワードの最大数は 500 です。500 を超えるキーワードがある場合、メールボックス内のすべてのコンテンツ (検索条件に一致するコンテンツだけでなく) が保持されます。キーワードの合計数が 500 以下になるまで、すべてのコンテンツが保持されます。You can use In-Place Hold to place a user on multiple holds. When a user is placed on multiple holds, the search queries from any query-based hold are combined (with OR operators). In this case, the maximum number of keywords in all query-based holds placed on a mailbox is 500. If there are more than 500 keywords, then all content in the mailbox is placed on hold (not just that content that matches the search criteria). All content is held until the total number of keywords is reduced to 500 or less.

Exchange 2010 または Exchange 2013 で訴訟ホールドの対象になっているメールボックスを Exchange 2016 のメールボックス サーバーに移動した場合、引き続き訴訟ホールドの設定が適用され、移動中および移動後にコンプライアンス要件が満たされることが保証されます。When you move a mailbox that's on Litigation Hold in Exchange 2010 or Exchange 2013 to a Mailbox server in Exchange 2016, the Litigation Hold setting continues to apply, ensuring that compliance requirements are met during and after the move.

重要

メールボックスの訴訟ホールドまたはインプレース ホールドを有効にすると、プライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックスの両方に保持 (ホールド) が適用されます。When you put a mailbox on Litigation Hold or In-Place Hold, the hold is placed on both the primary and the archive mailbox.

ホールドの各タイプを使用するタイミングの詳細については、「すべてのメールボックスを保持に設定する」を参照してください。For more information when to use each type of hold, see Place all mailboxes on hold.

保持の目標と機能Hold goals and features

次の目標を達成するために訴訟ホールドまたはインプレース ホールド保持を使用できます。You can use Litigation Hold and In-Place Hold to accomplish the following goals:

  • ユーザーのメールボックスを保持の状態にして、メールボックス アイテムを変更しないで維持するPlace user mailboxes on hold and preserve mailbox items immutably.

  • アイテムを無期限にまたは特定の期間維持する。Preserve items indefinitely or for a specific duration.

  • ユーザーまたは自動プロセス (MRM など) によって削除されたメールボックス アイテムを維持する。Preserve mailbox items deleted by users or automatic processes such as MRM.

  • 別のメールボックスに転送されるメッセージを保持する。Preserve messages that are forwarded to another mailbox.

  • クエリベースのインプレース ホールドを使用して指定した条件に一致するアイテムを検索して保持する (ホールドを作成するとき、すべてのメールボックスのコンテンツを含め、すべてのアイテムの保持を適用できます)。Use query-based In-Place Hold to search for and retain items matching specified criteria (you can also place all items hold by including all mailbox content when you create the hold)

  • さまざまなケースまたは調査に対応できるようユーザーに複数の保持を設定する。Place a user on multiple holds for different cases or investigations.

  • MRM を中断する必要をなくしユーザーが保持を意識しないで済むようにするKeep holds transparent from the user by not having to suspend MRM.

  • インプレース電子情報開示を使用して、保持状態にあるアイテムを検索する。Use In-Place eDiscovery to search for items that are preserved by being placed on hold

Exchange Server 2010 からアップグレードしている場合、法的情報保留の概念は、ユーザーのすべてのメールボックスデータを無期限に保持するか、ホールドを解除するまで保留することです。If you're upgrading from Exchange Server 2010, the notion of legal hold is to hold all mailbox data for a user indefinitely or until when hold is removed. Exchange 2016 のインプレース保持では、次のパラメーターを指定できる別のモデルが導入されました。In Exchange 2016, In-Place Hold introduced a different model that allows you to specify the following parameters:

  • クエリベースの保持: 訴訟ホールドを使用すると、メールボックス内のすべてのアイテムが保持されます。Query-based hold: With Litigation Hold, all items in a mailbox are preserved. ただし、インプレース保持では、キーワード、送信者、受信者、開始日と終了日などの検索クエリパラメーターを使用して、保持するアイテムを指定できます。また、電子メールメッセージ、予定表アイテム、Skype for Business などのメッセージの種類を指定することもできます。保留にする会話。However, an In-Place Hold allows you to specify which items to hold by using search query parameters such as keywords, senders and recipients, start and end dates, and also specify the message types such as email messages, calendar items, and Skype for Business conversations that you want to place on hold. クエリベースのインプレース保持を作成した後、クエリパラメーターに一致する既存のメールボックスアイテムと今後のメールボックスアイテム (後日受信したメッセージを含む) は保持されます。After you create a query-based In-Place Hold, all existing and future mailbox items (including messages received at a later date) that match the query parameters are preserved. 訴訟ホールドは、クエリベースの保持をサポートしていません。Litigation Hold doesn't support query-based holds.

  • 保持期間: 訴訟ホールドとインプレース保持の両方で、アイテムを保持する期間を指定できます。Hold duration: In both Litigation Hold and In-Place Hold, you can specify how long to hold items. 無限の保持期間または時間ベースの保持期間のどちらでも指定できます。You can either specify an infinite hold duration or a time-based hold duration. 期間は、メールボックス アイテムが受信または作成された日から計算されます。The duration is calculated from the date a mailbox item is received or created. たとえば、すべてのメールボックス アイテムを 7 年間保持する必要がある組織では、時間ベースの保持を作成することができます。For example, if your organization requires that all mailbox items be preserved for 7 years, you can create a time-based hold. つまり、メールボックスが保持され、その保持期間が 7 年に設定されており、メールボックス内のアイテムが受信した日から 2 年後に完全に削除された場合、メールボックス データベースから削除されるまで 5 年間保持されることになります。So if a mailbox is placed on hold and the hold duration is set to 7 years, and an item in the mailbox is permanently deleted after 2 years from the date it was received, it's held for an 5 years before being purged from the mailbox database.

    ヒント

    時間ベースの保持と共に保持ポリシーを使用すると、指定した期間だけアイテムが保持され、保存期間と保持期間が過ぎると Exchange から完全に削除されるようにできます。You can use a time-based hold together with a retention policy to make sure items are preserved for a specified duration and then permanently removed from Exchange after the retention age and the hold duration expire.

メールボックス保持Placing a mailbox on hold

メールボックスを訴訟ホールドまたはインプレース ホールド状態にするには、法的情報保留の管理役割が必要です。The Legal Hold management role is required to place a mailbox on Litigation Hold or In-Place Hold. ただし、クエリベースのインプレース ホールドを作成するには、メールボックス検索の役割が割り当てられている必要があります。But to create a query-based In-Place Hold, you must also be assigned the Mailbox Search role. Discovery Management 役割ベースのアクセス制御 (RBAC) 役割グループに追加されているか、法的情報保留の管理役割およびメールボックス検索の管理役割を割り当てられているユーザーが、ユーザーを保持状態にし、クエリベースのインプレース ホールドを作成できます。Users that have been added to the Discovery Management role-based access control (RBAC) role group (or assigned the Legal Hold and Mailbox Search roles) can place users hold and create a query-based In-Place Hold. Discovery Management 役割グループにメンバーを追加する方法については、「 Exchange Server で電子情報開示のアクセス許可を割り当てる」を参照してください。To learn how to add members to the Discovery Management role group, see Assign eDiscovery permissions in Exchange Server.

メールボックスの訴訟ホールドは、Exchange 管理センターの [受信者] ページ、または Exchange 管理Set-Mailbox -LitigationHoldEnabled $trueシェルのコマンドを使用して行うことができます。You can place a mailbox Litigation Hold on the Recipients page in the Exchange admin center or by using the Set-Mailbox -LitigationHoldEnabled $true command in the Exchange Management Shell.

The In-Place Hold functionality is integrated with In-Place eDiscovery searches.The In-Place Hold functionality is integrated with In-Place eDiscovery searches. メールボックスをインプレースホールドの対象にするには、EAC または Exchange 管理シェルのget-mailboxsearchコマンドレットでインプレース電子情報開示 & 保持ウィザードを使用します。You can place a mailbox on In-Place Hold by using the In-Place eDiscovery & Hold wizard in the EAC or the New-MailboxSearch cmdlet in the Exchange Management Shell. To learn how, see:To learn how, see:

注意

Exchange Online アーカイブを使用して社内メールボックスのクラウドベースのアーカイブをプロビジョニングする場合は、社内の Exchange Server 組織からインプレースホールドを管理する必要があります。If you use Exchange Online Archiving to provision a cloud-based archive for your on-premises mailboxes, you must manage In-Place Holds from your on-premises Exchange Server organization. 保持設定は、DirSync を使用してクラウドベースのアーカイブに自動的に反映されます。Hold settings are automatically propagated to the cloud-based archive using DirSync.

多くの組織では、ユーザーが保持の状態になっている場合に、ユーザーへの通知を必要としています。また、メールボックスを保持の状態にした場合、そのメールボックス ユーザーに適用可能なアイテム保持ポリシーを停止する必要はありません。メッセージは、期待したとおりに削除され続けるため、ユーザーは自分が保持の状態になっていることに気が付かない可能性があります。組織で、保持の状態になったユーザーへの通知が必要な場合は、そのメールボックス ユーザーの Retention Comment プロパティにデータを入力して通知メッセージを追加し、 RetentionUrl プロパティを使用して詳細情報の Web ページにリンクできます。Outlook 2010 以降では、バックステージ領域に保持コメントや URL が表示されます。これらのプロパティは [ファイル] リボンにあります。これらのプロパティを追加するには、 Set-Mailbox コマンドレットを使用できます。Many organizations require that users be informed when they're placed on hold. Additionally, when a mailbox is on hold, any retention policies applicable to the mailbox user don't need to be suspended. Because messages continue to be deleted as expected, users may not notice they're on hold. If your organization requires that users on hold be informed, you can add a notification message to the mailbox user's by populating the Retention Comment property and using the RetentionUrl property to link to a web page for more information. Outlook 2010 and later versions display the retention comment and URL in the backstage area, which is located on the Files ribbon. You can use the Set-Mailbox cmdlet to add these properties.

保留と [回復可能なアイテム] フォルダーHolds and the Recoverable Items folder

訴訟ホールドとインプレース ホールドでは、回復可能なアイテム フォルダーを使用してアイテムを保持します。Litigation Hold and In-Place Hold use the Recoverable Items folder to preserve items. 回復可能なアイテム フォルダーは、Outlook、Web 上の Outlook、およびその他の電子メール クライアントの既定のビューでは表示されていません。The Recoverable Items folder is hidden from the default view of Outlook, Outlook on the web, and other email clients. 回復可能なアイテムフォルダーの詳細については、「 Exchange Server の回復可能なアイテムフォルダー」を参照してください。To learn more about the Recoverable Items folder, see Recoverable Items folder in Exchange Server.

既定では、ユーザーが削除済みアイテム フォルダー以外のフォルダーからメッセージを削除すると、そのメッセージは削除済みアイテム フォルダーに移動されます。ユーザーが (Shift キーを押しながら Delete キーを押して) アイテムを削除済みアイテム フォルダーへ移動したり、削除済みアイテム フォルダーからアイテムを削除すると、メッセージは回復可能なアイテム フォルダーに移動され、ユーザーのビューには表示されなくなります。By default, when a user deletes a message from a folder other than the Deleted Items folder, the message is moved to the Deleted Items folder. When a user soft deletes an item (by pressing SHIFT+DELETE) or deletes an item from the Deleted Items folder, the message is moved to the Recoverable Items folder, thereby disappearing from the user's view.

回復可能なアイテム フォルダーのアイテムは、ユーザーのメールボックス データベースに構成されている削除済みアイテムの保存期間にわたって保持されます。既定では、メールボックス データベースに対して、削除済みアイテムの保存期間は 14 日に設定されています。 Items in the Recoverable Items folder are retained for the deleted item retention period configured on the user's mailbox database. By default, the deleted item retention period is set to 14 days for mailbox databases.

回復可能なアイテム フォルダーでは、次のサブフォルダーを使用して、さまざまなサイトの削除済みアイテムを格納し、訴訟ホールドおよびインプレース ホールドを容易にします。The Recoverable Items folder contains the following subfolders used to store deleted items in various sites and facilitate Litigation Hold and In-Place Hold:

  • **** 削除: 削除済みアイテムフォルダーから削除されたアイテムまたは他のフォルダーから削除されたアイテムは、削除サブフォルダーに移動され、outlook および web 上の Outlook で削除済みアイテムを復元する機能を使用するとユーザーに表示されます。Deletions: Items removed from the Deleted Items folder or soft-deleted from other folders are moved to the Deletions subfolder and are visible to the user when using the Recover Deleted Items feature in Outlook and Outlook on the web. 既定では、メールボックス データベース用またはメールボックス用に構成された削除済みアイテムの保存期間が経過するまで、アイテムはこのフォルダーに保存されます。By default, items reside in this folder until the deleted item retention period configured for the mailbox database or the mailbox expires.

  • パージ: ユーザーが [回復可能なアイテム] フォルダーからアイテムを削除すると (Outlook の削除済みアイテムの復元ツールと web 上の outlook を使用して)、アイテムは [削除] フォルダーに移動されます。Purges: When a user deletes an item from the Recoverable Items folder (by using the Recover Deleted Items tool in Outlook and Outlook on the web, the item is moved to the Purges folder. メールボックス データベースまたはメールボックスに構成された削除済みアイテムの保存期間を超過したアイテムも、Purges フォルダーに移動されます。Items that exceed the deleted item retention period configured on the mailbox database or the mailbox are also moved to the Purges folder. このフォルダーのアイテムは、削除済みアイテムの復元ツールを使用してもユーザーには表示されません。Items in this folder aren't visible to users if they use the Recover Deleted Items tool. メールボックス アシスタントがメールボックスを処理すると、Purges フォルダーのアイテムは、メールボックス データベースから削除されます。When the mailbox assistant processes the mailbox, items in the Purges folder are purged from the mailbox database. メールボックス ユーザーを訴訟ホールドの対象にすると、メールボックス アシスタントはこのフォルダーのアイテムを削除しません。When you place the mailbox user on Litigation Hold, the mailbox assistant doesn't purge items in this folder.

  • Discoveryholds: ユーザーがインプレースホールドに設定されている場合、削除済みのアイテムはこのフォルダーに移動されます。DiscoveryHolds: If a user is put on an In-Place Hold, deleted items are moved to this folder. メールボックス アシスタントは、メールボックスを処理する際にこのフォルダー内のメッセージを評価します。When the mailbox assistant processes the mailbox, it evaluates messages in this folder. インプレース ホールド クエリと一致するアイテムは、クエリで指定された保持期間まで保持されます。Items that match the In-Place Hold query are retained until the hold period specified in the query. 保持期間が指定されていない場合、アイテムは無期限に、またはユーザーの保持が解除されるまで保持されます。If no hold period is specified, items are held indefinitely or until the user is removed from the hold. ただし、ユーザーがすでに訴訟ホールドでインプレース ホールドの状態になっている場合、訴訟ホールドが優先されます。However, if you put a user who was already on an In-Place Hold on Litigation Hold, the Litigation Hold takes preference. したがって、削除済みアイテムが Purges フォルダーに移動されます。Therefore, deleted items are moved to the Purges folder instead.

  • バージョン: ユーザーがインプレース保持または訴訟ホールドを使用している場合、メールボックスアイテムは、ユーザーまたはプロセスによって改ざんまたは変更されないように保護する必要があります。Versions: When a user is put on In-Place Hold or Litigation Hold, mailbox items must be protected from tampering or modification by the user or a process. この保護を行うには、コピーオンライト処理を使用します。This is done by using a copy-on-write process. ユーザーまたはプロセスがメールボックス アイテムの特定プロパティを変更した場合、元のアイテムのコピーが Versions フォルダーに保存されてから、変更がコミットされます。When a user or a process changes specific properties of a mailbox item, a copy of the original item is saved in the Versions folder before the change is committed. 以降の変更に対しても、このプロセスが繰り返されます。This process is repeated for subsequent changes. Versions フォルダー内にキャプチャされたアイテムは、さらにインデックス処理されてからインプレース電子情報開示検索に返されます。Items captured in the Versions folder are also indexed and returned in In-Place eDiscovery searches. 保持が解除されると、Versions フォルダー内のコピーは管理フォルダー アシスタントによって削除されます。After the hold is removed, copies in the Versions folder are removed by the Managed Folder Assistant.

書き込み時コピーをトリガーするプロパティProperties that trigger copy-on-write

アイテムの種類Item type 書き込み時コピーをトリガーするプロパティProperties that trigger copy-on-write
メッセージ (IPM.Note*)Messages (IPM.Note*)
投稿 (IPM.Post*)Posts (IPM.Post*)
件名Subject
BodyBody
添付ファイルAttachments
送信者/受信者Senders/Recipients
送信/受信日Sent/Received Dates
メッセージおよび投稿以外のアイテムItems other than messages and posts 以下を除く、表示可能なプロパティへの変更:Any change to a visible property, except the following:
•アイテムの場所 (アイテムがフォルダー間で移動される場合)• Item location (when an item is moved between folders)
•アイテムの状態の変更 (開封済みまたは未読)• Item status change (read or unread)
•アイテムに適用される保持タグへの変更• Changes to retention tag applied to an item
既定のフォルダーの下書きにあるアイテムItems in the default folder Drafts なし (下書きフォルダーのアイテムはコピーオンライトから除外されます)None (items in the Drafts folder are exempt from copy on write)

重要

会議出席依頼の返信を出席者から受信し、その会議の追跡情報が更新される際に、会議の開催者のメールボックスにある予定表アイテムに対するコピーオンライトが無効になります。予定表アイテムとアラームを設定されたアイテムについては、ReminderTime および ReminderSignalTime プロパティに対してコピーオンライトが無効にされます。これらのプロパティに対する変更は、コピーオンライトでキャプチャされません。RSS フィードへの変更は、コピーオンライトでキャプチャされません。Copy-on-write is disabled for calendar items in the organizer's mailbox when meeting responses are received from attendees and the tracking information for the meeting is updated. For calendar items and items that have a reminder set, copy-on-write is disabled for the ReminderTime and ReminderSignalTime properties. Changes to these properties are not captured by copy-on-write. Changes to RSS feeds aren't captured by copy-on-write.

DiscoveryHolds、Purges および Versions フォルダーはユーザーに表示されませんが、回復可能なアイテム フォルダーのすべてのアイテムはインプレース電子情報開示を使用して表示可能になります。メールボックス ユーザーがインプレース ホールドまたは訴訟ホールドから解除された後は、DiscoveryHolds フォルダー、Purges フォルダーおよび Versions フォルダー内のアイテムは管理フォルダー アシスタントによって削除されます。Although the DiscoveryHolds, Purges, and Versions folders aren't visible to the user, all items in the Recoverable Items folder are discoverable by using In-Place eDiscovery. After a mailbox user is removed from In-Place Hold or Litigation Hold, items in the DiscoveryHolds, Purges, and Versions folders are purged by the Managed Folder Assistant.

メールボックスが訴訟ホールドまたはインプレース ホールドの状態ではない場合は、Purges フォルダーにあるアイテムが削除済みアイテムの保持期間を超過してフォルダーにあるとき、先入れ先出し法で回復可能なアイテム フォルダーから完全に削除されます。If a mailbox isn't placed on Litigation Hold or In-Place Hold, items in the Purges folder are permanently deleted from the Recoverable Items folder on a first in, first out basis when the item has resided in the folder for longer than the deleted item retention period.

保留とメールボックス クォータHolds and mailbox quotas

回復可能なアイテム フォルダーのアイテムは、ユーザーのメールボックスのクォータの計算には含まれません。Items in the Recoverable Items folder aren't calculated toward the user's mailbox quota. Exchange では、回復可能なアイテム フォルダーには独自のクォータがあります。In Exchange, the Recoverable Items folder has its own quota. Exchange では、 RecoverableItemsWarningQuota および _ableitemsquota_メールボックスのプロパティの既定値はそれぞれ 20 gb と 30 gb に設定されています。For Exchange, the default values for the RecoverableItemsWarningQuota and RecoverableItemsQuota mailbox properties are set to 20 GB and 30 GB respectively. Exchange Server のメールボックスデータベースのこれらの値を変更するには、 set-mailboxdatabaseコマンドレットを使用します。To modify these values for a mailbox database for Exchange Server, use the Set-MailboxDatabase cmdlet. 個々のメールボックスの値を変更するには、 Set-Mailbox コマンドレットを使用します。To modify them for individual mailboxes, use the Set-Mailbox cmdlet.

ユーザーの回復可能なアイテムフォルダーが、回復可能なアイテムの警告クォータ ( _RecoverableItemsWarningQuota_パラメーターで指定) を超えると、メールボックスサーバーのアプリケーションイベントログにイベントが記録されます。When a user's Recoverable Items folder exceeds the warning quota for recoverable items (as specified by the RecoverableItemsWarningQuota parameter), an event is logged in the Application event log of the Mailbox server. フォルダーが回復可能なアイテムのクォータ (回復可能なアイテムの_クォータ_パラメーターで指定) を超えると、ユーザーは削除済みアイテムフォルダーを空にすることも、メールボックスアイテムを完全に削除することもできなくなります。When the folder exceeds the quota for recoverable items (as specified by the RecoverableItemsQuota parameter), users won't be able to empty the Deleted Items folder or permanently delete mailbox items. また、コピーオンライトでは、変更されたアイテムのコピーを作成できなくなります。Also copy-on-write won't be able to create copies of modified items. そのため、インプレース保持の対象となっているメールボックス ユーザーの回復可能なアイテムのクォータを監視することは重要です。Therefore, it's critical that you monitor Recoverable Items quotas for mailbox users placed on In-Place Hold.

保持と電子メール転送Holds and email forwarding

Exchange Server 上にメールボックスを持つユーザーは、Outlook と web 上の Outlook を使用して、メールボックスのメール転送を設定できます。Users with mailboxes on Exchange Server can use Outlook and Outlook on the web to set up email forwarding for their mailbox. 電子メール転送を使用すれば、ユーザーは、自分のメールボックスに送信された電子メール メッセージを組織の内部または外部に設置された別のメールボックスに転送するようにメールボックスを構成することができます。Email forwarding lets users configure their mailbox to forward email messages sent to their mailbox to another mailbox located in or outside of their organization. また、管理者はメールフロールール (トランスポートルールとも呼ばれます) を設定して、メッセージを別のメールボックスに転送することもできます。Administrators can also set up mail flow rules (also known as transport rules) to forward message to another mailbox. どちらの場合も、電子メール転送は、元のメールボックスに送信されたメッセージがそのメールボックスにコピーされず、転送先アドレスにのみ送信されるように構成できます。In both cases, email forwarding can be configured so that any message sent to the original mailbox isn't copied to that mailbox and is only sent to the forwarding address.

メールボックスの電子メール転送がセットアップされ、メッセージがコピーされない場合にメールボックスを保持するとどうなるでしょうか。メールボックスの保持設定は配信処理中にチェックされます。メッセージがメールボックスの保持基準を満たしている場合は、回復可能なアイテム フォルダーにメッセージのコピーが保存されます。つまり、インプレースの電子証拠開示を使用して元のメールボックスを検索することによって、別のメールボックスに転送されたメッセージを見つけることができます。If email forwarding is set up for a mailbox and message aren't copied, what happens if the mailbox is on hold? During the delivery process, the hold settings for the mailbox are checked. If the message meets the hold criteria for the mailbox, a copy of the message is saved to the Recoverable Items folder. That means you can use In-Place eDiscovery to search the original mailbox to find messages that were forwarded to another mailbox.

アーカイブされた Skype for Business コンテンツの保持Preserving archived Skype for Business content

Exchange 2016 と Exchange 2019、Skype for Business、および SharePoint 2016 は、統合された保持と電子情報開示の機能を提供して、さまざまなデータストア間でアイテムを保持して検索することができます。Exchange 2016 and Exchange 2019, Skype for Business, and SharePoint 2016 provide an integrated preservation and eDiscovery experience that allows you to preserve and search for items across the different data stores. Exchange 2016 と2019を使用すると、Exchange の Skype for Business コンテンツをアーカイブでき、アーカイブされた Lync コンテンツを個別の SQL Server データベースに格納する必要がなくなります。Exchange 2016 and 2019 allow you to archive Skype for Business content in Exchange, removing the requirement of having a separate SQL Server database to store archived Lync content. SharePoint 2016 で統合された保持および電子情報開示機能を使用すると、1 つのコンソールから、すべてのストア間にわたってデータを保持し検索できます。The integrated hold and eDiscovery capability in SharePoint 2016 allows you to preserve and search data across all stores from a single console.

Exchange Server メールボックスをインプレース保持または訴訟ホールドに配置すると、Skype for Business コンテンツ (インスタントメッセージの会話やオンライン会議で共有されるファイルなど) がメールボックスにアーカイブされます。When you place an Exchange Server mailbox on In-Place Hold or Litigation Hold, Skype for Business content (such as instant messaging conversations and files shared in an online meeting) are archived in the mailbox. インプレース電子情報開示を使用してメールボックスを検索した場合、アーカイブされた Skype for Business コンテンツのうち検索クエリと一致するものも検索結果に返されます。If you search the mailbox using In-Place eDiscovery, any archived Skype for Business content matching the search query is also returned in search results. メールボックス内にアーカイブされた Skype for Business コンテンツだけに検索を限定することもできます。You can also restrict the search to Skype for Business content archived in the mailbox.

Exchange Server メールボックスで Skype for Business コンテンツのアーカイブを有効にするには、Skype for Business Server 2015 を Exchange Server と統合するように構成する必要があります。To enable archiving of Skype for Business content in Exchange Server mailboxes, you must configure Skype for Business Server 2015 integration with Exchange Server. 詳細については、以下のトピックを参照してください。For details, see the following topics:

保持中のメールボックスの削除Deleting a mailbox on hold

メールボックスのあるユーザー アカウントを削除した場合、Exchange Information ストアは、メールボックスがユーザー アカウントと接続されていないことを検出して、メールボックスが保留中の場合でも、そのメールボックスに削除マークを付けます。メールボックスを保持する場合は、次の操作を行う必要があります。If you delete a user account that has a mailbox, the Exchange Information store will eventually detect that the mailbox is no longer connected to a user account and mark that mailbox for deletion, even if the mailbox is on hold. If you want to preserve the mailbox, you have to do the following:

  1. ユーザー アカウントを削除するのではなくユーザー アカウントを無効にします。Instead of deleting the user account, disable the user account.

  2. メールボックスのプロパティを変更して、その使用とメールボックスへのアクセスとを制限します。たとえば、送受信クォータを 1 に設定し、メールボックスにメッセージを送信できるユーザーをブロックし、メールボックスにアクセスできるユーザーを制限します。Change the properties of the mailbox to restrict the use and access to the mailbox. For example, set send and receive quotas equal to 1, block who can send messages to the mailbox, and restrict who can access the mailbox.

  3. すべてのデータが抹消されるまで、または、データを保存する必要がなくなるまで、メールボックスを保持します。Retain the mailbox until all data has been removed or until preserving the data is no longer required.

Exchange Server から Office 365 への保留中のメールボックスの移行Migrating mailboxes on hold from Exchange Server to Office 365

Exchange ハイブリッド展開を使用している場合は、オンプレミスの Exchange サーバーメールボックスを Office 365 の Exchange Online に移動 (オンボード) するときに、次の条件が当てはまります。If you have an Exchange hybrid deployment, the following conditions are true when you move (onboard) an on-premises Exchange Server mailbox to Exchange Online in Office 365:

  • 社内のメールボックスが訴訟ホールドまたはインプレース保持に配置されている場合は、メールボックスが Exchange Online に移動した後も保持設定が保存されます。If the on-premises mailbox is on Litigation Hold or In-Place Hold, the hold settings are preserved after the mailbox is moved to Exchange Online.

  • 社内のメールボックスが訴訟ホールドまたはインプレース保持に配置されている場合は、回復可能なアイテム フォルダーのすべての内容が Exchange Online メールボックスに移動されます。If the on-premises mailbox is on Litigation Hold or In-Place Hold, any content in the Recoverable Items folder is moved to the Exchange Online mailbox.

Exchange Online メールボックスをオンプレミスの Exchange Server 組織に移動 (オフボード) する場合も、保持設定と回復可能なアイテムフォルダー内のコンテンツは保持されます。Hold settings and content in the Recoverable Items folder are also preserved when you move (offboard) an Exchange Online mailbox to your on-premises Exchange Server organization.

ヒント

Exchange Server では、オンプレミスのメールボックスを Office 365 に移行する方法として、Exchange ハイブリッド展開をお勧めします。For Exchange Server, an Exchange hybrid deployment is the recommended way to migrate on-premises mailboxes to Office 365.