Teams での PowerShell の概要Teams PowerShell Overview

Microsoft Teams には、IT 管理者が Microsoft Teams 管理センター、PowerShell コントロール、Graph Api を介して製品を管理するための豊富なツール セットが用意されています。Microsoft Teams has a rich set of tools for IT admins to manage the product through the Microsoft Teams admin center, PowerShell controls, and Graph APIs. このガイドでは、IT 管理者が使用できるよう PowerShell コマンドレットを構成する方法について説明し、追加のドキュメントへのリンクを提供します。This guide explains how we structure our PowerShell cmdlets for IT admins to use, and provides pointers to further documentation. Teams 管理者ロールが異なる場合は、異なるコマンドレットにアクセスできます。Note that different Teams admin roles have access to different cmdlets. 詳細については、「Microsoft Teams 管理者ロールを使用して Teams を管理する」を参照してください。For information about which roles can perform admin functions, see Use Microsoft Teams admin roles to manage Teams.

使用する必要があるモジュールWhich modules do you need to use?

Teams を管理するための PowerShell コントロールは、次の 2 つの異なる PowerShell モジュールにあります。The PowerShell controls for managing Teams are in two different PowerShell modules:

PowerShell コントロールのリファレンス ドキュメントには、調査中のコマンドレットが含まれるモジュールが表示されますThe reference documentation for the PowerShell controls will tell you which module contains the cmdlet you're investigating. (最終的には、2 つのモジュールが結合されます)。(Eventually, the two modules will be combined.)

管理者の役割がそれぞれできることWhat can each admin role do?

Microsoft Teams の管理者ロールを使用して Teams を管理する」を読み、別の管理者ロールが使用できる PowerShell コマンドレットを把握します。Read Use Microsoft Teams admin roles to manage Teams to understand which PowerShell cmdlets different admin roles will be able to leverage.

PowerShell によるチームの作成と管理Creating and managing teams via PowerShell

チームを作成し管理するためのコマンドレットは、Microsoft Teams PowerShell モジュールにあります。The cmdlets for creating and managing teams are in the Microsoft Teams PowerShell module.

チームは O365 グループがサポートするため、チームを作成するときにグループを作成します。Teams are backed by O365 Groups, so when you create a team, you create a group. コア チームとその設定を操作するためのコマンドレット (new-teamget-teamset-team)、チームのユーザーを管理するためのコマンドレット (add-teamuserremove-teamuser)、およびチームのチャネルを管理するためのコマンドレット (new-teamchannelremove-teamchannel) のセットが用意されています。There are a set of cmdlets provided for operating on the core team and its settings (new-team, get-team, set-team), managing team users (add-teamuser, remove-teamuser), as well as cmdlets for managing the channels of the team (new-teamchannel, remove-teamchannel). これらのコマンドレットはすべてエンド ユーザーとして実行できますが、自分が所有している、またはメンバーであるチームのみが機能します。All of these cmdlets can be run as end users, but they'll work only on the teams that you own or are a member of. グローバル管理者または Teams サービス管理者であれば、組織内のすべてのチームに実行できます。If you are a Global Admin or Teams Service Administrator, you'll be able to act on all teams in your organization.

Microsoft Teams PowerShell モジュールのコマンドレットで使用されている GroupId は、Exchange PowerShell モジュールで Get-UnifiedGroup により返された Identity プロパティと同じです。The GroupId used in the Microsoft Teams PowerShell module cmdlets is the same as the Identity property returned by Get-UnifiedGroup in the Exchange PowerShell module.

プレビュー版と一般公開版の Microsoft Teams PowerShell モジュールの違いDifferences between Preview and Generally Available Microsoft Teams PowerShell Module

通常使用可能なバージョンの PowerShell モジュールがリリースされたときに、次の表に示すように、ベータ版モジュールのみにいくつかのコマンドレットが残りました。When we released our generally available version of our PowerShell module, a few cmdlets were left in the beta-only module as described in the table below.

コマンドレットCmdlet プレビュー版で使用可能Available in Preview 1.0 で使用可能Available in 1.0
Add-TeamUserAdd-TeamUser はいYes はいYes
Connect-MicrosoftTeamsConnect-MicrosoftTeams はいYes はいYes
Disconnect-MicrosoftTeamsDisconnect-MicrosoftTeams はいYes はいYes
Get-TeamGet-Team はいYes はいYes
Get-TeamChannelGet-TeamChannel はいYes はいYes
Get-TeamFunSettingsGet-TeamFunSettings 1.0 以前のリリースのみPrior to 1.0 release only いいえNo
Get-TeamGuestSettingsGet-TeamGuestSettings 1.0 以前のリリースのみPrior to 1.0 release only いいえNo
Get-TeamHelpGet-TeamHelp はいYes はいYes
Get-TeamMemberSettingsGet-TeamMemberSettings 1.0 以前のリリースのみPrior to 1.0 release only いいえNo
Get-TeamMessagingSettingsGet-TeamMessagingSettings 1.0 以前のリリースのみPrior to 1.0 release only いいえNo
Get-TeamUserGet-TeamUser はいYes はいYes
New-TeamNew-Team はいYes はいYes
New-TeamChannelNew-TeamChannel はいYes はいYes
Remove-TeamRemove-Team はいYes はいYes
Remove-TeamChannelRemove-TeamChannel はいYes はいYes
Remove-TeamUserRemove-TeamUser はいYes はいYes
Set-TeamSet-Team はいYes はいYes
Set-TeamChannelSet-TeamChannel はいYes はいYes
Set-TeamFunSettingsSet-TeamFunSettings 1.0 以前のリリースのみPrior to 1.0 release only いいえNo
Set-TeamGuestSettingsSet-TeamGuestSettings 1.0 以前のリリースのみPrior to 1.0 release only いいえNo
Set-TeamMemberSettingsSet-TeamMemberSettings 1.0 以前のリリースのみPrior to 1.0 release only いいえNo
Set-TeamMessagingSettingsSet-TeamMessagingSettings 1.0 以前のリリースのみPrior to 1.0 release only いいえNo
Set-TeamPictureSet-TeamPicture はいYes いいえ、計画済みNo, planned

PowerShell によるポリシーの管理Managing policies via PowerShell

ポリシー管理用のコマンドレットは、Skype for Business コマンドレット モジュール内にあります。The cmdlets for managing policies are in the Skype for Business cmdlet module.

ポリシーは、個々のユーザーに適用できる設定グループです。A policy is a group of settings that can be applied granularly to individual users. 各ポリシーの種類にはポリシーそのものの作成、表示、削除、更新を行い、これらのポリシーをユーザーに割り当てるための独自のコマンドレットのセットがあります。Each policy type has its own set of cmdlets for creating, viewing, deleting, and updating the policies themselves, and then assigning those policies to users. 一般的な構成は次のとおりです。The general structure is:

  • GET コマンド (例: Get-CsTeamsMeetingPolicy): 組織内で割り当てることができるポリシー ドキュメントを返し、ユーザーが使用するために Microsoft が作成したポリシーと、自分で作成したカスタム ポリシーの両方を返します。GET commands (for example, Get-CsTeamsMeetingPolicy): return the policy documents that are available for you to assign in your organization, both the policies created by Microsoft for you to use and the custom policies you’ve created.

    組織で作成したカスタム ポリシーのみを検索する場合は、-Filter "tag:*" を使用できます。If you want to find only the custom policies you’ve created in your organization, you can use -Filter "tag:*".

  • NEW コマンド (例: New-CsTeamsMeetingPolicy): 組織の新しいポリシーを作成し、組織内のユーザーに割り当てられるようになります。NEW commands (for example, New-CsTeamsMeetingPolicy): let you create new policies for your organization that are then available to be assigned to users in your organization. すべてのポリシーがカスタム ポリシーの作成をサポートするわけではありません。Not all policies support the creation of custom policies. 多くの場合、組織で使用するポリシーに、サポート対象の設定の組み合わせがあることを確認するためです。Often this is to ensure that the policies you use in your organization have a supported combination of settings.

  • SET コマンド (例: Set-CsTeamsMeetingPolicy): 特定のポリシーに特定の値を設定できます。SET commands (for example, Set-CsTeamsMeetingPolicy): lets you set particular values on a given policy. ポリシーによっては、set コマンドが使用できない、またはポリシーでカスタマイズできないパラメーターが含まれるものがあります。Some policies do not have set commands available, or contain parameters that cannot be customized in the policy. 各 PowerShell の説明では、カスタマイズできないパラメーターが呼び出されます。Each PowerShell description will call out which parameters cannot be customized.

    カスタム ポリシーが割り当てられていない組織内のユーザーに既定で割り当てられるポリシーを編集するには、Set-Cs<PolicyName> -Identity Global を実行します。To edit the policy that will by default be assigned to users in your organization who do not have a custom policy assigned, run Set-Cs<PolicyName> -Identity Global.

  • REMOVE コマンド (例: Remove-CsTeamsMeetingPolicy): このコマンドレットを使用して、テナントに作成されたカスタム ポリシーを削除できます。REMOVE commands (for example, Remove-CsTeamsMeetingPolicy): you can use this cmdlet to delete a custom policy that has been created in your tenant. 組織内の少なくとも 1 人のユーザーに割り当てられているカスタム ポリシーを削除した場合、そのユーザーはグローバル ポリシーに戻ります。If you delete a custom policy that has been assigned to at least one user in your organization, that user will fall back to the global policy.

    実際に組織のグローバル ポリシーは削除できませんが、組織内のグローバル ポリシーを Microsoft が提供する既定の設定にリセットする場合は、Remove-Cs<PolicyName> -Identity Global を実行できます。You can’t actually remove the global policy in your organization, but if you want to reset the global policy in your organization to the Microsoft-provided default settings, you can run Remove-Cs<PolicyName> -Identity Global.

  • GRANT コマンド (例: Grant-CsTeamsMeetingPolicy): 特定のユーザーにポリシーを割り当てることができます。GRANT command (for example, Grant-CsTeamsMeetingPolicy): lets you assign a policy to a particular user.

    カスタム ポリシーの割り当てを削除し、組織の既定のポリシーにユーザーを戻すには、Grant-Cs<PolicyName> -Identity <User Identity> -PolicyName $null を実行します。To remove a custom policy assignment and make the user fall back to the default policy in your organization, run Grant-Cs<PolicyName> -Identity <User Identity> -PolicyName $null.

ヒント

すべてのポリシーでカスタム ポリシーの作成が許可されているわけではなく、一部のポリシーにはカスタマイズできない設定が含まれています (そのため、設定は表示できますが、set-new- の間にカスタム値を設定できません)。Not all policies allow custom policies to be created, and some policies have settings that you can’t customize (so you can view the setting but can’t set a custom value during set- and new-). 顧客がパラメーターを使用できない場合は、特定のコマンドレットのドキュメントが呼び出されます。The documentation of the specific cmdlet will call out if parameters are not available for use by customers.

共通パラメーター:Common parameters:

  • Identity: Get-Set-New-Remove- の場合、Identity パラメーターは常に特定のポリシー インスタンスを参照します。Identity: For Get-, Set-, New-, and Remove-, the Identity parameter will always refer to a specific policy instance. Grant の場合、Identity パラメーターは、ポリシーが適用されている特定のユーザー オブジェクトを参照します。For Grant, the Identity parameter refers to a specific user object to whom the policy is being applied.

PowerShell による構成の管理Managing configurations via PowerShell

構成管理用のコマンドレットは、Skype for Business コマンドレット モジュール内にあります。The cmdlets for managing your configuration are in the Skype for Business cmdlet module.

構成は、ユーザー レベルで指定できないサービスで維持されている設定のバケットです。Configurations are buckets of settings maintained in the service that cannot be specified at a user level. 設定は常に組織全体に適用されます。Settings always apply across the whole organization. グローバル構成は、組織で唯一の有効な構成です。Your global configuration is the only effective configuration in your organization. 各構成の種類には、次の 2 つの主なコマンドレットが用意されています。Each configuration type comes with two primary cmdlets:

  • Get-Cs<ConfigurationName> (例: Get-CsTeamsClientConfiguration):For example: .

  • SET コマンド (例:Set-CsTeamsClientConfiguration ): その種類の構成でプロパティを設定します。SET commands (for example, Set-CsTeamsClientConfiguration): set properties in the configuration of that type. 変更するパラメーターを指定します。Specify the parameters that you want to modify.

    Identity Global の指定、または Get-Cs<ConfigurationName> | Set-Cs<ConfigurationName> の実行のいずれかの方法で変更を行っている構成を参照できます。You can reference the configuration that you’re modifying in one of two ways: by specifying -Identity Global, or by running Get-Cs<ConfigurationName> | Set-Cs<ConfigurationName>.

その他の PowerShell ツールOther PowerShell tools

各ポリシーの設定の詳細な説明を含む、Microsoft Teams と Skype for Business を管理するためのすべての PowerShell コントロールの使用方法に関する詳細な手順については、「Microsoft Teams コマンドレット リファレンス」と、「Skype for Business コマンドレット リファレンス」を参照してください。You can find detailed instructions on how to use all PowerShell controls for managing Microsoft Teams and Skype for Business, including detailed descriptions of the settings in each policy, in the Microsoft Teams cmdlet reference and Skype for Business cmdlet reference.

詳細情報Learn more