Microsoft Teams へのユーザー アクセスを管理するManage user access to Microsoft Teams

重要

新しい Microsoft Teams 管理センターをご利用いただけます。The new Microsoft Teams admin center is here! 2018 年 3 月から、現在の Skype for Business 管理センターと Microsoft 365 管理センターでの Microsoft Teams エクスペリエンスの両方の設定を、順次移行しています。Starting in March 2018, we've been gradually migrating settings to it from both the current Skype for Business admin center and the Microsoft Teams experience in the Office 365 admin center. 設定が移行されると、通知が表示され、新しい Microsoft Teams 管理センター内のその設定の場所に移動します。If a setting has been migrated, you'll see a notification and then be directed to the setting's location in the new Microsoft Teams admin center. 詳細については、「新しい Microsoft Teams 管理センターへの移行中に Teams を管理する」をご覧ください。For more information, see Manage Teams during the transition to the new Microsoft Teams admin center.

ユーザーレベルでは、microsoft Teams 製品ライセンスを割り当てまたは削除することで、ユーザーごとに Microsoft Teams へのアクセスを有効または無効にすることができます。At the user level, access to Microsoft Teams can be enabled or disabled on a per-user basis by assigning or removing the Microsoft Teams product license.

Teams 管理センターから管理されるメッセージポリシーを使用して、Teams のユーザーが利用できるチャットおよびチャネルメッセージング機能を制御します。Use messaging policies, managed from the Teams Admin Center, to control what chat and channel messaging features are available to users in Teams. 組織内のユーザーに対して、既定のポリシーを使用するか、1つ以上のカスタムメッセージポリシーを作成することができます。You can use the default policy or create one or more custom messaging policies for people in your organization. 詳細については、「 Teams のメッセージングポリシーを管理する」を参照してください。To learn more, read Manage messaging policies in Teams.

注意

組織内のすべてのユーザーに対して Teams を有効にすることをお勧めします。これにより、チームはプロジェクトやその他の動的なイニシアチブの organically を形成することができます。Microsoft recommends that you turn on Teams for all users in a company so that teams can be formed organically for projects and other dynamic initiatives. パイロットを決定している場合でも、チームをすべてのユーザーに対して有効にしておくことをお勧めしますが、ユーザーのパイロットグループとの通信のみを対象としています。Even if you are deciding to pilot, it may still be helpful to keep Teams enabled for all users, but only target communications to the pilot group of users.

Microsoft 365 管理センターを使用してチームを管理するManage Teams through the Microsoft 365 admin center

Teams のユーザーレベルのライセンスは、Microsoft 365 管理センターのユーザー管理インターフェイスを使用して直接管理されます。Teams user-level licenses are managed directly through the Microsoft 365 admin center user management interfaces. 管理者は、新しいユーザーアカウントが作成されたとき、または既存のアカウントを持つユーザーに対して、新しいユーザーにライセンスを割り当てることができます。An administrator can assign licenses to new users when new user accounts are created, or to users with existing accounts. 管理者は、Microsoft Teams のライセンスを管理するための Office 365 グローバル管理者またはユーザー管理者の権限を持っている必要があります。The administrator must have Office 365 Global Administrator or User Management Administrator privileges to manage Microsoft Teams licenses.

E3 または E5 といったライセンス SKU をユーザーに割り当てる場合、Microsoft Teams ライセンスが自動的に割り当てられ、そのユーザーには Microsoft Teams が有効化されます。管理者はすべての Office 365 サービスとライセンスを細かく制御できます。特定のユーザーまたはグループの Microsoft Teams ライセンスを有効または無効にすることができます。When a license SKU like E3 or E5 is assigned to a user, a Microsoft Teams license is automatically assigned, and the user is enabled for Microsoft Teams. Administrators can have a granular control over all the Office 365 services and licenses, and the Microsoft Teams license for a specific user or a group of users can be enabled or disabled.

管理センターの [製品ライセンス] セクションのスクリーンショット。

Teams ユーザーライセンスは、いつでも無効にすることができます。A Teams user license can be disabled at any time. ライセンスを無効にすると、ユーザーは Microsoft Teams へのアクセスを許可されなくなり、Office 365 アプリ起動ツールとホームページで Teams を表示することはできなくなります。Once the license is disabled, the users access to Microsoft Teams will be prevented and the user will no longer be able to see Teams in the Office 365 app launcher and homepage.

[製品のライセンス] セクションで選択された Teams を示すスクリーンショット。

PowerShell を使用して管理するManage via PowerShell

重要

MsolLicenseOptions を使うと、カスタマイズされたスクリプトに explictitly 識別子が関連付けられていない限り、以前に無効になったすべてのサービスを有効にすることができます。New-MsolLicenseOptions will enable all services that were previously disabled unless explictitly identitied in your customized script. たとえば、additonally を無効にしているときに Exchange & Sway を両方ともオフにしたい場合は、これをスクリプトで実行するか、または Exchange & Sway が、特定のユーザーに対して有効になるようにする必要があります。As an example, if you wanted to leave both Exchange & Sway disabled while additonally disabling Teams, you'd need to inlcude this in the script or both Exchange & Sway will become enabled for those users you've identified. GUI を使用してこの機能を管理する場合は、「 Office 365 ライセンスレポートと管理ツール-一括してライセンスを削除する」を参照してください。If you wish to do utilize a GUI to manage this functionality, See: Office 365 License Reporting and Management Tool -Assign Remove Licenses in Bulk

PowerShell からワークロード ライセンスとして Teams を有効または無効にすることは、別のワークロードとして実行されます。Enabling and disabling Teams as a workload license through PowerShell is done just as any other workload. Microsoft Teams ではサービス プランの名前は TEAMS1 になります。The service plan name is TEAMS1 for Microsoft Teams. GCC の場合、サービスプラン名は TEAMS_GOV です。For GCC the service plan name is TEAMS_GOV. GCC 高の場合、サービスプラン名は TEAMS_GCCHIGH です。For GCC High the service plan name is TEAMS_GCCHIGH. DoD の場合、サービスプラン名は TEAMS_DOD (詳細については、「 Office 365 PowerShell によるサービスへのアクセスを無効にする」を参照してください。)For DoD the service plan name is TEAMS_DOD (See Disable access to services with Office 365 PowerShell for more information.)

サンプル: 次に示すのは、特定のライセンスの種類のすべてのユーザーに対して Teams を無効にする方法の簡単なサンプルです。Sample: The following is just a quick sample on how you would disable Teams for everyone in a particular license type. まずこの方法を行い、次にパイロットで使用する目的でアクセスが必要なユーザーに対して個別に有効にする必要があります。You'll need to do this first, then individually enable it for the users who should have access for piloting purposes.

組織内で利用可能なサブスクリプションの種類を表示するには、次のコマンドを使用します。To display the subscription types you have within your organization, use the following command:

  Get-MsolAccountSku

組織名と自分の学校で使用するプランを含むプランの名前を記入します (例: ContosoSchool:ENTERPRISEPACK_STUDENT)。次に、次のコマンドを実行します。Fill in the name of your plan that includes your organization name and the plan for your school (such as ContosoSchool:ENTERPRISEPACK_STUDENT), and then run the following commands:

  $acctSKU="<plan name>
  $x = New-MsolLicenseOptions -AccountSkuId $acctSKU -DisabledPlans "TEAMS1"

指定したプランのアクティブなライセンスを持つすべてのユーザーのチームを無効にするには、次のコマンドを実行します。To disable Teams for all users with an active license for your named plan, run the following command:

  Get-MsolUser | Where-Object {$_.licenses[0].AccountSku.SkuPartNumber -eq  ($acctSKU).Substring($acctSKU.IndexOf(":")+1,  $acctSKU.Length-$acctSKU.IndexOf(":")-1) -and $_.IsLicensed -eq $True} |  Set-MsolUserLicense -LicenseOptions $x
判断ポイントを表すアイコン 判断ポイントDecision Point
  • 組織全体でのチームのオンボードの計画はどのようなものですか?What is your organization’s plan for Teams onboarding across the organization? (パイロットまたはオープン)(Pilot or Open)
次の手順を示すアイコン 次のステップNext Steps
  • 終了したパイロットによるオンボードの場合は、ライセンスまたは対象指定の通信を使用するかどうかを決定します。If onboarding via a closed Pilot, decide if you would like to do so via licensing, or targeted communication.
  • 決定に応じて、チームへのアクセスが許可されているパイロットユーザー (必要な場合) だけを確認するための手順を実行します。Depending on decision, take steps to make sure only Pilot users who are allowed to access Teams (if needed).
  • Teams へのアクセス権を持つ (または使用しない) ユーザーを対象としたガイドラインを文書化します。Document the guidelines for which users who will (or will not) have access to Teams.

Office 365 テナントレベルでチームを管理するManage Teams at the Office 365 tenant level

注意

Teams のテナントレベルの制御は削除されました (2018 年 8 月から有効)。Tenant-level control for Teams has been removed (effective August 2018). ユーザーレベルのライセンスを使用して、組織内の Teams へのアクセスを制御します。Control access to Teams in your organization with user-level licensing. 詳細については、「Microsoft Teams へのユーザー アクセスを管理する」をご覧ください。To learn more, see Manage user access to Microsoft Teams.