Exchange Server でのインプレースアーカイブIn-Place Archiving in Exchange Server

Exchange Server のインプレースアーカイブを使用すると、個人ストア (.pst) ファイルが不要になり、ユーザーがアーカイブメールボックスにメッセージを保存できるようになるため、組織のメッセージングデータを制御することができます。In-Place Archiving in Exchange Server helps you regain control of your organization's messaging data by eliminating the need for personal store (.pst) files and allowing users to store messages in an archive mailbox. アーカイブ メールボックスは、ユーザーのプライマリ メールボックス用に有効になる追加のメールボックスです。The archive mailbox is an additional mailbox that's enabled for a user's primary mailbox. アーカイブメールボックスは、Outlook と web 上の Outlook (旧称 Outlook Web App) でアクセス可能です。The archive mailbox is accessible in Outlook and Outlook on the web (formerly known as Outlook Web App). ユーザーはアーカイブ メールボックスを表示したり、プライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックス間でメッセージを移動またはコピーできます。Users can view an archive mailbox and move or copy messages between their primary mailbox and their archive mailbox.

ユーザーのアーカイブ メールボックスを、ユーザーのプライマリ メールボックスと同じメールボックス データベース、同じメールボックス サーバーの別のメールボックス データベース、または同じ Active Directory サイト内の別のメールボックス サーバーのメールボックス データベースに設けることができます。Exchange のハイブリッド展開では、社内組織内にあるプライマリ メールボックスに、クラウドベースのアーカイブ メールボックスを設けることもできます。You can provision a user's archive mailbox on the same mailbox database as the user's primary mailbox, a different mailbox database on the same Mailbox server, or on a mailbox database on a different Mailbox server in the same Active Directory site. In Exchange hybrid deployments, you can also provision a cloud-based archive mailbox for primary mailboxes located in your on-premises organization.

アーカイブ メールボックスへのクライアント アクセスClient access to archive mailboxes

次の表は、アーカイブ メールボックスへのアクセスに使用できるクライアント アプリケーションの一覧を示しています。The following table lists the client applications that can be used to access archive mailboxes.

クライアントClient アーカイブ メールボックスにアクセスできますか?Access to archive mailbox?
Outlook for Mac for Office 365Outlook for Mac for Office 365

Outlook 2016 for Mac 以降Outlook 2016 for Mac or later

Microsoft 365 Apps for enterpriseMicrosoft 365 Apps for enterprise

Outlook 2013 以降Outlook 2013 or later

Web 上の OutlookOutlook on the web
はい。ユーザーは、プライマリ メールボックスからアーカイブ メールボックスにアイテムをコピーまたは移動できます。また、アイテム保持ポリシーを使用してアイテムをアーカイブに移動することもできます。Yes. Users can copy or move items from their primary mailbox to their archive mailbox, and can also use retention policies to move items to the archive.

Exchange キャッシュ モードを使用するように構成しても、Outlook はユーザーのコンピューター上にアーカイブ メールボックスのローカル コピーを作成しません。ユーザーはオンライン モードでのみ、アーカイブ メールボックスにアクセスできます。Outlook doesn't create a local copy of the archive mailbox on a user's computer, even if it's configured to use Cached Exchange Mode. Users can access an archive mailbox in online mode only.
Exchange ActiveSyncExchange ActiveSync いいえNo

注意

•インプレースアーカイブはプレミアム機能で、Exchange Enterprise クライアントアクセスライセンス (CAL) が必要です。• In-Place Archiving is a premium feature and requires an Exchange Enterprise client access license (CAL). Exchange のライセンスの詳細については、「 exchange ライセンスの faq」を参照してください。For details about how to license Exchange, see Exchange licensing FAQs.
•アーカイブメールボックスにアクセスするために必要な Outlook のバージョンの詳細については、「 Exchange の機能の outlook ライセンス要件」を参照してください。• For details about the versions of Outlook that are required to access an archive mailbox, see Outlook license requirements for Exchange features.

アーカイブ メールボックスへのメッセージの移動Moving messages to the archive mailbox

ユーザーのプライマリ メールボックスからアーカイブ メールボックスにメッセージを移動するのにはいくつかの方法があります。There are several ways to move messages from a user's primary mailbox to their archive mailbox:

  • 手動でメッセージを移動またはコピーする: ユーザーは、自分のプライマリメールボックスまたは .pst ファイルからアーカイブメールボックスにメッセージを手動で移動またはコピーできます。Move or copy messages manually: Users can manually move or copy messages from their primary mailbox or a .pst file to their archive mailbox. アーカイブメールボックスは、別のメールボックス Outlook、outlook on the web、または Outlook のマウントされた .pst ファイルのように表示されます。The archive mailbox appears as another mailbox Outlook and Outlook on the web or like a mounted .pst file in Outlook.

  • 受信トレイルールを使用してメッセージを移動またはコピーする: ユーザーは、outlook または web 上の Outlook で受信トレイルールを作成して、メッセージをアーカイブメールボックス内のフォルダーに自動的に移動することができます。Move or copy messages using Inbox rules: Users can create Inbox rules in Outlook or Outlook on the web to automatically move messages to a folder in their archive mailbox.

  • アイテム保持ポリシーを使用してメッセージを移動する: アイテム保持ポリシーを使用して、メッセージをアーカイブメールボックスに自動的に移動することができます。Move messages using retention policies: You can use retention policies to automatically move messages to the archive mailbox. また、ユーザーは個人タグを適用して、メッセージをアーカイブ メールボックスに移動できます。Users can also apply personal tags to move messages to their archive mailbox. アーカイブポリシーおよびアイテム保持ポリシーの詳細については、このトピックの次のセクションを参照してください。For details about archive and retention policies, see the next section in this topic.

  • .Pst ファイルからメッセージをインポートする: Exchange Server では、メールボックスのインポート要求を使用して、.pst ファイルからユーザーのアーカイブまたはプライマリメールボックスにメッセージをインポートできます。Import messages from .pst files: In Exchange Server, you can use a mailbox import request to import messages from a .pst file to a user's archive or primary mailbox. 詳細については、「 Exchange Server でのメールボックスのインポートとエクスポート」を参照してください。For details, see Mailbox imports and exports in Exchange Server.

アーカイブ ポリシーおよびアイテム保持ポリシーArchiving and retention policies

Exchange Server では、アーカイブポリシーをメールボックスに適用して、指定した期間が経過した後に、ユーザーのプライマリメールボックスからアーカイブメールボックスにメッセージを自動的に移動することができます。In Exchange Server, you can apply archive policies to a mailbox to automatically move messages from a user's primary mailbox to the archive mailbox after a specified period. アーカイブ ポリシーは、 [アーカイブに移動する] 保存期間用のアクションを使用する保持タグを作成することで実装されます。Archive policies are implemented by creating retention tags that use the Move to Archive retention action.

メッセージは、プライマリ メールボックス内の移動元フォルダーと同じ名前のアーカイブ メールボックス内のフォルダーに移動されます。同じ名前のフォルダーがアーカイブ メールボックス内にない場合は、管理フォルダー アシスタントがメッセージを移動する際にフォルダーが作成されます。アーカイブ メールボックス内に同じフォルダー階層を再度作成すると、メッセージが検索しやすくなります。Messages are moved to a folder in the archive mailbox that has the same name as the source folder in the primary mailbox. If a folder with the same name doesn't exist in the archive mailbox, it's created when the Managed Folder Assistant moves a message. Re-creating the same folder hierarchy in the archive mailbox allows users to find messages easily.

アイテム保持ポリシー、保持タグ、および [アーカイブに移動する] 保持アクションの詳細については、「 Exchange Server の保持タグとアイテム保持ポリシー」を参照してください。To learn more about retention policies, retention tags, and the Move to Archive retention action, see Retention tags and retention policies in Exchange Server.

既定の MRM ポリシーDefault MRM policy

Exchange Server セットアッププログラムによって、default MRM policyという名前の既定のアーカイブポリシーとアイテム保持ポリシーが作成されます。Exchange Server Setup creates a default archive and retention policy named Default MRM Policy. このポリシーには、次の表に示すように、 [アーカイブに移動する] アクションを持つ保持タグが含まれます。This policy contains retention tags that have the Move to Archive action, as shown in the following table.

保持タグの名前Retention tag name タグの種類Tag type 説明Description
既定 - 2 年でアーカイブへ移動Default 2 year move to archive 既定 (DPT)Default (DPT) メッセージは 2 年後、自動的にアーカイブ メールボックスに移動されます。保持タグが明示的に適用されていないか、フォルダーから継承されていないメールボックス全体のアイテムに適用されます。Messages are automatically moved to the archive mailbox after two years. Applies to items in the entire mailbox that don't have a retention tag applied explicitly or inherited from the folder.
個人 - 1 年でアーカイブへ移動Personal 1 year move to archive 個人Personal メッセージは 1 年後、自動的にアーカイブ メールボックスに移動されます。Messages are automatically moved to the archive mailbox after one year.
個人 - 5 年でアーカイブへ移動Personal 5 year move to archive 個人Personal メッセージは 5 年後、自動的にアーカイブ メールボックスに移動されます。Messages are automatically moved to the archive mailbox after five years.
個人 - アーカイブへ移動しないPersonal never move to archive 個人Personal メッセージはアーカイブ メールボックスに移動されません。Messages are never moved to the archive mailbox.
回復可能なアイテム - 14 日でアーカイブへ移動Recoverable Items 14 days move to archive 回復可能なアイテム フォルダーRecoverable Items Folder メッセージは、ユーザーのプライマリ メールボックスの回復可能なアイテム フォルダーから、アーカイブ メールボックスの回復可能なアイテム フォルダーに移動されます。アーカイブ メールボックス内の削除済みアイテムの復元を試みる場合は、アーカイブ メールボックスで削除済みアイテムの回復ツールを使用する必要があります。Messages are moved from the Recoverable Items folder in the user's primary mailbox to the Recoverable Items folder in the archive mailbox. Users attempting to recover deleted items in their archive mailbox must use the Recover Deleted Items tool in the archive mailbox.

メールボックス ユーザーに対してインプレース アーカイブを有効にしているが、メールボックスにアイテム保持ポリシーを割り当てていない場合、既定のアーカイブ ポリシーおよびアイテム保持ポリシーが自動的に割り当てられます。管理フォルダー アシスタントによってメールボックスが処理されると、これらのタグをユーザーが使用できるようになります。その後、ユーザーは、アーカイブ メールボックスに移動するフォルダーまたはメッセージにタグを付けることができます。既定では、2 年後にメールボックス全体からアーカイブに電子メール メッセージが移動されます。If you enable an In-Place Archive for a mailbox user and the mailbox doesn't already have a retention policy assigned, the default archive and retention policy is automatically assigned. After the Managed Folder Assistant processes the mailbox, these tags become available to the user, who can then tag folders or messages to be moved to the archive mailbox. By default, email messages from the entire mailbox are moved to the archive after two years.

ユーザーのアーカイブ メールボックスを準備する前に、ユーザーのメールボックスに適用するアーカイブ ポリシーをユーザーに通知し、ユーザーのニーズに合ったトレーニングまたはドキュメントをユーザーに提供することをお勧めします。これには、以下についての詳細を含める必要があります。Before provisioning archive mailboxes for your users, we recommend that you inform them about the archive policies that will be applied to their mailbox and provide subsequent training or documentation to meet their needs. This should include details about the following:

  • アーカイブ内で利用できる機能、既定のアーカイブ ポリシーとアイテム保持ポリシー。Functionality available within the archive, and the default archive retention policies.

  • メッセージがアーカイブへ自動的に移動されるタイミングに関する情報。Information about when messages are automatically moved to the archive.

  • アーカイブ メールボックス内に作成されるフォルダー階層についての情報。Information about the folder hierarchy created in the archive mailbox.

  • 個人タグの適用方法 (Outlook および Web 上の Outlook では [アーカイブ ポリシー] メニューに表示されます)。How to apply personal tags (displayed in the Archive policy menu in Outlook and Outlook on the web).

注意

アーカイブ メールボックスを持つユーザーにアイテム保持ポリシーを適用すると、アイテム保持ポリシーによって既定の MRM ポリシーが置き換えられます。 [アーカイブに移動する] アクションを持つ 1 つ以上の保持タグを作成し、それらのタグをアイテム保持ポリシーにリンクすることができます。セットアップによって作成され、既定の MRM ポリシーにリンクされた既定の [アーカイブに移動する] タグを、作成した任意のアイテム保持ポリシーに追加することもできます。If you apply a retention policy to users who have an archive mailbox, the retention policy replaces the default MRM policy. You can create one or more retention tags with the Move to Archive action, and then link the tags to the retention policy. You can also add the default Move to Archive tags (which are created by Setup and linked to the Default MRM Policy) to any retention policies you create.

アーカイブ クォータArchive quotas

アーカイブ メールボックスは、ユーザーが自分のプライマリ メールボックス外に過去のメッセージング データを保存できるように設計されています。メールボックスの格納域の制限が小さく、これらのクォータを超えたときに制限が課されるために、ユーザーは .pst ファイルを使用することがよくあります。たとえば、メールボックスのサイズが送信禁止クォータを超えた場合、ユーザーはメッセージを送信できなくなります。同様に、メールボックスのサイズが送受信禁止クォータを超えた場合、ユーザーはメッセージの送受信を行えなくなります。Archive mailboxes are designed so that users can store historical messaging data outside their primary mailbox. Often, users use .pst files due to low mailbox storage quotas and the restrictions imposed when these quotas are exceeded. For example, users can be prevented from sending messages when their mailbox size exceeds the Prohibit send quota. Similarly, users can be prevented from sending and receiving messages when their mailbox size exceeds the Prohibit send and receive quota.

.pst ファイルを使用しなくてもよいように、アーカイブ メールボックスにユーザーの要件に合った格納域の制限を設定できます。ただし、アーカイブ メールボックスのコストと増大の監視に役立てるために、格納域の制限とアーカイブ メールボックスの増大をある程度制御する必要がある場合があります。To eliminate the need for .pst files, you can provide an archive mailbox with storage limits that meet the user's requirements. However, you may still want to retain some control of the storage quotas and growth of archive mailboxes to help monitor costs and expansion.

この制御に役立てるために、アーカイブ警告クォータおよびアーカイブ クォータを使用して、アーカイブ メールボックスを構成できます。To help with this control, you can configure archive mailboxes with an archive warning quota and an archive quota. アーカイブ メールボックスが指定したアーカイブ警告クォータを超えると、警告イベントがアプリケーション イベント ログに記録されます。When an archive mailbox exceeds the specified archive warning quota, a warning event is logged in the Application event log. アーカイブ メールボックスが指定したアーカイブ クォータを超えると、メッセージがアーカイブに移動されなくなり、警告イベントがアプリケーション イベント ログに記録され、クォータ メッセージがメールボックス ユーザーに送信されます。When an archive mailbox exceeds the specified archive quota, messages are no longer moved to the archive, a warning event is logged in the Application event log, and a quota message is sent to the mailbox user. 既定では、Exchange Server では、アーカイブ警告クォータは 90 GB に設定され、アーカイブクォータは 100 GB に設定されます。By default, in Exchange Server, the archive warning quota is set to 90 GB and the archive quota is set to 100 GB.

次の表は、アーカイブ警告クォータとアーカイブ クォータが一致したときに記録されるイベント、および送信される警告メッセージを一覧しています。The following table lists the events logged and warning messages sent when the archive warning quota and archive quota are met.

クォータQuota イベント IDEvent ID 種類Type ソースSource カテゴリCategory メッセージMessage
アーカイブ警告クォータArchive warning quota 1002210022 警告Warning MSExchangeMailboxAssistantsMSExchangeMailboxAssistants 管理フォルダー アシスタントManaged Folder Assistant The archive mailbox '<Display Name>:<GUID>:<Mailbox Database>:<Server FQDN>' exceeded the archive warning quota '<Archive warning quota>'. Archive mailbox size is '<Size>' bytes.
アーカイブ クォータArchive quota 85378537 警告Warning MSExchangeISMSExchangeIS 全般General The archive mailbox for <Legacy DN> has exceeded the maximum archive mailbox size. You can't copy or move items into the archive mailbox. All message retention actions that move items to the archive mailbox will fail, and the primary mailbox may contain items with expired retention tags until the archive mailbox is within the maximum size limit. The mailbox owner should be notified about the condition of the archive mailbox.

インプレース アーカイブと他の Exchange 機能In-Place Archiving and other Exchange features

ここでは、インプレース アーカイブとさまざまな Exchange 機能での機能性について説明します。This section explains the functionality between In-Place Archiving and various Exchange features:

  • Exchange Search: メッセージをすばやく検索する機能は、アーカイブメールボックスに関してさらに重要になります。Exchange Search: The ability to quickly search messages becomes even more critical with archive mailboxes. Exchange Search については、プライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックスとの間に違いはありません。For Exchange Search, there's no difference between the primary and archive mailbox. 両方のメールボックスのコンテンツにはインデックスが付きます。Content in both mailboxes is indexed. Outlook を Exchange キャッシュ モードで使用している場合でもユーザーのコンピューターにはアーカイブ メールボックスがキャッシュされないため、アーカイブの検索結果は常に Exchange Search によって提供されます。Because the archive mailbox isn't cached on a user's computer (even when using Outlook in Cached Exchange Mode), search results for the archive are always provided by Exchange Search. Outlook 以降および Web 上の Outlook でメールボックス全体を検索すると、検索結果にはユーザーのプライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックスが含まれます。When searching the entire mailbox in Outlook and later and Outlook on the web, search results include the users' primary and archive mailbox.

  • インプレース電子情報開示: 検出マネージャーがインプレース電子情報開示検索を実行すると、ユーザーのアーカイブメールボックスも検索されます。In-Place eDiscovery: When a discovery manager performs an In-Place eDiscovery search, users' archive mailboxes are also searched. Exchange 管理センター (EAC) から探索検索を作成する際にアーカイブ メールボックスを除外することはできません。There's no option to exclude archive mailboxes when creating a discovery search from the Exchange admin center (EAC). Exchange 管理シェルを使用して探索検索を作成する場合は、「」と_いうスイッチを_使用してアーカイブを除外することができます。When using the Exchange Management Shell to create a discovery search, you can exclude the archive by using the DoNotIncludeArchive switch. 詳細については、「 New-MailboxSearch」を参照してください。For details, see New-MailboxSearch. 詳細については、「 Exchange Server のインプレース電子情報開示」を参照してください。To learn more, see In-Place eDiscovery in Exchange Server.

  • インプレース保持と訴訟ホールド: メールボックスをインプレース保持または訴訟ホールドの対象にすると、プライマリメールボックスとアーカイブメールボックスの両方にホールドが適用されます。In-Place Hold and Litigation Hold: When you put a mailbox on In-Place Hold or Litigation Hold, the hold is placed on both the primary and the archive mailbox. 詳細については、「 Exchange Server でのインプレースホールドと訴訟ホールド」を参照してください。To learn more, see In-Place Hold and Litigation Hold in Exchange Server.

  • 回復可能なアイテムフォルダー: アーカイブメールボックスには、独自の回復可能なアイテムフォルダーが含まれており、プライマリメールボックスと同じ回復可能なアイテムフォルダーのクォータが適用されます。Recoverable Items folder: The archive mailbox contains its own Recoverable Items folder and is subject to the same Recoverable Items folder quotas as the primary mailbox. 回復可能なアイテムの詳細については、「 Exchange Server の回復可能なアイテムフォルダー」を参照してください。To learn more about recoverable items, see Recoverable Items folder in Exchange Server.

  • Exchange の Skype For business コンテンツをアーカイブする: ユーザーのプライマリメールボックスでインスタントメッセージングの会話および共有のオンライン会議ドキュメントをアーカイブできます。Archiving Skype for Business content in Exchange: You can archive instant messaging conversations and shared online meeting documents in the user's primary mailbox. メールボックスは Exchange メールボックスサーバー上に存在する必要があり、組織内に Skype for Business Server 2015 が展開されている必要があります。The mailbox must reside on an Exchange Mailbox server and you must have Skype for Business Server 2015 deployed in your organization.

アーカイブ メールボックスの管理Managing archive mailboxes

Exchange Server では、アーカイブメールボックスの作成と管理は、一般的なメールボックス管理タスクと統合されています。In Exchange Server, creating and managing archive mailboxes is integrated with common mailbox management tasks. 手順ごとの手順については、「 Exchange Server でインプレースアーカイブを管理する」を参照してください。For step by step procedures, see Manage In-Place Archives in Exchange Server.

  • アーカイブメールボックスの作成: 既存のメールボックスのアーカイブメールボックスを有効にすることも、新しいメールボックスを作成するときにアーカイブメールボックスを作成することもできます。Creating an archive mailbox: You can enable an archive mailbox for an existing mailbox or you can create an archive mailbox when creating a new mailbox. ..

  • アーカイブメールボックスの移動: ユーザーのアーカイブメールボックスを、プライマリメールボックスから独立して、同じメールボックスサーバー上の別のメールボックスデータベース、または別のサーバーに移動できます。Moving an archive mailbox: You can move a user's archive mailbox to another mailbox database on the same Mailbox server or to another server, independent of the primary mailbox. ユーザーのアーカイブ メールボックスを移動するには、メールボックスの移動要求を作成する必要があります。To move a user's archive mailbox, you must create a mailbox move request. 詳細については、「 Exchange Server でオンプレミスのメールボックスの移動を管理する」を参照してください。For details, see Manage on-premises mailbox moves in Exchange Server.

  • アーカイブメールボックスの無効化: トラブルシューティングを目的として、または、インプレースアーカイブをサポートしていないバージョンの Exchange にプライマリメールボックスを移動する場合は、ユーザーのアーカイブメールボックスを無効にすることができます。Disabling an archive mailbox: You may want to disable a user's archive mailbox for troubleshooting purposes or if you're moving the primary mailbox to a version of Exchange that doesn't support In-Place Archiving. アーカイブの無効化は、プライマリ メールボックスの無効化と似ています。Disabling an archive is similar to disabling a primary mailbox. 社内展開では、無効にしたアーカイブ メールボックスは、メールボックス データベースの削除済みメールボックスの保持期間になるまで、メールボックス データベース内に保持されます。In on-premises deployments, a disabled archive mailbox is retained in the mailbox database until the deleted mailbox retention period for that database is reached. この期間中であれば、無効にした同じアーカイブ メールボックスを、ユーザーのプライマリ メールボックスに再接続できます。During this period, you can reconnect the same disabled archive mailbox to a user's primary mailbox. 削除済みメールボックスの保持期間が経過すると、未接続のアーカイブ メールボックスは、メールボックス データベースから削除されます。When the deleted mailbox retention period is reached, the disconnected archive mailbox is purged from the mailbox database.

  • メールボックス統計およびフォルダー統計情報の取得: get-mailboxstatisticsおよびget-mailboxfolderstatisticsコマンドレットを使用して_アーカイブ_スイッチを使用すると、ユーザーのアーカイブメールボックスのメールボックス統計情報とメールボックスフォルダー統計情報を取得できます。Retrieving mailbox statistics and folder statistics: You can retrieve mailbox statistics and mailbox folder statistics for a user's archive mailbox by using the Archive switch with the Get-MailboxStatistics and Get-MailboxFolderStatistics cmdlets.

  • テストアーカイブ接続: Exchange Server では、 test-archiveconnectivityコマンドレットを使用して、指定したユーザーのオンプレミスまたはクラウドベースのアーカイブメールボックスへの接続をテストできます。Test archive connectivity: In Exchange Server, you can use the Test-ArchiveConnectivity cmdlet to test connectivity to a specified user's on-premises or cloud-based archive mailbox.