メールボックスを訴訟ホールドの対象にするPlace a mailbox on Litigation Hold

メールボックスを訴訟ホールドの対象にすると、削除済みアイテムと変更されたアイテムの元のバージョンを含む、すべてのメールボックスのコンテンツが保持されます。Place a mailbox on Litigation Hold to preserve all mailbox content, including deleted items and original versions of modified items. メールボックスを訴訟ホールドの対象にすると、ユーザーのアーカイブ メールボックス (有効である場合) も保持の対象になります。When you place a mailbox on Litigation Hold, the user's archive mailbox (if it's enabled) is also placed on hold. 削除済みアイテムと変更されたアイテムは、指定した期間またはメールボックスを訴訟ホールドの対象から外すまで、保持されます。Deleted and modified items are preserved for a specified period or until you remove the mailbox from Litigation Hold. このようなメールボックスアイテムはすべて、 Exchange Server search のインプレース電子情報開示で返されます。All such mailbox items are returned in an In-Place eDiscovery in Exchange Server search.

はじめにBefore you begin

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可が割り当てられている必要があります。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. 必要なアクセス許可を確認するには、「 Exchange Server のメッセージングポリシーとコンプライアンスのアクセス許可」の「インプレースホールド」を参照してください。To see what permissions you need, see the "In-Place Hold" entry in the Messaging policy and compliance permissions in Exchange Server topic.

  • 訴訟ホールド設定が有効になるまでに、最長で 60 分かかる場合があります。The Litigation Hold setting may take up to 60 minutes to take effect.

  • 訴訟ホールドによって、ユーザーのメールボックスにある [回復可能なアイテム] フォルダー内のアイテムを保持します。このフォルダーの既定のサイズは 30 GB です。削除または変更するアイテムの数およびサイズによっては、メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーのサイズが急に増加する可能性があります。既定では、[回復可能なアイテム] フォルダーは高いクォータで構成されています。訴訟ホールドの対象のメールボックスが回復可能なアイテムのクォータの制限に達していないことを確認するため、これらのメールボックスを週 1 回監視することをお勧めします。Litigation Hold preserves items in the Recoverable Items folder in the user's mailbox. The default size for this folder is 30 GB. Depending on number and size of items deleted or modified, the size of the Recoverable Items folder of the mailbox may increase quickly. The Recoverable Items folder is configured with a high quota by default. We recommend that you monitor mailboxes that are placed on Litigation Hold on a weekly basis to ensure they don't reach the limits of the Recoverable Items quotas.

  • 前述のように、ユーザーのメールボックスを訴訟ホールドの対象にすると、ユーザーのアーカイブ メールボックスも保持の対象になります。As previously explained, when you place a user's mailbox on Litigation Hold, the user's archive mailbox is also placed on hold.

  • 訴訟ホールドは、削除済みアイテムを保持し、保留が解除されるまで、変更されたアイテムの元のバージョンを保持します。必要に応じて保持期間を指定することもできます (指定した期間中、メールボックスのアイテムが保持されます)。保持期間を指定する場合は、メッセージが受信された、またはメールボックス アイテムが作成された日付から計算されます。Litigation Hold preserves deleted items and also preserves original versions of modified items until the hold is removed. You can optionally specify a hold duration, which preserves a mailbox item for the specified duration period. If you specify a hold duration period, it's calculated from the date a message is received or a mailbox item is created.

  • 訴訟ホールドのワークフロー プロセスの詳細については、「詳細情報」を参照してください。See the More information section for a description of the Litigation Hold workflow process.

EAC を使用してメールボックスを訴訟ホールドの対象にするUse the EAC to place a mailbox on Litigation Hold

  1. [受信者] > [メールボックス] に移動します。Go to Recipients > Mailboxes.

  2. ユーザーメールボックスの一覧で、訴訟ホールドの対象となるメールボックスをクリックし、[編集] 編集アイコンをクリックし  ます。In the list of user mailboxes, click the mailbox that you want to place on Litigation Hold, and then click Edit Edit icon.

  3. メールボックスのプロパティ ページで、 [メールボックスの機能] をクリックします。On the mailbox properties page, click Mailbox features.

  4. [訴訟ホールド:無効] で、 [有効] をクリックすると、メールボックスが訴訟ホールドの対象になります。Under Litigation hold: Disabled, click Enable to place the mailbox on Litigation Hold.

  5. [訴訟ホールド] ページで、以下のオプション情報を入力します。On the Litigation Hold page, enter the following optional information:

    • [訴訟ホールド期間(日)]: このボックスを使用して、メールボックスが訴訟ホールドの対象となったときにメールボックスアイテムを保持する時間を指定します。Litigation hold duration (days): Use this box to specify how long mailbox items are held when the mailbox is placed on Litigation Hold. 期間は、メールボックス アイテムが受信または作成された日から計算されます。The duration is calculated from the date a mailbox item is received or created. このボックスが空白の場合は、アイテムは無期限に、またはその保留が解除されるまで保持されます。If you leave this box blank, items are held indefinitely or until the hold is removed. 日数で期間を指定します。Use days to specify the duration.

    • * : このボックスを使用して、メールボックスが訴訟ホールドの対象であることをユーザーに通知します。Note*: Use this box to inform the user their mailbox is on Litigation Hold. Outlook 2010 以降では、 [ファイル] タブにメモが表示されます。The note will appear on the File tab in Outlook 2010 or later.

    • URL * : 訴訟ホールドの詳細については、このボックスを使用して、ユーザーに web サイトを送信します。URL*: Use this box to direct the user to a website for more information about Litigation Hold. Outlook 2010 以降では、 [ファイル] タブにこの URL が表示されます。This URL appears on the File tab Outlook 2010 or later.

    *メモURLの値を空白のままにしておくと、メールボックスに訴訟ホールドが設定されたことがユーザーに通知されません。*If you leave the Note and URL values blank, the user isn't notified that you placed a litigation hold on their mailbox.

  6. [訴訟ホールド] ページの [保存] をクリックして、メールボックスのプロパティ ページにある [保存] をクリックします。Click Save on the Litigation Hold page, and then click Save on the mailbox properties page.

Exchange 管理シェル を使用して無期限にメールボックスを訴訟ホールドの対象にするUse the Exchange Management Shell to place a mailbox on Litigation Hold indefinitely

この例では、メールボックス bsuneja@contoso.com を訴訟ホールドの対象にします。This example places the mailbox bsuneja@contoso.com on Litigation Hold. メールボックス内のアイテムは、無期限にまたは保留が解除されるまで保持されます。Items in the mailbox are held indefinitely or until the hold is removed.

Set-Mailbox bsuneja@contoso.com -LitigationHoldEnabled $true

注意

メールボックスを無期限に訴訟ホールドの対象にする (期間を指定しない) 場合、 _LitigationHoldDuration_プロパティのメールボックスの値はに設定され Unlimited ます。When you place a mailbox on Litigation Hold indefinitely (by not specifying a duration period), the value for the LitigationHoldDuration property mailbox is set to Unlimited.

Exchange 管理シェル を使用してメールボックスを訴訟ホールドの対象にし、指定した期間アイテムを保持するUse the Exchange Management Shell to place a mailbox on Litigation Hold and preserve items for a specified duration

この例では、メールボックス bsuneja@contoso.com を訴訟ホールドの対象とし、2555 日間 (約 7 年間) アイテムを保持します。This example places the mailbox bsuneja@contoso.com on Litigation Hold and preserves items for 2555 days (approximately 7 years).

Set-Mailbox bsuneja@contoso.com -LitigationHoldEnabled $true -LitigationHoldDuration 2555

Exchange 管理シェル を使用して、すべてのメールボックスを訴訟ホールドの対象にするUse the Exchange Management Shell to place all mailboxes on Litigation Hold

組織では、すべてのメールボックス データを保持しなければならない場合があります。Your organization may require that all mailbox data be preserved.

次の例では、組織内のすべてのユーザー メールボックスを訴訟ホールドの対象にし、保持期間を 1 年 (365 日) に設定します。This example places all user mailboxes in the organization on Litigation Hold and sets the hold duration for one year (365 days).

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -Filter "RecipientTypeDetails -eq 'UserMailbox'" | Set-Mailbox -LitigationHoldEnabled $true -LitigationHoldDuration 365

この例では、Get-Mailbox コマンドレットを使用して組織内のすべてのメールボックスを取得し、受信者フィルターを使用してすべてのユーザー メールボックスを含めます。それから、メールボックスの一覧を Set-Mailbox コマンドレットにパイプ処理して訴訟ホールドを有効にし、保持期間を指定します。The example uses the Get-Mailbox cmdlet to retrieve all mailboxes in the organization, specifies a recipient filter to include all user mailboxes, and then pipes the list of mailboxes to the Set-Mailbox cmdlet to enable the Litigation Hold and set the hold duration.

すべてのユーザーメールボックスを無期限保持に配置するには、前のコマンドを実行しますが、 _LitigationHoldDuration_パラメーターは含めません。To place all user mailboxes on an indefinite hold, run the previous command but don't include the LitigationHoldDuration parameter.

1 つ以上のメールボックスを含めるまたは除外するフィルターで他の受信者のプロパティを使用する例については、「詳細情報」セクションを参照してください。See the More information section for examples of using other recipient properties in a filter to include or exclude one or more mailboxes.

Exchange 管理シェル を使用してメールボックスを訴訟ホールドから削除するUse the Exchange Management Shell to remove a mailbox from Litigation Hold

この例では、メールボックス bsuneja@contoso.com を訴訟ホールドから削除します。This example removes the mailbox bsuneja@contoso.com from Litigation Hold.

Set-Mailbox bsuneja@contoso.com -LitigationHoldEnabled $false

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

メールボックスが正常に訴訟ホールドの対象となったことを確認するには、次のいずれかを実行します。To verify that you have successfully placed a mailbox on Litigation Hold, do the one of the following:

  • EAC で以下を実行します。In the EAC:

    1. [受信者] > [メールボックス] に移動します。Go to Recipients > Mailboxes.

    2. ユーザーメールボックスの一覧で、訴訟ホールドの設定を確認するメールボックスをクリックし、[編集アイコンの編集] をクリックし  ます。In the list of user mailboxes, click the mailbox that you want to verify Litigation Hold settings for, and then click Edit Edit icon.

    3. メールボックスのプロパティ ページで、 [メールボックスの機能] をクリックします。On the mailbox properties page, click Mailbox features.

    4. [訴訟ホールド] の下でそのホールドが有効であることを確認します。Under Litigation hold, verify that hold is enabled.

    5. [詳細表示] をクリックして、いつまただれによってメールボックスが訴訟ホールドの対象とされたかを確認します。オプションの [訴訟ホールド期間 (日)][メモ]、および [URL] ボックスの値を確認したり、変更したりすることもできます。Click View details to verify when the mailbox was placed on Litigation Hold and by whom. You can also verify or change the values in the optional Litigation hold duration (days), Note, and URL boxes.

  • Exchange 管理シェル で次のいずれかのコマンドを実行します。In the Exchange Management Shell, run one of the following commands:

    Get-Mailbox <name of mailbox> | Format-List LitigationHold*
    

    またはor

    Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -Filter "RecipientTypeDetails -eq 'UserMailbox'" | Format-List Name,LitigationHold*
    

    メールボックスが無期限に訴訟ホールドの対象になっている場合、 _LitigationHoldDuration_プロパティのメールボックスの値はに設定され Unlimited ます。If a mailbox is placed on Litigation Hold indefinitely, the value for the LitigationHoldDuration property mailbox is set to Unlimited.

詳細More information

  • 訴訟ホールドのしくみ 削除されたアイテムの通常のワークフローでは、ユーザーがアイテムを完全に削除 (Shift + Delete) したり、削除済みアイテム フォルダーから削除したりすると、そのアイテムは回復可能なアイテム フォルダーの Deletions サブフォルダーに移動されます。さらに削除ポリシー (削除の保持アクションで構成された保持タグ) によっても、アイテムは保存期間が終了したときに Deletions サブフォルダーに移動されます。ユーザーが回復可能なアイテム フォルダーのアイテムを消去すると、または、アイテムの削除済みアイテムの保持期間の有効期限が切れると、そのアイテムは回復可能なアイテム フォルダーの Purges サブフォルダーに移動され、完全削除のマークが付けられます。このアイテムは、次にメールボックスが管理フォルダー アシスタント (MFA) によって処理されるときに Exchange から消去されます。How does Litigation Hold work? In the normal deleted item workflow, a mailbox item is moved to the Deletions subfolder in the Recoverable Items folder when a user permanently deletes it (Shift + Delete) or deletes it from the Deleted Items folder. A deletion policy (which is a retention tag configured with a Delete retention action) also moves items to the Deletions subfolder when the retention period expires. When a user purges an item in the Recoverable Items folder or when the deleted item retention period expires for an item, it's moved to the Purges subfolder in the Recoverable Items folder and marked for permanent deletion. It will be purged from Exchange the next time the mailbox is processed by the Managed Folder Assistant (MFA).

    メールボックスが訴訟ホールドの対象になっている場合、Purges サブフォルダーのアイテムは、訴訟ホールドで指定された保持期間中は保持されます。保持期間は、アイテムが受信または作成された日付から計算され、Purges サブフォルダーでのアイテムの保持期間を定義します。Purges サブフォルダーでのアイテムの保持期間を過ぎると、アイテムには完全削除のマークが付けられ、次回そのメールボックスが、MFA で処理されるときに、Exchange から消去されます。メールボックスが無期限の保持の対象になっている場合、そのアイテムは Purges サブフォルダーから消去されることはありません。When a mailbox is placed on Litigation Hold, items in the Purges subfolder are preserved for the hold duration specified by the Litigation Hold. The hold duration is calculated from the original date an item was received or created, and defines how long items in the Purges subfolder are held. When the hold duration expires for an item in the Purges subfolder, the item is marked for permanent deletion and will be purged from Exchange the next time the mailbox is processed by the MFA. If an indefinite hold is placed on a mailbox, items will never be purged from the Purges subfolder.

    次の図は、[回復可能なアイテム] フォルダー内のサブフォルダーと保持のワークフロー プロセスを示しています。The following illustration shows the subfolders in the Recoverable Items folders and the hold workflow process.

    [回復可能なアイテム] フォルダー

    注意

    メールボックスがインプレース ホールドの対象になっている場合、消去されたアイテムは Deletions サブフォルダーから DiscoveryHolds サブフォルダーに移動され、インプレース ホールドで指定された保持期間中は保持されます。If an In-Place Hold is placed on a mailbox, purged items are moved from the Deletions subfolder to the DiscoveryHolds subfolder and are preserved for the hold duration for the In-Place Hold.

  • 組織においてすべてのメールボックス データを特定の期間保持する必要がある場合、組織内のすべてのメールボックスを訴訟ホールドの対象にする前に、以下を考慮します。If your organization requires that all mailbox data has to preserved for a specific period of time, consider the following before you place all mailboxes in an organization on Litigation Hold.

    • 上記のコマンドを使用して、組織内のすべてのメールボックス (または指定した受信者フィルターに一致するメールボックスのサブセット) を保持の対象にすると、コマンドを実行した時点で存在するメールボックスのみが保持の対象になります。後でメールボックスを新規作成する場合は、再度コマンドを実行して、その新しいメールボックスを保持の対象にする必要があります。頻繁にメールボックスを新規作成する場合は、必要な頻度にスケジュールしたタスクとしてコマンドを実行できます。When you use the previous command to place a hold on all mailboxes in an organization (or a subset of mailboxes matching a specified recipient filter) only mailboxes that exist at the time that you run the command are placed on hold. If you create new mailboxes later, you have to run the command again to place the new mailboxes on hold. If you create new mailboxes often, you can run the command as a scheduled task as frequently as required.

    • すべてのメールボックスを訴訟ホールドの対象にすると、メールボックスのサイズに大きな影響を与える可能性があります。Placing all mailboxes on Litigation Hold can significantly impact mailbox sizes. Exchange 2016 または Exchange 2019 組織では、組織の保持要件を満たすのに十分なストレージを計画します。In an Exchange 2016 or Exchange 2019 organization, plan for adequate storage to meet your organization's preservation requirements.

    • [回復可能なアイテム] フォルダーには独自の格納域の制限があるため、このフォルダー内のアイテムはメールボックスの格納域の制限にカウントされません。The Recoverable Items folder has its own storage limit, so items in the folder don't count towards the mailbox storage limit. 上記の説明のとおり、メールボックスのデータを長期間保持すると、ユーザーのメールボックスとアーカイブにある [回復可能なアイテム] フォルダーのサイズが増大します。As previously explained, preserving mailbox data for a long period of time will result in growth of the Recoverable Items folder in a user's mailbox and archive. このフォルダーのサイズは、 get-mailboxfolderstatisticsコマンドレットを使用して、制限に達していないことを確認することで定期的に監視することをお勧めします。We recommend that you periodically monitor the size of this folder by using the Get-MailboxFolderStatistics cmdlet to ensure it doesn't reach the limit. 詳しくは、次のトピックを参照してください。For more information, see:

  • すべてのメールボックスを保持の対象にする上記のコマンドでは、すべてのユーザーのメールボックスを返す受信者フィルターが使用されます。特定のメールボックスを訴訟ホールドの対象とするために、その他の受信者プロパティを使用して、 Set-Mailbox コマンドレットにパイプ処理できるそれらのメールボックスの一覧を返すことができます。The previous command to place a hold on all mailboxes uses a recipient filter that returns all user mailboxes. You can use other recipient properties to return a list of specific mailboxes that you can then pipe to the Set-Mailbox cmdlet to place a Litigation Hold on those mailboxes.

    以下に、 Get-Mailbox コマンドレットと Get-Recipient コマンドレットを使用して、共通のユーザー属性またはメールボックス属性に基づいてメールボックスのサブセットを返す例を示します。Here are some examples of using the Get-Mailbox and Get-Recipient cmdlets to return a subset of mailboxes based on common user or mailbox properties. これらの例では、関連するメールボックスのプロパティ ( _Custom属性 en_や_Department_など) が設定されていることを前提としています。These examples assume that relevant mailbox properties (such as CustomAttributeN or Department) have been populated.

    Get-Mailbox -RecipientTypeDetails UserMailbox -ResultSize unlimited -Filter 'CustomAttribute15 -eq "OneYearLitigationHold"'
    
    Get-Recipient -RecipientTypeDetails UserMailbox -ResultSize unlimited -Filter 'Department -eq "HR"'
    
    Get-Recipient -RecipientTypeDetails UserMailbox -ResultSize unlimited -Filter 'PostalCode -eq "98052"'
    
    Get-Recipient -RecipientTypeDetails UserMailbox -ResultSize unlimited -Filter 'StateOrProvince -eq "WA"'
    
    Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -Filter "RecipientTypeDetails -ne 'DiscoveryMailbox'"
    

    フィルターで他のユーザーのメールボックス プロパティを使用して、メールボックスを含めたり、除外したりすることができます。詳細については、「Filterable Properties for the -Filter Parameter」を参照してください。You can use other user mailbox properties in a filter to include or exclude mailboxes. For details, see Filterable Properties for the -Filter Parameter.