Exchange Server でのユーザーワークロード管理User workload management in Exchange Server

ユーザー ワークロード管理を使用すると、ユーザーが Exchange システム リソースを消費する方法を制御できます。User workload management allows you to control how Exchange system resources are consumed by users. この機能は、Exchange 2010 で使用できました (ユーザー調整と呼ばれます)。 exchange 2013 では現在のレベルまで拡張されています。This feature was available in Exchange 2010 (known as user throttling), and was expanded to its current level in Exchange 2013.

ワークロードは、Exchange サーバーのシステムリソースを管理するために明示的に定義された機能、プロトコル、またはサービスです。A workload is a feature, protocol, or service that's been explicitly defined to manage system resources on Exchange servers. 各ワークロードは、Exchange サーバーのシステム リソース (例: CPU、メモリ、ネットワーク、ディスク帯域幅) を消費します。Each workload consumes system resources on the Exchange server (for example CPU, memory, network, and disk bandwidth). ワークロードには、Web 上の Outlook (旧称 Outlook Web App)、Exchange ActiveSync、メールボックス移行、メールボックス アシスタントなどがあります。Examples of workloads include Outlook on the web (formerly known as Outlook Web App), Exchange ActiveSync, mailbox migration, and mailbox assistants.

Exchange システム リソースのユーザー消費を制御するControl the user consumption of Exchange system resources

既定では、ユーザー ワークロード設定により、帯域幅を減少させることなく短期間のリソース消費量を増やすことができます。リソースへのユーザーのアクセスを制限できるため、ロックアウトされるリソース大量消費者のインスタンスが少なくなります。ユーザーの回復速度を設定することで、ユーザーのリソース消費をさらに予算化することができます。ユーザー ワークロード管理での重要な概念については、次のリストに記載されています。By default, the user workload settings allow users to increase their resource consumption for brief periods without experiencing a reduction in bandwidth. Because you can limit user access to resources, there are fewer instances of large resource consumers being locked out. You can further budget user resource consumption by setting a recharge rate for users. The important concepts for user workload management are describe in this list:

  • バースト制限: ユーザーは、調整を行わずに、より多くのリソース消費時間を短縮できます。Burst allowances: Allows users perform short periods of increased resource consumption without experiencing any throttling.

  • 充電率: 予算システムを使用してユーザーリソースの使用量を管理し、割り当て時間中にユーザーの割り当てをチャージする速度 (予算の増加量) を指定します。Recharge rate: Uses a budget system to manage user resource consumption, and specifies the rate at which the user's budget is charged (how much the budget grows by) during the budget time. たとえば、予算時間が 1 時間の場合、600,000 ミリ秒の回復速度の値は、ユーザーのリソース割り当て量が 1 時間のうちの 10 分間に使用される割合で回復されることを示します。For example, if the budget time is one hour, a recharge rate value of 600,000 milliseconds indicates that resource budgets for users are recharged at the rate of ten minutes of usage per hour.

  • トラフィックシェイプ (ミクロディレイ): ユーザーのリソース使用量が、特定の時間間隔に対して構成された制限値に達するまでの短い時間を遅らせて動作します。Traffic shaping (microdelays): Works by delaying the user for short periods of time when their resource usage reaches the configured limit over a specific time interval. この遅延は非常に短時間 (ユーザーは通常、遅延に気づかない)、リソースの使用が原因で Exchange サーバーのパフォーマンスに大きく影響する前に発生します。This delay occurs for very short periods of time (users generally don't notice the delay), and well before the resource consumption causes a significant impact the Exchange server's performance. トラフィックシェイプは、ユーザーの生産性をブロックすることなく、Exchange サーバーの可用性を維持します。ユーザーのロックアウトよりもユーザーへの影響が少なく、ユーザーのロックアウトの可能性が大幅に減少します。Traffic shaping preserves the availability of the Exchange server without blocking user productivity, has less user impact than a user lockout, and significantly reduces the chance of a user lockout.

  • 最大使用率: ユーザーリソースの最大しきい値に達したユーザーを一時的にブロックします (短時間間隔で大量のリソースが消費されます)。Maximum usage: Temporarily blocks a user who reaches a maximum user resource threshold (the user consumes an unusually high amount of resources over a short time interval). リソース配分状況が一時的にブロックされた状態のユーザーは、リソース配分の予算が許可されると (予算が回復すると) すぐにブロック解除されます。Users who are temporarily blocked from resource usage are unblocked as soon as their resource usage budget allows it (as their budgets are recharged).

以下のコマンドレットを使用して Exchange 管理シェル のユーザー ワークロード設定を管理します。You manage user workload settings with these cmdlets in the Exchange Management Shell:

ユーザー ワークロード設定のスコープScopes in user workload settings

既定では、という名前GlobalThrottlingPolicyの調整ポリシーが1つあります。By default, there's one throttling policy named GlobalThrottlingPolicy. このポリシーのスコープの値は Global で、組織内のすべてのユーザーに適用されることを意味します。This policy has the scope value Global, which means it applies to all users in the organization. 通常、既定の調整ポリシーの設定で、Exchange 組織のほとんどのユーザーは十分に対応できます。Typically, the settings in the default throttling policy are adequate for users in most Exchange organizations. 既定の調整ポリシーをカスタマイズする代わりに、既定のポリシーとは異なる設定のユーザー調整ポリシーを作成できます。Instead of customizing the default throttling policy, you can create custom throttling policies that have different settings that the default policy. ユーザー調整ポリシーで使用できるスコープは次のとおりです。The scopes that are available in custom throttling policies are:

  • 組織: 調整の設定は、組織内のすべてのユーザーに適用されます。Organization: The throttling settings apply to all users in the organization.

  • Regular: 組織内の特定のユーザーのみに適用される調整設定。Regular: The throttling settings that apply only to specific users in the organization.

調整ポリシーの優先順位は次のとおりです。The order of precedence for throttling polices are:

  1. スコープの値が Regular の調整ポリシーは、Organization ポリシーと既定の調整ポリシーより優先度の高いユーザーに適用されます。Throttling policies with the scope value Regular are applied to users before Organization policies and the default throttling policy.

  2. スコープの値が Organization の調整ポリシーは、既定の調整ポリシーより優先度の高いユーザーに適用されます。Throttling policies with the scope value Organization are applied to users before the default throttling policy.

  3. 既定の調整ポリシーは、最後に適用されるか、Regular または Organization ポリシーに該当しないユーザーにのみ適用されます。The default throttling policy is applied last, or exclusively to users who don't have Regular or Organization policies assigned to them.

ユーザー調整ポリシーを作成する場合は、既定の調整ポリシーとは異なる設定にする必要があります。Regular ポリシー、Organization ポリシー、既定のポリシーの設定をあらかじめ別々にしておく必要があります (たとえば、制限の少ないものから多いものへ、あるいはその逆など)。If you create custom throttling policies, the settings should be different than the default throttling policy, and you should plan for the difference in settings from Regular policies to Organization policies to the default policy (for example, least restrictive to most restrictive, or vice-versa).

注意

既定のポリシーの変更は今後の Exchange の更新によって上書きされる可能性があるため、既定の調整ポリシーを変更しないことを強くお勧めします。代わりに、カスタマイズした設定が含まれているユーザー設定の調整ポリシーを作成する必要があります。We strongly recommend that you don't modify the default throttling policy, because changes to the default policy could be overwritten by future Exchange updates. Instead, you should create custom throttling policies that contain customized settings.

Exchange 2010 の共存環境におけるユーザー調整User throttling in Exchange 2010 coexistence environments

Exchange 2016 サーバーにメールボックスを持つユーザーは、Exchange 2016 を Exchange 2010 の組織にインストールした場合でも、Exchange 2016 の調整機能によって調整されます。このリストには、共存環境での調整に関する重要な考慮事項が記載されています。Users with mailboxes on Exchange 2016 servers are throttled using Exchange 2016 throttling features, even if you install Exchange 2016 in an Exchange 2010 organization. This list describes the important considerations for throttling in coexistence environments:

  • ユーザーが Exchange 2010 のクライアント アクセス サーバー経由でメールボックスにアクセスすると、Exchange 2010 のメールボックスは Exchange 2010 の調整機能によって調整されたままとなります。Exchange 2010 mailboxes remain throttled by Exchange 2010 throttling features when users access their mailboxes through Exchange 2010 Client Access servers.

  • Exchange 2016 を Exchange 2010 組織にインストールすると、Exchange 2016 のセットアップによって Exchange 2010 の調整設定の一部が転送される可能性があります。しかし、調整機能はまったく異なるため、通常は、従来の調整設定によって Exchange 2016 での調整方法が変更されることはありません。When you install Exchange 2016 in an Exchange 2010 organization, Exchange 2016 setup might try to carry some of the Exchange 2010 throttling settings forward. However, the throttling functionality is so different that the effects of any legacy throttling settings will generally not alter how throttling works in Exchange 2016.