Microsoft Teams のクライアントを取得するGet clients for Microsoft Teams

Microsoft Teams には、デスクトップ (Windows、Mac、Linux)、Web、モバイル (Android および iOS) で利用できるクライアントがあります。Microsoft Teams has clients available for desktop (Windows, Mac, and Linux), web, and mobile (Android and iOS). これらのクライアントすべてにアクティブなインターネット接続が必要で、オフライン モードはサポートされていません。These clients all require an active internet connection and do not support an offline mode.

注意

別のプラットフォームでの機能についての詳細は、「プラットフォームごとの Teams の機能」を参照してください。For details about each clients' capabilities on different platforms, see Teams features by platform.

2018 年 11 月 29 日付で、Microsoft Store から入手可能な Microsoft Teams の Windows 10 S (プレビュー) アプリが使用できなくなります。Effective November 29, 2018, you'll no longer be able to use the Microsoft Teams for Windows 10 S (Preview) app, available from the Microsoft Store. 代わりに、Windows 10 S モードを実行しているデバイスに、Teams デスクトップ クライアントをダウンロードしてインストールできるようになりました。Instead, you can now download and install the Teams desktop client on devices running Windows 10 S mode. デスクトップ クライアントをダウンロードするには、https://teams.microsoft.com/downloads にアクセスしてください。To download the desktop client, go to https://teams.microsoft.com/downloads. Teams デスクトップ クライアントの MSI ビルドは、Windows 10 S モードを実行しているデバイスではまだ利用できません。MSI builds of the Teams desktop client are not yet available for devices running Windows 10 S mode.

Windows 10 S モードの詳細については、「Windows 10 (S モード) について」を参照してください。For more information about Windows 10 S mode, see Introducing Windows 10 in S mode.

デスクトップ クライアントDesktop client

ヒント

Windows Desktop Clientの効果、計画や展開の方法については次のセッションを参照してください。Teams Windows Desktop ClientWatch the following session to learn about the benefits of the Windows Desktop Client, how to plan for it, and how to deploy it: Teams Windows Desktop Client

Microsoft Teams デスクトップ クライアントはスタンドアロン アプリケーションであり、Microsoft 365 Apps for enterprise でも利用できますThe Microsoft Teams desktop client is a standalone application and is also available in Microsoft 365 Apps for enterprise. Teams は、32 ビット版と 64 ビット版の Windows (8.1 以降)、ARM 上の Windows 10 用の ARM 64、および Windows Server (2012 R2 以降) に加えて、macOS および Linux (.deb 形式と .rpm 形式) でも利用できます。Teams is available for 32-bit and 64-bit versions of Windows (8.1 or later), ARM64 for Windows 10 on ARM, and Windows Server (2012 R2 or later), as well as for macOS and Linux (in .deb and .rpm formats). Windows で Teams を使用するには .NET Framework 4.5 以降が必要です。.NET Framework 4.5 以降がない場合は、Teams のインストーラーがお客様の代わりにインストールすることを提案します。On Windows, Teams requires .NET Framework 4.5 or later; the Teams installer will offer to install it for you if you don't have it. Linux では、aptyum などのパッケージ マネージャーにより、要件すべてのインストールが自動的に試みられます。On Linux, package managers such as apt and yum will try to install any requirements for you. しかし、インストールされない場合は、Linux に Teams をインストールする前に、報告されている要件すべてをユーザーがインストールする必要があります。However, if they don't then you will need to install any reported requirements before installing Teams on Linux.

デスクトップ クライアントは、チーム会議、グループ通話、およびプライベートな 1 対 1 での通話に対応するリアルタイム通信のサポート (オーディオ、ビデオ、およびコンテンツ共有) を提供します。The desktop clients provide real-time communications support (audio, video, and content sharing) for team meetings, group calling, and private one-on-one calls.

デスクトップ クライアントは、適切なローカルのアクセス許可を持っているエンド ユーザーによって、https://teams.microsoft.com/downloads から直接ダウンロードおよびインストールできます (管理者権限は、Teams クライアントを PC にインストールする場合には必要ありませんが、Mac では必要になります) 。Desktop clients can be downloaded and installed by end users directly from https://teams.microsoft.com/downloads if they have the appropriate local permissions (admin rights are not required to install the Teams client on a PC but are required on a Mac).

注意

Chromebook に Teams をインストールする方法についての詳細情報については、「Chromebook に Microsoft Office をインストールして実行する方法」を参照してください。For more details about installing Teams on a Chromebook, please see How to install and run Microsoft Office on a Chromebook.

IT 管理者は、組織内のコンピューターにインストール ファイルを配布する方法を選択できます。IT admins can choose their preferred method to distribute the installation files to computers in their organization. Microsoft Endpoint Configuration Manager (Windows) や Jamf Pro (macOS) などを選択できます。Some examples include Microsoft Endpoint Configuration Manager (Windows) or Jamf Pro (macOS). Windows ディストリビューションの MSI パッケージを取得するには、MSI を使用して Microsoft Teams をインストールするを参照ください。To get the MSI package for Windows distribution, see Install Microsoft Teams using MSI.

注意

これらのメカニズムによるクライアントの配布は、Microsoft Teams クライアントの初回インストール時にのみ利用でき、それ以降の更新では利用できません。Distribution of the client via these mechanisms is only for the initial installation of Microsoft Team clients and not for future updates.

WindowsWindows

Windows での Microsoft Teams のインストールでは、32 ビットと 64 ビット アーキテクチャでダウンロード可能なインストーラーが提供されます。The Microsoft Teams installation for Windows provides downloadable installers in 32-bit and 64-bit architecture.

注意

Microsoft Teams のアーキテクチャ (32 ビットと 64 ビット) はインストールされている Windows および Office のアーキテクチャに依存しません。The architecture (32-bit vs. 64-bit) of Microsoft Teams is agnostic to the architecture of Windows and Office that is installed.

Windows クライアントは、ユーザーのプロファイルの AppData フォルダーに展開されます。The Windows client is deployed to the AppData folder located in the user’s profile. ユーザーのローカル プロファイルへの展開で、権限を必要とせずクライアントをインストールする事ができます。Deploying to the user’s local profile allows the client to be installed without requiring elevated rights. Windows クライアントは、次の場所を利用します。The Windows client leverages the following locations:

  • %LocalAppData%\Microsoft\Teams%LocalAppData%\Microsoft\Teams

  • %LocalAppData%\Microsoft\TeamsMeetingAddin%LocalAppData%\Microsoft\TeamsMeetingAddin

  • %AppData%\Microsoft\Teams%AppData%\Microsoft\Teams

  • %LocalAppData%\SquirrelTemp%LocalAppData%\SquirrelTemp

ユーザーが Microsoft Teams クライアントを使用して初めて通話を開始する時は、ユーザーに通信の許可を求める Windows ファイアウォール設定の警告が通知される場合があります。When users initiate a call using the Microsoft Teams client for the first time, they might notice a warning with the Windows firewall settings that asks for users to allow communication. 警告を受け入れなくても通話は機能するため、このメッセージを無視するように指示される場合があります。Users might be instructed to ignore this message because the call will work, even when the warning is dismissed.

[Windows セキュリティの重要な警告] ダイアログのスクリーンショット。

注意

Windows ファイアウォールの設定は、[キャンセル] を選択してプロンプトを閉じた場合でも変更されます。Windows Firewall configuration will be altered even when the prompt is dismissed by selecting “Cancel”. TCP プロトコルと UDP プロトコルの両方の許可アクションで、teams.exe の 2 つの受信ルールが作成されます。 Two inbound rules for teams.exe will be created with Allow action for both TCP and UDP protocols.

ユーザーが Teams で最初の通話を行うときに、ファイアウォール ルールの作成が要求されないようにする場合は、下に示す「PowerShell のサンプル スクリプト - 受信ファイアウォール ルール」を使用します。If you want to prevent Teams from prompting users to create firewall rules when the users make their first call from Teams, use the Sample PowerShell script - inbound firewall rule below.

MacMac

Mac ユーザーは、macOS コンピューターのパッケージ インストール ファイルを使用して、Teams をインストールできます。Mac users can install Teams by using a PKG installation file for macOS computers. Mac クライアントをインストールするには、管理者権限が必要です。Administrative access is required to install the Mac client. macOS クライアントは /Applications フォルダーにインストールされます。The macOS client is installed to the /Applications folder.

パッケージ ファイルを使用して Teams をインストールします。Install Teams by using the PKG file

  1. Teams のダウンロード ページの、Mac で、Download をクリックします。From the Teams download page, under Mac, click Download.
  2. パッケージ ファイルをダブルクリックします。Double click the PKG file.
  3. インストール ウィザードに従ってインストールを完了します。Follow the installation wizard to complete the installation.
  4. Teams は、/Applications フォルダーにインストールされます。Teams will be installed to /Applications folder. これはコンピューター全体のインストールです。It is a machine-wide installation.

注意

インストール時に、パッケージが管理者認証情報を要求します。During the installation, the PKG will prompt for admin credentials. ユーザーは、管理者であるかどうかに関係なく、管理者認証情報を入力する必要があります。The user needs to enter the admin credentials, regardless of whether or not the user is an admin.

もしユーザーが現時点で Teams の DMG インストールをしていて、パッケージのインストールと置き換えたい場合は、以下を実行してください。If a user currently has a DMG installation of Teams and wants to replace it with the PKG installation, the user should:

  1. Teams アプリを終了します。Exit the Teams app.
  2. Teams アプリをアンインストールします。Uninstall the Teams app.
  3. パッケージ ファイルをインストールします。Install the PKG file.

IT 管理者は、Teams の管理の展開を使用して、Jamf Pro などの組織のすべての Mac にインストール ファイルを配布することができます。IT admins can use managed deployment of Teams to distribute the installation files to all Macs in their organization, such as Jamf Pro.

注意

パッケージのインストールで問題が発生した場合は、報告してください。If you experience issues installing the PKG, let us know. この記事の最後の フィードバック セクションで、製品のフィードバック をクリックします。In the Feedback section at the end of this article, click Product feedback.

LinuxLinux

ユーザーは、ネイティブの Linux パッケージを .deb 形式と .rpm 形式でインストールできます。Users will be able to install native Linux packages in .deb and .rpm formats. DEB パッケージか RPM パッケージをインストールすると、パッケージ リポジトリが自動的にインストールされます。Installing the DEB or RPM package will automatically install the package repository.

  • DEB https://packages.microsoft.com/repos/ms-teams stable mainDEB https://packages.microsoft.com/repos/ms-teams stable main
  • RPM https://packages.microsoft.com/yumrepos/ms-teamsRPM https://packages.microsoft.com/yumrepos/ms-teams

システムのパッケージ マネージャーを使用して自動更新を有効にするための署名キーが自動的にインストールされます。The signing key to enable auto-updating using the system's package manager is installed automatically. ただし、これは https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc にもあります。However, it can also be found at: https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc. Microsoft Teams は毎月更新されており、リポジトリが正常にインストールされていれば、システム上の他のパッケージと同様に、システム パッケージ マネージャーによって自動更新が処理されます。Microsoft Teams ships monthly and if the repository was installed correctly, then your system package manager should handle auto-updating in the same way as other packages on the system.

注意

バグが見つかった場合は、クライアント内から Report a Problem を使用してご報告ください。If you find a bug, submit it using Report a Problem from within the client. 既知の問題については、「組織で Teams をサポートする」を参照してください。For known issues, see Support Teams in your organization. Linux 向けの Teams のサポートについては、Microsoft Q&A の Linux フォーラム サポート チャネル をご利用いただけます。For Teams for Linux support you can use the Linux forum support channel on Microsoft Q&A. 質問を投稿するときは、必ず teams-linux タグを使用してください。Be sure to use the teams-linux tag when posting questions.

DEB パッケージを使用して Teams をインストールするInstall Teams using DEB package

  1. https://aka.ms/getteams からパッケージをダウンロードします。Download the package from https://aka.ms/getteams.
  2. 次のいずれかの方法でインストールします。Install using one of the following:
    • 適切なパッケージ管理ツールを開き、Linux アプリのセルフガイド インストール プロセスを実行します。Open the relevant package management tool and go through the self-guided Linux app installation process.
    • ターミナルから実行する場合は、「sudo dpkg -i **teams download file**」と入力します。Or if you love Terminal, type: sudo dpkg -i **teams download file**

Teams は、アクティビティから起動することも、ターミナルから「teams」と入力して起動することもできます。You can launch Teams via Activities or via Terminal by typing teams.

RPM パッケージを使用して Teams をインストールするInstall Teams using RPM package

  1. https://aka.ms/getteams からパッケージをダウンロードします。Download the package from https://aka.ms/getteams.
  2. 次のいずれかの方法でインストールします。Install using one of the following:
    • 適切なパッケージ管理ツールを開き、Linux アプリのセルフガイド インストール プロセスを実行します。Open the relevant package management tool and go through the self-guided Linux app installation process.
    • ターミナルから実行する場合は、「sudo yum install **teams download file**」と入力します。Or if you love Terminal, type: sudo yum install **teams download file**

Teams は、アクティビティから起動することも、ターミナルから「teams」と入力して起動することもできます。You can launch Teams via Activities or via Terminal by typing teams.

コマンド ラインから手動でインストールするInstall manually from the command line

Debian や Ubuntu のディストリビューションには、次のようにして手動でインストールします。Install manually on Debian and Ubuntu distributions:

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -

sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/ms-teams stable main" > /etc/apt/sources.list.d/teams.list'

sudo apt update
sudo apt install teams

RHEL、Fedora、CentOS ベースのディストリビューションには、次のようにして手動でインストールします。Install manually on RHEL, Fedora and CentOS based distributions:

sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc

sudo sh -c 'echo -e "[teams]\nname=teams\nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/ms-teams\nenabled=1\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/yum.repos.d/teams.repo'

sudo dnf check-update
sudo dnf install teams

dnf の代わりに yum を使用する場合は、次のようにします。Alternatively, to use yum instead of dnf:

yum check-update
sudo yum install teams

openSUSE ベースのディストリビューションには、次のようにして手動でインストールします。Install manually on openSUSE based distributions:

sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc

sudo sh -c 'echo -e "[teams]\nname=teams\nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/ms-teams\nenabled=1\nautorefresh=1\nkeeppackages=0\ntype=rpm-md\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/zypp/repos.d/teams.repo'

sudo zypper refresh
sudo zypper install teams

Web クライアントWeb client

Web クライアント (https://teams.microsoft.com) は、さまざまなブラウザーから使用できる、完全な機能クライアントです。The web client (https://teams.microsoft.com) is a full, functional client that can be used from a variety of browsers. Web クライアントは WebRTC を使用することによって通話と会議をサポートするため、Web ブラウザーで Teams を実行するためのプラグインやダウンロードの必要がありません。The web client supports Calling and Meetings by using webRTC, so there is no plug-in or download required to run Teams in a web browser. ブラウザーはサードパーティの Cookie を許可するように設定する必要があります。The browser must be configured to allow third-party cookies.

Teams では、通話および会議に対する記載の通りの例外を除き、次のインターネット ブラウザーを完全にサポートします。Teams fully supports the following Internet browsers, with noted exceptions for calling and meetings. この表は、デスクトップ コンピューターで実行されているオペレーティング システムに適用されます。This table applies to operating systems running on desktop computers.

ブラウザーBrowser 通話 - オーディオ、ビデオ、共有Calling - audio, video, and sharing 会議 - オーディオ、ビデオ、共有 1 2 3Meetings - audio, video, and sharing1 2 3
Internet Explorer 11Internet Explorer 11 非サポートNot supported 会議は、PSTN 座標が含まれている場合にのみサポートされます。Meetings are supported only if the meeting includes PSTN coordinates. PSTN 座標を使用せずに IE11 で会議に出席するには、Teams のデスクトップ クライアントをダウンロードしてください。To attend a meeting on IE11 without PSTN coordinates, users must download the Teams desktop client.

ビデオ: サポート対象外Video: Not supported

共有: 着信共有のみ (発信なし)  Sharing: Incoming sharing only (no outgoing) 

Microsoft 365 のアプリとサービスは、2021 年 8 月 17 日から Internet Explorer 11 をサポートしません (Microsoft Teams は、2020 年 11 月 30 日から Internet Explorer 11 よりも前のバージョンをサポートしません)。Microsoft 365 apps and services will not support Internet Explorer 11 starting August 17, 2021 (Microsoft Teams will not support Internet Explorer 11 earlier, starting November 30, 2020). 詳細情報を参照してくださいLearn more. Internet Explorer 11 は、サポート対象のブラウザーとして残ることに注意してください。Please note that Internet Explorer 11 will remain a supported browser. Internet Explorer 11 は、Windows オペレーティング システムのコンポーネントであり、インストールされている製品のライフサイクルポリシーに従いますInternet Explorer 11 is a component of the Windows operating system and follows the Lifecycle Policy for the product on which it is installed.
Microsoft Edge、RS2 以降Microsoft Edge, RS2 or later 完全にサポートされます、送信共有を除きます4Fully supported, except no outgoing sharing4 完全にサポートされます、送信共有を除きますFully supported, except no outgoing sharing
Microsoft Edge (Chromium ベース) の最新バージョンと、その前の 2 つのバージョンMicrosoft Edge (Chromium-based), the latest version plus two previous versions 完全にサポートされますFully supported 完全にサポートされますFully supported
Google Chrome の最新バージョンと、その前の 2 バージョンGoogle Chrome, the latest version plus two previous versions 完全にサポートされますFully supported 完全にサポートされますFully supported

Chrome バージョン 72 以降では、あらゆるプラグインや拡張機能なしで、画面の共有がサポートされます。Sharing is supported without any plug-ins or extensions on Chrome version 72 or later.
Safari 14+Safari 14+ 1:1 通話はサポートされていません。1:1 calls not supported. グループ通話は完全にサポートされています。Group calls fully supported.

動画: 完全にサポートされますVideo: Fully supported

共有: 完全にサポートされていますSharing: Fully supported 
会議: 完全にサポートされていますMeetings: Fully supported

動画: 完全にサポートされますVideo: Fully supported

共有: 完全にサポートされていますSharing: Fully supported 
Safari 13.1+Safari 13.1+ 1:1 通話はサポートされていません。1:1 calls not supported. 完全なオーディオ サポートがサポートされているグループ通話Group calls supported with full audio support.

ビデオ: 着信のみVideo: Incoming only

共有: 完全にサポートされていますSharing: Fully supported 
会議は完全なオーディオ サポートでサポートされています。Meetings are supported with full audio support.

ビデオ: 着信のみVideo: Incoming only

共有: 完全にサポートされていますSharing: Fully supported 
Firefox の最新バージョンと、その前の 2 バージョンFirefox, the latest version plus two previous versions 非サポートNot supported 会議は、PSTN 座標が含まれている場合にのみサポートされます。Meetings are supported only if the meeting includes PSTN coordinates. PSTN 座標を使用せずに Firefox で会議に出席するには、Teams のデスクトップ クライアントをダウンロードしてください。To attend a meeting on Firefox without PSTN coordinates, users must download the Teams desktop client.

ビデオ: サポート対象外Video: Not supported

共有: 受信共有のみ (送信なし)Sharing: Incoming sharing only (no outgoing) 
13 より前の Safari バージョンSafari versions before 13 非サポートNot supported 会議は、PSTN 座標が含まれている場合にのみサポートされます。Meetings are supported only if the meeting includes PSTN coordinates. PSTN 座標を使用せずに Safari で会議に出席するには、Teams のデスクトップ クライアントをダウンロードしてください。To attend a meeting on Safari without PSTN coordinates, users must download the Teams desktop client.

ビデオ: サポート対象外Video: Not supported

共有: 受信共有のみ (送信なし)Sharing: Incoming sharing only (no outgoing)

Safari はプレビューで 11.1 よりも上位バージョンで有効になります。Safari is enabled on versions higher than 11.1 in preview. プレビューでは、Safari のインテリジェントトラッキング防止を使った既知の問題 があります。While in preview, there are known issues with Safari's Intelligent Tracking Prevention.

1 共有中に共有コンテンツを提供および制御するには、両者が Teams デスクトップ クライアントを使用している必要があります。1 To give and take control of shared content during sharing, both parties must be using the Teams desktop client. いずれかの当事者がブラウザーで Teams を実行している場合、制御はサポートされません。Control isn't supported when either party is running Teams in a browser. これは、修正する予定の技術的制限によるものです。This is due to a technical limitation that we're planning to fix.

2 ブラウザーで Teams を実行している場合、背景をぼかすことはできません。2 Blur my background isn't available when you run Teams in a browser. この機能を使用できるのは、Teams のデスクトップ クライアントのみです。This feature is only available in the Teams desktop client.

3 ブラウザーでの Teams 会議は、アクティブな発言者の受信ビデオ フィード 1 つに制限されてます。3 Teams meetings on browsers are limited to a single incoming video feed of active speaker.

4 Edge RS2 以降では、HTTP プロキシ経由でのリアルタイムのオーディオおよびビデオトラフィックの送信はサポートされていません。4 Edge RS2 or later doesn't support sending real-time audio and video traffic through HTTP proxies.

注意

オペレーティング システムでサポートされているブラウザーを実行できる限り、Teams はデスクトップ コンピューターでサポートされます。As long as an operating system can run the supported browser, Teams is supported on desktop computers. たとえば、Linux オペレーティング システムで Firefox を実行すれば、Teams を使用する一つのオプションになります。For example, running Firefox on the Linux operating system is an option for using Teams.

モバイル オペレーティング システムの場合は、Android および iOS ストアから入手できる Teams アプリを実行することをお勧めします。For mobile operating systems, we recommend that you run the Teams app, available from the Android and iOS stores. モバイル オペレーティング システムでの Teams の実行はサポートされていますが、多くの機能は使用できません。Running Teams in a mobile operating system is supported, but many features are unavailable.

Web クライアントはhttps://teams.microsoft.comへの接続時にブラウザーのバージョンの検出を実行します。The web client performs browser version detection upon connecting to https://teams.microsoft.com. サポートされていないブラウザー バージョンを検出した場合、Web インターフェイスへのアクセスをブロックし、デスクトップ クライアントまたはモバイル アプリのダウンロードをユーザーに推奨します。If an unsupported browser version is detected, it will block access to the web interface and recommend that the user download the desktop client or mobile app.

モバイル クライアントMobile clients

Microsoft Teams モバイル アプリは Android および iOS で利用可能で、外出先でチャット会話に参加しているユーザーを対象とし、ピア ツー ピアの音声通話を許可します。The Microsoft Teams mobile apps are available for Android and iOS, and are geared for on-the-go users participating in chat-based conversations and allow peer-to-peer audio calls. モバイル アプリを使用する場合は、Google Play と Apple App Store の関連モバイル ストアに移動します。For mobile apps, go to the relevant mobile stores Google Play and the Apple App Store. Windows Phone App は 2018 年 7 月 20 日に廃止された為、動作しなくなる可能性があります。The Windows Phone App was retired July 20, 2018 and may no longer work.

中国で Android 用 Teams を取得する方法については、こちらを参照してください。In China, here's how to get Teams for Android.

Microsoft Teams モバイル アプリをサポートしているモバイル プラットフォームは次のとおりです。Supported mobile platforms for Microsoft Teams mobile apps are the following:

  • Android: サポート対象は、最新の 4 つのメジャー バージョンの Android に限られています。Android: Support is limited to the last four major versions of Android. 新しいメジャー バージョンの Android がリリースされると、その新しいバージョンと、その前の 3 つのバージョンが正式にサポートされます。When a new major version of Android is released, the new version and the previous three versions are officially supported.

  • iOS: サポート対象は、最新の 2 つのメジャー バージョンの iOS に限られています。iOS: Support is limited to the two most recent major versions of iOS. 新しいメジャー バージョンの iOS がリリースされると、その新しいバージョンの iOS と、その 1 つ前のバージョンが正式にサポートされます。When a new major version of iOS is released, the new version of iOS and the previous version are officially supported.

注意

Teams が正常に動作するには、そのモバイル バージョンが公開されている必要があります。The mobile version must be available to the public in order for Teams to work as expected.

モバイル アプリは、それぞれのモバイル プラットフォームのアプリ ストアからのみ配布および更新されます。Mobile apps are distributed and updated through the respective mobile platform’s app store only. MDM やサイド ロードからモバイル アプリを配布することは、Microsoft ではサポートしていません。Distribution of the mobile apps via MDM or side-loading is not supported by Microsoft. サポートされているモバイル プラットフォームにモバイル アプリがインストールされると、Teams モバイル アプリ自体、そのバージョンが現在のリリースから 3 か月以内であればサポートされます。Once the mobile app has been installed on a supported mobile platform, the Teams Mobile App itself will be supported provided the version is within three months of the current release.

判断ポイントを表すアイコン 判断ポイントDecision Point ユーザーが適切な Microsoft Teams クライアントをデバイスにインストールすることを妨げる制限事項はありますか?Are there any restrictions preventing users from installing the appropriate Microsoft Teams client on their devices?
次のステップを表すアイコン 次のステップNext Steps 組織によってソフトウェアのインストールが制限されている場合、処理が Microsoft Teams に対応していることを確認してください。注意: 管理者権限は、PC クライアント インストールでは必要ありませんが、Mac へのインストールでは必要になります。If your organization restricts software installation, make sure that process is compatible with Microsoft Teams. Note: Admin rights are not required for PC client installation but are required for installation on a Mac.

クライアントの更新管理Client update management

クライアントは現在、Microsoft Teams サービスによって自動的に更新されています。IT 管理者が介入する必要はありません。Clients are currently updated automatically by the Microsoft Teams service with no IT administrator intervention required. 利用可能な更新プログラムがある場合、クライアントは自動的にその更新プログラムをダウンロードします。アプリが一定時間アイドル状態となった場合には更新処理が開始されます。If an update is available, the client will automatically download the update and when the app has idled for a period of time, the update process will begin.

クライアント側の設定Client-side configurations

現在、テナント管理者、PowerShell、グループ ポリシー オブジェクトまたはレジストリのいずれかを介してクライアントを設定するオプションはサポートされていません。Currently, there are no supported options available to configure the client either through the tenant admin, PowerShell, Group Policy Objects or the registry.

通知の設定Notification settings

現在、IT 管理者がクライアント側の通知設定を設定するオプションはありません。通知オプションはすべてユーザーによって設定されます。次の図に、既定のクライアント設定の概要を示します。There are currently no options available for IT administrators to configure client-side notification settings. All notification options are set by the user. The figure below outlines the default client settings.

通知設定のスクリーンショット。

PowerShell のサンプル スクリプト - 受信ファイアウォール ルールSample PowerShell script - inbound firewall rule

このサンプル スクリプトは、管理者アカウントのコンテキスト内のクライアント コンピューターで実行する必要があり、c:\users にある各ユーザーのフォルダーの新しい受信ファイアウォール ルールを作成します。This sample script, which needs to run on client computers in the context of an elevated administrator account, will create a new inbound firewall rule for each user folder found in c:\users. Teams がこのルールを検出すると、ユーザーが Teams からの最初の呼び出しを行うときに、ファイアウォール ルールを作成する為の Teams アプリケーションからユーザーへの指示ができなくなります。When Teams finds this rule, it will prevent the Teams application from prompting users to create firewall rules when the users make their first call from Teams.

<#
.SYNOPSIS
   Creates firewall rules for Teams.
.DESCRIPTION
   (c) Microsoft Corporation 2018. All rights reserved. Script provided as-is without any warranty of any kind. Use it freely at your own risks.
   Must be run with elevated permissions. Can be run as a GPO Computer Startup script, or as a Scheduled Task with elevated permissions.
   The script will create a new inbound firewall rule for each user folder found in c:\users.
   Requires PowerShell 3.0.
#>

#Requires -Version 3

$users = Get-ChildItem (Join-Path -Path $env:SystemDrive -ChildPath 'Users') -Exclude 'Public', 'ADMINI~*'
if ($null -ne $users) {
    foreach ($user in $users) {
        $progPath = Join-Path -Path $user.FullName -ChildPath "AppData\Local\Microsoft\Teams\Current\Teams.exe"
        if (Test-Path $progPath) {
            if (-not (Get-NetFirewallApplicationFilter -Program $progPath -ErrorAction SilentlyContinue)) {
                $ruleName = "Teams.exe for user $($user.Name)"
                "UDP", "TCP" | ForEach-Object { New-NetFirewallRule -DisplayName $ruleName -Direction Inbound -Profile Domain -Program $progPath -Action Allow -Protocol $_ }
                Clear-Variable ruleName
            }
        }
        Clear-Variable progPath
    }
}