遠隔学習向けに Microsoft Teams の使用を開始する。Get started with Microsoft Teams for remote learning

リモート学習への移行の概要と開始に役立つリソースについては、「Remote Learning home page (リモート学習のホーム ページ)」を参照してください。For an overview of making the transition to remote learning and resources to help you get started, see our remote learning home page.

教職員や学生のリモート学習を支援するためのリソースは、「Office 365 Education のリモート教育と学習」で利用することができます。Resources to assist educators and students with remote learning are available in Remote teaching and learning in Office 365 Education.

この記事では、教育機関がリモート学習の設定を行うための実際の手順について説明します。This article covers the actual steps to take in order to get your educational institution set up for remote learning.

注意

別のプラットフォームでの遠隔学習機能についての詳細は、 プラットフォームごとの Teams の機能を参照してください。For details about remote learning capabilities on different platforms, see Teams features by platform.

注意

教師、教育指導者、または IT 担当者の方々には、次のリソースが役立ちます。If you're an educator, educational leader, or IT professional, these resources may help:

2020 年 3 月 4 日のブログ記事「Microsoft Teams を使用した遠隔学習プログラムを学校ですばやく立ち上げる方法」もぜひご覧ください。Don't miss the March 4, 2020 blog, How schools can ramp up remote learning programs quickly with Microsoft Teams.

オンライン学習は教室での学習と同じくらい対話的で、社会的なつながりの強さも変わりません。Learning online can be just as personal, engaging and socially connected as learning in a classroom. 会話機能を使用することで、生徒同士または生徒と教師は連絡を取って互いに助け合うことができ、ライブ会議を使用すれば直接会っているような気分になれます。Students and educators can stay in touch and help each other using conversations, and can feel like they are meeting in person using live meetings. 教師は、課題機能を使用して、日々の課題について生徒の進捗状況を確認することができます。Educators can track student progress in their daily work using Assignments. 生徒が疎外感を感じることもありません。No one needs to feel out of touch. オンライン学習者の多くが、対面の教室に比べて、発言する機会がより多く与えられ、教師や同級生をより身近に感じると言っています。Many students who learn online say they feel they have more of a voice, and they feel more connected to their educators and peers than they did in the classroom. また、教師は Teams のアプリと機能を活用して、実際の教室と同じように、自分に一番合った方法で学習指導を行えます。And, just like in a classroom, educators can use the apps and functions of Teams to support how they work best.

Microsoft Teams は、会話、コンテンツ、課題、アプリが 1 か所にまとめられたデジタル ハブで、教師はこれを活用することにより、活気に満ちた学習環境を構築することができます。Microsoft Teams is a digital hub that brings conversations, content, assignments, and apps together in one place, letting educators create vibrant learning environments. 協働学習向けのクラス作り、プロフェッショナルの学習コミュニティへの参加、同僚教師とのコミュニケーションなどを、すべて 1 つの環境から行えます。Build collaborative classrooms, connect in professional learning communities, and connect with colleagues – all from a single experience.

教師は Teams 内で、生徒との会話、ファイルや Web サイトの共有、OneNote Class Notebook の作成、課題の配布と採点をすばやく行えます。Within Teams, educators can quickly converse with students, share files and websites, create a OneNote Class Notebook, and distribute and grade assignments. 教師は組み込みの OneNote Class Notebook とエンド ツー エンドの課題管理機能を使用することで、対話型の授業を組織し、効果的にかつタイミングよくフィードバックを提供することができます。Built-in OneNote Class Notebooks and end-to-end assignment management allow educators to organize interactive lessons and provide effective and timely feedback. 教育機関の管理職員とその他の職員は Staff Teams を使用することで、最新情報を常に把握し、お知らせや最近の議題に関する共同作業を行えます。Educational institute administrators and staff can stay up-to-date and collaborate using Staff Teams for announcements and topical conversations. 教員は、プロフェッショナルの学習コミュニティを使用して教材を共有できます。Educators can share instructional material using Professional Learning Communities.

この記事に記載されているベスト プラクティスを使用することで、お客様の教育ニーズを満たすために Teams の使用を開始し、遠隔学習機能を有効にすることができます。Use the best practices in this article to start using Teams for your educational needs to enable remote learning capabilities. Class Teams は、協働学習用スペースの構築、仮想ミーティング用プラットフォームの提供、課題やフィードバックを通した学習の強化、生徒とのライブ通話の主導などに使用できます。Class Teams can be used to create collaborative class spaces, provide a virtual meeting platform, facilitate learning with assignments and feedback, and lead live calls with students.

すべての教職員と生徒がどのような場合でも接続できるよう、デスクトップ版 (Windows、Mac、および Linux)、Web 版、およびモバイル版 (Android および iOS) の Teams クライアントが提供されています。Teams has clients available for desktop (Windows, Mac, and Linux), web, and mobile (Android and iOS) to make sure all your staff and students can stay connected.

Teams の使用シナリオは、Teams for Education 向けウェビナー シリーズで詳しく説明されています。Learn more about Teams usage scenarios at the Teams for education webinar series.

ユーザー アカウント、ライセンス、ID のセキュリティUser accounts, licenses, and identity security

Teams では、Microsoft 365 の機能を利用してユーザーの認証とサービスの提供が行われます。Teams leverages Microsoft 365 capabilities to authenticate users and provide services. 共同作業が行えるよう、職員、教員、および生徒の ID が設定されている必要があります。Staff, instructors, and students should have identities established to facilitate collaboration. ID がまだない場合は、次の手順を実行して ID を設定します。If identities do not already exist, follow this process to establish them.

ユーザーが Teams 機能を使用する前に、ライセンスをユーザーに割り当てる必要があります。Licenses need to be assigned to the users before they can use Teams capabilities. Teams では、Microsoft 365 グループExchangeSharePoint と OneDrive など、Teams 以外の Microsoft 365 の機能を利用して共同作業のシナリオを有効にしています。Teams relies on additional Microsoft 365 capabilities such as Microsoft 365 groups, Exchange, SharePoint and OneDrive to enable collaborative scenarios. 最適な Teams 環境をユーザーに提供するには、これらの機能も有効になっている必要があります。Users receive the best Teams experience if all these services are also enabled. Teams では、Google でホストされるメールを使用するユーザーもサポートされていますTeams is supported for users who have email hosted by Google.

Microsoft Teams は、教育機関が無料で使用できる Office 365 A1 に含まれています。Microsoft Teams is included in Office 365 A1, which is free for educational institutions. Office 365 の展開方法および教育機関全体で Teams の使用を開始する方法に関する IT ガイドについては、こちらのページを参照してください。For IT guidance on how to deploy Office 365 and get your entire educational institution started on Teams, check out this page. サポートが必要な場合は、こちらでサポート チケットを申請することができます。Microsoft のスペシャリストに直接相談することをご希望の場合は、お近くの Microsoft Store までご来店ください。For support, you can file a ticket here and for trainings on Teams, visit your local Microsoft Store to speak with a Specialist.

注意

EDU の展開に関する最新情報は、「COVID-19 流行期における M365 EDU の展開の更新済みガイダンス」をご確認ください。Please review Updated Guidance for M365 EDU Deployment during COVID-19 for our latest information on EDU deployments.

Teams をすばやく設定するEasily set up Teams

Teams の使用を開始するには、2 つの作業を行う必要があります。These are the two things you need to do to get up and running with Teams:

1. ユーザーがチームを作成できるようにする1. Allow users to create teams

生徒と教師に Teams を最大限に活用してもらうには、使用に際してのハードルが低く、各自のニーズに合うようにカスタマイズできる柔軟性があることが大切です。Students and educators will get the most out of Teams when they can use it with minimal barriers and have the flexibility to tailor it to their needs. Teams のエクスペリエンスをユーザーがカスタマイズできるようにする方法の 1 つは、各自のニーズに合ったチームを作成することをユーザーに許可することです。One way users can tailor their Teams experience is by having the ability to create teams that meet their needs. 既定では、すべてのユーザーが Microsoft 365 グループとチームを作成することができますBy default, everyone can create Microsoft 365 groups and Teams. この能力を付与することが適切ではない場合があります。例えば、学校によっては、小中高生がチームを作成できないようにすることを希望する場合があります。There are times when this capability may not be appropriate; for example, some customers may want to restrict primary-secondary students from creating Teams. 必要に応じて、お客様の環境内での Microsoft 365 グループおよびチームの作成を、特定のセキュリティ グループに制限することができます。If needed, Microsoft 365 group and Team creation can be restricted to certain security groups within your environment.

高等教育機関の場合、学生を含むすべてのユーザーがクラス、研究、グループ プロジェクト、学習グループなどのためにチームを作成できるようにすることが有益であると考えられます。Higher education institutions benefit when you let everyone, including students, create teams for classes, research, group projects, and study groups. 小学校、中学校、高等学校の場合、生徒間のすべてのコミュニケーションが大人が参加しているフォーラムで行われるよう、生徒がチームを作成できないように設定することをお勧めします。Primary-secondary schools may want to restrict students from creating Teams to make sure that all student to student communications are happening within a forum that include an adult. この場合、Microsoft 365 グループおよびチームの作成は、教職員に限定されます。In this case, Microsoft 365 group and Team creation can be restricted to all educators and staff.

Teams の作成方法のチュートリアルついては、「Create a class team in Microsoft Teams (Microsoft Teams でクラス チームを作成する)」をご確認ください。For a walkthrough of how to create Teams, check out: Create a class team in Microsoft Teams.

2. ポリシーを使用してユーザー エクスペリエンスを構成する2. Configure user experiences using policies

重要

教育機関向け Teams ポリシー ウィザードを実行すると、学生、教師、従業員に簡単にポリシーを適用できます。You can run the Teams for Education Policy Wizard to easily apply policies for your students, educators and staff. このツールは、主要なポリシーのセットでグローバルな (組織全体の既定) ポリシー定義を、生徒の安全を確保し、ポリシーを学生に適用できるように、推奨される設定で調整します。The tool adjusts the Global (Org-wide default) policy definition of a core set of policies with settings that we recommend for student safety and applies it to students. また、このツールは、一連のカスタム ポリシーを作成して、教師や従業員に割り当てます。The tool also creates and assigns a set of custom policies to educators and staff. このウィザードを使用して学生、教員、職員のポリシーを適用したことがある場合は、この記事を参考または として、または 学生、教師、従業員のポリシーを手動で作成して管理することを望む場合のみご使用ください。If you already used the wizard to apply policies for your students, educators and staff, use this article as a reference or only if you want to manually create and manage policies for your students, educators and staff.

注意

学生を保護する方法についての詳細は、「遠隔学習用に Teams を使用して学生の安全を確保する」をご確認ください。To learn more about the actions you must take to protect students, you can check out the Keeping students safe in Teams for distance learning. 管理職員向けの EDU ポリシーに関する推奨事項の詳細は、教育用 Teams ポリシーおよびポリシー パッケージに記載されています。If you want to deep dive into our admin EDU policy recommendations, you should go to Teams policies and policy packages for Education.

Teams ポリシーにより、特定のユーザーまたはユーザーのグループが使用できるオプションを制限する機能が提供されています。Teams policies provide the ability to control the options available for specific users or groups of users. ポリシーを適用することにより、プライベート チャット、プライベート通話、会議のスケジュール設定、共有可能なコンテンツの種類などを使用または設定できるユーザーを定義することができます。Policies can be applied to define who should be allowed to use private chat, private calling, meeting scheduling, content types that can be shared, and more.

高等教育機関の職員、教員、および学生 は、既定の (グローバル) ポリシーに含まれる機能のメリットを受けることができます。Higher education staff, educators, and students benefit from the capabilities included with the default (global) policies. メッセージング ポリシーによる翻訳機能の有効化や会議ポリシーによる会議の自動文字起こしの許可など、追加機能を Teams に追加するためのポリシー設定がいくつかあります。Some additional policy settings can be enabled to add more functionality to Teams, including enabling translate capabilities in the messaging policy and allowing for automatic meeting transcription in the meeting policy.

小中高生 の場合は、生徒に付与する機能は制限する必要がある場合があります。Primary-secondary school students may need restricted capabilities provided to students. ポリシーを使用すると、生徒に許可する操作の範囲を規定できます。Policies set boundaries on what the students can do. 多くの場合、一番数が多いユーザーの種類は生徒で、また、最も厳しい制限は生徒に対して設けられるため、生徒に関するポリシーの変更は、"グロバール" (組織全体の既定値) ポリシーに対して行うことをお勧めします。Because the student population is often the largest set of users and they often receive the most restrictive settings, it is recommended that student policy changes be made to the 'Global (Org-wide default)' polices.

重要

ユーザーに割り当てられている会議ポリシーについては、[参加を自動的に許可する] を [組織内のすべてのユーザー] に設定することをお勧めします。For meeting policies assigned to any users, we recommend setting the "Automatically admit people" setting to "Everyone in your organization". この設定によって、認証されていないユーザーは、Teams 会議に参加する前にロビーからの許可が必要となります。This setting will ensure that non-authenticated users must be admitted from the lobby before they can join Teams meetings. 詳細については、「Teams での会議ポリシーを管理する」を参照してください。For more information, check out Manage meeting policies in Teams.

小学校の教職員 には、生徒に対しては制限されている、主要な機能を付与するポリシーを適用する必要があります。Primary school staff and educators should be assigned policies that grant the core capabilities that may be restricted for students. プライベート チャットの作成および会議をスケジュール (新しいポリシーの既定の設定項目) を許可する新しいポリシーを作成します。Create new policies that allow the for private chat and meeting scheduling (the default settings for a new policy). これらのポリシーを教職員に一括して割り当てますAssign these policies in bulk to your staff and educators.

Teams の使用を開始するStart using Teams

授業で安全に使用できる、クラス チームを作成するCreate class teams for secure classroom use

Microsoft Teams for Education は、教育機関向けに  特別なチームタイプ を提供しています。Microsoft Teams for Education offers  specific team types  for educational use. クラスチームタイプは教室での使用を目的として設計されており、教室のニーズを次の特定の機能でサポートします。The Class team type is designed for classroom use and comes with specific features that support classroom needs including:

  • 宿題Assignments
  • 成績Grades
  • OneNote クラスルームノートブックOneNote classroom notebook
  • 学生向けの読み取り専用コンテンツを保護するための授業で使用する教材用フォルダーClass Materials folder  for securing read-only content for students
  • 各教室の学生の関与、課題、幸福に関するリアルタイム データを提供するための InsightsInsights to provide real-time data regarding student's engagement, assignments, and well-being for each classroom.
  • 生徒が追加される前に教職員がクラスを設定できるようにするための教職員の早期アクセスEarly educator access to set up the class before students are added
  • 授業妨害をする学生をミュートする機能やその他の特別な権限The ability to mute disruptive students and other special permissions

クラスチームを作成する方法はいくつかあります。Teams for Education には、作業を簡易化する独自の導入ツールセットがあります。There are a few ways in which class teams can be created, and Teams for Education has a unique set of deployment tools to make it as easy as possible.

ニーズに合わせて、最適に且つ適切に導入できるように、さまざまなオプションについて説明していきます。We'll step through various options to help you choose the right deployment path that best fits your needs.

SDS を使用したチームの自動作成Automatic team creation using SDS

チーム作成を自動化することで、IT 管理者と教職員の作業時間を短縮します。Automating team creation saves both IT admins and educators time. この機能によって、教職員はすべてのクラス チームを作成し、サインイン時にセットアップできるようになります。It ensures that educators have all their class teams created and ready to set up upon sign in. School Data Sync(SDS)は、Office 365 Education の無料ツールで、教育機関の記録システム(学生情報システム(SIS)や学習管理システム(LMS)など)からデータを読み取ります。School Data Sync (SDS) is a free Office 365 Education tool that reads the data from an educational institution's system of record, for example a Student Information System (SIS) or Learning Management system (LMS). SDS はデータを使用して、Office 365 のセットアップをさまざまな方法で強化します。例えば、クラスチームを一括で作成したり、情報システムと常に同期して、講師や学生のメンバーシップをクラス登録の変更に応じて更新します。SDS uses the data to enrich Office 365 setup in many ways, including creating class teams in bulk and staying in sync with your information system to keep your instructor and student membership updated as enrollment changes. SDS は、任意の記録システムからデータをインポートでき、世界中のSIS ベンダーへの組み込みコネクタを備えています。SDS can import data from any system of record and has built-in connectors to many of the world’s existing SIS vendors. 推奨する SDS の利点。We highly recommend using SDS, as it provides the following benefits.

利点Benefits
  • クラスチームの自動作成とメンテナンス – 教職員は Teams にサインインした直後から授業を始めることができます。Automatic creation and maintenance of class teams – educators will be able to sign in to Teams and immediately start teaching.
  • メンバーシップは SIS/LMS と同期して、学生のメンバーシップの変更を維持します。Membership sync with SIS/LMS to maintain student membership changes.
  • 無料の導入アシスタンスを提供する EDU カスタマーサクセスチーム。EDU Customer Success Team available for free deployment assistance.
  • 教職員の早期アクセス: 教職員は、学生を受け入れる前にチームを準備しなければなりません。Early educator access: Educators have time to prepare their team before admitting students.
  • オプションでユーザーを作成し、Office 365 ライセンスを適用します。Optionally creates users and applies Office 365 licenses.
  • Teams ポリシーを含む Office 365 全体で使用するセキュリティグループを作成します。Creates security groups for use across Office 365 including Teams policy.
  • 管理委任と教師パスワードのリセットのための管理ユニットを作成します。Creates Administrative Units for scoped administrative delegation and Teacher Password Reset.
  • 組み込みのエラーと再試行の処理、バックオフの抑制、大規模な処理のためのセッションの安定性により、管理者の作業が軽減されます。Built-in error and retry handling, throttling backoff, and session stability for large scale processing to reduce work on admins.
  • 不要になったグループとチームの名前を変更してアーカイブする組み込みのクリーンアップ機能。Built-in cleanup capabilities to rename and archive groups and teams once they are obsolete.
  • Grade Sync: 教職員はすべての採点を Teams で行い、Teams の成績を SIS 成績表に自動的に書き戻すことができます。Grade Sync: Educators can do all their grading in Teams and have it automatically write grades from Teams back to the SIS gradebook.
  • 学生データ保護: 生徒が Microsoft 以外のアプリを使用するのを防ぎ、保護者の同意を追跡および管理します。Student Data Protection: Prevent students from using non-Microsoft apps and to track and manage parent consent.
  • インポートされたデータは、ユーザーの役割、組織(学校)、その他の重要なデータを用いて、Education Insights を強化するために使用されます。Imported data is used to enrich Education Insights with user roles, organizations (schools) and other important data.
考慮事項Considerations

SDS は2つのステップでチームを作成します。SDS creates teams in two steps. 最初のステップでは、Azure Active Directory (Azure AD)に Microsoft 365 グループを作成し、2 番目のステップでは、そのグループを自動的にチームに変換します。The first step creates a Microsoft 365 group in Azure Active Directory (Azure AD) and the second step automatically turns that group into a team. チームを作成する2番目のステップは、SDS ではオプションです。The second step of creating teams is optional in SDS. 管理者は、導入時間と結果として生じる可能性のある未使用のチームの数によっては、チームを自動作成したがらない可能性があります。An admin may not want to automatically create teams depending on deployment time and the number of unused teams that may result. 500,000 以上のチームを持つ機関には、SDS でチームの自動作成トグルをオフにし、教師主導のチーム作成方法を使用するようお勧めします。We recommend institutions with 500,000 teams or more to turn off the automatic team creation toggle in SDS and use the educator-led team creation method.

はじめにGet started

まず、School Data Sync(SDS)にアクセスし、https://aka.ms/sdssupport導入アシスタンスにご連絡ください。To get started, go to School Data Sync (SDS) and contact https://aka.ms/sdssupport deployment assistance.

Office 365 クラスグループからの教師主導のチーム作成Educator-led team creation from Office 365 class groups

教職員主導のチーム作成は、教職員が必要なクラスをすばやく簡単に作成したい場合、導入オプションとして優れています。Educator-led team creation is a great deployment option if you want to make it easy for educators to quickly create the classes they need. 500,000以上のチームを持つ機関には、無関係に作成されるチームの数を最小限に抑えることができるためこの方法をお勧めします。We also recommend that institutions with more than 500,000 teams use this method to minimize the number of extraneously-created teams.

このハイブリッドアプローチでは、SDS を使用して各クラスのグループを作成するか(推奨)、またはGraph API を使用して独自にグループを作成できます。This hybrid approach allows you to either use SDS to create groups for each class (recommended) or use Graph API to create them on your own. クラスグループの準備ができましたら、教育者は、[推奨クラス]アイコンを使用してグループをチームに変換できます。After class groups are prepared, educators can convert their groups into teams by using the Suggested classes icon.

推奨クラスアイコンを示すスクリーンショット

利点Benefits
  • 教職員の早期アクセス: 教職員は、学生を受け入れる前にチームを準備しなければなりません。Early educator access: Educators have time to prepare their team before admitting students.
  • 未使用の不要なチームの数を減らします。Reduces the number of unused and unnecessary teams. クラスを準備したり提案できますが、教師がそれらのクラスを使用するつもりがない場合は作成されることはありません。The classes are prepared and suggested but not created unless the teacher intends to use them. 500,000以上のチームを持つ大規模な機関には、混乱を避けるため、このオプションをお勧めします。We recommend this option for large institutions that have more than 500,000 teams to reduce clutter.
  • SDSSDS
    • メンバーシップは SIS/LMS と同期して、学生のメンバーシップの変更を維持します。Membership sync with SIS/LMS to maintain student membership changes.
    • 無料の導入アシスタンスを提供する EDU カスタマーサクセスチーム。EDU Customer Success Team available for free deployment assistance.
    • オプションでユーザーを作成し、Office 365 ライセンスを適用します。Optionally creates users and applies Office 365 licenses.
    • Teams ポリシーを含む Office 365 全体で使用するセキュリティグループを作成します。Creates security groups for use across Office 365 including Teams policy.
    • 管理委任と教師パスワードのリセットのための管理ユニットを作成します。Creates Administrative Units for scoped administrative delegation and Teacher Password Reset.
    • 組み込みのエラーと再試行の処理、バックオフの抑制、大規模な処理のためのセッションの安定性により、管理者の作業が軽減されます。Built-in error and retry handling, throttling backoff, and session stability for large scale processing to reduce work on admins.
    • 不要になったグループとチームの名前を変更してアーカイブする組み込みのクリーンアップ機能。Built-in cleanup capabilities to rename and archive groups and teams once they are obsolete.
    • Grade Sync: 教職員はすべての採点を Teams で行い、Teams の成績を SIS 成績表に自動的に書き戻すことができます。Grade Sync: Educators can do all their grading in Teams and have it automatically write grades from Teams back to the SIS gradebook.
    • 学生データ保護: 生徒が Microsoft 以外のアプリを使用するのを防ぎ、保護者の同意を追跡および管理します。Student Data Protection: Prevent students from using non-Microsoft apps and to track and manage parent consent.
    • インポートされたデータは、ユーザーの役割、組織(学校)、その他の重要なデータを用いて、Education Insights を強化するために使用されます。Imported data is used to enrich Education Insights with user roles, organizations (schools) and other important data.
  • Graph APIGraph API
    • 追加の柔軟性と管理。Additional flexibility and control.
    • SDS と統合する必要ありません。Doesn't require integration with SDS.
考慮事項Considerations
  • 完全に自動化されておらず、教職員のアクションを必要とします。Not fully automated and requires some educator action.
  • チームを作成する権限がない教職員でも、こちらに示すように、既存のグループからチームを作成することができます。Educators who don't have permission to create teams can still create teams from existing groups as shown here.
  • Graph API は、スクリプトの作成や実行、クラスグループの作成時に発生した問題の修正など高度な技術的専門知識と時間を必要とします。Graph API requires a high level of technical expertise and time to create and run the script and fix any issues when creating class groups.
はじめにGet started

SDS メソッドではまず、学校データ同期(SDS)に移動し、https://aka.ms/sdssupport導入アシスタンスにご連絡ください。To get started with the SDS method, go to School Data Sync (SDS) and contact https://aka.ms/sdssupport deployment assistance.

Graph API メソッドの利用方法は、「Graph API」および「クラスチームを作成する」を参照してください。To use the Graph API method, see Graph API and Create a class team.

注意

SDS でこの方法を使用するには、SDS プロファイルで自動チーム作成トグルをオフにしなければなりません。To use this method with SDS, you'll need to turn the automatic team creation toggle off in your SDS profile. 2 つの SDS プロファイルを使用して、必須およびオプションのクラスチームに対して、自動作成と教師主導のチーム作成を組み合わせて使用することもできます。You can also use a combination of automatic and educator-led team creation for required and optional class teams by using two SDS profiles.

Graph API を使用した PowerShell スクリプトPowerShell script using Graph APIs

PowerShell では、チームやチャネルを作成するためにスクリプトを書いたり、、設定を自動的に構成することができます。With PowerShell, you can write a script to create teams, channels and configure settings automatically. 管理者は、まずグループを作成し、教職員と生徒を追加してから、こちらで説明されているようにチームを作成しなければなりません。It requires the admin to first create the group, add educators and students, and then create the team as outlined here. Microsoft Graph API では、チームを作成、構成、複製、アーカイブすることもできます。You can also use the Microsoft Graph API to create, configure, clone, and archive teams. 詳細については、「Microsoft Graph APIを使用してMicrosoft Teamsで作業する」、「 Microsoft Teams PowerShell」および「クラスチームを作成する」を参照してください。For more information, see Use the Microsoft Graph API to work with Microsoft Teams, Microsoft Teams PowerShell and Create a class team. グラフAPI は管理と柔軟性を高めますが、高度な技術的専門知識が必要であり、初期設定に時間がかかります。Using Graph APIs is a great way to have more control and flexibility, however, it requires a high level of technical expertise and takes more time to set up initially.

利点Benefits
  • 追加の柔軟性と管理。Additional flexibility and control.
  • 教職員への早期アクセスチームを作成するか、生徒へのチームへの即時アクセスを作成するオプション。Option to create early educator access teams or immediate student access to teams.
  • グループからチームを作成すると、教職員は早期アクセスが可能になり、Azure AD グループの学生メンバーシップの変更が同期されます。If you create teams from groups, educators will have early access and student membership changes to the Azure AD group will be synced.
考慮事項Considerations
  • スクリプトの作成や実行、クラスグループの作成時に発生した問題の修正など高度な技術的専門知識と時間を必要とします。Requires a high level of technical expertise and time to create and run the script and fix any issues when creating class groups.
  • 組み込みのエラー処理や再試行ロジックはありません。No built-in error handling or retry logic.
  • メンバーシップの変更は SIS と同期されません。Membership changes are not synced with SIS.

注意

クラスチームには非表示のグループメンバーシップが必要ですので、クラス内の教職員と生徒だけがそのクラスのメンバーを見ることができます。Class teams require hidden group membership so only educators and students within the class can see the members of that class. Office 365 クラスグループを作成するには、「クラスチームを作成する」を参照して、同じプライバシー要件を満たします。To create an Office 365 class group, see Create a class team to meet the same privacy requirements.

チームの手動作成Manual team creation

生徒と教師に Teams を最大限に活用してもらうには、使用に際してのハードルが低く、各自のニーズに合うようにカスタマイズできる柔軟性があることが大切です。Students and educators will get the most out of Teams when they can use it with minimal barriers and have the flexibility to tailor it to their needs. ユーザーは、チーム作成機能を使用してチームエクスペリエンスを調整できます。One way users can tailor their Teams experience is by having the ability to create teams. 教育者は独自のクラスタイプのチームを設定し、こちらに示すように生徒を招待します。Educators set up their own class type team and invite students as shown here. 教育者は、チームに生徒を追加する参加コードを共有する、またはチームへのリンクを共有することにより、生徒を招待できます。Educators can invite students by adding students to the team, sharing a join code, or sharing a link to the team. 可能であれば、教育者がチームに生徒を追加し、生徒がアクセスできるようにし整え、チームに生徒を追加したことを通知することをお勧めします。If possible, it’s best to have educators add their students to the team to ensure the students get access and are notified that they’ve been added to a team.

利点Benefits
  • 教職員のための追加の柔軟性。Additional flexibility for educators.
  • チームの即時作成とアクセス。Immediate team creation and access.
考慮事項Considerations
  • 教職員によるアクションおよび時間を必要とします。Requires educator action and time.
  • 学生のメンバーシップは SIS と同期されず、手動で管理しなければなりません。Student membership is not synced with SIS and requires manual management.
  • 教職員がチームに早期アクセスすることはできません。Doesn't give educators early access to their teams. 学生はすぐにアクセスできます。Students will gain immediate access.
  • 早期導入!Deploy early! 早期に導入して、すべてが確実に機能し、初日の準備ができるようにします。Deploy early to ensure everything is working reliably and ready for the first day of school.
  • チームが 500,000 以上ある場合、教師主導のチーム作成方法を使用することをお勧めします。If you have more than 500,000 teams, we recommend using the educator-led team creation method. 関連性があり必要なクラスチームのみを作成することで、未使用のチームと混乱を減らします。It reduces unused teams and clutter by only creating class teams that are relevant and needed.
  • SDSの自動チーム作成に問題があり(クラスが不足するなど)、教職員がチームをすぐに必要とする場合は、教職員主導のチーム作成方法を使用して再試行できます。If there are any issues (for example, classes are missing) with SDS automatic team creation and educators need them immediately, then they can use the educator-led team creation method to retry. チームの手動作成は別のソリューションですが、チームメンバーシップを更新し続けることはできません。Manual team creation is another solution, however, it won't keep your team membership updated.
  • テナントチームの上限は500,000チームです。The tenant team limit is 500,000 teams. したがって、管理者は未使用のチームの数を積極的に減らして、制限に達したり、セットアップ時間を延長する必要がないようにしないようにしなければなりません。Therefore, admins should proactively try to reduce the number of unused teams to avoid hitting these limits and extending their setup time. 制限の詳細については、「Microsoft Teams の制限事項と仕様」を参照してください。For more information about limits, see Limits and specifications for Microsoft Teams.

クラスチームに早期アクセスするEarly access to class teams

早期アクセスのクラス チームでは、学生がクラス チームを見て参加し始める前に、教職員がそのクラス チームにアクセスできます。Early Access Class Teams allows educators access to their class teams before their students can view it and begin participating. これにより、教職員は学生にアクセス権を付与する前に、ファイルを設定したり、追加したりしてクラスを組織化することができます。This allows educators time to set up, add files, and get organized before granting access to their students. 学生がチームにアクセスできる準備が整ったら、教職員は早期にクラスのアクティブ化を行うことができます。When they are ready for students to access the team, they can easily activate their class. 管理者として、早期アクセス クラス チームを作成し設定する間に、さらに制御や機能を追加することもできます。As an admin, you also have additional control and capabilities around creating and setting up Early Access Class Teams.

学生にアクセス許可を付与する前に、教職員が早期アクセスしてクラス チームを作成するにはどうすればいいですか?How do I create class teams that allow educators early access to set up a team before admitting students?

グループから作成されるチーム (SDS、教職員主導、または Graph API) では、既定で自動的に早期アクセス チームを作成します。Teams created from groups (through SDS, educator-led or Graph API) automatically create early access teams by default. Graph API を使用して自身の早期アクセス チームを作成するには、クラスを作成して、グループからチームを作成する必要があります。To create your own early access teams using Graph API, you’ll need to create a class and create the team from a group.

クラスがアクティブ化されているか確認するにはどうすればいいですか?How do I check if a class is activated?

[チーム リソースの種類] で、新しいプロパティ isMembershipLimitedToOwners を追加して、クラスがアクティブ化しているか判断します。In the team resource type, we added a new property, isMembershipLimitedToOwners, to determine whether a class is activated. Team API を取得 を使用して、特定のクラス用のisMembershipLimitedToOwnersプロパティをクエリします。Use the Get Team API to query the isMembershipLimitedToOwners property for a specific class. チームがアクティブ化されると、False の値が返されます。If the team is activated, it will return a value of false. チームの所有者によってアクティブ化されていない場合は、True の値が返されます。If the team hasn't been activated by the team owner, it will return a value of true.

教職員用のクラスをアクティブ化するにはどうすればいいですか?How do I activate a class for an educator?

Team API の更新 を使用して、isMembershipLimitedToOwnersプロパティを False に設定すると、教職員の代わりにチームがアクティブ化します。Use the Update Team API and set the isMembershipLimitedToOwners property to false to activate the team on your educator’s behalf. チームをアクティブ化すると、元に戻すことができないことに注意してください。Note that after a team is activated, it can't be reversed.

職員の通信と共同作業用にスタッフ チームを作成するCreate staff teams for staff communication and collaboration

スタッフ タイプ チームは教育機関の管理職員とその他の職員向けに作られており、お知らせの送信、会議の準備、コンテンツの共有、タスクを追跡するための Planner などの外部アプリの導入など、教育機関全体の取り組みに関する情報の共有や共同作業を簡単に行うことができます。Staff type teams are designed for educational institute administrators and staff to easily share information and work together on institute-wide initiatives, including making announcements, settings up meetings, sharing content, and bringing in external apps, like Planner for task tracking. 教育機関の管理職員は、チーム作成ウィザードを使用して教育機関の職員をチームに追加できます。チームを作成してからメンバーを追加することも、参加用コードまたはチームへのリンクを使用してメンバーを追加することもできます。Educational institute administrators can add staff members to the team via the team creation wizard, adding members after the team is created, or by sharing a join code or link to the team. チャネルを作成すると、会話やファイルをワークストリームまたは題目ごとに整理するのに大変便利です。Creating channels is a great way to organize conversation and files by workstream or subject. チームの所有者向けガイド」は、チームの所有者の義務や機能について理解するのに役立ちます。The Go-to guide for team owners is an excellent place to learn about team owner duties and capabilities.

Teams の会議シナリオTeams meeting scenarios

仮想クラスの共同作業会議Collaborative meetings for virtual classes

Microsoft Teams 会議では、同時に 250 人までの参加者がサポートされており、音声、ビデオ、コンテンツ共有、ホワイトボード、および共有メモを使用できます。Microsoft Teams meetings support up to 250 concurrent attendees, including the ability to have audio, video, content sharing, whiteboards, and shared notes. プライベート スペース内またはチーム チャネル内の会議のスケジュールは Teams クライアントで設定できるため、会議はすべてのメンバーの知るところとなります。Meetings can be scheduled within the Teams client for meeting within a private space or within a team channel, so all team members know about it. 参加者が後から確認できるよう、会議を記録して保存することができます。Meetings can be recorded and saved for attendees to review later. これらの記録の字起こし (上記参照) を行うことも可能で、コンテンツを見つけやすくすることができますThese recordings can also be transcribed to easily find content that had been discussed. 会議ではノート PC またはスマートフォンの Web カメラ、マイク、スピーカーを使用できます。また、Microsoft Teams に最適化されたデバイスを使用すると、高品質の音声とビデオが提供されます。A laptop or mobile phone webcam, microphone, and speaker can be used for meetings, and you can get premium audio/video quality from Microsoft Teams optimized devices.

Teams では、会議の開催者はすべての参加者に対して会議を終了できます。In Teams, meeting organizers can end a meeting for all participants. この機能により、教師は授業の終了後に生徒が教師のいない会議に留まらないようにすることができます。With this capability, educators can ensure that students don't stay in a meeting unsupervised after a class is finished.

学区全体または大学全体のイベントや近況報告District/University events or updates

授業の中には、非常に大きな数のオーディエンスや追加の制作能力を必要とするものがあります。Some instruction needs larger audiences and additional production capabilities. これらの会議では多くの場合、発表者や制作者があらかじめ設定されており、調整役付きの質疑応答が行われます。These meetings often have defined presenters, producers, and moderated Q&A. Teams では、Microsoft Teams ライブ イベントを使用してこれらのセッションをサポートしています。Teams supports these sessions using Microsoft Teams live events. ライブ イベントは、学区全体や大学全体への近況報告、執行部からの発表、大規模なクラス、学生グループ、コミュニティへの講義などのシナリオで使用できます。Live Events can be used for scenarios, such as district or university-wide updates, leadership addresses, and for instruction to large classes or student groups, or extend to your community. ライブ イベントの実施方法の詳細については、「ライブ イベントを計画してスケジュールを設定する」、「ライブ イベントの作成」、「ライブ イベントに参加する」、および「Q & A の管理」を参照してください。Learn more about conducting live sessions at: plan and schedule a live event, produce a live event, attend a live event, and moderating a Q&A.

教育機関での Teams の使用方法に関する詳細については、「Microsoft Teams for Education」を参照してください。You can learn more about how Teams is used in Education at: Microsoft Teams for Education.

注意

Teams の主要機能の一部は、教育機関に固有のものではありません。Some key Teams features are not specific to education. Teams の主要機能に関するヒントは、「Microsoft Teams のヘルプとラーニング」を参照してください。Tips and tricks for core Teams capabilities can be found at: Teams Help and Learning.

ユーザーがプロフィール写真を変更できないようにするPrevent users from changing their profile photo

Teams では、ユーザーがプロフィール画像を変更できるかどうかを制御するため、テナント管理者によって構成されているOutlook on the web のメールボックス ポリシーの設定を優先します。Teams honors the Outlook on the web mailbox policy setting that's configured by tenant admins to control whether users can change their profile picture. [-SetPhotoEnabled] 設定がオフの場合は、ユーザーがプロフィール画像を追加、変更、削除することはできません。If the -SetPhotoEnabled setting is turned off, users can't add, change, or remove their profile picture. 生徒やスタッフがプロフィールの画像を変更したり、削除したりできないようにするには、彼らに割り当てられた Outlook on the web のメールボックス ポリシーで設定をオフにします。To prevent students or staff from changing or removing their profile picture, turn off this setting in the Outlook on the web mailbox policy that's assigned to them.

たとえば、生徒が教育機関の IT 部門または HR 部門によって承認されたプロフィール画像をアップロードした場合、操作は必要ありません。For example, if a student uploads a profile picture that's approved by your educational institute's IT or HR department, no action is needed. ただし、生徒が不適切な画像をアップロードした場合は、教育機関内部のポリシーに従って画像を変更します。However, if a student uploads a picture that's inappropriate, change the picture according to your educational institute's internal policies.

導入向けコンテンツAdoption content

Microsoft では、Teams の展開に向けた、導入向けコンテンツおよび計画ガイダンスを作成しました。Microsoft has developed adoption content and strategy guidance for deploying Teams. Teams 導入ガイドでは、利用可能なコンテンツの概要が提供されており、Teams カスタマー サクセス キットでは、Teams の認知度を上げるために使用できるテンプレートが数多く提供されています。The Teams adoption guide provides a good overview of available content and the Teams Customer Success Kit provides many templates that can be used for Teams awareness. Microsoft Educator Center では、Microsoft Teams および OneNote を教室で使用する方法に関する、教育に特化したトレーニングが提供されています。The Microsoft Educator Center provides education specific training on how Microsoft Teams and OneNote are used in the classroom.

その他の導入に関するリソース:Additional adoption resources include:

サポートの準備Support Readiness

IT 担当者とサポート スタッフは、Teams IT アーキテクチャ ポスターおよび管理者向けテクニカル トレーニングを使用することで、Teams のアーキテクチャおよび基となっている Microsoft 365 の機能を理解していただけます。IT professionals and support staff can get up to speed with Teams architecture and underlying use of Microsoft 365 capabilities with the Teams IT architecture posters and admin technical training.

その他のサポート リソース:Additional support resources include: